きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
3084 【麺類色々288】日本一のえべっさんの街で「らどん」を・・東大阪・布施

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

上本町から三つ目の「布施駅」は、ココまで複々線で来た近鉄の二大本線「大阪線」と「奈良線」が分岐しますンで、エラク大掛かりな高架駅に成ってますナ。三階が大阪線、四階が奈良線ホームだったりします

 

昨日まで御案内の京都に続き、又しても大阪へ参った私メです。但しコレも寛解宣告される前のジリジリしてた頃のお噂なのを御容赦願いますが、東京生れ・育ちの寄席芸人なのに関西好きだから可笑しいですヨ。

 

そんな大阪はいつも市内だけで満足し、その外へ殆ど行って無いコトに気付きましたネ。東京だと23区の「都内」とソレ以外の「都下」と呼び分けたりしますが、大阪だと「府内」と「府下」?ソレとも「市内」と「市外」?

 

駅の二階は改札・一階は近鉄デパートに成ってますが、改札前じゃ七福神の「恵比寿サマ」が乗降客を見守ってますヨ。如何にも関西らしい「商売繁盛を齎す福の神」ですが、布施ってえべっさんの街だったのネ

 

一体ドウ呼ぶのかナゾですが、私メの大阪でのベース「上本町」をターミナル駅とする近鉄電車に乗って六分ほど揺られれば、忽ち大阪市外へ出てしまう!その最初の駅が「布施」で、随分ご無沙汰しちゃってる街。

 

行政区分で云えば東大阪市。東京にも「西東京」と云う身も蓋もない市が在りますが、ソレは合併時に市名で揉め・・自棄に成って名乗ったモノですが、コチラも合併した時に「大阪市の東隣りだから」と付いたとか。

 

えべっさんへ参ろうと外へ出れば、回転ずしの発祥地「元禄寿司」本店が。「コンベア旋回食事台」として昭和三十三年(1958)に誕生し、最盛期は全国で二百店を超してた元禄寿司も、布施じゃ今でも健在です

 

不思議なのは北隣りの大東市も同じ命名理由だったりするコトですが、半世紀前に三市合併で出来た東大阪の一番大阪市寄り・・生野区とゴチャゴチャ入り組んだ辺りが「旧布施市」で、中心街は近鉄布施駅前。

 

敬愛する兄貴分・旭堂南海センセが以前ココに住んでまして、私ぁ随分泊めて貰いましたナ。また女房殿が近くの住人で、その他ナニやらと以前は良く参った覚えが有りますが、少なくともココ十年は行って居らン。

 

駅からえべっさんへ向かうアーケード「フラワーロードほんまち(布施本町商店街)」も、昔はもっと賑やかだった記憶が。ソレでも夕餉を求める客がコロッケ屋で行列を為していて、下町っぽい雰囲気が嬉しいです

 

大体が南海兄ぃとは呑んでばかり居ましたンで、布施って・・駅前に元禄寿司が在ったのと、サティのビルが在った位しか覚えが無く、エラク半端な思い出だけの私メ。ならばイザ参らん!アレから一体ドウ成った?

 

改札を出たらえぺっさんが笑顔で迎えて呉れましたが、貴方様のコトも良う覚えて居らンのですワ。お詫びがてらお詣りし、駅近くをブラブラ歩いてみましたら、何となく思い出して来た様な。あの頃は若かったです。

 

ほんまちアーケードを通り抜けると、「日本一大きなえべっさん像」を擁する布施戎神社サマが。千年以上前から在った界隈の氏神社の場所に、昭和二十九年(1954)に再建された・・新しくて古いお社の様で、関西一円のえべっさんと同じ様に正月明けは「十日戎」で賑わうそうナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「大阪府大阪市阿倍野区北畠」への訪問記です★


(参考リンク)
★「東大阪市観光ガイド」東大阪観光協会HP
★「東大阪を遊ぶ情報サイト」週刊ひがしおおさかHP
★「【大阪】東大阪市周辺で人気の観光スポット10選」トラベルブックHP
★「布施駅」大阪からの鉄道旅行・や・でHP
★「元祖 廻る元禄寿司」元禄産業HP
★「元祖 廻る元禄寿司 本店」本店の旅ブログ
★「えべっさんの街」布施商店街連絡会HP
★「布施本町商店街<フラワーロードほんまち>」アーケード商店街の写真館HP
★「東大阪市のえべっさん」布施戎神社HP
★「布施戎神社 布施駅商店街を守護する、最強の福の神!」古の都 関西の神社・パワースポット巡礼ブログ

★「東大阪・布施に『らどん小椋』 『ラーメンとうどんの真ん中』目指す」東大阪経済新聞HP
★「らどん小椋 らどんって、らーめん?うどん?もっちり麺をダシのきいたスープで食べる」ちあきのありかHP


(関連する記事)
★「088 いしきりんは一体ナニを占うのか?」
★「444 【やきそば20】今里焼きそばは自分で味付け」

★「1382 【スイーツ78】甦る寺内町と『ちょぼちょぼ』‥富田林」
★「1383 【麺類色々94】『かすうどん』と凄まじい歴史の集積・・藤井寺」
★「2127 【名物パン238】『大阪のシベリア』と好奇心回復への闘い・・桃谷」

★「2601 【スイーツ210】上本町の青い山脈で『おふくアイスマック』を」

★「2713 【やきそば295】商売繁盛!十日戎で『屋台の肉焼きそば』を・・今宮戎」
★「2962 【スイーツ249】大阪で一番危険な街と『パインアメのジャム』・・上本町」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(旧布施市だけは東大阪なのに、大阪市と同じ06地区だったりします)

布施駅の近くをテキトーに歩いてましたら、今まで見たコトの無い麺類を発見!ソレはラーメンとうどんの真ん中を目指す「らどん」。細うどん位の太さのモチモチ麺が、エラク和だしの効いた丸鶏スープに入れられたモノで、揚げ玉やらお麩やら三つ葉やらと具は完全にうどん。なのに間違いなくラーメンだと云う・・実に複雑怪奇な、でもサッパリとした絶妙なお味で絶対的にコリャ美味い!二つのモノの良いトコ取りをしようとすると大抵失敗するモノですが、ドウすりゃこう塩梅良く出来るのか感嘆の至り。そしてソレがナゼ東大阪なのか・・近けりゃ頻繁に参りたい位ですが、流石に東京からじゃ遠過ぎる!また食べたいモノです




| 2018.03.17 Saturday (00:15) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
2450 【麺類色々211】ステキな府立高校で「生姜焼きラーメン」を・・堺市
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

古代の官道「難波大道(なにわだいどう)」の南端とされるのが、堺市北区金岡町の「金岡神社」。日本画の開祖「巨勢金岡(こせのかなおか)」卿が御祭神で、金岡卿ゆかりの地ナンで金岡町と呼ぶんだソウですヨ

大阪府第二の都市・堺を訪ねた私メです。昨日は古くから自由都市として栄えた堺市中心街をブラつきましたが、今日はその東側の中百舌鳥界隈へ。南海高野線と地下鉄御堂筋線が接続する、便利なトコですヨ。

そのスグ近くに「金岡」なる中世からの寺内町が在り、ドウ云う訳だか私メがお世話に成ってる二人のセンセに関係有りますンで、是非とも訪ねたいと念願してました。まずココは私メの主治医・Nセンセの御出身地。

医者と弁護士と警察と・・は知り合いに持ってた方が良いと申しますが、私ぁホント良き方々に恵まれてます。中でもNセンセにゃ弟分として可愛がって貰ってますが、数年前まで某医大の准教授だった立派なお方。


と云っても・・偉そうな素振を微塵も見せないベランメェな人で、知り合ってから随分経ちますが、私ぁ初めの数年間は准教授(当時は助教授)と知らなかった位。だって白い巨塔の登場人物と、余りに違いますンで。


金岡神社は寺内町の中心に在りますが、少し離れた畑地ン中に建つのが大阪府立金岡高校。昭和四十九年(1974)創立で、堺市北区じゃ唯一の高校だとか。Nセンセの今は亡き妹さんの母校だったりします

医大に納まる人じゃ無かったのか?突如退任して港区高輪の一等地にクリニックを構えられたンで、私ぁ「遠くて面倒だナ」と思いつつ、板橋宿の拙宅から地下鉄に乗って、体調が悪いと診て貰いに通ってましたヨ。

専門は総合医学・・要するにナンだって診察しちまう万能医。今回の私メの心神の異変を逸早く見抜いたのもNセンセで、「こりゃ俺の手に負えぬ」と優れた専門医をご紹介して下さった・・コレが本当に有難かった。


お蔭で早期治療に踏み出せて・・引き籠りに成らずに済みました。身体の方の管理は今でもNセンセに任せっきりで、高輪まで時々参ってご迷惑をお掛けしてますが、到底返せぬ恩義を受けたと深く感謝してます。

そんなNセンセは堺のご出身だと云う。しかも御堂筋線の終点・中百舌鳥駅にほど近い金岡町が故郷で、妹さんは地元の金岡高校に通ってたと仰る。チョット待って!金岡高校の校長先生を私ぁ良く知ってますゼ。


橋下府政時代に民間人校長として採用されたのが、金岡高校の和栗隆史先生。私メにゃ放送作家・語源ハンターのわぐりたかしセンセが、似合わぬ背広に着られてるとしか思えませんが・・校長室で一枚を!

最近の私ぁ服薬の為に記憶力・発想力いずれも壊滅しちまったンで無理ですが、以前は良く「新作講談」を作って高座に掛けてましたヨ。頼まれて作るのも有れば、自分で題材を見付けて来て作るのも有りました。

そんな中、世間の巷説と事実は全く違うと「阿漕の平治」「元の黙阿弥」の二本の新作講談を作って口演したコトも。その際に原案と云うか、根多元にさせて貰ったのが「語源ハンター・わぐりたかし」センセの著作。


放送作家として高名な方ですンで、出版社経由でご連絡申し上げ、仁義を切りに参りましたら・・随分フランクなセンセで、靖国神社前のブーランジェリ―でバケット辺りを肴に、強かにビールを交わした様な覚えが。

御一緒に旅をさせて戴いた事も有りましたし、イロイロ美味いモンも食わせて戴いた記憶も・・。処が二年少し前にわぐりセンセから戴いたメルマガに、「大阪で高校の校長に成る」と吃驚仰天なコトが書いて有った!


校長室前に「金岡高校帰宅部」の面々が、勝手放題を書き連ねるホワイトボードが。帰宅部ってフツーは非公然組織なのに、ココじゃ校長顧問のモノらしく・・そんな学校って他にゃ在るまい!こう云うの好きです

私ぁてっきりTV番組の企画だろうと思ってましたら、極めて真面目なモノだった様で、センセは金岡高校に民間校長として赴任して行っちまった。橋下弁護士が大阪府知事だった時にした、府政改革の目玉企画。

私メだって上方の高座に慣れるまで時間が大分かかりましたのに、伏魔殿として名も高き大阪教育界にわぐりセンセは対処できるのだろうか?他所ながら心配してたらば・・一時は心労で大分痩せちまった様。

コリャ激励に訪ねにゃと思いつつ、ナカナカ伺えず・・やっと今回参れました。順応したのか開き直ったのか?激ヤセも止まったらしく、私メより太ってる。出る杭は打たれますが、出過ぎた杭は打たれても折れない。

余計なコトを書くと御迷惑ナンで控えますが、放送業界と協力して「笑いを教育に取り入れ」、滅法変わった学校にしようと悪戦苦闘の御様子。役にゃ立ちませんが応援してますンで、縁深き金岡にまた参りますネ。


和栗校長の「改革」を批判する側にも一理は有る筈で、ソレを頭ごなしに否定する心算は有りませんが、ホワイトボード前に置かれていた帰宅部の落書き帳を捲ってたら、こんなコトが書かれてました・・きっとコレが答えナンでしょう。校長としての任期はあと一年、ドレだけステキな学校に変われるのか。そして文化として残るか、センセ頑張って!

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府京都市北区上賀茂」への訪問記です★


(参考リンク)
★「堺観光ガイド もののはじまりなんでも堺」堺観光コンベンション協会HP
★「リーモ君が堺を大冒険」おもろい堺HP
★「中世の自由都市/堺商人」堺市商店連合会HP
★「巨勢金岡
(こせのかなおか)」日本百名人〜画家が語る画家たちブログ
★「金岡神社
(堺市北区)」自分への旅競屮蹈
★「竹内街道」こひちろうの独り言ブログ
★「0+1 ゼロ・プラス・ワン」大阪府立金岡高等学校HP
★「学校長のごあいさつ」大阪府立金岡高等学校HP
★「漫才で対人能力磨く 大塚府立金岡高」毎日新聞くらしナビHP
★「『ウルトラクイズ』放送作家が『校長』になった・・仰天転身の"理由"、震災が影響」産経WEST・HP


(関連する記事)
★「096 【講談の舞台01】もとの黙阿弥・・生駒市」
★「108 【講談の舞台02】阿漕の平治‥津市」
★「1362 【お米料理92】『味付け海苔のおにぎり』‥橋本」
★「1382 【スイーツ78】甦る寺内町と『ちょぼちょぼ』‥富田林」
★「1383 【麺類色々94】『かすうどん』と凄まじい歴史の集積・・藤井寺」
★「1500 【スナック28】住吉大社で『トランプ』を‥大阪市」
★「1761 【調味料類20】偉人ばかりの街で『パーポ―』・・堺市」
★「1762 【スナック40】環濠だった街と『あたり前田のクラッカー』・・堺市」
★「2291 【麺類色々197】大阪最強の下町で『昆布うどん』を・・鶴見橋」
★「2273 【お肉料理79】『蓬莱本館の豚まん』と雨夜のなんば」
★「2449 【スイーツ188】世界最大の古墳と『りくろーおじさんのチーズケーキ』・・堺市


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(良き方々に囲まれて私ぁ幸せ者です。病を得てから特に思います)

金岡高校へ参った理由の一つはわぐりセンセへの激励ですが、もう一つは「ウチは学食が美味い」と和栗校長が仰るンで、ドレだけ美味いのか試してみなければ・・との思いでございますヨ。もちろん一般人が迂闊には入れるトコじゃ無く、食べログはおろか電脳上に殆ど情報が有りませんが、校長立会いの下での視察と有れば大っぴらに入れる!さて金岡高校は女生徒の方が多いソウで、食堂の親父さんが彼女らに慕われてるコト・・。訪ねた日が卒業式の前日だったコトも有って、別れを惜しもうとする彼女たちは多く、何だかステキな青春模様を見てるみたい。味は美味しく・値段はお安く・メニューも豊富!ココが近所に在って、勝手に入れるトコだったならば、私ぁ頻繁に参りたいと思う位。珍しいンで生姜焼き丼の具を載せたラーメンを食べましたが、揚げ立てドーナツやらデザートまで(学食なのに・・女生徒が多いから?)頂戴し、一度はエラク痩せたセンセがまた太った理由が判った気がします



| 2016.03.17 Thursday (00:15) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
2449 【スイーツ188】世界最大の古墳と「りくろーおじさんのチーズケーキ」・・堺市
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

堺市で一番眺めの良い場所と云えば、南海高野線・堺東駅前の「堺市役所21階の展望ロビー」。ココからなら「仁徳天皇陵」の全貌を見られるかと思いましたが・・もっと高いトコからじゃ無いと、無理みたいです

先月訪ねた上方の旅のお噂を続けてます。昨日までの大阪市に続き、今日からは同じ大阪府の堺市への訪問記。人口・面積いずれも府内で二番目に大きく、平成十八年(2006)に政令指定都市に成ってますヨ。

大阪府へは度々参ってますが、多寡の知れた東夷にゃ大阪市内を楽しむだけで精一杯。ソレ以外にゃココ数年殆ど参って居りませんナ。ですが東京も都内だけじゃ無い様に、大阪府下だって面白いトコは在る筈。


仁徳天皇陵の拝所に来てみましたが、一層ナンだか判りませんナ・・当り前ですが。「大仙陵古墳」が正式名称で、三重のお濠に囲まれた墳丘長は約五百mと、世界最大の前方後円墳!スゴイ大きさですナ

てな訳で参りましたのは、大阪第二の都市・堺。なんば駅から南海電車で十分少しと直ぐナンですが、大阪市以上の歴史に満ち溢れた街で、歴史稼業の末端に位置する講釈師としちゃ、迂闊に手が出せません。

尤も恐れたンじゃ明日は来ませんし、堺の某府立高校へ参らにゃならぬ御用も有りましたンで(明日ご紹介します)昨日一昨日の記事の滅入った気分封じに、とにかく出掛けよう!楽しい未来が待ってるゼ!


歴史の表舞台で活躍する人物が大勢この街に関わってますが、コチラは茶道の完成者「千利休」居士の屋敷址。今回は時間の関係で、駆け足での史跡巡りに成っちまったのが残念無念・・歴史が有り過ぎます

馬鹿と煙は高いトコに登りたがる!堺市中心街に聳える市役所の展望ロビーへ上がり、辺りを見回すと・・所々に大きな森が。何しろ古墳時代から重要な街だったトコだから、きっと尊きお方たちの墳墓に違いない。

関東にも古墳は結構在りますが、その数と云い規模と云い、関西にゃ逆立ちしたって敵いませんヨ。特に第十六代・仁徳帝の墳墓と治定されている大仙陵古墳・・地元じゃ「御陵」と呼ぶ様ですが・・その巨大なコト。


驚くべきコトに、徳川家康公のお墓が堺に!もちろん眉唾ですが、巷説では家康公は大坂夏の陣で討ち死にし、沢庵宗彭和尚が中興された、堺の「龍興山南宗寺」に葬られた・・ンだとか。桜がキレイでしたネ

ただ市役所21階の展望ロビーをしても、特徴的な前方後円の姿は今イチ良く判らず・・飛行機かナニかで真上から見ないと無理でしょうナ。けれどソレは寄席芸人如きでは余りに不敬で、コレが限界でしょうかネ。

とにかく半日程度で廻り切れるトコじゃ無い、堺って街は!何れタップリ時間を取り、腰を据えて訪ねるしか有るまい。ですが先ずは身体を治す方が先決で、あぁ悔しいナと思いつつ・・某府立高校へ向う私メでした。


ソレでも時間の許す限り、堺の街を動き回った私メ。遂には港に建つ「旧堺燈台」まで来ましたが、海風が寒くて・・耳が千切れそう。現存する最古の木製洋風灯台で、明治十年(1877)に建てられた史跡ですヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府堺市北区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「堺観光ガイド もののはじまりなんでも堺」堺観光コンベンション協会HP
★「リーモ君が堺を大冒険」おもろい堺HP
★「堺のおすすめの観光スポットはここだ!ぜひ訪れたい観光名所8選」RETRIP・HP
★「中世の自由都市/堺商人」堺市商店連合会HP
★「百舌鳥・古市古墳群」堺観光コンベンション協会HP
★「仁徳天皇陵古墳百科」堺市役所HP
★「地上80mから見る360度の大パノラマ 堺市役所展望ロビー」堺観光コンベンション協会HP
★「堺市役所展望ロビーから望む仁徳天皇陵
(大仙古墳)」墳丘からの眺めブログ
★「千利休屋敷跡
(大阪・堺)」武士道・美術館HP
★「龍興山南宗寺」大阪再発見!HP
★「大阪・堺に『徳川家康の墓』の謎 夏の陣で討ち死に伝説」日経電子版HP
★「堺港『旧堺燈台と龍女神像』」日本船舶海洋工学会HP
★「焼きたて・チーズケーキ」りくろーおじさんの店HP
★「行列は当たり前!りくろーおじさんのチーズケーキを食べてみた」お土産マイスターがオススメする美味しいお土産ブログ


(関連する記事)
★「879 【名物パン67】カーネーションと『コーヒーランド』‥岸和田」
★「880 【粉なモン16】お殿様が始めたお祭りと岸和田『かしみん焼き』」
★「1383 【麺類色々94】『かすうどん』と凄まじい歴史の集積・・藤井寺」
★「1500 【スナック28】住吉大社で『トランプ』を‥大阪市」
★「1761 【調味料類20】偉人ばかりの街で『パーポ―』・・堺市」
★「1762 【スナック40】環濠だった街と『あたり前田のクラッカー』・・堺市」
★「2291 【麺類色々197】大阪最強の下町で『昆布うどん』を・・鶴見橋」
★「2273 【お肉料理79】『蓬莱本館の豚まん』と雨夜のなんば」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(堺市をジックリと見て廻りますなら・・一週間ぐらい必要かしらん?)

駆け足で見て廻ったのと、楽しみにしてた「くるみ餅」のお店等が揃いも揃って定休日だった事も有って、堺市中心街じゃナニも美味いモンを食べられなかったし、お土産も買えなかった私メ。だもんで大阪なんばに本店の在る「りくろーおじさんのチーズケーキ」で御勘弁を。十数年前は全国的なブームに成り、拙宅近くの池袋にもこの手のを売るお店が在って・・実は時々買いに行ってた私メ。そんな一ホール単位で売るチーズケーキの元祖が「りくろーおじさん」で、大阪じゃ健在だから涙が出る位に嬉しい!もぅフワッフワでキメ細かくて、口ん中で蕩ける様な感覚・・幾らでも食べたい。残念ながら堺市にゃ店舗は無いですが、大阪市内を中心に十店ほど在るンだとか。東京にも出店して下さいナ



| 2016.03.16 Wednesday (00:15) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
1762 【スナック40】環濠だった街と「あたり前田のクラッカー」・・堺市


慶長二十年(1615)の「大坂夏の陣」で、堺は豊臣方の武将・大野治房に焼き討ちされ、全盛を誇った「環濠の街」は一旦消滅してます。ご覧の「山口家住宅(国の重文)」は、その後に建て直された町家ですヨ

土砂降りと迄は行きませんが、結構な雨降りの大阪・堺市をウロついて居ります。もちろん私メだって悪天候は好みじゃ無いですが、人生晴ればかりじゃ無し。むしろ私メの場合、土砂降り・雷雨の方が多い様な・・。

堺の中心部にゃ初めて参りましたンで、「折角だし」と冒険気分で彷徨ってましたが、何時まで経ってもお天気が良く成る気配は見えず、もはやドウやって脱出しようかと悩みつつ、北へトボトボ歩くと古い街並みが。

堺は「摂津・河内・和泉」三ヶ国の境目に在る街で、室町中期から江戸初期にかけて「日本一の湊」だったトコ。特に戦国時代は周囲に濠を張り巡らし、武家勢力からの支配・徴税を受けぬ「自主独立な街」だった。

「環濠都市」と称し、大阪・平野や奈良・今井等を今まで訪ねましたヨ。ですが最大最強は泉州堺、ドレほど立派か楽しみにしてましたが、この天気じゃ・・私ぁアッサリ放棄!なのに立派な町並み・・ココがソウか?


豊臣ひいきの多い大阪府ですが、こと堺市中心部だけはアンチ豊臣が多いとか。何しろ濠は埋め立てられるし、焼け野原にされるし・・酷い目に遭わされっ放し。ご覧の「鉄砲鍛冶屋敷」も、江戸初期のモノです

戦国の覇者・豊臣秀吉公は、根っからの武士じゃ無かったンで世情に深く通じ、商工業の重要性を理解してたと申します。「武士は食わねど高楊枝」なんて発想は、コレっぽっちも無かったのネ。利用しなくちゃ。

その標的に成ったのが各地で繁栄した「環濠都市」で、代表格たる堺は大坂から近過ぎるだけに翻弄されますヨ。その結果、私メの見たかった環濠の街は消滅し、地中深くに遺跡が残るだけ。つまりコレじゃ無い!

今の堺は江戸幕府が再興した街で、しかも空襲で再び焼け、阪堺電車「妙国寺電停」から南海電車「七道駅」にかけての古い家屋は焼け残りの部分。ソレは知らなかった・・今井みたいな街を期待してたンですが。

街並みは中途半端に建て替えられて虫食い状態。けれども所々に残ってる江戸初期の町屋は、大阪や神戸に取って代わられる前の「日本一の湊」だった頃の繁栄を残してて、やっぱ流石だと感心した私メです。


七道駅前に私メと同じ様に、大雨の中で難渋してる人の銅像が・・。コレぞチベット探検で知られた、明治時代の冒険家「河口慧海」禅師では無いか!東京の五百羅漢寺の住職だった慧海サンは、真の仏教経典を求めて鎖国中のチベットに二度も渡ったトンでもない人!規模は著しく違いますが、慧海サンの故郷・堺で思わぬ冒険をしちゃいました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市浪速区」への訪問記です★

(参考リンク)

★「堺観光ガイド」堺観光コンベンション協会HP
★「中世の自由都市/堺商人」堺市商店連合会HP
★「堺環濠都市遺跡」堺市役所HP
★「大坂夏の陣」大坂の陣絵巻HP
★「旧市街地周辺(北部)」堺観光コンベンション協会HP
★「山口家住宅ほか紀州街道周辺の古い街並み」裏辺研究所HP
★「河口慧海」堺市立図書館HP
★「河口慧海 チベット旅行記」青空文庫HP
★「河口慧海コレクション」東北大学HP
★「あたり前田のクラッカー」前田製菓HP
★「日本の『おやつ』を考え続けて80年。都こんぶ」中野物産HP


(関連する記事)
★「910 【やきそば57】『スタミナ焼きそば』と京都より凄い今井町」
★「1155 【やきそば101】大阪最古の町と『カミショクの焼そば』‥平野区」
★「1235 【お米料理82】『板橋のいっぴん』と植村冒険館」
★「1276 【麺類色々86】カミショク焼きそばを『汁』で喰う!」
★「1382 【スイーツ78】甦る寺内町と『ちょぼちょぼ』‥富田林
★「1636 【名物パン171】今年で四百年!大阪冬の陣と『プリンシア』」
★「1761 【調味料類20】偉人ばかりの街で『パーポ―』・・堺市」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(環濠都市については、改めて天気の良い日に訪ねたいと思ってます)


堺は日本一の自転車産業の街で、晴れてたら観光案内所で借りる心算だったンですが、このお天気では・・。仕方なく歩いた私メですが、同じ観光案内所で「堺みやげ」として売ってたのが、「あたり前田のクラッカー」と「都こんぶ」のセット。へぇ、堺の会社だったのか・・知りませんでした。都こんぶの酸っぱさが私メは苦手でしたが、コレは東京でも昔から売ってます。一方、あたり前田の方は・・東京じゃ百円ショップ位でしか売ってませんナ。名前は昔から知ってても、実物を初めて見たのは大人に成ってからだった様な気が・・。同じ前田は前田でも、藤井寺市の大阪前田製菓サンの「ちょぼちょぼ」の方が親しく感じます。尤も「ちょぼちょぼ」の方も東京じゃ、百円ショップでしか見ませんがネ




| 2014.05.16 Friday (00:15) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
1761 【調味料類20】偉人ばかりの街で「パーポ―」・・堺市


わび茶を確立した「千利休」居士は、大永二年(1522)のお生まれ。堺区中心部に屋敷跡が在りますが、初めは織田信長公に、次いで豊臣秀吉公に茶頭として仕え、天正十九年(1591)に切腹させられてます

大阪市の南隣りに広がる、人口八十四万の政令指定都市「堺市」へ参りました。難波駅じゃ保ってたお天気が、南海電車・堺東駅に着いた頃には敢え無く崩壊し、結構な雨降りに。日頃の行いの悪さの報いです。

ソレでも折角参りましたンで、傘を差しつつブラブラ歩きへ。私ぁ堺市の中心部は人生初めてで、正直右も左も判りませんゼ。ま、堺と云えば茶道の大家「千利休」居士生誕の地で、私メも多少なりともご縁が有る。

と申しましても茶道の心得は殆ど無く、ソッチのご縁じゃ有りません。実は真打に昇進した十年ほど前、「鯉久(りきゅう)」と云う名を継がないかと薦められたンです。「鯉風」「鯉久」のドチラか有難く襲名する様にと。

私ぁ風の様に気儘にフラフラしてるのが性質に合うンで、「鯉風」は全く以て相応しい。流石に師匠(松鯉)だ、良くぞ探して来たモンだと感謝御礼!尤も意味は「鯉のぼり」で中身がスッカラカン・・良く見てやがらぁ。


堺市はJRや南海電車以外に、大阪・天王寺へ向かう「阪堺電車」もゴトゴト走ってますヨ。利休居士のお屋敷跡も線路端ですが、コチラは歌人・与謝野晶子女史の生家跡。すっかり道路や線路に変わってますヨ

一方「鯉久」の方は・・良い名前ナンですが、寄席芸人的に「鯉()が久しい」のは色っぽく無い!ソレに如何しても、同じ読みの「千利休」居士を想像しちゃうしネ。何しろ私ぁ静岡人で、お茶は煎じて飲みたいのヨ。

てな訳で丁重にご遠慮申し上げましたが、後で調べると居士が名乗って居た「利休」は茶道用の号だとか。しかもソレは豊臣秀吉公のご命令で切腹させられる寸前の、ごく短い期間に名乗って居られただけだとか。

居士は人生の殆どを「千宗易(そうえき)」と名乗って居られ、しかも「田中与一郎」と云う本名が別に在る。寄席芸人と大して変わりませんゼ、私メにだって本名は別に在らぁネ。つまり襲名なさった様なモノか・・。

利休居士と寄席芸人を同列にするナと、難しい方面から叱られちまいますが、むしろ居士に肖っといた方が良かったかナ・・と雨の堺で一瞬考えちまいましたヨ。ま、私ぁ「鯉風」てぇ名前がピッタリし過ぎてますが。


室町〜江戸初期にかけて、堺は「日本最大・最強の貿易港」だっただけ有って、当時の主だった出来事の殆どに関係してますネ。イエズス会のフランシスコ・ザビエル宣教師も、阪堺電車沿いの「夷公園(豪商・日比屋了慶の屋敷跡)」に暫く居られたとか。著名人が目白押しです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「大阪府堺市堺区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「堺観光ガイド」堺観光コンベンション協会HP
★「中世の自由都市/堺商人」堺市商店連合会HP
★「もうベッドタウンとは呼ばせない」堺の中古マンション最新情報HP
★「ものの始まりなんでも堺」堺観光コンベンション協会HP

★「あの人の人生を知ろう〜千利休」文芸ジャンキー・パラダイスHP
★「千利休をたずねる 堺まち歩き」堺ナビHP
★「千利休屋敷跡(大阪・堺)」武士道美術館HP
★「与謝野晶子の堺を歩く」写真紀行・風に吹かれてHP
★「ザビエル公園」OSAKA−INFO・大阪情報局HP
★「大切な人を想うとき」タマノイ酢HP
★「カミショクの焼きそば・揚げそば」加美食品工業HP


(関連する記事)
★「910 【やきそば57】『スタミナ焼きそば』と京都より凄い今井町」
★「1019 【お米料理72】隠元禅師と煎茶道と『衣笠丼』」
★「1155 【やきそば101】大阪最古の町と『カミショクの焼そば』‥平野区」
★「1276 【麺類色々86】カミショク焼きそばを『汁』で喰う!」
★「1344 【名物パン124】日本一の超高層ビルと『サンミー』‥阿部野橋」
★「1357 【お米料理89】外国領だった長崎市で『トルコライス』を」
★「1442 【スイーツ85】正しいお茶の入れ方と『茶っふる』‥静岡市」
★「1454 【やきそば147】千年の港町と『焼きラーメン』‥博多 」
★「1500 【スナック28】住吉大社で『トランプ』を‥大阪市」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(私ぁ『鯉風』てぇ名跡が気に入り過ぎまして、今更変えたくござンせん)


大阪や関西じゃ当たり前なのに、東京や関東じゃ当たり前じゃ無いモンって結構ございますネ。勿論その逆も沢山ございますが、ザビエル公園の直ぐそばに本社を構えるタマノイ酢の大ベストセラー、八宝菜
その素「パーポー」は東京じゃ殆ど売られてませんゼ!ソレ以前に八宝菜自体が東京じゃマイナーな気が・・。以前ご紹介の大阪名物「カミショクの焼きそば/揚げそば」は、野菜汁もしくは八宝菜を掛けて食べろと薦められてますが、野菜汁って・・ただの野菜入りのお汁のコト?それとも未知のナニか?八宝菜は大阪で何度か食べたコトが有るけれど、一体ドウやって作れば良いの?てな訳で「パーポー」の出番でございますヨ。大正七年(1918)創業の「タマノイ酢」は伝統の和泉酢だけじゃ無く、世界初の「生の酢」や史上初の「粉末酢」を作ってる会社。そしてパーポーは昭和四十四年(1969)から売られてるソウで、私メと同い年か・・互いに頑張ってきましたナ。もっと普及して然るべきと思うンですが、なぁ同級生よ




| 2014.05.15 Thursday (00:15) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
1599 【やきそば169】誕生五十周年!「日清焼そば」食べくらべ


普段は全く買わないンですが、今回はお祝いと云うので思わず買っちまいました「即席麺で袋入りの日清焼そば」。左は一般的なソレですが、右は工場のラインを停めて数日間だけ生産されたらしい「限定版」です

大阪市内をブラついてましたが、今日で一旦打ち止めですヨ。最後の今日は「今年五十周年を迎えたアレ」を取り上げるコトとしましょうか。全く日本人は周年行事が大好きで、私メら寄席芸人は余興等で呼んで貰うンで有難い。

「大は何百周年」「小は五周年・十周年」と様々ですが、コリャ「長く続けるコトを美徳」とする国民性でしょうナ。尤もソレを良しとしないのは玄界灘の向こうの半島某国家だけで、フツーは何処の国でも祝うンでございましょうがネ。

昨日は「エースコックのワンタンメン」が今年で五十周年と云うのを、今頃に成ってやっとこさ取り上げましたが、同じ大阪。同じ即席麺で、同じ五十周年を迎えたモンが、もう一つ有るンですヨ。ソレがお馴染みの「日清焼そば」。

但し日清焼そばでも、「カップ」だの「チルド」だのとイロイロ有るンで整理致しますが、今年が五十周年なのは「袋入りの即席麺」タイプだけ。「UFO」は勿論違うンで、お間違え無い様に願います。アレは発売からまだ三十七年目。


袋麺の日清焼そばを作るのは、一体何年振りだろう?今世紀に入って恐らく初めてと思いますが、あぁこの味だ懐かしい!目まぐるしく変り続けるUFOと違い、全く変わらないのも一つの有り方。ロングセラーです

一般に「即席麺の元祖」とされるチキンラーメンが、日清食品(当時はサンシー殖産)から発売されたのは昭和三十三年(1958)。ホントは千葉の都一がその五年前から発売してたンですが、世間じゃチキンラーメンが元祖扱い。

その是非はともかく、昭和三十八年(1963)に売り出したのが「日清焼そば」で、コチラは文句無しの世界初!同じ袋麺で調味料別添えタイプの「出前一丁」よりも、五年も早かったンですナ。似た追随商品が次々に出現しますヨ。

ソレが「アラビアン焼そば」で有り「ホンコンやきそば」で有り、或いは「明星鉄板焼きそば」で有り「サッポロ一番ソースやきそば」で有る訳ですが、私ぁ東日本の人間ですからサッポロ一番のソレが一番親しい。日清焼そばは・・。

けれど全国じゃ日清さんの圧勝で、我らが「サッポロ一番ソースやきそば」は関東甲信越と静岡県だけに縮小しちまったとか。悔しいナと思いながら、久しぶりに食べた日清焼そばは「確かに完成された商品」と納得した私メでした。


コチラが50周年限定版。最近の日清さんが多く採用してるストレート麺で、明らかに食感が違います。でも「如何にも即席麺らしい」のはフツーの方で、「やはり野に置けれんげ草」。今の儘で良いンじゃ無いかナ?

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府京都市東山区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「Made by 日清食品」日清食品HP
http://www.nissinfoods.co.jp/
★「日清焼そば 袋麺」日清食品HP
http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_5692.html?bl_cd=5
★「日清焼そば50周年記念限定版」日清食品HP
http://www.nissinfoods.co.jp/com/news/news_release.html?nid=3146
★「インスタントラーメン大研究 日清焼そばの登場」日経トレンディネットHP
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080818/1017681/?P=18&rt=nocnt
★「サッポロ一番ソースやきそば」サンヨー食品HP
http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0053.html
★「日清焼そば 3人前(東日本)」日清食品チルドHP
http://www.nissinfoods-chilled.co.jp/products/products.html?pid=2101&ref_page=srch&atr_7%5B%5D=3
★「日清焼そば 3人前(西日本)」日清食品チルドHP
http://www.nissinfoods-chilled.co.jp/products/products.html?pid=5518&ref_page=srch&atr_7%5B%5D=3

(関連する記事)
★「146 【やきそば09】未だ現役!!アラビヤン焼そば」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=189
★「404 【やきそば17】明星・鉄板焼きそば[かつお風味]」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=384
★「496 【やきそば25】北海道の『やきっぺ』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=518
★「993 【やきそば73】実は板橋名物?『ホンコンやきそば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1108
★「1041 【やきそば82】静岡限定『マルちゃん焼そば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1091
★「1155 【やきそば101】大阪最古の町と『カミショクの焼そば』‥平野区」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1215
★「1173 【麺類色々79】世界最初の『即席麺』とジェット旅客機‥千葉市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1226
★「1598 【麺類色々112】地下鉄の熱帯魚と『エースコックのワンタンメン』・・大阪市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1684

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(即席焼きそばは「水分を吸って呉れる」ンで、粉ソースの方が良いですナ)

「50周年限定版」はどちらかと云うとチルド麺に近い感じでしたが、その「日清焼そば3人前チルド麺」も東日本版(下、巾着袋)と西日本版(上、ピロー袋)が有るのを御存知でしたか‥私ぁ知らなかったです、はい。チルド麺のは昭和五十八年(1983)から売られてまして、コチラは三十周年。東版は少しスパイシー、西版はチョット甘めなソース味と変えられてますヨ。日清さんはカップうどんの「どん兵衛」で東と西の味が違うのが有名ですが、コレも変えてるとは・・。因みに、私ぁ東日本版の方が好みです




| 2013.12.20 Friday (00:15) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
1383 【麺類色々94】「かすうどん」と凄まじい歴史の集積・・藤井寺


藤井寺市の名前の由来に成ったのは、近鉄南大阪線・藤井寺駅からほど近い真言宗御室派の古刹「紫雲山三宝院葛井寺(ふじいでら)」。聖武帝からの勅命で、神亀二年(725)に行基法師が建立したとされてます

今年の三月半ば頃でしたが、四国は香川・観音寺市を訪ねた際のお噂をご紹介致しましたヨ。そん時に「お寺の名前が市名に成ったトコが四つ在る」と私ぁ書きましたヨ。ソレは香川県観音寺市と善通寺市に、東京都国分寺市。

加えて大阪府の藤井寺市だと。香川の二つはご紹介しましたし、東京・国分寺市は私メが青春を過ごした街の一つで、随分知ってますから何時でもご紹介出来る。処が問題は‥藤井寺。何しろ今まで一度として行った事が無い。

近隣へは何度か行ってますし、列車や車で通過した事なら何度も有る。でも街中を歩いたコトは無く、ましてや藤井寺市の名前の由来に成ったお寺サンなんて、一体ドコに在るのか良う知らン!ならば体当たりで参るとしましょう。

てな訳で、昨日ご紹介の富田林からの帰り道に寄ってみましたが、コレが意外や意外‥実に興味深い街でございましたヨ。ほぼ土砂降りと化した富田林から、近鉄電車で何とか脱出した私メ。すると「次は藤井寺」のアナウンス。


葛井寺は藤井寺一丁目ですが、同四丁目には「仲哀天皇陵」が!駅から歩いて十分少しのトコに、全国十八位の巨大な前方後円墳が在るとは‥全く恐れ入りました。千八百年以上も前の第十四代天皇陛下です

不思議なモンで大して離れてないのに、藤井寺は雨が降ってない。いやキレイに上がったみたい。ならば降りてみましょうか、但し全く地理は判りませんが‥。藤井寺って、確か「近鉄バッファローズ」の球場が在ったトコだよネ?

駅前商店街でバイクの取締りをしてた婦警サンに道を聞き、訪ねてみました「葛井寺」。ココが市名の由来らしいですが、おいおい字が違わねぇか?元々は葛井家の檀那寺だったのを、九百年ほど前に藤井サンが修理させたって。

諸説有る様ですが、何しろ古過ぎて良う判らンとの事。「葛井と藤井」両方の顔を立てたンでしょうかネ、ソレじゃ私メら寄席芸人と大して変わりませんが。でももっと古くて良う判らン古墳が、お寺の近くに在るらしい。ナント天皇陵!

真に残念ながら、関東にゃ一つも無い天皇陵(先帝陛下のは除きます)。ソレは凄ぇと心躍らせて向かった私メですが、恐らく仲哀天皇のモノではないか?いや雄略天皇のモノではないか?流石に古過ぎて良く判らンのだソウです。


藤井寺球場は平成十八年に解体され、跡地は学校と大規模マンションに成って古墳化は阻止された様(残念)。天皇陵の周りは品の良い高級住宅街でしたが、駅近辺はゴチャゴチャとした、そして気楽で賑やかな商店街に成ってました。但し訪問日は一斉休業日で‥妙に寂しいです

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「福岡県北九州市小倉北区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「歴史ロマン薫るみぢりのまち」藤井寺市観光協会HP
http://www.fujiidera-kanko.info/
★「藤の香りにつつまれるお寺」紫雲山葛井寺HP
http://www.geocities.jp/saikoku33_5/
★「大阪・藤井寺市にある葛井寺の藤」ikomanokazeの日記HP
http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/20110505
★「仲哀天皇 恵我長野西陵」天皇陵・宮内庁HP
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/014/
★「仲哀天皇陵(岡ミサンザイ古墳)」邪馬台国大研究HP
http://inoues.net/osaka/fujiidera7.html
★「」グローバルキッチンKASUYA HP
http://www.aburakasu.com/docs/
★「元祖かすうどん『加寿屋 藤井寺本店』@藤井寺」大阪食倒ブログ
http://kumasuke583.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-a475.html

(関連する記事)
★「1289 【名物パン118】銭形平次とお遍路と『ロール食パン』と‥観音寺」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1351
★「1290 【揚げモン47】お大師サマの生まれたお寺で『金時豆天』を‥善通寺」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1352
★「1379 【スイーツ79】甦る寺内町と『ちょぼちょぼ』‥富田林」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1486

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(大阪府で一番狭い市ですが、面積辺りの古墳数は全国で一位だソウです)

南河内独自のローカルフード「かすうどん」。牛の小腸を細切れにしてラードで揚げた「あぶらかす」が乗ったうどんで、藤井寺市に本店の在るKASUYAさんが関西中に広げつつ在りますナ。ドレだけ脂ッぽいか警戒してたンですが、富士宮焼きそばに入れる静岡風「肉かす」の方が、よほど脂っぽい様な気が‥。脂が次第に甘い汁に染み出して、あぁ美味い。本店まで行って食べましたが、歩いただけの価値は有りましたヨ




| 2013.06.10 Monday (08:00) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
1382 【スイーツ78】甦る寺内町と「ちょぼちょぼ」‥富田林


富田林市の中心部は、興正寺別院の寺内町として栄えたトコで、江戸中期から昭和初期にかけての古い建物が、キレイに再生されて軒を連ねてます。ただ‥雨降りお天気だったンで、観光してる客は皆無でした

大阪府の東南部「南河内」地方へ参った私メでございます。今年はドウ云う訳か?西国への旅のお噂が多く成ってますが、コレからもドンドン続きますヨ。ご報告したいお噂がまだまだ沢山控えてますンで、どうかお諦め下さいませ。

東日本の常識で暮らす私メにゃ、西日本は「謎の宝庫」でございますナ。知らないコトや珍しいモノ・目新しいモノに次々遭遇し、「コリャ何だろう?」と理解しようとするだけで日が暮れちまう。だもんで、悔しいから後日詳しく調べる。


富田林の寺内町は戦前まで大きく栄えてた様ですが、戦後「時代の変化」に付いて行けず、次第に寂れてったとか。そして朽ち果てる寸前だったのがバブル後に発見され、最近に成って整備・再生が図られてます

そして「へぇソウだったの」と帰京してから、ようやく納得する様な体たらく。特に歴史が絡む様なモノや街並みは、東と西じゃ蓄積が違い過ぎるだけに、その場じゃ簡単に理解出来ない事が多いンですヨ。私ぁ歴史商売の筈なのに。

加えて宗教も絡ンで来ると、正直云って「ナンのこっちゃ?」。今回訪ねた南河内の富田林市は、新興宗教のPL教の大本庁が在るトコですナ。私ぁPLてぇと高校野球しか思い浮かびませんが、関西じゃ大花火大会で有名だとか。


コチラが富田林寺内町の中心たる、浄土真宗興正派の大本山「円頓山興正寺の富田林別院」。興正寺住職の「証秀上人」と云うお坊サンが、戦国末期に百貫文で買った荒地に街づくりしたのが、ココの始まりとか

ただソレは毎年八月一日の開催で、今回の私メの旅には無理ですネ。では一体ナニしに富田林まで行ったかと云えば、ソレは「富田林寺内町」なる古い寺内町を見たかったから。つまり、お寺サンを中心にして出来た自治集落。

私メの知る限り‥東日本にゃ門前町は沢山在っても、寺内町は一つも無かった筈。その違いは門前町は「お寺の参拝客相手の商業地」なのに、寺内町は「お寺と周辺住民との運命共同体」。戦国大名を相手に戦ってたトコが多い。



富田林の寺内町は、大阪府内じゃ唯一の「重要伝統的建造物群保存地区」。その白眉が国の重要文化財「旧杉山家住宅」でして、ココは富田林八人衆の筆頭年寄で造り酒屋だった大商家。江戸中期の建築です

富田林は、京都本願寺の筆頭子院「興正寺」の御住職だった、「証秀上人」と云うお坊サンが作った町。この方は浄土真宗中興の祖「蓮如上人」のお孫なのに、少々珍しい考えの持ち主。曰く「教義に殉ずるより、生きて栄えよう」。

日本最大の寺内町「石山本願寺(=今の大阪市)」に篭り、真宗は織田信長公との十年戦争の真っ最中。なのに証秀上人は本願寺に従わず、敢えて信長公と妥協し、富田林の自治特権を認めて貰った。生き方は色々有ります。


この石川沿いの荒地を開墾して出来た富田林寺内町は、信長公から貰った自治特権を基に発展して行きます。江戸時代は幕府直轄領と成りますが、自治権は結構保たれてた様で、酒造りを中心に大きく栄えたンだとか。寺内町って東日本にゃ無いですから、妙に興味が湧きますねぇ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府藤井寺市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「とんだばやしナビ」富田林市観光協会HP
http://tondabayashi-navi.com/
★「わくわく南河内」華やいで大阪・南河内キャンペーン協議会HP
http://www.minamikawachi.jp/index.php
★「江戸時代の伝統的町並みの魅力発見」富田林寺内町の探訪HP
http://www5d.biglobe.ne.jp/~heritage/
★「『富田林寺内町』信長と対立せず 姿とどめる」MSN産経ニュースwestHP
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130211/wlf13021117010018-n1.htm
★「富田林」まちあるきの考古学HP
http://www.koutaro.name/machi/tondabayashi.htm
★「『当たり前田のクラッカー』とは別会社!」大阪前田製菓HP
http://www.osaka-maeda.co.jp/

(関連する記事)
★「910 【やきそば57】『スタミナ焼きそば』と京都より凄い今井町」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=991
★「1155 【やきそば101】大阪最古の町と『カミショクの焼そば』‥平野区」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1215

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(奈良・橿原市の寺内町『今井』ほどじゃ無いですが、富田林も凄い街です)

生憎の雨降りお天気で「観光客が居らん」てな理由で、アテにしてた寺内町の某餅屋さんはサッサと暖簾を下ろしてしまい‥私メは如何すれば良いのでしょうか?そこで明日ご紹介の藤井寺市に本拠地を置く、大阪前田製菓の「ちょぼちょぼ」を。詳細は不明ですが、コレはかなり前から作られてる超ロングセラー商品(らしい‥私ぁ今回初めて知った)。食感は「しっかりした歯応えの有る卵ボーロ」と云うか、「小さくてパリっとした玉子パン」と云うか。美味い!って叫ぶほどのモンじゃ無いけれど、有れば在るだけ食べちまいそうナ‥そんなお菓子です。関西じゃメジャーな様ですが、関東でも‥探せば有るらしいンですが‥常備にしたいネ




| 2013.06.09 Sunday (08:00) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
880 【粉なモン16】お殿様が始めたお祭りと岸和田「かしみん焼き」


岡部家五万三千石の居城「岸和田城(千亀利城)」は、御三家の一つ・紀州徳川家の万が一の謀反を起こさせない様に、石高にしては分不相応に立派な城を幕府が築かせたと言う説が‥。武士の世界は非情ですナ

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

さて大阪府南部(泉州)の中心都市・岸和田に参って居ります私メです。ドウも最近は「岸和田=だんじり祭り」と云う感が強く、実際私メもそのイメージしか無かったンですが、別に「だんじり」は泉州岸和田の専売特許じゃ無いです。

秋に成ると泉州各地で「だんじり(段尻・檀尻、山車のコトですナ)」を引っ張りながらお祭りやってますし、西日本各地でも似たような事をやって居る。ただ岸和田はその熱狂具合が著しく、ズバ抜けて「祭り狂い」が多いから有名。

その様子は東京のニュース等でも毎年紹介されまして、似た様な山車祭りが東日本に少ない分、驚きをもって記憶付けられますヨ。但し‥諸手を上げての賞賛かと云えば左に有らず。「馬鹿なコトやってンなぁ」な反応が少なくない。

ま、祭りナンてぇのは地域住人の気質によって価値が変って来るモノだから、東の物差しで西を計っては成らず、西の基準で東を見ちゃ成らンのですケド。でも‥エライお祭りな事は間違いない様で、加熱し過ぎずにお楽しみ下せぇ。


岸和田市内を通る紀州街道。この狭い道をだんじりは、全速力で突っ走ってくンだそうナ。当然の様に軒先にブツかったり、玄関を破壊したりするのは珍しくないらしく、身体的被害も含めて「だんじり保険」は必需品

でも、その岸和田だんじりを始めさせたのは、実は東日本側の人だったりするから面白い。その人こそ、岸和田藩主だった岡部美濃守長泰公。岡部家は若き頃の徳川家康公と同じ今川家の武将で、後に徳川家の配下に成った家。

私メの育った静岡市のお隣りに在った「岡部町(現:藤枝市岡部町)」のご出身だから岡部サンですが、私ぁ小学校のクラスメートで岡部君が居りましたし、岡部町に何度も遊びに行ってましたンで懐かしい。家康公とは婚姻関係。

西日本の諸大名監視の為に、幕府は和歌山に御三家の一つ・紀州徳川家を置きましたが、その紀州家に反乱でも起こされたら大変と、信頼出来る岡部家を敢えて「紀州家監視の為」に、和歌山の近くの岸和田に置いた‥と言う。

有力な親戚だからこそ、幕府は紀州家を信用して無かったと云う事ですが、その監視役を任された方はやり辛かったでしょう。岸和田藩岡部家三代藩主の長泰公がせめてもの領内安泰を願い、始めさせたのが「だんじり」だって。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県南木曽町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「歴史とだんじりの町のシンボル」岸和田城HP
http://www.rekishiwadanjiri.com/
★「岸和田だんじり祭り」祭都きしわだ・岸和田市役所HP
http://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/danjiri/
★「今年も岸和田だんじりまつりは岸和田らしく‥」宮本たけしHP
http://www.miyamoto-net.net/column/diary/1158672018.html
★「旧四十三銀行からはじまる岸和田」ぶらぶら岸和田なんやこれ?ブログ
http://kishibura.jp/blog/umeda/2010/07/post-143.html
★「関西人情グルメ・岸和田の『かしみん焼き』」講談社・おとなの週末HP
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/5707

(秋は賑やかナンでしょうネ。真冬は観光客も少なくて、ゆっくり出来ましたヨ)

一見ドコにでも有るお好み焼ですが、岸和田のは具が違うし焼き方も違う。初めから全部混ぜて一気に焼く「関西式」じゃ無く、段々積み重ねて行く「広島式」的な焼き方で、具は「鶏肉(かしわ)」「牛脂のミンチ」。だから「かしみん焼き」と云うンだそうですヨ。ムチャクチャ熱いし、ソースは濃いしで東夷にゃ大変でしたが、この手のモノはやはり西日本に限りますねぇ。岸和田の紀州街道沿いの狭い地域の郷土料理だソウですヨ




| 2012.03.05 Monday (08:14) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
879 【名物パン67】カーネーションと「コーヒーランド」‥岸和田


昨秋から放送中のNHK朝の連ドラ「カーネーション」の舞台は、だんじり祭りで有名な大阪・岸和田市。ご覧の南海電車・岸和田駅前の商店街を、だんじりは全速で駆け抜けて行くンだってサ。ココも寂れましたネ

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう


大阪府の南部の二十万都市・岸和田市へ参りました私メ。八年ぶり位の訪問でございます。関西空港が出来て以来、物理的には東京から行き易いエリアに成ったンですが、大阪南部「泉州地方」はナンだか遠い気が致します。

何しろ新幹線で新大阪まで行って、地下鉄に乗り換えて難波まで行って、南海電車に乗り換えて‥って面倒臭い(失礼)。繊維産業が盛んだったトコですから、ご商売によっては頻繁に行き来される方も居られましょうが、私ぁ違う。

ま、行く用事も有りませんでしたし、お呼びも掛かりませんでしたンで‥ホント久し振り。前回は敬愛する兄貴分・上方講釈師の旭堂南海兄ぃに連れてって貰ったンですが、今回は独り旅。南海電車でガタゴト揺られて岸和田駅へ。

だんじり祭りの見せ場「カンカン場」なるトコへ参ろうと、駅前アーケードを抜けて行きますとアレレ!確か前回来た時は、スーパーみたいのが在ったンだけど‥潰れちまったらしい。大阪近郊でも郊外SC群の攻勢は激しい様ですネ。

        
(許可を得て撮影)岸和田の祭り好きにとって、盆暮れよりも大切な「だんじり祭り」は毎年九月。と云う訳で‥、当然の様に「お祭り中心のカレンダー」が売られて居りました。粋狂もココまで来れば、実に見上げたモノ

ですが「捨てる神あれば拾う神あり(例えが違うかな?)」。この駅前アーケードが朝の連ドラの舞台だソウで、主人公に因んだギャラリーが開設され、オバちゃん達が結構集まって居りましたヨ。「カーネーション」って連ドラだってサ。

私ぁ、朝の連ドラ的な「清く正しく美しく」てぇ世界が大嫌いなモンで、そんな連ドラをやってる事すら知りませんでしたが、あのコシノ三姉妹のおっ母さんの話らしいですネ。コシノ三姉妹はこの駅前アーケードの生れ育ちだそうナ。

舞台のコシノ洋品店が実際に有った場所に、外装も内装もほぼ同じに再現されたお店(ギャラリー)が番組開始に合わせて開設され、連ドラを見てるオバちゃん達が観光しに来てると云う訳。アニメ好きの聖地巡礼みたいなモンか。

朝の連ドラも「大河ドラマ並みに」招致活動が盛ンと聞きますが、オバちゃん達が実際に押し掛け、グッズやお土産を大量に買ってるのを見ると、コレも一種の町興しだと認識し直した私メでございます。処でドンなストーリーなの?

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「大阪府岸和田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「岸ぶら・観光と地域情報の発信基地」岸和田市観光振興協会HP
http://kishibura.jp/
★「だんじりが駆け抜ける商店街」岸和田駅前通商店街HP
http://www.kishiwadashotengai.com/
★「洋裁コシノ岸和田駅前通商店街」神戸の金庫屋4代目バカ息子のblog
http://kobeblog.net/u/50589a/UkiRdz5vW3oSbA8thrEF
★「にっこりタウン2010年7月号から・永月堂」テレビ岸和田HP
http://www.tvk.co.jp/chiikijoho/201007nikkoritown.htm

(考えてみれば‥朝の連ドラは「ちゅらさん」以外マトモに見たのが無いです
)

駅前アーケードを抜けて真っ直ぐ暫く歩きますと、安政二年に創業した老舗製パン会社「永月堂」サンが。大阪府の南部じゃここ数年、永月堂サンの「コーヒーランド」と云う、小さなバゲットにコーヒークリームを挟んだ菓子パンがバカ売れしてるらしく、ココ以外にも数社から売り出されてるンだってサ。食べ易くて甘過ぎず、こりゃ実に面白い。東京でもコレを売り出しちゃ貰えンもんだろうかネ。泉州岸和田の街は、侮り難いです




| 2012.03.04 Sunday (07:47) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS