きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2731 【お肉料理98】光のしずく灯る福島市で「ふくしまブルブル」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR福島駅西口に聳える複合施設「コラッセふくしま」最上階の展望ロビーから、のシンボル「信夫山(275m)」を眺めてみましたヨ。この山が遠くからは島の様に見えるトコから、福島と云う地名が出たンだとか

 

些か時節を逸してますが、先月の福島・中通り地方の旅のお噂です。栃木との県境・白河市から北上し、宮城に近い県都・福島市まで参りたが、その後雪が降ったンで景色は大きく変わった筈・・ご容赦の程を。

 

さて拙ブログ旅日記は拙宅の在る東京だけじゃ無く、旅先の街々で私メが見付けた「珍しい食べモン」を毎日ご紹介致して居りますが、なるべく取り上げない様にしてるのが「新しくでっち上げたB級グルメ」の数々。

 

信夫山は「コラッセふくしま」のすぐ北側ですが、西側に高く遠く聳えてのが「吾妻山(2035m)」。山形との県境に連なる山塊で、有史以前は激しく活動してた火山ナンだとか。今頃は真白に積雪してる筈です

 

敢えて「でっち上げ」と云う言葉を使いますが、元々その街で愛されてた料理や食品じゃ無く、「人気に成ってる他所に負けぬ様、ウチも何か売りだそう」的な想で拵えられた、歴史も由緒も志も殆ど無いモノ達。

 

地元産品を使うのが条件のトコが多いですが、ソウ云うのは「アイデア料理」と言うべきで、ソレを如何にも名物みたいに扱うから、ナニも知らぬ観光客が騙されちまう。詐欺と言わんケド、決して良いコトじゃ無い。

 

福島市の総鎮守は、東口から少し歩いたトコに在る「福島稲荷神社」サマ。稀代の陰陽師・安倍晴明公()が永延元年(987)に創建したお社で、歴代の福島藩主から深い崇敬を受けたとか。何年ぶりかしらん

 

態々でっち上げンでも、新興都市以外はナニかしら珍しいモンが大抵有る筈で、どうかソレを探し出して欲しいのですヨ。地元民だけで堂々巡りするンじゃ無く、「余所者の眼」を採り入れりゃきっと見つかりますから。

 

何でそんなコトを考えたかと云うと、福島駅前の複合施設「コラッセふくしま」一階の県観光物産館で、福島市の新しい名物料理「ふくしまブルブル」なるモノを教えて貰ったから。名前からすると・・拵えたモノかな?

 

夜の帳が降りたJR福島駅前じゃ、冬の風物詩「光のしずくイルミネーション」が先月末まで開催されてましたヨ。山形新幹線が分岐するターミナル駅を照らし出す、震災からの復興の願いを込めた光の灯火です

 

処がドッコイそうじゃ無く、以前から福島市に在ったモノだと仰る。但し元祖のお店は既に無く、その懐かしい味を約十年ぶりに復活させたンだとか。ソウ云うのは至極好ましく思えますヨ、大きく改変されて無ければ。

 

ソウルフードは有る時は当り前で、イザ無くなると大いに悔しがるモノ。現役のナニかを発掘するのは大事だけれど、昔有ったモノを再建・復活させるのもまた大切。兎に角でっち上げだけは止めて欲しいモノです。

 

その街に因む偉人の銅像の建つ駅前は多いですが、福島駅前にはリンピック永遠のテーマ曲「オリンピック賛歌」の編曲等で知られる大作曲家・古関裕而センセのソレが!以前もご紹介しましたが、こうして夜に眺めると全く違った感じがしますナ。我が母校・中大の応援歌も古関センセの作曲ですし、日本の主だった行進曲・応援歌は、ほぼ全て関センセの作品と云っても過言じゃない位。世界に誇れる偉人です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都千代田区一番町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「こらんしょ ふくしま」福島市観光コンベンション協会HP
★「こでらんにふくしま」ふくしま観光圏HP
★「ももりんく」ふくしま地域ポータルサイトHP
★「コラッセふくしま」福島県産業振興センターHP
★「コラッセふくしま・・12階展望ラウンジ」あなたに元気をあげたくて!ブログ
★「福島市『信夫山』」NTT東日本・福島支店HP

★「吾妻山 あづまやま」国土交通省・気象庁HP

★「福島市総鎮守」福島稲荷神社HP
★「光のしずくイルミネーション」光のしずく事業実行委員会HP
★「2016年:光のしずくイルミネーション」季の配達人ブログ
★「古関裕而記念館」福島市振興公社HP
★「古関裕而『うた物語』アーカイブ」福島民友HP
★「ふくしまブルブル」ホテル辰巳屋HP
★「【食物語・福島のブルブル】昭和の名物料理『復活』 震えるおいしさ」福島民友HP
★「自家焙煎一筋」珈琲グルメHP

★「珈琲グルメというお店で、ふくしまブルブルを食べました」maribakoな日々事。ブログ

(関連する記事)
★「726 【名物パン52】福島市の名物『サラダパン』」
★「1521 【スイーツ91】故郷を守ろうとした少年隊と『玉羊羹』・・二本松」
★「1522 【やきそば158】避難先の『浪江焼きそば』は馬九行久?・・二本松」
★「1735 【名物パン185】桜咲く郡山の元祖『コーヒーパン』」
★「1736 【スナック38】智恵子の空と『東北限定ポテチ』・・二本松」
★「1737 【保存食品45】桜咲く福島市で『桃の甘酢漬け』を」
★「1738 【名物パン186】頑張れ!中合と『水虫パン』・・福島市」
★「1901 【お米料理144】鬼婆と『さんま丼』とホントの空・・二本松」
★「2390 【麺類色々207】東北第二の都市で『郡山ブラック』を!」
★「2391 【名物パン279】開拓者の街で『カフェオレボックス』を・・郡山」
★「2400 【やきそば255】『ソース焼きそば』と光の国の姉妹都市・・須賀川」
★「2401 【お魚料理106】城址に建つ県庁と『鮭の紅葉漬』・・福島市」
★「2402 【名物パン281】オリンピック賛歌を編んだ日本人と『みそぱん』・・福島市」
★「2729 【麺類色々231】氷点下の城下町で『白河ワンタンメン』を」
★「2730 【名物パン317】復興なった郡山で『コンビニのクリームボックス』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(願わくば『ブルブル』が一度消えちゃう前に、広めて欲しかったです)

ソリャ面白そうだと、駅東口からスグの「珈琲グルメ」と云う大きなレトロ喫茶店で、早速「ふくしまブルブル」を戴いてみましたヨ。元々は老舗洋食店「ブルドック」のメニューだったモノらしく、胡椒を効かせたポン酢風味で炒め焼きされた豚肩ロース肉の薄切りに、生のスライス玉ねぎが載せられてると云うモノ。高度成長期の福島じゃこの手の料理は珍しく、「美味さでブルブル震える」からそんな名前に成った・・ソウルフードにゃコウ云う物語が必要ですヨ。苦難の末に復活させた懐旧の味が十店舗ほどで出されてるソウで、各店で多少のアレンジはされてモノの、今度は消えるコト無く育って欲しいモノと願って止みません




| 2017.02.03 Friday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
2730 【名物パン317】復興なった郡山で「コンビニのクリームボックス」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

先月訪ねた時は雪の降る前で、郡山駅前の再開発ビル「ビッグイ」二十二階の展望ロビーから眺めた秀峰「安達太良山(1728m)」は、だ冠雪してませんでしたが・・今頃はきっと真っ白に成ってンでしょうネ

 

先月の訪問で些か時節を逸してますが、真冬の福島県・中通り地方を旅する私メです。まだ降雪前の訪問でしたンで、今は雰囲気が大分変っちまってる筈ですが、お蔵入りさせるのが勿体無かったンで御容赦を。

 

さて・・東北地方第二の都市にして、福島県のほぼ真ン中に在る郡山は結構訪ねてる街で、去年も真冬に参ってますナ。ソウ云えば去年も雪が降り始める少し前で、寒い寒いと言いながら随分と歩き廻った覚えが。

 

同じく「ビッグアイ」から、東北新幹線・郡山駅前の眺めを。人口三万は福島県内じゃ最多・東北六県じゃ二位の規模を誇る市で、郊SC群にお客を奪われたとは云え、ソレなり以上に賑やかなトコですヨ

 

福島県を訪ねると、忌まわしき大震災の傷跡が未だに残ってたりするンで、ソレを見付けてしまうと心がツラいですナ。ソリャ原発被害が今も続く浜通り地方ほどじゃ無いけれど、郡山市街地だってソレが結構在る。

 

六年近く経って地面の歪みや立入禁止の家屋は無く成りましたが、「除染の実施」を知らせる看板が街のアチコチに結構立ってますし、浜通りに在る富岡町は避難指示により仮役場を今も郡山市内に置いたまま。

 

駅から遠くないトコに、郡山の総鎮守「安積国造(あさかくにつこ)神社」サマが。西暦135年の創建と云う伝説の有る古社で、安積野(今の郡山市辺り)を開拓した「比止禰命ひとねのみこと」サマを祀ってますナ

 

東京に居るとドウ成ったか判りませんし、私メ自身が闘病に精一杯で震災関連の情報を気にしてる余裕も無かったンですが、こうして年に一度でも福島へ入ってみると、まだ終わって無いンだと痛感させられますヨ。

 

チョット気に成ってたのが、郡山じゃ最古の小学校の旧校舎「金透記念館」の修復状況。震災前に見学させて貰ったステキな洋館は、激震の為にいつ倒れるか判らぬ状態に成ったらしく、長らく放置されてましたネ。

 

国造神社近くの「金透(きんとう)小学校」は、明治六年(1873)校の山最古の小学校。ボロボロに成ってた旧校舎(金透記)も、漸くキレイに復元されました。因みにココの校歌は、日本最古のモノだとか

 

郡山を訪ねる度に「復興のベンチマーク」として私ぁ眺めてまして、一昨年まで近付くのも駄目だったのが、去年は外見だけ見られる様にり、そして今年は新築された百数十年前のピカピカの姿に修復されてた!

 

ソリャ学術的には貴重でしょうが、一般生活に急ぎの用は無いから後回しに成って然るべき。ですがこの洋館の復旧に、漸く臨める様に成るまで戻ったか!私メも負けずに、己の復興に努めたいと思った郡山です。

 

地元資本のデパート「うすい」の建つ「なかまち夢通り」は、郡山随一の商店街。震災直後の路面はヒビだらけ、破損した店舗も在って無残な状態でしたが、ココは逸早く修復されて傷跡を今じゃ感じさせません。イベントを次々打った結果、買い物客減少に歯止めが掛ったとか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「福島県福島市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「郡山へ行こう!」郡山市観光協会HP
★「自分の時間をさがす郡山のウェブマガジン」郡山全集HP
★「『今の郡山』を伝えるWEBマガジン」いいべ!郡山HP
★「自然と共存する都市『郡山』観光のオススメ!見どころ満載スポット16選」福島TRIP・HP
★「22階 展望ロビー」郡山市ふれあい科学館スペースパークHP
★「郡山ビッグアイからの素敵な眺め!!」瞳っちのブログ

★「安積国開祖の宗廟」郡山総鎮守 安積国造神社HP
★「金透記念館」建築ノスタルジア・ブログ

★「【郡山】地域の宝『金透記念館』再開 耐震補強工事が完了」福島民友HP
★「なかまち夢通り」郡山市中央商店街HP
★「咲き競う花々 花と緑あふれる町」富岡町役場(富岡町災害対策本部)HP
★「郡山市の隠れたB級グルメ、郡山市民のソウルフード」クリームボックス部HP
★「クリームボックス総力特集!私のクリームボックスはやっぱりこれ」ARUKUウェブマガジンHP
★「セブンイレブンのひんや〜りミルククリームボックス編」クリームボックス部HP
★「ファミリーマートのクリームボックス編」クリームボックス部HP


(関連する記事)
★「209 【名物パン14】クリームボックスは郡山だけ!」
★「727 【名物パン53】郡山名物『クリームボックス』再び」
★「1521 【スイーツ91】故郷を守ろうとした少年隊と『玉羊羹』・・二本松」
★「1522 【やきそば158】避難先の『浪江焼きそば』は馬九行久?・・二本松」
★「1547 【名物パン153】郡山でも発見『ホイップメロンパン』」
★「1548 【名物パン154】『そぼろパン』と円谷幸吉‥須賀川」
★「1629 【やきそば175】『茶色い焼きそば』と二十万灯のLED・・郡山」
★「1735 【名物パン185】桜咲く郡山の元祖『コーヒーパン』」
★「1736 【スナック38】智恵子の空と『東北限定ポテチ』・・二本松」
★「1901 【お米料理144】鬼婆と『さんま丼』とホントの空・・二本松」
★「2390 【麺類色々207】東北第二の都市で『郡山ブラック』を!」
★「2391 【名物パン279】開拓者の街で『カフェオレボックス』を・・郡山」
★「2729 【麺類色々231】氷点下の城下町で『白河ワンタンメン』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(訪ねる度に復旧が進み、震災の傷跡が癒えて行くのが嬉しいです)

郡山のソウルフードと言えば「クリームボックス」!分厚い小型食パンに練乳クリームをベッタリと塗った、昭和五十一年(1976)に郡山で発祥した菓子パンで、市内のパン屋じゃ大抵コレを売ってますが、パン屋だけじゃ無くコンビニでも売ってたりします。右はファミリーマートの「クリームボックス」で、至ってオーソドクスな味と作り。セブンイレブンのは「ひんや〜りミルククリームボックス()」と云う一風変わったモノで、当たり前のソレと違ってチルドコーナーで、プリンやケーキと並べて売られたりする!つまり菓子パンじゃ無く、スイーツと云う扱いの様で・・確かに洋菓子っぽい高級な感じに成ってますナ。ローソンにも有るらしいンですが、確かめに行ってる時間が無くて・・でも大手コンビニ三社が郡山だけの為に、競って製品を開発・投入してる所から、如何に愛されてるかお判り戴けます?私メも自前で作ったりする位に好きです




| 2017.02.02 Thursday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
2729 【麺類色々231】氷点下の城下町で「白河ワンタンメン」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

「みちのくの玄関口」白河も今は雪が積もってるでしょうが、訪大雪が降り出す前でしたネ。朝日を浴びて輝くJR白河駅の気温計は氷点下で、天気は良くても・・歩き出すのに勇気が結構必要ですヨ

 

厳寒の福島県へ参った私メです。と申しましてもコリャ先月のお噂で、訪ねた時は東北地方が大雪に沈む前。些か時節を逸して居りますが、折角行ったみちのくの旅。お蔵入りさせるのが勿体無い、ご勘弁の程を。

 

流石に全国で二位の面積を誇る県だけに、福島はエラク広い!太平から「浜通り」「中通り」「会津」の三地域に分かれますが、訪ねたの北新幹線や東北自動車道の通る「中通り」。人口が一番多いエリア。

 

震災で石垣の一部が崩壊してた、白河藩十一万石の本拠「小峰城」も修復完了まであと一息。時間が掛かった様な気もしますが、本格的な垣を積み直すのは簡単なコトじゃ無いらしく、コレでも早いンだとか

 

今回はソコを南から北へ辿る旅で、最初に参ったのは関東・栃木県とする白河市。ドウ云う訳だか私ぁココが好きで、過去の記事を見ると年は冬・春・夏と三度も来てますナ。ソウ、去年の今頃もココに来てる。

 

尤も服薬の副作用で記憶力は壊滅中、「寒かった」としか覚えとンのが誠に残念。だもんで去冬の記事を読み返すと、何となく思い出して来ましたヨ。拙ブログ旅日記は記憶力を補う「備忘録」でも有りますンで。

 

余りの寒さに白い息を吐きながら、氷点下の白河市街をテクテクと。駅を始め古い洋館の多い街ですが、白眉なのは大正四年(1915)に建てられた「白河ハリストス正教会」。全国でも稀なビザンチン様式ですヨ

 

今は服薬の効能で多少挽回しましたが、去年の冬は一番痩せ衰えてた頃で、体脂肪が洒落に成らぬレベルまで減ってましたナ。メンズのジーンズは最細でも緩々で、レディースを履くべきかと真剣に悩んでた位。

 

誰でも「或る程度は」皮下脂肪を持つべきで、ソレの多や過小が宜しく無いのは勿論のコト。処が世間じゃ過多(メタボ)の方を騒ぐばかり闘病の結果メタボから急落した私メとしては・・太ってた方が良かった。

 

白河は城下町であると共に、官道としての奥州街道・最後の宿場町。当時の建物は残ってませんが、街割り等に面影は感じられますヨ。でも真冬の朝に歩こうと云う阿呆は他に居らず、嬉しい様な悲しい様な

 

敢えて申し上げれば「痩せて良い事ナンか一つも無い」、特に冬は寒くて寒くて・・堪えるのがツラいのヨ。特に昨冬は寒くて寒くて、そんな中で極寒のココへ来て、しかも朝っぱらから歩いたンだから・・狂気の沙汰。

 

でも心神・身体両面の回復を目指して無我夢中、我武者羅に頑張ったから耐えられたンでしょうネ。多少は回復した今冬だって寒くて堪ら私メですが、去年よりはマシに成ってると思って歩く氷点下の街でした。

 

市役所の方に聞くと、白河に雪が降り出すのは例年一月で、大雪に成のは二月に入ってからだとか。那須連山から吹き降ろす雪風が強烈で、イザ降り出すと大変な積雪に成る様ですが、ソウ成っちゃったらとても歩けなかったでしょうネ。今頃は街も、そして画像の那須岳も真っ白に成ってるンでしょうか?何れにしろ・・みちのくはひたすら寒いです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「福島県郡山市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「行って!みっぺ!白河」白河観光物産協会HP
★「しらかわ −福島県県南地方−」福島県庁HP
★「みちのくの玄関 〜 白河市」楽に暮らす、しらかわブログ
★「白河・須賀川市周辺の情報サイト」ぐるっとまざーるHP

★「みちのくの玄関にふさわしい風格漂う洋風駅舎!白河駅(東北本線)」サライ.JP小学館HP

★「木造復元の三重櫓と高度な技法の石垣が存在する城 小峰城」日本の城訪問記HP
★「震災で石垣が崩落 白河小峰城の今」日本史学習拾遺ブログ

★「日本100名城『白河小峰城』の石垣を元の姿に」鹿島HP

★「白河ハリストス正教会」みちのく悠々漂雲の記ブログ
★「旧奥州街道/白河宿 本町・枡形」街道写真紀行HP
★「白河市から見る 那須連山の美しさ」栃木県みちくさ情報HP
★「県南地方、どれくらいの雪が降るの?」楽に暮らす、しらかわブログ
★「白河ラーメン」白河観光物産協会HP
★「【食物語・白河ラーメン】汁粉屋跡継ぎが開拓 白河市内に100店舗超」福島民友HP
★「ラーメン処 菊忠食堂 福島県白河市」気ままなグルメいろ・ブログ


(関連する記事)
★「030 安珍さんのキーワードは「南湖」!!」
★「032 二所ノ関部屋はとても由緒有る名跡」
★「187 【団子饅頭07】みちのく白河はまだ春だった」
★「210 【麺類色々10】我が人生酒びたり、朝から呑みたし」
★「326 男達は夜、阿武隈川を渡る」
★「1091 【揚げモン41】左遷からの復活と『金山油揚』‥棚倉」
★「1093 【名物パン85】白河名物『フレンチトースト』と提灯祭り」
★「1094 【野菜果物39】今年もいちじくを煮てみた!2012‥白河」

★「1549 【名物パン155】『あんバター』と完全復旧を目指す白河城」
★「1566 【焼きそば166】晩秋の白河で『白河ラーメンの焼きそば』」
★「1567 【名物パン160】みちのくの玄関で『イギリストースト』・・白河」
★「1902 【名物パン209】提灯祭りと『クリームボックス』・・白河」
★「2389 【名物パン278】暖冬のみちのくの玄関で『ネオトースト』を・・白河」
★「2480 【名物パン291】しだれ桜の城下町と『新作ホイップメロン』・・白河」
★「2481 【スイーツ193】紅しだれ桜の咲く湖と『おきな餅』・・白河」

★「2596 【名物パン305】空蒼き南湖の畔で『コーヒーフレンチ』を・・白河」

★「2597 【野菜果物92】今年もいちじくを煮てみた!2016・・白河」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(氷点下を歩くって、東京じゃまず無いコトで・・嬉しい様な悲しい様な)

「みちのくの玄関口」白河にゃ美味いモンが沢山有り、ソレをイロイロご紹介して参りましたが、一番メジャーなのはやっぱり「白河ラーメン」。鶏がらベースのさっぱりした醤油味と縮れた手打ち麺が売りモノで、市内には百店舗以上あると聞きますが、中でも二番目に古いのが「菊忠食堂」さん。小峰城のそばの「菊忠製麺分店」サンにゃ参ったコトは有りますが、昭和二十六年(1951)創業の本店は初めて!お薦めのワンタンメンはつるつるしたワンタン(皮だけで中身は無し)の食味が面白く、モッチリした手打ち麺と相まって・・あぁ美味しい。身体が暖まります




| 2017.02.01 Wednesday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
2597 【野菜果物92】今年もいちじくを煮てみた!2016・・白河

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

外様大名の多いみちのく全域を睨む要衝として、親藩や譜代大名が代々封ぜられた白河藩の本拠が「小峰城」。今春訪ねた時は満開の桜でしたが、その天守閣たる「御三階櫓」が蒼空に映える姿も良いですナ

 

東北の南端たる福島県の中でも最南端に位置し、昔から「みちのくの玄関」とされる白河市を訪ねた私メです。東京に一番近い東北地方なだけじゃ無く、訳有ってココが好きなモンだから、私ぁ度々参って居りますヨ。

 

前回ココへ来たのは四月でしたネ。思い起こせば今春は桜が無性に愛しくて、拙宅の在る東京だけじゃ飽き足らず、名古屋・京都・大阪・静岡と桜を求めて彷徨い動き、宇都宮を経て辿り着いたのが白河城下町。

 

東北じゃ珍しい総石垣造りの「小峰城」は、大震災で本丸の石垣が崩して修復作業が今も続けられてますが、この経験で得られた技術を春の大地震で崩壊した、あの熊本城の修復に生かすンだソウです

 

他所と違い、薄紅の枝垂桜がお城や街並みを包む白河に感嘆し、そのまま桜を追いたく成りましたが、確か・・寄席の出番が有ったンで、やむなくココを桜遍路の終点にした覚えが。やっぱ高座が最優先ですから。

 

如何に体調が辛くても、私ぁ高座に上がれる限り無理し続けますが、敬するドクター曰く「高座に執着してないで、暫く休んで治療に専念したが・・」。高座と闘病の両立が難しいのは、初めっから覚悟してます。

 

千二百年以上の歴史を持つ白河総鎮守「鹿嶋神社」サマは、平安猛将・坂上田村麻呂公が東征の際に創建された古社。その御祭礼二年に一度の「提灯祭り」で、参道の太鼓橋も準備が始まってました

 

だから「高座に上がり続ける」コトの邪魔に成りそうなモンは殆ど断念してますが、ドウしても断念したく無い個人的な行事も有る訳で、むしろ敢えてソレをするコトで、とかく折れがちな心神を鼓舞してたりしてますヨ。

 

最近なら・・初夏に信州で楽しんだ「ルバーブのジャム作り」、そして今回はソレ目的で東北へ乗り込んだ「イチジクの甘露煮作り」。もっと大切なモンが幾つも有る筈なのに、今の私メじゃ精一杯頑張ってこの程度。

 

「日本三大提灯祭り」の一つとされる鹿嶋神社サマの祭礼は、三百五十年ほど前に白河藩から神輿が寄進されたコトから始まったとか。今週末の開催ですが、心神不調で見物出来ないコトを謝って参りました

 

我乍ら「ナゼそんなコトに執着するのか」と悩んだりもしますが、全て楽しみを止めちまうと鬱憤が溜まり、マトモな心神で高座に上れなく成っちまう。ガス抜きみたいなモンだし、美味くて安心なモンも作れますし。

 

代わりに今週末の提灯祭りは断念を。前回は心神崩壊の寸前でナンとか見れたのに、今はまだ人混みが辛くてネ。闘病目標の一でしたが仕方無く、せめて祭礼前に詫びたかったのも白河まで参った理由です。

 

鹿嶋神社サマの杜の前を流れるこの川が、東北地方第二の大河「阿武隈川」だったりします。そしココが提灯祭りのクライマックス「提灯神輿の阿武隈渡り」の会場で、川底をキレイに均して渡り易くさせる為のパワーシャベルが、既にスタンバイしてましたヨ。今まで祭礼の時しか知りませんでしたが、その寸前はこんなに川幅が狭かったンですナ。成る程と思う反面、勇壮にして幽玄極まる提灯行列が次々に川を渡って行く様を、今回眺めるコトが出来ンのが無念で成りません。再来年は絶対に元の心神・身体に戻り、ココに来ようと改めて誓う私メでした


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「兵庫県姫路市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「行って!みっぺ!白河」白河観光物産協会HP
★「しらかわ −福島県県南地方−」福島県庁HP
★「みちのくの玄関 〜 白河市」楽に暮らす、しらかわブログ
★「白河・須賀川市周辺の情報サイト」ぐるっとまざーるHP

★「木造復元の三重櫓と高度な技法の石垣が存在する城 小峰城」日本の城訪問記HP
★「震災で石垣が崩落 白河小峰城の今」日本史学習拾遺ブログ

★「日本100名城『白河小峰城』の石垣を元の姿に」鹿島HP
★「熊本地震:熊本城修復 福島から『城の恩返し』」毎日新聞HP
★「日本三鹿島の一つ、白河地方総鎮守」白河鹿嶋神社HP
★「鹿嶋神社祭礼渡御祭・白河提灯まつり」白河鹿嶋神社HP
★「白河提灯祭り」白河市役所HP
★「白河提灯祭り 神輿渡河」一心の福島探訪ブログ
★「イチジクのコンポート」圧力鍋で目指せ500レシピ!HP
★「いちじくの甘露煮」花野果村キッチンガーデン物語ブログ
★「いちじくの甘露煮」All Things Must Pass@宮城仙南よりブログ


(関連する記事)
★「030 安珍さんのキーワードは「南湖」!!」
★「032 二所ノ関部屋はとても由緒有る名跡」
★「187 【団子饅頭07】みちのく白河はまだ春だった」
★「210 【麺類色々10】我が人生酒びたり、朝から呑みたし」
★「326 男達は夜、阿武隈川を渡る」
★「1091 【揚げモン41】左遷からの復活と『金山油揚』‥棚倉」
★「1093 【名物パン85】白河名物『フレンチトースト』と提灯祭り」
★「1549 【名物パン155】『あんバター』と完全復旧を目指す白河城」
★「1566 【焼きそば166】晩秋の白河で『白河ラーメンの焼きそば』」
★「1567 【名物パン160】みちのくの玄関で『イギリストースト』・・白河」
★「1902 【名物パン209】提灯祭りと『クリームボックス』・・白河」
★「2389 【名物パン278】暖冬のみちのくの玄関で『ネオトースト』を・・白河」

★「2480 【名物パン291】しだれ桜の城下町と『新作ホイップメロン』・・白河」
★「2481 【スイーツ193】紅しだれ桜の咲く湖と『おきな餅』・・白河」

★「2596 【名物パン305】空蒼き南湖の畔で『コーヒーフレンチ』を・・白河」

★「011 【野菜果物01】芋だけでなく、東北はいちじくも煮る」
★「345 【野菜果物12】今年もいちじくを煮てみた!」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「1094 【野菜果物39】今年もいちじくを煮てみた!2012‥白河」
★「1527 【野菜果物56】今年もいちじくを煮てみた!2013・・白石」
★「1899 【野菜果物70】今年もいちじくを煮てみた!2014・・山形市」
★「2280 【野菜果物77】今年もいちじくを煮てみた!2015・・相馬市」
★「2522 【野菜果物88】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(この程度のガス抜きで耐え切れぬ時は、長い旅に出掛ける私メです)

関東以西では全く知られて無い習慣ですが、東北の福島・宮城・山形と秋田県じゃご覧の「青いいちじく」を秋に成ったら煮て、甘露煮やコンポートにしたりするンですヨ。一般的な生食用の赤いモノと違い、甘露煮用のイチジクは実が小さくて青い品種で、一kg単位で袋に入れられて、東北じゃフツーの顔して売られてますナ。初めてコレを知った時は吃驚仰天しましたが、今と成っては毎秋やらずに居られぬ恒例行事と成った私メ。さて鹿嶋神社近くのスーパーで無事に手に入れ、二袋共にお酢と砂糖で甘露煮にしましたが、水分はイチジクの実から滲み出ますンで足さぬ様に。コレで「今年も煮込めた」満足感に安心しました




| 2016.09.13 Tuesday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
2596 【名物パン305】空蒼き南湖の畔で「コーヒーフレンチ」を・・白河

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

画像中央の小高い丘陵地を挟み、白河城下町の南側に位置する「南湖」を中心とするのが南湖公園。元々湿地帯だったのを灌漑等に用いる為、白河藩によって江戸中期に整備されて池沼化したと聞きますナ

 

今月初めの高座で気力・体力をスッカリ使い果たし、その為に一週間ほど拙ブログ旅日記の更新を休ませて戴いた私メです。オカシク成る前は連日連夜でも大丈夫だった高座が、発病後はとてもソウ参りませんナ。

 

体力低下や記憶力崩壊も由々しき問題ですが、ソレ以上に心神が呆れる位に弱っちまったのが問題で、保ち難き集中力を極度に高めて勇気を奮い、ナニ食わぬ顔をして高座に臨むンで・・異様に疲れちゃうのヨ。

 

白河藩主だった松平定信公(老中首座にして、幕府の『寛政の改革』の主導)により、南湖公園は享和元年(1801)に公開された「日本最古の公園」。その庭園「翠楽苑」の入口広場の蒼空が、ホント綺麗でした

 

気力の消耗が我ながら著しく、ドウしてこんな風に成っちまったのか?来ならば東京唯一の中堅講釈師として・・と今更嘆いたって始まらず、ならば気分転換してスッキリしましょと、ブラブラ旅行に出た私メ。

 

「旅(高座仕事有り)」と「旅行(全くの遊び)」は芸界じゃ別で、今回は抜きで西に向ったり北へ行ったり・・、充電するにゃ時間と距離が要。だもんで拙ブログの更新は無理でしたネ、以上で言い訳を終わります。

 

「福島県西白河郡役所」として明治十六年(1883)に白河市街地に建てられた洋館が、翠楽苑のお隣に鎮座する南湖神社の入口に移築され、観光客相手のカフェとして活用されてます。好ましい雰囲気でした

 

ま、西の方のお噂は長くなるンで後に廻し、北のお噂の序開きだけを今日・明日で。ソレは「みちのくの玄関」たる福島・白河市で、私ぁココがナンだか好きなモンだから、震災前から毎年訪ねて居りますヨ。特に秋!

 

ナゼ秋かは明日の連続ですが、九月上旬じゃ如何に東北でも残暑厳しく、ドコか眺めの良いトコで涼風に吹かれたい!と云う訳で、白河市民の憩いの場・南湖公園の湖畔の木蔭へ、地元の菓子パンなぞ持って。

 

上方にゃ「旭堂南湖」クンと云う講釈師が居り、御縁を感じて白河湖神社にゃ何度か詣でてる筈ですが、彼に良く似た巨大絵馬が!数年前に子供が出来たと聞いたンで、「南湖・小南湖」親子の図ですナ

 

ココにゃ今春も来てますが、あの時は薄雲の湖畔に咲く紅枝垂れ桜キレイだったナと、現地に至って漸く思い出す始末。何か切欠が無いと思い出せぬのが情けない限りですが、ソレでも思い出せるだけマシか。

 

減薬治療に入った頃で、コレから良く成ると信じてたのに、ソコから全く進んで無い・・むしろ気力・体力共に減退してますネ。涙したく成りましが、次回は元気に成ってまた来たいと水鏡の蒼空に願った私メでした。

 

湖畔の木蔭で寛ぎながら、西の方に遠く見えてる那須連山を。あの山々とココとの間が関東と東北の境で、東京まで二百kmほど隔たってますヨ。忌まわしき大震災から、昨日でちょうど五年半も経ちました


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「福島県白河市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「行って!みっぺ!白河」白河観光物産協会HP
★「しらかわ −福島県県南地方−」福島県庁HP
★「みちのくの玄関 〜 白河市」楽に暮らす、しらかわブログ
★「白河・須賀川市周辺の情報サイト」ぐるっとまざーるHP

★「国指定史跡・名勝『南湖公園』を歩こう」白河市役所HP

★「日本最古の公園 南湖公園」BeNasu那須高原の歩き方HP
★「南湖公園〜白河市街地まで」ペンギンの足跡競屮蹈

★「松平定信公が御祭神」南湖神社HP
★「Lamp Cafe」小さなケーキや 魔法のランプHP
★「Lamp Cafe
(ランプカフェ) 白河 南湖公園」世界カフェブログ-I love cafe-
★「山田パン」ふくラボHP
★「山田パン@白河」にくきゅうの楽園ブログ


(関連する記事)
★「030 安珍さんのキーワードは「南湖」!!」
★「032 二所ノ関部屋はとても由緒有る名跡」
★「187 【団子饅頭07】みちのく白河はまだ春だった」
★「210 【麺類色々10】我が人生酒びたり、朝から呑みたし」
★「326 男達は夜、阿武隈川を渡る」
★「345 【野菜果物12】今年もいちじくを煮てみた!」
★「1091 【揚げモン41】左遷からの復活と『金山油揚』‥棚倉」
★「1093 【名物パン85】白河名物『フレンチトースト』と提灯祭り」
★「1094 【野菜果物39】今年もいちじくを煮てみた!2012‥白河」
★「1549 【名物パン155】『あんバター』と完全復旧を目指す白河城」
★「1566 【焼きそば166】晩秋の白河で『白河ラーメンの焼きそば』」
★「1567 【名物パン160】みちのくの玄関で『イギリストースト』・・白河」
★「1902 【名物パン209】提灯祭りと『クリームボックス』・・白河」
★「2389 【名物パン278】暖冬のみちのくの玄関で『ネオトースト』を・・白河

★「2391 【名物パン279】開拓者の街で『カフェオレボックス』を・・郡山」

★「2480 【名物パン291】しだれ桜の城下町と『新作ホイップメロン』・・白河」
★「2481 【スイーツ193】紅しだれ桜の咲く湖と『おきな餅』・・白河」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(一体ナニしに白河まで行ったのかは、明日ご案内させて戴きます)

みちのく白河の名物と云えば「白河ラーメン」と成りがちですが、私メ的にゃ「山田パン」でして・・白河じゃ知らぬ者の居ない老舗の製パン屋さんですナ。ロングセラーな名物パンがイロイロ有る中で、福島中通り地方南部のソウルフード「クリームボックス」も当然の様に有りましたヨ。コレは甘〜い練乳クリームを小さめの食パンにベッタリと塗ったモノで、専ら郡山市の名物とされてますが、中通り南部じゃ最大の城下町・白河では「フレンチトースト」と云う名前で昔から親しまれてる様ですネ。中通り南部のソウルドリンク「酪王カフェオレ」とコラボしたクリームボックスを郡山で以前見付けてご案内しましたが、同じ酪王カフェオレとコラボしたフレンチトーストを山田パンでも今回発見!何れも甘過ぎず、でも十分以上に甘〜く落ち着く懐かしい感じの味で、コレだから福島県や白河市へ時々参りたく成る私メだったりします




| 2016.09.12 Monday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
2481 【スイーツ193】紅しだれ桜の咲く湖と「おきな餅」・・白河
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

白河市の総鎮守「鹿嶋神社」サマは、征夷大将軍・坂上田村麻呂公が東征の際に創建された、千二百年以上の歴史を持つ古社。二年に一度の「提灯祭り」が今秋開催されますンで、ナンとか訪ねたいモノです

拙宅の在る東京のソメイヨシノは随分前に散ったのに、まだまだ桜を愛で足らず、東北へ向えば咲いてるに違いないと「みちのくの玄関口」福島・白河市へ参った私メです。尤もコリャ、十日以上前のお噂ですケド。

城下町の総鎮守・鹿島神社サマの「提灯祭り」が好きに成り、ほぼ隔年秋に行われる勇壮かつ厳かな祭礼を観たいと、白河へ参る様に成ってもぅ七年目。随分ココを気に入って、お祭り以外でも結構訪ねてますヨ。


城下町と丘陵地を挟んだ南側に在るのが、現存する日本最初の公園「南湖(なんこ)公園」。藩主・松平定信公が享和元年(1801)に身分の差を越えて共に憩える様にと整備されたトコで、今でも憩いの場です

今年も正月明けに一度訪ねてますが、桜咲く季節は初めて!しかも運良く満開で・・お城も城下町も美しき桜花に包まれ、やっぱ気候が違う。尤も白河は東北地方最南端の市で、桜前線は早い方らしいンですナ。

同じ東北でも北端の青森県辺りじゃまだ咲いて無い筈で、北海道・稚内市まで桜前線が達するのは来月の中旬以降・・日本って広いです。処で白河で桜を愛でてる内に気が付いた、ココは枝垂桜が異常に多いゾ!


南湖の畔に鎮座するのは、老中として幕府の「寛政の改革」を主導したコトで知られる、白河藩十二代藩主・松平定信(楽翁)公を祀る「南湖神社」サマ。大正十一年(1922)創建と新しいですが、見事な桜の園

私ぁ東京・城北、板橋は平尾宿に住まいして随分長いですが、拙宅からテクテク歩いて二十分掛らぬ辺りが駒込の染井村。つまり日本を代表する桜ソメイヨシノの発祥地で、当然の様に拙宅辺りもソメイヨシノだらけ。

余りにソレが当り前過ぎて、枝垂桜なんか先触れ・オマケみたいなモンだと思い込んでた感が有りますネ。処が白河はソメイヨシノも確かに咲いてるけど所詮脇役扱いで、飽くまでも主役は薄墨・薄紅の枝垂桜!


お城や城下町と同じく南湖神社も枝垂桜の宝庫で、大小様々なソレが咲き誇ってましたが、圧巻だったのは南湖公園が造られた際に植えられたと云う、樹齢二百年の「楽翁桜」。正に満々開の紅枝垂桜でしたヨ

「ドウしてこんなに枝垂桜が多いのか」の私メの問いに、地元の方は困惑気味に「ソレを不思議がる方がむしろ不思議」てな雰囲気。所変われば常識も変わるのを忘れてた、長引く闘病で思考が硬直化してた様。

寛解を目指して常時フルパワーで突っ走ってますンで、周囲の珍しい物事に柔軟に対応する余裕が無いンでしょうナ・・でも偶には・・ネ。風にそよぐ紅枝垂桜を眺めてる内に、ふと東京に帰るコトを決めた私メでした。


紅枝垂桜と似た色だから判り辛いですが・・白河市街の処々で見受けられたこの花は、桜じゃ無くて「八潮つつじ」だソウですヨ。白河辺りや隣接する栃木・那須高原じゃ多く咲いてるモノらしく、実は栃木県の県花ナンだとか。ツツジも育て方次第で、桜と同じ位の大きさに成るンですナ。私メの狭い常識を覆すコトばかりの、春の白河の旅と成りました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都港区芝公園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「行って!みっぺ!白河」白河観光物産協会HP
★「しらかわ −福島県県南地方−」福島県庁HP
★「みちのくの玄関 〜 白河市」楽に暮らす、しらかわブログ
★「白河市内で人気おすすめの桜スポットは?」ARUKU Web Magazine HP
★「日本三鹿島の一つ、白河地方総鎮守」白河鹿嶋神社HP
★「鹿嶋神社祭礼渡御祭・白河提灯まつり」白河鹿嶋神社HP
★「日本最古の公園 南湖公園」BeNasu那須高原の歩き方HP
★「松平定信公が御祭神」南湖神社HP
★「福島白河 南湖神社の楽翁桜がすばらしい」フィアット500とロック毎日ブログ
★「南湖公園〜白河市街地まで」ペンギンの足跡競屮蹈
★「随想・都道府県花暦 ヤシオツツジ
(栃木県)」Japan Regional Explorer HP
★「おきな餅 鈴木松月堂」福島県のお土産・名産品・特産品紹介ブログ

★「鈴木松月堂のおきな餅」コン美味食文化論2ブログ

(関連する記事)
★「030 安珍さんのキーワードは「南湖」!!」
★「032 二所ノ関部屋はとても由緒有る名跡」
★「187 【団子饅頭07】みちのく白河はまだ春だった」
★「210 【麺類色々10】我が人生酒びたり、朝から呑みたし」
★「326 男達は夜、阿武隈川を渡る」
★「345 【野菜果物12】今年もいちじくを煮てみた!」
★「1091 【揚げモン41】左遷からの復活と『金山油揚』‥棚倉」
★「1093 【名物パン85】白河名物『フレンチトースト』と提灯祭り」
★「1094 【野菜果物39】今年もいちじくを煮てみた!2012‥白河」
★「1549 【名物パン155】『あんバター』と完全復旧を目指す白河城」
★「1566 【焼きそば166】晩秋の白河で『白河ラーメンの焼きそば』」
★「1567 【名物パン160】みちのくの玄関で『イギリストースト』・・白河」
★「1902 【名物パン209】提灯祭りと『クリームボックス』・・白河」
★「2389 【名物パン278】暖冬のみちのくの玄関で『ネオトースト』を・・白河
★「2480 【名物パン291】しだれ桜の城下町と『新作ホイップメロン』・・白河」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(柔軟さと云うか、酔狂なのが取り柄の私メだったのに・・駄目ですナ)

東北を睨む要衝として幕府も重視したンで、白河藩にゃ徳川家の親藩や譜代大名が七家二十一代も封ぜられてますナ。その内、六家目の久松松平家が越後高田(新潟・上越市)から転封された時、一緒に持ち込んだのが「おきな餅」。粳米から作った上品な甘さの餅菓子で、紅白二色で長寿の祝いを現してるとか。寿甘と求肥の中間ぐらいの食感でしたネ。さぁコレで今年の桜放浪も、明日ご紹介する東京の八重桜でお終いにする予定です。白河より北の桜は来年以降、寛解して身体が元気に成ってからの楽しみに取っときましょ。身体的にはエラク辛かったですが、ソレでも桜を懸命に愛でたお蔭で楽しい春に成れた気がしますヨ



| 2016.04.21 Thursday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
2480 【名物パン293】しだれ桜の城下町と「新作ホイップメロン」・・白河
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

東北じゃ珍しい総石垣造りの名城「白河小峰城」は、ソレが裏目に出たのか?震災で石垣が崩落し、本丸は今でも修復作業が一部続行中。その傷跡を覆い隠すかの様に、城は満開の桜に埋まってました

東京のソメイヨシノは完全に散り去り、一斉に若葉が拡がる時候と成りましたが、桜を求める心は一向に止まず、遂に東北まで乗り込んだ私メです。尤もコレは十日前のお噂で、向うでも葉桜に成ってンでしょうナ。

出来るだけリアルタイムに近い記事を!と思ってますが、拙宅の在る東京だけじゃ無く、今春は名古屋・京都まで桜放浪したモンで・・。ナンとか八日遅れまで縮めたのに、体調を崩して更新を二日も休んじまった・・。


みちのく全域を睨む要衝「小峰城」は白河藩十一万石の居城で、その天守閣「御三階櫓」は平成三年(1991)に史実通り復元されたモノ。震災で甚大な被害を受けるも修復され、中はピッカピカでございましたネ

その間に九州で大震災が発生・・私メも五年前に経験してるンで、その辛さ・怖さは判ってる心算ですが、所詮不謹慎な寄席芸人。ソレが殊勝に萎縮しちまうのは逆に不謹慎!「自粛の流れ」にゃ乗らずに再開を。

尤も体調不良の一因は、長引く闘病で疲れ果ててるにも拘らず、桜を求めてアチコチ旅を重ねたからに違い無い。ソレでもイイの・・身体は如何にキツくても、減薬の為に変調の激しい心神を桜が慰めて呉れるから。


江戸から続く奥州街道の終点・白河のご自慢は、城下町の「しだれ三桜」だソウで・・その内コチラは妙徳寺さんの「源清(げんせい)桜」。約四百年の樹齢を誇る薄墨色の枝垂桜で、青空に映えてステキでした

昨春もアチコチへ桜放浪を重ねましたが、流石に東北まで参りませんでしたネ。なのに今春は無理して訪ねたのは、ソレだけ辛さが厳しい証左かナ?「みちのくの玄関口」福島・白河市は、運良く枝垂桜の最盛期!

東京より北に位置する分だけ、花の盛りは随分遅く・・再び桜の絶頂を愛でられてアァ嬉し。街中は紅と白の枝垂桜が方々に・・震災被害からほぼ再起したお城ン中も満々開!枝垂桜がホント多い城下町ですゼ。


源清桜の目と鼻の先に、妙関寺さんの「乙姫桜」が。コチラも「しだれ三桜」の一つで、同じく約四百年の紅枝垂れ桜。江戸へ参府する途中の伊達政宗公より譲り受けた木だソウで、源清桜と紅白一対の桜です

九州じゃ熊本城が大きな被害を受け、修復にドレだけ時間が掛かるか判らぬと聞きますが、規模は違えども白河小峰城はナンとか再起して、穏やかな春を迎えられる迄に。地震の猛威も、桜が咲くのも自然の力。

人間如きの小さな力じゃドウにも成らないコトなれど、初めっから諦めてちゃナニも始まらぬ。私メも絶対に負けて堪るかと無理をして、全力で闘病し続けて十五ヶ月目。小峰城の桜花から、勇気を貰った気分でした。


「しだれ三桜」の残り一つ、関川寺さんの「結城桜」はまだ咲き揃って居らず・・代わりに買い物しに立ち寄ったヨークベニマル横町店のお向いにも、ご覧の見事な・・やっぱり枝垂桜が!ドウして白河はこんなに枝垂桜が多いのか、不思議に思って観光協会サンで訊ねてみますと「ドウしてなんでしょうネ」と戸惑って居られましたヨ。ま、白河の方にすればコレが当り前の桜で、ソレを特に気にする方が珍しいンでしょうケド

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「福島県白河市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「行って!みっぺ!白河」白河観光物産協会HP
★「しらかわ −福島県県南地方−」福島県庁HP
★「みちのくの玄関 〜 白河市」楽に暮らす、しらかわブログ
★「白河市内で人気おすすめの桜スポットは?」ARUKU Web Magazine HP
★「奥州白河 小峰城」つよのページHP
★「震災で石垣が崩落 白河小峰城の今」日本史学習拾遺ブログ
★「白河さくらめぐり 曽峰城〜」東急那須リゾートHP
★「妙徳寺の源清桜 福島県白河市」さくら写真館にようこそ♪ブログ
★「妙関寺の乙姫桜 福島県白河市」さくら写真館にようこそ♪ブログ
★「白河の名桜」みちのりブログ
★「シライシパン」白石食品工業HP
★「ホイップメロンパン」白石食品工業HP
★「シライシパン 酪王カフェオレホイップメロンパン」モグモグ時々成長記録ブログ
★「シライシパン ブルーベリーヨーグルト味のホイップメロンパン」ともぴーのひとりごとブログ


(関連する記事)
★「030 安珍さんのキーワードは「南湖」!!」
★「032 二所ノ関部屋はとても由緒有る名跡」
★「187 【団子饅頭07】みちのく白河はまだ春だった」
★「209 【名物パン14】クリームボックスは郡山だけ!」
★「210 【麺類色々10】我が人生酒びたり、朝から呑みたし」
★「326 男達は夜、阿武隈川を渡る」
★「345 【野菜果物12】今年もいちじくを煮てみた!」
★「1091 【揚げモン41】左遷からの復活と『金山油揚』‥棚倉」
★「1093 【名物パン85】白河名物『フレンチトースト』と提灯祭り」
★「1094 【野菜果物39】今年もいちじくを煮てみた!2012‥白河」
★「1549 【名物パン155】『あんバター』と完全復旧を目指す白河城」
★「1566 【焼きそば166】晩秋の白河で『白河ラーメンの焼きそば』」
★「1567 【名物パン160】みちのくの玄関で『イギリストースト』・・白河」
★「1902 【名物パン209】提灯祭りと『クリームボックス』・・白河」
★「2389 【名物パン278】暖冬のみちのくの玄関で『ネオトースト』を・・白河


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(熊本・大分の震災の数日前の訪問記でしたが、まさかアァ成るとは)

白河は東京から約百八十km・・静岡市ぐらいの距離とソウ遠く有りませんが、如何に「みちのくの玄関口」で有ろうとも、確かに間違いなく東北地方だと感じさせて呉れるのが・・シライシパンが売られてるコト!白河から北へ三百五十kmも離れた岩手・盛岡市の製パン会社ですが、東北六県じゃ王者として君臨してるだけ有って、実に東北っぽいモンをイロイロ展開してますヨ。中でも好きなのが「ホイップメロンパン」で、名前通りにミルクホイップ入りのが定番ですが、季節ごとに限定版も次々出され、この春は「岩手県岩手郡岩手町産のブルーベリー」を使ったモ()と、「福島県のソウルドリンク・酪王カフェオレ」を使ったモノ()が有りましたヨ。共に特徴ある味わいで、東京でもホイップメロンを売って貰えませんかネ?コレだったら食欲減退で喘ぐ私メでも、もう少し食べたく成りますンでネ。ま、コレを口実にシロイシパンの買える一番近い街・白河へまた参れそうで、むしろ好都合かも知れませんが



| 2016.04.20 Wednesday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
2402 【名物パン281】オリンピック賛歌を編んだ日本人と「みそぱん」・・福島市

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR福島駅東口広場に洒落た銅像が!日本人なら誰でも知ってる有名な応援歌や行進曲など、八十年のご生涯でナント五千曲も書かれた作曲家・古関裕而先生のモノで、センセは福島市出身だったりします

降雪前の福島市街をテクテク歩き廻った私メですが、チョット気に成ったのはJR福島駅前に建ってた、オルガンに向う音楽家の銅像。取り敢えず写真は撮ったけど、「古関裕而(こせきゆうじ)」って一体ダレだろう?

尤も服薬による記憶力の絶望的低下も有って、再び思い出したのは東京に戻ってから。古関裕而って・・確か我が母校・中央大学の応援歌の作曲者だった筈。そしてオリンピックマーチを書いた、大音楽家ですヨ!


昭和三十九年(1964)開催の前回の東京五輪・開会式の公式入場行進曲として有名な、「東京オリンピックマーチ」を作曲されたのが古関先生。次の東京五輪の開会式も、是非コレで御願いしたいモノですナ

古関センセのお名前は知ってても、福島市の御出身と全く知らなかった私メ。明治四十二年(1909)のお生れで、音楽大学に通った訳でも無いのに、日本の主だった行進曲・応援歌はほぼ全て古関センセの作品。

まず応援歌で著名なのは、阪神タイガース応援歌「六甲颪」・読売ジャイアンツ応援歌「闘魂こめて」・早稲田大学応援歌「紺碧の空」・慶応大学応援歌「我ぞ覇者」、我が母校・中大の応援歌「あゝ中央の若き日に」。


オリンピック永遠のテーマ曲「オリンピック賛歌」を、壮大な響きに編曲されたのも古関先生。歌詞は開催国の言語でも、メロディーは古関版を使うと決められてます。長野五輪の開会式、今上陛下がお若いです

歌謡曲は「長崎の鐘」「イヨマンテの夜」「高原列車は行く」「君の名は」等の戦後大流行曲から、「モスラの唄」まで多種多彩。また現在知られてる『蛍の光』は古関センセが、編曲家として三拍子に直したモノとか。

何よりスゴイのは、元々ピアノ曲だった「オリンピック賛歌」を前回東京五輪開催時に古関センセが初めてオーケストラ用に編曲。出来の素晴らしさに感激した国際五輪委員会は、ソレを永久に使うと決めたコト。

★ オリンピック賛歌 (日本語歌詞) ★
大空と大地に生気溢れ 不滅の栄光に輝く 高貴と真実と美をば創りし
古代の御霊を崇めよ 全ての競技に奮い立てよ 緑の枝の栄冠を
目指してここに闘う者に 鉄の如き力と新たなる 精神とを与えよ
野山も海原も今こそ煌めく 真紅と純白の神殿に
世界の国民 四方の国より 聖なる園に集い来るは
古き昔の永久なる 精神の御前にひれ伏すためぞ



今までのオリンピック賛歌で一番好きなのは、ノルウェーの国民的歌手「シセル・シルシェブ―」譲が歌った平成六年(1994)のリレハンメル大会!コレほど美しい声の人が居るとは・・同い年なのに憧れましたネ

今年はブラジル・リオデジャネイロで、四年後は東京で再び五輪が開催されますが、開会式・閉会式の一番盛り上がるトコで必ず、古関センセが編曲された通りに演奏されるって、日本人として誇りに思いますネ。

そんな大音楽家の銅像と判らず、通り過ぎちまった自分が情けない。このお詫びは・・講談化して口演するしかないかしらん?尤もソレは「ご依頼を戴けたら」てぇ条件付きですが、尊敬すべき昭和の大偉人ですナ。


夏の甲子園野球の大会歌「栄冠は君に輝く」を始め、戦前から戦後の高度成長期の日本の主だった行進曲・応援歌は、ほぼ殆ど古関先生の作品だと言っても過言じゃ無い位。因みに我が母校・中央大学の応援歌「あゝ中央の若き日に」も古関先生の作で、良く歌わされましたネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都港区北青山」への訪問記です★

(参考リンク)

★「こらんしょ ふくしま」福島市観光コンベンション協会HP
★「こでらんにふくしま」ふくしま観光圏HP
★「ももりんく」ふくしま地域ポータルサイトHP
★「古関裕而記念館」福島市振興公社HP
★「古関裕而『うた物語』アーカイブ」福島民友HP
★「巨人と阪神の応援歌、実は同じ人が作曲 5千曲作った古関裕而とは」withnews HP
★「日本の歌の両端に古関と古賀がいる」Electronic Journal ブログ
★「オリンピック賛歌」新新☆もこほじゃほろみ日記日記ブログ
★「古関裕而と新しい時代の幕開け」小名木善行 ねずさんのひとりごとブログ
★「芸能人列伝:古関裕而」Report from Kamakura HP
★「Sissel」シセル・シルシェブー公式HP
★「ふくしますい〜つ みそぱん駒田屋本舗」福島民報HP
★「皇族も認める隠れた福島名物、駒田屋本舗の『みそぱん』」福島TRIP・HP

(関連する記事)

★「726 【名物パン52】福島市の名物『サラダパン』」
★「1521 【スイーツ91】故郷を守ろうとした少年隊と『玉羊羹』・・二本松」
★「1522 【やきそば158】避難先の『浪江焼きそば』は馬九行久?・・二本松」
★「1735 【名物パン185】桜咲く郡山の元祖『コーヒーパン』」
★「1736 【スナック38】智恵子の空と『東北限定ポテチ』・・二本松」
★「1737 【保存食品45】桜咲く福島市で『桃の甘酢漬け』を」
★「1738 【名物パン186】頑張れ!中合と『水虫パン』・・福島市」
★「1901 【お米料理144】鬼婆と『さんま丼』とホントの空・・二本松」
★「2390 【麺類色々207】東北第二の都市で『郡山ブラック』を!」
★「2391 【名物パン279】開拓者の街で『カフェオレボックス』を・・郡山」
★「2400 【やきそば255】『ソース焼きそば』と光の国の姉妹都市・・須賀川」
★「2401 【お魚料理106】城址に建つ県庁と『鮭の紅葉漬』・・福島市

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(戦前は軍歌を、戦後は自衛隊の隊歌も多く書かれて居られますナ)


ライバルと目された古賀政男センセは国民栄誉賞を受けましたが、古関センセは決定していたのに敢えてご辞退なさったとか。ドッチが良い悪いじゃ無いですが、東京五輪の時に古賀センセはPRソング「東京五輪音頭」を作曲し、古関センセは入場曲「東京オリンピックマーチ」を作曲されたと云うコトで、自ずと優劣就いた感が有りますナ。そんな古関センセも絶対にお召し上がりに成ってた筈なのが、江戸時代から福島藩御用を務めていた和菓子屋「駒田屋本舗」サンの名物「みそぱん」。画像中央の甘塩ッぱい「みそまん」が元々の名物だったのに、その皮だけ食べたいと云う声が多かった様で、ならばと四十年以上も前から皮だけの「みそぱん」も作られてるとか。尤も今やコッチの方が圧倒的な人気らしく、甘塩ッぱくてしっとりした食感が堪りませんヨ!思わず、もう一個食べたく成りますゼ




| 2016.01.21 Thursday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
2401 【お魚料理106】城址に建つ県庁と「鮭の紅葉漬」・・福島市
東北地方南部も遂に大雪が降りましたが、その前の訪問記です

全国で三番目に広い福島県の中枢は、福島城址に建つ「福島県庁」。昭和十三年(1938)に建てられたご覧の本庁舎は震災直後、崩壊の恐れが有ると全員が一旦退去せざろう得なかったとか。大変でしたナ

私メの住む東京は二年ぶりの大雪が先日降りましたが、北日本各地は東京とケタ違いの物凄い降雪だった様で、自然の猛威に驚きますネ。今年は暖冬だと油断してましたが、暖冬だからこそ大雪に成るンだとか。

文系人間にゃその理屈が今イチ判りませんが、痩せ過ぎて皮下脂肪の殆ど無い私メ。もぅ寒くて寒くて・・それでもスノトレを履いてダウンコートを着込んで青空療法、「負けて堪るか」とテクテク歩いて参りましたゼ。


古代の陸奥国衙(こくが)跡が発展したのが「福島城」で、戦国末期に豊臣秀吉公の家来・木村伊勢守吉清が五万石でココに入り、旧来の「杉妻城」から目出度い名前に変えたとか。県庁裏に遺構が在りましたヨ

ですが慣れぬ雪道に私ぁオッカナ吃驚で、普段の半分・・五km位しか歩けませんでしたナ。雪ン中の暮らしはホント大変と改めて悟りましたが、今日ご紹介の福島市も東北地方だけ有って、本来は雪の降る街。

尤も「どんなに降っても三十cm」とのコトで、雪国と云うほどじゃ無いらしい。むしろ冬は道路凍結の方が問題だソウですが、私メが訪ねた日は全く雪が無く、騒ぐほど寒くも無く、歩き廻るには都合良かったですネ。


JR福島駅西口の複合施設ビル「コラッセふくしま」十二階の展望フロアから、福島市街の真ん中に聳える「信夫山(標高275m)」を。私メもココへ花見に行った事が有りますが、この山が市名や県名の由来です

大震災直後の忌まわしき原発爆発により、良くも悪くも全世界に知られるコトに成った「FUKUSHIMA」と云う地名。もちろん県庁所在地の福島市から出た県名で、江戸時代の福島市は板倉家・三万石の城下町。


私ぁ福島市を度々訪ねますが、城下町って・・何処にお城が在ったの?観光案内所で尋ねると、福島県庁の建ってる辺りが福島城址とのコト。雪が降って無かったモンだから、ならばと行ってみましたヨ・・県庁へ。


江戸時代はココより大きな城下町が福島県内に幾つも在ったのに、いずれも戊辰戦争で新政府軍相手に激しい戦いを繰り広げたトコばかりで・・やりづらかった?だもんで小さな城下町だった福島が、県庁所在地として選ばれたンでしょうか。県庁の裏手は南東北最大の河「阿武隈川」が流れ、福島城はこの川に守られた天然の要害だった様ですナ

昔の福島盆地一帯は大きな沼地で、ソコに島の様に浮かぶ信夫山へ激しい風が吹き荒れて「吹く島」。ソレを目出度い字に変えて「福島」と云う説が強いとか。てぇ事は・・福島県はもともと暴風吹く土地だったのネ。

震災以来、風評被害という暴風が吹き荒れた福島県が気の毒で、むしろ積極的に福島の産品を買ってドンドン食べる様にしてる私メ。自分自身が今は暴風の中に居ますが、挫けずに福島県の応援をしたいです。


黄昏の福島駅で驚いたのは、高架の新幹線ホームに居る筈の「山形新幹線つばさ号」がナゼか?地上の在来線ホームに停まってまして・・聞けば風が強くて山形新幹線が運休すると、高架ホームに入りきれない「つばさ号」は、在来線ホームへと廻されるンだとか。面白いですナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「福島県福島市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「こらんしょ ふくしま」福島市観光コンベンション協会HP
★「こでらんにふくしま」ふくしま観光圏HP
★「ももりんく」ふくしま地域ポータルサイトHP
★「ふくしまからはじめよう。」福島県庁HP
★「県庁所在地の決め方」うんちく王・雑学王の豆知識大全集ブログ
★「岩代 福島城」ザ・登城HP
★「福島城(陸奥国・福島県)」御城学のお城を学ぼうブログ
★「福島城下七町 板倉藩三万石三百年」おじいちゃんのひまつぶしHP

★「福島駅西口複合施設 CORASSE」コラッセふくしまHP
★「ぶらっとおでかけ 福島ぶらり 福島市『信夫山』」NTT東日本 福島支店HP
★「ふくしま 新発売。」福島県庁HP
★「阿武隈の紅葉漬」福島紅葉漬HP
★「阿武隈の紅葉漬(福島県)」幸せなひとときに感謝ブログ

(関連する記事)

★「726 【名物パン52】福島市の名物『サラダパン』」
★「1521 【スイーツ91】故郷を守ろうとした少年隊と『玉羊羹』・・二本松」
★「1522 【やきそば158】避難先の『浪江焼きそば』は馬九行久?・・二本松」
★「1735 【名物パン185】桜咲く郡山の元祖『コーヒーパン』」
★「1736 【スナック38】智恵子の空と『東北限定ポテチ』・・二本松」
★「1737 【保存食品45】桜咲く福島市で『桃の甘酢漬け』を」
★「1738 【名物パン186】頑張れ!中合と『水虫パン』・・福島市」
★「1901 【お米料理144】鬼婆と『さんま丼』とホントの空・・二本松」
★「2389 【名物パン278】暖冬のみちのくの玄関で『ネオトースト』を・・白河」
★「2390 【麺類色々207】東北第二の都市で『郡山ブラック』を!」
★「2391 【名物パン279】開拓者の街で『カフェオレボックス』を・・郡山」
★「2400 【やきそば255】『ソース焼きそば』と光の国の姉妹都市・・須賀川」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(今の福島県にゃ無理だと判ってますケド、少しは城址の整備を・・)


福島県の物産を怖がる気持ちも少し判りますが、そんな危ないモノを売る訳ないと私ぁ信じてますヨ。そんな福島の美味いモン数々有る中で、前々から気に成ってたのが「阿武隈の紅葉漬」。中通り地方北部で江戸時代から作られてた伝統食で、阿武隈川を上る鮭の切り身に米麹・塩を混ぜ、更にイクラを加えて漬け込んで発酵させたモノで、その色合いが紅葉に似てるトコから「紅葉漬」と呼ばれるンだとか。ご飯に載せて食べますと、ほのかな甘さが抜群で何杯でも行けそうですゼ



| 2016.01.20 Wednesday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
2400 【やきそば255】「ソース焼きそば」と光の国の姉妹都市・・須賀川

東北地方南部も遂に大雪が降りましたが、その前の訪問記です

須賀川市中心街に在る「翠ヶ丘公園」は、戦国武将・二階堂氏の居城跡を巧みに再生した、約三十haと広大な都市公園。朝の園内は人影も疎らで、沢山の赤松に囲まれた新池の水面がとてもキレイでしたヨ

減薬治療への再挑戦を前に、西へ東へ旅を続ける私メです。幸いにして薬が効いて発病前と同じ位に心神が安定してますンで、ホント気分が宜しいですナ。この調子を早く当り前にしたいモンと、熱願するばかり。

尤も簡単に寛解出来るモンじゃ無く、漸く折り返し点に達した様な状態ですから、慌てず地道に治療に励むしか有りませんが、「明日目覚めたら突然治ってた」的な奇跡が起きたらと、フト思ったりする事も有りますヨ。


須賀川は「円谷(つぶらや)」と云う名字の方が多い街だソウで、有名なのは前回の東京五輪の悲劇の英雄「円谷幸吉」サンと、日本の特撮映像の神様「円谷英二」サン。お二人とも須賀川の生れ・育ちの方です

この苦境を救って呉れるなら、どんな邪神でも縋っちまいたい位の心境ですが、人の夢と書いて「儚い」と読ませる様に、有り得ないからこその奇跡。何処かにミラクルヒーローは居ないのか?助けてウルトラマン!

・・と叫びたく成ったのは、ウルトラマンの故郷「M78星雲・光の国」と姉妹都市に成ってるスゴイ街を訪ねたから。ソレは福島県中通り地方中部の須賀川市で、ココはウルトラマンの生みの親・円谷英二監督の故郷。

 
須賀川の中心街「松明通り」には、ウルトラマンや怪獣の像がアチコチに。左は昭和四十一年(1966)初放映の「初代ウルトラマン」、そして右は昭和四十二年初放映の「ウルトラセブン」。懐かしいヒーローです

私メも子供の頃に夢中に成りましたナ、ウルトラマンやそのシリーズは。今年は初代のウルトラマンが放映されてから、ちょうど半世紀の節目の年だソウでして、ソレが未だに続いてるンだから・・ほんとスゴイですナ。

「最も多くのシリーズが制作された番組」として、ギネス記録に認定されてるとか。ただ仮面ライダーと一緒で、最近のソレがドウ成ってるのか全く知りませんが、バイクに乗らなく成ったライダーほどの変化は無い筈。

 
ウルトラ兄弟の長男「ゾフィ―」様も居られましたし、初代ウルトラマンを初めて倒した憎むべき宇宙恐竜「ゼットン」の姿も街角に。この二人()は人気者で、ウルトラシリーズに何度も登場してるンだソウですヨ

地球の平和を守る為、銀河系から三百万光年も離れたM78星雲「光の国」から半世紀に渡り、入れ代わり立ち代わり継続的にお出で下さってるのは有難い限りで、遂にゃ須賀川市と姉妹都市にまで成っちまった!

尤もコリャお遊び・空想の話で、実際のM78星雲はオリオン座に見える暗黒星雲で、地球から千六百光年離れてるだけ。私ぁ暗黒星雲から抜け出せませんが、光の国に行きたいモンですナ。助けてウルトラマン!


JR須賀川駅に降りますと、いきなり見えて来るのがこの看板。「市」と「星雲」じゃ規模に差が有り過ぎる様な気もしますが、姉妹都市に成っちゃったモンは仕方無い。こう云う壮大で真剣な冗談、私ぁ好きですネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「福島県福島市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「すかがわ」須賀川観光協会HP
★「放射能なんかに絶対負けないぞ!!」がんばっぺ!すかがわHP
★「すかがわ市M78光の町」円谷プロダクションHP
★「仮想都市『すかがわM78光の町』とは?」円谷プロダクションHP
★「創業者・円谷英二」円谷プロダクションHP
★「須賀川人物伝 円谷英二」須賀川市役所HP
★「【須賀川】須賀川で"新ヒーロー"歓迎 モニュメントが新たに4体」福島民友HP
★「ウルトラヒーローモニュメント除幕式へ」一心の福島探訪ブログ
★「奥の細道とウルトラマン?坂の町、福島県須賀川市で街歩きを楽しもう」Find Travel HP

★「大判焼き!」チビちびカフェ・ブログ
★「ブロ友さんと焼きそば?」自分の感性を信じてブログ

(関連する記事)

★「209 【名物パン14】クリームボックスは郡山だけ!」
★「727 【名物パン53】郡山名物『クリームボックス』再び」
★「1091 【揚げモン41】左遷からの復活と『金山油揚』‥棚倉」
★「1547 【名物パン153】郡山でも発見『ホイップメロンパン』」
★「1548 【名物パン154】『そぼろパン』と円谷幸吉‥須賀川」
★「1629 【やきそば175】『茶色い焼きそば』と二十万灯のLED・・郡山」
★「1735 【名物パン185】桜咲く郡山の元祖『コーヒーパン』」
★「1956 【スイーツ138】『プリントップ』とウルトラマンエース・・福山」
★「2389 【名物パン278】暖冬のみちのくの玄関で『ネオトースト』を・・白河」
★「2390 【麺類色々207】東北第二の都市で『郡山ブラック』を!」
★「2391 【名物パン279】開拓者の街で『カフェオレボックス』を・・郡山

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(仮想都市『すかがわM78光の町』では、新住民を募集中だそうです)


今頃は須賀川も大雪に成ってンでしょうナ、私ぁ雪の降る前に訪ねたンでタダ寒いだけでしたネ。でも痩せ過ぎて寒さが辛い私メで、坂だらけの須賀川をテクテク歩いたにも拘らず、中々身体は暖まらず・・ナニか暖かいモンを食べたい!出来れば甘いモンを・・で参りましたのは、「中村大判屋」なる今川焼き屋サン。随分昔から有るお店らしく、須賀川っ子に古くからお馴染みのトコだとか。ですが焼きそばも名物だソウで・・朝っぱらから食べちゃいましたヨ。ココの焼きそばは初めっから麺が茶色く、ソレを無口なオジちゃんが寡黙にジュージュー焼いて呉れましたが、赤いハムと鳴門巻きのトッピングが素晴らしい!少し強引ですがウルトラマンの顔に見えぬコトも無く、今川焼きと一緒に戴きました




| 2016.01.19 Tuesday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS