きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2918 【名物パン332】絶景の沼田城で「フランスみそバター」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

四方を高い山に囲まれた沼田市の南西に聳えるのは、数十万年前まで活発に活動していた休火山「子持山(1296m)」。あまり大きな山じゃいですが、利根川が大きく削った河岸段丘の為に高く見えます

 

群馬県内最北の市で、上越国境にほど近い沼田市へ参った私メです。拙宅の在る都内と同じ関東の筈ですが、ダダっ広い関東平野の突当の更に奥に在る街だけに辺りは山だらけで、全く雰囲気が違いますナ。

 

人口は五万弱なれども群馬県の半分を占める「北毛(ほくもう)」地域の中心で、近くの大温泉地・水上を始めとした出湯が方々に在り、私気だった頃は仕事やら遊びやらと、気軽に度々参ってたトコですネ。

 

越後国(新潟県)への三国街道の要衝で、有力大名がその支配を度々争ったのが「沼田城」。五百年ほど前に築かれた古城ですが、現在は市民の憩いの地「沼田公園」としてキレイに整備されてますナ

 

東京からなら日帰りでも充分な距離ですが、長い時は一週間ほど逗留したコトも有りましたヨ。もちろん湯治やバカンスした訳じゃ無く、ヒョンな御縁で某温泉ホテルに営業に呼んで貰い、夜に成ると講談の口演を。

 

ソレ以外の時間は好きな様にして貰って構わないと云う条件でしたが、幾ら効能鮮かな温泉でもズット湯船に入ってる訳にゃ参らず、暇潰し用バイを持ち込んで、北毛の山ン中をノンビリと走り廻ってた記憶が。

 

沼田城と云えば「真田家」で、有名なのは関ヶ原合戦で父や弟相手に戦わざろう得なかった初代藩主「真田信之公()」と、女城主とし守を守った奥方「小松姫()」サマ。最近、ご夫婦の像が立った様です

 

そして買い物は一番大きな沼田まで行く訳ですが、ココは全国でも最大級の河岸段丘の街。JR上越線や国道十七号線は利根川が削って作った谷底を通ってるのに、中心市街地は険しい崖の上に在るから大変!

 

バイクだから難なく行き来しましたが、通勤・通学で崖を歩いて毎日登り降りする人は大変だと、呆れた覚えが有りますヨ。処が今の私ぁバで遠出するのはまだ無理で、仕方が無いから電車に乗って沼田まで。

 

崖上の尖端に築かれた城だけに、沼田は眺めの良いお城ですナ。間近に見える「三峰山」の左肩の奥に、薄っすらと見えてるのが日本百名山の「谷川岳(1977m)」。あの山の裏側は新潟県だったりしますヨ

 

だから歩いて登らねば成らぬ!高低差は約七十mと聞くから・・二十階建てのビルに等しく、コレを一気に登るのは大変ですヨ。尤も毎日法として歩いてるお蔭で、その程度は苦にせぬ様に成っちまった私メ。

 

果たしてソレは良いコトなのか?疑問を抱きつつアッサリ登り切りましたが、久し振りに巡った城下町は懐かしく、元気だった頃のコトを思い出ましたネ。次回は湯治気分で参りたいと、願わずに居れぬ沼田でした。

 

階段状に成ってる滝坂を上ったトコに建ってるのが、中心街の再開発ル「グリーンベル21」。平成五年(1993)の開業時はサティが入っましたが、マイカルグループの崩壊に巻き込まれてから悪運続きで、その所有権を巡って訴訟騒ぎが頻発した結果、テナントは一昨年全面撤退したとか。「テラス沼田」と云う新名称での再開業に向けて工事が行われてますが、良く買い物してたトコだけに・・チョット寂しいですナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都渋谷区代々木公園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ようこそ沼田へ」沼田市観光協会HP
★「真田丸だけじゃない!?絶対行きたい沼田の観光スポット20選」アウトフィッターHP
★「タモリが絶賛した河岸段丘の街・沼田市の坂道3選!」あさるとらいふろぐブログ

★「沼田城址公園」沼田市役所HP
★「河岸段丘の地の利 沼田城」つわものどもが夢の跡ブログ
★「沼田城の見どころと小松姫の墓を偲ぶスポット〜沼田城訪問記・写真集」真田家の館HP
★「沼田から見た谷川岳」りりぱぱのブログ
★「ゴーストビル」尾瀬の麓から、コンニチワ
(就農奮戦記)ブログ
★「テラス沼田整備事業」沼田市役所HP
★「沼田名物 フリアンのみそぱん」フリアンパン洋菓子店HP
★「フリアンパンのフランスみそパン」Bandit’s Rain ブログ


(関連する記事)
★「040 【名物パン02】群馬ではパンに味噌を塗る」

★「151 【お肉料理04】もつ煮は上州に限る!!・・ような」

★「316 【名物パン22】城跡で食べる朝ゴパンは楽しい」
★「744 【団子饅頭25】終わりの始まりと『味噌まんじゅう』」
★「785 【お米料理54】足利御三家と『ソースかつ丼』・・渋川」
★「786 【粉なモン12】遂に露見!『ぐんまちゃん妻子持ち』と『群馬のおやき』」
★「1144 【名物パン90】天狗と紅葉と『みそパン』と‥沼田」
★「1174 【お肉料理28】今年最後の『永井食堂のもつ煮』‥渋川」
★「1520 【やきそば157】大失敗の区間整理と『とんかつ焼きそば』‥渋川」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(寛解してバイクに乗れる様に成ったら、また走り廻ってみたいですナ)

渋川にゃ面白い食べモンが結構有りますが、やっぱり一番は「みそパン」ですヨ。以前はグリーンベル21の中にも支店の在った「フリアン」さんの看板で、瓢箪状の白くて柔らかくて重たいフランスパンの中に、上州名物焼きまんじゅう用の甘辛い味噌とバターがタップリ塗られてる、ナンとも過剰な味わいの逸品ですナ。どの位スゴイかと云えば、これ一個で大人の男の昼ごはんが済ンじまう位!出来立て・塗りたてのも美味しいですが、オーブントースターで改めて炙ると味噌が異様に香ばしく成って・・フランスなんか何処か行っちまう位。癖に成る味です




| 2017.09.12 Tuesday (00:15) | いいだんべぇ群馬北 | - | - |
1874 【お米料理141】草津温泉で「山盛りのカツ丼」を


毎分三万リットル以上の湧出量を誇る草津温泉の中心は、約六十℃と高すぎる湯温を下げると共に「湯の花」を採る、「湯畑」でございますナ。故岡本太郎画伯の全体デザインで、周りはいつでも賑わってます

灼熱の大都会・東京を逃れ、上信国境の涼しい高原リゾート地を彷徨う私メです。昨日ご紹介の「日本三大避暑地」の長野・軽井沢町に続き、本日は「日本三名泉」の草津温泉。コチラは群馬・草津町に成ります。

ココは古くから東日本じゃ第一とされる温泉で、江戸時代の温泉番付を見ると「東の正大関」とされてるのが殆ど。昔は横綱が身分じゃ無く、大関が最高位だったンで、こう云う番付に成ります。よって「三名泉」扱い。

ソレを決めたのは、徳川家康公に仕えた儒学者・林羅山センセで、今の文科大臣みたいな立場だった人ですナ。「兵庫・有馬温泉」「岐阜・下呂温泉」と共にココ草津が選ばれ、幕府公認の温泉リゾートだった訳だ。

尤も名湯は他にも沢山有り、清少納言女史は「有馬温泉」「島根・玉造温泉」「三重・榊原温泉」を三名泉と呼び、一体誰が決めたのか「静岡・熱海温泉」「和歌山・白浜温泉」「大分・別府温泉」が三大温泉だって。



湯畑を正面に眺める丘に建つのが、養老五年(721)に行基上人が創建されたと伝えられる「草津山光泉寺」。草津は元々ココの門前町で、ソレが湯治場として開け、江戸時代以降に大温泉地に成ったンだとか

何れにせよ、草津は東日本最高の温泉地なコトに変わりなく、交通の便が決して良くないのに、大変な数の観光客を集めてますヨ。私メも時々参っては居るンですが、余りゆっくり出来ない事ばかりで勿体無い。

結局今回もゆっくり出来ませんでしたが、久しぶりに中心街の湯畑へ。何しろココのお湯は酸性がエラク強く、湯温がムチャクチャに高いンで、そのまま入ると身体に障りが出る。逆に上手に入れば身体に効果が。

恋の病以外はナンでも効くらしく、真面目な療養目的の湯治客は今も多いソウですナ。入浴指導をする湯長さんの号令の下、湯もみ板で湯を掻き回したり、一斉に浴槽に入ったり一斉に出たり・・と仲々に難しい様。

西洋医学から見放されたのに、ココで入浴療養してる内に治癒した人は結構居るらしく、ドウ云う理屈かは判りませんが‥ただ凄い!尤も私メみたいに「頭と根性が悪い」のは、コリャ如何しても治らぬソウですが。


草津温泉の背後に聳える「草津白根山(2160m)」が、この東日本一の大温泉の熱源だったりしますヨ。山頂近くまで車で上がる事が出来、噴火口跡がエメラルドグリーンに輝く「湯釜」と云う強烈な酸性池に成って居て、久しぶりにソレを眺めに行こうと思ったンですが、今年六月から火山活動が活発化して、警戒の為に立ち入り禁止措置中・・。望遠ズームで覗いたこの山頂は、大変な硫黄臭が漂ってる筈ですヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県下高井郡山ノ内町志賀高原」への訪問記です★

(参考リンク)

★「湯 Love 草津」草津温泉観光協会HP
★「草津のシンボル『湯畑』」草津温泉観光協会HP
★「癒しと憩いの場・温泉保養施設」湯治の宿 草津温泉HP
★「草津温泉の湯治」時間湯オフィシャルHP
★「草津温泉の歴史」ペペパパのへやHP
★「群馬の日本一『草津の温泉自然湧出量』」上毛風土記HP
★「日本温泉三大薬師」草津山光泉寺HP
★「草津白根山噴火警戒レベル引上げに関する情報」長野県庁HP
★「かつ丼食べにゆく!長野原町金井亭」登美ちゃんが、ゆく!ブログ

(関連する記事)
★「
301 蒼く美しき、山ン中のダム湖」
★「317 【揚げモン05】やはり『暑い』と『寒い』は大切だ」
★「1004 【やきそば75】谷間のラーメン屋と『なぞのシンゴー』‥中之条」
★「1005 【保存食品22】蒼く深い湖と『たまり漬け』‥四万温泉」
★「1006 【保存食品23】キャベツ畑の中心で『キムチ』と叫ぶ‥嬬恋村」
★「1007 【名物パン77】『クリームフライ』と雪山賛歌‥鹿沢温泉」
★「1130 【野菜果物41】まもなく冬季閉鎖!志賀高原と『ポポー』」
★「1143 【団子饅頭47】紅葉の奥四万湖と『春日饅頭』」
★「1499 【保存食品37】絶景の北軽井沢で『花豆』を」
★「1873 【野菜果物65】軽井沢で『まるごとりんごゼリー』を

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(共同浴場が沢山在りますが、身体の為に巡り湯は禁止に成ってます)


草津の美味いモノって・・温泉饅頭?でもソレじゃ腹が溜まらんナと云う御仁、草津のお隣り・長野原町にスゴイお店を見付けましたゼ。金井亭と云う焼肉屋サンなんですが、ソコの毎日限定二十食のみの「かつ丼」のボリュームたるや、もうお腹が大騒ぎ!画像の凄いので「普通盛り」、トンカツは約四百グラムだとか。大盛りは五百グラムに達するらしく、是非次回は挑戦してみたいと思います。また焼肉も大変なボリュームで、まだ肉が食べられる年齢ナンだと安心した私メ。腹が膨れました




| 2014.08.24 Sunday (00:15) | いいだんべぇ群馬北 | - | - |
1520 【やきそば157】大失敗の区間整理と「とんかつ焼きそば」‥渋川


渋川は上毛三山の一つ「榛名山(1450m)」の麓に広がる、人口八万ちょうどの市。日本列島のほぼ中央に在ると云うンで「日本のへそ」と称してますが、「渋川市のへそ」たる地域はスッカラカン。何やってンの?

昨日までご紹介の新潟県の魚沼地方と「谷川岳(1977m)」を挟んで隣接する、群馬県北毛地方の渋川市へ参りました。両地域間は日本最長の山岳トンネル「関越トンネル(約11km)」で繋がり、関越自動車道が走ってますナ。

群馬県は実に面白いトコで、関東平野の外縁たる南部はひたすらに真っ平。三国山脈を控える北部は逆に山だらけで、今日ご紹介の渋川市がちょうど境目だったりする。つまりココが、関東平野の北西のドン詰まりと云う訳ですヨ。

魚沼を通って日本海側へ向かう三国街道の宿場だった渋川は、群馬県南部と北部両地域の接点として大きく栄え、昔は中心街の「四ッ角」界隈にゃデパートも在った位!伊香保温泉へ向かう路面電車が、ガタゴト走ってたらしい。

加えて東京・池袋駅が起点の私鉄「東武東上線」は、渋川を目指して敷かれた鉄道だったとか。惜しくも第一次世界大戦後の為に線路は中途半端に終わっちまいましたが、繋がってたらリゾート特急が頻繁に走ってた筈ですゼ。


区画整理の為にスッカラカンに成ったままの「四ッ角」地域の片隅に、昭和六年(1931)に建てられた「旧渋川公民館」がポツーンと残ってますヨ。建て壊しから一転して保存に成ったソウですが、すっかり廃墟です

そんな中心街「四ッ角」界隈は、時代の流れにすっかり取り残されて衰退し、古い商店がゴチャゴチャ密集して消防車も入り辛い。「コレを如何にかしなくちゃ」と考えるのは全国一緒ですが、渋川は一歩踏み出した。作り直そうゼ!

自動車で来易い街に変えようと、JR渋川駅前から「区画整理事業」を順次開始して、いよいよ「四ッ角」界隈の出番だ!キレイでサッパリな広い街にしようと古い商店街を取り壊し、一旦更地にして道路も作り直し、区画も拡げた。

そして昨日ご紹介の塩沢みたいな素敵な街並みに成りました‥と行けば薔薇色だったンですが、費用を掛け過ぎた?地価が高く成っちまって、元々あった商店等が戻って来なかった‥てんだから、贔屓目に見てもコリャ大失敗。

当初計画では来年度に事業は終わり、中心街は再生されてた筈なのに、何時まで経っても空き地だらけ。知らない人が見たら「大火事でも有ったのか」と疑うコト請け合いで‥ホントに如何するの?他人事ながら不安に成ります。


以前も御紹介しましたが、「四ッ角」全盛時代からの味は区画整理されずに無事残り、旧渋川公民館裏のゴチャゴチャした路地沿いの「ニコニコ亭」の名物ソースかつ丼は今も大人気。他所の地域のソレと違い、甘辛いソースに浸された薄くて巨大なカツが、注文次第で何枚でも載せて貰える!昔は四枚乗せ(四枚丼)も平気でしたが、私メの胃袋は区画整理されたと見えまして‥今は二枚丼で腹一杯ですわ。次々にお客さんが店内で食べてくだけじゃ無く、豚カツだけを十枚単位で買って行きます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「福島県二本松市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「おいでよ!渋川へ」渋川伊香保温泉観光協会HP
http://www2.wind.ne.jp/heso/index.html
★「四ッ角周辺土地区間整理事業について」渋川市役所HP
http://www.city.shibukawa.lg.jp/kurashi/sumai/takuchikaihatsu/yonkkadoshuuhen.html
★「『四ッ角』活性化も曲がり角」読売新聞オンラインHP
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/kikaku/043/1.htm
★「旧渋川公民館を保存」上毛新聞ニュースHP
http://www.raijin.com/news/a/2010/12/14/news01.htm
★「渋川から榛名山に登る」ブラパチぱるるブログ
http://paruruharu.blog.so-net.ne.jp/2013-07-30
★「ニコニコ亭/渋川・ソースカツ丼」群馬ではたらく社長のブログ
http://ameblo.jp/tomiya/entry-10365326217.html
★「ニコニコ亭で焼きそば‥」Epicureブログ
http://twingoxm.exblog.jp/15185164/

(関連する記事)
★「151 【お肉料理04】もつ煮は上州に限る!!・・ような」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=42
★「785 【お米料理54】足利御三家と『ソースかつ丼』・・渋川」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=790
★「786 【粉なモン12】遂に露見!『ぐんまちゃん妻子持ち』と『群馬のおやき』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=791
★「1174 【お肉料理28】今年最後の『永井食堂のもつ煮』‥渋川」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1268
★「1145 【やきそば98】『鳥やきそば』と水沢観音‥渋川」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1218
★「1519 【野菜果物55】偽装コシヒカリと本物の『かぐらなんばん』‥塩沢」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1577

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(最終的に平成27年度まで区画整理は続き、今さら止められない様です)

ニコニコ亭さんじゃ「巨大カツは丼以外にもトッピング可」と成ってますンで、意を奮って焼きそばにも載せて貰いました。流石に群馬、どんな食堂でも美味しい焼きそばが有りますが、カツの甘辛いソースと違い、焼きそば自体の味付けはウスターだったンであぁ安心。正直、同じ味だったら如何しようと心配してたンですヨ。麺はたっぷり二玉使ってる様で、もうコレ以上食えん!凄まじいカロリーを如何やって消費しましょうか?




| 2013.10.11 Friday (00:15) | いいだんべぇ群馬北 | - | - |
1499 【保存食品37】絶景の北軽井沢で「花豆」を 


浅間山の群馬県側「鬼押し出し」付近から、その後姿を眺めて見ました。この辺りは天明三年(1783)の大噴火の際、流れ出た溶岩流によって壊滅したトコで、ソコが再び緑化したのを切り開いたのが「北軽井沢」です

余り信じたく無いンですが、「ジンクス」って確かにございますネ。「悪しき縁起」と云うのが本来の意味らしいですが、専ら日本じゃ「科学的根拠の無い迷信」てな意味で、良いのも悪いのも全てジンクス。御教訓の様なモンだ。

尤も全てが迷信と云う訳じゃ無く、科学的裏付けが取れちゃったのも有るソウですから一概に否定出来ませんが、ソレばっかり気にし過ぎるも問題で、万事ほどほどが一番!物事テキトーにやっとくのが、長生きの秘訣でしょ。

でも「ジンクス」って、悔しいけど確かに有りますナ。しかも良い方にゃ出ずに、悪い方ばかりに出やがるから腹が立つ!責任者出て来いと叫びたく成りますが、「君子危うきに寄らず」で、悪いのは大抵自分だったりしますが。

我が女房ドノのジンクスと云うか、悪しき巡り会わせに「北軽井沢に行くと雷雨に成る」てぇのが有りましたヨ。北軽井沢と云うのは、「日本一のリゾート」長野・軽井沢町の北側。県境を越した群馬・長野原町に在る別荘地です。


コレは「草津白根山(2160m)」だっだかナ?北軽井沢の周囲は大パノラマで、しかも百名山が三峰(浅間山・草津白根山・四阿山)も在るンで、見てて飽きませんネ。こと眺めに関しては本家・軽井沢より上かも知れません

軽井沢の周辺地域が、その御威光に肖って「東軽井沢」だの「西軽井沢」だのと名乗ってバブル期に売り出そうとしてましたが、幸いソレが定着しなかったのを以前ご紹介しましたヨ。処が唯一、「北軽井沢」だけは定着してる。

天明の浅間大噴火で溶岩に埋もれ、放置されて原生林と化してた高原を、北白川宮サマのご指導で明治初期に開拓したのが、ココの始まりですヨ。ソコに昭和二年に別荘地が出来、便宜上「北軽井沢」と呼び始めたとか。

本家・軽井沢と同じ位に歴史が古いのヨ。その時に別の名前にしとけば「紛い物」扱いされず、由緒あるリゾート地と名乗れたのに・・。尤も夏は湿気が少なくて、本家より遥かに過ごし易いトコなんですが。ホント勿体無いねぇ。

バイクに我が女房ドノを乗せて北軽井沢へ参れば、決まって半端ない雷雨に成っちまう。ソレを何度も繰り返してまして、拙宅じゃジンクスと云うか、タブーに成ってましたゼ。でも今回はソウ成らず・・ジンクスを破れた様です。


そもそもココが「北軽井沢」と名乗る様に成ったのは、この建物に大いに関係有るとか。コレぞ昭和二年(1927)完成の「草軽電鉄・北軽井沢駅舎」でして、法政大学の当時の学長サンが近隣に「大学村」なる別荘地を作り、ソコへの入り口としてこの駅舎を寄贈したンだとか。元々は「地蔵川」と云う名前の駅だったソウですが、新築を機に「軽井沢の北の方に在る、同じ様なリゾート」てぇンで「北軽井沢」と改称させちまった様。そんな安易な名前にしないで、違う名前を付けといて下されば‥ネ。昭和三十五年(1960)に鉄道は廃止されましたが、「北軽井沢駅舎」は今も健在です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市住吉区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「浅間高原きたかるいざわ」北軽井沢観光協会HP
http://www.kita-karuizawa.jp/
★「北軽井沢ってどこにあるの?」JAあがつま産直の会HP
http://www.aganet.or.jp/~sanncyoku/syozaichi.html
★「北軽井沢の別荘」北軽井沢森の家HP
age2.nifty.com/ma0011/besou-4.htm
★「天明三年(1783年)浅間山噴火」国土交通省 利根川水系砂防事務所HP
http://www.ktr.mlit.go.jp/tonesui/tonesui00023.html
★「旧草軽電鉄の歴史を語る『北軽井沢』駅舎」じねんびとHP
http://jinenbito.jp/documents/history/train/ekisya.html
★「jinxの意味、また日本でのジンクスと英語のjinxの違い」EIGO with Luke HP
http://www.eigowithluke.com/2012/09/jinx/
★「高原花豆」北軽井沢やすらぎ日記ブログ
http://elvisbono.blog13.fc2.com/blog-entry-2.html

(関連する記事)
★「1006 【保存食品23】キャベツ畑の中心で『キムチ』と叫ぶ‥嬬恋村」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1113
★「1007 【名物パン77】『クリームフライ』と雪山賛歌‥鹿沢温泉」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1114
★「1433 【麺類色々101】御代田の名物『お煮かけうどん』は法事の料理!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1499
★「1498 【名物パン143】すっかり秋の軽井沢でも『信州の牛乳パン』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1558

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(北軽井沢の別荘地じゃ、放置された別荘が増え過ぎて困ってるソウです)

北軽井沢の名物と云えば、勿論「花豆(花いんげん)」でございましょう。花豆は北海道や東北等の寒冷地か、長野や群馬の高冷地でしか育たぬ豆で、標高1200m超の北軽井沢は花豆の大産地!もう少しで収穫の時期を迎えますが、待ちきれないンで以前買ってた缶詰を。当り前の豆より遥かに大粒なのが花豆で、専ら甘く炊いて食べますが、流石に缶詰!一体何年前に買ったのか覚えて無いのに、エラク美味しく食べられましたゼ。北軽井沢の山崎農場さんの製品で、北軽井沢駅で買った様な記憶が‥




| 2013.09.22 Sunday (08:00) | いいだんべぇ群馬北 | - | - |
1174 【お肉料理28】今年最後の「永井食堂のもつ煮」‥渋川


群馬県は「上毛三山」と称して県内の三つの秀峰を愛でますが、その筆頭がご覧の「赤城山(標高1827m)」。残りが「榛名山(同1450m)」「妙義山(同1103m)」で、渋川市は赤城山と榛名山に挟まれた街ナンです

ホント冬でございますナ。北国は勿論のコト、関東でも北部の山沿いは雪に覆われ、私メの様な能天気なライダーにゃ辛くて寂しい季節でございますヨ。何しろバイクは車輪が二つだけだから、一旦スリップしたら如何にも成らン。

余程の僥倖が無い限り、スリップしたら絶対に転ぶ訳で、転んだらバイクは傷だらけに成りますし、何より本人が大怪我しかねない。私メも学生時分から乗ってまして、実際に何度もスリップして横転し、ホント痛い目に遭ってます。

雨の降り始めは危険ですし、道路に砂利が落ちてるのも怖い。また新しい落ち葉が積もってるのも怖いですし、何より路面が凍結してるのがホント怖い。てな訳で、凍結する可能性の高い山沿いにゃ、冬は近づきたく無いですネ。

東京からだと‥無限と思える位に拡がる「だだっ広い関東平野」ならまず安心ナンですが、その北限と云えるのが群馬・渋川市。つまりココまでが関東平野と云う訳ですが、その渋川市だって山沿いは不安で、市街地が限界だ。


日毎夜毎に寒さは厳しく成り、訪ねた時よりも冬に成っちまってンでしょうナ。東京はやっと色づいて来ましたが、同じ関東平野なのに渋川辺りは紅葉もほぼ散ってしまってる筈。ホント関東平野って広過ぎますなぁ

その渋川市を南北に貫く国道十七号線の、バイクが危なくなる限界辺りに「もつ煮」の美味過ぎる店が在りますヨ。もつ煮大好きの群馬県でも一番の、いや東日本で一番かも知れない位のお店で、以前ご紹介させて戴きましたネ。

関東じゃ時々TVでも紹介されてるンでご存知の方も多いでしょうが、他の季節は兎も角、冬は命の危険を感じるライダーが多い様で、アレだけ店前にツーリング中のバイクが集まるトコなのに、暫くの間は少しも寄り付かぬ筈。

関東じゃもつ煮は至ってフツーの居酒屋料理ですが、関西以西じゃマイナーな様で、大阪から嫁いで来た我が女房ドノも馴染みは無かったらしい。逆にホルモン焼きは関東じゃマイナーです、あぁ新世界で又「ドテ焼」食べたいゼ。

「関東は豚・関西は牛」の嗜好の違いや、そもそもの根本文化の違いが有るンで簡単じゃ無いですが、関東嫌いの関西の方に群馬・渋川のもつ煮を食べて貰いたいです。きっと「コレは美味い」と言って貰えると思えるンですが‥。


ドウやら通販もされてるらしいンで、騙されたと思って関西の方も試してみて下さいヨ。群馬県は「全国で一番魅力の無い県」だソウですが、決してそんな事は無い!草津や伊香保・水上等の「素晴らしい温泉」に、もつ煮や焼き饅頭を始めとした「味噌料理」の文化。私ぁ群馬の出身でも育ちでもナンでも無いですが、群馬を応援したくて仕方が無い私メだ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「福井県越前市武生の物産」の試食記です★

(参考リンク)
★「心にググっとぐんま」群馬県観光物産国際協会HP
http://gtia.jp/
★「おいでよ!渋川へ」渋川伊香保温泉観光協会HP
http://www2.wind.ne.jp/heso/index.html
★「上州レポート・群馬の『魅力度』全国最下位」MSN産経ニュースHP
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120924/gnm12092420570005-n1.htm
★「日本一のもつ煮」永井食堂オフィシャルHP
http://www.cm-tokyo.com/nagai/
★「美貌の盛り・永井食堂」アワれみ隊On the Web HP
http://awaremi-tai.com/bibou/bibou028.htm

(関連する記事)
★「151 【お肉料理04】もつ煮は上州に限る!!・・ような」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=42

(冬季のライダーの行動限界圏は、関西だと一体ドコら辺なんでしょうかネ?)

お店で食べるが一番美味いンですが、バイクじゃ春まで行けそうも無いンで、持ち帰りパックを拙宅で暖めて食べましょうか!もうトロトロに柔らかい豚モツと一緒に煮られるのは、群馬名物のコンニャクだ!実は群馬県内でコンニャクの生産が一番多いのは渋川市で、即ち日本で一番生産量が多い街だったりしますヨ(下仁田町じゃ無いのネ)。あぁ美味いなぁ




| 2012.12.05 Wednesday (08:00) | いいだんべぇ群馬北 | - | - |
1145 【やきそば98】「鳥やきそば」と水沢観音‥渋川


水沢観音こと「五徳山水澤寺」は伊香保温泉の近くと云うのも有って、観光客でいつも賑わってます。門前には名物「水沢うどん」の店が並んでますが、観光客向けの「お高い名物」で私ぁ正直好みじゃ有りません

今年も残り五十日少しに成って参りましたナ。個人的には最悪な年で、塞ぎ込みたく成る様な事ばかり。嫁さんにゃ迷惑ばかり掛けた一年でしたが、せめて最後ぐらいは上手く行かないか‥と、神頼み・仏頼みしたく成ってます。

同じ様に思う人が世間にゃ多いのか?年末に成ると何故か「お寺や神社のCM」が増えますナ。コレは東京や関東のみならず、恐らく全国ドコでも同じ傾向でしょうが、コチラでは北関東の社寺のCMが一際目立つ様な気がします。

某厄除け大師が広告代理店と組んで始めたのが最初だと聞いてますが、ソレが図に当たって見事大成功!某厄除け大師はすっかり観光名所と成り、参拝者が一年中集まる様に‥。その成功を習ったのか?他所までやり始めた。

信心は勿論自由ですが、「CMでやってたから」ってお参りするのはチョット違わンか?菩提寺とか鎮守様とかもっと大切なトコが有るンじゃ無ぇか‥と言いたく成る様な気が。ま、救って下さる神仏が一番有難いのは確かですがネ。


今日もまた、渋川市のシンボル「榛名山」に日が暮れて行きます。黄昏なんて年中有るのに、秋が一番美しく思えるのはナゼかしらん。厳しく辛い冬を前にした、「滅び行くモノの哀れ」を感じるからナンでしょうか?

尤も元々の有名寺院は今更CMナンか打たなくても、願掛けの参拝客は自然と集まって来ますし、初詣客もドンドンやって来る筈。不思議とソウ云う社寺には「名物と云われる美味い食い物」が有ったりする。しかも古い昔からのネ。

関東平野の北西の果ての街「群馬・渋川市」から、同市内の伊香保温泉へと坂を上って行く途中に、千手観音サマが御本尊の「水澤寺」と云うお寺サンが在りますヨ。「水沢うどん」の「水澤観音」サマ‥と云った方が判り易いかナ?

腰の強い細うどんが有名で、飛鳥時代の創建とされる水澤寺の参拝客向けに、江戸時代初期から出されてたと言いますから凄い歴史ですが、うどん食べに行くついでにお参りする人が今は結構多いンだとか。大きな店ばかり。

良く「名物に美味いモノ無し」と申しますが、ココのうどんは確かに美味いと思う。でも観光地価格の店ばかりで、味と値段が正直吊りあって無い様な。地元の人も余り行かないらしく、ソレってチョット違わンか?と思った私メでした。


水沢うどんは以前食べに行きましたンで、今回は渋川の街中に出て食堂を捜そう!私メ思うに「群馬県の食堂は当たりが多い」でして、渋川と云えば以前もご紹介した「ニコニコ亭」と云う、味と値段が釣り合い過ぎた、私メが大好きな食堂が在りますヨ。処がこの日はお休みで‥ならばと近くの「林屋食堂」と云う昭和感が満載なトコへ参ったら、ココも大勝利!「カツ丼に外れ無し」の法則で頼んだ「ソース丼(群馬風のソースカツ丼でした、フツーのカツ丼も在ります)」は、コレでたったの五百六十円!味と値段が逆に吊り合わな過ぎる様な‥、使い古されたお重が良い雰囲気を出してます。醤油ラーメンのスープが添えられ、コレも良い雰囲気

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「インスタントみそ汁」を考えてみます★

(参考リンク
)
★「おいでよ!渋川へ」渋川伊香保温泉観光協会HP
http://www2.wind.ne.jp/heso/index.html
★「五徳山は水の五つの得を讃えた山号です」五徳山水澤寺HP
http://www.mizusawakannon.or.jp/index.php
★「水沢うどんのご案内」伊香保観光ナビHP
http://www5a.biglobe.ne.jp/~dabomb/ikaho-haruna-ikaho-taberu-mizusawaudon.html
★「渋川市林屋食堂」甲斐援隊隊員日誌ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kaienntaiinng/459099.html
★「林屋食堂 群馬県渋川市」ベルーガの日々雑記&独り言ブログ
http://ameblo.jp/takumitakeda393/entry-11320536912.html

(関連する記事)
★「785 【お米料理54】足利御三家と『ソースかつ丼』・・渋川」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=790

(お洒落して行くトコじゃ無いですが、昔ながらの食堂ってホント良いですなぁ
)

この「林屋食堂」サンに限らず、群馬県内の食堂にゃ焼きそばが大抵有る様な‥。メニュー数が以上に多いココも‥焼きそばの種類が随分と多いンだけど‥「肉入り焼きそば」と「肉焼きそば」って何が違うンだろう?聞いてみたら「肉入り」はソース焼きそばで、「肉」は餡かけ焼きそばとのコトで、更にメニューを見れば「鳥焼きそば」まで有る。ソコで「鳥」を大盛り(たったの三十円増し)で頼ンだら‥凄いモンが出て来ましたヨ。巨大なラーメン丼に焦げ目がキッチリ付いた麺が大量に入り、ソコに塩味の餡がたっぷり掛けられて、食べきるのが大変。でも美味くて、あぁ幸せ。店内のお客は疎らでしたが(夜だったしネ)、出前の電話は追い付かずに断ってる様な有様で、昔から愛されてる店ナンだと幸せな夜でした




| 2012.11.09 Friday (08:00) | いいだんべぇ群馬北 | - | - |
1144 【名物パン90】天狗と紅葉と「みそパン」と‥沼田


日本三大天狗のひとつ「迦葉山(かしょうざん)弥勒寺」は、群馬・沼田市北部の深い山の中。「よぅもまぁこんな凄いトコに寺を建てたモンだ」と驚きますが、ソレが神秘性を一層高め、有難みを増して来たンでしょうナ

美しい秋を捜し、群馬県北部をウロウロする私メでございます。ココら辺は以前から訪ねる機会が多く、かなり知ってる心算の私メでございますが、まだまだ訪ねて無いトコも多い。で、今回参りましたのは上越国境を望む沼田市。

沼田市の中心街にゃ巨大な「天狗のお面」がナゼか飾って在りまして、真夏にはソレを大勢で持って担ぐと云うお祭りが有るンだとか。勿論ソレだけのお祭りじゃ無い筈ですが、半トン近くも有る巨大お面を担げるのは若い娘だけ。

ドウしてソウなのかは敢えて申し上げませんが、この沼田市北部の山ン中に天狗サマを祀るお寺が在って、ソコ由縁のお面だとか。日本中に天狗を祀るお寺・神社は結構有りますが、沼田は「日本三大天狗」と称して居りますヨ。

「三大ナンとか」は二つ目まで確定済みで、三つ目を巡り競ってるのがドウにも多い。天狗サマの場合は「京都の鞍馬山」「東京の高尾山」が確定で、三つ目を「ウチの天狗サマこそが」とやってます。沼田の迦葉山は有力な候補。


境内の「中峰閣」は天狗サマだらけ。一番左の巨大なお面は昭和十四年に戦勝祈願に奉納されたモノで、顔の丈が5.5m・鼻の高さが2.7m有る「日本一の巨大面」だとか。その他ドレだけのお面が有るのやら

今を遡ること千二百年弱の嘉祥元年(848)に、第三代天台座主の仁覚大師円仁大僧正により創建されたとされてます。ソレが五百数十年前に曹洞宗に改宗されたンですが、その時に突如として「天狗信仰」が巻き起こったとか。

改宗時の住職の従僧で「中峰」なる者が突如昇天し、「天狗の面」だけ後に残したンだとか。「そのカラクリはこうに違いない!」と講釈師的発想で決め付けるのは、無粋だから止めときましょ。とにかく天狗信仰が地域に拡がった。

私ぁこのお寺が前から気に成ってまして、今回やっと訪ねる事が出来たンですが、深い山の中とあってホント「燃える秋」。周囲の紅葉がキレイな事。でも天狗に成った中峰を祀る中峰閣の中は、もっと凄い赤!天狗のお面だらけ。

お堂の中のお面は、タダで持って帰って良いらしい。但し一年経ったら麓の茶屋で同じ大きさのお面をもう一つ買い、計二つにして返さなければ成らないらしい。そして一回り大きいのを持って帰る‥上手いコト考えたモンですねぇ。


「日本百名山」の一座で、沼田市のシンボル「武尊山(ほたかやま、標高2158m)」山頂が早くも白く成ってました。迦葉山も寒かったですが、この山の裏の尾瀬はもっと寒いンでしょうナ。程なく沼田は雪の季節です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「群馬県渋川市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「ようこそ沼田へ」沼田市観光まるわかりガイド・沼田市観光協会HP
http://kanko.numata-cci.or.jp/
★「天狗の霊峰・迦葉山」沼田市役所HP
http://www.city.numata.gunma.jp/introduction/kasho.html
★「迦葉山(群馬県沼田市)」滑稽トラベル案内HP
http://bqspot.web.fc2.com/kayosan.htm
★「沼田祇園祭(おぎょん)の由来と沼田まつりの歴史」沼田市役所HP
http://www.city.numata.gunma.jp/introduction/matsuri.html
★「沼田によろこばれるパンあり・フリアンのみそパン」フリアン洋菓子店HP
http://friand.co.jp/

(関連する記事)
★「040 【名物パン02】群馬ではパンに味噌を塗る」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=50
★「316 【名物パン22】城跡で食べる朝ゴパンは楽しい」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=358

(来年行けるかドウか判らないンでお面は貰って参りませんでしたが‥残念
)

沼田市の名物の一つが「みそパン」。今回は元祖の伏見屋サンで買おうとしたンですが、‥残念ながら売り切れ。そこでコレを名物のレベルに引き上げた「フリアン」さんで、左の「フランスみそパン」と右の「バネットみそパン」を買って参りました。生地に味噌を混ぜたのは全国的に有りますが、沼田のは中に味噌ペーストがべったりと塗られてるモノで、非常に味が強いです。ソレにしても群馬県は味噌が好きでございますナ




| 2012.11.08 Thursday (08:00) | いいだんべぇ群馬北 | - | - |
1143 【団子饅頭47】紅葉の奥四万湖と「春日饅頭」


やがて利根川に合し、千葉・銚子市で太平洋に流れるコトに成る「四万川」は、流域で湧く温泉成分の影響で不思議な位に「蒼い」ンです。青じゃ無く、蒼と云う表現が相応しい色でして、紅葉の赤色が映えてます

秋を探しに紅葉を愛でに、フト思い立って群馬県の山深くへ行って参りましたヨ。日本中に紅葉の名所は沢山ございまして、その全てが「日本って美しい」と思わせて呉れるトコばかりですが、私ぁドウしても群馬県に行きたかった。

で、参りましたのは群馬県の北西部「吾妻(あがつま)地方」の「四万(しま)温泉」と云うトコ。このブログ旅日記で何度もご紹介してますが、国民保養温泉地の第一号に指定されたトコでして、開湯は約千二百年前の古い温泉郷。

利根川水系「吾妻川」の支流・四万川沿いに、群馬・中之条町から十数km遡った山間で、私ぁココに執着してます。と云うのは数年前、温泉の奥のダム湖を偶々ツーリング中に訪ねて、湖水の余りの美しさに度肝を抜かれたから。

「空よりも青い蒼」「こんな深い蒼色が日本に在ったンだ」と感嘆させられたコバルトブルー。ソレに再び逢いたくて何度も訪ねてますが、以来巡り逢えてません。アレは幻だったのか?どうも湖水の色は目まぐるしく変化してる様で。


コレだって十分以上に青いンですが、あの時の奥四万湖はもっと蒼かった‥。今夏の利根川水系は降水が少なかった影響で、例年なら満々に湖水が満ちてる筈がまだ足らず、その為にコバルトブルーに成らンとか

蒼い湖水を見れたのは、今と同じ様な深秋だった‥。ならば紅葉見物も兼ねて出かけよう!今回なら見れるに違いない!で参ったンですから実に粋狂ですが、結論から云うと‥今回も駄目でした。夏の渇水が響いてる様ですナ。

流域で湧き出る温泉成分がココが日本一蒼くなる理由と云われてますが、ソレ以外にも条件は沢山有る様で‥。また出直す事と致しましょう。お陰で湖畔で蒼色を愛でながら食べようと思ってた饅頭を、私ぁすっかり忘れてました。

ソレは麓の東吾妻町のAコープで買った「春日まんじゅう」。ココの農協は実に商売熱心で大きな店舗を構えてるンんですが、吾妻地方に行く度にソコへ寄る私メ。温泉郷に向う前に当然の様に寄り、フト目に付いたのがソレですヨ。

店員サンに聞けば「コレは葬式饅頭ナンですが、ココら辺じゃ普段からフツーに食べる」とのコトで、面白がって買ったのが悪かったのか?「蒼い湖水をもう一度見たい」と云う野望はお陀仏に成り、来年への持ち越しと成りました。


麓の中之条町辺りはまだ燃え始めでしたが、山間に分け入った四万温泉は山々が赤く色付いて、ホント燃える秋!こんな季節にゆっくり湯治に訪ねたいンですケド、う〜む元手が‥ネ。誰かご招待して下さいませ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「群馬県沼田市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「近くにあったね、古き良きジャパン。」四万温泉協会HP
http://www.shimaonsen.com/
★「四万温泉に行ってんべえ!!」四万温泉協会・青年部HP
http://shimaonsen.org/
★「自然 奥四万湖」四万温泉観光案内所HP
http://shimaonsen.org/wp/kankou/okushimako.html
★「絵になるダム 四万川ダム」tikitikibanbanブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/c3pohiro/1974215.html
★「完全攻略!日本全国葬式まんじゅうMAP」ボシログ・ブログ
http://blog.livedoor.jp/boshiro/archives/50542900.html
★「東吾妻町の物産(日野製パンほか)」東吾妻町商工会HP
http://www2.wind.ne.jp/agatumas/busan.html

(関連する記事)
★「301 蒼く美しき、山ン中のダム湖」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=320
★「1005 【保存食品22】蒼く深い湖と『たまり漬け』‥四万温泉」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1112

(ま、コレでまた四万温泉を訪ねる理由が出来たと云う訳ですが‥でもねぇ
)

葬式饅頭も地域によって違う様で、関東じゃ「青白饅頭(緑と白の粒餡饅頭が一対)」が最近は主流。関西じゃ「黄白饅頭(黄色と白の粒餡饅頭が一対)」が主流だソウですが、名古屋辺りは「白白饅頭(白い粒餡饅頭を二つ)」ナンだとか!青白饅頭に取って代わられる前、関東は小判型の「春日饅頭(しのぶ饅頭)」が一般的だったらしいンですが、私ぁコレを貰った記憶がございませんナ。処が群馬県北部はコレを日常的に食べる様で、幾つものお店製の春日饅頭が極当たり前の顔をして、Aコープでは売られて居りましたヨ。表面がこんがり焼かれ、中は美味しい漉餡。そして並びますのは同じ「日野製パン」製の「吾妻みそまんじゅう」で、白い皮の中には「白みそ餡(関東風のみそ柏餅のと同じ餡)」が入れられてまして、とても懐かしい味わい。蒸したてならもっと美味いでしょうネ




| 2012.11.07 Wednesday (06:00) | いいだんべぇ群馬北 | - | - |
1130 【野菜果物41】まもなく冬季閉鎖!志賀高原と「ポポー」


ココが日本の国道で一番標高の高いトコ。すっかり雲の上でございまして、いやはや寒いの寒くないの‥。十一月半ばから翌年四月末まで志賀高原〜草津温泉間は、「危険だから」閉鎖される事に成ってますゼ

さて長野県北東部の山ノ内町・渋温泉から紅葉を探しに、標高千四百mの志賀高原・一沼まで上がって参りましたが、今年の夏が暑過ぎて長過ぎた所為か?期待して居たよりも色付きが弱く、少々残念無念な私メでございますヨ。

「残念だ‥もう少し上がってみるべ」。どうやら「賢明さ」と云うモノが備わって無い様で、私ぁ無謀とか暴挙と云った類のコトが好き。幸い日暮れまで時間が有る様ですから、行けるトコまで行ってみようか。まだ閉鎖されて無いし。

長野・山ノ内町から志賀高原を抜け、群馬・草津温泉まで繋がる「志賀草津道路(国道二九二号線)」は、国内最高の山岳国道。何しろ国道としては日本で一番高い峠を通る道でして、尾根上の吹きッ晒らしのトコを延々通ります。

コレが南の国だったら「年中通行可」ナンでしょうが、長野・群馬の県境は国内でも有数の豪雪地帯。冬の間の志賀草津道路沿いは洒落に成ンない環境と化し、当然の様に通行止めと成る訳ですヨ。でもソレは十一月半ばからだ。


県境の「渋峠」から見下ろせば多少色付いてましたが、今頃はきっと真っ赤に成ってンでしょうネ。因みに国内最高地点は渋峠から群馬県側に少し行った所で、森林限界に達してるのか?こんなに緑は有りません

そんな過酷なトコに、麓の渋温泉に居た時と同じ薄着で上ってった私メ。一沼辺りじゃ「涼しいナ」位にしか感じて無かったンですが、調子に乗って標高が上がるに連れ、「涼しい」が「寒い」に成り、「寒い」が「助けて!」に変ってく。

けれど乗り掛かった船だ、国道としての国内最高地点まで上ってやる!この時期に凍え死ンだ奴の噂は聞いたコトは無い‥でも寒いねぇ‥眺めは抜群ナンですケド。やがて黄昏の渋峠に達した時には、気温は僅か四℃でしたヨ。

しかし驚いたのは、渋峠や最高地点辺りにゃ夕陽を撮ろうと云うのか?ゴッツイ三脚に立派な一眼レフを据えた物好きが結構居りまして、しかも奴サン達はワゴン車の後部に布団なんぞを敷いてて、ココで泊まるらしい‥酔狂だネ。

私メも随分な酔狂野郎ですが、奴サン達にゃ叶わない。きっと真夜中は星空の撮影をし、そして朝焼けも撮ろうってンでしょうナ。余りの寒さにガタガタ震え、しかも雲に飲み込まれて前が殆ど見えない山道を降りてった私メです。


渋峠から西の方を見てみれば、北アルプスの高嶺に夕陽が降りて行きます。因みに一般車の通行可能な最高地点は、富士スカイラインの「富士宮五合目(標高二千四百m)」。純粋な道としては岐阜・長野の県境の「飛騨乗越(ひだのっこし)」らしく、標高はナント「三千二十m」だソウです

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「埼玉県西入間郡毛呂山町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ようこそ志賀高原へ」志賀高原観光協会HP
http://www.shigakogen.gr.jp/
★「渋峠〜牧水以後に観光道路として甦った峠道」峠と旅HP
http://www.geocities.jp/wellon2/tohge/kongetu/shibu/shibu.htm
★「国道最高地点制覇&雪の壁」タコの部屋HP
http://homepage2.nifty.com/yuumin/page057.html
★「標高の高い峠」自転車山岳縦走HP
http://www.geocities.jp/rk77273/pass.html
★「ポポーというフルーツ」マイ・カントリー・ロード ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/yokko481226/57316566.html

(関連する記事)
★「317 【揚げモン05】やはり『暑い』と『寒い』は大切だ」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=359
★「1129 【名物パン89】渋温泉のソウルフード『うずまきパン』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1204

(どうやら風景写真愛好家の中では、渋峠は有名な撮影スポットらしいです
)

最終的には渋峠から草津温泉へ出て、群馬県経由で東京へ帰ったンですが、途中の東吾妻町の農協の売店で珍しいモンに久しぶりに遭遇!ソレがご覧の「ポポー」でして、北米原産で明治時代に日本に導入された、香りはバナナで味はマンゴみたいな果実。耐寒性が強く、戦前は日本中でバナナの代用品として栽培されてた様ですが、種が大きくて食べ辛いし、痛み易いのが嫌われて次第に減ってったンだとか。ネットリとした食感で好きな人は好きですが、駄目な人は全く駄目でしょうナ。私ぁ嫌いじゃ無いンですけどネ。秋に成ると山里で売ってたりしますヨ




| 2012.10.27 Saturday (08:00) | いいだんべぇ群馬北 | - | - |
1007 【名物パン77】「クリームフライ」と雪山賛歌‥鹿沢温泉


昨日の記事と同じ、愛妻の丘から眺めた日本百名山「浅間山(標高2568m)」。天明三年(1783)に大噴火を起こし、流れ出た溶岩の為に千五百人以上が亡くなってますヨ。左手が北軽井沢、右手が鹿沢温泉です

本州とはとても思えない、実に雄大な風景が全方位に拡がる「嬬恋村」に来て居ります。群馬県の北西部「吾妻地方」の最西部で、峠を一つ越したらもう長野県なトコですヨ。四方を山に囲まれ、温泉が沢山湧いてるリゾート地だ。

その山の中で一番目立つのは、誰がナンと言っても「浅間山」。今でも時々噴火する活火山で、その恩恵を受けると共に、激しい被害を被って来たのが嬬恋村。一番大変だったのが「天明の大噴火」で、嬬恋周辺はほぼ壊滅した。

この大噴火で出た溶岩が群馬県側にばかり流れ、激しい土石流も同時に生じ、浅間山の麓に在った村々はソレに飲み込まれて、大惨事を巻き起こした。また溶岩流は川を一旦堰き止め、やがてソレが決壊して下流域も大惨事に。

この噴火による火山灰は東日本全域に広がり、十万人以上が餓死した「天明の大飢饉」に繋がった‥と阿呆なTV局は伝えたがりますが、ソレは間違い。同じ天明年間でも、噴火の前年から飢饉が起きてる。直接の原因じゃ無い。


鹿沢温泉はあの名曲「雪山賛歌」の生まれた所。ソレは大正十五年の真冬、ココでスキー合宿をして居た京大山岳部の猛者達が雪で閉じ込められ、ヒマ潰しで作った曲だとか。この曲の印税が京大山岳部の活動資金に成ってたと聞きますが、昔の学生サンは多芸だったンですネ

遠くアイスランドの噴火による有毒火山ガスが成層圏を覆い、その為に太陽光の通過が妨げられ、北半球全体が大冷害と成ったのが直接の原因だ‥と判明してますヨ。確かに浅間山の大噴火は追い討ちに成ったンでしょうケド。

でも悪い事ばかりだった訳じゃ無い。こんな事を言うと嬬恋の人に怒られるのかも知れませんが、多少は恩恵が有った。浅間山や近隣の山々が火山で有るからこそ「温泉」が周囲に沢山在りまして、現在は観光業で賑わってます。

そんな古くからの温泉地の一つに、嬬恋村南部で長野との県境に近い「鹿沢温泉」が在る。只でさえ涼しい嬬恋村の中でも更に涼しく、ホントの避暑地!って叫びたく成るリゾート地。でも冬は大雪が降るトコで、関東だと思えない。

余りに雪が降りますンで、私メも林間学校で唄わされた「雪山賛歌」がココで生まれた。へぇ、私ぁ曲の内容からして、てっきり北アルプス辺りの歌だと思ってたンですが、まさか鹿沢だったとは‥。世の中知らないコトは多いです。


鹿沢温泉から県境の湯の丸高原に掛けては、国の特別天然記念物「レンゲツツジ」がコレから盛りを迎えます。東京じゃツツジの季節はトウに終わりましたが、やっぱ涼しい山は遅いのネ。山が真っ赤に染まります

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県小諸市」への訪問記です★

(関係リンク)
★「四季楽しい鹿沢、見所がいっぱい」鹿沢温泉観光協会HP
http://www.kazawaonsen.com/
★「鹿沢・湯の丸高原 レンゲツツジ」嬬恋村観光協会HP
http://www.tsumagoi-kankou.jp/kanko/kazawa/renge_tutuji.html
★「天明3年浅間山大噴火の記録」HP
http://fwkx2334.kt.fc2.com/
★「雪山賛歌の碑」軽井沢観光ガイドHP
http://kazeno.info/karuizawa/2-asama/2-asama-1-13.htm
★「逢友荘(安斉製菓の記事)」利根川温泉掲示板HP
http://9118.teacup.com/onken21/bbs/4060

(同じ嬬恋でも北軽井沢なら真冬に行った事が有りますが、鹿沢は無いです
)

嬬恋のスーパーで地元の面白いパンを見付けた!嬬恋村唯一の製パン屋「安斉製菓」サンの、中にカスタードクリームが入った「クリームフライ」と云う揚げドーナツで、初めて食べたのに懐かしく感じます。結構昔から売ってるモンだそうでして、四本まとめて一つの袋に入ってました




| 2012.07.04 Wednesday (07:37) | いいだんべぇ群馬北 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS