きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
3014 【お米料理293】今年最後の駿府城と甘い駅弁「親子めし」・・葵区

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

徳川将軍家の準本拠地として三重の濠を構え、壮大な規模で普請された駿府城も・・お城らしく残ってるのは本丸と二ノ丸のみ。三ノ丸には静岡県庁が聳え、二ノ丸坤櫓(ひつじさるやぐら)を見下ろしてます

 

正月元旦からほぼ毎日のペースで更新を続けて参った拙ブログ旅日記も、ナンとか辛うじて今年も大晦日に到達致しましたヨ。コレは一重に皆さま方の日頃の叱咤激励のお蔭と、ホント有難く御礼を申し上げます。

 

元気だった頃と違って書き溜めて置けず、その日その日の体調次第で更新を諦めたコトも結構有りましたが、今年は福島県から広島県までの十九都府県にお邪魔し、イロイロな旅の見聞を広めさせて戴きました。

 

お城の中は公園に成ってますが、その中心に在るのが「三つ葉葵の植込み」。もちろん徳川家の御紋ですが、最近知ったのは「自然界にゃ三つ葉葵は存在しない」コト。双葉葵から連想して作ったデザインですヨ

 

加えて今年は講談の海外口演で、お隣りの韓国まで参りました。体調の変動が予測出来ないと云うンで、発病以来ずっと飛行機に乗るのを禁止されてたのに、折角お声が掛かったからドウにかしたいともぅ必死。

 

闘病も三年目で回復傾向でしたンで、ドクターに頼み込んで許可して貰い、正直チョット無理しましたが・・成功に終わって上々吉。来年も参りたいモノですし、他の国にも行きたいと虎視眈々。お話お待ちしてますヨ。

 

師走の大詰めに静岡に戻れる様な余裕は無く、コレはクリスマス前に偶々立ち寄った時のモノですから・・お城ン中に残ってた黄葉や紅葉は散っちゃってるでしょうナ。ホントはもっと頻繁に帰りたいンですケド

 

高座も去年や一昨年ほど辛い思いをせずに上れてますし、服薬量が減るのに反比例して壊滅した記憶力が復活し始め、ナンと云ってもお酒が呑める身体に回復した・・一杯だけですが。体重だって随分戻りました。

 

つまりイロイロ良く成った。ソリャ完治はまだ先ですが、取り敢えず症状が治まる「寛解」寸前まで達し、先がやっと見えて来た一年。尤も韓国行きに合わせて無理し過ぎたから?秋から足踏み状態が続いてますナ。

 

だもんで「せんげんさん」こと、駿府総鎮守「静岡浅間神社」さまへの参拝は旧年中に成りましたが、ココは私メの子供時分の遊び場の一つ。紀元前に創建されたスゴイ古社で、富士山の女神を祀って居られます

 

遅くとも発病から丸三年の秋までに寛解とずっと願ってましたが、ソレが果たせずに終わって・・自分じゃ認めたくないけど、自ずと知らず負けん気が削がれてた様。ですが挫けて倒れたママじゃ、前にゃ進めンのヨ。

 

捨てる神は多かったけど、拾って呉れるモノ好きな神が何柱も最近現れて、先の展開は判りませんが「面白く成りそう」。なるべく早く寛解して期待に応えたいナと、育ち故郷・静岡の女神サマに祈って来た私メです。

 

小笠原や沖縄以外で一番暖かいのが静岡市ですが、流石に師走の朝方は冷える冷える!地方都市の中心繁華街としては全国でも稀有な賑わいを保ち続ける「呉服町」も、天気は良いのに人が居らん!ま、商店街が起きるのはまだ先で、そんな時間に来てる方が悪いンですがネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都板橋区成増」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「しずおか観光情報 駿府静岡市」静岡観光コンベンション協会HP
★「するナビ!静岡市」駿河湾観光連盟HP

★「静岡市へ行くなら訪れたいオススメ観光スポットまとめ」TRIIPGO HP

★「徳川家康 大御所時代の居城」駿府城公園HP
★「徳川家康公と駿府」駿府城公園HP
★「駿府城公園に徳川家康公をしのぶ」静岡観光 歴史と文学の旅HP

★「坤櫓について」駿府城公園HP
★「ふじのくに」静岡県庁HP
★「駿府城公園の巨大な・・」来てこしぞ〜か、飲んでこ日本茶ブログ
★「葵のご紋とは」するが企画観光局HP

★「駿河国総社」静岡浅間神社HP
★「静岡の守護神!静岡浅間神社」駿河湾☆百景HP
★「ようこそ、静岡呉服町名店街へ!」静岡呉服町名店街HP
★「静岡の親子丼はちょっと違う」KimcafeのB級グルメ旅ブログ
★「駅弁の東海軒 親子めし」Digital Photo ブログ


(関連する記事)
★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1205 【揚げモン45】人生最愛の『黒はんフライ』と『富士山』‥静岡市」

★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と『しぞーかおでん』・・静岡市」
★「2458 【野菜果物85】花冷えの静岡中心街で『チョコまつば』を
★「2487 【お米料理222】新緑の駿府城と『ハッピーグルメ弁当』・・静岡市」
★「2553 【お肉料理92】日帰り故郷で『さわやかのハンバーグ』を・・静岡市」
★「2645 【野菜果物95】天守閣の夢近づく駿府城で『静岡のしそ巻き』を・・葵区」
★「2682 【今川焼き56】錦秋の駿府城で『オス・メスつがいの鯛焼き』を・・葵区」

★「2703 【野菜果物96】新春は表富士を眺めて「釜焼き芋」を・・葵区」

★「2820 【保存食品70】『相白みその鯖煮缶』とミカンの花咲く夜・・葵区」

★「2982 【今川焼き80】秋晴れの駿府城で『葵な鯛焼き』を・・葵区」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(来年は絶対に寛解して、もっと明るい顔で静岡に帰りたいモノです)

流石に真冬は外でお弁当を食べる人は少ないでしょうが、「日本で一番温暖な街」静岡市だから・・まだまだ大丈夫だったりしますヨ。処が面白いのは・・ほか弁やスーパー・デパート等で売ってるお弁当以外に、当り前の選択肢として「駅弁」が有ったりする!私メ最愛の「鯛めし」を始め様々なロングセラーが有る中で、他所の方にゃ珍しいだろうと思えるのが「親子めし」。鮭とイクラのソレじゃ無く、親子丼みたいな鶏と卵の組み合わせで、しかも静岡市じゃそぼろ状だったりする。しかも他所と全く違うのは・・卵が甘いンです。最近は甘くないウェットタイプの親子丼も増えましたし、静岡市以外の県内じゃソッチが当り前ですが、誰がナンと云おうと市内じゃ甘いのが当り前!ソレが古くから駅弁化されてまして、実は大変な売り上げらしい・・訪静の際はお試しを




| 2017.12.31 Sunday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
2982 【今川焼き80】秋晴れの駿府城で「葵な鯛焼き」を・・葵区

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

いつか来る筈の大地震への備えも有って、ナカナカ進まぬ静岡・駿府城の再築・・平成元年(1989)に伝統工法で復元された二ノ丸南東の「巽櫓(たつみやぐら)」を眺める度に、ジレったく成って仕方有りません

 

例年よりも少し寒い所為か?早くも黄葉・紅葉に染まり始めた東京を離れ、もっと温暖な静岡市へ帰った私メです。東京生れ・在住の癖に「帰った」と云う表現を使うのは、私ぁココで幼き頃の数年間を過ごしたから。

 

人生の一割にも満たぬ短期間でしたのに、ちょうど自我の形成期だったのか?強い思い出ばかりで忘れ難く、「生れ故郷は東京・板橋区」「育ち故郷は静岡市葵区」と自ら決めてますヨ。他の街にも住んでたのにネ。

 

静岡市ほど「徳川家康公」を崇める街は他に有るまい!生れは別でもココで育ち、ココから天下取りに参入し、そして天下人としてココに帰って来た・・静岡大好き人間の鑑!駿府城の中心に立って居られますヨ

 

だもんで折に触れて帰る様にしてたのに、最近その機会に上手く恵まれず、また旅の途中で立ち寄るのも不調で、今回帰ったのは何ヶ月ぶりかしらん?闘病で疲れ果てた魂は、いつでも帰りたがってたンですが・・。

 

てな訳で久しぶりのJR静岡駅からテクテクと、懐かしき街中を歩き始めた訳ですが、ずっと気に成ってたのは「駿府城の天守台発掘」の進捗具合。広い公園として残る駿府城は、徳川家康公が心底愛された巨城。

 

本丸・二ノ丸の跡(約十八万)が「駿府城公園」として整備されてますが、天守閣や御殿を再建する為()に大きな建物は全く無く、「家康公お手植えの蜜柑」を始めとした古樹の群れが、今は大空を占めてます

 

愛知・岡崎の小大名の倅から、江戸に幕府を開いて天下を取るまでの間に、本拠地をアチコチへ移された方ですが、余程ココを愛したのか?幼い頃・働き盛りの頃・天下人に成ってからと、三度も住んで居られる。

 

その度に築き直した駿府城ですが、大御所として帰って来た三度目は全国を統治する「実質首都」に相応しく、江戸城を遥かに凌ぐ規模の巨大な天守閣を設けたらしく、ソレを再建する為にまず土台の調査から。

 

子供の頃の私メの遊び場の下に、この石垣・・駿府城天守台が埋まってたのネ!家康公はココに三度も天守閣を築いてますが、コレは最後の「五層七重」・・つまり史上最大のソレがこの上に建ってたンですヨ

 

日本一の巨大天守閣なのに、詳細な資料が無いモンだから・・先ずは石垣を掘るトコから始めてみよう。如何にも静岡人的なノンビリですが、他所みたいな偽モノ同然で誤魔化すより、らしくてイイじゃん静岡だもの。

 

ですが余りにノンビリだと、生きてる内に間に合わなく成るかも。東京生れはセッカチが悪癖で、帰る度に「ドコまで掘った」と気に成って仕方無い。久し振りの今回は随分見えてきた石垣に、少し安堵した私メです。

 

合併して同じ市に成って久しいですが、旧静岡市と旧清水市を結ぶインターバーンが「静岡鉄道」。朝のラッシュ時は四分おき、昼間でも六分おきに運転されてる気軽な足で、「ちびまる子ちゃん」が街へ買い物に行く時に乗るのがこの電車ですヨ。ちょうど「ちびまる子号」が来たンで撮ってみましたが、普段は銀色の電車が違う色ナンで面食らいます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「静岡県浜松市天竜区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「しずおか観光情報 駿府静岡市」静岡観光コンベンション協会HP
★「するナビ!静岡市」駿河湾観光連盟HP

★「静岡市へ行くなら訪れたいオススメ観光スポットまとめ」TRIIPGO HP

★「徳川家康 大御所時代の居城」駿府城公園HP
★「徳川家康公と駿府」駿府城公園HP
★「駿府城公園に徳川家康公をしのぶ」静岡観光 歴史と文学の旅HP
★「ついに決断か 駿府城再建はできるのか??」NAVERまとめHP
★「家康は駿府城に3回、天守閣を建てている!」静岡・浜松・伊豆情報局HP
★「駿府城跡天守台発掘調査 発掘情報館きゃっする」歴史文化のまち静岡 さきがけミュージアムHP
★「天守台発掘中の駿府城へ行ってきた」桐生人ポコの行った遊んだ泊まった旅ログ食べログ
★「街にいろどりを。人にときめきを。」静鉄グループHP
★「静岡鉄道1000形」日本の旅・鉄道見聞録HP
★「たい焼き茶屋 葵堂 鷹匠店オープンです!」あさぎりWEB日記ブログ
★「たい焼き茶屋 葵堂 鷹匠店」もなかのひとりごとブログ


(関連する記事)
★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1205 【揚げモン45】人生最愛の『黒はんフライ』と『富士山』‥静岡市」

★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と『しぞーかおでん』・・静岡市」
★「2458 【野菜果物85】花冷えの静岡中心街で『チョコまつば』を
★「2487 【お米料理222】新緑の駿府城と『ハッピーグルメ弁当』・・静岡市」
★「2553 【お肉料理92】日帰り故郷で『さわやかのハンバーグ』を・・静岡市」
★「2645 【野菜果物95】天守閣の夢近づく駿府城で『静岡のしそ巻き』を・・葵区」
★「2682 【今川焼き56】錦秋の駿府城で『オス・メスつがいの鯛焼き』を・・葵区」

★「2703 【野菜果物96】新春は表富士を眺めて「釜焼き芋」を・・葵区」

★「2820 【保存食品70】『相白みその鯖煮缶』とミカンの花咲く夜・・葵区」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(市庁と県庁のやる気が本当なのか?何しろ静岡だから・・不安です)

流石に東京より温暖な街だから・・お城ン中でナニか食べましょと買って行ったのは、駿府城に近い鷹匠町で巨大な羽根つき鯛焼きを作ってる「駿府葵堂」さん。お城の在る区名に使う程に三つ葉葵が大好きな静岡だから・・な店名ですが、黄な粉入りでパリッとした皮をすぐ食べて欲しいと、注文してから焼き始める拘りですンで、大慌てでお城まで持って行きましたが、餡子入りもクリーム入りも甘さが控えめで、巷説では「鯛の天ぷらを食べ過ぎて食中りして亡く成った」とされる家康公の像の前で、なるほど沢山食べたく成りますナと美味しく頂戴しました




| 2017.11.26 Sunday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
2820 【保存食品70】「相白みその鯖煮缶」とミカンの花咲く夜・・葵区

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

葵区の表玄関・JR静岡駅ビル「パルシェ」も、その開業から三十五(!)経って些か古さが目立つ様に成り、先月から大規模リニューア工事に入ってますヨ。今秋には総ガラス張りの外装に変わるンだとか

 

久し振りに「育ち故郷」の静岡市葵区へ帰った私メです。と申しましても列車乗り継ぎの間に街中を数時間ブラついただけで、本格的に帰ったと言い難いンですが、ソレでも今年三度目(だったよナ?)の静岡入り。

 

ココに実家が在る訳じゃ無いし、別にココで生まれた訳でも無く、幼少時の何年間か過ごしただけですが、転勤族の子弟の常として「長く育ち暮らした街」が無い以上、一番印象深いトコを故郷だと思いたがりますヨ。

 

JR静岡駅から十分ほど歩いた「駿府城」は、徳川家康公が大御所として全国を統治した天下人の城。中堀に建つ「巽櫓」が漆黒の闇に照らし出されて、ナンだか墨絵みたい・・このお城は私メの遊び場でした

 

尤もコチとらタダじゃ起きない寄席芸人で、明確なソレが無いのを逆手とって、生れ故郷で今も住んでる東京・板橋と、育ち故郷の岡市を合良く使い分け、東京出身と静岡出身の両方でカウントされてます。

 

ですがコリャ説明が足りぬだけでウソじゃ無いし、恩恵も結構被ってまンで・・勿論ドッチつかずの弊害もソレなりに有りますが。何れにしろれると魂が求めるのは葵区で、発病以来帰るコトが増えました。

 

巽櫓をボンヤリ眺めてたら・・何やら猛烈に濃厚な芳香が!見ればお堀端に街路樹として植えられた「ミカンの花」が満開で、ソコから漂ってたンですナ。柑橘大国・静岡県じゃ、この花が風薫る五月を彩りますネ

 

だもんでドン底の心神だった去年・一昨年は、ほぼ毎月の様にた覚えが有りますが、今年は身体的にゃ難事続出でも、心神の月ペースで我慢出来る位にまで復活しましたヨ。コレは多分良い兆し。

 

当然立ち寄っただけでも嬉しいに変わりなく、余り遠くへは行けぬケド・・時間の許す限り、お城や街中をブラブラと。流石に夜だから人影は少ないけれど、ソレでもココは政令指定都市。孤独を感じる程じゃ無い。

 

お城と繁華街の間、外堀の追手門跡の前に建つ市役所本館前の大きな木も、夜だから今イチ判り辛いですが・・新緑がキレイな季節に成りましたナ。ココもいつもの通り道、街中まで夕ご飯を食べに参りますか

 

四月初めに来た時は桜の咲く前で、お城ン中も枯れ枝ばかりが目立っましたが、あの寂しい風景はドコに行ったと思わせる位に、スッカリ豊かな散歩路。そして初夏の静岡を象徴する、ミカンの花の良い香り。

 

思わず懐かしく感じちまうのは、例え思い込みの故郷でも・・心安らげる場所だからナンでしょうネ。ココで過ごした頃と大して変わらぬ街並みを歩きつつ、早く頼らずに済む様に成りたいと熱願して止まぬ私メでした。

 

夕ご飯を食べて目抜き通りの呉服町へ出れば、如何に全国でも稀有な繁盛し続けてる中心街とは云え、もぅ閉店時間でシャッターがドンドン降ろされちゃってますナ。帰宅を急ぐ買い物客が目立ちますンで、私メもソロソロ駅へ戻るコトとしましょうか。どうせ又、ココにゃ参りますし

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「愛知県名古屋市西区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「しずおか観光情報 駿府静岡市」静岡観光コンベンション協会HP
★「するナビ!静岡市」駿河湾観光連盟HP

★「静岡市へ行くなら訪れたいオススメ観光スポットまとめ」TRIIPGO HP

★「JR静岡駅ビル PARCHE」静岡ターミナル開発HP
★「4月から大型改装 静岡・パルシェ、北口側ガラス面化」静岡新聞アットエスHP
★「徳川家康 大御所時代の居城」駿府城公園HP
★「徳川家康公と駿府」駿府城公園HP
★「駿府城公園に徳川家康公をしのぶ」静岡観光 歴史と文学の旅HP

★「みかんの花と種類まとめ」HORTI HP
★「ミカンの花に駿府城巽櫓」ハッピーパパの季節巡りブログ
★「静岡市役所」備忘録に代えてブログ
★「ようこそ、静岡呉服町名店街へ!」静岡呉服町名店街HP

★「昔ながらの静岡みそ」カネジュウ食品HP
★「禅 大御所について」カネジュウ食品HP
★「『まごころ』と『おいしさ』のSSKSSKセールスHP


(関連する記事)
★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1205 【揚げモン45】人生最愛の『黒はんフライ』と『富士山』‥静岡市」

★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と『しぞーかおでん』・・静岡市」
★「2458 【野菜果物85】花冷えの静岡中心街で『チョコまつば』を
★「2487 【お米料理222】新緑の駿府城と『ハッピーグルメ弁当』・・静岡市」
★「2553 【お肉料理92】日帰り故郷で『さわやかのハンバーグ』を・・静岡市」
★「2645 【野菜果物95】天守閣の夢近づく駿府城で『静岡のしそ巻き』を・・葵区」
★「2682 【今川焼き56】錦秋の駿府城で『オス・メスつがいの鯛焼き』を・・葵区」

★「2703 【野菜果物96】新春は表富士を眺めて「釜焼き芋」を・・葵区」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ミカンって冬が旬の果実ですが、花の咲くのは初夏だったりします)

何かミカンで面白いモノを・・と考えても、もう終りの時期だから特に思い浮かばず・・だから静岡の「み」繋がりで、静岡市辺りの伝統調味料「相白味噌(あいじろみそ)」を使った、「鯖味噌煮の缶詰」の御紹介を。赤味噌と白味噌の間が相白味噌で、米麹の量が多いンで少し甘く、酵期間が短いンで色の淡い味噌だったりしますが、信州味噌にシェを奪われまくって今や絶滅寸前の有様。唯一マスプロっぽいのが「大御所」ブランドのカネジュウさんですが、静岡市清水区(旧清水市)の地場産業・缶詰の大手SSKさんと手を組んだ「静岡をいただきます!」云うコラボ商品・・幾ら調べてもネットで見付かりませんので、余程珍しいモノの様。フツーの鯖味噌煮缶って味が強いのが多いですが、流石に甘い味噌だけ有ってマイルドな味わい。お酒の肴にゃ向いてませんが、おかずにするなら有りな味!相白味噌の復権を願ってやみません




| 2017.05.16 Tuesday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
2703 【野菜果物96】新春は表富士を眺めて「釜焼き芋」を・・葵区

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

新年初めての記事ですンで、今年も日本のシンボルたる「富山」の姿を、静岡県庁二十一階の展望ロビーから!今年は度目年男と成りますが、心の中に美しき表富士の姿を常に抱き続けたいモノです

新年明けまして御目出度う御座居ます

本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます

全快を目指して懸命に頑張りますので

皆様方のご声援ご激励の程を願います

 

静岡県庁・展望ロビーから眺めた、静岡市中心街の姿・・駿河湾の青い海も見えてます。この街で過ごしたのは幼少期の数年間だけでしが、疲れたり辛く成ったりすると魂が帰りたがる・・ココは我が故郷です

 

皆さま、明けまして御目出度う御座います。拙ブログ旅日記「きこしめす講釈師」もお陰様で九度目の新春を迎えましたが、コレまで同様に気取るコトも気負うコトも無く、無理せぬ範囲で精一杯に続けて参りますヨ。

 

闘病は足掛け四年目に入りますが、心神・身体の不調も大底を脱した様で最近は随分具合が良く、コリャ全て皆さま方の御声援・ご激励のお蔭と感謝御礼申し上げるばかり。今年こそ寛解する!と決意してます。

 

静岡市の総鎮守は富士山を祀る「静岡浅間神社」サマで、ココの境内は私メの遊び場だったトコ。帰静する度に詣でる様にしてますが、今日はエライ賑わいに成ってるンでしょうナ。私メも早く初詣に参りたいです

 

闘病の為に出来なく成ったコトや、果たせなかったコトはホント多々有りましたが、ソレもあと少しの我慢の筈。その為には今まで同様に減薬に耐え、復調してるコトを励みに前向きに突き進んで行くしか無いですネ。

 

希望と目標を忘れずに、痩せ我慢とカラ元気を精一杯張りつつ、懸命に頑張って参る所存ですので、より一層の叱咤と激励を頂戴出来ます様に、伏してお願い申し上げる次第です。今年も私ぁ絶対に負けません!

 

静岡市中心街の緑のオアシス・青葉シンボルロードに、ゴロンゴロンと動き廻る不思議な樽型噴水「ZEN」が。樽の内側に水が溜まると突然動き出して横に倒れ、鬱憤を晴らすかの様に水を一気に吐き捨てる・・ドッチに転がるのか全く判らぬその態度がナンだか好きで、帰静するとに行きますヨ。私メも長引く闘病で鬱憤と疲労が溜まり過ぎてますンで、時々は此奴の様にソレを履き出してて暴発せぬ様にしなければ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「静岡県浜松市天竜区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「しずおか観光情報 駿府静岡市」静岡観光コンベンション協会HP
★「するナビ!静岡市」駿河湾観光連盟HP

★「静岡市の旅行で絶対に行きたい定番の観光スポットまとめ」NAVERまとめHP
★「静岡市から見る富士山」富士山のページHP
★「静岡県庁別館展望ロビー。静岡市内だけじゃない富士山や駿河湾が見える」CANDEO TIMES HP
★「駿河国総社」静岡浅間神社HP

★「ごろんごろんの噴水」静岡ジモティーズHP
★「ほくほく焼き芋とアツアツ静岡おでんを食べよう」しずふぁん!!HP
★「大やきいも」my旅しずおかHP


(関連する記事)
★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1205 【揚げモン45】人生最愛の『黒はんフライ』と『富士山』‥静岡市」

★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2019 今年の手帳は『島根県民手帳』!」

★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2386 【お肉料理86】新しい県民手帳と『錦玉子』・・静岡市」
★「2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と『しぞーかおでん』・・静岡市」
★「2458 【野菜果物85】花冷えの静岡中心街で『チョコまつば』を
★「2487 【お米料理222】新緑の駿府城と『ハッピーグルメ弁当』・・静岡市」
★「2553 【お肉料理92】日帰り故郷で『さわやかのハンバーグ』を・・静岡市」
★「2645 【野菜果物95】天守閣の夢近づく駿府城で『静岡のしそ巻き』を・・葵区」
★「2682 【今川焼き56】錦秋の駿府城で『オス・メスつがいの鯛焼き』を・・葵区」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(今年は去年より行動範囲が広がると良いですナ、体調次第ですが)

全国的にゃ珍しいンですが、静岡市の焼き芋は当り前の「石焼き」じゃ無く、「釜焼き」がフツーだったりしますヨ。巨大なさつま芋を予め食べ易いサイズに切って置き、ソレを釜の中でジックリ蒸し焼きにするンですが、一番古くからやってるのが創業から約百年の「大やきいも」。ココも幼少期の私メの遊び場ン中ナンですが、その頃から古いお店で・・今もそのママだから、かえってレトロだと喜ばれてるのが面白かったりしますナ。塩を敷いた大釜ン中でジックリ焼きますンで、もぅホックホクの甘々で・・冬の寒い時はホント幸せ!石焼きとは全く違う味わいです




| 2017.01.01 Sunday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
2682 【今川焼き56】錦秋の駿府城で「オス・メスつがいの鯛焼き」を・・葵区

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

静岡市内のインターバーン「しずてつ」新静岡駅の駅ビルも、すっかりクリスマスモードの装いに。何しろ温暖過ぎて雪は降りませんので、ホワイトクリスマスなんてほぼ絶対に有り得ない街。ま、気分だけでもネ

 

相も変わらずテクテクと、毎日ドコかを歩き続てる私メです。普段は拙宅の在る都内を歩いてますが、今日は育ち故郷の静岡市葵区。と申しましてもチョット前の訪問記で、鮮度が悪く成ってますがご勘弁願います。

 

何しろイチョウがキレイ過ぎて、調子に乗って都内各所を訪ね歩いてたら・・根多が溜まり過ぎた!ソッチの記事化を優先しましたら、静岡の旅のお噂が遅く成っちまったネ。都内のイチョウの噺は何れまた改めて。

 

子供時分の私メの遊び場だった「駿府城公園」は、徳川将軍家の準拠地「駿府城」本丸・二の丸跡を、昭和二十四年(1949)に都園化したトコ。段々と城塞が再築され、天守閣復元計画も動き出しました

 

父親の転勤で小学生の頃に数年間暮らしただけなのに、自分の育ち故郷はココだと思い込み、歓びにつけ悲しみにつけナニかと帰る静岡市。この街が静岡と称したのは明治の初めで、まだ百五十年ほどの歴史。

 

ソレ以前は駿河国の府中(国府の所在地)だったンで、略して「駿府」と長く呼ばれてた城下町。山梨県の「甲府」が甲斐国の府中なのと同じナ。街の中心に在る「駿府城」じゃ、ある発掘調査を今やってますヨ。

 

秋の初め頃はまだ掘り始めでしたが、僅か一ヶ月でココまで進んで石が見えて来ましたヨ。江戸城を凌ぐ規模だった駿府城天守閣の基盤部で、長らく土中に埋もれてたンですナ。何だかワクワクして来ますゼ

 

ソレはお城のシンボル・天守閣が建ってた場所。つまり天守台を掘り起こし、何れは日本最大と謳われた七層の天守閣を再築しようと云う、実に壮大なプロジェクトの第一歩。今年の夏からいよいよ始まりましたヨ。

 

観光目的のイイ加減なモンを鉄筋コンクリで再築するコトは昔と違って許されず、史実に忠実なモンにせにゃ成らぬのですが・・焼失しては建て直すの繰り返しだった様で、天守閣の正確な図面が残って無い・・。

 

こんなモン無かった筈なのに・・知らない内に「三つ葉葵の植え込み」が!静岡市で育って静岡市から天下を取り、静岡市に帰ってなった徳川家康公への畏敬の念は大変で、殆ど宗教の域に達してますナ

 

だもんで先ずは天守台を掘り返し、正確な寸法を測るトコから始めなくちゃ成らぬらしい。ま、外観は概ね判ってるらしいンで、取り敢えず掘るべ掘るぺ!市民ボランティアが大勢参加し、四年かけての発掘計画。

 

私メも参加したい!だって駿府城の天守閣を見るのは夢ですから。けれど今は東京住いだし、何よりこの身体の調子じゃ・・足手纏いに成るだけでしょうネ。ならば新発見を楽しみに、時々帰って見に参りませんと。

 

お城から中心街の呉服町界隈へ繰り出し、そのままブラブラ歩いて大噴水の在る常盤公園へ。ちょうどイチョウの黄葉とカエデの紅葉が盛んだった頃で、噴水のショウが始まるまで私ぁソレに見惚れてましたヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「静岡県浜松市天竜区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「しずおか観光情報 駿府静岡市」静岡観光コンベンション協会HP
★「静岡市へ行くなら訪れたいオススメ観光スポットまとめ」TRIIPGO HP
★「徳川家康 大御所時代の居城」駿府城公園HP
★「徳川家康公と駿府」駿府城公園HP
★「駿府城公園に徳川家康公をしのぶ」静岡観光 歴史と文学の旅HP
★「崩れても治す、を繰り返す石垣の万国博覧会・駿府城」のまのしわざブログ
★「駿府城天守台発掘調査 発掘調査室きゃっしる」静岡市の文化財・静岡市役所HP

★「家康は駿府城に3回、天守閣を建てている!」静岡・浜松・伊豆情報局HP
★「【日本初のビッグプロジェクト】静岡市 駿府城天守台の発掘調査が開始」歴人マガジンHP
★「駿府城天守台発掘・復元観察」東啓次郎の琴・三味線馬鹿一代ブログ

★「イチョウと噴水」セレヤの山の下でブログ
★「ファミリー食堂さいとう 〜餃子定食&たい焼き〜」ジャニごり日記@静岡B級グルメ・ブログ

★「たい焼きレポ♯47『ファミリー食堂さいとう』」KK U−Blog

(関連する記事)
★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2386 【お肉料理86】新しい県民手帳と『錦玉子』・・静岡市」
★「2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と『しぞーかおでん』・・静岡市」
★「2458 【野菜果物85】花冷えの静岡中心街で『チョコまつば』を
★「2487 【お米料理222】新緑の駿府城と『ハッピーグルメ弁当』・・静岡市」
★「2553 【お肉料理92】日帰り故郷で『さわやかのハンバーグ』を・・静岡市」
★「2645 【野菜果物95】天守閣の夢近づく駿府城で『静岡のしそ巻き』を・・葵区」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(静岡の旅のお噂が終わったら、再び東京のイチョウ記事に戻ります)

折角の懐かしき駿府城公園だし、この日はポカポカ小春日和だったンで、黄葉や紅葉でも見ながら食べようと・・JR静岡駅南口の「ファミリー堂さいとう」さんで食事した際に、たい焼きを二匹買って持ってっ私メ。実にダジャレ好きな店主さんで「たい焼きは『オス・メス・オカマ』の三種類有るけど、今日はオス・メスつがいで袋に入れといたから、早く食べないと小鯛が生まれるよ」。ソレはソレで楽しそうですが、スゴク使い込んでる鉄板なんでしょうナ。大雑把な輪郭で鯛焼きと判りますが、細かい模様ナンて殆ど見えなく成っちまってる!皮はモッチリとした食感、中は餡子がギッシリ。次回はオカマを頼んでみたいです




| 2016.12.09 Friday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
2645 【野菜果物95】天守閣の夢近づく駿府城で「静岡のしそ巻き」を・・葵区

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

いつか来る大地震の時の司令塔に成る静岡県庁は、静岡市葵区の中心地・追手町の駿府城・三の丸に聳え立ってますヨ。但しおの正る大手門跡はココじゃ無く、県庁の少し南側(画像右側)に別に在ります

 

月日は光陰の矢の如しで、今年も二ヶ月ですナ。幸か不幸か?服薬治療の副作用で、過ぎ去りし十ヶ月のコトを殆ど覚えてませンが、ほ日セッセと綴った当ブログを読み返し、記憶力の欠如を補う私メですヨ。

 

ついでに去年・一昨年の秋を振り向けば、ドウやら一昨年はに具合が悪く成り始めてた頃。尤も当時の私ぁ全く自覚してず、また我が主治医Nセンセに見抜かれる前で、治療に取り掛かってませんでした。

 

県庁裏は駿府城中堀で、二の丸の石垣がキレイに見渡せます。平成二十一年の「駿河湾地震(M6.5)」でココの石垣が少し崩れまたが、二年近くかけて元通り修復しましたナ。私メも二年かけて修復中です

 

ですが翌月別件で会ったNセンセに専門医を紹介され、直ちにソチラへう様に成りましたが、一昨年より去年の今頃が、そして今はより確に回復してる筈で、苦難の闘病生活もソウ長くは無い筈・・きっと多分。

 

さて私ぁ東京の板橋生れで今も住んでますが、小学生ン時に数年間過ごした静岡市葵区が愛おしくて仕方なく、嬉しいだの悲しいだの喜怒哀楽の度に帰ってますヨ。葵区は私メの「育ち故郷」、魂が帰りたがる街。

 

駿府城は大御所・家康公が少年期・中年期・晩年期と三度も住まれたトコで、徳川将軍家にとっては江戸に次ぐ本拠地だった城。現在は本丸・二の丸全てが「駿府城公園」と成り、ココが私メの遊び場でしたネ

 

だもんで静岡でユックリ療養したかったンですが、私ぁ寄席の芸人で高座が有りますからネ。生活の拠点を東京から移すのは容易いコトじゃ無く、止む無く体調が良い時や、上方へ参る途中に出来るだけ寄る様に。

 

ですが治療が長引くにつれ、逆に「育ち故郷」に帰るのが辛く成りました。何しろ気分が楽に成れる・・いや成れ過ぎちゃうンで、心が弛緩し東京での闘病生活に戻るのがイヤに成っちまう。特に回復期の今は。

 

家康公が心底愛されたトコだけに、天下普請で築かれた駿府城はとかく巨大で、その天守閣は江戸城に負けぬ規模!らしいンですが、実な資料が・・。ソコで数年かける発掘調査が、今夏から始まってます

 

だから今はチョット堪え時。寛解の診断が出れば幾らでも帰る事は出来ますし、その内バイクにも再び乗れる様に成るだろうから、思い立ったら何時でも行ける!だから我慢しなきゃ・・故郷は遠きに在りて思うモノ。

 

そして悲しく詠うモノですナ。日々歩き廻ってる東京からは、富士側しか見えませんが・・あの表側にゃ魂の帰るべき街が在る!ソだけで勇気が湧きますが、耐え切れずに時々帰ったりもする私メです。

 

県庁を挟んでお城の反対側は、静岡県最大の繁華街・呉服町。子供の頃は大きく思えた田中屋デパート(現:静岡伊勢丹)が、ナンだか小さく感じられます。ココも思い出の詰まった街、来年の今頃は必ず寛解して、元気に胸張り歩きたいですナ。だから・・もう少し頑張りませんとネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「静岡県磐田市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「しずおか観光情報 駿府静岡市」静岡観光コンベンション協会HP
★「静岡市へ行くなら訪れたいオススメ観光スポットまとめ」Find Travel HP

★「静岡県庁別館展望ロビー。静岡市内だけじゃない富士山や駿河湾が見れる」CANDEO Times HP

★「徳川家康 大御所時代の居城」駿府城公園HP
★「徳川家康公と駿府」駿府城公園HP
★「駿府城公園に徳川家康公をしのぶ」静岡観光 歴史と文学の旅HP
★「崩れても治す、を繰り返す石垣の万国博覧会・駿府城」のまのしわざブログ
★「駿府城天守台発掘調査 発掘調査室きゃっしる」静岡市の文化財・静岡市役所HP

★「家康は駿府城に3回、天守閣を建てている!」静岡・浜松・伊豆情報局HP
★「【日本初のビッグプロジェクト】静岡市 駿府城天守台の発掘調査が開始」歴人マガジンHP
★「駿府城天守台発掘・復元観察」東啓次郎の琴・三味線馬鹿一代ブログ
★「遠州でよく食べられているオカズ・しそ巻」しずふぁん!!HP
★「『しそ巻き』ってどこの郷土料理?」togetterまとめHP


(関連する記事)
★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2386 【お肉料理86】新しい県民手帳と『錦玉子』・・静岡市」
★「2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と『しぞーかおでん』・・静岡市」
★「2458 【野菜果物85】花冷えの静岡中心街で『チョコまつば』を
★「2487 【お米料理222】新緑の駿府城と『ハッピーグルメ弁当』・・静岡市」
★「2553 【お肉料理92】日帰り故郷で『さわやかのハンバーグ』を・・静岡市」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(コレでまた駿府城の天守閣再築が進みますナ、実に待ち遠しいです)


静岡は東西文化が鬩ぎ合う県で、外から見るとナンだか不思議な食べモンが沢山有るトコですが(県民はソレに余り気付いてませんが)、コレも静岡じゃ当り前なのに他所にゃ無い「しそ巻き」。県西部・遠州地方の名物ですが、静岡市でもフツーに売られてますンで御紹介を。ゴマやピーナッツの入った少し甘めの味噌を青シソや赤シソで巻き、ソレを幾つか串刺しにして揚げたり焼いたり・・。ご飯のオカズにしたり、酒の肴にしたりの万能食で、戦争中は旧海軍が瓶詰にしたコレを潜水艦用の食料として重宝してたとか・・保存性も良いからネ。処が不思議なのは、遠く離れた東北地方でもコレが広く普及してまして、一体ドッチが先ナンでしょうか?静岡じゃ江戸時代末にゃ在ったとされてますが・・もっと不思議なのは、静岡でも東北でも「コレはウチだけのモン」と思ってるコト。最近は東京でも時々見ますが、両方のしそ巻きが入り混じって売られてますヨ。寛解出来たらルーツを深く調べてみたいモノです




| 2016.11.01 Tuesday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
2553 【お肉料理92】日帰り故郷で「さわやかのハンバーグ」を・・静岡市

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

静岡市中心街のランドマークは昭和九年(1934)に建てられたドームが特徴的な「静岡市役所・本館(あおい塔)」。当然ながら耐震改修済みですが、ココは幕府直属の駿府奉行所が在った場所だったりします

 

静岡県の二大都市の一つ・浜松市に続き、県都の静岡市へ参った私メです。浜松も馴染みが有って好きな街ですが、何しろコッチは昔住んたトコだから馴染みの度合いが違いますヨ。好きと大好きの違いです。

 

と申しましても・・住んでたのは幼気な豚児だった三十数年前で、当時と街の様子も結構変わりましたが、基本的なトコはほぼ一緒だから、気楽に歩ける「私メの育ち故郷」。だから時折帰っては、ボンヤリしてますヨ。

 

静岡市役所は駿府城の外側ですが、外堀を渡って県庁の脇を通り、中堀を渡るとソコが市民の憩いの場「駿府城公園」。本丸天守閣の築の為なら、私ぁ喜んでタバコ税をせっせと納めたいと思うばかりです

 

生れは東京・板橋区で、今もソコに住んでますが、幼少時に数年間過ごしただけの街への思いは深く、「鯉風サンの故郷は」と聞かれたら、静市と答えちまう。「生れ故郷」と「育ち故郷」を上手く使い分けてますナ。

 

ま、ソレはウソじゃ無いし、故郷を二つも持てるのは有難く、可能ならば今スグにでも帰っちまいたい。特に神崩壊からの闘病で心底果てましたンで、講談なんて投てて帰ろうと私ぁ何度思ったコトか。



静岡市内は方々に「権現さま(徳川家康公)」が立って居られますが、番親しまれてるのは「駿府城本丸跡の権現さま」。将軍を辞めて三目の駿府居住に成られた最晩年の、鷹狩りの時の御姿だソウですネ

処が同輩の陽司センセが逝ってから願いは許されぬ状況と成り、体調に多くは無理でも、石に噛り付いて高座に上がり続けにゃ成らぬ。イそれはウソです、好きで選んだ稼業だモノ。講談に未練が有るのヨ。

長引く治療で記憶力が壊滅し、体力もドンドン低下しますが、ソレでも懸命に根多を稽古して、発病会得してた口調と声質を頼りに、のた打ちながら高座に上がってる私メ。帰るンならそんな苦労は要らぬ筈。
 

権現さまは幼い頃の十二年間と青年武将時代の五年間、そして大御所と成ってからの十年間を駿府城で過ごして居られますヨ。とにかくココに帰りたくて仕方無かった様で、天下人として錦を飾って居られます

 

タダの員数合せかも知れませんが、ソレでも高座に上がり続けられるだけで私ぁ幸せ者。だもんでイヨイヨ危なく成るまでは、懐かしき静岡市へ帰りだけにしてます。下手に長居しちゃうと・・高座が怖く成りそう。

 

静岡駅の改札を出て中心街やお城ン中、或いはお城近くの昔住んでた辺りをテクテク歩き、疲れたらチョット休憩して美味いモンを食べて、遅成らない内にまた改札へ。早く寛解して長居出来る様に成りたいです。

 

こんな絵の描いてある静岡鉄道の高速バスを、バスセンターの在る新静岡セノバで発見しましたヨ。尤も漫画家のさくらももこサンは合併で静岡市に成った旧清水市の御出身で、お馴染みのアニメ「ちびまる子ちゃん」の舞台はアチラが殆ど。駿府城近くの私メの住んでた辺りか遠いンですが・・ソレでも「静岡市はいいねぇ」。仰る通りでございます
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都渋谷区渋谷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ようこそ静岡へ」静岡観光コンベンション協会HP
★「静岡市はいいねぇ。」静岡シティプロモーションHP
★「静岡市へ行くなら訪れたいオススメ観光スポットまとめ」Find Travel HP
★「静岡市役所」備忘録に代えてブログ
★「徳川家康 大御所時代の居城」駿府城公園HP
★「徳川家康公と駿府」駿府城公園HP
★「駿府城公園に徳川家康公をしのぶ」静岡観光 歴史と文学の旅HP

★「ついに決断か 駿府城再建はできるのか??」NAVERまとめHP
★「『静岡市はいいねぇ。』ラッピングバスが駿府ライナーに登場」駿府は96か町ブログ
★「さァ〜げんこつ食べてげん気に行こう!!」炭焼きレストランさわやかHP
★「静岡県民に愛される日本一?のハンバーグ『さわやか』って何?」Spotlight HP

★「なぜ『さわやか』の『げんこつハンバーグ』は静岡でしか食べられないのか」ねとらぼブログ

(関連する記事)
★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2386 【お肉料理86】新しい県民手帳と『錦玉子』・・静岡市」
★「2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と『しぞーかおでん』・・静岡市」
★「2458 【野菜果物85】花冷えの静岡中心街で『チョコまつば』を
★「2487 【お米料理222】新緑の駿府城と『ハッピーグルメ弁当』・・静岡市」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(駿府城は権現さま最晩年の十年間、日本の首都だったトコですヨ)

静岡市内の私鉄ターミナル・新静岡駅の入った駅ビル「セノバ」のレストラン街で、常に大行列に成ってるのがげんこつハンバーグの「さわやか」さん。静岡と浜松の中間の菊川市発祥のファミレスで、自慢は肉汁したたるハンバーグ!元気だった頃の私メなら250gのげんこつをペロっと食べちゃうトコなのに、減薬過程に入ってから食欲不振は治まらず、その半分のハンバーグが限界・・あぁ情けない。食欲を刺激する為の焼きカレーセットにしましたが、早く寛解して1kg位食べれる身体戻りたい!なお「さわやか」は、静岡県内にしか無い人気チェーンです




| 2016.07.14 Thursday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
2487 【お米料理222】新緑の駿府城と「ハッピーグルメ弁当」・・静岡市

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR静岡駅の古くて小さな駅舎が、ご覧の駅ビル「パルシェ」に建て替えられたのは昭和五十六年(1981)のコトで、ナンだか東京みたい・・と驚いたのを覚えてますネ。アレから三十五年も経っちゃいましたか

静岡市の中心街・葵区へ帰るのは、この春二度目の私メです。父の転勤で幼少期に数年間過ごしただけの場所ですが、私ぁこの街を「育ち故郷」だと思ってますンで、敢えて「帰る」と云う表現を使う様にしてます。

因みに「生れ故郷」で今も住んでる東京・板橋区は「戻る」てぇ感覚ですし、ソレ以外の街は「行く」って扱いに成っちゃいますナ。何れにしろ喜びにつけ悲しみにつけ、葵区と云うか、「駿府」の街に帰りたく成りますヨ。


静岡県最大の繁華街「呉服町通り」と直交するのが、様々なイベントの会場に成る「青葉シンボルロード」。尤も平日は穏やかな細長い公園で、賑やかなのはゴロンゴロンと動き廻る樽型噴水「ZEN」位ですゼ

一散年末から心神不調に苦しみ悶え、気丈なフリして無理して闘ってますンで、気分が少しでも弱ると帰りたくて帰りたくて・・。だもんで今春の桜放浪のイの一番と先月末に帰ったら、アララまだ咲いてないじゃん。

夏は暑すぎず、冬はとにかく暖かい。全国に二十ある政令指定都市の中じゃ一番気候の良い街で、例年なら東京よりも先に咲き出すトコなのに、蕾の段階で花冷えに襲われて、私メの都合と合わなかったらしい。


駿府城・追手門址の内側、旧三の丸に建つのが静岡県庁。昭和十二年(1937)に建てられた本館を中心に、来るべき東海地震に対して鉄壁の備えを固める要塞みたいなトコですが、新緑の今は穏やかです

ソレが余りに残念で、埋まらぬ心の隙間を強引に埋めようと東海道をそのまま西へ流れ、名古屋・京都まで怒涛の桜放浪に成っちまった訳ですが、流石に一月近く経ちますと、桜はすっかり葉を拡げちゃってますナ。

私メみたいに心神不調に苦しんで、咲く時期を間違えちまった間抜けなソメイヨシノは無いかと探してみましたが、葵区で一番の桜の名所・駿府城ン中にゃ、そんな唐変木は見当たらず。自然は遥かに逞しいですヨ。


徳川将軍家の準本拠地として天下普請で築城され、三重のお堀に囲まれてた駿府城ですが、内堀は明治初年に埋められ、今も残るのは中堀と外堀。より静かな中堀は、むせ返る様な新緑に包まれてましたネ

代わりにお城ン中は、ドッチを向いても美しい新緑の海。ソリャ晴天の方が勿論キレイですが、曇天でも故郷のソレだと思うと眩しく感じられますヨ。喜びにつけ悲しみにつけ、やっぱ帰るべきは故郷。我が愛しき街!

いっそ東京を卒業して・・とも思いますが、「講談」と云う珍しい寄席話芸を稼業にしちまった以上、ソレはドウ考えても難しいコト。ま、疲れたり弱ったりしたら時折帰るコトにして、今暫く頑張り続けようと思います。


お城ン中に何本か、八重桜が咲き残ってましたヨ。いずれ静岡も今回の熊本・大分両県みたいなコトに成る筈ですが、ソレがなるべく先のコトで有って呉れるのを祈るばかり。私メが子供の頃から最強の対策を施してますンで、ドレほど強い地震が来ても大丈夫だと信じたいですが

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県磐田市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ようこそ静岡へ」静岡観光コンベンション協会HP
★「静岡市はいいねぇ。」静岡シティプロモーションHP
★「徳川家康公と駿府」静岡商工会議所HP
★「徳川家康大御所時代の居城」駿府城二ノ丸施設管理事務所HP
★「JR静岡駅ビルパルシェ」静岡ターミナル開発HP
★「二つの静岡駅1960年」お出かけ通信blog版
★「ごろんごろんの噴水」静岡ジモティーズHP
★「ふじのくにへようこそ」静岡県庁HP
★「静岡県庁別館」Re−urbanizationブログ
★「新緑の駿府公園」ひなたぼっこブログ
★「どんどんはちょっとリッチなお弁当チェーン」お弁当 どんどんHP
★「清水メンチかつのり弁の"清水"である理由は?静岡ローカルCMでお馴染みのお弁当屋『どんどん』」静岡探検倶楽部ブログ


(関連する記事)
★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2386 【お肉料理86】新しい県民手帳と『錦玉子』・・静岡市」
★「2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と『しぞーかおでん』・・静岡市」
★「2458 【野菜果物85】花冷えの静岡中心街で『チョコまつば』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(保守的で世間知らずが多いのが難点ですが、ソレでも良い街です)

全国にその県だけのローカルチェーンって沢山在るでしょうが、静岡県だと「ハンバーグのさわやか」「お結び・お惣菜の天神屋」そして「お弁当のどんどん」が三大チェーンに成りますかネ?どんどんは良く有る地方のホカ弁屋と言っちゃえばソレ迄ですが、昔流れてた田舎臭いCMのイメージが強過ぎて、メニューに無い「今話題のハッピーグルメ弁当」で県民に御馴染と云う、実に不思議な存在だったりします。実際のメニューにも幾つかナゾのお弁当が有ったりしますが、今回は「清水メンチかつのり弁」と云う、牛肉メインのメンチカツが載ったのり弁当を。今は静岡市に吸収合併された旧清水市(現:清水区)は、冷凍マグロの水揚げの多いトコですから・・私ぁてっきり鮪のメンチカツかと思ったンですが、ただ単にどんどん本社の所在地なだけだとか。ま、駿府城内の名残りの八重桜の下で食べたンで、ハッピーでグルメな気分に多少成れた様な気もしますが




| 2016.04.27 Wednesday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
2458 【野菜果物85】花冷えの静岡中心街で「チョコまつば」を

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

静岡人が最も敬愛する「権現さま」こと、東照大権現・徳川家康公が終生愛されたのが、市中心部に大きな都市公園として整備された「駿府城」。日本最大級を誇った天守閣の再築が、ホント待ち遠しく思えます

今春の桜放浪を開始した私メです。四季の国ニッポンで生まれ育ち、コレまで重ねた人生の年輪と同じだけの花信風を感じてた筈ですが、こんなに桜花を待ち遠しく、そして愛おしく思える様に成ったのは昨春から。

一昨年暮れの心神崩壊からの回復を目指す中で、その輝きが聖エルモの灯の様に思えたンでしょう。ナニかに憑依された様に桜花をひたすら追い求め、拙宅の在る東京は勿論、上方まで遥々旅しちゃいましたヨ。

治療が漸く後半戦に入った今春も、心神の癒しを求めて桜花を追っかける筈。処が暖冬で東京じゃ五日も早く開花宣言が出されたのに、その途端に花冷えが厳しく成って、ソメイヨシノが中々キレイに咲いて呉れぬ。

今や日本中で愛されてるソメイヨシノですが、拙宅近くの駒込染井村で発祥した花だから、懐かしき旧友が全国から「眺めに来い」と呼んで呉れてる気が。ならば中々咲かぬ東京は後回しにして、旅に出ますか。


「平成の大合併」で政令指定都市に成ったとは云え、やっぱ百万都市とじゃ繁栄に差が有り過ぎる様な・・。でも静岡市の中心街「呉服町」は地方都市のソレとしては異常に賑やかで、夜も更けたのに大勢の人が

北海道新幹線に心が惹かれますが、東京より寒いトコに行っても仕方無く、桜花を求めてゴーウエスト!先ずは私メが育った街・静岡市葵区。東京より温暖な街の筈ですが、今年は開花が例年より遅いらしい。

聞けば蕾が膨らむ頃に、花冷えが強かったとか・・まさかの予想外。日当たりの良さから毎年早く咲き出す、駿府城も枝だらけ!この街に実際住んでたのは数年間でしたが、ココは私メが「育ち故郷」と称してる位。

だもんで、JR静岡駅のホームに降りたっただけで気分が安らぎます。特に減薬過程に入って以来、不安定極まりない心神が落ち着くのヨ。あぁコレで桜が咲いてたら!でも自然相手にソレは贅沢ってモンかナ。


人間に出来るのは、「咲き出したらまた来ればイイ」ってコト。四月半ばに帰静する予定が有りますが、ソレまで散らずに残ってますかネ?或いは満開の頃にブラっと訪ねようかしらんと、考えながら歩く故郷でした。


お城や中心街辺りで唯一キレイに咲いてたのは、お堀端に校舎の在るの国立静岡大学付属小の、フェンス沿いに生えてたこの二本だけ。ソメイヨシノじゃ有りませんが、毎年ココの桜だけは逸早く咲くソウです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛知県名古屋市昭和区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ようこそ静岡へ」静岡観光コンベンション協会HP
★「静岡市はいいねぇ。」静岡シティプロモーションHP
★「徳川家康公と駿府」静岡商工会議所HP
★「徳川家康大御所時代の居城」駿府城二ノ丸施設管理事務所HP
★「『開花宣言』お預け 静岡県内の桜、今年は遅れ気味」アットエス静岡新聞HP
★「Fuzoku」静岡大学教育学部付属静岡小学校HP
★「静岡発開花情報『駿府公園の桜』」映像と写真で綴る日々の出来事ブログ
★「ようこそ、静岡呉服町名店街へ!」静岡呉服町名店街HP
★「厳選された材料の使用を常に心がけて居ます。」松浦食品HP
★「チョコレートまつば。」温室栽愛。ブログ


(関連する記事)
★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2386 【お肉料理86】新しい県民手帳と『錦玉子』・・静岡市」
★「2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と『しぞーかおでん』・・静岡市


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(静岡の方が東京より開花が早いと信じてたのに・・全く予想外でした)

さつま芋を細くカットして揚げた果林糖って全国に在りますが、この手のモノって静岡県が発祥だと聞いた覚えが・・。中でも一番のブランドは県内吉田町の松浦食品さんの「芋まつば」で、毎年寒い間だけ売られてるのが、タダでさえ甘い芋果林糖をチョコレートでコートした「チョコレートまつば」。年末に帰静した時にこの二つを買ってみたら、いや美味いコト美味いコト。服薬治療の為に絶対禁酒を申し渡されて早や十五ヶ月・・すっかり味覚が変わり、甘いモン好きに成ったのも有りましょうが、今回も買おうと中心街を廻ったら・・売り切れたトコばかり。ま、冬季限定だから仕方無いと諦めかけましたが、呉服町の静岡伊勢丹で残ってたのを見付けて狂喜乱舞!私ぁ白い方が特に好きですヨ




| 2016.03.28 Monday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
2387 【お魚料理105】有難き故郷の神社と「しぞーかおでん」・・静岡市
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

駿府城下の総鎮守「静岡浅間神社(せんげんさん)」は、徳川家康公が元服式を行ったコトから、江戸幕府の極めて篤い崇敬を受けた名宮。国の重要文化財だらけのお社で、私ぁココを遊び場にして育ちました

年末は私メの「生まれ故郷」にして、今も住んでる板橋区をご紹介しましたが、新年最初の旅日記は私メの「育ち故郷」の静岡市葵区へ。暮らした街は他にも幾つか在りますケド、育ったのはココだと私ぁ思ってます。

人間って弱い生き物で、喜びにつけ悲しみにつけ故郷に帰りたく成りますナ。私ぁ生まれ故郷に折角住んでるンだから、帰るべき故郷は他に要らない筈ですが、ドウにも板橋にゃ今イチ感慨を感じられないンですヨ。

ソレは贅沢と云うモノで、「帰りたくても事情が有って帰れぬ人」に叱られソウですが、普段住んでると当り前過ぎて有難く感じられず、「何処かに帰るべき街が在るに違いない」と考えちまう。将来は判りませんケド。

ま、石持て追われて出た訳じゃ無く、両親の転勤で東京に戻っただけだから、一層懐かしさが募るンでしょう。何れにしろ一昨年末の心神崩壊からの闘病で、疲れきった翼を休める街はココしか思い浮かびません。


浅間神社に立て籠もる武田家を攻略した時、家康公は「必ず再興致します」と泣きながら火をつけたとか。巨費を投じて約束通りに華麗な社殿を再築してますが、そんな戦火が有ったと思えぬ穏やかな神苑です

JR静岡駅を降り立てば、ナニは兎も有れ向うのが「静岡浅間神社」。東海地方じゃ一番古い、二千百年以上前の創建とされてますナ。その大拝殿は日本一背高な木造神社建築で、主な守り神は富士山そのモノ。

耐え難き心神不調を制して寛解させたいと、服薬治療・青空療法に励むのみならず、全国の神社仏閣・教会・モスク等を訪ね歩き、「お助け下さい」と願って廻った昨年でしたが、私メが最も信奉してるのがこのお社。

およそ全ての神さま仏さまに優劣なぞ有ろう筈は無く、また一神教だろうと多神教だろうと尊い方ばかりと判ってますが、やっぱ馴染み深い神さまに縋りたく成るのは人情ですヨ。ましてや故郷の神社なればこそ。

足掛け三年目の闘病も、取り敢えずの安定まで至れたのは天佑神助のお蔭。確かに疲れ切ってますが、残すは寛解目指して減薬に耐えるコトのみ。絶対に負けないと「せんげんさん」に誓う、故郷の新春でしたヨ。


浅間神社の少し東に、幼少期の家康公が暮らしていた臨済宗の名刹「大龍山臨済寺」が在りますヨ。静岡の戦国大名・今川家の菩提寺で、ココも幕府から手厚い庇護を受けた立派な伽藍が残ってますナ。私メがこの街を育ち故郷と思う様に、家康公もイヤな思い出が全く無かったからこそ、幕府を成立させてから僅か数年で江戸を去り、生まれ故郷の愛知・岡崎市じゃ無く、育ち故郷の静岡市に帰って来られたンでしょうナ。同じ思いを持つ大先輩・家康公を、私ぁ心底尊敬してますヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県掛川市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ようこそ静岡へ」静岡観光コンベンション協会HP
★「静岡市はいいねぇ。」静岡シティプロモーションHP
★「徳川家康公と駿府」静岡商工会議所HP
★「駿河国総社」静岡浅間神社HP
★「静岡浅間神社 日本一高い木造神社建築」Journey To The Endブログ
★「富士山を仰ぐ静岡の守り神!荘厳な静岡浅間神社をめぐる」Find Travel HP
★「家康公の史話と伝説とエピソードを訪ねて 浅間神社とその周辺」大御所四百年祭記念 家康公を学ぶHP
★「今川家の菩提寺 臨済寺」寺写真紀行HP
★「<大御所の遺産探し>足跡を照らす(2)臨済寺」静岡新聞アットエスHP
★「おむすび、お弁当の『天神屋』」天神屋HP
★「ローカルお惣菜チェーンのしぞーかおでん@天神屋」くーちょ日記ブログ

(関連する記事)

★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1582 【野菜果物59】久能山東照宮と『石垣いちご生ジュース』・・静岡市」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市」
★「2203 【スナック57】『8の字』持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市」
★「2386 【お肉料理86】新しい県民手帳と『錦玉子』・・静岡市

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(私メ的にゃ遅く思えても、症状を考えれば随分早い回復ナンだとか)


年末年始は静岡市でも開いて無いお店が多く、そんな時に頼りに成るのは、年中無休のローカルお惣菜チェーン「天神屋(テンジンヤ)」。私メが子供の頃はおむすび屋さんのイメージでしたが、イロイロ有って経営が変わり業態が変わっても・・気軽さ手軽さは不動。昔からの名物「しらすむすび」と「しぞーかおでん」を何本か。静岡おでんに関しては一家言の有る私メで、一番美味しいのは「駄菓子屋で立ち食い」!観光客向けの専門店街は全く宜しく無く、ソレだったら遥かに天神屋の方が美味しい。ま、全国ドコでも観光客向けはそんなモンでしょうけども



| 2016.01.02 Saturday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS