きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2974 【スイーツ251】紅葉の駒ヶ池と「ドーナツ工場の久助」・・駒ヶ根

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

訪ねた時の駒ヶ根高原はドコに行っても黄葉・紅葉だらけで、秋晴れの蒼空に相まって実に鮮やか!駒ヶ池ソバの大きな欅の木も色付きの絶頂でしたが、コレが散ってしまうンだから・・ちょっと勿体無い様な

 

二日間の更新中断を挟んだ南信州・伊那谷の旅のお噂も、今日でお開き・・名残り惜しや。尤も訪問から十日ほど既に経ち、日毎に装いを変える秋ゆえに鮮度が悪化してますンで、ちょうど頃合かも知れませんが。

 

今回の更新中断に陥った体調不良は、別に鮮度の悪いモンを食った訳じゃ無く、長引く闘病で疲れ過ぎてるから?アッサリ崩れてアッサリ治ったのが不思議でしたが、「ほぼ寛解」の「ほぼ」を早く取りたいモノです。

 

中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳(2956m)」の麓に拡がる駒ヶ根高原で、高嶺を一番ノンビリ眺められる場所が「駒ヶ池」。条件が上手く合えば水鏡と化した池面が絶景で、私ぁドレだけ見てても飽きません

 

コレから寒く成ってく一方ですから、体調管理に気を遣わにゃ成らぬと思うコト頻りですが、聞けば信州でも日本海に近い地域・・例えば私メが昔住んでた白馬村辺りじゃ、北アルプスの山々が雪化粧を始めたとか。

 

白馬はスノーリゾートだから沢山降らなきゃ困りますが、同じ信州でも真南に百三十kmほど離れた駒ヶ根高原は、騒ぐほど雪は降らない場所。もちろん東京よりは降りますが、白馬から見れば乾いてるも同然。

 

昨日ご紹介の飯島町は「与田切川」でしたが、駒ヶ根市と宮田村の境を流れるのは「大田切川」。今でも豪雨の後は巨大な岩が轟音を上げながら流れ下るらしく、「大きく滾(たぎ)る」が由来なのを納得できます

 

要するにタダ寒い・・いや只管に寒く成るだけで、除雪の心配は殆ど無いンだから(白馬よりは)住み易い筈ですが、都会住民の抱く「スノーリゾート信州」のイメージに合致せず、スキー場なんて勿論無いですネ。

 

ソリャ駒ヶ根高原にも温泉は湧いてますが、似た様な条件のトコは他にも沢山在る訳で、中央アルプスが黄葉・紅葉に染まった今が最後の賑わいの筈。冬に訪ねた時は人影は無く、寒さと寂しさで震えた記憶が。

 

高原での毎度の楽しみは、駒ヶ池から吊り橋で大田切川を越えて宮田村に入り、清流沿いのネイチャートレール「こもれ陽の径」をブラブラ歩くコト。今回もまた他に歩いてる人は皆無で、完全に貸し切り状態!

 

なのに人影が薄い・・中央道なら「東京と大阪のちょうど真ん中」なのは利点で有ると共に、「ドッチからも等しく遠い」と云うコトでも有りますからネ。せめてお願い名古屋の衆、近いンだからもっと行ったげてちょうヨ。 

 

そんな私メもコレが今年最後で、冬の間は寒さで体調を崩すと困るンで行けない筈。厳冬期の木曽駒にロープウェイで上ってみたい気もしますが、ソレは寛解してからの楽しみにしようと・・名残り惜しい私メでした。

 

東京在住の寄席芸人なのに、私ぁ「こもれ陽の径」を今年何度歩いたのかしらん?美しい木立の風景と清流のせせらぎ音、柔らかな足裏の感覚とコース南端近くに在る「国内第六位のドーナツメーカー」北川製菓サンの工場直売店が私メを呼び寄せる・・当然今回も参りましたゼ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都渋谷区表参道」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「避暑地『駒ヶ根高原』」駒ヶ根高原リゾートリンクスHP
★「駒ヶ池から中央アルプスを望む」駒ヶ根市役所HP
★「駒ヶ池
(長野県駒ヶ根)」水辺遍路ブログ
★「駒ヶ根高原 こまくさ橋から駒ヶ根ファーム」Happy life memoブログ
★「駒ヶ根高原の紅葉」駒ヶ根市役所HP
★「信州みやだ観光ガイド」宮田村観光協会HP
★「こい!こい!みやだ」宮田村商工会HP
★「こもれ陽の径」宮田村観光協会HP

★「全国第6位のドーナッツメーカー」北川製菓HP
★「ル・ノール・リヴィエール」北川製菓HP
★「あやさんぽ 〜どこか近場へ行きたい34☆北川製菓〜」い〜な上伊那ブログ


(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で『りんごバターポテチ』を・・信州宮田」

★「2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と『エビローメン』・・駒ヶ根」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(次回行けるのは来年の春、桜が南信州に咲く頃に成るンでしょうネ)

北川製菓サンの工場直売店「ル・ノール・リヴィエール」は、美味しそうなドーナツやらスイーツやらが沢山並んでて「アレ食べたい、コレ食べたい」と目移りしますが、やっぱ一番楽しいのは製造過程で生じた型崩れ品を、一袋100円で売ってる「久助」を選ぶ事ですナ。こもれ陽の径を歩いて疲れた頃にココへ辿り着きますンで、持ち金を全てはたいて買い占めたく成りますが、流石にソレじゃ身体を壊しますンで・・少しずつしか買えないのが残念無念。近所だったら、毎日行ってしまいそう




| 2017.11.17 Friday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2973 【調味料類41】アルプスと紅葉と「信州ドレ酢」・・飯島町

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

幕府の代官所「飯島陣屋(画像は復元したモノ)」が置かれ、江戸時代は南信州・伊那谷の中心だったのが飯島町。大政奉還後は四年間だけですが、長野県南部を統括する「伊那県」の県庁だったンだとか・・

 

癒しを求めて都内を抜け出し、燃える秋の南信州・伊那谷を旅する私メです。勿論「住んでもイイ」位に好きな駒ヶ根高原が目的ですが、ナニかに呼ばれた予感で出掛けた近くの中川村の絶景に、思わぬ大興奮を。

 

その顛末は昨日ご案内致しましたが、年に何度も参ってるクセに伊那谷で知ってるトコは案外少ないのに今更ながら愕然とし、ならばもう少し見聞を拡げてみようと参ったのが、駒ヶ根の真南のお隣さんたる飯島町。

 

駒ヶ根辺りの中央アルプスから流れ出す川は、「田切」と云う字が付いてるのが多いですが、ソレは大雨が降ると激流と化して「滾(たぎ)る」川ばかりだったからだとか。飯島町にはこの「与田切川」が流れてます

 

と申しましても・・ココにゃ以前行ったコトが。伊那谷にゃ町や村が十九も在るンだから、見聞を拡げたいなら未訪のトコに行きゃ良いンですが、千里の道も一歩から!先ずは近くから、少しずつ侵略して参りましょ。

 

尤も飯島町で知ってるのは県道沿いの道の駅ぐらいで、あとは通過してばかり。だもんで知らんトコの方が圧倒的に多く、史跡を求めて街中ブラリ。眺めの良い場所を求めて山麓ブラリ、至って気侭にノンビリと。

 

与田切川が大きく削った谷底にオートキャンプやバーベキューの出来る親水公園が在りましたが、ソコの森がちょうど錦秋の盛り!偶にはテントで泊まるのも良いかも・・但しコレからの信州は厳冬期ナンですが

 

ですが訪ねた日は月曜で・・陣屋が開いて居らん。仕方無いンで外観だけ眺め、街中へ繰り出してみたモノの・・人口一万弱の町だから仕方無いですが、誰も歩いて居らん・・コウ成りゃ眺めるのだけに専心しましょ。

 

ご案内通りに以前も訪ねてますンで、ナンとなく地理が判るのは実に頼もしく、黄葉・紅葉を探して次第に中央アルプス「越百山(2613m)」の麓の方へ。ナンて読むか判ります?驚く勿れ「コスモ山」だったりする。

 

越百山がキレイに見えるのが、町の西側に在る千人塚公園の「城ヶ池(じょうがいけ)」。以前もココに参って絶景に圧倒された覚えが有りますが、農業用ため池だったりするモノで・・今は水の少ない時期の様です

 

当然「宇宙」由来の訳は無く、百を「もも」と読みますンでソコから来てるンでしょうが、季節的に「秋桜(コスモス)」が咲いてたら絵に成るネと、借りてた車を走らせてみたモノの、ソウは問屋が卸しちゃ呉れませんゼ。

 

ですが黄葉・紅葉が飯島町でもホント綺麗で、やっぱ伊那谷って素晴らしいですナ。もちろん広い信州はドコに行っても良いトコばかりですが、益々もって好きに成りそうな気に成った、そんな癒しの旅の私メでした。

 

中央アルプスだけじゃ無く、南アルプスの眺望も良いのが伊那谷ですが、飯島町からも南アの女王と謳われる「仙丈ヶ岳(3032m)」が御覧通りに。冠雪してませんでしたが、里にも雪が降る季節はソロソロで・・その前に田起こししておこうと、トラクターが忙しそうに動いてましたヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県駒ヶ根市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ふたつのアルプスが見えるまち」飯島町観光協会HP
★「the 飯島町 外からみた飯島町の魅力」まちづくりセンターいいじまHP
★「飯島町ってこんなところ」田舎暮らし情報サイトぶらっぷHP

★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「飯島陣屋」飯島町役場HP
★「〜伊那県〜」い〜な上伊那ブログ
★「与田切公園キャンプ場 飯島町」長野県の情報【E−CURE】HP
★「信州飯島町 紅葉特集」まちづくりセンターいいじまHP
★「千人塚公園」信州E−CURE・HP
★「戦国時代の伝説 飯島町『千人塚』」い〜な上伊那ブログ
★「千人塚城ヶ池と桜」南信州の風に吹かれてブログ

★「越百山 こすもやま」ヤマケイ・オンラインHP
★「仙丈ヶ岳 せんじょうがたけ」ヤマケイ・オンラインHP
★「『創造的コンセプト』『革新的技術』『高品質』をお約束します。」内堀醸造HP

★「あやさんぽ 〜どこか近場に行きたい21☆内堀醸造〜」い〜な上伊那ブログ
★「『暑い季節にお酢』には理由があった」サンキャッチャー愛がとまらない☆にじいろかんの日々彩綴ブログ


(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で『りんごバターポテチ』を・・信州宮田」

★「2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と『エビローメン』・・駒ヶ根」

★「2972 【スイーツ250】アルプスと黄葉と『りんごの木シュークリーム』・・中川村」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(飯島にゃ広いコスモス畑が在るらしいンですが・・一体ドコなのか?)

拙宅の在る板橋区に最近出来た某スーパーで、何気なく手に取ったお酢に驚いたのは、ソレが飯島町の産品だったから。岐阜県に本社の在る老舗のお酢メーカー内堀醸造さんが、清らかな水を求めて新工場を造ったのが飯島町で、フツーのお酢だけじゃ無く・・お酢にかつお出汁を加えてサラダにかけるだけの「ドレ酢」やら、煮もの専用のお酢やらイロイロ作って居られますヨ。しかもココはお酢を作る為に、まず日本酒やワインを醸造するトコから手掛けてるソウで・・その拘りに叶ったのが飯島町のアルプスの地下水だったンでしょうネ。以前は得意じゃ無かったお酢ですが、発病して身体に気を遣う様に成ってから、イロイロ試す様に成った私メ。南信州・伊那谷の恵みに感謝するばかりです




| 2017.11.16 Thursday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2972 【スイーツ250】アルプスと黄葉と「りんごの木シュークリーム」・・中川村

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

南信州・中川村でまず目に留まったのが、中央アルプスを遠望する田園の中にズラッと黄金の輝きが並ぶ「渡場のイチョウ」。食用銀杏ナンで匂いはスゴかったですが、ソレが少しも気に成らぬ位の絶景でした

 

錦秋の南信州の旅のお噂をご案内し始めた途端に、拙ブログ旅日記の更新を二日も休んでしまった私メです。決して怠けてた訳じゃ無く、急に体調を崩しちまったモンで・・ま、仕方無ぇやと御勘弁下さいます様に。

 

ほぼ寛解まで回復出来たは良いモノの、ソコで出された新しい課題「無茶しない様に」の塩梅が良く判らず、反って無茶しちまった様で・・はい。良くも悪くも成り立ってた均衡を、敢えて崩すのはドウにも難しいです。

 

今の季節の信州はドコに行ってもリンゴが赤く実ってますが、青空に映える高嶺とリンゴの対比の美しいコト!庭に果樹を植えるならリンゴが良いですが、私メの住む東京じゃ庭を構えるコト自体が贅沢ですナ・・

 

ま、ナニかしら癒しを探してソッチに足場を遷して行くしか無かろうと思いますが、錦秋の南信州・伊那谷へ参ったのはそんな癒しを求める為。ですが毎度の駒ヶ根だけじゃ勿体なく、偶には違うトコにも行きましょ。

 

車を借りてましたンで、普段は麓に居るばかりの中央アルプスを、少し離れたトコから眺めたら新しい癒しに成るかもと、テキトーにハンドルを握ったと思って下さいナ。で、偶々行っちまったのが上伊那郡中川村。

 

村内を貫く天竜川に架かる「坂戸橋」は、昭和八年(1933)に建設された当時は日本最大のスパンだった橋。高度成長期以前に架けられた鉄筋コンクリ製シングルアーチとしては、現在でも国内最長だソウです

 

私メの南信州巡りの拠点たる駒ヶ根市の南東に位置する人口五千弱の小さな村で、「道路標識で見たコトが有るネ」程度の認識しか無かったンですが、ナニかに呼ばれた様な気分で・・国道を逸れて村中の県道へ。

 

時々こんな感覚が。もちろん外れが多いけれど、史跡やら風景やら食べるモノやらナニやらと、当たりに恵まれて大満足な時が・・誰にでも有るのかしらん?処が発病して以来、スッカリ影を潜めて悲しかったですヨ。

 

調子に乗って中川村をドンドン奥の方へ。天竜川の支流・小渋川をダムで堰き止めた「小渋湖」の畔へ出ましたが、里よりも寒暖差が激しいから?黄葉・紅葉は一層鮮やかで・・久し振りの大当たりを得た気分に

 

だもんで偶にソウ感じると嬉しくて、外れ覚悟で参ってみたら・・こんな絶景のトコが有ったンだ!いや伊那谷は絶景だらけのエリアですが、青空に映える黄葉・紅葉と高嶺が抜群で、恐るべき偶然・実に有難き僥倖。

 

作り上げた均衡を保つのも大変だけれど、ソレを崩して新しいのを拵えるのはもっと大変。でも一歩踏み出さにゃ前進は無い訳で、判っちゃ居るけど・・塩梅が難しいですナ。ま、今回の偶然にゃ癒された私メです。

 

更に調子に乗って南アルプスの麓・・中川村の東隣の大鹿村まで行ってしまいましたが、この二つの村は共に「日本で最も美しい村連合」に加盟してまして、景観・環境・文化を守りながら自立を保って行くそうナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県上伊那郡飯島町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「中川村観光協会」同HP
★「中川村」日本で最も美しい村連合HP

★「日本の美しい村」日本で最も美しい村連合HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP

★「中川村ってこんなところ」南信州で田舎暮らしHP
★「秋一色、イチョウの道 中川村」中日新聞web HP
★「かみいなの果物」JA上伊那HP
★「坂戸橋〜日本一の最大支間長を誇る鉄筋コンクリートアーチ橋〜」くーる長野〜隠れた見所 おいしい食事〜ブログ
★「小渋ダム」水辺遍路ブログ
★「信州で2番目に山奥の村 紀行」大鹿村観光協会HP
★「最高レベルの鮮度・おいしさ・旬と、安さを追求します。」ツルヤHP

★「こだわりぬいた素材がおいしさの秘訣です」デザートランドりんごの木HP
★「りんごの木 シュークリーム」K’s Village Karuizawa ブログ


(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で『りんごバターポテチ』を・・信州宮田」

★「2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と『エビローメン』・・駒ヶ根」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(全く予感だけで訪ねましたが、こんな感覚を回復して行きたいです)

ナニも調べずに参ったモノで・・しかも僥倖に舞い上がってしまったモンで・・中川村からそのまま帰って来た私メ。後で調べたら「赤そば」が名物だソウで、ソレはまた何れへの宿題ですナ。てな訳で、全国の地場スーパー巡りを趣味にしてる私メが「日本一」と絶対の自信を持って断言する、信州名代のスーパー「ツルヤ」駒ヶ根店で買いました、長野市に本店の在る「りんごの木」さんのシュークリームで御勘弁を。と申しましてもタダモノじゃ無く、中にタップリ入れられたクリームはホイップならぬ、信州の牛乳で作られた純生クリーム!ソレが二つ入って三百円位ナンだから、もしも東京でコレが売ってたら毎週買う!尤もソレじゃ、違う種類の病気に成っちまいソウですか・・。リンゴ繋がりで失礼しました




| 2017.11.15 Wednesday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と「エビローメン」・・駒ヶ根

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

南信州・駒ヶ根市きっての古刹と云えば、貞観二年(860)創建の天台宗の別格本山「宝積山光前寺」さん。中央アルプス山麓の深い森の中のお寺で、参道は黄葉・紅葉が色付いて・・錦秋真っ盛りの高原です

 

拙宅の在る東京を飛び出し、秋深き南信州・伊那谷へ参った私メです。賞味期限ギリギリだった昨日の記事と違い、今日からは鮮度良き「つい最近の旅のお噂」を。年末まではリアルタイムに近い噺が続きますヨ。

 

記事化出来ずにストックしたままの根多は、涙を呑んで死屍累々の仲間入りさせる心算ですが、勿体無いンで何らかの形で活用するかも。但し今回の南信州・駒ヶ根高原は、リサイクル一切無しの新鮮ピチピチ!

 

樹齢数百年の杉の巨木が林立する参道を、暫く歩くと御本堂や三重塔が見えて来ますが、森が深いだけに黄葉・紅葉が一層鮮やかで、思わず息を呑んじまう位。海抜八百mを超すだけ有って、風は少し冷やか

 

中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳(2956m)」東麓の高原は、標高が高いトコだけ有って季節の彩りの変移が著しく、年に何度も参ってますがその度に新たな驚きばかり。特に今は、黄葉・紅葉で山が燃える季節。

 

ソレが見たくてこの時期に、駒ヶ根高原へ行く様に成ってもう三年。二十数年前から参ってたトコですが、東京よりも随分早く燃えだす有様を、ココで眺めるのが嬉しくて恋しくて・・一種の執着みたいに成ってた私メ。

 

木立の中の遊歩道を暫く歩き、青空を広く望めるトコに出れば・・ご覧の彩りが。既に散ったモノも有れば色付き始めたモノも、そして今が盛りと鮮やかさが爆発させてる木も有って、ホント錦秋だと感服しますナ

 

その三年・・つまり闘病の三年は、沈みっぱなしの心神を抱えた苦しさばかりで、季節の美しいモノを見て辛さを少しでも忘れ、その喜びで記憶の上書きしたいと願ってた、憂さ晴らしの旅を無理に続けた日々。

 

もちろん東京だって公園・庭園や並木道は多いンで、遠くへ行かずとも師走に成れば方々で黄葉・紅葉を愛でられる。またアチコチに気の早い彩りの木も多いンで、実際ソレを探すのが最近の青空療法の楽しみ。

 

東の「南アルプス」と西の「中央アルプス」に挟まれた駒ヶ根は、ドッチを向いてもキレイで険しい高嶺ばかり。光前寺さんからブラブラ降りて行きますと、南アルプスの女王「仙丈ケ岳(3033m)」の美しいお姿が

 

とは云えドウせ見るなら、少しでも早く愛でたいのが人情で、ほぼ寛解と云えども治療の終わらぬ私メだから、恋慕が強く成るのは当然で・・ホントは何処でも良いのだけれど、御縁と経験で駒ヶ根高原がまず確実!

 

尤も独演会前だから余りノンビリ出来ませんでしたが、ソレでも願い通りの錦秋に浸り、去年や一昨年と違う感慨を得ましたネ。ですが辛さを消す為の記憶の上書きは今年限りにしたいナと、ソウ願って止みません。

 

東西を巨大山脈に挟まれてるだけに、夜明けが遅くて日没が早いのが南信州・伊那谷ですが、寒く成って来るとソレが一層著しく成りますナ。黄昏時に成ったンで、大好きなスーパー「ツルヤ」へ買い出しに参りますと、日没後の薄明の光に浮かび上った中央アルプスの稜線が。いわゆるコレが「マジックアワー」で、神サマが呉れた贈りモノですネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「長野県下伊那郡中川村」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「避暑地『駒ヶ根高原』」駒ヶ根高原リゾートリンクスHP
★「天台宗別格本山」宝積山光前寺HP
★「駒ヶ根 光前寺紅葉」HAPPY PHOTO LIFE ブログ
★「信州『光前寺』の紅葉」Colors of the Wind ブログ
★「仙丈ケ岳 せんじょうがたけ」ヤマケイ・オンラインHP
★「木曽駒ヶ岳 きそこまがたけ」ヤマケイ・オンラインHP
★「マジックアワーって?」はとぽっぽの散歩道ブログ
★「最高レベルの鮮度・おいしさ・旬と、安さを追求します。」ツルヤHP
★「ペリカン駒ヶ根店」上伊那ドットネットHP
★「ボリューム満点!上伊那もりもりグルメゥ撻螢ン」い〜な上伊那ブログ
★「Cafe’rest PELICAN
(洋食、カフェ@駒ヶ根市)」信州の美味しいお店HP

(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で『りんごバターポテチ』を・・信州宮田」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(昨秋は両方のアルプスが冠雪してた覚え・・今秋は暖かい様です)

ソースかつ丼が半端に有名に成って以来、駒ヶ根は観光客相手の高いだけの料理屋ばかりに成ってしまいましたが、地元客相手のトコも無い訳じゃ無く・・毎度毎度の広域農道沿い「ペリカン」さんへ。ココはメニューが多いだけじゃ無く、レギュラーサイズが他所の大盛りぐらいと云う辺羅棒なトコで、前々から疑問に抱いてた「エビ焼きそば」を大盛りで。海から遠い信州でエビとは何かの暗号か?と訝しかってましたら、以前ご紹介した「焼きそば(=豚ローメン)」に芝エビと小エビを大量投入した、海沿いでも見ない様なエビだらけの一品!しかもお腹が空いてたンで大盛りにしてみたら・・他所の特盛よりも多いですナ。加えてコレはローメンの一種だから、別添えのソースまで付いて来て、味が足りなければ掛けろと大サービス。大盛りでコウだから、特盛り・ダブルサイズは一体ドウ成っちゃうンだろう?何れ頼んでみたいですが




| 2017.11.12 Sunday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で「りんごバターポテチ」を・・信州宮田

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

東側に聳える「南アルプス(画像)」と、西側の「中央アルプス」に挟まれた伊那谷は、同じ信州の他エリアと違ってメジャー観光地は正直無いですが、ドコへ行っても壮大なパノラマが望める絶景の地ばかりです

 

南信州に長く延びる伊那谷をブラついてましたが、そのお噂も今日でお開き。冷夏で終わった都内と違い、山峡は例年通りの暑い夏だった様。そして順調に秋が到来して、朝晩は既に寒い位・・標高が高いからネ。

 

私ぁ住んでもイイと思う程に伊那谷に親しみを感じてますが、如何せんコじゃ「寄席芸人」と云う稼業が成り立ちませんヨ。南北六十kmほどと結構広い谷全体で、合せて三十六万強しか人口が有りませンので。

 

駒ヶ根市の北隣りの宮田(みやだ)村は、東京と大阪のほぼ真ん中で中央道沿いの好条件も有ってか、工場の立地が結構多くて信州じゃ財政力指数が高い方の様。人口も年々増加して、九千人強まで参りました

 

ソレが四市六町十三村に分れてる訳ですが、コレだって平成の大合併で結構スリムに成った姿。さて比較的大きな四市六町はナンとなく判りますが、沢山在る村はその名前と場所が頭ン中でとても一致しません。

 

チト多過ぎと余所者は思えども、何れもソレなり以上の訳が有って合を選択せず、苦しい財政ながらも独自の道を歩んでる筈。ま、住んでらンから、頑張って覚える必要も無いンですが。でも良く知ってる村も。

 

宮田村が好きな理由は、村内に山頂の有る「木曽駒ヶ岳(2956m、中央アルプスの主峰)」を源とする、黒川沿いの遊歩道「こもれ陽の径」が在るから。残念乍らいつ来ても人影が無く、独り占め気分に成れます

 

フト調べると信州にゃ三十五も村が在って、コリャ全国最多だとか。その一つで日本海に近い白馬村に私ぁ住んでた時期が有り、村の成人式出させて貰いましたナ。都会のソレより素朴で面白かった様な記憶が。

 

長野オリンピックで世界に知られた白馬は有名観光地で、リゾートのイメージをる為に村のままで居るナンて聞かされたモノですが、その口は九弱って・・私メが今一番行ってる信州の村「宮田」とほぼ一緒。

 

駒ヶ根市と宮田村を隔つのは、広い河原に巨岩がゴロゴロ転がる「大切川」。こもれ陽の径の黒川と同じ木曽駒が源流なのに、雰囲気が全く違うから面白い。河原に降りると川水が冷たくて、長居出来ません

 

余りに遠くてナカナカ参れぬ白馬に対し、中央道沿いの宮田村の便利さは抜群で、なのに観光客なんて殆ど居らンから実に静か。いや村としてはソレでも振興したいンでしょうが、来ないンだから仕方無いじゃん!

 

四半世紀前から知ってるし、ココ数年は森ン中を好んで歩いてますが、人影の無さに怖く成る時も。幾らナンでもと思う反面、だからイイと思う自分も居て・・村長さん御免なさい。今年はあと何回行けましょうかネ。

 

如何に好きな宮田村でも毎度同じトコを歩いたら飽きますンで、多少は変化をつけ・・こもれ陽の径も下流エリアを中心に歩いてみましたが、夏はアブやブヨが多く飛んでて困りますナ。ならばと大田切川沿いに歩いてみると、私メと同じ位に背丈の高い巨大メタルかぶと虫が!しかもお向いに同サイズのミヤマクワガタまで居りまして、何故こんなモンが置いて有るのか意図は判りませんが、こう云う虫なら大歓迎です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都渋谷区代々木公園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州みやだ観光ガイド」宮田村観光協会HP
★「こい!こい!みやだ」宮田村商工会HP
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP

★「こもれ陽の径」宮田村観光協会HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「"こもれ陽の径"を散策」ア・カプリチョ・ブログ
★「こもれ陽の黒川渓谷」Colors of the Windブログ

★「チョットいい!ちょうどいい!快適・便利なコンパクトビレッジ」宮田村の移住・定住推進サイトHP
★「宮田村−依存都市が小さくても発展できる事例」アルバック 地域計画建築研究所HP
★「150 小布施のメタルカブトムシが駒ヶ根にもいた!」長野のB級娯楽スポットを認定!ブログ
★「最高レベルの鮮度・おいしさ・旬と、安さを追求します。」ツルヤHP
★「ツルヤ『ポテトチップス りんごバター味』
(長野県)」10転び11起きな日々ブログ

(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」

★「1801 【スナック41】『りんごバターポテチ』と浅見光彦・・軽井沢」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2910 【麺類色々261】高原の寒天工場で『きのこ寒天麺』を・・伊那市」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(私メほど『こもれ陽の径』を記事にしてる奴は、他にゃ居らン筈です)

宮田村の難点は大きなスーパーやSCの無いコトですが、ソレはお隣りの駒ヶ根に行けば良い・・なにしろ「ツルヤ」が在りますから!全国の地場スーパー巡りを楽しみにしてる私メが、絶対の自信と共に日本一のスーパーと断言出来るのが、長野県東部の小諸市や軽井沢町を本拠地とするツルヤさん。私ぁバイクツーリングに行ける様に成るまで軽井沢を封印してますンで、もちろん軽井沢が宜しいのだけれど、ツルヤじゃ南端の駒ヶ根店も素晴らしいですゼ。てな訳で最近はココばっか行ってますが、今回はカルビーとツルヤさんがコラボの「信州ポテチ」を。去年は「れもんバター」と「ブルーベリーバター」でしたが、今年は「りんごバター」が復活した様。ツルヤの高品質オリジナルジャムの中で一番人気がりんごバターで、何年か前にもこの味のポテチが出てましたナ。甘酸っぱくて濃厚な味は変わらずで、信州らしい味がします




| 2017.09.05 Tuesday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2912 【スイーツ234】執念深き上皇陛下と「餅入りみそ最中」・・信州遠山郷

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

南信州・伊那谷の更に奥、天竜川の支流・遠山川沿いの深い谷間に在るのが、信州三大秘境の一つ「遠山郷」。この谷間の南端の聳える「熊伏山(画像中央奥、1653m)」の向うは、もう静岡県だったりします

 

天竜川沿いに細長く続く、南信州・伊那谷をブラつく私メです。今日参ったのはその一番南の端!多少開けた伊那谷から、南アルプスの深い山峡へ分け入った辺りに、遠山郷と云うポツンと開けたトコが在りますヨ。

 

そんなトコへ何しに行ったかと云うと、静岡との県境たる「兵越(ひょーご)峠」に気に成るモノが二つ有ったから。一つは毎年十月開催の「峠の国盗り綱引き合戦」で、県境がドッチにドレほど移動してるのかの確認。

 

もう一つがこの峠付近に「天皇陛下が隠れ住んでた」てぇお噂の確認すヨ。もちろんソレは最近のコトじゃ無く、南北朝時代末期と云うから、今から六百四十年ほども前。「長慶(ちょうけい)天皇」と仰られます。

 

遠山郷は秋葉街道(塩の道の太平洋ルート)の宿場として栄えた街で鎭守さまの夏祭りの翌朝に訪ねちまった・・誰一人歩いてませんヨ。谷に轟く大会等が有ったソウで、定めし賑やかだったンでしょうナ

 

まず南北朝時代から説明しますと、協力して鎌倉幕府を打倒した後醍醐帝と足利尊氏公が、新政権の方針を巡って仲違いして分裂し、後醍醐帝は京都から吉野(奈良県)へ遷って親政を続けます。コレが南朝!

 

逆に尊氏公は京都に残って室町幕府を興し、新たな帝を擁立したのが北朝!お二人の天皇陛下が並び立つ異常事態が五十六年間も続き、最終的には幕府を後ろ盾に持つ北朝方が勝利を収めて居られますヨ。

 

問題の長慶帝は、南朝で四代重ねた陛下の三人目。通算だと九十八代目に成られるソウで、今上陛下は百二十五代目だから・・長い家系!ずれにしろ、南朝の旗色が大分悪く成った頃に十五年ほどの御在位。

 

兵越峠の信州側の山道を深く入ったトコに、「大野田神社」と云うおが忽然と建ってますヨ。ココに長慶上皇の処在所(お住い)が在ったソで、麓の遠山郷の里人が尊い御方の聖蹟だからと祀ったンでしょうネ

 

いつの世にも主戦論者と和平論者は居るモノで、公家中心の政権作を目指して飛び出した南朝方も、武家中心の時代の流れにゃ結局えず、そろそろ仲直りして北朝との合同を目指したい和平論が大勢に。

 

処が大ボスたる長慶帝は「降参するなんて絶対にイヤ」と、徹底抗戦を強硬に唱えた様で・・如何にも講釈師らしく見て来た様なコトを書いてますが、遂には厭戦気分の配下達に迫られ退位せざろう得ない破目に。

 

処が太上天皇(上皇)に成ってからも少しも挫けず、暫くしてから吉野を抜け出して全国各地を巡り、檄文を飛ばし口舌を揮い、反幕府勢力を糾合して南朝の逆転勝利を目指してたらしい。凄い御方が居たモンだ。

 

遠山郷付近の静岡・長野の県境は日本一の大断層「中央構造線」の真上で、地面が細かく動いてる為にトンネルはおろか、国道が未だに通せぬ最悪の地盤。だもんで林道で兵越峠を迂回するしか有りません

 

説明が「らしい」ばかりに成っちまうのは、私メが講釈師だからじゃ無く、退位され上皇に成られてから一体ドコでナニされてたのか、殆ど記残って居らンからですヨ。幕府の目を避けて、隠密行動されてたから?

 

いやソレ以上に、北朝が勝利して一本化された朝廷にとって、諦めずに南朝復興を目指した長慶帝は「大変に不都合な方」だったからでしょうナ。実際に居られたのかドウかすら、議論の対象に長らく成ってた位。

 

長慶帝が潜伏して居たとされる場所は全国に多く、遠山郷のソレも真偽は正直不明。ですがそんな上皇サマが居られたナンて、単なる伝承だとしても面白いじゃん!男は執念深くなけりゃ、大望は果たせませんゼ。

 

さて「峠の国盗り綱引き合戦」ですが、遠州軍(旧静岡県水窪町)と信州(遠山郷)が兵越峠で綱を引き合い、勝った方が県境を一mだけ拡げる事が出来ると云う、神聖にして実に馬鹿馬鹿しいお遊び。去年の合戦は信州軍が勝利し、長野県が四m大きく成ってます。このまま五千連勝すれば太平洋まで達し、信州は海なし県から脱出できます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県上伊那郡宮田村」への訪問記です★


(参考リンク)
★「南信州ナビ」飯田観光協会HP
★「信州遠山郷 秘境の旅」遠山郷観光協会HP
★「秋葉街道をテーマに、遠州と信州の人々が集う」秋葉街道信遠ネットワークHP
★「尊氏はこんなにムチャクチャだった。学校で教えてくれない南北朝時代」まぐまぐニュースHP
★「後醍醐天皇の負けず嫌いな執念と室町幕府や南北朝時代に成った背景」戦国武将列伝Ωブログ

★「最後に治定された陵墓 -長慶天皇陵-」歴史あるトコ、興味あるトコ、行きませう!ブログ
★「98代長慶天皇の処在処大野田神社」長野県南信州を元気にしよう、温泉、観光ご紹介ブログ
★「長慶天皇陵を訪ねる」歴史と旅HP
★「峠の国盗り綱引き合戦」遠山郷観光協会HP

★「峠の国盗り綱引き合戦」サントリー文化財団HP
★「綱引きで国境を決める飯田市と浜松市が仲良しすぎる」デイリーポータルZ・HP
★「南アルプスジオパーク」南アルプス
(中央構造線エリア)ジオパーク協議会HP
★「信州餅入りみそ最中」外松HP
★「信州餅入りみそ最中」ウサギ3のブログ


(関連する記事)
★「721 【お肉料理16】『おたぐり』と赤穂義士‥信州飯田」
★「722 【野菜果物31】続・堪忍しなのの善光寺‥信州飯田」
★「723 【お肉料理17】三大秘境と『遠山ジンギス』‥信州遠山郷」
★「724 【名物パン51】国盗り合戦と『玄米パン』‥信州遠山郷」
★「1493 【お米料理104】ラウンドアバウトと『はぶたえ寿司』・・信州飯田」
★「2149 【団子饅頭66】花桃咲く温泉地で『赤飯饅頭』を・・阿智村」
★「2217 【お肉料理77】期待しないと『ジビエとじゃがた』が・・天竜区」

★「2218 【団子饅頭68】遥かなる太平洋と『玄米パン』・・信州遠山郷」
★「2219 【名物パン253】文七元結と痩せ我慢と『牛乳パン』と・・信州飯田」

★「2223 【お米料理183】断念するツーリングと『御幣餅』・・信州新野」
★「2550 【名物パン301】ラウンドアバウトと『あげパン』・・信州飯田」

★「2683 【お米料理250】天空に聳える巨大ダムと『佐久間のとじくり』・・天竜区」
★「2852 【麺類色々251】りんご並木の遊覧バスと『飯田ラーメン』・・信州飯田」
★「2911 【団子饅頭110】信州人最期の意地と『高遠まん頭』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(神話時代は別として、長慶帝ほどナゾの天皇陛下は居られません)

お祭りの最中ならば兎も角、その翌朝の遠山郷は静まり返ってて珍しモノを見付けられよう筈も無く、同じ飯田市内と云うコトで・・外松(まつ)と云う菓子会社が、同じ伊那谷(北部の伊那市)に本拠を置くハナマルキとコラボして出してる「信州餅入りみそ最中」でどうか御勘弁を。甘塩っぱい味噌味の餡子が随分美味しくて、幾らでも食べられてしいソウ!ですが一口サイズなのに、お餅が結構お腹に堪る一品でした




| 2017.09.04 Monday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2911 【団子饅頭110】信州人最期の意地と「高遠まん頭」

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

十年ほど前に伊那市に吸収された「高遠(たかとお)」は、内藤家三万三千石の小さな城下町。四百数十年前にココで壮絶な玉砕戦が行われたとは信じ難に、穏やかな空気の流れるノンビリとしたトコです

 

南信州の伊那谷を旅する私メです。南アルプスと中央アルプスに挟また伊那谷にゃ前座だった頃から度々参ってますが、専ら訪ねるのは駒ヶ根市や近隣ばかりで、ソレ以外の街は通り掛かりに寄る位ですナ。

 

ですが今回は敢えて遠乗りし、北部の「高遠」と云う城下町へ参りましたヨ。諏訪湖に源を発して太平洋に注ぐ天竜川沿いの伊那谷じゃ、江戸時に二つしか無かったソレの片っ方ですナ。もう一つは南部の飯田市。

 

高遠城は「桜の日本三大名所」と称する位で、本丸跡はサクラくら桜の木だらけ。花咲く頃は観光客が大勢押し寄せて雑踏すると聞きます、ココに織田の大軍が押し寄せたのは天正十年(1582)のコトです

 

ココの大名・内藤家の江戸屋敷跡が、日本一の大繁華街・新宿だったしますが・・もともと高遠藩主だった訳じゃ無く、幕府の命令で所か移って来た家。戦国時代は隣国・甲斐(山梨県)の武田信玄の勢力下。

 

若き日の徳川家康公を蹴散らして戦国最強を誇った武田勢ですが、大黒柱の信玄の病没後はボロボロで・・跡継ぎの勝頼公にゃ従わず、離反・裏切りのオンパレード!ま、甲州人なんて昔からそんなモンでしょ。

 

高遠城は明治初年の廃藩で全くの荒地と化したと聞きますが、ソレ身かねた旧藩士はセッセと桜を植え、昭和十一年(1936)には天守の様に堂々とした旧集会所「高遠閣」まで建ててますヨ。守ってますナ

 

処が信州人・・特に高遠城は裏切らなかった!ま、勝頼公がココの領主から武田宗家を継いでるンで、出身母体として尚更律義だったとも思ますが、武田家を滅ぼさんと織田信長公が遣わしたのは三万の大軍。

 

守る城方は僅かに三千人で、例え要害だろうと十倍の敵に囲まれドウにも成りませんヨ。僅か一日で攻め落とされてますが、高遠の将兵はその殆どが敗死した・・壮絶な玉砕戦。でもタダ負けただけじゃ無い。

 

戦国初期の城下町に良く有る様に、ココも高台のお城と麓に拡がる町家とが些か離れてますナ。中心街の「ご城下通り」は全て建て替えかの様に、ピカピカの白壁が並んでて・・こんなトコだったかしらん?

 

攻めた織田方も千五百人ほど討ち死にしたと聞きますンで、ソレなりの意地を見せた様ですナ。コレが武田方最後の反撃で、甲州人はドンドン逃げを打ち、高遠落城の十日後に武田家は滅亡に追い込まれてます。

 

私ぁ訳有って白馬村で成人式をしましたンで、信州を身贔屓するコトく、だからこそ誇りを示した高遠にゃ感服する限り。残暑の風に爽や揺れる葉桜ですが、いつかは咲き誇る時に来たいと思うばかりですヨ。

 

歴史の有る城下町に相応しく、高遠にも立派なお寺が幾つも在りますが、コチラは武田勝頼公がその実母(通称:諏訪御寮人)を葬った「大宝山建福寺」さん。その後の高遠藩主の菩提寺にも成ってますが、武田家宗家最後の当主として悲劇の最期を遂げた勝頼公も、本来ならば分家の跡継ぎとして高遠で穏やかな生涯を送り、建福寺さんに葬られてたかも。もちろん歴史に「イフ」は禁物ですが、ふと考えちまいますナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県飯田市遠山郷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「おいでな伊那」伊那市観光協会HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「なつかしい未来」イーナ・ムービーズHP
★「伊那市高遠町」日本で最も美しい村連合HP
★「長野県伊那市より 高遠城址公園ガイド」高遠城址公園HP
★「高遠城
(信濃国・長野県伊那市)」御城学のお城を学ぼうブログ
★「高遠城址公園の桜」信州の旅.com HP

★「武田勝頼(諏訪勝頼) 〜天目山の戦いに玉砕し、武田家滅亡へ」ibisの備忘録 戦国武将大全ブログ
★「滅びゆく勝頼の唯一の味方・高遠城の仁科盛信」今日は何の日?徒然日記ブログ
★「高遠城 武田の意地を示した仁科盛信玉砕の地
(長野県)」ここで歴史が動いた!日本の歴史スポット探訪ブログ
★「歴史の街『高遠』探訪 〜武田家と保科家が並ぶ建福寺〜」い〜な上伊那ブログ
★「高遠城址まん頭」芝桜菓子庵 千登勢HP
★「まんじゅうこわい?高遠まん頭大集合!」い〜な上伊那ブログ


(関連する記事)
★「748 【やきそば40】伊那市の名物『ローメン』」

★「1086 【名物パン84】心頭滅却して『お祝パン』を食う‥塩山」

★「1495 【やきそば153】ドッチが出て来る?伊那の『ローメン』」
★「1496 【保存食品36】『かんてんぱぱ』と『粉豆腐』・・伊那市」

★「1726 【お魚料理90】東三河名物『いわし玉』と長篠の合戦・・新城」

★「1829 【スイーツ123】武田家滅亡の地と『信玄飴』・・甲州市」

★「1851 【保存食品47】「かんてんぱぱ」と信州『平』問題・・伊那市」
★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」

★「2910 【麺類色々261】高原の寒天工場で『きのこ寒天麺』を・・伊那市

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(もちろん高遠城を攻めた側にも、信州人は大勢居た訳ですが・・ネ)

高遠の名物と云えば・・ココが発祥とされる「信州蕎麦」と、数百年の歴史を誇る「高遠まん頭」ですナ。何軒もの菓子屋さんが城下町に在りまして、その何れでも桜の焼印が押された薄皮まんじゅう的なモノを出てますが、今は昭和三年(1928)創業の千登勢さんのを買って参ました。今と成ってはありふれた感じの味ですが(失礼)、数百年前かコウだったと云うから・・画期的なモノだった筈。疲れた体に嬉しいです




| 2017.09.03 Sunday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2910 【麺類色々261】高原の寒天工場で「きのこ寒天麺」を・・伊那市

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

南アルプスと中央アルプスに挟まれた伊那谷は、ドコに行っても美しい高峰の姿が拝めますゼ。山頂が雲に隠れちゃってますが、南北部主峰「甲斐駒ヶ岳(2967m)」も、寒天工場のすぐ近くから見えましたヨ

 

拙宅の在る都内の喧騒から逃れ、南信州・伊那谷へ参った私メです。コは天竜川沿いに南北に細長く延びた山峡で、そのほぼ真ん中に在る駒ヶ根高原を目当てに、ナンだカンだで二十年以上通って居りますナ。

 

同じ長野県でも「軽井沢」「上高地」の様な超メジャー観光地は無いです、寂れてなければ賑わい過ぎてもないリゾート地が多く、その塩梅の良さが好きナンでしょうネ。東京と大阪とのちょうど中間で交通も便利!

 

信州の特産品の一つが「寒天」。海なし県だから原料の天草はもちろん採れませんが、山峡の寒暖差を活かした加工が盛んで、その最大手が「伊那食品工業」さん。赤松の森ン中に工場と直売店が在ります

 

つまり東西両睨みが出来る訳で、その利便性ゆえに食品工場が結構多く、付属の直売店を巡るだけで随分と楽しめる。むしろソレを楽しみにしてますが、ソレなり以上の観光地に成ってるトコまで在ったりしますヨ。

 

さて駒ヶ根高原から広域農道を北へ走り、伊那市に入ると大きな寒天工場が。ブランド名の「かんてんぱぱ」と云えばお判りに成るかも知れませんが、ココは積極的に観光客を迎い入れ、塩梅良く賑わってますゼ。

 

工場の敷地は三万坪も有るソウで、一般に公開されてる部分は「かんてんぱぱガーデン」なる名称通り、いつ来てもキレイに整えられてますナ。広域農道の東側エリアに、大きな直売店やレストランが揃ってます

 

ソレにしても寒天って不思議な名前。プルプルの心太を真冬の寒い天気に晒して作るンで、隠元禅師が熟考の末に「かんざらしところてんを略して命名された・・って、まるで講談みたいな由来譚が有りますナ。

 

その程度なら私メでも考えられそうな気もしますが、かの名僧大悟の御案と聞くと有難く思えるから尚更不思議。尤も真冬の天然乾燥モノは今や希少で、工場ン中で毎日拵えてるマスプロ品が殆どの様ですケド。

 

西側エリアは全く中央アルプスの麓の森で、ソコに研究所やらホールやらが点在してますが、ガーデンらしくチョットした芝生の広場も在るモンで・・取り敢えず寝っ転がって、空を眺めてボンヤリと。実に長閑です

 

信州に寒天製造の技術が伝わったのは幕末だったと聞きますが、昔は天候次第で生産量の多寡は著しく、ソレで相場は乱高下。安定供給出る様に成ったのは、冬の寒さに頼らずに済む工場化してからだとか。

 

勿論ココじゃ近代的に年中作ってる筈ですが、私メら観光客が入れるエリアは自然タップリで、如何にも身体に良さそうナ気分にだけど幾ら食べても太れないのよネ。贅沢な悩みですが、もう少し太りたい私メです。

 

東側エリアは団体客中心に賑わってますが、西側はお客が少なくて・・コッチの売店の方が製品の種類は多いのに。お蔭でノンビリと品定めをし、今回もイロイロ買い込みましたナ。ただ試食の寒天ゼリーは東側の方が、味がチョット多かった様な・・試食に贅沢言っちゃダメですが

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県伊那市高遠町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「おいでな伊那」伊那市観光協会HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「なつかしい未来」イーナ・ムービーズHP
★「甲斐駒ヶ岳」YAMAKEI ONLINE HP
★「寒天百科 寒天とは何だろう?」伊那食品工業HP

★「海のない信州でなぜ寒天なのか?」長野県のおいしい食べ方 JA長野県HP

★「いい会社をつくりましょう」伊那食品工業HP

★「社員の幸せを露骨に追及する会社」日経ビジネスオンラインHP
★「かんてんぱぱガーデン」伊那食品工業HP
★「長野『かんてんぱぱガーデン』は買物以外も楽しめるテーマパーク」たびねすHP
★「レストランひまわり亭」伊那食品工業HP
★「かんてんぱぱ」siйkoのまったり部屋ブログ


(関連する記事)
★「748 【やきそば40】伊那市の名物『ローメン』」
★「1495 【やきそば153】ドッチが出て来る?伊那の『ローメン』」
★「1496 【保存食品36】『かんてんぱぱ』と『粉豆腐』・・伊那市」
★「1851 【保存食品47】「かんてんぱぱ」と信州『平』問題・・伊那市」

★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(一時より太れましたが、今のママじゃ冬はまたツラく成りそうな気が)

ガーデン内にゃ本格的な蕎麦屋や茶房のほか、寒天を使った料理の楽しめるレストラン等が在りましたが、今回は東側エリアのひまわり亭さんで如何にもココらしく「和風きのこ寒天麺」を食べて参りましたヨ。信州しめじと鶏肉がタップリ入った暖かい汁蕎麦と考えると判り易いですが、何しろ寒天工場の直営だから麺はもちろん寒天!食感はベトムのフォーに近いかナ?コレがまた濃い目のお汁に良く合って、私ぁ毎週食べても良い位。ソレで居て一杯300kcalくらいしか無いらしく、ダイエット中の方にゃ向いてるかも知れませんヨ。尤も私メの場合はバケツ一杯くらい食べないと・・そんなに食べたら満腹感が凄い筈ですが




| 2017.09.02 Saturday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2909 【やきそば320】残暑の高原で「豚ローメン」を・・駒ヶ根

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

駒ヶ根市を訪ねる様に成って四半世紀ほど経ちますが、あの頃ピカカだった街中のSC「ベルシャイン」は多少寂れたモノの、展望台からの南アルプスの眺望は変わりませんナ。もちろん晴れてたらですケド

 

八月も下旬に入って漸く夏っぽく成った都内を脱出し、南信州・伊那谷のほぼ真ん中に在る駒ヶ根市へ参った私メです。ココ数年、この時期に成ると決まって訪ねてますが、今夏は些か予想が外れちゃいましたネ。

 

例年だと・・残暑厳しい都会で草臥れた心神と身体を、標高八百mの風涼しい高原で癒したいと気取るのに、今年の東京はドウにも暑く無く・・彼辺此辺に成っちまった様な。ま、想定通り行かないのが予定ですが。

 

中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳(2956m)」の麓に拡がる駒ヶ根高原の中心は、地元JA運営の観光施設「駒ヶ根ファームス」。野菜直売所や地ビール工場が在ったりするンで、取り敢えずココへ参りましょ

 

今夏の駒ヶ根はいつも通りに暑かったらしく、コレだったら避暑地ならぬ「避寒地」としてもっと早く訪ねれば良かった気もしますが、幾らナンでもココまで滅茶苦茶な気候に成るとは、御釈迦サマでも気付かない筈。

 

ましてや私メみたいな芸人風情に判ろう訳も無く、仕方無ぇやと諦めるよほか有りませんが、高原の季節の巡りは順当で・・秋がチャンと来てるらしく、昼間はともかく朝夕の寒いコト。野山は秋の虫の合唱大会!

 

ファームスで最初にするのは、地元産牛乳だけで造ったソトクリーを舐めるコト。濃厚なのにサッパリ、ソレで居て安い!プレーン以外にが有り、今回は桃味のをペロペロと。さてナニして過ごしましょうか

 

前回ココに来たのは梅雨入り頃でしたが、ソレから二ヶ月ほどの間に随アチコチへ参りましたナ。拙宅の在る都内を歩き廻わったのは勿論、く陽光を求め灼熱の上方へ向ったり、実家の在る静岡へ帰ったり。

 

挙げ句の果てにゃ海峡を飛び越えて、戦後初の講談口演の為に韓国まで遠征したり。ソリャもっとワールドワイドに動き廻ってる方からすればお笑い草でしょうが、発病してからコレほど移動した夏は無いですヨ。

 

流石に三千m級の高峰と成りますと・・お山の天気はホント気紛れで、「駒ヶ池」の畔からは晴れてるのに木曽駒が見えたり見えなかったり。夏は稜線に雲が湧き易い季節で、仕方無いっちゃ仕方無いンですが

 

ソレは万全じゃ無いけれど、確実に回復してるから。いや回復てるだから。コレまで止められてたコトや、半ば諦めてたコトが俄然できるに成り、戸惑いと不安を抱えつつも一つずつフツーに戻って行った夏。

 

けれどソリャ無理を超える無茶をした結果で、到達感は大いに得られたモノの疲労感は大変で・・ネ。だから大好きなこの高原で、ホンのひと時でもノンビリしたいですナ。こうして今回の伊那谷の旅が始まるのです。

 

駒ヶ根と云えば「ソースかつ丼」が売りですが、観光客相手のお高いトコばかりに成っちゃって・・昔はソウじゃ無かったのに。だもんで地元客しか行かない広域農道沿いの「ペリカン」さんへ。ココは知る人ぞ知る大盛りの殿堂で、当り前の店じゃ大盛り級のコレが普通のサイズ。更にスゴイ大盛りが別に有りますが、今の私メじゃ食べ切れませんヨ。飯が毎度ベシャベシャなのが難点ですが、お値段はリーズナブルです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県伊那市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「避暑地『駒ヶ根高原』」駒ヶ根高原リゾートリンクスHP
★「Bell Shine ベルシャイン」ニシザワHP
★「駒ヶ根ファームス」JA上伊那HP
★「信州駒ヶ根高原すずらんハウス」すずらんHP

★「すずらん牛乳100%『すずらんソフトクリーム』」さわやか信州 旅ブログ
★「駒ヶ池から中央アルプスを望む」駒ヶ根市役所HP
★「駒ヶ池(長野県駒ヶ根)」水辺遍路ブログ
★「ペリカン駒ヶ根店」上伊那ドットネットHP
★「ボリューム満点!上伊那もりもりグルメゥ撻螢ン」い〜な上伊那ブログ
★「Cafe’rest PELICAN
(洋食、カフェ@駒ヶ根市)」信州の美味しいお店HP

(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ペリカンさんは「駒ヶ根ソースかつ丼会」に未加入、だから安いのネ)

ペリカンさんにゃメニューが多過ぎて、しかも全てが大盛りだったりするから弱っちゃうンですが、お奨めはソースかつ丼じゃ無く「焼きそば」と「焼肉丼」だったりしますヨ。ならばと焼きそばを頼んでみましたら、軽く二人前くらいな規模のが・・この上に大盛り・特盛り・ダブルサイズまで有るンですがネ。しかも当り前の焼きそばじゃ無く、コレって豚肉(他のメニューとの使い廻し?)を使ったローメンですナ。ローメンは伊那谷北部の名物で、専ら羊肉(マトン)を少し硬い太麺と一緒に炒めたモノとされてますが、お店ごとに汁気が多かったり少なかったり味付けが違ったりと千差万別。ペリカンさんはウスター主体で、味が足りなかった掛けて呉れと別瓶までセットされてましたナ(私メ的にはこのママで充濃かったですが)。完全に身体が治ったら、ダブルに挑みたいです




| 2017.09.01 Friday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
2854 【野菜果物98】今年も作るぞ「信州の下剤ジャム」2017・・駒ヶ根

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

中央アルプス(木曽山脈、画像)と南アルプス(赤石山脈)の二大山嶺にまれた、南信州・伊那谷のお天気はホント気紛れで・・晴れたり曇ったり雨降ったり。梅雨時だから仕方無いですケド、チョット残念です

 

南信州の天竜川沿いに長く延びる、伊那谷の真ん中に在る駒ヶ根市へ参った私メです。ココに研修所を置く青年海外協力隊に、友人が昔ていたコトも有って、二十数年前から時折参ってる馴染みの街ですネ。

 

中央高速沿いの便利なトコなのに、今いちマイナーなモンで・・程よく寂れてて、呑気にリゾート気分を味わえるモンだから、発病してからのココ数年は頓に参ってますナ。去年は一体何度、駒ヶ根に来たかしらん?

 

中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳(2956m)」から流れ出す、「大田切川」沿いが温泉リゾート地。北宮田高と南岸の駒ヶ根高原を結ぶ「こまくさ橋」の上は風が涼しくて、雨さえ降って無けりゃ最高なのに

 

木曽駒の麓に拡がる美林をブラブラ歩くコトで、長引く闘病で憂いたを癒せるのも有難いですが、今回はソレが目的じゃ無い。梅雨時に毎年やってる恒例行事、「高原ハーブのジャム作り」の材料をば買いに!

 

発病してから無理に成ったコトは沢山有り、早く寛解してソレらを再び出来る様に成りたいと頑張ってますが、だから?ナンとか可能な数少ない楽しみに、無理して獅噛み付いてる私メ。為し得る限り、続けたいのヨ。

 

駒ヶ根高原にゃ幾つか池が在りますが、温泉地に近い「駒ヶ池」の真正面に、晴れてれば「木曽駒ヶ岳」の雄峰が拝める筈。ですがこの梅雨空じゃ如何ともしがたく、水面を渡る峰風にタダ吹かれて参りました

 

ジャム作りなんて東京でも出来るだろうと仰るでしょうが、勿論ソリャ首都だモノ。出すモノさえ出せば、幾らだってナンだろうと集められる。でもソレじゃ趣きと楽しみに欠けますし、大体が元手が掛り過ぎちまうヨ!

 

その点コチとら基本的に暇で、安く手に入れられる産地まで買いに参るのが嬉しいンで、発病前からソレを買ってる駒ヶ根に無理してでも行かなくちゃ。恒例行事は恒例通りにやらないと、ドウも気が済まンのです。

 

木曽駒が見えるのを待ってたンですが、陽が暮れちゃいまンで・・去年の梅雨に撮ったのでご勘弁を。日本で一番高い場所まで昇るロープウェイに乗れば、山頂近くまで簡単に行けますヨ。暫く登ってませんナ

 

確かに拘り過ぎだし、自分でもオカシイと判ってますが、今はソレで良いのヨ。誰かに糾弾される程の偏執じゃ無いし、コレもまた治療の一環だモノ。と・・自分に言い訳し、大好きな駒ヶ根のスーパー・ツルヤさんへ。

 

元気だった頃は軽井沢のツルヤに良く参りましたが、アソコは寛解したらの楽しみに温存中。今年も思う通りに手に入れた、信州産の新鮮なルバーブ。さぁ東京に持って帰り、恒例通りにグツグツ煮込みませんと!

 

で・・一体ナニを買ったかと云えば、ソレが御覧の「信州産ルバーブ」。シベリア原産の蕗みたいなハーブで、中国じゃコレの根っ子から漢方の「大黄(要するに下剤)」を作ったりしますが、ジャムに使うのは茎だけだから御安心を。他所と違って信州は真っ赤なのが安いンで、今回は二束(二kg)だけ・・もっと欲しかったンですが、駒ヶ根のツルヤさんにゃソレしか無かったのヨ。ま、また駒ヶ根まで買いに行けば良いンですが

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都武蔵野市吉祥寺」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「避暑地『駒ヶ根高原』」駒ヶ根高原リゾートリンクスHP
★「中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ」中央アルプス観光HP
★「木曽駒ヶ岳」Yamakei Online HP

★「こまくさ橋」近畿の吊り橋HP
★「駒ヶ池から中央アルプスを望む」駒ヶ根市役所HP
★「駒ヶ池
(長野県駒ヶ根)」水辺遍路ブログ
★「最高レベルの鮮度・おいしさ・旬と、安さを追求します。」ツルヤHP
★「ルバーブ/食用大黄」旬の食材百科HP
★「ルバーブのことをもっと知りたく思いました」長野県のおいしい食べ方・JA長野県HP
★「ルバーブジャムの作り方」軽井沢ドリームハウス生活日誌ブログ


(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(寛解出来たら、このオカシな拘り過ぎから抜け出せるンでしょうか?)

ルバーブジャムの作り方は簡単で、良く洗ったルバーブを適当にブツ切りにし、ソコに呆れるほど沢山の砂糖をブッ掛けて、暫く放って置きますヨ。ソウすると水分が勝手に出て来ますンで、レモンの絞り汁を適当に入れ、ソレ以上の水分は一切加えず、焦げない様に注意しながら中火でグツグツ煮るだけ。するとまぁナンと云うコトでしょう!硬かったルバーブが次第にグズグズに煮崩れて、ドロドロのジャムに成っちまうンですヨ。後はヨーグルトに乗せたり、トーストに乗せたり・・と、果物のジャムと同じ様に御利用下さいませ。根っ子と違って茎の下剤作用は殆ど有りませんが、繊維質が豊富ナンでお通じにゃ宜しいと思います




| 2017.06.24 Saturday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS