きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2981 【お魚料理110】利根川を遡るサケと「鮭のお華花」・・行田

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

河口から百五十四km・・埼玉・行田市と群馬・千代田町の境で利根川を遮るのは、首都圏の水需要を賄う為に昭和四十三年(1968)に建設された「利根大堰(武蔵大橋)」。私メにとって、因縁の地だったりします

 

筆舌に尽くせぬ苦闘の末に、辛い病気も「ほぼ寛解」まで回復した私メです。ココまで戻るのに丸三年掛かりましたが、ナンだか泣いてばかり居た様な。服薬の副作用でアヤフヤですが、楽しい記憶は無いですヨ。

 

敬愛するドクター達から「再発防止の大事な時だから、今は焦るナ無茶するナ」と言われてても、ついつい無理をして体調を崩しちまったり・・。ソレでも前向きな愚行だから仕方無いやと、自分を誤魔化してますナ。

 

利根大堰の大きな使命はココで分れる「見沼代用水()」を通じて、埼玉県と東京都に上水を供給するコト。埼玉はその七割、東京は四割が大堰から引かれたモノで、合せて一千百万人の生活を支えてます

 

本業たる講談よりも好きなのは、バイクに乗ってツーリングに出掛けるコト。学生だった頃から夢中に成り、遂には日本一周半を達成。その結果・・実直な生活に戻れなく成り、堅気の道を諦めざろう得ない破目に。

 

もちろん寄席芸人に成ったのはソレだけが理由じゃ無いですが、修行の傍らズット乗り続け、「一日千kmツーリング」なんて馬鹿もした位。ですが発病してからドウにも無理に成り、漸く再開出来たのは先月の初旬。

 

利根川は「サケの自然遡上の南限河川」とされ、大堰にはサケ用の魚道が設けられてますナ。魚道は一部がガラス張りに成ってて、遡上の様子が観察できるンですが・・上って来るのは小さなオイカワばっかり

 

と云ってもイキナリの遠出は到底無理で、復帰初戦で向かったのは・・板橋の拙宅から片道ピッタリ五十kmの埼玉・鴻巣市。ラジオDJの為に毎週訪ねる街で、イザと成れば放送局にバイクを乗り捨てて来る覚悟。

 

ま、気合を入れて臨んだ甲斐有って、幸い無事に帰れましたが・・たったソレだけの距離なのに、疲労感の半端無いコト。ですがソレが無茶だとしても、敢えて挑まねば前進は有り得ぬ!もう少し遠くへ行ってみよう。

 

サケらしき魚影は時々見えるモノの、ガラスの前で躍って呉れる芸達者はナカナカ居らず・・漸くの一枚!勿論この仔たちは遊んでる訳じゃ無く、産卵場所へ遡る為に激流の魚道に命懸けで挑んでる訳ですが

 

で参ったのは、鴻巣より少し先の利根大堰。拙宅から片道七十kmと小さな前進ですが、ココは東京から一番近い「サケの自然遡上を眺められる場所」で、実は発病前の最後のツーリングで寄ったトコだったりする。

 

とは云え・・あの時は既に心神崩壊してましたンで、行ったコトは覚えててもサケを見た記憶が無いンですヨ。ソレが無念で残念で、いわば自分へのリベンジ!コレでまた一つ、トラウマから脱却出来た気がします。

 

利根大堰の向こうは群馬県で、上毛三山の一つ「赤城山(1827m)」が随分近くに見えてますが、あの麓まで辿り着くのは何時に成るのかしらん?そんなコトより・・タダでさえ最近の関東は寒い日が続いてるのに、利根の川風は強くて冷たくて、やっぱ体調を崩しちゃいました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「静岡県静岡市葵区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「行田市観光情報サイト」行田市観光協会HP
★「行田市情報コミュニティーサイト」うきしろwalk HP
★「行田の観光名所20選!あの大人気小説・映画の舞台巡りへ!」skyticket HP
★「利根導水総合事務所」独立行政法人 水資源機構HP
★「利根大堰
(行田市加須)」浮間わいわいねっとHP
★「サケのこと」利根導水総合事務所HP
★「利根川のサケ
(鮭・シャケ)の遡上数は2012年以降どうなっていたのか」tektosense HP
★「埼玉) 利根川のサケ、川底のバトル 行田の利根大堰周辺」朝日新聞デジタルHP
★「鮭の遡上
(利根大堰)」Waku WakuのHP
★「ニッセイの鮭」NSニッセイHP
★「NSニッセイ 小樽のお華花」小樽家族HP


(関連する記事)
★「244 【お米料理13】斉藤実盛は聖天さまを建立した」
★「245 【講談の舞台04】勇女甲斐姫・・行田市」
★「618 【スイーツ24】洒落ぬきで‥あつすぎるぞ!熊谷」
★「619 【やきそば34】熊谷の焼きそばは細い!」
★「902 【やきそば56】ナゾの日本三体文殊と熊谷『ホルどん』」
★「1827 【名物パン198】『謎のメロンパン』と古代埼玉帝国・・行田」
★「1828 【スイーツ122】浮き城と『うますぎる十万石饅頭』・・行田」
★「1977 【揚げモン55】利根川を上る鮭と『ゼリーフライ』・・行田」
★「2472 【団子饅頭78】鴻巣の桜と『いが栗まんじゅう』」
★「2569 【やきそば274】灼熱の熊谷で『フライ焼きそば』を」
★「2570 【団子饅頭82】灼熱の熊谷で『塩あんびん』を」
★「2751 【団子饅頭99】びっくりひな祭り2017と『いがまんじゅう』・・鴻巣」
★「2789 【やきそば306】鴻巣の桜2017と『ふらい焼き&焼きそば』」
★「2944 【調味料類40】世界最大の花火と三年ぶりのツーリング・・鴻巣」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(帰りは東北道にしましたが、高速をバイクで走るのも初復帰でした)

利根大堰でサケに因んだ美味しいモノが有れば良かったンですが、何しろ河原だから売店すら在りゃしない!だもんで利根川や行田市に全く関係有りませんが、北海道じゃ結構有ると聞く「鮭のおかか」を。鰹節ならぬ鮭節で、良く燻して乾燥させた鮭には鰹以上のうま味成分が含まれてるソウで、確かに濃厚な味わいだった記憶が。世の中には面白いモノが有ると感心したと共に、利根川でも作れぬかと思うばかりです




| 2017.11.24 Friday (00:15) | なぜかココは埼玉北 | - | - |
2980 【麺類色々271】光り輝く鬼子母神サマと「池袋の光麺」・・雑司ヶ谷

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

雑司ヶ谷のシンボルと云えば、元禄十三年(1700)に建立された国の重要文化財「法明寺の鬼子母神(きしもじん)堂」。毎年盛大に行われる御会式から一ヶ月経ち、あの時の熱狂がウソみたいに今は静かですヨ

 

東京を黄金色に染め始めたイチョウの名所を目指し、今日も休まず青空療法でテクテク歩き廻る私メです。都建設局の今年春の調べに依ると、都内は街路樹としてイチョウが六万二千本植えられてるンだとか。

 

もちろん庭園・公園や学校等に生えてるのは別ですンで、総計としては一体ドレだけ在るのか判りませんが、江戸の頃から矢鱈に多かったソウですナ。数百本差で現在トップのハナミズキなんて、昔は無かった木。

 

鬼子母神サマの御神木()は、麻布・善福寺に次いで都内で二番目に太い(幹回り6.6m)とされる「子授けイチョウ」。樹齢は六百年以上・・つまり江戸時代以前からココに在る訳で、お堂よりも古かったりします

 

イチョウは古代植物の生き残りで、日本と中国だけしか自生してないと聞きますが、空気の汚れに意外と強いンで街路樹に多用されてますヨ。ですが江戸の昔に公害なんて無かった訳で、ソレだけが理由じゃ無い。

 

「武士・鰹・大名小路・広小路・・」十四も有る江戸名物の中で、九番目に出て来るのが「火事」。困りモノですが、当時から世界最大の都市だったンで、ドウしたって多く成る。そして火事とイチョウに関係が有るそうナ。

 

鬼子母神サマから都電の線路を渡り、広々とした青空が望める雑司ヶ谷霊園へ。世界第二位の巨大駅・池袋から歩いて十分ほどなのに、聞こえるのは鳥の囀りと枯葉の舞う音だけ。ココも又イチョウが綺麗です

 

コリャ聞いた話ですが・・イチョウの葉っぱは燃えにくく、町家を総なめにした炎の波が迫って来ても容易に延焼せず、取り敢えずの防火壁に成るンだとか。イチョウが堪えてる間に、少しでも遠くへ逃げ出せる訳だ。

 

またコレは見た訳じゃ無いですが、炎の波が迫るとイチョウは幹や枝から水を噴き出すソウで、タダでさえ燃えにくい葉っぱを護ろうとするンだとか。講釈師がコウ言うと信憑性に欠けますが、事実ナンだソウです。

 

東京ドームの倍以上の広さ(約三万三千坪)を持つ雑司ヶ谷霊園にゃ、高貴な御方や有名人・大作家のお墓が沢山在って、ソレを時々ご紹介してますが・・コチラは外人墓地。カトリックの修道女のモノの様ですナ

 

ソウ云う特技()のお蔭で古代から生き残れたンでしょうが、ソレを知ってた昔の人は念には念を入れ、火除け用の空地(=広小路)に並木みたいに植えたり、方々の寺社仏閣で御神木として崇め大切にしたらしい。

 

拙宅から近いンで度々参る鬼子母神サマにも巨大なイチョウが聳えてますが、ソコの祭礼「御会式」は火消しの纏いを振うのが習わし。直接の因果は無いでしょうケド、多少は有るかもと思ってしまう私メでした。

 

外人墓地を設ける位に、実は昔から大勢の外国人が住んでたのが雑司ヶ谷。アメリカ人宣教師マッケーレブ氏が明治四十年(1907)に建てた「雑司が谷旧宣教師館」が、霊園近くで保存・公開されてます。当時の典型的なアメリカンハウスで、コレだけガラス面が多いと陽射しが眩しいでしょうナ。ココのお庭で暫く休憩、ケヤキの色付きが見事でした

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「埼玉県行田市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ビジットシティとしま」豊島区観光協会HP
★「池袋通信」東武鉄道HP
★「タウンガイド池袋」ディープイン池袋HP
★「私たちは、このまちの総合案内人です」雑司が谷コンシェルジュHP
★「雑司が谷案内マップ」雑司が谷案内処HP
★「鬼子母神へようこそ」威光山法明寺HP

★「雑司ヶ谷鬼子母神堂の大イチョウ」あられの日記ブログ
★「雑司ヶ谷霊園
(ぞうしがやれいえん)」ちんけでさびれた旅HP
★「雑司ヶ谷霊園外人墓地」雨風呂ブログ

★「雑司ヶ谷霊園−紅葉」mes pensees ブログ
★「旧マッケーレブ邸/豊島区立 雑司が谷旧宣教師館」墳丘からの眺めブログ
★「銀杏と江戸の火事」江戸美学研究会ブログ
★「街路樹の主な樹種と本数
(東京都)」東京都建設局HP
★「光麺 本格中華麺店」光麺インターナショナルHP
★「【東京おすすめラーメン】光麺のこだわり『熟成光麺』が何年経ってもうまい!」追憶スカイウォーカー・ブログ


(関連する記事)
★「168 【名物パン11】カジノと云えば池袋のタカセ 」
★「668 【麺類色々39】巣鴨プリズン跡はサンシャインシティ!」
★「741 【名物パン55】鬼子母神さまと『メープルナッツ』」

★「1323 【煎餅お餅18】日本に来た人・戻った人‥雑司が谷」
★「1565 【名物パン159】『ファンタジークリーム』と池袋の夜 」
★「1716 【名物パン181】桜咲く雑司ヶ谷と『トルコのパン』」

★「2174 【名物パン247】超高層ビルの新・豊島区役所と『スイートブレッド』」
★「2199 【麺類色々188】お散歩ネコと『冷やし豚天そば』・・雑司ヶ谷」
★「2320 【やきそば249】大盗賊『鬼あざみの清吉』の墓・・雑司ヶ谷」
★「2351 【今川焼き30】黄金色の鬼子母神と『白玉たいやき』・・雑司ヶ谷」

★「2409 【今川焼き34】六代目・高尾太夫と『サンドイッチ鯛焼き』・・池袋」
★「2511 【スイーツ197】初夏のオープンカフェで『甘くて長〜いチョコ』を・・池袋東口」

★「2583 【団子饅頭84】夏木立の鬼子母神で『雑司ヶ谷の豆大福』を」
★「2622 【スイーツ215】秋晴れの雑司ヶ谷で『すずめやのどら焼き』を」
★「2627 【今川焼き53】またまた選挙の池袋で『芋きんとん鯛焼き』を」

★「2633 【揚げモン67】鬼子母神サマの万灯と『文化フライ』・・雑司ヶ谷」

★「2677 【麺類色々223】黄金色の雑司ヶ谷と『東京豚骨ラーメン』」

★「2812 【今川焼き73】新緑の雑司ヶ谷で『サンドイッチ鯛焼き』を再び」

★「2837 【麺類色々248】大繁華街の空中庭園で『デパ屋の名物うどん』を・・池袋東口」
★「2893 【揚げモン72】今夏初!酷暑の池袋と『大戸屋本店の梅おろしチキン』」

★「2952 【スイーツ247】熱狂の御会式と『昭和なロールケーキ』・・雑司ヶ谷」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(毎月二回は雑司ヶ谷を歩いてる様な・・山坂だらけの静かな街です)

雑司ヶ谷は「小さな観光地」「静かな住宅地」で、飲食はドウしたって隣接する大繁華街・池袋に成ってしまいますが、池袋はラーメンの激戦地で有るらしく、東京とんこつをウリにしたお店が多いですナ。その一つが平成七年(1995)から東口の西武デパート横に在る「光麺(こうめん)」。初めはスゴイ行列で私メも食べに行き、コリャ美味いと思った記憶が有りますが、似た様な店が増えてスッカリ埋没し、多店舗化したのも失敗だったらしく一昨年、経営会社が破たんして不安に思ったモノですヨ。ですが新会社で再スタートし、行列は影を潜めても健気にやってる様なので、久し振りに行ってみましたが・・あの時ほどの喜びを感じないのはナゼかしらん?確かに美味いンですが、この手の濃厚醤油とんこつに慣れたちまったかナ。ま、冷えた身体には有難いコトでしたが




| 2017.11.23 Thursday (00:15) | 行け!行け!池袋! | - | - |
2979 【麺類色々270】黄金色の最高学府で「東大生の二郎系」を・・本郷

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

東大にゃシンボルが幾つか有りますが、その一つが旧加賀藩上屋敷の御守殿門だった「赤門(国の重要文化財)」ですナ。余りに有名ナンで東大の正門と勘違いされますが、ソレはこの門の少し北側に在ります

 

例年よりチョット早く色付きを始めた都内のイチョウを求め、今日も今日とて青空療法でテクテク歩き廻る私メです。偶然の発見を期待して彷徨うのも面白いけれど、ナンでもイイから目的が有るとより楽しいですナ。

 

ソレが今はイチョウの黄金色の輝きな訳で、流石に「都の木」だけ有って呆れる位にアチコチで見受けられますが、或る程度以上にまとまってるトコは限られますナ。勿論、私メが不見識なだけかも知れませんが。

 

赤門の内側にもイチョウは植えられてますが、一番スゴイのは正門から安田講堂へ続く「銀杏並木」。明治三十八年(1905)に植えられた古樹が整然と立ち連なり、ソレが一斉に黄金色に染まる有様・・絶景です

 

「花の盛りは短くて」と申しますが、イチョウも色付くまで時間が掛かるのに・・黄金の輝きは実に短く、その絶頂をより多く見たいモンだから、ドウしたって毎年同じトコに参ってる感が。何しろ私ぁ歩いて廻りますンで。

 

電車に乗って効率的に移動するのも良いですが、私ぁ脳内物質セロトニンの安定分泌を促す療法として歩いてるのが主で、イチョウ見物は飽くまでも従。思いがけぬ偶然の発見が途中で有ると、尚更嬉しいですし。

 

東大・本郷キャンバスの主と云えば、工学部1号館の前に雄姿を示す大イチョウ。ココが加賀藩邸だった頃から植わってる古木で、樹齢は裕に二百年を超してると聞きますが、老いてなお盛ん!今年も実に見事

 

てな訳で板橋平尾宿の拙宅前を通る旧中山道を、都心方面へ真っ直ぐ歩いてピッタリ一里(約四km)。ソコに在るのは日本の最高学府「東京大学」で、日本で一番イチョウを偏愛してる組織と云っても過言じゃ無い。

 

「桜だと酒を呑むから勉学の邪魔だが、イチョウで呑む奴は居ない」てな理由で、構内にソレばかり植えたから・・メインの本郷キャンバスも、隣りの弥生キャンバスも銀杏だらけ。そんな東大の校章はイチョウの葉!

 

法学部や医学部・工学部などの在る本郷キャンバスに対し、言問通りを挟んで北接する弥生キャンバスは農学部だけで、建物が混み合って無いンで・・少し空が広く感じられますナ。コチラも黄金色が絶頂でした

 

もちろん国立大学だから出入は基本的にフリーで、私メにゃ気軽なお散歩場所。「(説明を凄まじく省けば)東大に通ってます」と言える位に度々参ってますが、キャンバス内が一番美しく感じられるのは・・ちょうど今。

 

昨日までご紹介の外苑前皇居前と同じく、イチョウの色付き不良で何度も空振りしましたが、ドウせ普段から行ってるンで残念に思いませんでしたが、今回漸くの黄金色。嬉しくて余計に歩き廻ってしまいました。

 

弥生キャンバスの片隅に、「朱舜水先生終焉之地」と言う石碑が立ってますヨ。ココは徳川御三家の一つ・水戸家の中屋敷跡で、この先生は江戸時代初期に亡命して来た中国・明朝の遺臣で、時の水戸藩主・徳川光圀公(いわゆる水戸の黄門さま)に仕えた儒学者ですナ。その教えは水戸家に大きな影響を与え、将軍家の一族ながらも天皇家を尊び、後の維新に繋がるコトに成る・・歴史の舞台の一つだったりします

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都豊島区雑司が谷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP
★「本郷界隈、気ままな街散歩・・」ワイズクリエイトHP
★「THE UNIVERSITY OF TOKYO」東京大学HP

★「学生が作る東大HP」東京大学UT−Life HP

★「東京大学。 日本最初の大学として本郷に。」 ワイズクリエイトHP

★「本郷の門−東大の門」UTLife HP
★「意外と知らない?東大の赤門は、加賀前田家ゆかりの門だった」ユカリノHP
★「今が見頃の銀杏並木!都内の紅葉穴場スポットは東大にあり!」とっていブログ
★「東京大学本郷キャンバス イチョウ並木散歩」ボクたちブログ。
★「東京大学のシンボル『銀杏』、イチョウについて考える」東大新報HP
★「東京大学工学部本郷キャンパス1号館前広場の大銀杏」地球の覗き方ブログ
★「朱舜水記念碑
(湯島・本郷散歩 大江戸散歩)」気ままに江戸♪散歩・味・読書の記録ブログ
★「水戸黄門と朱舜水」歴史放談ブログ
★「東大生が教える本郷キャンバス周辺のおいしいラーメン屋まとめ」NAVERまとめHP
★「用心棒本号@東大前〜本郷通りに灯る灯りに夜な夜な人が集う二郎インス」デウスエクスマキな食卓ブログ


(関連する記事)
★「1180 【名物パン94】日本初の『甘食』?と東京大学‥本郷」
★「1318 【スイーツ74】一葉終焉の地で『アップルパイ』を‥本郷」
★「1555 【麺類色々107】東大で『赤門ラーメン』を食おう!‥本郷」
★「1556 【スイーツ93】小春日和の根津で『アイス最中』」
★「1690 【お米料理117】弥生時代のはじまりと『弥生丼』・・本郷」
★「2180 【名物パン248】新緑の東大と『頭脳パン』・・本郷」
★「2316 【やきそば247】秋の三四郎池と『こころの焼きそば』・・本郷」
★「2355 【お米料理206】黄金色の東大農学部で『カツたま丼』を・・弥生
★「2360 【麺類色々203】黄金色の東大の御神木と『赤門ラーメン』・・本郷」
★「2498 【やきそば264】新緑の東大と『ペペロンチーノ塩焼きそば』・・本郷」
★「2548 【スイーツ201】赤門を眺めて思う参院選と『大學最中』・・本郷」
★「2560 【スイーツ203】お殿様が分譲した文教地区と『虎焼』・・西片」
★「2676 【お米料理248】黄金色の東大で『中央カレー』を・・本郷」
★「2945 【やきそば325】秋晴れの後楽園と『馬券場の焼きそば』・・小石川」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(先日参った京都大学も良かったけど、やっぱ東大の方が好きですナ)

「朱舜水センセが中国から齎したラーメンを、日本で最初に食べたのは水戸の黄門サマ」と云うのは流石に眉唾として否定されてますが、ルーツの一つなのは間違い無い様で・・だから?東大の近くにゃラーメン屋が多いですナ。その殆どは本郷キャンバスの南側に集まってますが、弥生キャンバスの北側と云う不便な場所にも拘らず、お腹を空かした東大生達がいつでも行列を作ってるのが「用心棒 本号」と云う、大盛りが売りの二郎っぽいお店。いわゆるインスパイア系なんでしょうが、二郎だったら三田の慶応義塾前の本店に行くから別にイイやと思い、何年も何年も前を通ってたのに一度も寄らなかったのに、フト魔が差したのか?お昼時なのに珍しく行列が無かったンで入ってしまいましたヨ。中盛り(麺350g)で野菜と脂を増やして貰いましたが、う〜む。ハッキリ言って二郎本店より美味い!ま、二郎は味をとやかく言う食べモノじゃ有りませんが、コレは良くない・・また食べたく成っちまう。この程度の量なら大したコトは無く、横で苦戦してる東大生のお兄チャン達を尻目にサッと食し終えましたが、嵌ると大変だから控えたいモノです




| 2017.11.22 Wednesday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
2978 【麺類色々269】黄金色の神宮外苑で「2品入りそば」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

明治大帝の御事績を顕彰する「聖徳記念絵画館(国の重要文化財)」は国会議事堂の小型版みたいですが、ソレを中心とする約十万坪の広大な空間が「明治神宮外苑」。風が寒い分だけ蒼空がキレイでした

 

相も変わらず毎日テクテクと、青空療法で都内を歩き廻る私メです。普段は特に用事や約束も無く、中山道・板橋宿の拙宅から足の向くまま赴くままに歩いてますが、やっぱナニか目的が有ると気合が違いますナ。

 

それはナニかを食べに行こうとか、ナニかを買いに行こうだったりしますが、最近の楽しみは黄金色に染まったイチョウの彩り。都内は黄葉の名所が多いから、絶対に見に行こうと決めてるトコが何ヵ所か有りますヨ。

 

都心で一番美しいと称される「神宮外苑のイチョウ並木」は、最奥に見えてる聖徳記念絵画館へのアプローチとして、大正十二年(1923)に植えられたモノ。神宮の森はその全てが絵画館の為に造られてますヨ

 

ですが販売期間や定休日がハッキリしてる飲食や買物と違い、草木や花の彩りはお天道サマの実に気まぐれな思し召し次第で・・そのピークが一体何時に成るのか、イザ行ってみないと判らないから困っちまう。

 

そりゃ或る程度の情報はネット等で仕入れられますし、去年も一昨年も行ってるトコが多いンで、その経験と記録から大雑把な目星は付けられても、お天道サマは意地悪だから・・空振りを何度かするのが当り前。

 

外苑のイチョウ並木は遠近法を活かした設計の為、実際は三百mしか無いのにもっと長く感じられるから実に不思議。具体的には青山通り側から絵画館の方へ向け、少しずつ高さの低い木を植えたンだとか

 

都心にイチョウの名所は数有れど、名実ともに一番と信じて疑わぬ神宮外苑も、黄金色に染まるまで・・今年は三度空振りしてますヨ。いや枯れ枝ばかりの真冬から毎月来てますンで、全部含めりゃ十数回に成る?

 

尤も黄葉の盛りにゃ混雑するイチョウ並木も、ソレ以外は人影少なき静かなトコで、私ぁココの木蔭で寛ぐのが好きナンで・・空振りしたって悔しく感じられず、むしろコレでまた外苑に行く名目が出来たネと嬉しい位。

 

通りの両側に二列ずつイチョウの大木が植えられ、その間にある遊歩道は春からずっと緑のトンネルだったのに、今だけは黄金色に包まれてますヨ。普段と同じベンチに座り、暫くボンヤリ・・絶景かな絶景かな

 

黄色く成り始めてからは「偵察気分で」度々参りましたが、全くモノ好きと云うか愚か者と云うか、懲りずに片道九kmをテクテク歩いてンだから呆れるばかり。でも去年や一昨年より、愚行する時期がチョット早い。

 

確かにその通りで、例年より外苑の黄金色は随分早かったらしく、ドウやらお天道サマの腰が今秋は軽かった様。昨日の朝は三十数年ぶりの低温だったとも聞きますし、今度の冬は長く成りそうな予感がしてます。

 

外苑に度々参るのはイチョウ並木のベンチで寛ぐコトと、新国立競技場の工事の進捗具合を定点観測気味に眺めに行くから。前々回のご報告時は基礎工事をしてたのに、前回は躯体下部を造り始め、今回はココまで進んでますヨ。すったもんだでナカナカ工事が始まらなかったのに、コレなら余裕で間に合いそう。流石に国の威信を懸けてるだけ有ると感心すると共に、草っぱら状態だった頃が懐かしく感じられます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都文京区本郷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「Minato 港区を楽しもう」港区観光協会HP
★「MINATOあらかると」港区産業観光ネットワークHP
★「MEIJIJINGU GAIEN」明治神宮外苑HP
★「聖徳記念絵画館とは」明治神宮外苑HP

★「明治神宮外苑聖徳記念絵画館」探検コムHP

★「東京のオアシス 明治神宮 キホンの基本() 〜外苑編〜」おもてサンドHP

★「イチョウ並木の春夏秋冬」明治神宮外苑HP
★「東京秋さんぽ−黄金色の街並み。明治神宮外苑のイチョウ並木と一緒に立ち寄りたいグルメスポット」ことりっぷHP
★「明治神宮外苑銀杏並木」佳景探訪HP

★「神宮外苑の銀杏並木『美しさを引き出す巧みな遠近法』」TPOJ通信ブログ
★「新国立競技場」日本スポーツ振興センターHP
★「新国立競技場の本体工事『進捗は順調』 2019年11月に完成予定」ザ・ページHP
★「【立ちそば放浪記】業界人もノックアウトの高コスパ!東京・青山で50年以上生き残る伝統のそば屋『信越そば』」ロケットニュース24HP
★「創業は1964年。外苑前で半世紀以上続く立ち食い蕎麦店。」グラッチェ菊池のイタリアからCiao!ブログ


(関連する記事)
★「1995 【今川焼き19】銀杏並木と『ピーナッツ青山焼き』・・神宮外苑」
★「2064 【名物パン227】神宮絵画館と『ピーナッツサンド』・・神宮外苑」
★「2156 【揚げモン58】更地に成った国立競技場と『フリッテン』・・神宮外苑」
★「2193 【名物パン251】新国立競技場問題と『ドイツパン』・・青山」
★「2231 【やきそば235】新・国立競技場は『遷宮』方式で!・・神宮外苑」
★「2358 【呑みモン61】黄金色の神宮外苑と『リプトンの新製品』」
★「2368 【今川焼き33】国立競技場と『老舗和菓子屋の鯛焼き』・・北青山」
★「2403 【名物パン282】懐かしき旧国立競技場と『クランベリーサワーブレッド』・・北青山」
★「2502 【呑みモン67】不安募る初夏の神宮外苑と『濃厚スムージー』」
★「2574 【スイーツ205】四年後を待つ外苑で『五色のサマーリング』を」
★「2625 【名物パン306】初秋の神宮外苑と『フワフワな半生パン』・・北青山」
★「2674 【スイーツ220】黄金色のイチョウ並木と『六人衆どら焼き』・・外苑前」
★「2740 【やきそば297】冬のイチョウ並木と新作『チョコ焼きそば』・・神宮外苑」

★「2816 【団子饅頭105】新緑の神宮外苑で『求肥みたいな豆大福』を」

★「2871 【呑みモン76】クレーンだらけの外苑の杜で『ヤクルトエース』を」

★「2935 【名物パン335】クレーン林立の新国立と『初めてのナイススティック』・・神宮外苑」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(イチョウが散ったらまた寂しく成りますが、ソレでも私ぁ参る筈です)

何度も偵察した甲斐が有って、抜群のお天気の日に絶頂の黄金色のイチョウ並木を眺めるコトが出来たモノの、風が寒くて・・体調をまた悪くしちゃいそう。お腹も空いたコトだし、素早く身体を暖めたいと飛び込んだのは、メトロ外苑前駅の真上・・青山通り(国道246号線)と外苑西通り(環状四号線)の外苑前交差点の角地に在る、「信越そば」と云う立ち食いそば屋。二十年以上前から存在は知ってましたが、オシャレな街・青山まで行って立ち食いだナンてと、一度も寄ったコトが無かったンですヨ。なのに今回は誘われるかの様に入ってしまいましたが、聞けば昭和三十九年(1964 ) 開店の老舗で、名物は天ぷらやら卵やらお揚げやらとろろやら、好きな具を選べる「2品入り」「3品入り」のそばだとか。私ぁかき揚げとアジ天の2品入りにしてみましたが・・うーむ、味がしない。こりゃ一体ナンだろう?まさかこんなので半世紀以上続けられる筈も無いンで、ナニかの手違いで仕込みの時にダシを入れ忘れたに違いない!仕方無いンで黙って戴きましたが、身体は暖まりました




| 2017.11.21 Tuesday (00:15) | 赤坂・青山・表参道 | - | - |
2977 【麺類色々268】黄金色の皇居前で「気象庁の麺弁当」を・・大手町

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

日本一のビジネスセンターと云えば、もちろんJR東京駅のすぐ近く、皇居(旧江戸城)外苑の馬場先濠沿いの「大手町・丸の内」界隈ですナ。高層ビルへの建て替えが続き、風景がドンドン変わって行きます

 

独演会明けでもいつもと変わらず、青空療法で都内をテクテク歩き廻る私メです。間違いなく疲れ果ててますが、大根多「早起き五十両(講談版の芝浜)」を読むと云う重圧から解放されたンで、足取りは軽いですネ。

 

大酒呑みが改心して禁酒した結果・・の騒動譚が「芝浜」で、事情は違えど今の私メにソックリ。ならば今こそと十数年ぶりに高座に掛けてみましたが、余りに切実過ぎまして・・ドウにも気負い過ぎちゃいましたヨ。

 

馬場先濠北端の「行幸通り」は、天皇陛下が東京駅から行幸に出掛られる時の為、大正十五年(1926)に造られた広い馬車道。今でも馬車が時々ココを通ったりしますが、普段は自由に通れる様に成ってます

 

芸事は凡そ「一歩下がったトコから冷静に己を視る」のが常に肝要で、芸力の無さを痛感させられます。要するに「まだ手に負えない」訳で・・ソレでも挑むべきか、また寝かせるべきか。疲れが抜けたら考えましょ。

 

一方収穫も。ソレは終演後の宴席で、ご常連サンの多くから「顔色が良く成った」と仰って貰えたコト。自分じゃ気付きませんでしたが、コレまでは口にするのが憚られる程だったとか。少しずつ回復に向かってます。

 

都内のイチョウ並木で黄金に染まるのが毎年一番早いのは、皇居前で陽当たりが抜群な行幸通り。ナンと云ってもココは「日本のメインエントランス」だから、他所よりもずっと手入れが行き届いてるンでしょう

 

その色が明らかに変わって来たのが、都内に矢鱈と植えられてるイチョウの葉。何しろ「都の木」だから多いのは当然ですが、特にキレイに揃ってるトコを見て廻るのが晩秋の楽しみで、コレから暫くソレの御紹介を。

 

日々歩きながら葉色を見守ってましたが、回復しつつ有るから顔色が変わった(らしい)私メと違い、イチョウが色付くのは寒くなるに連れて木の力が衰えて、緑を保てなくく成った結果。つまり体調が悪化してる証座。

 

外苑内の行幸通りより南側は、芝生で寝っ転がれる広々とした国民公園ですが、北側は今上陛下のご成婚を記念した「和田倉噴水公園」に成ってますヨ。ケヤキが色付いて、その彩りが癒しを与えて呉れてます

 

ですが別に病気に成った訳じゃ無く、また暖かく成る来春に向けての正しい衰えで、ならば喜ばしいコトと嬉しく思って遣らなくちゃ。一年の終いを鮮やかに飾る大根多()に挑んでる訳だから、せめて送ろう声援を。

 

その一番手が東京駅と皇居前広場を結ぶ御幸通りで、世が世なら畏れ多いトコだけど、今はノンビリ過ごせる癒しの空間。広々とした青空に輝く都心の黄金並木を眺めつつ、もっと顔色を良くしたいと思う私メです。

 

冬は寒く成るのかしらん?ソレを知ってるのはお天道様だけですが、予測して呉れるのは気象庁ですナ。国土交通省の外局で、本庁舎が置かれてるのは行幸通りの少し北側・・同じ皇居のお堀沿い。東京管区気象台もココに在り、三年前まで「東京の天気」はこの場所でした

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都港区北青山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ちよだの魅力」千代田区観光協会HP
★「ECOZZERIA」大丸有 サステイナブルポータルHP
★「丸の内に集う人々のための情報サイト」Marunouchi.com HP
★「東京・大手町、2020年に向けて大変貌 くつろぎの街へ」NIKKEI STYLE HP
★「皇居外苑」環境省HP
★「皇居外苑へようこそ」国民公園協会HP

★「行幸通りの銀杏並木」旅の写真集HP
★「行幸通りの銀杏並木@丸の内」ぶらり東京〜23区めぐり〜ブログ
★「樹木医・石井誠治先生と一緒に、御幸通りのイチョウの秘密にせまる?」ECOZZERIA HP
★「和田倉噴水公園」国民公園協会HP
★「皇居:和田倉噴水公園周辺の紅葉」しんぐるすブログ
★「Japan Meteorological Agency」国土交通省 気象庁HP
★「気象庁本庁舎内の施設・アクセス」国土交通省 気象庁HP
★「気象庁ランチ」barzamkunブログ


(関連する記事)
★「597 【団子饅頭23】東京駅の復元は来年春の予定・・丸の内仲通り」
★「1037 【やきそば81】東京駅がまもなく完成するから『炒めスパ』を」
★「1038 【スナック11】マッカーサー元帥と『お米でつくったカール』」
★「1333 【お米料理88】発売49周年『チキン弁当』と夜の東京駅」
★「1465 【お魚料理76】『ママソーセージ』とさよなら『ゆうパーク』‥大手町 」
★「1655 【保存食品42】『ニューコンビーフ』と『ニューコンミート』・・大手町」

★「1758 【呑みモン48】新緑むせ返る皇居前広場と『ココウォーター』」
★「1833 【煎餅お餅20】将門公の首塚と『将門煎餅』・・大手町」

★「1993 【やきそば214】皇居の紅葉見物と『後楽焼きそば』」

★「2008 【お米料理157】満百年の東京駅で『食堂車のカレー』を」

★「2084 【やきそば220】『ジャポネのチャイナ』と皇居でお散歩」
★「2140 【名物パン241】都心の雑木林と『黒い森のパン』・・東御苑」

★「2205 【お米料理180】ナゾの体脂肪率と『タニタ食堂』・・丸の内」
★「2338 【今川焼き27】小春日和の皇居前で『丸い鯛焼き』を・・大手町」

★「2378 【お肉料理85】丸の内イルミネーションと『クレーム・ドゥーブル』」
★「2495 【やきそば263】新緑眩しき丸の内と『ジャポネ横綱』」

★「2564 【やきそば273】再開発終らぬ大手町で『ソース焼きスパ』を」

★「2648 【お米料理242】秋晴れの大手町で『消防庁のスパイシーカレー』を」

★「2675 【やきそば290】イチョウ輝く皇居外苑と『大手町のジャポネ』」
★「2694 【お米料理252】シャンパンゴールド煌めく丸の内で『ステーキカレー』を」

★「2697 【呑みモン70】黄色いカエデと冬のサクラと『エッグノッグ』・・東御苑」

★「2744 【やきそば298】梅花咲く皇居前広場と『名ばかりのヘルシー焼スパ』」
★「2798 【やきそば308】都心で咲く八重桜と『タンメン屋の焼きそば』・・東御苑」
★「2825 【やきそば312】新緑爽やかな丸の内で『ジャポネのバジリコ』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(思い起こせば発病した三年前の今頃は、スゴイ顔色だった筈です)

同じ皇居のお濠沿いでも南側の霞ヶ関ばかりに集中してる中央官庁ですが、お濠の東側の大手町にも二つだけ在るゾ!ソレがご案内の気象庁と、以前参った東京消防庁ですが・・その際に消防庁の食堂に入らせて貰いましたンで、気象庁はドウだろうかと受付で訪ねたら「身分証明書を提示すれば入れます」と仰る。ならばと大喜びで手続きしましたが、高い階で眺めの良かった消防庁と違い、気象庁は一階に食堂が在るのネ。で、お奨めは一番高い「麺弁当」・・僅かに六百円!ソレで居て二人前以上のボリュウムで、あぁ腹が膨れた。消防庁は体力勝負だから量が多いのは判りますが、はて気象庁は?お天気を予測・予報するのにスゴク頭を使うでしょうから、お腹が空くンでしょうかネ?




| 2017.11.20 Monday (00:15) | 皇居・丸の内・大手町 | - | - |
2975 【スイーツ252】錦秋の代々木公園とナゾの金平糖「ゆか里」

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

青山から表参道をブラブラ歩いてみたら、所々でケヤキが色付き始めてましたヨ。この通りが出来た時の並木の殆どは空襲で焼け、新たに植えられたモノが多いンで・・だから色付きが微妙に違うンでしょうか?

 

中山道・板橋宿の拙宅から青空療法で、都内をテクテク歩き廻る私メです。少しは抑えめにした方が良いンですが、その塩梅が上手く掴めず・・毎日十kmを目安に休まず続けてますヨ。全く呆れた依存状態ですネ。

 

信州から帰って来てからソレが著しいのは、今年最後の独演会の為の根多浚いを歩きながらやってるのと、少しずつ色付き始めた都内の並木や公園を偵察して廻るのが愉しくて、ついつい歩き過ぎちまうンですナ。

 

表参道は大正八年(1919)に造られてますンで、再来年でめでたく百歳に成りますヨ。当初は殺風景な砂利道だった様ですが、今や東京一のファッションストリートに変貌し、国内外の有名ブランド店だらけ・・

 

根多浚い・・つまり高座で口演するストーリーを覚える作業で、その方法は千差万別・本人次第。私メも当然乍ら大勢の講釈師や噺家を知ってますが、みんな違うから面白い。自宅で覚える奴、喫茶店で覚える奴。

 

電車ン中で覚える奴も居ますが、一心にブツブツ唱えてるから廻りの乗客に気味悪がれ、混んでる筈がソコだけ空いちまったり。ま、東京は基本的に無干渉だから、多少怪しくても警察は呼ばれずに済みますが。

 

表参道はJR山手線を越える神宮橋より先は趣きが一変し、代々木公園の中を通るパークアベニューに成りますが、折角だからと公園へ入れば・・随分イチョウが黄色く成ってますナ。雨が降り出して来ましたヨ

 

でも一番多いと思えるのは、ブラブラ散歩しながら覚える呑気な方法。もちろん声を出しながら歩きゃしませんが、時々立ち止まって台本を少し覚え、ソレを口づさみながら少し歩き、また立ち止まっての繰り返し。

 

没頭してると事故を起こしますし、見るモノ聞くモノに興味を奪われるンで、今イチ集中できぬのが難点ですが・・飽きたら飽きたでソレも良し。何しろ寄席芸人はヒマを持て余してる輩が多いですから。特に私メは!

 

旧陸軍の練兵場跡を米軍が接収して駐屯地とし、ソレが返還されたら前回の東京五輪の選手村に成り、そして今は都心じゃ最大の面積(東京ドーム11個分)を誇る都市公園・・随分と転変を重ねて来たトコです

 

服薬量の多かった頃はその副作用で記憶力が壊滅し、頭ン中の薄曇り状態が長く続きましたが、薬の減少に反比例してメキメキ回復。お蔭で最近は根多浚いの捗るコト・・発病前の倍ぐらいの時間は必要ですが。

 

してみるとプロとしての回復は、まだ半分程度ナンでしょうネ。もう暫くは誤魔化しの芸力を駆使するしか無いですが、ココまで戻っただけで御の字!演技プランも考えつつ、薄曇りの表参道で根多浚いした私メです。

 

で・・一体ナニしに表参道や代々木公園へ行ったのか?ソレは外苑前のイチョウ並木の色付き具合の偵察に行ったついでで、例年より早いとは云えナカナカ黄葉が揃わず、チョット落胆した帰り道だったりもしますヨ。でもコチラで黄色いジュータンを眺めるコトが出来ましたし、公園の中だったら多少声を出して根多を浚っても奇異に見られるコトは無いですし、むしろコレで正解だったのかも・・良い方に考えたいモノです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都千代田区大手町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「PLAY!DIVERSITY SHIBUYA」渋谷区観光協会HP

★「原宿表参道オフィシャルナビ」原宿表参道欅会商店街振興組合HP
★「街の変化を観察したい」原宿・表参道.jp HP

★「原宿・神宮前ポータル」Jingoo.Infoブログ

★「表参道のケヤキ並木の紅葉が見頃に」原宿・表参道.jp HP
★「都心で一番広い空の見える公園」代々木公園・東京都公園協会HP
★「代々木公園で過ごす2時間。おすすめの楽しみ方、教えます。」asoview!TRIP HP
★「東京の森林公園 代々木公園」公園へ行こう!東京都公園協会HP
★「代々木の森へ行こう!寄って触って・・樹木は深い!」渋谷文化プロジェクトHP

★「カップル必見!秋デートするなら紅葉の美しい『代々木公園』で決まり」RETRIP HP
★「代々木公園の紅葉」楽しく散歩 インターネット&近郊HP
★「表参道で新潟の『食』を楽しむ」表参道・新潟館ネスパスHP
★「明治屋ゆかり店」新潟商工会議所HP
★「明治屋ゆかり店
(新潟市中央区)」10転び11起きな日々ブログ

(関連する記事)

★「696 【鳥人列伝05】初めて空を翔んだ二人の大尉殿」

★「978 【東京十社15】遂に満願!明治神宮と『ラオス風焼きそば』」

★「1996 【保存食品51】イルミネーションと『はっさくマーマレード』・・表参道」
★「2106 【スイーツ149】明治神宮で『明治サイコロキャラメル』を」
★「2153 【名物パン243】木漏れ陽の明治神宮と『リンゴパン』」
★「2299 【麺類色々198】東京ジャーミーと『元祖つけそば』・・代々木上原」

★「2348 【今川焼き29】紅葉前の明治神宮で『クロワッサンたい焼』を」
★「2354 【名物パン272】紅葉の表参道で『フレンチミックスガトー』を」

★「2517 【やきそば266】青葉眩しき明治神宮と『焼きそばカレー』」

★「2594 【名物パン304】残暑の表参道で『フィンランドのライ麦パン』、再び」
★「2609 【今川焼き52】孟秋の青空の神宮の森で『紀州の鯛焼き』を」

★「2679 【やきそば291】黄金色の裏参道と『ショートケーキ焼きそば』・・千駄ヶ谷」
★「2841 【スナック77】大人の事情でサヨナラの『大人の贅沢カール』・・明治神宮」

★「2906 【スナック79】残暑の明治神宮と『さよならピックアップ』」

★「2919 【スイーツ236】秋空の代々木公園で『長〜い牛乳生アイス』を

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(表参道イルミネーション、準備は進んでる様・・見に行かなくちゃネ)

表参道の青山寄りに「ネスパス」と云う、新潟県の物産を扱うサテライトショップが在りまして、ココを通る度に「面白いモンないかナ」と覗くンですが、「ゆか里」なる・・金平糖みたいなモンを見付けましたヨ。お米で出来たおこしを核にして、ソコに砂糖蜜を掛けて作った御菓子で、昔は新潟じゃ至ってポピュラーなモノだった様ですが、他の甘い菓子に押されてドンドン減り、今じゃ明治三十三年(1900)創業の明治屋ゆかり店の一軒でしか作って無いンだとか。しかも面白いのはそのまま食べるンじゃ無く、器にコレを入れてお湯を注いでお茶の様にして呑む・・珍しいモンが世間には有りますヨ。しそ味・抹茶味・生姜味・ゆず味と揃う中で、イチョウの黄葉に相応しい色だとゆず味を試してみましたが、ほんのりとした甘さのお汁の中から感じるゆずの香り!暑い釜を回転させながら焦げない様に注意しながら掻き混ぜて、出来上がるまで七時間もかかる手作りの味。良いモノを作る為には手間暇かけるのは当然のコトで、根多浚いにも通じるトコが有る様に感じるばかりです




| 2017.11.18 Saturday (00:15) | 渋谷・目黒・世田谷区 | - | - |
2974 【スイーツ251】紅葉の駒ヶ池と「ドーナツ工場の久助」・・駒ヶ根

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

訪ねた時の駒ヶ根高原はドコに行っても黄葉・紅葉だらけで、秋晴れの蒼空に相まって実に鮮やか!駒ヶ池ソバの大きな欅の木も色付きの絶頂でしたが、コレが散ってしまうンだから・・ちょっと勿体無い様な

 

二日間の更新中断を挟んだ南信州・伊那谷の旅のお噂も、今日でお開き・・名残り惜しや。尤も訪問から十日ほど既に経ち、日毎に装いを変える秋ゆえに鮮度が悪化してますンで、ちょうど頃合かも知れませんが。

 

今回の更新中断に陥った体調不良は、別に鮮度の悪いモンを食った訳じゃ無く、長引く闘病で疲れ過ぎてるから?アッサリ崩れてアッサリ治ったのが不思議でしたが、「ほぼ寛解」の「ほぼ」を早く取りたいモノです。

 

中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳(2956m)」の麓に拡がる駒ヶ根高原で、高嶺を一番ノンビリ眺められる場所が「駒ヶ池」。条件が上手く合えば水鏡と化した池面が絶景で、私ぁドレだけ見てても飽きません

 

コレから寒く成ってく一方ですから、体調管理に気を遣わにゃ成らぬと思うコト頻りですが、聞けば信州でも日本海に近い地域・・例えば私メが昔住んでた白馬村辺りじゃ、北アルプスの山々が雪化粧を始めたとか。

 

白馬はスノーリゾートだから沢山降らなきゃ困りますが、同じ信州でも真南に百三十kmほど離れた駒ヶ根高原は、騒ぐほど雪は降らない場所。もちろん東京よりは降りますが、白馬から見れば乾いてるも同然。

 

昨日ご紹介の飯島町は「与田切川」でしたが、駒ヶ根市と宮田村の境を流れるのは「大田切川」。今でも豪雨の後は巨大な岩が轟音を上げながら流れ下るらしく、「大きく滾(たぎ)る」が由来なのを納得できます

 

要するにタダ寒い・・いや只管に寒く成るだけで、除雪の心配は殆ど無いンだから(白馬よりは)住み易い筈ですが、都会住民の抱く「スノーリゾート信州」のイメージに合致せず、スキー場なんて勿論無いですネ。

 

ソリャ駒ヶ根高原にも温泉は湧いてますが、似た様な条件のトコは他にも沢山在る訳で、中央アルプスが黄葉・紅葉に染まった今が最後の賑わいの筈。冬に訪ねた時は人影は無く、寒さと寂しさで震えた記憶が。

 

高原での毎度の楽しみは、駒ヶ池から吊り橋で大田切川を越えて宮田村に入り、清流沿いのネイチャートレール「こもれ陽の径」をブラブラ歩くコト。今回もまた他に歩いてる人は皆無で、完全に貸し切り状態!

 

なのに人影が薄い・・中央道なら「東京と大阪のちょうど真ん中」なのは利点で有ると共に、「ドッチからも等しく遠い」と云うコトでも有りますからネ。せめてお願い名古屋の衆、近いンだからもっと行ったげてちょうヨ。 

 

そんな私メもコレが今年最後で、冬の間は寒さで体調を崩すと困るンで行けない筈。厳冬期の木曽駒にロープウェイで上ってみたい気もしますが、ソレは寛解してからの楽しみにしようと・・名残り惜しい私メでした。

 

東京在住の寄席芸人なのに、私ぁ「こもれ陽の径」を今年何度歩いたのかしらん?美しい木立の風景と清流のせせらぎ音、柔らかな足裏の感覚とコース南端近くに在る「国内第六位のドーナツメーカー」北川製菓サンの工場直売店が私メを呼び寄せる・・当然今回も参りましたゼ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都渋谷区表参道」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「避暑地『駒ヶ根高原』」駒ヶ根高原リゾートリンクスHP
★「駒ヶ池から中央アルプスを望む」駒ヶ根市役所HP
★「駒ヶ池
(長野県駒ヶ根)」水辺遍路ブログ
★「駒ヶ根高原 こまくさ橋から駒ヶ根ファーム」Happy life memoブログ
★「駒ヶ根高原の紅葉」駒ヶ根市役所HP
★「信州みやだ観光ガイド」宮田村観光協会HP
★「こい!こい!みやだ」宮田村商工会HP
★「こもれ陽の径」宮田村観光協会HP

★「全国第6位のドーナッツメーカー」北川製菓HP
★「ル・ノール・リヴィエール」北川製菓HP
★「あやさんぽ 〜どこか近場へ行きたい34☆北川製菓〜」い〜な上伊那ブログ


(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で『りんごバターポテチ』を・・信州宮田」

★「2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と『エビローメン』・・駒ヶ根」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(次回行けるのは来年の春、桜が南信州に咲く頃に成るンでしょうネ)

北川製菓サンの工場直売店「ル・ノール・リヴィエール」は、美味しそうなドーナツやらスイーツやらが沢山並んでて「アレ食べたい、コレ食べたい」と目移りしますが、やっぱ一番楽しいのは製造過程で生じた型崩れ品を、一袋100円で売ってる「久助」を選ぶ事ですナ。こもれ陽の径を歩いて疲れた頃にココへ辿り着きますンで、持ち金を全てはたいて買い占めたく成りますが、流石にソレじゃ身体を壊しますンで・・少しずつしか買えないのが残念無念。近所だったら、毎日行ってしまいそう




| 2017.11.17 Friday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2973 【調味料類41】アルプスと紅葉と「信州ドレ酢」・・飯島町

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

幕府の代官所「飯島陣屋(画像は復元したモノ)」が置かれ、江戸時代は南信州・伊那谷の中心だったのが飯島町。大政奉還後は四年間だけですが、長野県南部を統括する「伊那県」の県庁だったンだとか・・

 

癒しを求めて都内を抜け出し、燃える秋の南信州・伊那谷を旅する私メです。勿論「住んでもイイ」位に好きな駒ヶ根高原が目的ですが、ナニかに呼ばれた予感で出掛けた近くの中川村の絶景に、思わぬ大興奮を。

 

その顛末は昨日ご案内致しましたが、年に何度も参ってるクセに伊那谷で知ってるトコは案外少ないのに今更ながら愕然とし、ならばもう少し見聞を拡げてみようと参ったのが、駒ヶ根の真南のお隣さんたる飯島町。

 

駒ヶ根辺りの中央アルプスから流れ出す川は、「田切」と云う字が付いてるのが多いですが、ソレは大雨が降ると激流と化して「滾(たぎ)る」川ばかりだったからだとか。飯島町にはこの「与田切川」が流れてます

 

と申しましても・・ココにゃ以前行ったコトが。伊那谷にゃ町や村が十九も在るンだから、見聞を拡げたいなら未訪のトコに行きゃ良いンですが、千里の道も一歩から!先ずは近くから、少しずつ侵略して参りましょ。

 

尤も飯島町で知ってるのは県道沿いの道の駅ぐらいで、あとは通過してばかり。だもんで知らんトコの方が圧倒的に多く、史跡を求めて街中ブラリ。眺めの良い場所を求めて山麓ブラリ、至って気侭にノンビリと。

 

与田切川が大きく削った谷底にオートキャンプやバーベキューの出来る親水公園が在りましたが、ソコの森がちょうど錦秋の盛り!偶にはテントで泊まるのも良いかも・・但しコレからの信州は厳冬期ナンですが

 

ですが訪ねた日は月曜で・・陣屋が開いて居らん。仕方無いンで外観だけ眺め、街中へ繰り出してみたモノの・・人口一万弱の町だから仕方無いですが、誰も歩いて居らん・・コウ成りゃ眺めるのだけに専心しましょ。

 

ご案内通りに以前も訪ねてますンで、ナンとなく地理が判るのは実に頼もしく、黄葉・紅葉を探して次第に中央アルプス「越百山(2613m)」の麓の方へ。ナンて読むか判ります?驚く勿れ「コスモ山」だったりする。

 

越百山がキレイに見えるのが、町の西側に在る千人塚公園の「城ヶ池(じょうがいけ)」。以前もココに参って絶景に圧倒された覚えが有りますが、農業用ため池だったりするモノで・・今は水の少ない時期の様です

 

当然「宇宙」由来の訳は無く、百を「もも」と読みますンでソコから来てるンでしょうが、季節的に「秋桜(コスモス)」が咲いてたら絵に成るネと、借りてた車を走らせてみたモノの、ソウは問屋が卸しちゃ呉れませんゼ。

 

ですが黄葉・紅葉が飯島町でもホント綺麗で、やっぱ伊那谷って素晴らしいですナ。もちろん広い信州はドコに行っても良いトコばかりですが、益々もって好きに成りそうな気に成った、そんな癒しの旅の私メでした。

 

中央アルプスだけじゃ無く、南アルプスの眺望も良いのが伊那谷ですが、飯島町からも南アの女王と謳われる「仙丈ヶ岳(3032m)」が御覧通りに。冠雪してませんでしたが、里にも雪が降る季節はソロソロで・・その前に田起こししておこうと、トラクターが忙しそうに動いてましたヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県駒ヶ根市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ふたつのアルプスが見えるまち」飯島町観光協会HP
★「the 飯島町 外からみた飯島町の魅力」まちづくりセンターいいじまHP
★「飯島町ってこんなところ」田舎暮らし情報サイトぶらっぷHP

★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「飯島陣屋」飯島町役場HP
★「〜伊那県〜」い〜な上伊那ブログ
★「与田切公園キャンプ場 飯島町」長野県の情報【E−CURE】HP
★「信州飯島町 紅葉特集」まちづくりセンターいいじまHP
★「千人塚公園」信州E−CURE・HP
★「戦国時代の伝説 飯島町『千人塚』」い〜な上伊那ブログ
★「千人塚城ヶ池と桜」南信州の風に吹かれてブログ

★「越百山 こすもやま」ヤマケイ・オンラインHP
★「仙丈ヶ岳 せんじょうがたけ」ヤマケイ・オンラインHP
★「『創造的コンセプト』『革新的技術』『高品質』をお約束します。」内堀醸造HP

★「あやさんぽ 〜どこか近場に行きたい21☆内堀醸造〜」い〜な上伊那ブログ
★「『暑い季節にお酢』には理由があった」サンキャッチャー愛がとまらない☆にじいろかんの日々彩綴ブログ


(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で『りんごバターポテチ』を・・信州宮田」

★「2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と『エビローメン』・・駒ヶ根」

★「2972 【スイーツ250】アルプスと黄葉と『りんごの木シュークリーム』・・中川村」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(飯島にゃ広いコスモス畑が在るらしいンですが・・一体ドコなのか?)

拙宅の在る板橋区に最近出来た某スーパーで、何気なく手に取ったお酢に驚いたのは、ソレが飯島町の産品だったから。岐阜県に本社の在る老舗のお酢メーカー内堀醸造さんが、清らかな水を求めて新工場を造ったのが飯島町で、フツーのお酢だけじゃ無く・・お酢にかつお出汁を加えてサラダにかけるだけの「ドレ酢」やら、煮もの専用のお酢やらイロイロ作って居られますヨ。しかもココはお酢を作る為に、まず日本酒やワインを醸造するトコから手掛けてるソウで・・その拘りに叶ったのが飯島町のアルプスの地下水だったンでしょうネ。以前は得意じゃ無かったお酢ですが、発病して身体に気を遣う様に成ってから、イロイロ試す様に成った私メ。南信州・伊那谷の恵みに感謝するばかりです




| 2017.11.16 Thursday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2972 【スイーツ250】アルプスと黄葉と「りんごの木シュークリーム」・・中川村

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

南信州・中川村でまず目に留まったのが、中央アルプスを遠望する田園の中にズラッと黄金の輝きが並ぶ「渡場のイチョウ」。食用銀杏ナンで匂いはスゴかったですが、ソレが少しも気に成らぬ位の絶景でした

 

錦秋の南信州の旅のお噂をご案内し始めた途端に、拙ブログ旅日記の更新を二日も休んでしまった私メです。決して怠けてた訳じゃ無く、急に体調を崩しちまったモンで・・ま、仕方無ぇやと御勘弁下さいます様に。

 

ほぼ寛解まで回復出来たは良いモノの、ソコで出された新しい課題「無茶しない様に」の塩梅が良く判らず、反って無茶しちまった様で・・はい。良くも悪くも成り立ってた均衡を、敢えて崩すのはドウにも難しいです。

 

今の季節の信州はドコに行ってもリンゴが赤く実ってますが、青空に映える高嶺とリンゴの対比の美しいコト!庭に果樹を植えるならリンゴが良いですが、私メの住む東京じゃ庭を構えるコト自体が贅沢ですナ・・

 

ま、ナニかしら癒しを探してソッチに足場を遷して行くしか無かろうと思いますが、錦秋の南信州・伊那谷へ参ったのはそんな癒しを求める為。ですが毎度の駒ヶ根だけじゃ勿体なく、偶には違うトコにも行きましょ。

 

車を借りてましたンで、普段は麓に居るばかりの中央アルプスを、少し離れたトコから眺めたら新しい癒しに成るかもと、テキトーにハンドルを握ったと思って下さいナ。で、偶々行っちまったのが上伊那郡中川村。

 

村内を貫く天竜川に架かる「坂戸橋」は、昭和八年(1933)に建設された当時は日本最大のスパンだった橋。高度成長期以前に架けられた鉄筋コンクリ製シングルアーチとしては、現在でも国内最長だソウです

 

私メの南信州巡りの拠点たる駒ヶ根市の南東に位置する人口五千弱の小さな村で、「道路標識で見たコトが有るネ」程度の認識しか無かったンですが、ナニかに呼ばれた様な気分で・・国道を逸れて村中の県道へ。

 

時々こんな感覚が。もちろん外れが多いけれど、史跡やら風景やら食べるモノやらナニやらと、当たりに恵まれて大満足な時が・・誰にでも有るのかしらん?処が発病して以来、スッカリ影を潜めて悲しかったですヨ。

 

調子に乗って中川村をドンドン奥の方へ。天竜川の支流・小渋川をダムで堰き止めた「小渋湖」の畔へ出ましたが、里よりも寒暖差が激しいから?黄葉・紅葉は一層鮮やかで・・久し振りの大当たりを得た気分に

 

だもんで偶にソウ感じると嬉しくて、外れ覚悟で参ってみたら・・こんな絶景のトコが有ったンだ!いや伊那谷は絶景だらけのエリアですが、青空に映える黄葉・紅葉と高嶺が抜群で、恐るべき偶然・実に有難き僥倖。

 

作り上げた均衡を保つのも大変だけれど、ソレを崩して新しいのを拵えるのはもっと大変。でも一歩踏み出さにゃ前進は無い訳で、判っちゃ居るけど・・塩梅が難しいですナ。ま、今回の偶然にゃ癒された私メです。

 

更に調子に乗って南アルプスの麓・・中川村の東隣の大鹿村まで行ってしまいましたが、この二つの村は共に「日本で最も美しい村連合」に加盟してまして、景観・環境・文化を守りながら自立を保って行くそうナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県上伊那郡飯島町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「中川村観光協会」同HP
★「中川村」日本で最も美しい村連合HP

★「日本の美しい村」日本で最も美しい村連合HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP

★「中川村ってこんなところ」南信州で田舎暮らしHP
★「秋一色、イチョウの道 中川村」中日新聞web HP
★「かみいなの果物」JA上伊那HP
★「坂戸橋〜日本一の最大支間長を誇る鉄筋コンクリートアーチ橋〜」くーる長野〜隠れた見所 おいしい食事〜ブログ
★「小渋ダム」水辺遍路ブログ
★「信州で2番目に山奥の村 紀行」大鹿村観光協会HP
★「最高レベルの鮮度・おいしさ・旬と、安さを追求します。」ツルヤHP

★「こだわりぬいた素材がおいしさの秘訣です」デザートランドりんごの木HP
★「りんごの木 シュークリーム」K’s Village Karuizawa ブログ


(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で『りんごバターポテチ』を・・信州宮田」

★「2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と『エビローメン』・・駒ヶ根」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(全く予感だけで訪ねましたが、こんな感覚を回復して行きたいです)

ナニも調べずに参ったモノで・・しかも僥倖に舞い上がってしまったモンで・・中川村からそのまま帰って来た私メ。後で調べたら「赤そば」が名物だソウで、ソレはまた何れへの宿題ですナ。てな訳で、全国の地場スーパー巡りを趣味にしてる私メが「日本一」と絶対の自信を持って断言する、信州名代のスーパー「ツルヤ」駒ヶ根店で買いました、長野市に本店の在る「りんごの木」さんのシュークリームで御勘弁を。と申しましてもタダモノじゃ無く、中にタップリ入れられたクリームはホイップならぬ、信州の牛乳で作られた純生クリーム!ソレが二つ入って三百円位ナンだから、もしも東京でコレが売ってたら毎週買う!尤もソレじゃ、違う種類の病気に成っちまいソウですか・・。リンゴ繋がりで失礼しました




| 2017.11.15 Wednesday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と「エビローメン」・・駒ヶ根

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

南信州・駒ヶ根市きっての古刹と云えば、貞観二年(860)創建の天台宗の別格本山「宝積山光前寺」さん。中央アルプス山麓の深い森の中のお寺で、参道は黄葉・紅葉が色付いて・・錦秋真っ盛りの高原です

 

拙宅の在る東京を飛び出し、秋深き南信州・伊那谷へ参った私メです。賞味期限ギリギリだった昨日の記事と違い、今日からは鮮度良き「つい最近の旅のお噂」を。年末まではリアルタイムに近い噺が続きますヨ。

 

記事化出来ずにストックしたままの根多は、涙を呑んで死屍累々の仲間入りさせる心算ですが、勿体無いンで何らかの形で活用するかも。但し今回の南信州・駒ヶ根高原は、リサイクル一切無しの新鮮ピチピチ!

 

樹齢数百年の杉の巨木が林立する参道を、暫く歩くと御本堂や三重塔が見えて来ますが、森が深いだけに黄葉・紅葉が一層鮮やかで、思わず息を呑んじまう位。海抜八百mを超すだけ有って、風は少し冷やか

 

中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳(2956m)」東麓の高原は、標高が高いトコだけ有って季節の彩りの変移が著しく、年に何度も参ってますがその度に新たな驚きばかり。特に今は、黄葉・紅葉で山が燃える季節。

 

ソレが見たくてこの時期に、駒ヶ根高原へ行く様に成ってもう三年。二十数年前から参ってたトコですが、東京よりも随分早く燃えだす有様を、ココで眺めるのが嬉しくて恋しくて・・一種の執着みたいに成ってた私メ。

 

木立の中の遊歩道を暫く歩き、青空を広く望めるトコに出れば・・ご覧の彩りが。既に散ったモノも有れば色付き始めたモノも、そして今が盛りと鮮やかさが爆発させてる木も有って、ホント錦秋だと感服しますナ

 

その三年・・つまり闘病の三年は、沈みっぱなしの心神を抱えた苦しさばかりで、季節の美しいモノを見て辛さを少しでも忘れ、その喜びで記憶の上書きしたいと願ってた、憂さ晴らしの旅を無理に続けた日々。

 

もちろん東京だって公園・庭園や並木道は多いンで、遠くへ行かずとも師走に成れば方々で黄葉・紅葉を愛でられる。またアチコチに気の早い彩りの木も多いンで、実際ソレを探すのが最近の青空療法の楽しみ。

 

東の「南アルプス」と西の「中央アルプス」に挟まれた駒ヶ根は、ドッチを向いてもキレイで険しい高嶺ばかり。光前寺さんからブラブラ降りて行きますと、南アルプスの女王「仙丈ケ岳(3033m)」の美しいお姿が

 

とは云えドウせ見るなら、少しでも早く愛でたいのが人情で、ほぼ寛解と云えども治療の終わらぬ私メだから、恋慕が強く成るのは当然で・・ホントは何処でも良いのだけれど、御縁と経験で駒ヶ根高原がまず確実!

 

尤も独演会前だから余りノンビリ出来ませんでしたが、ソレでも願い通りの錦秋に浸り、去年や一昨年と違う感慨を得ましたネ。ですが辛さを消す為の記憶の上書きは今年限りにしたいナと、ソウ願って止みません。

 

東西を巨大山脈に挟まれてるだけに、夜明けが遅くて日没が早いのが南信州・伊那谷ですが、寒く成って来るとソレが一層著しく成りますナ。黄昏時に成ったンで、大好きなスーパー「ツルヤ」へ買い出しに参りますと、日没後の薄明の光に浮かび上った中央アルプスの稜線が。いわゆるコレが「マジックアワー」で、神サマが呉れた贈りモノですネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「長野県下伊那郡中川村」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「避暑地『駒ヶ根高原』」駒ヶ根高原リゾートリンクスHP
★「天台宗別格本山」宝積山光前寺HP
★「駒ヶ根 光前寺紅葉」HAPPY PHOTO LIFE ブログ
★「信州『光前寺』の紅葉」Colors of the Wind ブログ
★「仙丈ケ岳 せんじょうがたけ」ヤマケイ・オンラインHP
★「木曽駒ヶ岳 きそこまがたけ」ヤマケイ・オンラインHP
★「マジックアワーって?」はとぽっぽの散歩道ブログ
★「最高レベルの鮮度・おいしさ・旬と、安さを追求します。」ツルヤHP
★「ペリカン駒ヶ根店」上伊那ドットネットHP
★「ボリューム満点!上伊那もりもりグルメゥ撻螢ン」い〜な上伊那ブログ
★「Cafe’rest PELICAN
(洋食、カフェ@駒ヶ根市)」信州の美味しいお店HP

(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で『りんごバターポテチ』を・・信州宮田」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(昨秋は両方のアルプスが冠雪してた覚え・・今秋は暖かい様です)

ソースかつ丼が半端に有名に成って以来、駒ヶ根は観光客相手の高いだけの料理屋ばかりに成ってしまいましたが、地元客相手のトコも無い訳じゃ無く・・毎度毎度の広域農道沿い「ペリカン」さんへ。ココはメニューが多いだけじゃ無く、レギュラーサイズが他所の大盛りぐらいと云う辺羅棒なトコで、前々から疑問に抱いてた「エビ焼きそば」を大盛りで。海から遠い信州でエビとは何かの暗号か?と訝しかってましたら、以前ご紹介した「焼きそば(=豚ローメン)」に芝エビと小エビを大量投入した、海沿いでも見ない様なエビだらけの一品!しかもお腹が空いてたンで大盛りにしてみたら・・他所の特盛よりも多いですナ。加えてコレはローメンの一種だから、別添えのソースまで付いて来て、味が足りなければ掛けろと大サービス。大盛りでコウだから、特盛り・ダブルサイズは一体ドウ成っちゃうンだろう?何れ頼んでみたいですが




| 2017.11.12 Sunday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS