きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
3747 【団子饅頭130】キャンプ場が日本一多い村で「クレソン酒まんじゅう」を・・道志

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

関東から飛び出て山梨県の東南端・道志村へ・・但しコレは新型コロナ第三波到来で新規陽性判明者が急増し、遠出を控える様にと呼び掛けられた今年最後三連休の前の訪問ですし、雑踏の都内から人影少なきトコへ参ったンだから御容赦願います。相模川の支流・道志川沿いに細く延びた山里で、川岸は赤や朱に染まって華やかな色合いに

 

同じ山梨でも中西部の国中地方の川は静岡・駿河湾へ流れますが、東部の郡内地方は神奈川・相模湾へ向かう川が殆ど。中でも道志川は横浜市の上水の水源で、明治三十年(1897)から港町や船舶を潤し続け、昔は「赤道を越えても腐らない水」と呼ばれた位に清冽だったとか。今でも清らかさが保たれてるのは、横浜市の努力が有ればこそ

 

横浜市は水質維持の為に大正五年(1926)に川沿いの山地を取得しのを皮切りに、水源涵養林の保全に精を出し・・今じゃ村全体の四割くが市水道局の所有だとか。勿論ソレは山ばかりですが、大勢の浜っ子がボランティアとして水源林の管理に汗を流してる様。そんな道志村で「水源の森」なる看板を見付けたンで、川を渡って向かうコトに

 

橋を渡って少し歩くと洒落た内装の建物が・・ココは一体なに?係の人に尋ねるとキャンプ場のレストハウスなんだって。如何に最近流行りとは云え・・昔の荒くれ者の世界と大違いで、リゾートホテルみたい!以前はお蕎麦屋だったのが、指定管理者が変わってコウ成ったとか。つまり公有の施設で、道志村と横浜市が共同して建てたトコの様ですネ

 

道志村と横浜市の繋がりホント深く、平成十五年(2003)には村から市に合併を申し入れた位。ですが県が違いますし、距離が有り過ぎますし飛び地に成ってしまうンで、市から丁重にお断りしたソウですが・・「横浜市民のふるさと村」としてコレまで以上の繋がりを持とうと協定が結ばれたとか。もし合併してたら、横浜市道志区に成ってたのかしらん

 

因みに道志は「日本一キャンプ場の多い村」で、大小合わせて三十以上も川沿いに在るとか・・長らくテントで泊まってませんし、晩秋の渓流は寒さが厳しいンで今回は断念して八kmほど上流の道の駅へ。道志川の源流は更に八kmほど上流の山伏峠で、ソコを越したら富士の裾野ですンでこの辺りから雄姿が望める筈・・雲で隠れちゃってましたが

 

富士の雄姿は望めぬとも、川の南岸は神奈川との県境に連なる丹沢山地で千mを超す秀峰の連続。道の駅どうしの真裏に聳えるのは裏丹沢の「鳥ノ胸山(1208m)」で、山頂からは富士に加えて南アルプスまで眺められるとか。河原との標高差は約五百m・二時間も有れば登れるらしいですが、街歩きと山歩きは違いますからネ。断念してばかり

 

川沿いに村を貫く「道志みち(国道413号)」をバイクで初めて走ったのは、まだ学生でしたから三十年も前に成りますが・・あの頃の道志みちは舗装されてないトコが方々に在って、都会からソウ遠くないのにこんな場所が!と驚いた記憶が。尤も今じゃ快適なツーリングロード、東京や神奈川ナンバーのバイクが沢山で、道の駅の駐車場は二輪だらけ

 

三枚上の画像と同じ、道の駅の裏の道志川の風景ですが・・黄昏時はこんな感じに。横浜市と村が共同して環境を守ってるコトも有って、川にはヤマメやイワナ等の清流魚が自然生息してるらしく、ココにもきっと居るンでしょうネ。但し釣りシーズンは先月で既に終了し、魚たちは来年春までの安息期に入りましたが、如何に雪の降らぬ地域とは言いながらも寒さの厳しい山峡。村はコレから寂しい季節に成って行きます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「山梨県南都留郡忍野村」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「道志村観光ガイド」道志村観光協会HP
★「人と自然が輝く水源の郷」道志村役場HP
★「道志村『隠れ家的』ブログ」道志村観光協会ブログ

★「紅葉と清流のコラボは息を呑むほどの美しさ!山梨『道志村』」LINEトラベル.jp HP
★「横浜市有道志水源林」横浜市役所HP

★「道志村との友好交流」横浜市役所HP
★「道志村と横浜市」道志村役場HP
★「横浜市の水源地」道志情報館 水カフェどうしHP
★「横浜市と山梨県道志村で幻の飛び地合併計画があったって本当? 前編」はまれぽ.com HP

★「道志水源の森キャンプ場。満足度抜群!ワンランク上のキャンプが楽しめます!」クーチョコブログ
★「道志の新しいキャンプ場、水源の森!」癒されたい・・ブログ
★「富士への道 清流の道」道の駅どうしHP
★「道の駅どうし」佳景探訪HP
★「鳥ノ胸山〜道志村の裏手に位置する静かな山〜」あの頂を越えてHP
★「シャキシャキと爽やかで瑞々しい『クレソン』」おいしい山梨 水と太陽のレシピ・山梨県庁HP
★「たった8軒で山梨県道志村のクレソンが出荷量日本トップクラスになったワケ」ノーリツ毎日グリル部HP
★「はい 暑いです」道志村『隠れ家的』ブログ

 

(関連する記事)
★「192 【麺類色々08】富士吉田の吉田うどん」

★「553 【麺類色々29】富士山の所有者はダレか?」
★「554 【粉なモン08】カレンダー通りの絶景・・富士吉田」
★「574 【団子饅頭21】あの鱒は食べちゃ駄目・・忍野八海」
★「1610 【お肉料理45】『朝鮮焼き』と裏富士の城下町・・都留」
★「1611 【麺類色々115】裏富士と『年越しほうとう』・・富士吉田」

★「1658 【お魚料理87】『魚まん』の街・上野原はバブルで夢を見たのか?」

★「2823 【野菜果物97】八重桜の咲く湧水の村で『名水豆腐』を・・忍野八海」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(道志村を記事にするのは初めて、三十年も来てるのにまさかそんな)

清流の村・道志じゃソレを活かした農産物作りが盛んで、中でも一番なのが生産量日本一を誇るクレソン!水中や湿地に生息するアブラナ科の野菜でピリッとした食味から「オランダ辛子」と云う和名が付けられてますが、今回のコロナ禍で有名に成ったアメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると「栄養素の最も高い野菜」ナンだとか。道志じゃ四十年ほど前から栽培が始まって特産と成り、道の駅へ参ったら料理はもちろん飴・羊羹・アイス・味噌・レトルトカレーetc・・クレソンを使った産物ばかり。酒饅頭も当然の様にクレソン入りのが有りましたンで、まさか甘く煮たクレソン入りじゃ有るまいナと買ってみましたら・・中身は少し塩っぱ目の粒あんで、ではクレソンは何処に?ドウやら皮に粉末が練り込まれてる様で、言われてみれば確かに青っぽい味。流石にピリッとした辛さは無くて安心致しましたが、少しは栄養補給に成ったのかしらん




| 2020.11.25 Wednesday (10:15) | 山梨には海も無い! | - | - |
3746 【名物パン388】黄金色の行幸通りと「ヨーデル」・・皇居前

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

十一月半ばを過ぎたのに妙に暖かい日が多い東京ですが、木々の彩りは着実に変化してあと少しで師走なのを実感させて呉れてますネ。そんな晩秋の街の風景を眺めようと参りましたのは、都心の中の都心と言うべき「皇居前広場」。その南端に立つ楠木正成公像は赤備えの軍勢を率いて出陣するかの様・・戦さの相手は強敵・冬将軍でしょうか

 

皇居前広場は環境省が直轄する国民公園の一部で、法律上は皇居周辺の北の丸公園・日比谷公園も含めた「皇居外苑」と云う扱いの様ですが、一般的な概念としては大手門(画像奥)が北端でしょうネ。桔梗濠沿いは柳並木が続きますが、所々ソウじゃ無い樹木も・・何という種類か判りませんが、黄色く成り始めて後背に見える白い門に映えてます

 

広々とした皇居前広場のうち、行幸通りより北側は上皇陛下の御成婚を祝して造られた「和田倉噴水広場」。今上陛下の御成婚に際して大規模にリニューアルされて大噴水が備えられましたが、木々の彩りに映えるのは奥の方の滝の噴水の辺り。滝の様に水が降る姿はコロナ禍で中止されてますが、地球をイメージした球体噴水は無事に復活!

 

晩秋の皇居前広場を代表する風景と云えば、関東大震災からの復興事業として設けられた「行幸通り」。和田倉門前から幅七十三mの大きな道が真っすぐ延びてますが、真ん中の三十mは行幸に向かわれる天皇陛下や宮中での親任式に向かう外国大使が通る時以外は歩道扱いで、石畳に沿って植えられたイチョウが今年も黄金色に成りました

 

行幸通りが完成したのは大正十五年(1926)であと数年で一世紀に成りますンで、ココに植えられてるイチョウは満百年の樹齢に達した頃かしらん。突き当りの東京駅前まで四列の並木が九百三十mも続きますが、幾ら調べても総本数が判らない!確実に言えるのは行幸通りのイチョウは都心で最も早く絶頂の時期を迎えるコト、コレだけは不変です

 

例年なら外国人観光客が集まる黄金色の行幸通りですが、今年はコロナ禍で入国できないンで・・ホント静かで宜しいですナ。但し外交官は例外扱いの様で、偶々この日は某国の新任大使が親任式に向かう為に通ると云うので、真ん中の石畳はその時間だけ一般通行シャットアウト!真昼間のココに人影が無いって、白昼夢を見ている様な感が

 

親任式では東京駅前から宮中へ馬車で向かうコトも選べますが、コロナ禍の今年は見物が集まるのを防ぐ為に中止してるとか・・黄金の並木道を馬車が進むのは滅多に見られない絶景なのに!代わりの車列が通り過ぎるまで、皇居前広場の芝生へ逃れてコッチのイチョウの大木を眺めましょ。並木のソレより遥かに幹が太く、樹齢は倍以上ある筈

 

某国大使の車列が行って石畳が開放されたンで、ならばと黄金色に輝く行幸通りの真ン中を通って東京駅の方へブラブラと。途中で横切る日比谷通り(国道一号線)より先は丸の内・大手町の高層ビル街で、通り沿いに聳えるのは「丸の内ビルディング(丸ビル・中央)」と「新丸の内ビルディング(新丸ビル・右)」。皇居前と違い、急に空が狭く成りますネ

 

行幸通りの終点は「日本の表玄関」東京駅丸の内口。赤レンガの駅舎が創建当初の姿への復元から八年経って漸く慣れましたが、駅前広場は完成から三年しかたって居らず・・樹木の細いコト!数十年経ってコレがイチョウ並木の様に育つ頃にゃ私ぁこの世に居りませんが、そんな未来の東京ってどんな街に成ってるンでしょうネ。大激変してるかも知れませんが、赤レンガの東京駅は多分残ってるに違いありません

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「山梨県南都留郡道志村」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「ちよだの魅力」千代田区観光協会HP

★「ECOZZERIA」大丸有 サステイナブルポータルHP
★「丸の内に集う人々のための情報サイト」Marunouchi.com HP

★「皇居外苑」環境省HP
★「皇居外苑へようこそ」国民公園協会HP
★「楠木正成像」住友グループ広報委員会HP
★「江戸城大手門
(皇居東御苑)」東京とりっぷHP
★「桔梗濠」東京とりっぷHP
★「和田倉噴水公園」皇居外苑・国民公園協会HP
★「行幸通り」千代田遺産HP
★「行幸通りのイチョウ並木」還暦おじさんの写真館HP

★「昨日の行幸通り・和田倉噴水公園周辺の銀杏並木の様子(東京・千代田区皇居外苑)」しんぐるすのブログ
★「行幸通り-東京駅前に広がる貴重なビスタ」三菱地所設計HP
★「丸の内行幸通りのイチョウ並木」歴史の浪漫街道HP
★「丸ビル」Marunouchi.com HP
★「東京駅が街になる」東京ステーションシティ運営協議会HP
★「TOKYOINFO」鉄道会館HP

★「車中心から人中心へ、東京駅前広場が全面オープン」日経BP総合研究所HP
★「宮中の御公務 信任状捧呈式」宮内庁HP
★「報道発表 駐日スイス大使の信任状捧呈」外務省HP
★「日本一の豪雪の町・新潟県津南町の菓子処」パンの松屋HP
★「食事パン」パンの松屋HP

★「ぶらり食べ歩き JR津南駅 松屋」ほっくほくマガジンweb HP

 

(関連する記事)

★「327 【名物パン25】津南のシュークリームパン」
★「597 【団子饅頭23】東京駅の復元は来年春の予定・・丸の内仲通り」
★「1037 【やきそば81】東京駅がまもなく完成するから『炒めスパ』を」
★「1038 【スナック11】マッカーサー元帥と『お米でつくったカール』」
★「1333 【お米料理88】発売49周年『チキン弁当』と夜の東京駅」
★「1758 【呑みモン48】新緑むせ返る皇居前広場と『ココウォーター』」
★「2008 【お米料理157】満百年の東京駅で『食堂車のカレー』を」

★「2205 【お米料理180】ナゾの体脂肪率と『タニタ食堂』・・丸の内」
★「2378 【お肉料理85】丸の内イルミネーションと『クレーム・ドゥーブル』」
★「2495 【やきそば263】新緑眩しき丸の内と『ジャポネ横綱』」

★「2694 【お米料理252】シャンパンゴールド煌めく丸の内で『ステーキカレー』を」

★「2825 【やきそば312】新緑爽やかな丸の内で『ジャポネのバジリコ』を」
★「2977 【麺類色々268】黄金色の皇居前で『気象庁の麺弁当』を・・大手町」

★「3004 【麺類色々275】イルミネーション輝く丸の内で『東京タンメン』を」
★「3068 【名物パン347】吊るし雛の廻る越後湯沢で『ヨーデル付き』を」

★「3092 【お肉料理115】夜桜の大手町で『つばめの和風ハンブルグ』を」

★「3198 【お米料理321】意外と凉しい丸の内で『オフィス街の海鮮丼』を」

★「3290 【お米料理331】黄金に輝く行幸通りと『BIGとんチキ』・・皇居前」
★「3294 【スイーツ281】黄葉・紅葉の日比谷公園と『キャッサバケーキ』」

★「3310 【呑みモン101】丸の内イルミネーション2018と『ブラジルのピーナッツ酒』」

★「3445 【やきそば382】W杯を待つ丸の内で『OHSHOの白醤油焼きそば』を」
★「3454 【お米料理357】再開発の終らぬ大手町で『揚州炒飯』を」

★「3542 【名物パン373】黄葉輝くイチョウ並木と『黄金のトーキョーメロン』・・皇居前」
★「3556 【お魚料理119】紅葉の令和の大嘗宮と『コーヤ付け』・・東御苑」
★「3558 【麺類色々379】日比谷公園の黄葉・紅葉と『もと二郎のラーメン』」

★「3587 【呑みモン133】光り輝く丸の内イルミネーションと『白と緑のフォーナイン』」
★「3654 【呑みモン142】コロナ禍を抜けて・・八重桜咲く皇居外苑と『八重桜チューハイ』」
★「3664 【やきそば402】梅雨晴れの日比谷公園で『梅のりロメスパ』を」

★「3684 【呑みモン148】お盆休みの丸の内で『ヤエスサワー』を」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(インバウンドバブルが崩壊した結果、日本は静かな国に成りましたネ)

外務省のHPに依りますと、宮中での信任式にこの日臨んだのはスイスの大使さんの様でしたが・・名前は良く知ってますがスイスって、正直馴染みのない国。アルプスが聳えてるのを眺めながら、皆がヨーデルを謳ってる様なイメージしか有りませんが、東京駅から新幹線で行ける一番近い山の街と云えば新潟・越後湯沢町でしょ。以前から度々参り、今年も正月明けに参ってますが・・地元民やリゾート客の胃袋を支える町内唯一の大型スーパー「のぐち」さんで大人気なのが、豪雪で有名な湯沢を遥かに上回る積雪の津南町から運ばれて来る「松屋のパン」。昭和三十五年(1960)創業の地域に根差した菓子屋・パン屋さんで、いろいろ正体不明なパンが多いンで私ぁ湯沢へ行く度に買いますし、津南町のお店まで行ってしまったコトも有る位ですが、看板商品が「ヨーデル()」と云う山型食パン。ほのかな甘さとふわふわさが売りですが、どうしてコレをヨーデルと呼ぶかのは未だに謎。もっと謎なのがバタークリームやピーナツクリームを塗って挟むと「ヨーデル付き()」と名前が変わるコト!湯沢へは年明けにまた参りたいですが、ソレまでにコロナ第三波が到来した状況が改善されてましょうか




| 2020.11.23 Monday (18:15) | 皇居・丸の内・大手町 | - | - |
3745 【スイーツ328】自由が丘まで出掛けて「ナボナ」を買う

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

昨日は城北の東武東上線沿いでしたが、今日は城南の東急東横線沿いへ・・但し両線はメトロ副都心線を間に相互直通してますンで、東上線に東横線の/東横線に東上線の電車が走ってたりするから面食らいますネ。加えて最近の電車はステンレス車体の銀色ばかりで、帯の色を確かめないと判ンなく成っちまう!コレは東急の5050系電車だとか

 

で・・東横線沿いのドコへ参ったかと云えば、渋谷・横浜に次ぐ線内三位の乗降者数を誇る「自由が丘」。同じ東急の大井町線への乗り換え客が改札から出る人の倍近く居るソウですが、駅前はエライ雑踏で来たのを正直後悔・・でも或る目的が有って参ったンだからネ。目黒区最南端の駅で、昭和二年(1927)の開業時は「九品仏駅」と称してたとか

 

九品仏(くほんぶつ)と自由が丘じゃイメージに差が有りますが、「丘」と称しながらも駅自体は谷底に在るから摩訶不思議。何しろ東横線を通した際に沼を埋めたトコで、当時は「碑衾(ひぶすま)村」だったと言うから・・今もソウなら人気の街に成れたかしらん。昭和七年(1932)に地名化してますが、その頃は「自由ヶ丘」・・紆余曲折が多かった様です

 

碑衾や九品仏が自由が丘に成ったのは、駅から坂道を七分ほど登ったトコが校舎の「自由ヶ丘学園高校」が在ったればこそ。自由主義教育を標榜して昭和初期に設立された男子校で、ほぼ同じ頃に池袋で開校したプロテスタント理想主義教育の「自由学園」とは関係が無いンだとか。とにかく土地の安いトコを求めた結果、ココに開校した様ですが

 

経緯はともあれ、自由が丘はお洒落な街として知られる様に成ったンで、コレに肖って?全国に「自由ヶ丘」「自由が丘」と名乗る新興住宅地の多いコト!名古屋・千種区には地下鉄・自由ヶ丘駅まで在り、その隣町は希望ヶ丘だとか・・全くイメージだけですナ。尤も本家・自由が丘にはベニスをイメージした商業施設が在るから、似た様なレベルかな

 

そんな自由が丘界隈の鎮守さまは、鎌倉時代の創建と伝わる「熊野神社」さま。東横線が通るまでは長閑な農村で、村人たちが紀州(和歌山県)の熊野本宮大社さまを詣でた際に分祀して貰ったトコの様ですが、買い物ついでに寄る人が多く若者を中心に参拝客がひっきりなし。お店だらけで落ち着ける場所の少ない街だから、ホント有難い存在です

 

尤も自由が丘はお洒落なトコだけじゃ無く、東横線の線路端に細長く聳える「自由が丘デパート」が在るから一安心。但しココは所謂デパートとは違うビル商店街で、戦後の駅前闇市に在った雑多な店舗を収めて昭和二十八年(1953)に建ったと云うから、三階建てのビルは相当老朽化してる筈。因みに自由が丘じゃ初の鉄筋コンクリだったとか

 

由が丘へ久しぶりに参ったからと、アッチへ行ったりコッチヘ行ったりしてましたが、目的地の亀屋万年堂さんの総本店へ漸く到着。実はこの日の朝、テレビを見てたら名古屋の特集をしてまして・・参りたいと思えどもコロナ第三波の到来でソウ行かぬモノだから、ナゴヤじゃ無くてナボナなら行けると自由が丘へ参ったのです。どんな理由じゃい!

 

たっぷり歩いて草臥れましたンで、駅南口の九品仏川緑道へ・・暗渠化されてますが、この下に九品仏こと奥沢浄真寺さん境内を源とする川が流れてまして、狭い道だらけの自由が丘で唯一の大きな遊歩道。ベンチに寛ぎ辺りを見廻せば、ホント人が多いですナ・・同じ様に人気の街でも吉祥寺だったら少しも疲れないのに、やっぱり慣れでしょうか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「東京都豊島区大塚」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「めぐる・めぐろ」めぐろ観光まちづくり協会HP
★「目黒で人気の観光スポットはココ!絶対行くべきおすすめの名所10選!」Seeing Japan HP

★「自由が丘オフィシャルウェブサイト」自由が丘商店街振興組合HP
★「本日、自由が丘、再発見。」自由が丘.net HP

★「自由が丘観光!自由が丘好きが教える、おすすめ観光モデルコース」PlayLife HP
★「東横線 渋谷・代官山・自由が丘 人気の街を繋ぐ看板路線」東急HP
★「《東急》内装で見る東横線の5000系・5050系の奥の深さ」えのきだけの気ままなブログ
★「自由が丘という街はなぜ魅力があるのか?」住まいマガジンびおHP

★「自由ヶ丘の誕生」三井住友トラスト不動産HP
★「自由が丘駅が『丘』でなく『谷』にある駅名の謎」東洋経済オンラインHP
★「Jiyugaoka Global Innovation」自由ヶ丘学園高等学校HP
★「トットちゃんの自由が丘」この東京のかたち 文芸春秋デジタルHP
★「『自由が丘のヴェネチア』というよりも迷所?!ラ・ヴィータとは」自由が丘なうHP
★「【目黒区】自由ヶ丘熊野神社」鳥居の向こう側〜素晴らしい神社と御朱印〜ブログ
★「どこかレトロ感があってバラエティ豊かな自由が丘デパート」自由が丘デパートHP
★「自由が丘デパート」ヤマダ・マサミ ART&WORK ブログ
★「一本の緑道も周辺環境により異なる使われ方!〜自由が丘の緑道を踏破して考える〜」ソトノバHP

★「ナボナはお菓子のホームラン王」亀屋万年堂HP

★「ナボナは亀屋万年堂の代表銘菓です。」亀屋万年堂ナボナ広場HP

★「洋菓子『ナボナ』に季節限定『キャラメル林檎』!--ふんわりソフトカステラにキャラメルクリームとりんごジャム」えん食べHP

★「お菓子のホームラン王 ナボナ〜マロンペースト」夢みる頃をとっくに過ぎても・・ブログ

 

(関連する記事)

★「1089 【スイーツ64】池上本門寺の『精進アイス』と力道山」

★「1090 【やきそば90】田園調布で『焼きそば』を食う」
★「2333 【調味料類31】人生の登り降りと『甘〜いマヨネーズ』・・三軒茶屋」
★「2349 【スイーツ182】洗足池と東工大と『ドイツのドーナツ』・・大岡山」
★「2350 【保存食品58】黄金色の田園調布と『丸茄子からし漬け』」

★「2364 【お米料理207】紅葉の池上本門寺と『池上弁当』」

★「2427 【スイーツ184】今も現役!お菓子のホームラン王『ナボナ』・・自由が丘」

★「3087 【スイーツ261】太子堂のナゾと『りんごジャムサンドクッキー』・・三軒茶屋」
★「3709 【スイーツ324】源氏だらけの街と『源氏巻』・・中延〜旗の台」

★「3710 【やきそば405】新しい古い電車の走る街と『太田汐焼きそば』・・雪ヶ谷」

★「3719 【やきそば406】秋晴れの多摩川と『アップルパイ焼きそば』・・田園調布」

★「3720 【お米料理397】秋晴れの洗足池と『かつやのソースカツ丼』」

★「3667 【保存食品89】碑文谷の由来探しと『フライドサーディンinカビソース』」

★「3739 【野菜果物125】江戸最強の呪術師と准国母さまと『フェイジョア』・・祐天寺」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(人の多さに比べて街が狭いンで、三密に成りがちなのが怖いですナ)

自由が丘は元祖モンブランを初め、美味しいモノは沢山ありますが・・やっぱ私メら世代は「お菓子のホームラン王」亀屋万年堂のナボナしか有りませんよ。我が父が亀屋さんと取引のある某銀行の自由が丘支店に居た時期が有り、当然お土産としてナボナを良く買って帰って来て呉れましたが、その頃はこう云うブッセは多くなかったンで嬉しかったですネ。そんな亀屋さんは東急沿線にゃお店が多いのに、同じ都内でも城北エリアにゃソレが無いンで普段は目にしませんが、ナボナを時折食べたくなるのは都民の証かナ?どら焼きを洋風にすると云う発想で昭和三十八年(1963)に誕生したロングセラーで、今回は定番のパインバナナ(右上)と季節限定のキャラメル林檎ナボナ()。加えて六十日持つロングライフの季節物を買って来ましたが、何れも猛烈に美味しいと云う訳じゃ無いけれど・・安心できる、なにか懐かしい味わいですネ。全国各地に郷愁を誘うロングセラー洋菓子が夫々ある筈ですが、やっぱ東京のナボナが一番でしょ。だってナボナはお菓子のホームラン王ですから




| 2020.11.20 Friday (17:15) | 渋谷・目黒・世田谷区 | - | - |
3744 【スイーツ327】金葉に染まる城北の森と「栗どら焼き」・・上板橋

 新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

私メが生まれたのは半世紀以上も前ですが、その生まれ故郷・上板橋へ三ヶ月ぶりに参りましたヨ。同区内で五kmほどしか離れてない下板橋に住んでるのに、コッチヘ行く用事がナカナカ有りませんで・・そんな上板橋のシンボルは、川越街道(国道254号線)の真ん中に繁る「五本けやき」。色付きが進むとキレイですが、残念ながら未だ未だでしたネ

 

下板橋で中山道から分れる川越街道の一番宿「上板橋」は結構広く、現在の板橋区中南部から練馬区北東部にかけてが昔の村域。都内一の面積を誇った旧板橋区が戦後すぐに分割された際、練馬になぜか沢山獲られてしまい・・西武池袋線の江古田駅辺りまで上板橋村だったンですヨ!そんな両区の境に広がるのが「都立城北中央公園」です

 

城北中央公園は夏に一度ご案内してますが、空襲しようと東京上空へ侵入するB29爆撃機を迎え撃つ、高射砲を置く為の防空緑地としてココが戦時中に整備された時は、その数年後に園内に区境が出来ると誰も思わなかったでしょうネ。幸い高射砲も置かれずに公園化されてますが、一体ドコに区境があるのか全く判りません・・標識は無いのネ

 

城北エリア最大の面積を誇るココは拡張し続ける不思議な公園で、既にして防空緑地時代の倍(26ha)まで育ってますが、将来は更に広く成る予定・・周囲の住宅地を収用して43haに広げようとする理由は、公園の真下に洪水対策の調整池が作られるコトに成ってるから。何れ公園に成る区域で開削工事は始まってますが、影響がイチョウに?

 

大都会ゆえにヒートアイランド現象が発生し、真夏はゲリラ豪雨に襲われるコトの多い東京。城西を流れる神田川の備えはトンネル調整池を環七通りの下に造りましたが、城北を流れる石神井川はココの地下調整池で迎え撃つ計画の様。でも地中に巨大空間を掘り始めると地面が冷えるのかナ?城北中央公園のイチョウは色付きが他所より早い様な

 

イチョウだけじゃ無く、ケヤキ等の色付きも他所よりも早い感じがしますが・・標高が高い訳じゃないし山が近い訳でもないから、地下調整池の影響でしょうかネ。尤も早い季節の訪れは嬉しい位で、園内アチコチの地下に調整池が完成する頃には・・信州並みの早さに成ってるかナ?そしたら観光名所として自慢出来ますが、何十年先なのかしらん

 

毎年早いトコや一部の気の早い木を除く、都内殆どのイチョウは余り色付きが進んでませんが、今回ご案内した城北中央公園・・実は十日ほど前の訪問だったのにこんなに色付きしてましたから、多分今頃は盛りを過ぎてるかも知れませんネ。でもココが早いのは今年だけじゃ無い筈だから、来年からは黄葉の先駆けとして記事にしたいモノです

 

黄葉や紅葉を楽しみながらブラブラ歩いてましたら、公園のスグ近くに境内がステキに色付いた大きなお寺さんを発見!鎌倉幕府の第五代執権・北条時頼公が正嘉元年(1257)に開山した「武王山安養院」さんで、立派な庫裏は最後の川越藩主だった松平伯爵家の本棟を移したモノだとか。上板橋屈指の大寺に思えますが、全く知らずに居りました

 

最後に上板橋住民の大動脈「東武東上線」を。大正三年(1914)に池袋〜川越間の東上鉄道として開業した時は、小さなSLが小さな客車を引っ張る軽便鉄道だったとか。板橋区内にゃ下板橋駅しか初めは無く、上板橋に駅が出来たのは開業の四十八日後と云うから・・駅舎の工事が間に合わなかったの?各駅停車しか停まりませんが、池袋から10分だからコレで十分。或る意味、故郷の駅なのかも知れませんネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「山梨県南都留郡道志村」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「ぶらり板橋」板橋区観光協会HP
★「板橋をもっと楽しく!もっと便利に!」いたばしらいふHP
★「板橋区に関わりない人にはさっぱり面白くない情報を発信していくサイト」いたばしTIMESブログ

★「東京なのにどこかの観光地へ来たみたい!板橋区のおすすめ観光スポット5選!」RETRIP・HP

★「上板橋南口ポータルサイト」まもりん坊HP

★「上板橋駅【東京都】(東武東上線)」『乗り鉄』中心ブログ(踏破編)
★「川越街道の五本けやき」街道の行く先へブログ
★「上板橋ラヴストーリー 〜五本けやきは残った〜」HP

★「公園へ行こう!城北中央公園」東京都公園協会HP
★「城北中央公園」東京を散歩するHP

★「練馬の城北中央公園でイチョウが黄色くなる意味を考える」いむりんぶろぐ

★「東京都の調節池」東京都建設局HP

★「東京都・石神井川の治水対策、城北中央公園直下に地下調節池を新規整備」exciteニュースHP

★「石神井川 城北中央公園調節池の工事」打ち上げ花火ブログ

★「台風やゲリラ豪雨から流域を守る!環七下の貯水施設」すぎなみ学倶楽部HP
★「安養院 - 東京都板橋区 - 松平伯爵邸が移築された寺」伝統の日本紀行HP
★「昭和25年創業の上板橋にある和洋菓子店です。」ひと本 石田屋HP
★「昭和25年創業・上板橋の名店『ひと本 石田屋』」板橋しごとの杜HP
★「ひと本 石田屋 和菓子 板橋区上板橋」BlueSwanブログ

 

(関連する記事)
★「1590 【スイーツ96】生まれ故郷の上板橋で『栗饅頭』を」
★「1591 【名物パン162】板橋の製パン工場巡り」
★「2047 【スナック49】『コーヒーポテチ』と誇り高き業界三位・・常盤台」
★「2251 【お米料理187】マイカルの残影と『カツレツ中華丼』・・東武練馬」
★「2252 【やきそば239】クルドサックと『ホンコン風やきそば』・・常盤台」
★「2383 【麺類色々205】生まれた街で『蒙古タンメン』を・・上板橋」
★「2527 【スナック65】城北最大の公園で『ヤマヨシの謎ポテチパン』を・・上板橋」
★「2743 【今川焼き66】板橋の練馬で『煮豆屋さんの鯛焼き』を・・東武練馬」

★「2755 【呑みモン71】生まれ故郷の早春と『みやここうじ』・・上板橋」

★「2781 【やきそば303】咲き始めた都内最長の桜並木と『DHCの焼きそば』・・中板橋」
★「2965 【麺類色々265】早く黄葉の城北で『北極ラーメン』を・・上板橋」

★「3216 【スナック88】幻の板橋空港と『冷やして食べるポテチ』・・常盤台」
★「3288 【麺類色々328】夜のアーケード街で『ピーナッツバター拌面』を・・大山」

★「3586 【麺類色々383】更地になった板橋駅で『餅入りきつねそば』を」
★「3678 【お米料理387】アーケードを裂く幹線道路工事と『チーズペペロンチーノ丼』・・大山」

★「3687 【名物パン383】夏空の城北中央公園と『三斤食パン』・・上板橋」
★「3700 【名物パン385】特攻隊基地だった光が丘と『チョコミントベーグル』」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(練馬の公園として扱われるコトが多いですが、ココは板橋の公園です)

城北中央公園へは板橋駅南口から歩いて十分ほど。五本けやきの交差点を渡ると大きな森が見えて来ますが、駅からの商店街は小さいながらも元気な店が揃ってて買い物するには楽しいトコですが、一番の繁盛店・・いや大繁盛店なのが「ひと本 石田屋」と云う和洋菓子屋さん。昭和二十五年(1950)の老舗で美味そうなケーキ類が並ぶ中、コレを求めに朝から大勢が並ぶのが「栗どら焼き」。ココじゃ単にどら焼きと呼ばれてますが、大きな栗が一粒入れられたどら焼きはボリューミーで、厚くて蜂蜜タップリの皮と相まって一個食べただけで幸せな気分になる逸品。どんなに頑張っても毎日四百個までしか作れないらしく、開店すると忽ち売り切れてしまうのが残念ですが、時折お昼頃まで残ってる時も有るンでソレを狙いましょ。我が生まれ故郷は甘くて美味しいです




| 2020.11.19 Thursday (18:15) | 勝て来るぞと板橋区 | - | - |
3743 【団子饅頭129】静かな城下町・結城で「ゆでまんじゅう」を

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

新型コロナの第三波が到来した昨今、用心の為に余り遠くへ参れませんので関東地方の中でアチコチへ・・参りましたのは、茨城県北西の静かな城下町・結城市。茨城県=常陸国のイメージですが、利根川沿いは千葉県と同じ下総国で結城はその最北端。明治八年(1875)に茨城に移管されたソウですが、文化や経済は栃木県との繋がりが深いとか

 

都内から結城までの直線距離は約七十kmと近いのに、道路も鉄道も直行するルートが無いンでもう何十kmか遠く感じますネ。JR水戸線の結城駅は明治二十二年(1889)開業と古いのに、走る電車は一時間おき・・近未来的な装いの駅前図書館は以前来た時も在りましたが、駅周辺の寂れ方は一段と酷くなった様な。SCは閉鎖され廃墟化してました

 

結城へ参るのは実に十年ぶり・・すっかり御無沙汰で右も左も良く判らないンで、城下町の総鎮守「健田須賀神社」さまへ先ずお詣りを。元は別のお社で明治初年に合祀されたンで合併した銀行みたいな名前に成ってますが、何れも古くから在った神社ナンだとか。八百年続く結城市最大の祭礼「祇園祭り」じゃ、ココの暴れ神輿が街中に練り廻るとか

 

結城市内はアチコチに武家屋敷や蔵の街並みをイメージした白い築地塀が設えられてますが、市役所前の日高川通りは塀と一緒に小川まで拵えたとか。その隅にイチョウの大木が植えられてますが、東京と同じ関東でも茨城・栃木の県境の街は風寒く、実は半月ほど前の訪問だったのに随分黄色く成ってましたヨ。きっと今頃は絶頂期を迎えてるかも

 

結城市役所前と同じ様に、その北東の結城小学校の廻りも白い築地塀に囲まれてますが、校門前の小公園に「駐蹕之遺蹟」と刻まれた石碑が。はてナンだろうと説明文を読めば、日露戦争終結後の明治四十年(1907)に行われた陸軍大演習の本営と成り、明治大帝がココからソレをご見覧になられた「大本営」の跡だとか。そんなコトも有ったのネ

 

もちろん陸軍大演習と云っても街中で兵隊さん達が模擬戦闘をした筈は無く、郊外の原っぱで行ったンでしょうが・・そんな結城市中心街は奈良時代から名産として知られた「結城紬」で栄えた街。明治から大正にかけて建てられた蔵造りの見世蔵が多く残り、何らかの形で再生されてるのが好ましい限り。但し観光客の姿は殆ど見られませんでしたが

 

残ってるのは見世蔵だけじゃ無く、城下町らしく寺町まで在ったりしますが・・徳川家康公の次男で結城家に入った秀康公が創建されたのが、浄土宗・関東十八檀林の一つ「寿亀山弘経寺」さん。檀林と云うのは僧侶の学校で、浄土宗の信者だった徳川将軍家は檀林寺院を強く庇護したンで境内の広いコト!結城中心街の北西は大きなお寺さんだらけ

 

城下町と言いながら、街中をアチコチ巡ってもお城が見当たらないのが不思議。地図を見ると少し離れた丘の上に在るらしく、ならばと行ってみると「城跡歴史公園」に成ってましたヨ。結城氏初代の朝光公が鎌倉幕府成立寸前の寿永二年(1183)に築いた関東最古級のお城で、新政府軍に攻められて炎上した慶応四年(1868)まで使われてたとか

 

鎌倉以来の名門・結城氏は秀康公が養子入りしたコトで徳川一門の扱いに成り、関ヶ原合戦の恩功で結城十一万石から越前六十八万石に加増されて福井へ移ってますナ。代わりに能登国(石川県)から水野家が一万八千石で結城へ入り、そのまま幕末まで続いてますが・・城跡にゃ殆ど誰も居らず、その片隅で山茶花の花弁がご覧通りに静かに散ってましたヨ。鮮やかなピンク色の絨毯、こんなの初めて見ましたネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「東京都板橋区上板橋」への訪問記です★


(参考リンク)
★「紬のふるさと、結城を楽しむ。」結城市観光協会HP
★「歴史と伝統に彩られた紬のふる里『結城』」結城市役所HP
★「伝統に触れる街探訪!結城市 日帰り電車旅」観光いばらぎHP
★「結城市」つくば新聞HP

★「Yuki ICC」結城市民情報センターHP
★「つむぎの町 結城に鎮まり、結城家の氏神である古社」健田須賀神社HP
★「明治帝の大本営となった小学校」紀行歴史遊学ブログ
★「見世蔵めぐり」ちゃりさんぽHP

★「見世蔵めぐり:結城市」田舎へ行ってご/見てご!ブログ

★「弘経寺(ぐぎょうじ『茨城県結城市』」ハイエース手作りキャンピングカーで日本一周ブログ
★「武家家伝 結城氏」風雲戦国史HP
★「天下を継げなかった男〜『将軍の兄』結城秀康」GUIDOOR MEDIA HP
★「結城城(臥牛城)」古城盛衰記HP
★「疫病退散の歴史味わって 茨城・結城市、名物『ゆでまんじゅう』に期待」Sankei Biz HP
★「コロナ下の『結城ゆでまんじゅう』」週刊あんこブログ


(関連する記事)

★「132 【やきそば08】茨城・結城はモツ焼きそば」

★「254 【スナック02】うまい棒って、この街で作ってたのか!」
★「260 【保存食品09】結城のお麩はとっても硬い」

★「472 【麺類色々23】羽黒神社と下館ラーメン」

★「473 【やきそば23】真壁の魚肉ソーセージ焼そば」
★「522 【お魚料理27】古河は関東のド・マンナカ」

★「683 【お米料理43】大震災の爪跡がココには沢山・・土浦」
★「966 【野菜果物34】間宮林蔵と板橋不動と『筑波落花生』‥つくばみらい」
★「967 【お肉料理23】謎のバブル城と石下名物『若鶏の丸焼き』」
★「968 【やきそば64】関東を独立させた漢と『辛い焼きそば』・・坂東市」

★「1314 【やきそば123】まるで焼肉!『肉入り焼きそば』と復興に向かう真壁」
★「1315 【スイーツ73】笠間稲荷で『甘酒ソフトクリーム』を」

★「1328 【やきそば128】廃墟と化したSCと『五目チラシ焼きそば』‥境町」
★「3162 【やきそば353】筑波を望む古い街並みと『どぶそば』・・真壁」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(東京方面から今イチ行き辛いのがネックですが、静かで良い街ですヨ)

結城市の名物は結城紬に「ゆでまんじゅう」ナンだとか。疫病が領内に蔓延るのを憂いたお殿様が厄払いの御輿を神社に奉納した際、縁起物として領民に饅頭を振る舞ったのが始まりで、結城じゃ幕末から無病息災を願って供えられるンだとか。但し一般的な饅頭の皮じゃ無く、団子に近いモチモチとした小麦の生地で餡子を包むのが特徴で、その名前通りに茹でるそうナ!市内の和菓子屋さんで夫々少し違った饅頭を茹でてますが、コレは富士峰さんので少し皮が薄めだからゴツゴツした感じに見えますネ。他の店でも饅頭を買って食べ比べした私メですが、新型コロナ第三波襲来で不安な世の中。コレで病除けに成るかしらん

おまけ!食べ比べで寄った真盛堂さんで興味を曳かれたのが、ゆでまんじゅうと同じ皮でシューマイを包んでみた「ゆでしゅうまい」。魚肉の練り物でシューマイを包んだおでんの種が有りますが、ソレと同じ発想かナ?小さくて歯応えのある肉まんみたいな味でしたが、もっと驚いたのは醤油と和がらしが添えられてたコト!まさか和菓子屋でコレの付いて来る饅頭?が有るとは・・厄除け効果パワーアップに成りましょうか




| 2020.11.18 Wednesday (18:15) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
3742 【揚げモン87】関東を見晴らす天空の牧場と「みそポテト」・・東秩父

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

新型コロナの第一波襲来で緊急事態の出された今春から記事を書く頻度がガクっと落ち、ほぼ毎日の更新からほぼ隔日の更新に成り果てた拙ブログ旅日記。ご案内したいお噂は沢山あっても、意欲がドウにも湧かず・・頑張りませんとネ。さて奥武蔵の秋を巡る旅の最後に寄った東秩父は、人口二千五百ほどで埼玉県内唯一の村だったりします

 

前回ご案内した秩父市を初め、埼玉・秩父地方は関東平野から外秩父山地で隔てられた荒川上流の盆地ですが、東秩父村だけはその手前にある山裾の里。古代の知々夫国が武蔵国に吸収された際、新たに秩父郡が置かれましたンで・・ココも知々国だったンでしょうネ。道の駅の奥に江戸時代の「紙すき家屋」が残されて、何だかイイ雰囲気

 

紙すき家屋が残されてる訳は、東秩父村は千三百年の歴史を誇る和紙「細川紙」の里だから。高野山から伝えられた頑丈な紙で、戦争中はその強さから風船爆弾に使われ、ジェット気流に乗って太平洋を東へ飛んだ細川紙の気球は、約一千発が北米大陸に達したとか。史上初の「大陸間兵器」だった訳ですが、今はユネスコ無形文化遺産です

 

細川紙が風船爆弾の素材に使われたのは機密事項だった様で、ソレを漉いた職人達も知らなかったとか・・勿論今はそんな需要は有りませんが、我々講釈師が高座で叩く「張り扇」を巻いた作る素材に用いてる仲間が居りますネ。私メも和紙の里の紙すき工房へ以前参って検討してみた覚えが有りますが・・東秩父村の奥へ上がると不思議な標識が

 

ソコは埼玉県庁が優秀な乳牛や肉用牛を育成する為の「秩父高原牧場」で、東京ドーム75個分の352haも在ると言うからトンデモない広さ!牛以外にヒツジやヤギ等も飼育され、眺めの良い7haほどが「彩の国ふれあい牧場」として公開されてるソウですが、こんなトコが東秩父村の奥に在るだナンて全く知りませんでしたネ。天空の牧場ですゼ

 

広い牧場の殆どは放牧地で、埼玉県内各地から預かった未経産の牛をノンビリ育成させてるとか。しかもココで放牧される牛は二百頭ほどと実に少なく、人が多過ぎて過密極まりない都内に住む私メとしては羨ましい限り。野山を駆け巡って遊ぶ牛も合図の音楽が流れると餌を食べに集まって来る様ですし、夕方は牛舎に帰って来るから賢いですナ

 

牧場に来たらソフトクリーム!まさか十一月に成って外でコウ成ると夢にも思いませんでしたが、小春日和のポカポカ陽気なのも有って、牧場附属の野菜直売所「メーメーハウス」で買った濃厚なのを・・大パノラマを眺めながらペロペロと。信州へ参った気分に成りますが、間違いなくココは南関東の埼玉県。コロナ禍で遠出できないだけに嬉しいネ

 

夏と違って秋のソフトクリームは直ぐに溶けないから助かりますが、流石に身体が冷えちまう様な。美味しく舐めた後は日向ぼっこがてら、眼下に広がる関東平野を改めて眺めてみましたが、雲が無ければ東京スカイツリーも彼方に見えるとか。天体観測や初日の出を拝むにも絶好地としても有名な様・・ココは東京から一番近い天空の高原ですナ

 

秩父高原牧場はホント眺めが良い場所ですが、更に奥へ進むと余り宜しくない風景も。傾斜地に波打つ様に広がる太陽光パネル・・元は樹木が深く茂ってたトコだった筈で、ソレじゃ儲けに成らぬと伐採して据えたンでしょうが、クリーンエネルギーと謳いつつ環境を破壊して発電させるのはナニか違う様な気が。山の保水力とか大丈夫ナンでしょうか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「茨城県結城市」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「寄ってみんべ!ひがしちちぶ」東秩父村役場HP
★「マンガ東秩父村『ふらっと物語』」東秩父村役場HP

★「秩父郡東秩父村のおすすめ観光スポット7選!埼玉から山梨へ繋がる分岐点【埼玉県秩父郡東秩父村】」GOOBA HP
★「細川紙」東秩父村役場HP
★「ユネスコ登録細川紙」東秩父村和紙の里HP
★「【日本軍】風船爆弾 顛末記【珍兵器?秘密兵器?】」Man On a Missionブログ
★「無形文化遺産『細川紙』 人の心を『手漉き』に込めて」東秩父物語 産経ニュースHP
★「埼玉県秩父高原牧場」埼玉県庁HP

★「秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)」ニッポン旅マガジンHP
★「秩父高原牧場 埼玉県秩父郡東秩父村」USHICAMERA HP
★「都内から一番近くの高原 秩父高原牧場に行ってみた。」キニナルHP
★「秩父高原牧場からスカイツリー」murachiのブログ
★「いま、人気上昇中!秩父のB級グルメ『みそポテト』のカリホクに夢中♪」macaroni HP
★「おばあちゃんが秩父弁で教える『みそポテト』の作り方」みそぽてと本舗HP
★「東秩父村『秩父高原牧場』のソフトクリームとみそポテト」カゴハラネットHP

 

(関連する記事)

★「477 【歴代宰相02】鳩山町は友愛なのか?」
★「478 【スイーツ20】木曽義仲公は埼玉県のご出身!」
★「569 【調味料類05】東松山のお稲荷サンは野球の神様か?」
★「570 穴・アナ・あな・・吉見百穴」
★「436 【揚げモン10】天岩戸ストリップの発案者は秩父に居た」
★「437 【お米料理27】日本のエルドラドは埼玉・秩父」

★「1132 【やきそば94】千年続く流鏑馬と『モロショク焼きそば』‥毛呂山」
★「1133 【スイーツ65】東秩父村に古い伝統を見た」
★「1251 【やきそば113】実に濃厚!『あぶら味噌焼きそば』‥吉見」
★「3740 【団子饅頭128】真秋に染まる名栗村で『四里餅』を・・飯能」

★「3741 【お米料理401】悠久の歴史の秩父で『わらじカツ丼』を」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(遠くまで行かなくても関東で結構楽しめる、そんな発見に成りましたヨ)

埼玉・秩父地方で唯一「盆地の中に無い」東秩父村も秩父郡であるコトにゃ違いなく、秩父で広く親しまれてる「小昼飯(こぢゅうはん)」が当然の様にありますネ。小昼飯とは農作業の合間に食べられる簡単な食事やおやつのコトで、戦前から広まってたと云う説もある様ですが、その代表格が「みそポテト」。ひと口大の蒸かしジャガイモの天婦羅に、甘辛い味噌だれを掛けただけのモノ・・簡単な食事・小昼飯だモノ。当然お店で売られる様なモノじゃ無かった様ですが、秩父全域の地方興しをコレに賭けてるのか?アチコチで売られる様に成ってますヨ。焼き鳥みたいに串に刺したモノや刺さずに揚げたモノと格好は色々ですが、B級グルメなんて軽いモノじゃ無く、秩父地方を代表する郷土料理の一つ。子供のおやつからお酒のツマミまで何でもござれ、その一番近い本場が東秩父村だったりしますンで、コレを食べにまた参りませんとネ




| 2020.11.16 Monday (17:15) | なぜかココは埼玉西 | - | - |
3741 【お米料理401】悠久の歴史の秩父で「わらじカツ丼」を

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

前回ご案内の飯能・旧名栗村から峠を越え、参りましたのは埼玉県最奥部の谷間にひろがる街・秩父市。都内へ流れる荒川上流の盆地・秩父地方の中心地で、西武鉄道の特急レッドアローなら池袋から八十分ほどと近いですが、車だと結構遠く感じますネ。同じ関東でもココまで来れば別の地方みたいなモノで、もう少し峠を越せば信州や甲州です

 

秩父へ参るにはドコからでも峠越えが要りますが、唯一ソレを免れられる道が埼玉・寄居町から荒川沿いに盆地へ入る「秩父往還」。今の国道140号線で、群馬方面と山梨方面を結ぶ古くからの街道だったりしますが、秩父市中心街を貫く旧道(本町通り)は京都の祇園祭・飛騨の高山祭と並ぶ「日本三大曳山祭り」の秩父夜祭の主会場に成ります

 

私メも幼い頃に一度だけ見に参った覚えが有りますが、秩父神社さまの例大祭「秩父夜祭」は囃子を打ち鳴らしながら笠鉾や屋台が街中を荒々しく曳き廻ったり、冬夜に花火をドンドン撃ち上げたりと随分賑やかな祭礼で、少なくとも三百年以上の歴史を誇ると聞きますが、その開催は毎年十二月初め。但しコロナ禍の為に今年は規模を縮小する様

 

秩父夜祭で屋台曳き廻しや花火打ち上げを中止するのは三十二年ぶりだソウですが、人口六万の街に二十万を超す見物が集まるンだから仕方ないでしょネ。そんな秩父神社さまの境内は参拝者がエラク多く、コロナ第三波到来で遠出するのが不安な都会民の「プチ旅行」需要を掴んでるのかしらん。境内はイチョウの金葉、そして菊の花が一杯!

 

境内は菊祭りの最中で様々な色形の菊が飾られてましたが、コレは埼玉県知事賞だからグランプリ?そんな秩父神社さまは鎮座から2105年と云うトンでもない古社で、秩父盆地全体の総鎮守なだけじゃ無く、日本一広い武蔵国(隅田川以西の東京都と埼玉県・川崎市全て、横浜市の一部)の四之宮だったりする。江戸時代は妙見信仰で栄えてます

 

古代の秩父は武蔵とは別の独立した国(知々夫国)で、荒地と湿地ばかりの関東平野よりも早くから開けたトコだったとか・・朝廷の在った飛鳥にゃコッチの方が近いしネ。だもんで創建から二千百年を超す古社が在る訳ですが、初代の国造(今の知事)知々夫彦命サマが祀られてるだけじゃ無く、故・秩父宮雍仁親王殿下(昭和大帝の弟君)も祀られてます

 

秩父神社サマを詣でてから、街中をブラついてましたら・・由緒ありそうなお社をもう一つ発見!役行者さまが千三百年前に創建された「秩父今宮神社」。当初は仏法の八大龍王を祀ってた様ですが、その百年後に秩父を訪れた弘法大師さまがココを神仏混合のお寺に変え、明治に入ってから神仏分離で神社に戻った・・複雑な歴史があるトコの様です

 

四国八十八ヶ所ほどメジャーじゃ無いけれど、関東じゃ結構有名な秩父三十四箇所巡りを楽しむ中高年は多いですが、今宮神社サマはその発祥地と称して居られますナ。境内で目立つケヤキの大木は樹齢一千年を裕に超すと半端なく、幹回りの太いコト太いコト!その洞には龍神が棲んでいると言われ、三十年ほど前の暮れに出現なさったとか

 

今宮神社サマの大ケヤキに度肝を抜かれた後は、その近くに在る秩父唯一のデパート「谷尾百貨店」へ寄りましたが、その最上階からはこの盆地のシンボル「武甲山(1304m)」の姿が一望に。秩父神社サマは元来この山を神奈備(神の宿る神域)としてたソウですが、石灰岩の塊みたいな山だった為に明治時代からドンドン切り崩され、元の山頂は既に無くなってしまってるとか。ココで採掘された石灰は「秩父セメント」として全国に出荷されてますが、地域名としての秩父を知らない方は多くても、セメントの名前として御存知の方は多いでしょうネ。遠からず今の山頂も無くなっちまうかも知れず、この姿を覚えておきませんと

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「埼玉県秩父郡東秩父村」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「ぶらっとちちぶ」秩父観光協会HP
★「秩父観光なび」秩父市役所HP
★「秩父見聞録」埼玉商工サービスHP

★「車なしで楽しむ『秩父』。女性ひとり旅におすすめの観光&グルメスポット12選」icotto HP
★「秩父 昭和初期の面影が残る街」佳景探訪HP
★「秩父往還/ちちぶおうかん」街道歩きの旅HP

★「知々国の総鎮守」秩父神社HP

★「話題の『秩父神社』!神社の見所から周辺観光スポットまでご紹介♪」aumo HP
★「秩父神社の銀杏」時々絵日記ブログ
★「秩父夜祭」秩父まつり会館HP
★「日本三大曳山祭のひとつ『秩父夜祭』」たびらいHP

★「秩父夜祭、山車の巡行が中止に 新型コロナの収束見えず…神事や御神幸祭は規模を縮小、鏑馬の奉納は自粛」埼玉新聞HP
★「日本の華『キク』」JATAFF農林水産・食品産業技術振興協会HP
★「秩父霊場発祥の地」秩父今宮神社 八大龍王宮HP
★「秩父霊場発祥の地〜秩父今宮神社
(ちちぶいまみやじんじゃ)〜」散歩日和 〜一歩一会〜ブログ
★「秩父札所三十四観音霊場」秩父札所連合会HP
★「東京オリンピックの裏で、ダイナマイトで爆破され続ける『神の山』」講談社 現代ビジネスHP
★「武甲山
(埼玉県秩父市、横瀬町)白い岩肌、悠久の歴史」日本経済新聞HP
★「秩父地域の皆さまと共に」矢尾百貨店HP

★「【埼玉】秩父わらじかつ丼」Smart Access HP
★「デパートのレストランへ行く〜矢尾百貨店のレストラン〜」大根Pスープの徒然なんちゃらブログ

 

(関連する記事)

★「339 【お米料理17】亡命政府は埼玉県に樹立された」
★「340 【野菜果物11】曼珠沙華は地獄の花なのか?」

★「394  【団子饅頭15】埼玉・名栗川でなぐりこみ」
★「436 【揚げモン10】天岩戸ストリップの発案者は秩父に居た」
★「437 【お米料理27】日本のエルドラドは埼玉・秩父」
★「1133 【スイーツ65】東秩父村に古い伝統を見た」
★「1915 【麺類色々146】曼珠沙華と八百屋お七・・飯能」
★「3740 【団子饅頭128】真秋に染まる名栗村で『四里餅』を・・飯能」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(窓の超大きな三代目レッドアロー号に乗り、秩父へ参りたいモノです)

埼玉って不思議な県で、他県だったらトウに無くなってそうな地域のデパートが方々に幾つも残ってますし、ソレが結構繁盛してるから嬉しく成りますが、秩父市には「矢尾百貨店」が在る!寛延二年(1749)創業の造り酒屋「秩父錦」矢尾本店が幕末に始めた呉服屋が元と云うから驚きますが、その最上階にある「カプチーナ」なる大食堂へ行ってみましたヨ。デパートのお好み食堂的なトコは随分久しぶりですが、和洋中が一通り揃ってるから買い物ついでに寄るには結構便利。しかも街中の料理屋はプチ観光客で行列でしたンで、まったりノンビリ出来るココで眺望を楽しみながら地元らしいモノでも食べましょ。メニューを見ると「秩父名物わらじカツ丼」が有ったンで頼んでみましたが、わらじみたいに長い豚カツを揚げたての内にタレに潜らせ、ソレを二枚乗せて出て来るのが秩父の流儀だとか。ナゼかと云えばわらじは二枚で一足だからの様ですが、コレが結構お腹に堪える・・全く同じ味の揚げ物を二枚も食べるのは途中で飽きちゃいますゼ。そんな方向けに一枚だけのミニ丼も有りましたが、やっぱわらじは二枚無いと都合が悪いかも知れません




| 2020.11.14 Saturday (17:15) | なぜかココは埼玉西 | - | - |
3740 【団子饅頭128】真秋に染まる名栗村で「四里餅」を・・飯能

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

拙宅の在る都内も日毎夜毎に寒く成り、朝晩は手袋をしないと街歩きもキツく成り始めてますが・・楓やイチョウの色付きは今一つ。遠からず紅葉・黄葉が鮮やかに成るのは判ってますが、ソレを待ち切れンと少しだけ遠出をしてみましたヨ。向かいましたのは埼玉南西部の山間の里「名栗」、西武池袋線の終点・飯能から名栗川沿いに奥へ奥へ

 

板橋生まれで今も住んでる私メですが、親の転勤で結構アチコチ引越しながら育ち、中学・高校生の頃は埼玉・所沢に住んでましたンで、西武線沿いの奥武蔵や秩父は度々参った親しいエリア。尤もその頃は名栗村と云う独立した自治体でしたが、平成十七年(2005)に飯能市へ吸収されて消滅してたのネ。ソレを知らない位に御無沙汰してました

 

関東平野も東京・埼玉の都県境沿いで平らなのは飯能までで、旧名栗村に入るといきなり風景が変わるから楽しいですが、山間を流れる名栗川は荒川最大の支流・入間川の上流部の別名で、我が街・板橋区まで繋がってると思うと感無量。但しココじゃ川底までキレイに透き通ってる清流が、下流まで来るとドウして汚れちまうの?悔しい感が

 

 洪水対策で幕府によって付替えられるまで、都心を流れる隅田川に繋がってたのは荒川じゃ無くて入間川だったのは知られてませんネ。利根川に繋がってた荒川を入間川へ流路を変えてますが、隅田川の最上流は名栗村なのが江戸っ子の常識で、大火が起きる度にココの木を切り出して筏で送ってましたヨ。江戸の繁栄は名栗村あってのコト!

 

名栗から江戸へ送られた材木は、西の山から川筏で運ばれて来たンで「西川材」と呼ばれ、町家から武家屋敷・寺社建築まで広く使われてますが、名栗川沿いに謎のお寺を発見・・えぇと鳥居観音?戦前に名栗村長を務めた平沼彌太郎氏が昭和十五年(1940)に創建した単立寺院(どの宗派にも属さない寺)で、埼玉百選の観光名所らしいンです

 

正式名「白雲山鳥居観音」の開祖?平沼彌太郎氏はスゴイ人物だった様で、材木問屋から村長に成って名栗川に水力発電所を造り、戦後は参議院選挙に勝って大蔵委員長に就き、その後は埼玉銀行(地銀じゃ無くて都市銀行)頭取に成ったと云うから多彩すぎる才能!もっとマルチなのは堂々たる仏像群、全て一人で彫られたとか。まるで講談!

 

麓の御本堂にゃ聖観音を始め七体の観音さまが居られますが、後背の白雲山は山中アチコチに巨大な観音像やお堂が建てられてるだけじゃ無く、西遊記で知られる玄奘三蔵法師の遺骨の一部が納められた塔まで立ってるとか。三蔵塔の廻りはカエデが沢山植えられ、今まさに真っ赤に燃えてる様ですが・・三十分以上も登るのは御勘弁願います

 

季節の彩りを探しに山里まで参った癖に、山登り三十分と聞いて断念した私メをお笑い下さいナ。坂登りは楽しいと日頃豪語してますが、飽くまでもソレは毎日テクテク歩き廻る都内でのコト。例えハイキングレベルでも登山と成ると話は別で、膝や腰を痛めてしまいソウ・・上まで登らなくても御本堂の辺りも結構な色付き、コレだけで満足しましょ

 

この日の目的地は名栗村じゃ無く、ソコへ向かう途中に偶々通っただけだったのに・・鳥居観音さんには改めて登山の覚悟して参りたいモノですナ。川沿いに奥へ進むにつれ秋は深まる一方で、東京からソウ遠くないのに・・同じ武蔵国なのに随分違うモノ。あと半月もすると都内もこんな感じに成るンだろうと思いつつ、峠を越えて秩父へ向かうのです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「埼玉県秩父市」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「はんのう。いい塩梅」奥むさし飯能観光協会HP

★「名栗をめぐる『なぐりめぐり』」飯能市役所HP
★「埼玉県立奥武蔵自然公園エリアの山と川を探索するウェブサイト」奥むさし山と川の探索マップHP

★「飯能のエリアガイド」奥武蔵まごころ.net HP

★「名栗川、晩秋の川沿い」好日奥武蔵(奥武蔵の山人)ブログ
★「西川材について」西川・森の市場HP

★「荒川の昔」国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所HP
★「荒川と入間川」東京ネイティブが語る東京の魅力ブログ
★「大自然の中で、微笑みに包まれながら癒されるひと時を・・」白雲山鳥居観音HP
★「『なぐり紅葉まつり』、白雲山鳥居観音の山肌を縫う遊歩道をハイキングしながら紅葉狩り」オマツリジャパンHP
★「埼玉・鳥居観音で、激坂を登って紅葉狩り!絶景までのルートを詳しくご紹介」TRIP’S HP
★「西川名物 四里餅」さいたま逸品ぐるめぐり・埼玉県庁HP
★「飯能銘菓・大里屋本店の『四里餅(しりもち)』を食べてみた!由来や販売店も紹介」埼玉北部のさんぽみちHP

 

(関連する記事)
★「339 【お米料理17】亡命政府は埼玉県に樹立された」
★「340 【野菜果物11】曼珠沙華は地獄の花なのか?」
★「394  【団子饅頭15】埼玉・名栗川でなぐりこみ」
★「719 【麺類色々42】国宝と『武蔵野うどん』‥東村山」
★「944 【麺類色々55】埼玉人のソウルフード『山田うどん』‥所沢」
★「1034 【お魚料理56】ここも東京!青梅で『鮎の塩麹焼き』」
★「1254 【名物パン113】SLとコッペパンと映画看板と‥青梅」
★「1436 【お米料理97】甦った米軍ハウスと『古都のスタミナ丼』‥入間」
★「1915 【麺類色々146】曼珠沙華と八百屋お七・・飯能」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(都内の近くなのに足の向かない埼玉西部、コレから時折参りますか)

旧名栗村の古くからの名物で、今じゃ飯能市を代表する銘菓と化しているのが「四里餅(しりもち)」。大福にゃ違いないンですが、餅がメチャクチャ柔らかくて引っ張るとドコまでも伸びてしまいソウで、舌触りもひたすら柔らかいの一言。江戸に向けて西川材の筏を組んで川を下る船頭さんが腹を持たす為に食べた餅が始まりで、一番厳しい名栗渓谷の四里を尻もち無しで乗り越えられる縁起モノだったとか。四里の焼き印が縦なのは粒あん(画像左)・横なのにはこし餡が入ってまして、私ぁ大黒本店さんでコレを買って鳥居観音で食べましたが、川下りだけじゃ無くて山登り中の糖分補給にも向いてるかナ?何れ試してみたいです




| 2020.11.12 Thursday (17:15) | なぜかココは埼玉西 | - | - |
3739 【野菜果物125】江戸最強の呪術師と准国母さまと「フェイジョア」・・祐天寺

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

先日は碑文谷界隈へ参りましたが、今日は同じ目黒区でも少し都心寄りの祐天寺へ・・渋谷から東急東横線で僅か六分と近いのに、生まれて初めて参りましたネ。電車じゃ無く、駒沢通りで幾度か走り抜けた覚えは有りますが、この辺りはセンターラインが時間次第で変わるヤヤコシイ道!交通量に対して道路容量が足らず、苦肉の策ナンでしょうネ

 

碑文谷もソウでしたが、同じ都内住まいでも城北民の私メにゃ城南エリアは今イチ判らず、祐天寺駅まで参ったモノの・・ハテさて如何したら良いかしらん。名前に寺のつく駅でも「吉祥寺に吉祥寺は無い」「高円寺に高円寺は有る」と都内は分かれますンで、祐天寺に祐天寺が在るのか知らずに歩いたら・・良かったココは後者だ、祐天寺を無事発見!

 

駒沢通り沿いに広い境内を構える浄土宗の名刹「明顕山祐天寺」は、享保三年(1718)に開山した比較的新しいお寺。五代将軍・徳川綱吉公の母・桂昌院さまが深く帰依した高僧「祐天上人」の遺命に従い、弟子たちが念仏道場として開いてますが・・当時は享保の改革の最中で新しい寺社の建立は禁止だったのに、特別扱いとして許可されたとか

 

祐天上人・・歌舞伎の怪談「累物(かさねもの)」に出て来られるお方ですナ。夫によって残忍に殺された累が怨霊と成って代々の後妻にとり憑いて悉く殺してたのを、偶々近くの寺に滞在してた祐天上人が法力によって累を成仏させると云う当たり狂言で、初代三遊亭圓朝師匠がコレを怪談噺にしたのが有名な「真景累ヶ淵」。講談にも出て来ますヨ

 

累物は芝居上の虚構ですが、祐天上人は実在の人物・・その廟墓が境内に在りましたので、何れ高座で読むかもと御挨拶に。幼い頃は暗愚で経文を覚えられなかったモノの、不動明王から喉に剣を差し込まれる夢を見て開眼し、桂昌院さまの帰依を得て増上寺(徳川将軍家の菩提寺)住職に成った名僧。江戸時代最強の呪術師とも言われるとか

 

祐天上人の廟墓そばに、トンでもない方の御墓所が・・明治大帝の御側室「二位の局」「早蕨典侍」こと、大正帝の御生母・柳原愛子さま!お后の尚憲皇太后さまに遠慮して?皇族用の豊島岡墓地じゃ無くて祐天寺に葬られてますが、昭和大帝も上皇陛下も今上陛下も皇嗣殿下も全て、この方無しじゃこの世には居られなかった准国母さまですヨ

 

吃驚しどうしの祐天寺を後に、東横線・祐天寺駅へ戻るコトにしましたが・・地名としての祐天寺は駒沢通りの北側だけで、南側にあるお寺は中目黒五丁目だったりするのが面白い。恐らくは歩いて五分ほどのお寺への最寄り駅の周囲が住宅地化する過程で、祐天寺は寺名・駅名からブランド化し、遂に駅近くが地名として独占するのに至ったかと

 

渋谷と横浜を繋ぐ東横線が開業したのは大正十五年(1926)ですが、驚いた事に初めは渋谷始発じゃ無くて目黒始発だったとか。と云うのは東横線は都県境に面した多摩川駅と横浜の間だけ先に造られ、翌年に渋谷まで敷かれるまで既存の目黒蒲田電鉄(現在の東急目黒線)に乗り入れてたンだとか。祐天寺駅は渋谷まで伸びると同時設置です

 

折角だから駅のお寺と反対側(西口)もブラついてみましたが、驚くコトに地名は目黒区五本木!港区六本木より一本少ないですが、由来は「人目を引く五本の大木があったから」と云う実も蓋も無いモノで、五本しか無かったかと云えば左に在らず。東横線が開通するまで鬱蒼とした森が広がってた様・・五本の大木跡は?と歩いてみたら、三宿通りの五本木交差点辺りの並木はカリンの実が一杯!秋が深まってます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「埼玉県飯能市名栗」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「めぐる・めぐろ」めぐろ観光まちづくり協会HP
★「目黒で人気の観光スポットはココ!絶対行くべきおすすめの名所10選!」Seeing Japan HP
★「祐天寺駅から祐天寺へ。境内はお散歩に最適です!」東横線ぶらり街歩きまとめHP
★「明顕山祐天寺」同HP
★「眠れ眠れ!幽霊『かさね』呪術師『祐天』〜祐天寺の御朱印
(東京・目黒区)」御朱印迷宮HP
★「【用語解説】祐天上人
(ゆうてん しょうにん)」桃象の観劇書付ブログ
★「江戸時代の3大怪談ヒロインの1人『累
(かさね)』の物語。」山科薫マニアックな世界を楽しみましょうブログ
★「大正天皇の生母・柳原愛子〜密かに皇室存続の危機を救った慈愛の早蕨」武将ジャパンHP
★「目黒の地名 祐天寺
(ゆうてんじ)」目黒区役所HP

★「東横線 渋谷・代官山・自由が丘 人気の街を繋ぐ看板路線」東急グループHP
★「五本木 -地名の由来と今-」東京さんぽHP
★「カリン
(花梨)の食べ方と育て方 実&種の効能と毒性・のどに効くはちみつ漬けなどの使い道」おしえて!田舎センセイ!HP
★「フェイジョア
(フィジョア):特徴と旬の時期」旬の食材百科HP
★「フェイジョアの実と花を味わおう!サラダにもジャムにもおすすめ」AGRI PICK HP

 

(関連する記事)

★「426 【五色不動01】目黒不動の目の黒い内は・・」

★「1090 【やきそば90】田園調布で『焼きそば』を食う」
★「2333 【調味料類31】人生の登り降りと『甘〜いマヨネーズ』・・三軒茶屋」
★「2349 【スイーツ182】洗足池と東工大と『ドイツのドーナツ』・・大岡山」
★「2350 【保存食品58】黄金色の田園調布と『丸茄子からし漬け』」

★「2356 【麺類色々202】目黒不動と『目黒二郎の小豚ダブル』」

★「2427 【スイーツ184】今も現役!お菓子のホームラン王『ナボナ』・・自由が丘」

★「2984 【野菜果物101】花咲く秋のハーブガーデンと『フェイジョア』・・磐田」

★「3709 【スイーツ324】源氏だらけの街と『源氏巻』・・中延〜旗の台」

★「3719 【やきそば406】秋晴れの多摩川と『アップルパイ焼きそば』・・田園調布」

★「3087 【スイーツ261】太子堂のナゾと『りんごジャムサンドクッキー』・・三軒茶屋」
★「3286 【お米料理329】深秋の目黒不動と『まるまつのさんま丼』」
★「3720 【お米料理397】秋晴れの洗足池と『かつやのソースカツ丼』」

★「3667 【保存食品89】碑文谷の由来探しと『フライドサーディンinカビソース』」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(六本木だけじゃ無く五本木が在るのなら、七本木もドコかに在るの?)

鈴なりのカリンの実を見つけたコトだから、ソレに因んだモノを・・と思えどもソウは問屋が上手く卸しちゃ呉れず、木になる果実なのは同じだからと「フェイジョア」を。南米原産のフトモモ科の常緑樹の実でグァバやグローブの仲間に成る様ですが、熱帯果実としては珍しく氷点下の外気にも耐えられるからと、日本へは第二のキウイフルーツとして三十年ほど前に盛んに導入されたのに定着せず、幻の果実と成ってる感が有りますネ。グアバに良く似たシャリシャリとした食感で、追熟させた実を半分に切って生のままスプーンですくって食べるのも良いですし、ペクチンが極めて多く含まれてるンでジャムにするのも宜しいとか。バナナとパインとリンゴを混ぜた様な甘酸っぱい独特な味が楽しめるのは秋だけ。祐天寺駅前の商店街で買い求めたモノじゃ無いですが、某所で偶々手に入れましたンで御容赦を。見つけたら試してみて下さいナ




| 2020.11.10 Tuesday (17:15) | 渋谷・目黒・世田谷区 | - | - |
3738 【呑みモン154】「和製サングリア」と都心で楽しむ急坂登り・・永田町

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

隅田以東の低湿地を除く都内はドコに行っても坂だらけですが、頓に激しいのが赤坂界隈。地名に坂が入ってる時点で自ずと判りますが、その谷底を通るのが江戸城の外濠を埋め立てた「外堀通り(環状二号線)」。但し山王下交差点より南側はお濠と上水の水源を兼ねた細長い溜め池だった様で、メトロにゃ「溜池山王」なんて駅が在ったりします

 

赤坂の外堀通りの東側は小高い丘で「星が岡」と呼ばれた景勝地だった様ですが、山上の神社へ詣でるには些か骨が折れると云うコトで、赤坂側の裏参道(一枚上の画像)にゃ屋外エスカレーターの付いた大きな階段が用意されてますヨ。ドウせだからと文明の力を借りて気楽に上がって行くと、東隣りの丘に聳える「総理大臣官邸」の姿が見えます

 

二十mの高低差をエスカレーターで難なく征服し、星が岡の頂上に鎮座する「山王日枝神社」さまに詣でましょ。太田道灌公が江戸城を築いたとされる文明十年(1478)に埼玉・川越の日枝神社から勧請されたお社で、皇居の護り神にして神田明神さまと並ぶ江戸の二大神社。そして東京十社の中枢として、参拝者がひっきりなしの大人気社ですナ

 

太田道灌公が江戸城を最初に築いたと思って居られる方は多いですが、その遥か前の平安末期に江戸四郎重継と云う豪族が現在の西の丸に館を置いたのが最初。山王さまはその館跡に初め創建され、五代将軍・徳川綱吉公の時に星が岡に遷座してますが、江戸氏はこの丘に出城を置いてたらしく・・永田町側の表参道下は空濠だったとか

 

星が岡城については文献資料が乏しく、飽くまでも「だったらしい」の域を出ませんが・・山王さまの表参道下に在るのが「天下の府立一中」こと、都立の大名門・日比谷高校。ココを経て東大に進んだエリートは枚挙に暇ありませんが、疑問に思えるのはナゼ日比谷に無いのに日比谷高校か?実はココに移転してくる前、日比谷に在ったンだソウですヨ

 

山王裏の谷底に在る日比谷高校へはドコからも坂を通らねばならず、メトロ赤坂見附駅からの最短路は急勾配45度ゆえ「遅刻坂」なる別名が。理由が想像できますが、エリート学生とは別の進路を歩もうと正反対の「山王坂」へ。コチラも結構な急坂で顎が出そうに成りますが、恥かしいトコを見られたら大変・・何しろ坂の両側は国会議員会館だから

 

衆議院第一議員会館と第二議員会館(一枚上の画像のビル)に挟まれた山王坂を登りきると、正面に見えるのが国会議事堂。先日は表門から眺めてみましたが、裏側は見物し易い場所が見当たらず・・無理に覗こうとすると警備の警官に叱られソウ!内部見学はコロナ禍の為に議員紹介が必要でしたが、予約すれば一般も可に緩和された様です

 

国会議事堂は何度も見学してますし、議員食堂に昼飯を食べに行ったコトすら有りますが、予約なんかしてませんので・・山王さまの裏参道のエスカレーターから見えた総理大臣官邸へ向かってみましたが・・元より見学可能なトコじゃ無く、国会周囲と比べ物にならない位の厳重警備。コレ以上近寄れませんでしたが、新首相の菅さん応援してますゼ

 

総理大臣官邸前から踵を返し、国会議事堂の裏を通って麹町台地を北へテクテク歩けば・・政権与党の自由民主党本部が!ココの食堂にも一度入ってみたいンですが、国会のソレより厳しそうで念願を果たせてませんネ。特に美味しいとか珍しいとか聞いた訳じゃ無いですが、主要政党本部の食堂巡りをしたら面白そうで。誰か連れてって下さいナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「東京都目黒区祐天寺」への訪問記です★


(参考リンク)

★「Minato 港区を楽しもう」港区観光協会HP
★「MINATOあらかると」港区産業観光ネットワークHP

★「赤坂ヒストリー」赤坂一ツ木通り商店街振興組合HP
★「赤坂の『今』をお伝えするサイト」赤坂広報室HP

★「ちよだの魅力」千代田区観光協会HP
★「霞ヶ関・永田町エリア 今こそ歩きたい政治の街」千代田区観光協会HP

★「皇城の鎮」山王日枝神社HP
★「山王日枝神社
(東京都 千代田区)」美しい神社☆再訪したくなる神社〜御朱印〜ブログ
★「東京十社めぐり」東京十社会HP

★「日枝神社と猿の関係」山王祭広報委員会HP
★「赤坂日枝神社の階段」東京の階段ウォッチング・ブログ

★「溜池の由来」東京さんぽHP
★「星が岡城
(東京都)」MARO参上HP
★「東京府立第一中学校」東京都立日比谷高校HP
★「日比谷高校 永田町なのに日比谷?」都市の風景 Building and Subculture In Tokyoブログ

★「The House of Representatives,Japan」衆議院HP

★「House of Councillors The National Diet of Japan」参議院HP

★「建物として見る国会議事堂」古今建築集−美しい建物を訪ねて−HP

★「Prime Minister’s Office of Japan」首相官邸HP
★「官邸特別見学のご案内」首相官邸HP
★「国民のために働く」自由民主党HP
★「乾杯をもっとおいしく。」サッポロビールHP

★「サッポロ 和製サングリア 赤ワインと紅玉」サッポロビールHP
★「サッポロ 和製サングリア 白ワインと二十世紀梨」サッポロビールHP


(関連する記事)

★「579 【東京十社08】日枝神社にはサルが居る」
★「846 【東京十社11】赤坂氷川神社と『タイのポッキー』」
★「1011 【お米料理71】国会図書館で「国会丼」を!」

★「1954 【お米料理150】国会議事堂で『スペシャルランチ』・・永田町」

★「2070 【麺類色々169】新年快楽!赤坂で『中国の出前一丁』を」

★「2164 【麺類色々181】初夏の赤坂で『桜えびのパスタ』を」
★「2206 【野菜果物75】国会議事堂の前庭と『巨大トマトピューレ缶』と」
★「2214 【スイーツ165】政府最高首脳暗殺現場で『白くま』を・・紀尾井町」

★「2247 【お肉料理78】東京都心のジョイフルでランチを!・・赤坂」
★「2547 【やきそば271】梅雨晴れの日枝神社で『ソースロメスパ』を・・赤坂」

★「2780 【麺類色々239】桜咲く永田町・霞ヶ関と『東京の都そば』」

★「2813 【お米料理264】滅多に見れない衆議院と「国会にも在る吉野家」・・永田町」

★「3048 【お米料理299】都心で咲く梅桜と『デカ盛り唐揚げ丼』・・赤坂」

★「3298 【麺類色々332】黄葉の国会議事堂と『韓国チャンポン』・・永田町」

★「3304 【麺類色々334】黄葉の乃木坂で娘音曲隊と『薬膳しお牛肉麺』を・・赤坂」

★「3646 【呑みモン139】六義園に咲く甘茶の花と『和製サングリア』・・駒込」

★「3718 【スイーツ325】秋晴れの国会前庭と『井村屋のホットケーキまん』・・永田町」
★「3721 【麺類色々404】秋晴れの坂の街を巡って『沙茶牛肉麺』を・・赤坂」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(都内の小学生は首相官邸を見学出来る様ですが・・私メじゃ無理か)

山王さまが他の神社と違うのは、神さまのお使いが犬じゃ無くて猿なコト。御祭神の大山咋神(オオヤマクイノカミ)さまが山の神なのが謂れの様ですが、お猿さんと云えば「猿酒」・・木の洞に猿が貯め込んだ果実が自然に発酵したモノとされてますが、要するにサングリアみたいな物ですナ。猿酒なんて滅多に手に入りませんので、似た様なサングリアと云うコトで・・サッポロビールがイオン系限定で発売してる「和製サングリア」シリーズを再び。もちろん以前にご紹介したモノとは違う味で、この秋から「赤ワインと紅玉リンゴ」「白ワインと二十世紀梨」に変わってますが・・アルコール入り果物ジュースと考えた方が判り易く、お姐ちゃん向けの結構甘い呑みモノですネ。でも私ぁコレが結構好きで、赤ワインの方は結構美味しい!時々買っても良い位ですが、問題はイオン系に行かねば成らぬコト!別にイオンが嫌いな訳じゃ無いですが、生活圏内に余り無いンですよネ。まいばすけっとなら矢鱈在りますが




| 2020.11.09 Monday (17:15) | 日本の首都千代田区 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode