きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
3731 【スイーツ326】秋晴れの細川庭園と「ボロデチョコ」・・関口台

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

芳しくないお天気が続いてた都内も晴天が漸く増え、関口台の椿山荘さんの真ん前に聳える「東京カテドラル聖マリア大聖堂」も、ステンレスの特異な外装が秋空に映える様に成って来ましたヨ。私ぁ洗礼を受けてませんが・・流石に日本カトリックの総本山は鷹揚で、異教徒が聖堂内で聖母さまに祈るのを許して呉れるから有難い!但し自己流ですが

 

去年の今頃は三十八年ぶりに来日のローマ教皇聖下が、カテドラルにお出でに成ってミサを催されると云うので騒ぎに成ってた覚えが。南米アルゼンチン出身のフランシスコ聖下は気さくなお方らしく、こんな不敬な法被を大喜びで纏って下さった様ですが・・世界がその後コロナ禍で未曾有の事態に成るだなんて!収束を毎日祈って下さってる筈です

 

カテドラルと椿山荘の間を抜ける目白通りは、練馬方面へ向かう「清戸道」なる古道だったとか。江戸市中へ野菜を運ぶ動脈で、城北じゃ拙宅前を通る中山道に次ぐ重要街道でしたが、今は目白台・関口台の高級住宅地を東西に貫く穏かな道。目白駅前まで約2kmイチョウ並木が続きますが、師走に成らないと黄金色に染まりそうも有りませんナ

 

去年まで・・いや今春まではカテドラルの後は椿山荘さんへ向かい、自慢のお庭を巡らせて戴くトコですが・・コロナ禍の三密防止で散策客は入場できないンで、グルっと迂回しながら崖を降って神田川沿いへ。春はソメイヨシノが崖や川を雪庇の様に覆って咲く名所ですが、他の木より落葉が早いのが桜の難点。少し寂しい雰囲気に成ってて残念ですネ

 

メトロ江戸川橋駅と椿山荘さんの間の崖下は、神田川沿いに遊歩道が1km弱も続く「江戸川公園」。この辺りは崖上も下も度々ご案内してるンで説明は略しますが、千葉との県境を流れてる川はもと渡良瀬川の下流「大日(ふとい)川」で、本来の江戸川は関口台の崖下を流れてたコッチの方。だから江戸川橋駅は江戸川区じゃ無く、文京区に在ります

 

遊歩道に沿って崖下に鬱蒼とした森が続いてますが、ココは常緑樹が多く生えてるンで殆ど色付かないのが残念。斜面が崩れぬ様に根が強く張る木を選んだだろうと思いますし、紅葉は川沿いに多く在る庭園や他の公園で楽しんで呉れと云うコトなのかも。この辺りは今でも崖から清水が結構湧き出してますンで、地盤が些か軟弱ナンでしょうかネ

 

神田川沿いに椿山荘さん(右奥)の下を通り、松尾芭蕉翁が若い頃に暮らした関口芭蕉庵()前まで来ましたが、明治の元勲・山縣有朋卿のお屋敷だった椿山荘さんへ入れないのが実に残念。尤も同じ元勲の田中光顕卿のお屋敷で滅多に開かない「蕉雨園(左上の森)」と違い、ホテルやバンケットのお客として行くなら椿山荘だって入れるンですが

 

椿山荘さんはMC時代の古巣だけにお客として参るのは畏れ多く、未来永劫閉めっぱなしと云うコトも無いだろうから、何れ一般公開されるのを楽しみに待ちたいと思いながら三分ほど歩き、緊急事態宣言中の閉園から回復し、夏前から公開されてる肥後細川庭園へ・・カテドラルの大聖堂と同じ位にココは落ち着きますヨ。いつもながら空いてますし

 

細川庭園も度々ご案内してるンで説明は略しますが、川の護岸工事として戦後造った江戸川公園と違い、コチラは江戸の昔は大名屋敷だった場所。明治期に細川伯爵家によって庭園とされてますが、崖沿いに深く広がる森は江戸時代からのモノ?落葉樹がタップリでもう一月も経つと赤く燃え始めますゼ。ソレを楽しみに、時々偵察しに参りませんと

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「茨城県北茨城市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「文京風景」TRYタウンガイドHP

★「文京区音羽について」文京組版HP
★「文京区音羽から世界へ発信!」護国寺ナビHP

★「東京カテドラル聖マリア大聖堂」カトリック関口教会HP
★「これが教会!? 丹下健三建築の代表作『東京カテドラル聖マリア大聖堂』」キナリノHP
★「ローマ教皇の『法被姿』にネット騒然 『なんてシュールなんだ』『最高すぎる』」grape HP
★「清戸道を歩く 江戸川橋から清瀬清戸へ(1/2)」散歩の途中ブログ
★「江戸川公園」文京区役所HP

★「江戸川公園 [東京都文京区]」恐るべき児童公園ブログ
★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP
★「この森には、日本の季節がすべてある。」ホテル椿山荘東京
★「我が憧れの『蕉雨園(田中光顕旧邸)』。」sava!ブログ
★「文京区立 肥後細川庭園」公園財団HP
★「肥後細川庭園(新江戸川公園)に行ってきた!見どころ・アクセスを紹介」護国寺ナビHP
★「庭園だより 秋の空」肥後細川庭園ブログ

★「ブラジル雑貨店 カサ・ブランカ」ブラジル街HP
★「アナさんのチョコレートケーキ(Bolo de chocolate da Dona Ana)」ブラジル★まるかじりブログ


(関連する記事)
★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」

★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」

★「2300 【名物パン263】東京カテドラルと『元祖バゲットサンド』・・関口台」

★「2649 【お米料理243】日本女子大の学食で『唐揚げ南蛮丼』を・・目白台」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台」

★「2849 【団子饅頭107】大都会を舞うホタルと『ほたる餅』・・関口台」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」

★「3268 【麺類色々322】さんまさんま・・悲嘆の文豪と『さんま出汁ラーメン』・・関口台

★「3302 【スイーツ283】ローマ教皇聖下と『音羽不二家のシュークリーム』・・関口台」
★「3364 【お米料理346】桜とかいぼりと『ローストチキン屋のバターチキンカレー』・・関口台」
★「3378 【お米料理347】桜咲く神田川沿いで『伝統のカツ丼』を・・関口台」

★「3416 【麺類色々356】菖蒲咲く細川庭園と『超極太な二郎系』・・関口台」

★「3434 【野菜果物111】紫陽花の細川庭園と『タマリンドの実』・・関口台」

★「3453 【保存食品83】なかなか晴れない関口台と『サーモンの缶詰』」

★「3522 【麺類色々374】すすき揺れる椿山荘と『二郎系油そば』・・関口台」

★「3537 【揚げモン79】訪日される教皇聖下と紅葉と『コロッケあたま定食』・・関口台」

★「3560 【お米料理369】紅葉の庭園群と『台湾魯肉飯』・・関口・早稲田」

★「3563 【団子饅頭124】紅葉燃える関口台・音羽で『群林堂の豆大福』を」

★「3590 【お肉料理145】満開の梅と雪吊と『鶏足の豆鼓蒸し』・・関口台」

★「3625 【麺類色々391】神田川の桜と『ワイルド大学ラーメン』・・関口台」

★「3647 【名物パン379】肥後花菖蒲の庭園と『日本元祖のフランスパン』・・関口台」
★「3656 【麺類色々396】漸く開いた大隈庭園と『早稲田の二郎系を大盛』で」

★「3674 【野菜果物122】梅雨明けを祈る細川庭園と『青みかん』・・関口台」

★「3698 【お肉料理150】残暑で静かな細川庭園・芭蕉庵と『山羊のチーズ』・・関口台」
★「3723 【揚げモン85】秋晴れの護国寺で『バリカラ定食400円税込』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(東京カテドラルは三密防止で『オンラインでのミサ』を推奨してますネ)

教皇聖下の来日が今年だったら絶対に中止されてた筈、去年で良かったと思うばかりですが・・良くぞあの法被を纏って下さったモノ。不敬と紙一重の感も有りますが、南米出身ならではのフランクさなのかも。ソレに感謝してアルゼンチン料理をご紹介しようかと思えども、一体ドコに行ったら食べれるンでしょうかネ?同じ南米のブラジルのだったら結構アチコチで食べられますし、食材も手に入りやすいンですが・・東京に一番近いブラジルと云えば群馬県の大泉町。ブログの記事にゃしませんが先日行って来たばかりで、お気に入りのブラジルスーパー「カサブランカ」で売られてたブラジルのチョコケーキ「Bolo de Choco」を。関東各地から故国の味恋しさに集まって来る日系人しか基本的に参らぬスーパーだから、当然このケーキも現地そのものの味の筈。甘いもの大好きのブラジルなんで「舌が曲がる位に甘い」のを覚悟してましたが、意外や意外・・結構甘い程度。甘味の弱いブラウニーを想像して戴きたいですが、普段はこんな感じナンでしょうかネ。同じ南米だからと大雑把すぎて恐れ入りますが・・アルゼンチンもこんな感じ?コロナ禍が収束したら教皇聖下にゃまたお越し願いたいですネ。お待ちして居ります




| 2020.10.29 Thursday (18:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
3723 【揚げモン85】秋晴れの護国寺で「バリカラ定食400円税込」を

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

メトロ江戸川橋駅から真っすぐ北へ、関口台(左・目白方面)と小日向台(右・茗荷谷方面)の谷間を伸びる「音羽通り」は或る寺院への参道として造られた、江戸時代から位置が変わってない道(拡幅はされてますが)。講談社系の出版会社が並ぶ静かな街ですが、昔は岡場所(幕府未公認の私娼窟)が駅近くに在ってエラク賑わったとか・・信じ難い感が

 

江戸の大きなお寺や神社の周囲は町奉行所じゃ無く、寺社奉行所管轄で縛りが緩く・・治安上宜しくない施設が出来るコトが多かったから、音羽に岡場所が在っても不思議じゃ無いのかも。何しろ通りの突き当りには徳川将軍家の祈願寺「神齢山悉地院大聖護國寺(いわゆる護国寺)」さんが聳え、小役人風情じゃ手出しできる場所じゃ無かったですし

 

徳川将軍家の江戸での菩提寺は芝の「増上寺」・祈願寺が上野の「寛永寺」浅草の「浅草寺」なのは知られてますが、ソレは男どもの場合だけ!将軍家の女性達の菩提寺は小石川の「傳通院」さんで、祈願寺が音羽の「護国寺」さんなのは余り知られて居りませんナ。開山は天和元年(1681)真言宗豊山派大本山で、豊山派本部が境内に在ります

 

寺社と遊里の繋がりは平安時代からと聞きますが、性に対する宗教的抑圧が殆ど無かったのが昔の日本で、参拝に託けてソウ云うトコで遊ぶのが禁忌じゃ無かったンで、女祈願寺の護国寺さんでも参道に岡場所が出来たンでしょうネ。勿論今は微塵も無く、もと境内の半分が「豊島岡皇族墓地(画像奥 ) 」に成ってますンで、警察が許して呉れません

 

さて護国寺さんは実母・桂昌院さまの願いを受けた、五代将軍・徳川綱吉公が幕府直営の薬草育成所「高田薬園」を移転させ、その跡に建立させてますが・・薬園は将軍就任前の綱吉公の屋敷だった白山御殿を丸ごと貰い、現在でも小石川植物園として残ってますヨ。御本堂は元禄十年(1697)築の国重文、御本尊は絶対秘仏の如意輪観音だとか

 

護国寺さんは女祈願寺だったと御案内してますが、将軍家の女性達のお墓が見当たらない・・ココを建てさせた桂昌院さまからして増上寺に葬られてますし、家康公の生母・お大の方ら主だった方々は傳通院さんにお墓が。境内で唯一、江戸時代のモノと言われてるのは茶の湯大名の異名をとる「松平不昧公」、但し関東大震災後に移転して来てます

 

御本堂の横や裏には新政府軍の大立者のお墓が沢山!幕府が建てたお寺なのに、幕府を倒した側のお偉方だらけと云うのもヘンな話ですが、コレは将軍家以外の檀家を持たない寺院だったンで、維新後は経済的に逼迫した結果ナンだとか。佐賀藩出身で早稲田大学を開いた大隈重信卿もココに葬られてますが、参道付きの立派なお墓ですヨ

 

すぐ近くの雑司ヶ谷霊園は公園同然だから墓巡りしててもヘンじゃ無いですが、護国寺さんは純然たる墓地だから長居してると不審がられる惧れが・・てな訳で裏門から出て都電の線路を渡り、歩いて十五分程の池袋サンシャインシティの方へ。要するに護国寺さんは普段の散歩コースの一つで度々参ってます、記事にするのは一年半ぶりですが

 

東池袋方面のお散歩はサンシャインシティ〜雑司ヶ谷霊園〜鬼子母神堂が多かったですが、コレから護国寺の方へ行くのが多く成るかも。と云うのはサンシャインとお寺の間に池袋地区最大の芝生広場「イケ・サンパーク(としまみどりの防災公園)」が間もなくオープンするから。既に入れる様に成ってますが、例え街外れとは云え国内有数の大繁華街の一角に1.7haの空間が出来るって素晴らしい!いずれ周囲の再開発が行われ、賑わいが護国寺の近くまで広がって来るコトに成りそう

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「東京都千代田区北の丸」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「文京風景」TRYタウンガイドHP

★「文京区音羽について」文京組版HP
★「文京区音羽から世界へ発信!」護国寺ナビHP

★「大本山 護国寺」神齢山悉地院護国寺HP
★「令和五年
(2023年)は宗祖弘法大師ご誕生1250年です」真言宗豊山派HP

★「都内唯一の江戸大伽藍、護国寺」江戸旧聞東京百景HP

★「【護国寺】文京区のランドマーク!重要指定文化財を徹底解説」護国寺ナビHP
★「江戸の松江藩・其の三 護国寺 茶道の総本山不昧の墓も」山陰中央新報社HP
★「護国寺の墓所を訪問!大隈重信氏・山県有朋氏、多くの偉人が眠る場所」護国寺ナビHP
★「早稲田大学創立者 大隈重信」日本の墓HP

★「文京区の崖下の私娼窟跡地」みちくさ学会HP
★「江戸時代の風俗は寺院の前にあるのが常識だった!?」エキサイトニュースHP
★「都電荒川線 地域に愛され続ける唯一の都電」東京都交通局HP
★「公園が都市を変える」イケ・サンパークHP

★「【イケサンパーク】カフェや遊具・授乳室あり!豊島区で一番広い芝生の公園【IKE・SUNPARK】」としまらいふブログ
★「イケ・サンパーク、ついにオープン!」みんたん池袋開拓史ブログ

★「池袋で本格始動、4公園を核としたまちづくり」新公民連携最前線 日経BP HP

★「低価格で美味しい料理を味わえる居酒屋」バリヤスサカバ護国寺駅前店H

(関連する記事)
★「994 【団子饅頭40】護国寺で猫見物と『群林堂の豆大福』」
★「2457 【名物パン291】桜咲く護国寺で『元祖バケットサンド』を・・音羽」

★「2549 【スイーツ202】梅雨晴れの護国寺で『ウルトラマンミルキー』を」

★「2775 【名物パン322】満開の早咲き桜と『クロワッサンブレッド』・・音羽」

★「2943 【お米料理283】爽秋の護国寺で豊山名物『ヌマスペ』を・・音羽」
★「3268 【麺類色々322】さんまさんま・・悲嘆の文豪と『さんま出汁ラーメン』・・関口台」

★「3279 【お鍋料理30】秋深まる茗荷谷で『津和野の芋煮』を」

★「3302 【スイーツ283】ローマ教皇聖下と『音羽不二家のシュークリーム』・・関口台」

★「3377 【スイーツ288】桜咲く護国寺で『不二家の本店のシフォン』を・・音羽」

★「3381 【お肉料理131】桜咲く播磨坂で『ドカン鉄板焼き』を・・茗荷谷」

★「3446 【名物パン369】一角獣の街で『最高級ヤマザキの食パン』を・・茗荷谷」
★「3538 【お鍋料理31】真秋の茗荷谷で今年も『日本三大芋煮』を」

★「3653 【呑みモン141】コロナ禍を抜けて・・池袋の桜2020と『サクラビール2020』」

★「3673 【麺類色々398】梅雨明け間近のサンシャインシティで『三郎・特盛』を・・東池袋」

★「3685 【お肉料理149】お盆明けの雑司ヶ谷と『チキンかあさん煮』」

★「3698 【お肉料理150】残暑で静かな細川庭園・芭蕉庵と『山羊のチーズ』・・関口台」
★「3624 【呑みモン136】桜咲く播磨坂で『世界のワインカクテル』を・・茗荷谷」

★「3647 【名物パン379】肥後花菖蒲の庭園と『日本元祖のフランスパン』・・関口台」
★「3674 【野菜果物122】梅雨明けを祈る細川庭園と『青みかん』・・関口台」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(茶道の聖地・護国寺さんも、コロナ禍でイロイロ大変だった様ですネ)

護国寺界隈の記事は一年半ぶりですか・・今春から始めたインスタグラムじゃ時々根多にしてたのに!ほぼ隔日ペースと化して来たブログやFBと違い、インスタは毎日二回の投稿ペースを守ってますンで、ブログ化しないお散歩の記録もアッチの方に多く載せるコトに成り、てっきり記事にしてるモノと思い込んでましたヨ・・宜しければ「神田鯉風」で検索を。ソレは兎も角、コロナ禍で居酒屋業界も大不況ナンでしょうネ。護国寺さん御門近くに去年辺りできてた「バリヤスサカバ」なる、ハイボール一杯48円を謳う激安居酒屋さんがランチも始めましたが、コレがまたトンでもなく激安だったンで、面白がって行ってしまった私メ。だって「バリカラ定食」なる唐揚げ定食が、税込みで四百円だと言うンだモノ。ご飯大盛りに味噌汁・漬け物付きでこの値段は余りに辺羅棒で、どうせ小さな唐揚げが二つ位だろうと侮ってましたら・・大きな唐揚げが二つ乗って出て来た!但しモモ肉の塊を包丁で裂いて拡げたからソウ見えるだけですが、この値段にする為に涙ぐましい努力してますナ。もちろん材料は夜メニューと使いまわしでしょうし、実は大手チェーンモンテローザが経営してるからの低価格かも知れませんが、お散歩で通り掛かって空いてたらまた寄っても良いかも。だって四百円だモノ




| 2020.10.14 Wednesday (17:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
3698 【お肉料理150】残暑で静かな細川庭園・芭蕉庵と「山羊のチーズ」・・関口台

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

今年の都内は梅雨明けが遅かった分、夏の終わりが何時まで経っても来ない様な。太ってた昔に比べりゃキツくないですが、ソレでも激ヤセしてた頃よりは暑さが辛い!木陰を辿って雑司が谷を通り抜け、参りましたのは文京区の目白台・関口台の辺り・・私メのお散歩ゴールデンルート?都内有数のお屋敷町だから人影は薄く、ホント静かですナ

 

高台を貫く目白通り(都道8号線)沿いで唯一賑やかな声が聞こえるのは、目白の闇将軍と言われた故・田中角栄元首相のお屋敷だった「目白台運動公園」。文京区じゃ最大の運動場と聞きますが、その全てが旧田中邸だった訳じゃ無く、相続の際に物納された広大な屋敷の一部が公園化されてますネ。在りし日は日本の政治が蠢いてた場所です

 

崖地の上にある運動公園から、急坂を下ると拙ブログ旅日記じゃお馴染みの「肥後細川庭園」。肥後熊本藩主だった細川侯爵家の本邸跡の一部が昭和三十六年(1961)に公園化され、庭園らしく戻す大改修と改名が一昨年行われてます(旧名は新江戸川公園)が、観光地化する心算は無いらしく・・いつ来ても空いてます。お陰でノンビリ出来ますが

 

御三卿・一橋家の抱え屋敷だったココが細川家の所有に成ったのは幕末の天保十三年(1842)以降ですが、一万五千坪を誇る邸内に初め庭園は無かったらしく、藩主家の未亡人の余生を慰める為にわざわざ造られた様ですネ。崖から湧き出る湧水を集めた池を中心にした回遊式庭園ですが、森から飛ぶカワセミを撮りたい人が幾らか居る位です

 

旧田中邸の一部が物納されて運動場に成った様に、細川邸も戦後の華族解体で突如課された財産税の捻出で売られた部分が公園として残ってますネ。但しすんなりソウ成った訳じゃ無く、国土計画(プリンスホテル)に一旦買収されて戦後暫く米軍向け宿泊施設に成ってた様。もう少し交通の利便が良かったら、ココにもホテルが建っていたのかも

 

目白台・関口台の崖下、神田川(江戸川)沿いにゃ細川庭園と違って戦後ホテル化された「椿山荘(藤田男爵邸跡)」がスグ近くに在りますが、その庭園はコロナ禍で一般公開を中止したまま・・紅葉までに再開されないかナ。代わりに両庭園の間の「関口芭蕉庵」が入れる様に成ってましたネ、ここもコロナで閉鎖されてましたが・・段々戻って来てます

 

細川庭園や椿山荘の様に旧華族の邸宅(元は大名屋敷)だったトコと違い、関口芭蕉庵はその名から判る様に俳聖・松尾芭蕉翁が若き頃に住んだ水小屋「龍隠庵(りゅうげあん)」の在った場所。伊賀国(三重県)から出て来た芭蕉翁は俳句だけじゃ生活できず、当時ココで行われていた神田川改修の現場監督バイト?をしてた様で、四年住んでたとか

 

芭蕉翁は神田川と関口台の崖地の一番狭まったトコの少し高台に庵を構え、ソコから工事現場を見渡し監督してた様ですが、没して三十三回忌の時に弟子達によって水小屋跡にお堂が建てられてますネ。元より江戸を代表する絶景「江戸川」として知られた辺りだから、粋人を中心に人気を集めていつしか「関口芭蕉庵」と呼ばれる様に成ったとか

 

因みに芭蕉庵は講談社や光文社・キングレコード等が設立した「関口芭蕉庵保存会」が維持管理してるソウですが、芭蕉庵前から椿山荘下を通ってメトロ江戸川橋駅前まで川沿いに続く「江戸川公園(画像)」を抜けた先にキングレコード本社が在りますし、講談社や光文社もその近くの音羽通り沿いに在って地元企業によって守られてるのは喜ばしい限り。桜の時期は混み合うこの道も、残暑の今はホント静かですナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「東京都港区六本木」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「文京風景」TRYタウンガイドHP

★「文京区音羽について」文京組版HP
★「文京区音羽から世界へ発信!」護国寺ナビHP
★「文京区立目白台運動公園」目白台運動公園パークアップ共同体HP
★「田中角栄邸の今昔」千駄木菜園ブログ
★「文京区立 肥後細川庭園」公園財団HP
★「肥後細川庭園
(新江戸川公園)に行ってきた!見どころ・アクセスを紹介」護国寺ナビHP
★「肥後細川庭園 【探訪編】」まだ知らぬ、日本を訪ねてブログ

★「肥後細川庭園 【歴史編◆曄廚泙醒里蕕漫日本を訪ねてブログ
★「肥後細川庭園 【歴史編】」まだ知らぬ、日本を訪ねてブログ
★「肥後細川庭園
(俳句)」砂時計365日ブログ
★「関口芭蕉庵」TRYタウンガイドHP
★「松尾芭蕉ゆかりの地 関口芭蕉庵」風に吹かれて・・ぶらり小さな旅HP
★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP
★「この森には、日本の季節がすべてある。」ホテル椿山荘東京

★「江戸川公園」文京区役所HP
★「E−M1江戸川公園」hishidaの写真ブログ

★「サントモールソワニョン」チェスコHP
★「サンモールソワニョン」世界のチーズ&ワインまるかじり!ブログ

 

(関連する記事)
★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」

★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」

★「2300 【名物パン263】東京カテドラルと『元祖バゲットサンド』・・関口台」

★「2649 【お米料理243】日本女子大の学食で『唐揚げ南蛮丼』を・・目白台」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台」

★「2849 【団子饅頭107】大都会を舞うホタルと『ほたる餅』・・関口台」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」

★「3268 【麺類色々322】さんまさんま・・悲嘆の文豪と『さんま出汁ラーメン』・・関口台

★「3302 【スイーツ283】ローマ教皇聖下と『音羽不二家のシュークリーム』・・関口台」
★「3364 【お米料理346】桜とかいぼりと『ローストチキン屋のバターチキンカレー』・・関口台」
★「3378 【お米料理347】桜咲く神田川沿いで『伝統のカツ丼』を・・関口台」

★「3416 【麺類色々356】菖蒲咲く細川庭園と『超極太な二郎系』・・関口台」

★「3434 【野菜果物111】紫陽花の細川庭園と『タマリンドの実』・・関口台」

★「3453 【保存食品83】なかなか晴れない関口台と『サーモンの缶詰』」

★「3522 【麺類色々374】すすき揺れる椿山荘と『二郎系油そば』・・関口台」

★「3537 【揚げモン79】訪日される教皇聖下と紅葉と『コロッケあたま定食』・・関口台」

★「3560 【お米料理369】紅葉の庭園群と『台湾魯肉飯』・・関口・早稲田」

★「3563 【団子饅頭124】紅葉燃える関口台・音羽で『群林堂の豆大福』を」

★「3590 【お肉料理145】満開の梅と雪吊と『鶏足の豆鼓蒸し』・・関口台」

★「3625 【麺類色々391】神田川の桜と『ワイルド大学ラーメン』・・関口台」

★「3647 【名物パン379】肥後花菖蒲の庭園と『日本元祖のフランスパン』・・関口台」
★「3656 【麺類色々396】漸く開いた大隈庭園と『早稲田の二郎系を大盛』で」

★「3674 【野菜果物122】梅雨明けを祈る細川庭園と『青みかん』・・関口台」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(折繁く訪ねて知ってる心算の細川庭園も、知らないコトが一杯ですナ)

細川庭園や芭蕉庵の深い森の繁った崖地を昇り降りしながら思ったのは、こんなトコを喜んで歩き廻ってる私メって山羊みたい!てな訳でかなり強引で恐れ入りますが・・山羊乳を使ったフランスのチーズ「サントモールソワニョン」を。見た目はカマンベールを棍棒状にした様な感じですが、流石に山羊乳だけにクセが強く・・齧った途端に舌にピリッと来る!苦手な人は丸っきしダメでしょうが、私ぁキライじゃ無い・・ブルーチーズ好きだからかナ?溶かして食べるンじゃ無く、輪切りにしてサラダやカナッペにするのが正しい様ですが、私ぁそのままガジカジと・・薄い一切れだけでチーズを沢山食べた気に成るのは、牛乳より遥かに栄養豊富な山羊乳が原料だからでしょうか。偶々コレを手に入れましたが、世界には不思議な食材がまだまだ沢山在りますゼ




| 2020.09.05 Saturday (16:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
3674 【野菜果物122】梅雨明けを祈る細川庭園と「青みかん」・・関口台

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

観光業界救済の為の「Go To キャンペーン」が始まったのに、新型コロナウイルスの新規感染判明者が急増してると、その対象から唯一外された我が東京都。仕方ないナと思う反面、のけ者にしやがってと気分は複雑・・折角の四連休でしたのに、何だかヤル気が湧かなくて拙ブログ旅日記の更新を暫く休んで居りました。何とも申し訳有りません

 

頑張って更新頻度を少しずつ上げたいモノですが、ヤル気が湧かない理由のもう一つは「梅雨明けが遅れてる」コト。梅雨入りが平年より少し遅かったンで、明けも多少なら我慢出来ますが・・関東はその兆しが暫く見えないとか。今月中は無理ソウで・・最も遅かったのは昭和五十七年(1982)の八月四日、今世紀では平成十五年(2003)の八月二日

 

そして都内はキレイに晴れた日が殆ど無く、毎日なにかしら降ってた感が。晴れたら気晴らしに遠出でもしますが、他府県へ参りますと都民はイヤがられますンで・・緊急事態が宣告されてた頃の様に近所でノンビリ過ごしましょ。てな訳で我がお散歩のメインコース「文京区関口台下の神田川沿い」を、メトロ江戸川橋駅からブラブラ歩いてみました

 

同じ神田川でも、目白台と関口台の下だけは「江戸第一の景勝」だからと昔から「江戸川」が正しい呼び方。川沿い遊歩道の駅側は「江戸川公園」として整備されてますが、桜が散ると人影少なく・・ノンビリ過ごせるのが有難い。また公園西端の「椿山荘」のお庭に入れるのも有難いですが、コロナ禍で一般公開は中止されたまま。早く開かないかナ

 

神田川沿いをグングン西へ・・と云っても椿山荘前から二百mほど進むと、私メが一番好きなお庭「肥後細川庭園」が。拙ブログじゃ度々ご案内してるトコで、肥後国主の細川侯爵家の本邸跡ですヨ。緊急事態宣言による閉鎖からナンとか復活しても、椿山荘のお庭と合せて来る人が元々多かったンで、梅雨雲から青空が折角出たのにガ〜ラガラ

 

尤もソレだけじゃ、梅雨入り寸前にココを訪ねた時の記事と変わりませんが、あの時は閉鎖されてた細川庭園の崖の上へ行ける様に成ったから・・深い森の中へ入りましょ。神田川が長い歳月をかけて豊島台地を削った崖の高低差を活かしたのが旧細川邸で、庭園として残ってる崖下部分は全体の一割ほど?崖上(=関口台)の方が遥かに広いです

 

崖の高低差は二十mほど。庭園脇の急坂を真っ直ぐ上がったら結構キツイですが、クネクネ曲がる森ン中の遊歩道をノンビリ上がれば・・やっぱキツイ!広い樹林は外より何度か涼しいですが、こんなのを私有してたンだからお殿様ってホント凄い!森の出口は曰く有り気な石造りの丸い潜り門、ココを抜けると崖の下とは全く違う雰囲気の場所へ

 

潜り門の先の白塗りの建物は、細川家先祖伝来の美術品・文書の数々や、明治以降に収集した近代日本絵画コレクションを管理・展示する「永青文庫」。鎌倉時代から歴史の表舞台に居た名門ですし、侯爵家は「美術の殿様」と言われた芸術の大パトロンだから・・国宝八点ほか国重文ザックザク!ものすごい美術館ですが、いつも空いてます

 

崖下の庭園・樹林・永青文庫を合わせても旧細川邸の三割ほど・・残り七千坪は「和敬塾」なる男子学生ばかりの寄宿舎に成ってますヨ。一般者は塾内に普段入れませんが、塾内に残る細川家・本邸へ以前参りましたンで詳しくはコチラを。そして十字架が高々と聳える関口台のシンボル「東京カテドラル聖マリア大聖堂(関口教会)」へ、ココは日本カトリックの最高寺院で、毎年この時期に成ると「早く梅雨が明けます様に」と祈ってますが、去年は詣でた途端に効果覿面で梅雨明けした?だもんで今年も梅雨明けを祈ると共に「コロナ禍が早く収束します様に」「都民への差別が無く成る様に」、そして「椿山荘のお庭が早く一般公開されます様に」と祈って参りました。お聞き入れ下されば幸いです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「東京都千代田区お茶の水」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「文京区音羽について」文京組版HP
★「文京区音羽から世界へ発信!」護国寺ナビHP

★「江戸川公園」文京区役所HP
★「E−M1江戸川公園」hishidaの写真ブログ

★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP
★「この森には、日本の季節がすべてある。」ホテル椿山荘東京

★「文京区立 肥後細川庭園」公園財団HP
★「肥後細川庭園
(新江戸川公園)に行ってきた!見どころ・アクセスを紹介」護国寺ナビHP

★「梅雨明けを待ちながら」肥後細川庭園ブログ

★「EISEI BUNKO MUSEUM」公益財団法人 永青文庫HP

★「目白台散歩8@永青文庫」ちょい散歩ブログ
★「5000通りの生き方が、ここから始まった。」和敬塾HP
★「50校、600名!!男子大学生オンリーの学生寮『和敬塾』が話題!!」NAVERまとめHP

★「東京カテドラル聖マリア大聖堂」カトリック関口教会HP
★「これが教会!? 丹下健三建築の代表作『東京カテドラル聖マリア大聖堂』」キナリノHP
★「令和2年の梅雨入りと梅雨明け
(速報値)」気象庁HP
★「関東甲信の梅雨明けは13年ぶりに8月へずれ込む可能性が高まる」ヤフー!ニュースHP
★「青みかんってどんなものですか?」マコジャパンHP
★「年中みかんのとれる町」みえ熊野古道商工会御浜支部HP

★「一番乗りの緑の輝き みえの一番星」食と農のWEBマガジンApron HP

(関連する記事)
★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」

★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」

★「2300 【名物パン263】東京カテドラルと『元祖バゲットサンド』・・関口台」

★「2649 【お米料理243】日本女子大の学食で『唐揚げ南蛮丼』を・・目白台」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台」

★「2849 【団子饅頭107】大都会を舞うホタルと『ほたる餅』・・関口台」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」

★「3268 【麺類色々322】さんまさんま・・悲嘆の文豪と『さんま出汁ラーメン』・・関口台

★「3302 【スイーツ283】ローマ教皇聖下と『音羽不二家のシュークリーム』・・関口台」
★「3364 【お米料理346】桜とかいぼりと『ローストチキン屋のバターチキンカレー』・・関口台」
★「3378 【お米料理347】桜咲く神田川沿いで『伝統のカツ丼』を・・関口台」

★「3416 【麺類色々356】菖蒲咲く細川庭園と『超極太な二郎系』・・関口台」

★「3434 【野菜果物111】紫陽花の細川庭園と『タマリンドの実』・・関口台」

★「3453 【保存食品83】なかなか晴れない関口台と『サーモンの缶詰』」

★「3522 【麺類色々374】すすき揺れる椿山荘と『二郎系油そば』・・関口台」

★「3537 【揚げモン79】訪日される教皇聖下と紅葉と『コロッケあたま定食』・・関口台」

★「3560 【お米料理369】紅葉の庭園群と『台湾魯肉飯』・・関口・早稲田」

★「3563 【団子饅頭124】紅葉燃える関口台・音羽で『群林堂の豆大福』を」

★「3590 【お肉料理145】満開の梅と雪吊と『鶏足の豆鼓蒸し』・・関口台」

★「3625 【麺類色々391】神田川の桜と『ワイルド大学ラーメン』・・関口台」

★「3645 【名物パン379】肥後花菖蒲の庭園と『日本元祖のフランスパン』・・関口台」
★「3656 【麺類色々396】漸く開いた大隈庭園と『早稲田の二郎系を大盛』で」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(東京は普段と変わらないのに、酷いコトに成ってると思われてる筈・・)

関口台や神田川にゃ微塵も関係有りませんが・・今年最初の「青みかん」を。温州みかんの実を大きくさせる為、産地じゃ緑色で小さな内に間引きしますが、この時に摘果された実が「青みかん」。少しも甘くなくて酸っぱいだけだからフツーは廃棄されますが、糖度が出る前の青みかんにゃ独特の芳香が。コレは実が熟すに連れて消えてしまう勿体ない香りで、今だけ芳しい青みかんをギュっと絞って蜂蜜入れて、炭酸水を加えて軽く混ぜたら・・あぁ夏の味!手に入ったのは三重県のほぼ南端「年中みかんのとれるまち」御浜町の極早生物で、芳しき香りと酸っぱさを愉しみましたが、紀南か・・随分参ってませんネ。それ以前に今は東京から出られませんが、旅立ちたい思いを駆られて成りませんナ




| 2020.07.28 Tuesday (16:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
3656 【麺類色々396】漸く開いた大隈庭園と「早稲田の二郎系を大盛」で

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

春は色とりどりの花桃が歩道で咲いてた新宿区の北東部「早大通り」は、中央分離帯のケヤキの葉っぱが広がって心地良い木陰の道に。その名前通りに早稲田大学へ向かう通りですが車は少なく、1km近くも続く並木を眺めながらノンビリ歩けるンで、私ぁ好きだったりしますヨ

 

都内にゃ時折「ドウして此処に・・」と驚く様な広い道がポツーンと在りますが、ソレは未完成の幹線だったり、幹線のバイパスに成る予定の道が殆ど。処が早大通りは戦災復興時に作られたグリーンベルトで、地元以外は抜け道として使う車が居る位?全体が公園みたいなモノ

 

広さの割に空いてるから?繁華街でも無いのに日祝の早大通りは歩行者天国に成りますが、緊急事態中は普段以上に空いてましたネ。勿論集うのはご近所さんが殆どで、キレイに手入れされた歩道の花壇と相まって、益々もって公園っぽい雰囲気が・・都心とは思えない長閑さ

 

今年の早大通りが妙に空いてるのは、突き当りに聳える早稲田大学がコロナ禍の為に春からずっと閉鎖され、いつもは街に溢れる学生が殆ど居ないから!訪ねた日は正面ゲートが閉まってた本部キャンパスも22日から開いた様ですが、早稲田は「無門の門」じゃ無かったの?

 

早大正面にゃ立派な門扉が在ったのに、昭和十年(1935)に「学びたい者を拒まぬ、開かれた大学の象徴」として撤去したとか。処が学生紛争で構内が相次いで破壊された為、緊急時用に引き出し式のゲートを設置!ソレを使うって余程ですが、大隈庭園のゲートは開きました

 

緊急事態中は揃って閉まってた都内の「旧大名庭園」は、その解除に際し・・公立庭園は全面再開・ホテル等の庭園は一般公開のみ中止と対応が分れましたネ。大隈庭園は早大の施設ですが、本キャンと道一本隔てて独立してたのが幸いし、今月初めから概ね再開されましたヨ

 

大隈庭園は早大の創始者・大隈重信卿のお屋敷が在った場所で、大正十一年(1922)に大隈卿が無くなった際に大学の寄付されたとか。また江戸時代は彦根藩・井伊家の下屋敷だったトコですが、大隈卿が庭園を大改修したンで井伊家時代の面影は余り残って無いンだとか

 

早稲田って賢い人も多いけど、おかしな人も大勢居る大学だから?大隈庭園内にゃナゾの造形物が結構在りますが、比較的判り易いのは「孔子像」。明治時代から中国人留学生を多く受け入れ、現在も三千人以上居るとか・・留学生はコロナ禍をドウ過ごしてたンでしょう?

 

大隈庭園は早大附属の「学生が勉学の疲れを癒す為の庭」。その趣旨通りに普段は授業を抜け出た学生達が芝生でひっくり返り、仲間達とナニやら語らってる姿が好ましく思えるンですが、果たしてその風景は戻って来るんでしょうか?本キャンの正面ゲートは開いたモノの、前期の授業は基本的にオンラインで行うらしく・・後期も続くかも知れないンだとか。つまり登校する必要が無い訳で、万一ソレが当たり前に成ったら・・キャンバスを東京に構える必要は無くなる!コロナ禍を期に時代と常識が大きく変わる、そんな瀬戸際?に居るのかも知れませんネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「東京都北区滝野川」への訪問記です★


(参考リンク)

★「観光の見どころ満載の新宿を楽しもう!」新宿観光振興協会HP
★「しんじゅくノート」フューチャーリンクネットワークHP

★「早稲田の街‥わせまちドットコム」早稲田大学周辺商店連合会HP

★「早稲田商店街・早大通り商栄会」同HP
★「鶴巻町の戦災復興第21地区がつくった早大前のけやき並木、鶴巻湯」銭湯文化サポーター’sブログ
★「散歩はOK?緊急事態宣言15」from our Diary MASH写真は楽しく!ブログ
★「WASEDA University」早稲田大学HP

★「新型コロナウイルス感染症への対応について」早稲田大学HP
★「早稲田大学における構内立入禁止の段階的解除について」早稲田大学HP
★「早稲田大学が構内立ち入り禁止を段階的解除へ 緊急事態宣言解除を受け」高田馬場経済新聞HP
★「早稲田の杜 コロナ禍で静寂の学生街…伝統と革新で立ち向かう!」TOKYO MX+HP

★「戦前の早稲田大学資料のご紹介(かつて在った早大の正門等)」くまねこ堂ブログ

★「大隈庭園(早稲田大学)」東京とりっぷHP

★「早稲田の庭園・大隈庭園」早稲田の風景HP

★「なぜここにある!?大隈庭園の銅像・建造物」早稲田ウィークリーHP
★「初夏の日差し 大隈庭園」刺し子・刺しゅう&暮らしの記ブログ

★「早稲田商店会・大隈通り商店会」同ブログ

★「早稲田 らーめん 一条」三十路のグル麺ブログ

★「らーめん 一条」グルコミHP
★「早稲田で老舗ラーメン店が続々閉店する事情」東洋経済オンラインHP


(関連する記事)
★「1027 【やきそば78】学生街と『エルムのカルボ』‥早稲田」
★「1322 【やきそば125】都の西北!早稲田で『ソース焼きそば』を」
★「2098 【お米料理170】都電の終点で『ドカベン・マシマシ』を・・早稲田」
★「2512 【お米料理227】青葉繁れる学生街で『唐揚げ丼・親方』を・・早稲田」
★「2592 【お米料理238】まだ夏休みの早稲田で『ポークライス』を」
★「2623 【スイーツ216】東京で一番急な坂と『とうふゼリー』・・目白台」

★「2830 【お米料理268】初夏の早稲田大学で『早慶オムライス』を」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2998 【お肉料理108】早稲田の杜の紅葉と名物『ジャンジャン焼き』」
★「3240 【お米料理325】秋の庭園巡りと『二度と食べられぬ日本元祖のカツ丼』・・早稲田」

★「3306 【名物パン359】小圓朝さんを惜しむ心と『チャーシューメロンパン』・・早稲田」
★「3364 【お米料理346】桜とかいぼりと『ローストチキン屋のバターチキンカレー』・・関口台」
★「3378 【お米料理347】桜咲く神田川沿いで『伝統のカツ丼』を・・関口台」

★「3416 【麺類色々356】菖蒲咲く細川庭園と『超極太な二郎系』・・関口台」

★「3434 【野菜果物111】紫陽花の細川庭園と『タマリンドの実』・・関口台」

★「3453 【保存食品83】なかなか晴れない関口台と『サーモンの缶詰』」

★「3522 【麺類色々374】すすき揺れる椿山荘と『二郎系油そば』・・関口台」

★「3537 【揚げモン79】訪日される教皇聖下と紅葉と『コロッケあたま定食』・・関口台」

★「3560 【お米料理369】紅葉の庭園群と『台湾魯肉飯』・・関口・早稲田」

★「3563 【団子饅頭124】紅葉燃える関口台・音羽で『群林堂の豆大福』を」

★「3590 【お肉料理145】満開の梅と雪吊と『鶏足の豆鼓蒸し』・・関口台」

★「3625 【麺類色々391】神田川の桜と『ワイルド大学ラーメン』・・関口台」
★「3645 【名物パン379】肥後花菖蒲の庭園と『日本元祖のフランスパン』・・関口台」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(今年は早大の学祭『稲門祭』も中止だソウで・・残念なコトばかりです)

大学が閉鎖されると当然学生が来なくなる訳で、静かで良いナと私ぁ思えますが・・困るのは学生街のお店達。はらぺこ学生相手に「質より量」的な大盛りを安く出して来たのに、彼らが来ないンじゃ商売に成らず・・大学の再開を待たずに閉店に追い込まれたトコが早稲田じゃチラホラと。実に由々しき事態ですが・・大隈庭園前から都電・早稲田電停へ伸びる大隈通りに、チト心配に成るラーメン屋さんが在りますヨ。ソレは以前ご紹介した「らーめん一条」なる二郎系インスパイア店。ラーメン二郎と云えばライバル慶応の名物ですが、早稲田で二郎系とは何ゴトかと入ってみたら・・なかなか好感もてるシャキシャキとした店。問題は二郎系なのに量が少し控え目なトコですが、前を通ったら大学閉鎖で学生が居らず、ドウにも空いてる様だったンで・・大盛りを頼んでみましたヨ。コレで漸く二郎三田本店の小盛ぐらいですが、能々考えればフツーの店じゃ特盛と呼んでも叱られない位の量。慶應名物の二郎がおかしいンで有って、早稲田の一条は悪くないのかも。何れにしろ苦境の今を乗り切って貰わないと学生達が困りますンで、どうか頑張って欲しいと思うばかりです




| 2020.06.25 Thursday (18:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
3647 【名物パン379】肥後花菖蒲の庭園と「日本元祖のフランスパン」・・関口台

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

日本中に発令されてた緊急事態が解除されてから二週間少し経ち、閉鎖されてた施設やお店も殆ど再開されましたナ。私メのお散歩のメインコース「文京区関口台の神田川沿い」に聳える椿山荘さんも今月一日から開いてますが、残念ながら庭園の一般公開はもう暫く無理とか

 

梅雨入り寸前の椿山荘さんはホタルの乱舞がキレイな時期で、私ぁ毎年ソレを見物しに参ってましたが・・こう云う御時勢だから仕方無いですネ。また来年の楽しみにして、すぐ近くの「肥後細川庭園」へ。コチラはGW前から暫く閉鎖されてましたが、先月下旬に漸く再開されました

 

「同じトコを紹介するのは間隔を出来るだけ開ける」のをモットーとしてる拙ブログ旅日記ですが、関口台界隈が度々出て来るのは・・東京屈指のステキな場所だと確信してるから!例年ならば椿山荘さんのホタルで記事を書くトコですが、今年は無理だから・・細川庭園の花菖蒲

 

肥後五十四万石の大々名だった細川侯爵家が、関口台の崖地を下屋敷としたのは幕末のコト。明治以降は本邸として使われ、昭和三十六年(1961)から崖下のお庭が公開されてますが、大リニューアルを一昨年行ったのに・・来園者がいつも少なくて、ホント心地良いトコですヨ

 

関口台は崖(バッケ)から湧き出る清水が豊かで、椿山荘さんはソレを用いてホタルを自家繁殖させてますが、同じ湧水が流れ込む細川庭園は池畔で花菖蒲が絶頂期に!イロイロ咲いてますが、その多くは細川家ゆかりの肥後国(熊本県)から取り寄せたモノだとか。コレは「琴姫」

 

熊本じゃ椿・芍薬・朝顔・菊・山茶花と花菖蒲を「肥後六花」と呼ぶ様ですが、中でも花菖蒲は江戸の大家として知られた旗本・松平菖翁に、細川の殿さま自らが花の伝播を願ったンだとか。処が菖翁は大々名の申し出を堂々断ったと云うから大騒ぎ・・コレは「日本錦」だった覚えが

 

申し出を断られた細川家では藩士を菖翁に弟子入りさせ、「親兄弟で有ろうとも門外不出とし、無用な譲渡は絶対に許さない」「良い花が肥後で出来たら江戸へ必ず送る」のを条件に、何年もかけて花菖蒲を漸く分けて貰えたンだとか。コレは「藤の滝波」・・大名庭園らしいお名前

 

菖翁と細川家との約束は今も守られ、肥後花菖蒲は熊本県外への流出が禁じられてるソウですが、何しろココは江戸の「肥後細川庭園」。例外として選りすぐりの良い花を送って貰ってる様で、色合いが一際濃いコレは「吉江紫」だった様な・・珍しい種類ばかりで良く判りません

 

細川庭園は池だけじゃ無く、崖地に拡がる森が日陰を遮って心地良いンでドンドン登りたく成りますが、崖上にある細川家の宝物館「永青文庫」がまだ閉鎖されてますンで、普段と違って通り抜けられないのが残念。何れ椿山荘さんも散策で入れる様に成るでしょうし、その間の関口芭蕉庵も閉鎖が解ける筈。梅雨入りしたら少し来づらく成りますが、坂道で転ばぬ様に注意しながらまた参りまょうかネ。ホント素敵な街です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都渋谷区恵比寿」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「文京区音羽について」文京組版HP
★「文京区音羽から世界へ発信!」護国寺ナビHP

★「文京区立 肥後細川庭園」公園財団HP
★「肥後細川庭園
(新江戸川公園)に行ってきた!見どころ・アクセスを紹介」護国寺ナビHP

★「5/28 日本庭園再開しました。」肥後細川庭園ブログ
★「花菖蒲とアジサイ」肥後細川庭園ブログ
★「凛とした肥後花菖蒲 初夏の肥後細川庭園−1」Reflectionsブログ

★「肥後六花」熊本の花所HP
★「花菖蒲について」東京花菖蒲会HP
★「花菖蒲品種リスト 肥後系」花散歩道HP
★「花菖蒲の歴史 熊本花菖蒲の起こり」加茂花菖蒲園ブログ

★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP
★「この森には、日本の季節がすべてある。」ホテル椿山荘東京

★「EISEI BUNKO MUSEUM」公益財団法人 永青文庫HP
★「東京・目白坂で120年 変らない製法と風味が愛されてます」関口フランスパンHP

★「『日本初のフランスパン』を焼いた”元祖”フランスパン屋さんを直撃!」TBSテレビHP
★「日本のフランスパンの歴史を作った、関口フランスパンでランチ / 東京 文京区関口 1888年創業
(明治21年)」老舗食堂HP

(関連する記事)

★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」

★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」

★「2300 【名物パン263】東京カテドラルと『元祖バゲットサンド』・・関口台」

★「2649 【お米料理243】日本女子大の学食で『唐揚げ南蛮丼』を・・目白台」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台」

★「2849 【団子饅頭107】大都会を舞うホタルと『ほたる餅』・・関口台」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」

★「3268 【麺類色々322】さんまさんま・・悲嘆の文豪と『さんま出汁ラーメン』・・関口台

★「3302 【スイーツ283】ローマ教皇聖下と『音羽不二家のシュークリーム』・・関口台」
★「3364 【お米料理346】桜とかいぼりと『ローストチキン屋のバターチキンカレー』・・関口台」
★「3378 【お米料理347】桜咲く神田川沿いで『伝統のカツ丼』を・・関口台」

★「3416 【麺類色々356】菖蒲咲く細川庭園と『超極太な二郎系』・・関口台」

★「3434 【野菜果物111】紫陽花の細川庭園と『タマリンドの実』・・関口台」

★「3453 【保存食品83】なかなか晴れない関口台と『サーモンの缶詰』」

★「3522 【麺類色々374】すすき揺れる椿山荘と『二郎系油そば』・・関口台」

★「3537 【揚げモン79】訪日される教皇聖下と紅葉と『コロッケあたま定食』・・関口台」

★「3560 【お米料理369】紅葉の庭園群と『台湾魯肉飯』・・関口・早稲田」

★「3563 【団子饅頭124】紅葉燃える関口台・音羽で『群林堂の豆大福』を」

★「3590 【お肉料理145】満開の梅と雪吊と『鶏足の豆鼓蒸し』・・関口台」

★「3625 【麺類色々391】神田川の桜と『ワイルド大学ラーメン』・・関口台」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(細川庭園は肥後六花が全て植えられてるとか。気付きませんでした)

関口台へ参る楽しみの一つが「フランスパンを買う」事。パゲッドなんか何処ででも買えるだろうとお思いの貴方、関口台には日本で初めてフランスパンを焼いた元祖の店「関口フランスパン」さんが在るのだヨ!坂上に聳えるカトリック最大の教会「東京カテドラル聖マリア大聖堂」こと関口教会の製パン部として、明治二十一年(1888)に焼き始めたのが日本のフランスパンの元祖!洒落てるンだけれど気取って無いのが元祖店の矜持と云うモノで、ソウ高くないから時々バゲットを買って帰る私メ。もちろんコレだけじゃ無く、フランス系以外の色ンなパンも並んでるンで目移りしますが、バゲットが一番嬉しい様な。正真正銘の元祖のお店が生活圏に在るって、何だか自慢したくなってしまいます




| 2020.06.10 Wednesday (17:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
3625 【麺類色々391】神田川の桜と「ワイルド大学ラーメン」・・関口台

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

昨日から御案内を始めた令和最初の桜遍路、毎春恒例の桜巡りですが・・拙宅の在る城北で一番早く満開に成るのは神田川沿い。そのスタートは太田道灌公の山吹の逸話の里と伝わる、都電荒川線の「面影橋」電停の真ん前から。ガタゴト走る都電に桜はやっぱ似合いますナ

 

神田川は吉祥寺の井の頭池に源を発し、両国橋の袂で隅田川に合流するまで25kmほど、ひたすら東へ東へ流れる川ですが・・桜の絶景が続くのは明治通りの高戸橋から音羽通りの江戸川橋までの約2km。昔のヒット曲「神田川」の舞台は、高戸橋より少し上流ナンだとか

 

世界一の人口を誇った江戸の飲料水の多くを賄ったのが、昔は「神田上水」と呼ばれてた神田川。元々あった平川を徳川家康公が入府された際に大改良し、ココを流れる水が百万都市を支えてた訳ですヨ。「江戸っ子は水道の水で産湯を使い」そんな自慢も、この川が在ればこそ

 

江戸っ子の暮らしを支えると共に、気軽な行楽地として親しまれたこの川ですが、今回歩いた桜並木の辺りは眺めの良さから東都第一の絶景と褒め称えられ、特別扱いとして付けられた別名が「江戸川」。千葉との都県境を流れる現在のソレは僭称で、コチラが本物の江戸川です

 

江戸川のナニが喜ばれたかと云えば、川沿いに延々続く桜並木だったとか。今でこそ全国各地に多く在りますが、昔はそんなモン殆ど無く・・植木好き・花好きが矢鱈滅鱈いた江戸市中でも唯一と言っても良い存在。コンクリ護岸に変わって眺めは違いますが、伝統の桜並木ですゼ

 

神田川沿いの桜並木の途中に在るのが、東京四大式場の一つ「椿山荘」・・MC時代の私メの古巣。関口台の崖の高低差を活かした庭園が見事で、今でも度々お散歩しに参ってますが・・もちろん桜もキレイ!バンケット棟の前で「陽光桜」がピンクの花弁を盛大に輝かせてました

 

明治の元勲・山縣有朋卿の邸宅だった椿山荘は、作庭趣味の山縣卿のソレに手を加えてますが・・そのシンボルは広島・三原市のお寺から譲り受けた、庭園内の高台に建つ三重塔「圓通閣」。室町時代初期に建てられた本物で、その傍らにほぼ同じ高さのソメイヨシノの大木が!

 

如何に古巣とは言え・・余り長居すると迷惑ですし、また参るからと椿山荘さんを出て、改めて神田川沿いをテクテク下流へ。昨日の都内は突風が吹き荒れ、ピザ配達用の三輪スクーターが倒れてたのを見た位でしたが、満々開にあと少しと云うのに・・早くも花筏が出来てます

 

メトロ江戸川橋駅が近付くと、川沿いは遊歩道から細長く続く広場「江戸川公園」に変わりますが、例年ならシートを拡げた宴会客が跋扈する辺りなのに、今年は新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大防止で禁止と成り、ベンチに座って缶チューハイ呑みながら桜を見上げてるカップルは居ても、騒々しい酔客が居ないから・・静かに観桜出来て宜しいですナ。その代わりに巨大な陽射しの様に崖上から川面近くまでギッシリ広がる桜の枝が、今年は妙に小さく感じられますネ。東京は観測史上最も早い開花宣言がされたコトと、何か関係あるのかナ?

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都港区青山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「観光の見どころ満載の新宿を楽しもう!」新宿観光振興協会HP

★「江戸川公園と神田川桜並木」佳景探訪HP
★「【都内】お花見なら神田川沿いがおすすめ!桜並木をのんびり散歩しよう!」はなうた横丁ブログ

★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP
★「この森には、日本の季節がすべてある。」ホテル椿山荘東京
★「椿山荘庭園」東京とりっぷHP
★「目白・椿山荘の陽光桜が満開」オーロラ特急 ノスタルジック旅日記ブログ
★「椿山荘 三重塔
(東京都文京区)」エマ・ムーの日本仏塔訪問日記HP
★「世界に誇る江戸っ子の産湯」Edo−CoCoブログ
★「厚切チャーシュー麺専門店」WILDラーメンHP
★「約1.5kg!? 面影橋の『ワイルドラーメン』でとんでもない肉盛りラーメンを食べてみた」食樂web HP
★「【高田馬場】『WILDラーメン』チャーシューが売りのガッツリ系ラーメン!【口コミ・感想・グルメ・ランチ】」馬場ナビHP


(関連する記事)
★「2118 【やきそば223】神田上水の桜と『ニラ焼きそば』・・関口台」
★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」

★「2421 【今川焼き35】梅と桜とカテドラルと『天然鯛焼き』と・・関口台」

★「2469 【お米料理220】神田川の桜と『前ぬき明太マシ』・・江戸川橋」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台」

★「2775 【名物パン322】満開の早咲き桜と『クロワッサンブレッド』・・音羽」

★「2782 【お米料理261】神田川の桜と『前ベス・マシ弁当』・・江戸川橋」

★「2849 【団子饅頭107】大都会を舞うホタルと『ほたる餅』・・関口台」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」

★「3093 【お米料理305】満開の神田川の桜と『白いカレー』・・江戸川橋」

★「3364 【お米料理346】桜とかいぼりと『ローストチキン屋のバターチキンカレー』・・関口台」
★「3378 【お米料理347】桜咲く神田川沿いで『伝統のカツ丼』を・・関口台」

★「3453 【保存食品83】なかなか晴れない関口台と『サーモンの缶詰』」

★「3522 【麺類色々374】すすき揺れる椿山荘と『二郎系油そば』・・関口台」

★「3560 【お米料理369】紅葉の庭園群と『台湾魯肉飯』・・関口・早稲田」

★「3563 【団子饅頭124】紅葉燃える関口台・音羽で『群林堂の豆大福』を」

★「3590 【お肉料理145】満開の梅と雪吊と『鶏足の豆鼓蒸し』・・関口台」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(普段から良く歩くお散歩コースですが、桜の時期は違って見えます)

桜並木は面影橋電停前から東へ伸びてますが、電停から南へ五分ほど歩いて早稲田通りまで出ると、インド大使公邸の近くに「WILDラーメン」なるお店が在りますヨ。早稲田大学の学生向けの量多めのガッツリ系なトコですが、面白いのはチャーシュー麺しか無いコト。極太麺とモヤシに加え、刻んだ玉ネギが山盛り!そしてご自慢のチャーシューは分厚くてトロトロ。頼めば何枚でも乗せて貰える様ですが、初めてだからベーシックで一枚乗せの「WILD大学ラーメン」を。一杯580円と学生向け価格なのが嬉しいですが、別に学生じゃ無くても大丈夫。二郎っぽい脂ぎっしゃな味付けですが、玉ねぎが上手い具合に中和して呉れてますネ。どうもココはチャーシューがメインで、麺その他はおまけと云う発想らしく・・また参る時はチャーシューをマシマシで頼みたいモノです




| 2020.03.25 Wednesday (00:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
3590 【お肉料理145】満開の梅と雪吊と「鶏足の豆鼓蒸し」・・関口台

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

熊本藩主・細川侯爵家の本邸だった関口台の「細川庭園」は、恒例の雪吊が今冬も立てられてますが、都内は暖冬で雪が降りそうも無く・・力を発揮できそうも有りませんネ。暖かなのは確かに有難いンですが

 

相も変わらず都内をテクテクと、中山道・板橋平尾宿の拙宅から療法として動き廻る私メです。早いモノで今日から二月ですが、旅にばかり出てた先月前半と違い、後半はノンビリ東京で過ごせて・・アァやれやれ。

 

気候が良けりゃもっと長旅でも大丈夫ですが、流石に寒さが一番厳しい時期ですンで身体が持たぬ!一時より随分回復したとは云え、まだ完調ならぬのを実感してますし、若い頃と違って無理が効かンのも事実。

 

ソレでも異様な暖冬なのは有難く、骨から寒さを感じるコトが少ないですネ。商売道具の喉を痛めるからと暖房を抑えめにして暮らしてるのも有りますが、痩せすぎると幾ら着込んでも寒さで骨髄から震えるのよネ。

 

体脂肪率5%を切ってた頃の冬は悪寒ばかりでしたが、眩暈を滅多にせぬ様に成ったのは・・冬を乗り切る為に頑張ってカロリー摂取に励んだ成果?尤も気を抜いたら逆戻りしますンで、セッセと食べませんと。

 

関口台の雪吊は細川庭園の他に、すぐ近くの椿山荘さんの庭園の高台に聳える三重塔前に立てられてますヨ。大雪の翌日に見に参ったコトも有りましたが、アレは本当にキレイでしたネ。今冬は無理かしらん

 

てな訳で・・沢山食べるは中華に限ると、池袋北口の香港飲茶店へ。北口のニューカマー中国人向けのスーパーの片隅に出来たフードコートで食べた小吃が美味しかったンで・・大元の店へ行ったとお考え下さい。

 

華人向け料理屋が沢山在るのが池袋北口で、その手のお店は私メら日本人が入るのを断りゃしませんが・・味は遠慮なしの中華三千年!白髪三千丈の伝統で、口に合うかドウかは・・当たるも八卦外れるも八卦!

 

だからこそフードコートで味を確かめたトコへ参った訳ですが、新型肺炎が大陸で発生し、日本にも伝播し始めた時に飲茶とは呑気だナとお叱りの貴方。多分大丈夫でしょ、中国人観光客は城北まで来ないから。

 

そんな不確かな自信の元、脂っぽいモンを沢山食べて体脂肪の増強を計って参りましたが、コック達が隣のテーブルで賄いを食べてンのが大陸風。現地そのまんまの味でしたが、気に入ったンでまた参りましょ!

 

椿山荘さんは庭園のアチコチに八福神像が置かれてますが、三重塔前の雪吊に合わせて?どの神様も雪蓑を被って居られますヨ。そして椿花が一輪・・何しろココはその名所として知られた椿山荘ですから

 

尤も調子に乗り過ぎて、些かムチャ喰いした様な・・腹ごなしを兼ねてお散歩しにイザ参らん。北口のチャイナタウンから池袋駅の中を通って雑司ヶ谷、鬼子母神さまに「寒さに震えずに暮らせます様に」とお願いを。

 

都電を渡って目白台、ブラブラ続く関口台へ。昔なじみの椿山荘さんとお気に入りの細川庭園まで辿り着き・・結局いつもの散歩道。訪ねる毎に色彩の変わる春秋と違い、冬は土っぽい色ばかりで余り変わりなし。

 

両園ともに余り大きく無いとは云え、庭師さんが丁寧に仕上げた見事なトコなのに、観光客が押し寄せる様なトコじゃ無いから・・普段からノンビリ出来ますが、今は真冬の寒い時。人影が尚更少なくて・・ホント静か。

 

処が異様な暖冬で、この日の都内はポカポカ・・桜が咲く頃並みの嬉しい御陽気。日射しを浴びると暑く感じてる位で、お腹が膨れた儘なのも有って・・妙に眠くなって来る。ドコか転寝できるベンチは無いかしらん。

 

江戸川公園の広場で早くも満開に成ってる梅の木は、ソウ云う種類なのかナ?まるで桜みたいに毎年盛大に咲きますヨ。知ってる人はコレを目当てにココに来る位で、私メも同じですが・・皆さん花に飢えてます

 

椿山荘さんから神田川沿いに、メトロ江戸川橋駅の方へ少し進むと「江戸川公園」。川々向うじゃ無く、ココこそが四百年前から江戸随一の川の眺めだから江戸川と呼ばれてた辺りで、公園名はソコから来てます。

 

春に成ると関口台のバッケ()一面に桜が咲き乱れ、その絶景に確かにコリャ江戸川だと叫びたく成りますが、まだ蕾の固い桜を尻目に早くも咲いてる白梅・紅梅が何本か。コレがフツーの梅とエラク違ってる。

 

知らない人は遠目に桜と思ってしまう程に枝を拡げ、そこにギッシリと花が繁って?咲いてますが、都合の良いコトにその傍に公園のベンチ。加えて辺りは日だまり、コリャ日向ぼっこしながら梅見するしか有るまい。

 

同好の方が幾人か居られますが、揃って皆な嬉しいそう・・少し早いけど春日和だからネ。腹は満ち目は慰められ、ナニより身体が暖かで心地良い。こんな冬なら良いナと思えど、やっぱホントの春が恋しいです。

 

目黒にメグロは居ませんが、目白にゃメジロが沢山いるゾ!江戸川公園のバッケの上は戦争で焼けるまで目白不動の在ったトコですが、だから?公園の白梅に戯れるメジロが!実にらしくて良い、ならばと撮ってみましたが・・アイフォンじゃこれが限界、一眼レフが欲しく成ります。なおメグロと云う鳥は東京は東京でも、小笠原諸島の母島に居ますヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都港区芝公園」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「文京区音羽について」文京組版HP
★「文京区音羽から世界へ発信!」護国寺ナビHP

★「文京区立 肥後細川庭園」公園財団HP
★「肥後細川庭園
(新江戸川公園)に行ってきた!見どころ・アクセスを紹介」護国寺ナビHP

★「松の雪吊り」文京区立肥後細川庭園ブログ
★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP
★「この森には、日本の季節がすべてある。」ホテル椿山荘東京HP

★「椿山荘、三重塔」枯雑草の巡礼日記ブログ
★「江戸川橋【椿山荘】で八福神巡り」元気な日々ブログ
★「江戸川公園」文京区役所HP

★「江戸川公園」Free Shot ほっと一息ブログ

★「江戸川公園の梅」よしりんの食べある記ブログ
★「メジロとメグロ」Bonjour!マダムアキコですブログ
★「24時間中華食べ放題」三宝粥店池袋本店HP

★「コラーゲンたっぷり鶏の足『モミジ』」NAVERまとめHP
★「飲茶 豉汁蒸鳳爪」香港ブログときどきくるり

 

(関連する記事)
★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」

★「2300 【名物パン263】東京カテドラルと『元祖バゲットサンド』・・関口台」
★「2421 【今川焼き35】梅と桜とカテドラルと『天然鯛焼き』と・・関口台」

★「2508 【お肉料理90】めでたし海の星と『ケイジャンチキン』・・関口台」
★「2649 【お米料理243】日本女子大の学食で『唐揚げ南蛮丼』を・・目白台」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台」

★「2849 【団子饅頭107】大都会を舞うホタルと『ほたる餅』・・関口台」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」

★「3268 【麺類色々322】さんまさんま・・悲嘆の文豪と『さんま出汁ラーメン』・・関口台

★「3302 【スイーツ283】ローマ教皇聖下と『音羽不二家のシュークリーム』・・関口台」
★「3364 【お米料理346】桜とかいぼりと『ローストチキン屋のバターチキンカレー』・・関口台」
★「3378 【お米料理347】桜咲く神田川沿いで『伝統のカツ丼』を・・関口台」

★「3416 【麺類色々356】菖蒲咲く細川庭園と『超極太な二郎系』・・関口台」

★「3434 【野菜果物111】紫陽花の細川庭園と『タマリンドの実』・・関口台」

★「3453 【保存食品83】なかなか晴れない関口台と『サーモンの缶詰』」

★「3522 【麺類色々374】すすき揺れる椿山荘と『二郎系油そば』・・関口台」

★「3537 【揚げモン79】訪日される教皇聖下と紅葉と『コロッケあたま定食』・・関口台」

★「3560 【お米料理369】紅葉の庭園群と『台湾魯肉飯』・・関口・早稲田」

★「3563 【団子饅頭124】紅葉燃える関口台・音羽で『群林堂の豆大福』を」
★「3585 【やきそば396】新年快樂!春節の池袋北口で『牛肉炒河粉』を」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(早くも花粉が舞ってますンで、花粉症持ちの私ぁ辛くて堪りませんヨ)

関口台でメジロを見たからと云う訳じゃ無いですが、同じ鳥で・・香港飲茶の「鼓汁蒸鳳爪」を。鶏の足(もみじ)を一旦茹でてからカラっと揚げ、冷水で冷やしてから豆鼓ソースで下味を付け、最後に蒸篭で蒸し上げる・・と云う面倒な料理ですし、鶏の足を食べる習慣のない日本人にゃ些かグロテスク過ぎる見た目ですが・・意外や意外、食べてみるとエラク美味しいのヨ。醤油で甘く煮た様な感じの味付けで、プルプルとした鶏皮みたいな食感が心地良い!しかもコラーゲンたっぷりで美容にも良いと来てますンで、一度食べると病みつきに成りそう。池袋北口の三宝粥店さんで勇気を奮って食べてみた私メですが、次回からはコレを中心に食べても良い位です




| 2020.02.01 Saturday (00:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
3563 【団子饅頭124】紅葉燃える関口台・音羽で「群林堂の豆大福」を

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

お陰様で昨日三十九万PVを突破した様です。有難うございます、これからも頑張ります

先日訪ねた際は紅葉の色付きが今イチで、数日したらまた参ろうと見送った文京区関口台の椿山荘さんの庭園が、燃え立つばかりに真っ赤っ赤!バッケ()の高低差を上手く生かしたお庭ですンで、高台から紅葉を見下ろせますヨ。今週の紅葉巡りの最後はココから音羽の方へ

 

椿山荘さんはMC時代の我が古巣で、板橋宿の拙宅から片道5kmとお散歩に良い距離ナンで度々参ってますが、冬は椿・春は桜・夏は蛍と季節毎の楽しみが有る中・・やっぱ一番キレイなのは秋の楓!全山炎上と云う表現がピッタリですが、こう成るまで何度偵察に参ったやら

 

椿山荘さんで紅葉を眺めるのはホテルの渡り廊下のソファが暖かで快適ですが、お天気が良くてポカポカの日は高台の三重塔前のベンチからでも宜しいかと。室町時代末に建てられた本物で、広島のお寺からココに移築されてますが・・河津桜の山吹色の葉っぱに良く映えてます

 

椿山荘さんと目白通りを挟んで向かい立つのは、ローマ教皇フランシスコ聖下が先日お出でに成られた「東京カテドラル聖マリア大聖堂」。日本カトリック最大の教会かつ総本山で、ご訪問時は大変な警備だった様ですが、今は元通りの静けさ・・信者じゃないけど落ち着きますヨ

 

カテドラル前から目白通りを東へ。黄金色のイチョウ並木が続く目白新坂を下って行きますが、別名は「椿坂」。バッケ沿いは古くから椿の名所だったソウで、だからこそ頂上に在るのが椿山荘だったりしますヨ。ですが椿の花が咲き出すまでもう少し、今は黄葉と紅葉を愛でながら

 

目白新坂を下って音羽通りへ出たら、今度は北へ・・講談社や光文社等の出版の街ですが、ココも通り沿いはイチョウ並木が1kmほど続きますンで、黄金色の絨毯の上を滑らぬ様に歩きませんとネ。都内にゃ有名なイチョウ並木が多く在るから目立ちませんが、ココも見事ですヨ

 

音羽通りの突き当りは、徳川将軍家の祈願寺だった「神齢山悉地院大聖護国寺(いわゆる護国寺)」さん。元禄十年(1697)に建てられた御本堂は国の重要文化財ですンで、何より火事が怖い筈ですが・・その周囲で紅葉が真っ赤に燃えてます。本物の炎と違い、コレなら嬉しいネ

 

五代将軍・徳川綱吉公が生母・桂昌院さまの願いを受け、幕府の高田薬園の跡に天和元年(1681)に開山されたのが護国寺ですが、この辺りもバッケだから・・墓地へ参れば紅葉の巨木を見下ろせますヨ。その奥に鮮やかな紅葉が何本も見えましたが、ソチラには参れないのです

 

なぜ護国寺の奥の紅葉を見物しに行けないかと云えば、ソコは宮内庁が管理する皇族専用の「豊島岡墓地」だから。天皇・皇后両陛下以外のお方はココに葬られるコトに成ってますが、噂じゃ敷地の殆どは雑木林のままだとか。定めし錦秋は鮮やかでしょうが、その所々に御陵が築かれて居るソウで・・私メら下々が近寄るのは出来ない場所です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「大阪府大阪市北区梅田」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「文京区音羽について」文京組版HP
★「文京区音羽から世界へ発信!」護国寺ナビHP

★「文京区の紅葉・黄葉!有楽町線・護国寺から15分で行ける名所」護国寺ナビHP
★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP
★「この森には、日本の季節がすべてある。」ホテル椿山荘東京HP

★「師走も深まり・・まだ楽しめる紅葉庭園 椿山荘庭園」良い日々でありたいブログ
★「紅葉の椿山荘」kenのデジカメライフ・ブログ
★「椿山荘、三重塔」枯雑草の巡礼日記ブログ

★「東京カテドラル聖マリア大聖堂」カトリック関口教会HP
★「これが教会!? 丹下健三建築の代表作『東京カテドラル聖マリア大聖堂』」キナリノHP
★「目白新坂
(目白台)」ぼのぼのぶろぐ
★「大本山 護国寺」神齢山悉地院護国寺HP
★「平成35年は弘法大師ご誕生1250年です」真言宗豊山派HP

★「都内唯一の江戸大伽藍、護国寺」江戸旧聞東京百景HP

★「紅葉の秋!護国寺境内は文京の隠れた紅葉の名所です」護国寺ナビHP
★「豊島岡墓地で赤っ恥 他」ヨウムな生活ブログ

★「東京三大豆大福の群林堂!三島由紀夫や松本清張が愛した人気和菓子店」護国寺ナビ
★「群林堂の『豆大福』」和菓子魂!ブログ

 

(関連する記事)

★「994 【団子饅頭40】護国寺で猫見物と『群林堂の豆大福』」
★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」

★「2300 【名物パン263】東京カテドラルと『元祖バゲットサンド』・・関口台」
★「2457 【名物パン291】桜咲く護国寺で『元祖バケットサンド』を・・音羽」

★「2508 【お肉料理90】めでたし海の星と『ケイジャンチキン』・・関口台」
★「2549 【スイーツ202】梅雨晴れの護国寺で『ウルトラマンミルキー』を」

★「2649 【お米料理243】日本女子大の学食で『唐揚げ南蛮丼』を・・目白台」

★「2775 【名物パン322】満開の早咲き桜と『クロワッサンブレッド』・・音羽」

★「2849 【団子饅頭107】大都会を舞うホタルと『ほたる餅』・・関口台」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2943 【お米料理283】爽秋の護国寺で豊山名物『ヌマスペ』を・・音羽」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」

★「3268 【麺類色々322】さんまさんま・・悲嘆の文豪と『さんま出汁ラーメン』・・関口台

★「3302 【スイーツ283】ローマ教皇聖下と『音羽不二家のシュークリーム』・・関口台」
★「3377 【スイーツ288】桜咲く護国寺で『不二家の本店のシフォン』を・・音羽」

★「3364 【お米料理346】桜とかいぼりと『ローストチキン屋のバターチキンカレー』・・関口台」
★「3378 【お米料理347】桜咲く神田川沿いで『伝統のカツ丼』を・・関口台」

★「3416 【麺類色々356】菖蒲咲く細川庭園と『超極太な二郎系』・・関口台」

★「3434 【野菜果物111】紫陽花の細川庭園と『タマリンドの実』・・関口台」

★「3453 【保存食品83】なかなか晴れない関口台と『サーモンの缶詰』」

★「3522 【麺類色々374】すすき揺れる椿山荘と『二郎系油そば』・・関口台」

★「3537 【揚げモン79】訪日される教皇聖下と紅葉と『コロッケあたま定食』・・関口台」

★「3560 【お米料理369】紅葉の庭園群と『台湾魯肉飯』・・関口・早稲田」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(東京・京都・大阪でイロイロ廻った今年の紅葉旅も、これで終了です)

関口台や音羽界隈の名物と云えば、日本元祖のバゲット「関口フランスパン」さんと、東京三大豆大福の一つ「群林堂」さんで・・共に行列に成ってる時が多いですが、度々参る私ぁ混んでる時はスルーして、空いてる時にしか寄らないコトにしてますネ。今回は護国寺門前近くの群林堂さんが偶々ガラ空きで、お店の方とイロイロお話ししながら豆大福を買って参りましたが・・前回ご案内してから随分経ちますンで、敢えて再紹介!大正初期の創業で、自慢の豆大福は赤エンドウがゴロゴロ入り、その塩っぱさが甘みの強い餡子を中和して確かに美味い。お餅が少し柔らかいのが難ですが、ナイフとフォークで食べる様なモンじゃ無いから具合良しナンでしょうネ。お昼過ぎには売り切れてるコトが多いンで、ドウしても買いたいなら平日早くが良いですが、午後に成ってもお茶を挽いてる日も有りますンで、取り敢えず寄ってみられては?




| 2019.12.21 Saturday (00:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
3560 【お米料理369】紅葉の庭園群と「台湾魯肉飯」・・関口・早稲田

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

彩りの頂点を迎えた黄葉・紅葉を求め、隅田川以西の都内をアチラコチラへ歩き廻ってますが・・ホームグランドは拙宅の在る城北地区。日頃から度々参る関口台・早稲田界隈もすっかり錦秋だから、慣れた道を辿るコトと致しましょ。メトロ江戸川橋駅から神田川沿いをブラブラと

 

春は桜のトンネルに成る神田川沿いで、紅葉の名所と云えば椿山荘さん御自慢の庭園ですが、残念ながら全山炎上にゃもう少し。ならば数日経ったら又参ろうとパスし、そのお隣りの「関口芭蕉庵」へ。俳聖・松尾芭蕉翁の旧宅跡で、古池や!お庭の水面の暗さに紅葉が映えます

 

江戸っ子の暮らしを保った神田上水の建設に従事した若き日の芭蕉翁が関口に住んでたのは、ココが神田川から上水の分れる場所だったから。芭蕉庵の真横に在る上水の守り神「水(すい)神社」さまを覆う様に、樹齢三百年超の「夫婦イチョウ」が!芭蕉翁も見上げた筈です

 

水神社の更に隣りにゃ細川庭園が在りますが、ソレは後回し・・神田川を渡って早稲田へ。私学の雄・早稲田大学が在る街ですが、名前通りに昔は田んぼが広がってたとか。創立者・大隈重信卿の別荘が偶々ココに在ったのが縁で、明治十五年(1882)に前身校が創立されてます

 

大学を早稲田に創った最大の理由・・大隈卿の別荘跡が、早大が管理する「大隈庭園」として残されてますヨ。江戸時代は彦根藩井伊家の下屋敷だったトコで、後に大隈卿はココを本邸として庭園を大改修したとか。ココも含め、関口台・早稲田界隈は元大名庭園が結構残ってます

 

大隈庭園は一般公開されてますが、学生の憩いの場として使われるコトが多く、授業の合間に芝生で寝っ転がったり、大勢で語らったりしてますナ。カエデが真っ赤な枝を拡げる庭園を見下ろすのは国の重要文化財にして、早大のシンボルたる「大隈講堂」。我ながらステキな一枚

 

大隈庭園で暫しノンビリした後、来た道を戻って神田川を再び渡り、水神社前から「細川庭園」へ。コチラは熊本藩細川家の下屋敷だったトコですが、昨日ご案内した通りに高輪台にソレが在った細川家が、関口台にソレを遷したのは幕末。明治時代は細川家の本邸に成ってますナ

 

平坦な早稲田と違い、崖だらけの関口台の湧水を使った泉水式庭園として昭和三十六年(1961)に公開されてますが、一昨年春に大名庭園らしく大改修されて名前も変わり、特に紅葉がキレイに成ったンで、私メの晩秋のお気に入り場所。いやいや一年中頻繁に参ってますケド

 

大隈庭園へ先に参り、細川庭園を後回しにしたのは・・真っ昼間の方が鮮やかな雰囲気の大隈邸に対し、細川邸は黄昏が近付く時間の方がキレイに見えるから。コレは西に傾き始めた光の角度の関係なのか?水鏡に映る風景が夢の様・・しかも周囲が錦秋だから一層華やか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都北区飛鳥山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「文京区音羽について」文京組版HP
★「文京区音羽から世界へ発信!」護国寺ナビHP

★「観光の見どころ満載の新宿を楽しもう!」新宿観光振興協会HP
★「しんじゅくノート」フューチャーリンクネットワークHP

★「早稲田の街‥わせまちドットコム」早稲田大学周辺商店連合会HP

★「関口芭蕉庵−松尾芭蕉ゆかりの庭園」おにわさんHP
★「関口芭蕉庵の紅葉」あとりえ井戸吉(続)ブログ
★「わせだかいわい 水神社」早稲田大学HP
★「イチョウ色づきましたー『水神社』」フクロウ通信ブログ
★「紅葉のキャンパス」早稲田大学HP
★「大隈庭園
(早稲田大学)」東京とりっぷHP
★「早稲田の庭園・大隈庭園」早稲田の風景HP

★「都内大隈庭園で秋の紅葉を楽しもう!紅葉はピークになりつつあります」ETF投資の時代HP

★「文京区立 肥後細川庭園」公園財団HP
★「肥後細川庭園
(新江戸川公園)に行ってきた!見どころ・アクセスを紹介」護国寺ナビHP
★「肥後細川庭園の紅葉」歩いて見つけた!ブログ
★「口コミで人気の早稲田のそば・うどん」ゆめ庵HP
★「早稲田『ゆめ庵』で食べる魯肉飯は。」今日もルーロー飯。ブログ


(関連する記事)
★「1027 【やきそば78】学生街と『エルムのカルボ』‥早稲田」
★「1322 【やきそば125】都の西北!早稲田で『ソース焼きそば』を」
★「2098 【お米料理170】都電の終点で『ドカベン・マシマシ』を・・早稲田」
★「2512 【お米料理227】青葉繁れる学生街で『唐揚げ丼・親方』を・・早稲田」
★「2592 【お米料理238】まだ夏休みの早稲田で『ポークライス』を」
★「2623 【スイーツ216】東京で一番急な坂と『とうふゼリー』・・目白台」

★「2830 【お米料理268】初夏の早稲田大学で『早慶オムライス』を」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2998 【お肉料理108】早稲田の杜の紅葉と名物『ジャンジャン焼き』」
★「3240 【お米料理325】秋の庭園巡りと『二度と食べられぬ日本元祖のカツ丼』・・早稲田」

★「3306 【名物パン359】小圓朝さんを惜しむ心と『チャーシューメロンパン』・・早稲田」
★「3364 【お米料理346】桜とかいぼりと『ローストチキン屋のバターチキンカレー』・・関口台」
★「3378 【お米料理347】桜咲く神田川沿いで『伝統のカツ丼』を・・関口台」

★「3416 【麺類色々356】菖蒲咲く細川庭園と『超極太な二郎系』・・関口台」

★「3434 【野菜果物111】紫陽花の細川庭園と『タマリンドの実』・・関口台」

★「3453 【保存食品83】なかなか晴れない関口台と『サーモンの缶詰』」

★「3537 【揚げモン79】訪日される教皇聖下と紅葉と『コロッケあたま定食』・・関口台」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(椿山荘さんの紅葉は何日かしたら改めてご案内させて戴く心算です)

少し前から早大の近くで気に成る店が。夜は学生相手の居酒屋にも成る「ゆめ庵」と云う、少しチープなお蕎麦屋さんですが・・店先に出された看板に「VEGAN素肉飯(スーローハン)」と書かれてまして、要するに台湾名物「魯肉飯(ルーローハン)」の素食版ですナ。日本と違って台湾はお肉を使わずにソレっぽく作る素食と云う文化が確立されてまして、私メも向こうでソレを試してみたコトが有りますが・・確かにソレっぽい味がする、今風に言えばビーガンなお料理。尤も私ぁビーガンじゃ無く、お肉大好き人間ですが素肉飯は滅多に食べられないンで、ソリャ面白そうと意を決して頼んでみましたら・・店員さんが向こうから来られた方らしく、ドウも言葉が通じなかった様でメニューの隣りに書かれてた魯肉飯が出て来ましたヨ。但し私メが好きな台湾北部風のトロトロそぼろ飯とは違うソレでしたが、南部風の焼き豚が載った面白い一品。そして味付けは八角!コレはコレで嫌いじゃ無いですが、やはり気に成るWEGAN素肉飯。機会が有ったら試してみたいモノですが、どうやら店主さん御本人がビーガンなんだソウですヨ




| 2019.12.18 Wednesday (00:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode