きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
1892 【麺類色々142】湘南の本家で「ラオシャン」を・・平塚


平塚市は海軍火薬廠が戦前置かれ、戦艦や戦闘機等の弾薬・爆弾を生産してた街。その跡地は横浜ゴム等の工場に成ってますが、明治末に建てられた士官クラブが、通称「八幡山の洋館」として残ってますヨ

神奈川・湘南の中心都市・平塚市へ参りました。世間のイメージじゃ「湘南は江ノ島や鎌倉」でしょうケド、湘南なる地域名は百論噴出。新湘の「鎌倉辺りこそ湘南」てな説や、西湘の「平塚辺りこそ湘南」てな説が。

そもそも湘南とは「中国・湖南省の洞庭湖(湘江)の南岸」のコトらしく、ソコは中国禅宗のメッカだったとか。大きく尊い禅寺の多い鎌倉は中国に肖って、幕府が在った頃からソウ称してた筈・・てぇのが鎌倉説だとか。

一方平塚説(厳密には西隣りの大磯町ですが)は、大磯に在る日本三大俳諧道場の一つ「鴫立庵」に建つ西行法師の句碑の裏に、「著盡湘南清絶地」と刻まれてるから・・と云うモノ。訳すと「湘南って爽やかだネ」。


ソレは寛文四年(1664)に建てられたモノらしく、大磯から見た相模湾の海岸を「洞庭湖南岸」に見立てたンだとか。取り敢えず物証が有るだけコッチの方が信憑性は高く、私メとしては平塚説の肩を持っときますヨ。


平塚はJリーグ「湘南ベルマーレ」の本拠地で、「ウチこそが湘南!」てな意識が強く、街中で湘南の二文字を見ますネ。コチラは旧東海道沿いの中心商店街「湘南スターモール」で、七夕祭りの主会場と成ります

「ドッチでもイイじゃんか」とも思いますが、湘南が付く付かないでイメージは上下し、地価や観光収入等が変わって来るから必死ナンでしょう。尤も鎌倉の人は、「鎌倉の方が湘南よりイメージは上」とか言いますが。

一方平塚側は「湘南の本家」意識が強い様で、「軒先を貸したら母屋を取られた」と言い放った人を知ってます。だからマスゴミの作った「鎌倉や江ノ島が湘南」てなイメージに憤慨し、妙に意固地に成ってる感が。

イイじゃんか!地域唯一のブロ球団「湘南ベルマーレ」の本拠地は平塚だし、湘南で一番盛大なお祭り「七夕」も平塚だ。「ど〜せ西湘扱いされる」と卑下してないで、湘南ナンバーのエリアはみんな湘南じゃんか!


最近は双方を納得させようと、「相模国の南の海だから『湘南』、サンズイはオマケ」説も出されてるらしく、ブランド地名は難しいです。ま、ベルマーレのJ1再々々昇格もほぼ確定、来年こそ湘南旋風を待ってます。
 


開催は毎年七月ですからとっくに終わっちゃいましたが、平塚は関東最大の「七夕祭り」が行われる街。JR平塚駅の改札にゃ七夕飾りが未だに吊るされ、来年のソレを早くもアピール中。でも旧暦と違い、新暦七月はまだ梅雨時期で、お天気が良く無いのよネ・・暫く行ってません
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「神奈川県川崎市川崎区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「湘南ひらつかナビ」平塚市観光協会HP
★「観光情報ひろば湘南」神奈川県庁HP
★「平塚を中心にして地域情報を」湘南ジャーナルHP
★「旧横浜ゴム平塚製造所記念館」八幡山の洋館HP
★「七夕の街の商店街」湘南スターモール商店街HP
★「湘南ひらつか七夕まつり」実行委員会HP
★「湘南地方」日本の世界遺産HP
★「湘南の生活とは」神楽坂建築塾HP
★「【正当な湘南は何処までか】『湘南あるある』のまとめ」NAVERまとめHP
★「50年伝統のラーメン」老郷
(ラオシャン)HP
★「老郷本店(ラオシャン)@平塚 〜平塚式タンメン〜」空腹時に見てはいけないブログ


(関連する記事)
★「031 速報!! 湘南の暴れん坊、J1へ還る」
★「241 【麺類色々12】湘南平塚の不思議なラーメン」
★「242 【スイーツ13】江ノ電は商店街をゴトゴト走る」
★「457 【やきそば22】湘南の暴れん坊、未だ健在」
★「671 【揚げモン21】藤沢・遊行寺を参拝して『鳥皮』を!」
★「672 【お米料理41】藤沢の珍名物『フレッシャー』に白旗!」
★「1285 【名物パン117】『湘南アンパン』を持って江ノ島に!」
★「1287 【揚げモン46】江ノ電と海と『焼きそばコロッケ』と‥鎌倉」
★「1746 【スイーツ113】神様のアヒルと『湘南ロールケーキ』・・平塚」
★「1837 【麺類色々137】『牛乳ラーメン』を土砂降りの藤沢で」
★「1838 【やきそば191】茅ヶ崎海岸と『しょっつる焼きそば』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(こと『住む』に関しては、平塚が湘南全域で一番便利だと思います)

同じ湘南でも名物料理の一つも無い茅ヶ崎市と違い、平塚は珍しいソレの多い街ですナ。中でも「ラオシャン」なる酸っぱいタンメンが平塚独自。「老郷(ラオシャン)」と「花水ラオシャン」の両チェーンが在りまして、「花水」の方は以前ご紹介致しました。だもんで今回は老郷の本店に参りましたが、キレイに建て替わってて吃驚仰天!具が刻みタマネギだけの花水に比べ、老郷はワカメとシナチクが乗ってて少し豪華。味は老郷本店はより酸っぱくて・・米酢がチョット効きすぎヨ。ラー油を掛けて中和させてから頂戴しましたが、こんなの他地区で食べたコト無いですネ。流石に相模国の国府だった(時期も有る)トコは不思議な伝統が有り、湘南で一番ツッパッテる街だ・・と再認識した私メです。ソレにしても・・あぁ酸っぱい!ドウしてこんな不思議なのが出来たの?




| 2014.09.08 Monday (00:15) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
1839 【スイーツ125】濃霧の箱根で「神奈川名産ゼリー」を


いやぁ参った、箱根山中はご覧の濃霧!視界はせいぜい数mと云った塩梅で、運転するのが実に怖い。対向車線の車が突如出現する感じで、こりゃ慎重に走らせませんとネ。だけど・・妙に幻想的な風景でした

山の天気はホント気紛れですナ。神奈川県の最西部・箱根町へ参った私メですが、昨日ご案内の茅ヶ崎市と同じく、麓は素晴らしい青空だったのに、山頂の芦ノ湖へ来たらばトンでも無い濃霧!コレにゃ驚いた。

麓から見上げたら、イヤらしい雲がモクモクと箱根山を呑み込もうとしてましたンで、むしろ雨降りを覚悟した私メですが、雨じゃ無くて霧だったか・・。しかも視野が余り効かぬ濃霧で、流石に霧が名物の箱根です。


芦ノ湖の湖畔はご覧の有様。遊覧用の手漕ぎボートの乗り場も、コレじゃ商売にゃ成らないと全て閉鎖されてます・・って当たり前かナ。まだ梅雨時の訪問だったンで、観光客自体が殆ど居なかったンですがネ

国内有数の大温泉地として、また関東一のリゾート地として箱根は名高く、観光客は年間二千万人を超えると云うから、流石に国際観光地!私メも子供の頃から度々連れてって貰い、成長してからも何度行ったか!

日頃の行いは良くないのに、不思議と霧に遭う事は少なく、すっかりその危険を忘れてました。ま、箱根は寒冷なのに多雨多湿で、夏が近づき気温が高く成って来ると、ドウしても霧の発生が多く成るのは仕方無い。


芦ノ湖は晴れてればこんな感じ。多くの観光船が行き来する爽快なトコなんですが、いざ霧に成ると事態は一変。観光船は「霧ダイヤ」に切り替えて、慎重な運航に努めるとか。霧の中の船旅も良いンでしょうナ

箱根山は四十万年前に活動した、二重の外輪山を持つカルデラ火山。今だに有毒ガスを噴出するトコも有りますが、少なくともココ数千年は噴火してません。芦ノ湖の傍に聳える、中央火山の最高標高は1438m。

その南方に延びる伊豆半島は太古、独立した火山島だったとか。但し乗ってる地殻が本州と違い、北進するフィリピンプレート。やがて本州に衝突し、激しい地殻変動を生じさせますヨ。コレで箱根が出来たとか。


濃霧の中、柄にも無くエッチラオッチラ慎重に進み、何とか箱根神社の三の鳥居まで参りましたヨ。ココまで来れば神社までは残り数百m。因みにココの一の鳥居は、竜神様を祀る為に芦ノ湖の水中に立ってます

つまりインド亜大陸がユーラシア大陸に激突してヒマラヤ山脈が出来た様に、伊豆が本州に激突した結果、箱根が生じたらしい・・尤も講釈師の云うコトだから、ドコまで本当か判りません。何れにしろ遥か昔だ。

晴れてりゃ地殻変動と、長い年月をかけた火山活動で、極めてダイナミックな風景に成った箱根に感嘆出来ますが、こんなに霧が出たら・・前もロクに見えない。遠くよりもまず足元と、命大事を志す私メでした。



「箱根神社(箱根権現)」サマは、神話の時代から在ったとされる大変な古社で、関東中の武家から鎌倉・鶴岡八幡宮に次ぐ崇拝を集め、江戸幕府からの庇護も受けてますヨ。ご覧の濃霧で、一層神秘的でしたネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「サッカーW杯ブラジル大会」について今更考えます★

(参考リンク)
★「箱根全山」箱根町観光協会HP
★「箱根ナビ」小田急電鉄HP

★「芦ノ湖ナビ」芦ノ湖温泉旅館組合HP
★「天下の険で運開き」箱根神社HP
★「箱根海賊船」箱根観光船HP
★「箱根ジオパーク」箱根ジオパーク推進協議会事務局HP
★「伊豆半島が北上し、本州に激突した」折り畳み自転車で野山を走ろうHP
★「雲と霧と靄(もや)・・科学用語の使い分け」箱根おもしろ百科ブログ
★「神奈川名産 小田原みかん まるごとゼリー」【試】EF5859の部屋ブログ

(関連する記事)

★「229 真鶴岬でハヤブサの地球帰還を祝う」
★「230 【お魚料理08】その時、会議は踊ったin小田原城」
★「261 【講談の舞台06】太閤の一夜城‥小田原市」
★「262 君は『外郎売り』を諳んじて居るか?」
★「263 【名物パン17】キンジローは神様に成った」
★「458 足柄山の金太郎は・・」
★「1054 【麺類色々66】『小田原流担々麺』と城下町」
★「1055 【お魚料理57】早川漁港で『イサキのさつま揚げ』‥小田原」
★「1248 【名物パン111】小田原『あんパン』と命懸けの贈り物」
★「1588 【スナック31】間もなく開催!箱根駅伝と『ケチャップ味のポテチ』」
★「1747 【スイーツ114】元祖『ういろう』は小田原だったりする!」
★「1838 【やきそば191】茅ヶ崎海岸と『しょっつる焼きそば』


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(富士山も箱根と同じく、伊豆が本州に激突した影響で出来た山です)


濃霧で観光客が居ないンで、土産物屋等が殆ど閉まって居り、よって恒例の「珍しいモン探し」なんて出来る状況じゃ無かったンで、根多ストックの中からでご勘弁を願います。箱根の麓・小田原市は、みかんと梅の名産地。ソコで小田原市のナチュレさんの「神奈川名産 まるごとゼリー」。甘さは控えめで、夏向けな涼しい食感。袋入りは珍しいです




| 2014.07.24 Thursday (00:15) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
1838 【やきそば191】茅ヶ崎海岸と「しょっつる焼きそば」


明治三十一年(1898)の開設と云うから、茅ヶ崎海水浴場は結構な老舗。ですが利用客が減少し、平成十一年(1999)に「サザンビーチちがさき」と改称したら、利用客が増加したとか。あのバンドに因んでます

さぁ夏だ、海へ繰り出そう!そんな季節が今年も参りました。私ぁ東京・板橋区の生まれで、静岡市等で育ったモノの芸界入りしてから板橋に帰り、以来ずっと住まいしてますヨ。地味な区ですケド、ほぼ満点に近い。

恐らくはコレからも住まいして行く筈ですが、「ほぼ満点に近い」と云う表現に成っちまうのは、残念ながら板橋にゃ海が無い。太古の昔は海沿いだった様ですが、地殻変動で海岸は遠くへ行っちまった・・海を返せ!



海水浴場にも営業時間(遊泳時間)は有りまして、サザンビーチは夕方五時まで。ソレまで賑やかだった海岸が、途端に静かに成るから面白い。画像右に遠く「江ノ島」が見えてますが、静かなら素敵な海ですナ

尤も無いモノねだりして仕様が無いし、板橋が海沿いに成ったらば、「都内の殆どが水没する」未曾有の大事態!日本のみならず、世界経済が崩壊しちまいますンで、私メの生きてる間は「海なし」で居て貰わにゃ。

てな訳で海を眺めに参りましたのは、神奈川・茅ケ崎市。私メがヒマだった二ッ目時代に「講釈師を辞め、プロのボディボーダーに成ろうか」と本気で悩んだ平塚市と、相模川を挟んで隣りの街。湘南のほぼ真ン中。



サザンビーチから水平線を見てみれば、何やら突き出た岩礁が・・。コレぞ茅ヶ崎のシンボル「えぼし岩(姥島)」で、昭和二十年代に米軍が艦砲の射撃訓練場に用いる前は、もっとスマートな格好してたソウですヨ

同じ湘南なのに、平塚海岸は波が荒くて遊泳禁止。茅ヶ崎は有名な海水浴場で、人出は雲泥の差。お蔭でのんびりボディボードして遊べたンですが・・もぅ時効ですから勘弁して下さい。私ぁ静かな海の方が良い。

そう、海水浴場は五月蠅くて敵わない!なんで海の家はあんなに騒がしく、音楽を鳴り響かせにゃ成らぬのか?ソレが良いと仰る方も居ましょうが、正直ありゃ騒音よ。毎日聞かされる周辺住民は、耐え難い筈だ。


海水浴場の安全を守るライフセーバーの面々が、沖合い監視用のジェットスキーの収容作業をしてましたヨ。酔っぱらって海に入る馬鹿が居ますンで、彼ら・彼女らはホント大変でしょうナ。活動に感謝します

ソレだけじゃ無く「クラブ化」?半ばディスコに近い状態と化し、しかも猛暑の中で大酒を呑むンで酔いが回り、前後不明に成って周囲に迷惑を振りまく輩が大増加!或いは刺青した阿呆共が喧嘩騒ぎを起こしたり。

只でさえ暴走族で五月蠅いのに、海岸まで・・で怒り頂点に達した湘南の自治体は、「音楽の禁止」「営業時間の短縮」等の強硬措置を取り始めてますヨ。夕方のサザンビーチは静かで宜しいナ、と思う私メです。


「サザンビーチ」に代表される様に、茅ヶ崎と云うと例のバンドのイメージだらけですが、私メにとって茅ヶ崎と云えば・・南佳孝さん。苦み走った大人!って曲を書かれる方で、茅ヶ崎に四十年近く住んでらっしゃいます。黄昏の海岸に似合うボサノバで、「Maidnight Lovecall」を
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「神奈川県足柄下郡箱根町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ちがさきナビ」茅ヶ崎市観光協会HP
★「茅ヶ崎スタイル」茅ヶ崎市商工会議所HP
★「サザンビーチちがさき」茅ヶ崎海水浴場事業協同組合HP
★「湘南の『海の家での音楽放送全面禁止』に見る、クラブと近隣問題と風営法」バザップ!HP
★「藤沢市民『海の近くに住んでいるのに、シーズン中に海へ近寄れない』」とある青二才の斜方前進ブログ
★「Life Saving」SURF90茅ヶ崎ライフセービングクラブHP
★「Minami Yoshitaka」南佳孝オフィシャルHP
★「南 佳孝@茅ヶ崎」茅ヶ崎ゆるり生活ブログ
★「男鹿しょっつる焼きそば」男鹿の焼きそばを広める会HP
★「男鹿のしょっつる焼きそば」八郎めんHP
★「秋田の新B級グルメ!男鹿の味が家庭でも☆八郎めん」Lococom HP

(関連する記事)

★「241 【麺類色々12】湘南平塚の不思議なラーメン」
★「242 【スイーツ13】江ノ電は商店街をゴトゴト走る」
★「457 【やきそば22】湘南の暴れん坊、未だ健在」
★「636 【呑みモン21】暑いンで‥寒川神社へ行こう!」
★「671 【揚げモン21】藤沢・遊行寺を参拝して『鳥皮』を!」
★「672 【お米料理41】藤沢の珍名物『フレッシャー』に白旗!」
★「1285 【名物パン117】『湘南アンパン』を持って江ノ島に!」
★「1746 【スイーツ113】神様のアヒルと『湘南ロールケーキ』・・平塚」
★「1837 【麺類色々137】『牛乳ラーメン』を土砂降りの藤沢で


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(『静かな海岸』作りに大賛成!騒ぎたいなら密閉された倉庫でやれ)


茅ヶ崎もイロイロ有って昔から出入りしてますが、つくづく思うのは「独自の食いモノの無い街だナ」ってコト。東隣りの藤沢市と西隣りの平塚市は探せば探すだけ、私メら好みの珍しいモンが見付かるのに、茅ヶ崎は幾ら探しても見付からない。やっぱ東海道の宿場じゃ無く、「間の宿」だっのが影響してるのか?ソコで仕方無いンで根多ストックの中から、秋田・男鹿市の「しょっつる焼きそば」を。茅ヶ崎と男鹿に何ら関連性は有りませんが、「海=塩」と云うコトでご勘弁を。しょっつるとは鰰
から造る魚醤で、ソレが効いてて中々に美味いですナ。新規捏造モノのB級グルメは余り好きじゃ無いですが、コレは宜しいのでは?茅ヶ崎ももっと探せば見付かるンでしょうが、ソレは何れまたの御機会に・・




| 2014.07.23 Wednesday (00:15) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
1837 【麺類色々137】「牛乳ラーメン」を土砂降りの藤沢で


小田原・平塚・・と、デパートが消えてく市ばかりの神奈川県。藤沢市も同様で、西武が撤退し丸井も撤退し・・大丈夫?JR藤沢駅南口の小田急はともかく、北口の「さいか屋(画像左のビル)」が心配な私メです

梅雨時で生憎の天気の中、神奈川県を意味無くブラつく私メです。昨日までの横浜・鶴見区に続き、参りましたのは藤沢市。横浜・川崎・相模原の三政令市に次ぐ、四十二万人の大きな市・・って、そんなに居たの!

相模湾沿いの所謂「湘南エリア」の中心に成る街で、ドウしても「海」ってイメージですが、この雨降りではとてもとても眺望は望めソウも無い。江ノ島方面にゃ向かわず、藤沢駅から藤沢宿に掛けて歩くとしましょうか。

昔の藤沢駅前は、地元資本「さいか屋」「江ノ電デパート(現:小田急藤沢店)」に加え、丸井は在るわ西武は在るわ。東急ハンズ一号店は在るわ十字屋(現:オーパ)は在るわ・・で、デパートだらけの街だったのヨ。

処が久方ぶりに来てみたら、正直・・賑わいが薄れましたナ。寂れたとは言わンけど、デパートはさいか屋と小田急だけに成っちゃって寂しい。川崎からの撤退の決まったさいか屋サン、藤沢だけは死守して!


藤沢駅〜藤沢宿の間と云うと、ドウしても「遊行寺」サンに触れぬ訳に参りません。正中二年(1325)に建立された時宗の総本山で、正式名は「藤沢山無量光院清浄光寺」。ココから藤沢と云う地名が出てます

さて藤沢宿の方ですが、ドウしてかは知りませんが・・駅から結構離れてます。ココは東海道の第六番宿で、江戸から十二里半(五十km)の距離と申しますから、健脚な昔の旅人ならば初日のお宿を取る辺り。

また昔から観光地の「江ノ島・鎌倉」への追分として、随分栄えたとか。加えて時宗の総本山「遊行寺」の門前町で、時宗は伝統仏教十三宗の中で唯一、関東に総本山が在る。鎌倉末期に一遍上人が始められた。

・・等と晴れてたら商売柄「講釈して」廻るトコですが、遊行寺サンのご門前を通る頃には見事な土砂降りに。講釈なんかしてる余裕は有りゃしませんゼ、雨宿り出来るトコを探す方が優先だ。さぁ逃げろや逃げろ〜!

梅雨時に散歩する方が悪いと言われるでしょうが、ソレが酔狂と云うモノで、私ぁ真面目に酔狂やってンだから仕方無い。とは云え・・この大雨じゃ再度の訪問を期した方が良いと、駅行きバスに乗った私メでした。


駅から離れてるから?藤沢宿には古い建物が所々に残ってます。コチラは「桔梗屋」と云う紙問屋サンで、明治四十四年(1911)建築の店蔵造り。その頑丈さは大変で、関東大震災で将棋倒しに成った宿内の建物を、この家の大黒柱が止めたンだとか。現在もご盛業のご様子です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「神奈川県茅ケ崎市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「いつでもおいでよ!藤沢市・湘南江の島」藤沢市観光協会HP
★「江の島・ふじさわポータルサイト」えのぽ・湘南ふじさわシニアネットHP
★「藤沢宿発祥の起源 開山700年」時宗総本山 遊行寺HP
★「湘南の海に向かって一気に南下・藤沢市」小田急が通る街・酔燕亭HP
★「川崎・横須賀・藤沢で展開する、神奈川のデパート」さいか屋HP
★「藤沢宿を歩く」国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所HP
★「藤沢宿とは」藤沢宿ちょいぶらHP
★「藤沢宿・桔梗屋」www.hbirds.netブログ
★「湘南で最近よく見かける『牛乳ラーメン』」はまれぽ.com HP
★「こぐま@藤沢駅北口:ソウルフード牛乳ラーメン」湘南・鎌倉ぶらぶらネットブログ

(関連する記事)

★「242 【スイーツ13】江ノ電は商店街をゴトゴト走る」
★「636 【呑みモン21】暑いンで‥寒川神社へ行こう!」
★「671 【揚げモン21】藤沢・遊行寺を参拝して『鳥皮』を!」
★「672 【お米料理41】藤沢の珍名物『フレッシャー』に白旗!」
★「1285 【名物パン117】『湘南アンパン』を持って江ノ島に!」
★「1287 【揚げモン46】江ノ電と海と『焼きそばコロッケ』と‥鎌倉」
★「1288 【お肉料理35】『名刀正宗』と商標登録できない『鎌倉ハム』‥鎌倉」
★「1776 【お米料理131】駅そばと観音さまと『鯵丼』と・・大船


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(遊行寺は箱根駅伝で変に有名ですが、宿場内を駅伝は走りません)


こと珍しい食べ物の数にかけては、湘南じゃ藤沢と平塚が二大トップですナ。ドチラも不思議な発展を遂げたモンが多くて・・こちらは、藤沢市民のソウルフードと目される「牛乳ラーメン」。鶏ガラだしを牛乳で割った塩ラーメン、と云う表現に成りましょうか。牛乳の量は多過ぎず少な過ぎず、実にまろやかな味わい。注文の半数近くはコレでしたヨ




| 2014.07.22 Tuesday (00:15) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
1747 【スイーツ114】元祖「ういろう」は小田原だったりする!


戦国大名・北条家の居城だった「小田原城(小峯城)」を、JR小田原駅から眺めてみました。この小田原に京都から外郎家を招いたのは、初代の北条早雲公だったとか。以来、外郎家は小田原に定住しますヨ

およそ全ての物事に「始まり」はございますネ。但しソレがドウ云う状態で始まったか、イマイチ判らないモノが多過ぎまして、後々に成って「ウチが最初」「いや、ウチこそが元祖」と言い争うコトが多々有ったりする。

全く醜い争いで、不毛極まりございませんナ。「ドコが元祖なのか全く判らない」と結論が出て、周りも「ソウだねぇ」と納得するメロンパンみたいのも有りますが、大抵は商売がらみで「ウチが最初」を諦めきれない。

で、裁判で決着を付けようてぇ事に成りますが、有名な例が「ういろう裁判」。神奈川・小田原市のういろう屋が、愛知・名古屋市の同業者を訴え、遂には最高裁まで行っちまったと云う、平成十三年の出来事です。

小田原で五百年以上の暖簾を伝えるのが「外郎本家」で、歌舞伎十八番「外郎売り」で知られたお店です。その口上部分は舌耕の練習に打って付けで、寄席芸人を始め、話業・話芸に関わる者のお馴染みサン。


以前もご紹介しましたが、旧東海道に面して威容を放つのが「ういろう本店」。北条家の滅亡後も幕府から特認を貰って小田原に住み続け、元祖「薬の外郎」「お菓子のういろう」の製法を伝える関東の老舗です

中国・元朝の滅亡にて亡命して来た「陳宗敬」てぇ外交官が、室町幕府の庇護のもと京都に定住し、作ったのが「透頂香(とうちんこう)」なる丸薬です。仁丹に良く似た口中清涼剤で、以前ご紹介した事が有ります。

と同時に余芸みたいな感じで作ったのが「お菓子のういろう」で、外交官を「外郎(ういろう)」と中国じゃ呼びましたンで、外郎が作った薬とお菓子だから・・ソウ呼ぶンだと講釈師は説きます。大体は事実に即してる筈。

やがて戦乱を避けて外郎家は小田原に移り、現在で二十四代目と云うから凄いですが、名古屋やら方々で「ウチが元祖」と言い出すトコが増え、しかも売れてるンで本家が「勝手にういろうを名乗るナ」と怒った!

余りに一般名詞化し過ぎてて、流石に名称使用の差し止めは敗訴しましたが、最高裁は判決文で「小田原が元祖」と認めちまった!但し小田原で発祥とは誰も主張してませんし、私メもそんな阿呆は申しません。


外郎家の小田原下向前には有ったらしいンで、「お菓子のういろう」の発祥地は京都ナンでしょうナ。処が京都に残った御分家は絶え、ソコの職人達が方々に流れたンで、全国にういろうが拡がる事に・・。相模湾の彼方に伊豆大島を眺めつつ、講釈師はそんな事を調べてました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑


★明日は「静岡県磐田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「おだわらNAVI」小田原市観光協会HP
★「ぐるっと箱根観光圏」箱根・湯河原・熱海・あしがら観光圏推進協議会HP
★「小田原の様々な魅力を地元目線で」小田原観光ナビHP
★「難攻不落の城 小田原城」小田原市役所HP
★「小田原のお菓子 観光の際のお土産に」ういろうHP
★「外郎についてのうんちく」Odawara PR HP
★「ういろう・外郎博物館」ういろうEXPO HP

★「和菓子「ういろう」商標事件」虎ノ門総合法律事務所HP
★「歴史なお話(名物)外郎売り」よしのおもちゃ箱ブログ

(関連する記事)

★「229 真鶴岬でハヤブサの地球帰還を祝う」
★「230 【お魚料理08】その時、会議は踊ったin小田原城」
★「261 【講談の舞台06】太閤の一夜城‥小田原市」
★「262 君は『外郎売り』を諳んじて居るか?」
★「263 【名物パン17】キンジローは神様に成った」
★「458 足柄山の金太郎は・・」
★「1054 【麺類色々66】『小田原流担々麺』と城下町」
★「1055 【お魚料理57】早川漁港で『イサキのさつま揚げ』‥小田原」
★「1248 【名物パン111】小田原『あんパン』と命懸けの贈り物」
★「1588 【スナック31】間もなく開催!箱根駅伝と『ケチャップ味のポテチ』


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(小田原じゃ「薬の外郎」「お菓子のういろう」と呼び分けてる様です)


正真正銘!コレが元祖の小田原「お菓子のういろう」。名古屋辺りのと同じ米粉の蒸し菓子ですが、味は上品でムッチリ感はより強い様な。白以外にも茶や黒等が有りますが、本家アピール度が凄い!ご先祖さまが作り出したのに「もはや一般名詞化してるから、誰でも使っても良い」と判決を出されたら、悔しさの余りにこう成るのも判りますが・・。でも最高裁が正式に「ういろうの元祖」として認めて呉れたンだし、ソレで溜飲を下げる訳にゃ参りませんか?私ぁ名古屋のよりコッチの方が好みです




| 2014.05.02 Friday (00:15) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
1746 【スイーツ113】神様のアヒルと「湘南ロールケーキ」・・平塚


湘南じゃ最大の人口(二十六万弱)を誇る神奈川・平塚市は、東海道の宿場として栄えた街。ソレを相模川(馬入川)の河口に架かる、「湘南大橋(国道134号線)」から眺めてみました。冠雪した富士山がキレイです

「神様の使い」と云うモノがございますナ。日本神道じゃ「つかわしめ」とも言ったりもしますが、「神様の有難い思し召しを人間に伝える動物」がソレで、場合によってはソレ自身が神様だったりする場合も有りますヨ。

別に神道だけじゃ無いンでしょうが、日本各地の神社のお使いは実に多種多様で、ソレを知るのが(真に失礼ながら)面白くて仕方ない。有名なトコだと「伊勢神宮=鶏」「出雲大社=海蛇」「天満宮=牛」だったりする。


「日吉大社=猿」「春日大社=鹿」「熊野大社=烏」「稲荷神社=狐」ナンかも有名で、この関係で奈良公園にゃ沢山の鹿が、「御神鹿」としてウロついて居られます。間違って殺したりすると、神罰がきっと下る筈。

如何にも尤もらしい伝説や理由が有り、境内じゃその動物が飼育され、場所によってはソレが境内を我が物顔に闊歩してたりしますが、何しろ相手は神様のお使い。私メらが避けてお参りせねば、有難や有難や。


平塚の総鎮守は、国道一号線(東海道)に面した「平塚八幡宮」。千六百年以上も前に創建された東日本最古の八幡神社で、昔は「鶴峯山八幡宮」と称されてたとか。なのにココのお使いは、鶴じゃ無い様です

私メの両親がかつて住まいして居りました、神奈川・平塚市の神社ではナンとも珍しい動物が「神様の使い」として闊歩してます。ソコは相模国一国一社の格式を持つ平塚八幡宮で、境内はアヒルに占拠されてる。

ホント不思議な神社で、二十年ほど前に初めて詣でた時は、境内は野生化した鶏に占拠されてました。ドウもお祭りで売ってたヒヨコが多数放置され、ソレが狂暴化して飛び回り、参拝客を脅かす迄に至ってた様。


処がお祭りでヒヨコが売られない様に成り、新規兵の補充が出来なく成ったから?何時しか野生鶏は死に絶え、市民に平和が戻りましたが、神様が淋しがられたのか?数年前に数羽のアヒルを貰って来たらしい。

コレが忽ち増殖し、今やアヒルだらけ。幸い狂暴化せず、ヨタヨタ歩き回ってます。微笑ましく思えますが、夜に成ると集団で神社の外にお出掛けに行かれるンで、問題化してるとか。困った「神様の使い」です。


当たり前の様に沢山のアヒルが居るンで、地元の方はすっかり慣れっこですが、観光客はこの異様な風景に驚いてますナ。だって京都・岩清水八幡の伝説により「八幡神社=鳩」てぇのが決まりの筈ですが、何しろココは石清水サマより古いしねぇ。アヒルがお使いに成ってます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「神奈川県小田原市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「湘南ひらつかナビ」平塚市観光協会HP
★「平塚のよいところや悪いところ」平塚しってもらい隊HP
★「平塚宿を歩く」国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所HP
★「相模國一國一社」平塚八幡宮HP
★「神の使いの動物、種類と祭神など」神社お参りインフォメーションHP
★「あひる3羽」平塚八幡宮公式ブログ
★「応神天皇を祀る平塚八幡宮のアヒル」旅・音楽・読書・くるま・・ときどき店づくりブログ
★「
火曜日のUW-Nikkor35/2.5が見た平塚八幡宮」Sunday Photographerブログ
★「焼き菓子・チルドデザート販売製造メーカー」カンパーニュHP
★「激安ケーキ カンパーニュ@平塚」旅ゴハン・ブログ

(関連する記事)
★「
031 速報!! 湘南の暴れん坊、J1へ還る」
★「241 【麺類色々12】湘南平塚の不思議なラーメン」
★「457 【やきそば22】湘南の暴れん坊、未だ健在」
★「636 【呑みモン21】暑いンで‥寒川神社へ行こう!」
★「671 【揚げモン21】藤沢・遊行寺を参拝して『鳥皮』を!」
★「672 【お米料理41】藤沢の珍名物『フレッシャー』に白旗!」
★「1285 【名物パン117】『湘南アンパン』を持って江ノ島に!」
★「1287 【揚げモン46】江ノ電と海と『焼きそばコロッケ』と‥鎌倉


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(アヒルだけじゃ無く、カルガモまで住みついてる様で・・賑やかです)


流石にアヒルにちなんだ土産物とかは出てないンで、平塚の白い名物でご勘弁を。ソレがJR平塚駅前の老舗デパート「梅屋」の地下でも売っている、カンパーニュさんの「湘南ロールケーキ」。全国ドコにでも似た様なのが有りますが、ココのはとにかく安い!プレーンのが一本で六百円位だった様な気が・・。平塚に住んでたら毎週買っちまいそう




| 2014.05.01 Thursday (00:15) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
1588 【スナック31】間もなく開催!箱根駅伝と「ケチャップ味のポテチ」


旧東海道の最高標高地点「箱根峠(846m)」にほど近い道の駅から、箱根駒ヶ岳(1356m)や芦ノ湖方面を眺めて見ました。正月の二日・三日はココを舞台に過酷な駅伝が行われ、箱根の山ン中は大渋滞に成ります

静岡・沼津市から国道一号線を東へ進み、神奈川・箱根町へ参りました。旧東海道の最高標高点「箱根峠」が県境で、いわゆるリゾート地としての箱根は神奈川側。静岡側からは、ワインディングロードを懸命に登らにゃ成らぬ。

東京・横浜を初めとした関東の住人にゃ、軽井沢と並んで極めて良く知られた高原リゾート地で、ココに行ったコトの無い人は殆ど居らン筈。私メも子供の頃から時折参ってまして、主だった道は殆ど知ってると自認して居ます。

温泉に入る為に草津まで行かにゃ成らぬ軽井沢と違い、箱根は神奈川県側がほぼ全て温泉地ですンで、夏だけじゃ無く冬もまた楽しめる便利なトコ。だから年中混んでるし、しかも天下の国道一号線が通ってるンで渋滞が多い。

特に混むのが正月の二日・三日。毎年恒例の某行事の為に、一号線が半分閉鎖されちまうから、コリャ如何しても渋滞に成りますヨ。加えてソレを見ようと大勢が押し寄せるンで、尚更混み合っちまう。その行事とは「箱根駅伝」。


箱根山上の芦ノ湖にゃ、数多くの遊覧船が運航されてます。元箱根港から富士山を眺めつつ、船の発着も見ましたが、船上から紅葉を見ようと云う観光客で満載な状態。コレらの船は、山上で造船されたモノです

正確には「東京箱根間往復大学駅伝競走」と申しまして、関東に在る大学が母校の名誉と意地を懸け、二日がかりで東京・大手町と芦ノ湖の元箱根港とを結ぶ駅伝大会でございますナ。説明する迄も無いでしょうケド、念の為に。

大正九年(1920)から戦時中を除いて毎年開催され、結構前から全国中継もされてますンで、御存知の方も多いでしょうナ。関東じゃ大変な話題で、正月の寄席の楽屋も大騒ぎ。夫々が母校の応援に忙しく、高座どころじゃ無い!

私メの母校・中大は「総合優勝十四回」と断トツのトップを誇り、通算出場回数も八十七回で堂々首位!出られなかったのは、今まで二回しか無いと云う大名門。思わず「ちから〜ちから〜中央〜中央〜」と応援歌を歌っちまう。

処が今年は全く予想外の「途中棄権」で‥シード権が取れなかった。八十四回連続出場で途絶えちまうかと心配しましたが、何とか予選会を突破した様で・・あぁ良かった。コレで来年も騒げると、ゴール地点で喜んでた私メです。


往路の五区「山上り」のゴール・復路の六区「山下り」のスタート地点を示す石標が、元箱根港の傍に立ってますヨ。来年は久しぶりに我が母校・中大が、両日ともに最初にココを走り抜けて欲しいンですが‥祈る

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都北区滝野川」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「箱根全山」箱根町観光協会HP
http://www.hakone.or.jp/
★「箱根ナビ」小田急箱根ホールディングスHP
http://www.hakonenavi.jp/index.html
★「箱根駅伝公式webサイト」関東学生陸上競技連盟HP
http://www.hakone-ekiden.jp/
★「箱根駅伝・中大駅伝応援サイト」中央大学HP
http://www.chuo-u.ac.jp/ekiden/
★「箱根海賊船 箱根・芦ノ湖へようこそ」箱根観光船HP
http://www.hakone-kankosen.co.jp/
★「箱根駅伝ミュージアム」富士屋ホテルチェーンHP
http://www.hakoneekidenmuseum.jp/
★「ポテトチップス カゴメトマトケチャップ味」カルビーHP
http://www.calbee.co.jp/newsrelease/131120a.php

(関連する記事)
★「458 足柄山の金太郎は・・」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=486
★「459 【保存食品15】槍のはじめては菊池千本槍」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=487
★「1057 【名物パン81】まぼろしの足柄県と『桃屋のパン』‥沼津」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1106
★「1078 【団子饅頭45】源氏旗揚げの地と『福太郎餅』‥三島」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1141
★「1248 【名物パン111】小田原『あんパン』と命懸けの贈り物」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1310
★「1587 【やきそば167】千本松原と『火の車な焼きそば』・・沼津」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1657

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(山梨県の大学が『箱根駅伝』に出てるのを見ると、毎回違和感を感じます
)

出来れば炬燵に入りながら駅伝をゆっくり見たいンですが‥どう成りましょうか?そんなノンビリ正月用に、コレは如何でしょう?新発売に成ったばかりのトマトケチャップ味のポテチでして、ソースやら醤油やらビネガーやら色んな調味料の味のが有る中で、考えてみればケチャップ味のは有りませんでしたネ。好き嫌いが大きく分れそうな味ですが、我が母校・中大のスクールカラーは「白地に赤い字」ですンで、おぉソレに相応しいパッケージではないか!コレを食べながら、駅伝を見たいですヨ




| 2013.12.10 Tuesday (00:15) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
1285 【名物パン117】「湘南アンパン」を持って江ノ島に!


一体ドレだけの歌や小説の舞台に成って来たンでしょうか?湘南海岸に浮かぶ観光名所「江ノ島」。太古の昔は海に突き出した「岬」だったソウですが、ソレが潮流に侵食されて「島」に成ってしまったンだとか‥

神奈川・葉山町でボンヤリしてたら、相模湾上に「江ノ島」を見付けてフト行きたく成り、二十数年ぶりに訪ねちまった私メでございます。直ぐ傍の「湘南道路(国道134号線)」は良く通ってたンですが、いつも通り過ぎるばかりでネ。

江ノ島と云えば、全国的に著名なリゾート地。何時でも観光客が溢れて居り、私ぁ基本的に人混みが嫌いなモンだから、わざわざ寄ろうと云う気に成らなかったンですが、今回は一体ドウ云う風の吹き回し?いやぁ久しぶりだナ。


江ノ島は島全体が、日本三大弁天の一つ「江島神社」のご神域。千五百年ほど前の創建とされ、鎌倉幕府に厚く崇拝されて隆盛し、江戸庶民が手軽な観光地として押し寄せたトコ。ナンだか竜宮城みたいです

三寒四温を繰り返す春先ですが、この日は御陽気も宜しく、皆さん気軽な格好で江ノ島の登山に挑んで居りますナ。ココは登山と称しても良い位に階段だらけなトコでして、江島神社の奥津宮に辿り着くまでドレだけ登るのか?

最高点でも海抜六十mしか有りませんが、正真正銘「零m」からの海抜だから、結構キツク感じられます。だから観光客向けに、乗継式の有料エスカレーター「エスカー」が備えられてたりする!凄いや、エスカレーターが有料って!


階段の上がり下がりを延々と繰り返し、島の奥まで行くと江島神社「奥津宮(旧本殿)」がございますヨ。ココから海辺に降りると、弁天様が祀られてる「岩屋(海食洞窟)」が在るンですが、草臥れたンでパス致しました

まるで香港島みたいですが、アッチと違ってココは信仰の島。島全体が弁天様(江島神社)の御神域で、下から辺津宮・中津宮・奥津宮の三人の女神様をお参りせにゃ成らぬ。上り下りがキツイですが、江戸の頃からの伝統です。

世界的に見て、日本ほど古くから「物見遊山の旅」を楽しんで来た国はございませんナ。三百年も前から「庶民が旅を楽しめる」様に成ってた、日本は稀有な国。つまり昔から政治が安定し、治安が整い、庶民が旅に出掛けられた。


奥津宮の少し手前に「山二つ」と云う、実に不思議な名前のトコが在りますヨ。この下に昔は洞窟が在ったらしいンですが、ソレが侵食されて崩壊し、深い谷に成ったとか‥。この辺りもキツイ階段が続いてますナ

但し旅に出るには大義名分が必要で、専ら「お参り」を口実にして通行手形を発行して貰う訳ですヨ。「お伊勢参り」が最高ですが、チョット遠過ぎるンで江戸町人は「大山参り」を楽しんだ。神奈川の大山・阿夫利神社へお参りした。

その帰りに江ノ島弁天にお参りするのが通例で、ココは香港以上に聖俗が混濁としてた島。つまり弁天信仰って‥女郎遊びとイコールだったンですナ。お参りは口実で、ソッチの方が目的だったとか。俗な島ですが、今は健全です。


江ノ島の東側には、素敵なヨットハーバーが整備されてます。ココは東京オリンピックのヨット競技場だったトコで、あぁ湘南だなぁ。果たしてもう一度、日本でオリンピックをやれますかねぇ?期待はしてますケド‥

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「神奈川県鎌倉市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「いつでもおいでよ!藤沢市・湘南江の島」藤沢市観光協会HP
http://www.fujisawa-kanko.jp/
★「御鎮座1451年、海の神・水の神・芸道上達の神」江島神社HP
http://www.enoshimajinja.or.jp/
★「江ノ島の地層」グレゴリウス工房HP
http://www.gregorius.jp/photogallery/page_51.html
★「大山道〜江の島道へ」三菱ふそうトラック・バスHP
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/prfuso/2004/0411/kaido/
★「江の島にある、大海へのアプローチ」江の島ヨットハーバーHP
http://enoshima-yacht-harbor.jp/
★「湘南堂のサツマイモパン」太ったオオカミのブログ
http://ameblo.jp/bkyugurume/entry-11285700268.html

(関連する記事)
★「242 【スイーツ13】江ノ電は商店街をゴトゴト走る」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=274
★「1284 【今川焼き16】『ハムエッグ入りの今川焼き』って‥葉山」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1359

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(コレから暖かく成るにつれて、ドンドン観光客の数は増えて行くンでしょうネ)

江ノ島の中は観光客向けの土産物屋や飲食店が一杯在りますが、いずれも行列でゆっくり出来ませんので、江ノ電「江ノ島駅」から江ノ島へ向かう参道に在る「湘南堂」と云う、戦前からの地元パン屋さんで不思議なアンパンを買って出掛けた私メ。ココは地元の学校に給食のパンを卸してる店で、午前はソレで忙しいとか。ですが午後は呑気そのモノで、店のオバちゃんと思わず話し込んでしまいましたが、花粉症を大いに同情して貰い有難うございました。左が「ムラサキイモの餡」右が「サツマイモの餡」入りで、実に素朴な味わい。島巡りで疲れた体にゃ、甘いモノが嬉しく感じられます。ココが創業した頃の江ノ島は、もっと長閑なトコだったンでしょうナ。コレから観光シーズンに突入し、混在する筈ですヨ




| 2013.03.16 Saturday (08:00) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
1248 【名物パン111】小田原「あんパン」と命懸けの贈り物


冬の黄昏は全てをより美しく、そしてより寂しく見せて呉れますナ。小田原城のお堀に架かる朱塗りの「学橋(まなびばし)」は、かつて城内に在った高校用で実際のお城には無かったモノですが、エラク似合ってます

今日は武将同士の「壮絶な贈り物のやり取り」の逸話をご紹介致します。時は戦国時代、処は相州小田原(現在の神奈川・小田原市)。つまり太閤殿下豊臣秀吉公による、史上最大の篭城戦「小田原城攻め」の際のお噂ですヨ。

東海・北陸から九州まで全てを平定し、天下統一を目指す太閤殿下。続いて関東・東北を攻める事と成りますが、最大の敵は小田原城に篭る「関東の覇者」後北条一族。当主は五代目の若殿で、僅か二十八歳の北条氏直公だ。

早くから英邁な事で知られた方ですが、戦う相手が悪過ぎた。桁違いとは申しませんが、太閤殿下は確実に格上の相手で、勝てる見込みは殆ど無い。戦うべきか戦わぬべきか‥頼るべきは難攻不落で無敵の堅城・小田原城。

何しろコレまでに、甲斐(山梨県)の武田信玄や越後(新潟県)の上杉謙信公の大軍による猛攻を何度も耐え抜いた城だから、今度も大丈夫に違いない。和睦を内心望み乍らも、実父を始めとした強硬派に押し切られて篭城戦へ。


西陽を浴びて輝く小田原城の模擬天守閣。コレは昭和三十五年に復元されたモノで、必ずしも史実に則ってませんが雰囲気は出てます。篭城戦は攻める太閤側二十一万、守る北条側五万の大軍で行われました

想像を絶する大軍で城を取り囲んだ太閤側は、無理に攻めようとせず、相手が降伏して来るのを待つ持久戦。これは北条側にはキツイですヨ。何しろコッチからは何も出来ず、相手が仕掛けて来るのを待ち続ける‥兵糧が持たン。

取り囲んで二ヵ月後、太閤側の軍師・黒田如水から城方へ「酒と肴」が送られたソウです。フツー篭城戦と云うのは一ヶ月も続けば大騒ぎなのに、二ヶ月も我慢するとは「敵ながら真に天晴れ。コレを呑んで気を晴らして下さる様に」。

昔の合戦は優雅なモンで、いきなりミサイルを撃ち込む様な事は無い。勿論「そろそろ降伏しては?決して悪い様にしません」なる意味が含まれてたンですが、如水に対して「温情ホント有難い、ならばコレを」と返礼が届きますヨ。

ナント「鉛と火薬」が送られた。つまり「未だ降伏は出来ぬので、コレで攻めて下さい」てな命懸けの抗議ですナ。篭城戦は更に一ヶ月続きますが、如水は落城後、氏直公に「無礼致した」と詫びを入れたとか。関東武将の意地です。


今日もまた箱根連山に陽が暮れて行きます。この山の中腹に太閤殿下は本陣(石橋山一夜城)を築き、連日ドンチャン騒ぎしながら降伏して来るのを待ってたとか。ソレを天守閣から見てた氏直公は、一体ドレだけ悔しかったでしょうか?その無念を、後に舅の徳川家康公が晴らす事に成る訳ですが、小田原城攻めでは家康公も太閤殿下側で参戦してました

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県伊東市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「心におみやげ、見つけて小田原」小田原市観光協会HP
http://www.odawara-kankou.com/
★「北条氏ゆかりの『小田原城』」日本の城 訪問記HP
http://www.geocities.jp/qbpbd900/odawarajyo.html
★「北条氏直」戦国北条氏のすべてHP
http://www.f2.dion.ne.jp/~fumie.h/houjoh/hito/nao/nao.html
★「歴史的偉人に学ぶ経営学・黒田官兵衛編」WJC HP
http://worldjc.com/5466/
★「隠れた小田原名物?『守谷製パン店』さん」ただいまに生きるブログ
http://tadaimani.seesaa.net/article/94889542.html

(関連する記事)
★「261 【講談の舞台06】太閤の一夜城‥小田原市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=277
★「1054 【麺類色々66】『小田原流担々麺』と城下町」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1137

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(落城の際、如水は氏直公の顔が立つ様に立ち働いた‥と講談は成ります
)

小田原城からほど近い、JR小田原駅そばに「守谷製パン所」と云う老舗パン屋がございますヨ。別に小田原発祥と云う訳じゃ無いですが、ココは古くからアンパンを扱ってる老舗が数軒有り、それぞれ根強いファンを抱えてます。中でも一番庶民的で駅に近いのが守谷サンで、私ぁ小田原へ来ると時々買ってましたナ。何時でも行列に成ってますが、やっぱり名物の「アンパン(左)」と「ロックケーキ(右)」を。薄皮で殆ど餡子の塊の様なアンパンはずっしり重く、名前はケーキなのに実際はクッキー同然なロック。そして画像には出てませんが、甘食にバターを塗って貰ったのをお城に持ち込んで、ウマウマと食べてた私メは正直馬鹿ですナ




| 2013.02.08 Friday (08:00) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
1055 【お魚料理57】早川漁港で「イサキのさつま揚げ」‥小田原


標高723mの芦ノ湖に源を発し、箱根山中の水を集めて相模湾に注ぐ「早川」の河口じゃ、大勢の人が楽しそうに水遊びしてました。蒼い空・大きな雲・綺麗な川‥こんな環境で暮らしてたら、ドウ成ってただろう?

今から十数年前に話は遡ります。当時私メの両親は神奈川・平塚市で暮らして居りまして、私ぁ親のマンションを塒にして夏は毎年、湘南平塚の海でまだ出始めだったボディボードにウツツを抜かしてましたヨ。肌は真っ黒でしたナ。

何しろ芸界は「二八商売」。売れてない寄席芸人は「真冬と真夏の盛り(=二月と八月)」はエラク暇でして、親んトコに居れば食費は大して掛からないし、何より海でボディボードやるのに銭は大して掛からないンで、暇潰しに最適!

余りに夢中に成り過ぎて「プロのボディボーダーに成ろう」と大それた事を考えるに到った訳ですが、諸事情あってソレは叶わず、今もプロの講釈師を続けてます。もしプロボーダーに成れてたら、一体どんな人生に成ってたかナ?

その頃に母親に言われた事を良く憶えてますゼ、「もうコッチで暮らしたら」。但し平塚じゃ無く、ナゼか小田原市が良いと言われましたヨ。しかも小田原西部の「早川漁港」に近くに住んだら‥と言われましたナ。成るほど‥早川か!


早川の河口付近にゃ「早川漁港」が。関東の釣り好きには有名な港らしく、漁船に混じって釣魚船もつながれてます。訪問した日はたまたま漁港のお祭りの日で、大勢の観光客が新鮮な魚に歓声を上げてましたヨ

母曰く「小田原は海も山も川も街も城も在って、箱根や伊豆の温泉に近くて遊ぶのに便利なトコ」「東京の寄席へもJRや小田急で通える」「しかも早川漁港の近くなら、新鮮な魚が沢山食べれるヨ」。流石に息子の性格を知ってます。

心は大きく動きましたが、「ソレじゃ仕事もしないで今迄以上に遊んじまう‥」とプロボーダーと共に諦めたンですが、そんな傷心の早川漁港に久しぶりに行って参りましたヨ。小田原駅を降りたら、漁港祭りのチラシを貰ったンでネ。

一つ大阪寄りの駅が「早川」。国道を挟んで、漁港は駅の真ン前に在ります。天下のJR東海道線で、ココほど駅に近い「外海の漁港」は他にゃ在るめぇ。そしてお祭りは盛大に行われてましたヨ。うわぁ魚臭ぇ、だけど美味そうだゼ。

凄い真夏の晴天で、冷たいビールと仲良くしないと体が持ちませんが、肴に成りそうな魚料理が多数並んでたンで大満足!ココに住んで居たら、こんな美味いモンを頻繁に食べる事が出来たンでしょうネ。選択が失敗したかナ?


早川漁港から相模湾を眺めてみたらば、堤防にゃ小田原名物「小田原提灯」をモチーフにした灯台が‥。沖合いにゃキレイに潮目が見えてますが、島影が皆無で「海は広いな大きいな」と歌いたく成った私メでした

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県熱海市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「小田原・港の朝市」小田原市役所HP
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/business/industry/fisher/saiti.html
★「小田原の漁業」小田原市役所HP
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/business/industry/fisher/gyogou.html
★「早川港」つりなびウォーカーHP
http://www.tsurinaviwalker.com/index.php?option=com_content&view=article&id=7:hayakawa&catid=1:saisho&Itemid=2
★「小田原港2号防波堤灯台」Light House.com HP
http://lighthouse-japan.com/kanagawa/odawarako2gobouhatei/odawarako2gobouhatei.html
★「イサキのさつま揚げ」神奈川県水産技術センター相模湾試験場HP
http://www.agri-kanagawa.jp/sagami/hukyu/zukan/isaki.html

(津波が恐いですが、やっぱ海は良いですナ。出来れば海沿いで暮らしたい
)

お祭りでイロイロ買い食いしましたが、一番良かったのは地元の漁協の婦人部の皆さんが揚げて居た「イサキのさつま揚げ」。夏はイサキの幼魚「うりんぼう」が大量に獲れるらしく、ソレをおろした「魚肉は100%イサキだけ」の揚げモノが、揚げたてで美味いの美味くないの‥。但しイベントの時しか売ってないらしいンで、どうかご注意を。ビールが進む〜




| 2012.08.20 Monday (08:01) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS