きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
3619 【お米料理379】お西さんの本廟と「京都のぶぶ漬け」・・五条坂

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

インバウンドバブルで乗降客が年々増加してた京都駅も、新型コロナウイルスの世界的大流行で外国人観光客が減少した結果、騒々しい位だった駅前がホント静かに成りましたネ。個人的には有難いですが

 

平年より十二日・去年より七日も早い開花宣言が先週土曜日に出された都内をテクテクと、、療法として毎日歩き廻ってる私メです。観測史上最も早い宣言だった様ですが、その日の東京は雪が降って吃驚仰天。

 

昼過ぎにホンの一瞬でしたがボタボタ降りで、「私メが子供だった頃は春先に大雪が結構有った」と思い出しましたが、地球温暖化の影響なのか?都内はこの時期の雪がメッキリ減ったンで、少し嬉しかった様な。

 

実に異様な暖冬で・・拙宅の在る東京・城北はマトモに降らず、私メ的に今冬最大の雪だったのは先月参った京都・・白銀の古都を一度楽しみたいと念願してましたンで、全く偶然でしたが年甲斐も無く大ハシャギ。

 

その時の旅噺はご案内済みですが、実はもう一本残ってたンで・・桜が満開に成る前に記事にして置かにゃ。尤もコリャ雪が本格的に降り出す寸前、ひたすら寒いだけの早朝のお寺参りのお噂だったりしますがネ。

 

京都市中心部を東西に貫く大幹線「五条通(国道一号線)」で鴨川を渡り、東のどん突き(行き当たり)まで参るとお坊さんの像!コレぞ浄土真宗の開祖・親鸞聖人(見真大師)さまで、奥が御墓所の「大谷本廟」です

 

京都へ参ると初めは驚き・・やがて呆れるのがお寺と神社の数ですが、ナント市内だけでお寺が千六百・神社が三百ほど在るとか。特にお寺は諸宗諸派の総本山・大本山がアチコチに在って、とても廻り切れない。

 

その中で最も大きな堂宇を持つのは、京都駅から北へ上がったトコに在る「東本願寺(真宗本廟)」さん。所謂「お東さん」で、門徒でも無いのにココの詰所に私ぁ良く泊まらせて戴きましたヨ。最近ご無沙汰してますが。

 

ソコから少し西へ参ると、お西さんこと「西本願寺(龍谷山本願寺)」も在りまして、コチラも巨大な堂宇を構えてますネ。何れも浄土真宗の大寺院で、お東さんは「真宗大谷派」お西さんは「本願寺派」の本山ですゼ。

 

私ぁ全ての宗教宗派と広く浅く御付き合いさせて戴く主義ナンで、真宗も威張るほど詳しく存じて居りませんが、大小合わせて十派ほどに分れてる。中でも大きいのがお東さん・お西さんで、元は同じ宗派だった様。

 

東西両派は夫々別の場所に親鸞聖人の御墓所を構えてますが、大谷本廟はお西さんで・・慶長八年(1603)に東山区北部の大谷から遷って来たとか。御本堂前に花だけが沢山置かれてたのが、印象的でした

 

ソレが東西に分れたのは、関ヶ原合戦が終わった直後のコト。そもそも真宗(一向宗)は長らく迫害を受けてる内に先鋭化し、下手な大名なんか軽く蹴散らすほどの巨大で強力な武装勢力と化してたのが戦国時代。

 

織田信長公と十年に渡る大長期戦まで行いますが、その講和を巡って内部対立を生じた所に徳川・豊臣両家の主導権争いが加わって、遂に分裂したのが慶長八年・・ソレはお西さんからお東さんが分れる形で。

 

勿論コレについては東西両派ともに意見が有る様で、下手に断ずると怒られちまいますが、以来分れた儘なのは事実で・・同じ様な堂宇や境内を持つ巨大なお寺を京都駅近くに構え、今も仲良く張り合ってる様。

 

傍からは「ドウしてそんな事で」と思うコトでも、拗れたままで時を経たら修復不能に成るのがお付き合い。ましてや大勢が属する組織では、余程のコトが無ければ纏まりませんわい。こりゃ寄席芸界も同じですが。

 

徳川将軍家が信奉する浄土宗の総本山・知恩院さんの拡張の為に押し出された大谷本廟が、現在地に遷った際に一緒に持って来たのがこの石窟。親鸞聖人が籠って学問した洞穴で、聖地っぽいトコかしらん

 

その東西分立の年に徳川将軍家からの要請(命令?)で、お西さんが五条通のどん突きに建立したのが「大谷本廟」。親鸞聖人さまの御墓所ですが、ココを選んだのは訳が有って・・聖人さまを荼毘した場所だとか。

 

つまり火葬した訳ですが、この辺りは洛北の紫野・洛西の化野と並ぶ京都三大風葬地の「鳥辺野」。悪い言い方をすれば死体捨て場だったトコで、本廟から清水寺までの一帯は墓場だらけだった様。しかも雑多な。

 

処が親鸞聖人の御入滅から既に三百数十年経ち、ドコに葬ったのか正直判らなく成ってたらしく・・お西さんはココだと本廟を建てた。一方お東さんは五条通じゃない、四条通のどん突きの少し奥だと別の御墓所を。

 

ソコを「大谷祖廟」と呼びますが、そもそも両派は聖人さまの亡くなられた場所すら違うトコを推してますンで、もはや何だか判りません。ですが京都のドコかに違いなく、信じる者は救われるだろうと思うばかりです。

 

初めから大谷本廟へ参ろうと思ってた訳じゃ無く、雪が降ったから清水寺へ参ろうと京都駅から乗ったバスを降りたら、ソコに本廟が在っただけ・・真にテキトーで恐れ入りますが、コレだから京都はホント面白い。折角だからと詣でさせて戴きましたが、お寺の方々はホント親切で礼儀正しく、結構長居してしまった様な。この後、雪は本降りに成りました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区鴨川デルタ」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP

★「歩いて楽しむ東山区」京都市東山区役所HP

★「京都の寺と神社の数」Kyoto Guiding 英語で京都紹介〜いちげんさんウエルカム・ブログ
★「お西さん
(西本願寺)」龍谷山本願寺HP

★「大谷本廟(西大谷)」浄土真宗本願寺派HP
★「親鸞聖人の生涯」浄土真宗本願寺派HP

★「雪の大谷本廟。 」京都旅行のオススメ・ブログ
★「京都編 大谷本廟へお参り」天真寺日記ブログ
★「大谷本廟 大谷本廟内石窟」いこまいけ高岡HP
★「西本願寺と東本願寺の違いとは?わかりやすくご紹介!」京都をぶらり♪お寺、神社、御朱印のブログ
★「大谷祖廟」東本願寺HP
★「降雪日に史上最速のさくら開花の理由」ヤフーニュースHP
★「『ぶぶ漬けでもどうどす?』〜言葉に隠された京の本音」京都トリビアHP

★「『ぶぶ漬けでも』言われたことありますか 京都で聞きまくったら全員同じ答えに」J−CASTトレンドHP
★「花点心」京洛辻が花HP

★「京洛辻が花のお花型お茶漬け最中【花点心】とは」marry HP

(関連する記事)
★「238 【京都上ル下ル04】東西どうして違うのか?」

★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」

★「1052 【スイーツ61】太閤殿下の神社と『衛生ボーロ』‥東山」

★「2031 【麺類色々162】『しっぽくそば』と早朝の東西本願寺・・京都」
★「2435 【粉なモン37】『まんぼ焼き』と新装なった定宿とお東さん・・六条烏丸」

★「2535 【やきそば269】国宝だらけの西本願寺と『牛焼きそば』・・六条堀川」
★「2872 【呑みモン77】暑い日はやっぱりサッパリ『京番茶』・・烏丸七条」

★「3021 【やきそば333】洋館並ぶ西本願寺と復活『大とらの焼きそば』・・堀川六条」
★「3396 【スイーツ292】桜咲く知恩院で『さくら八ッ橋』を・・京都・円山」

★「3596 【スイーツ314】雪舞うガラガラの清水寺で『キャラメル八ッ橋』を」

★「3597 【お魚料理121】花弁雪舞う祇園・八坂巡りで『元祖のちりめん山椒』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ホント京都は油断が出来ぬ、ドコに行ってもスゴイ史跡が在りますヨ)

京都人は長居をする客を追い返す為に「ぶぶ漬け(お茶漬け)でもドウです?」と嫌味を言うと流布され、ソレを信じてる人が多いですが・・そんな回りくどいコトを言いませんネ。もっとストレートな嫌味を言うのが京都人で、コレは大阪の落語家が京都を論う為に作った都市伝説みたいなモンだったりしますが、一度は食べてみたい「京都のぶぶ漬け」。ならばと試してみた私メ、と言ってもソレを言わせる程にワザと長居した訳じゃ無く、京都じゃデパートでも売ってる辻が花さんのお花型お茶漬け最中「花点心」で。ご飯に砕いた最中を乗せ、別添えの具を入れてお湯を掛けるだけですが・・ふやけた最中も具の一つで、実にお上品な味わいで「コレだったら嫌味を言われてでも食べたい」様な。ふぐや鯛のお魚系や梅や昆布とイロイロ具が有って、次はナニをしようかと迷ってしまう位。問題は京都らしくチトお高いコトで、ドウやら沢山食べるモノじゃ無い様ですネ




| 2020.03.17 Tuesday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
3597 【お魚料理121】花弁雪舞う祇園・八坂巡りで「元祖のちりめん山椒」を

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

厳寒期の京都を何度訪ねても、一度も体験できなかった雪の風景。遂に今回ソレに巡り合えたンで、今世紀初めて清水寺まで参った昨日のお噂の続きです。ツルツル滑る石畳に注意しつつ、清水坂・産寧坂・二年坂と下るに連れて見えて来た五重塔は、有名な「八坂の塔」ですナ

 

「八坂の塔」として知られてるのは、聖徳太子サマ建立との伝承もある古刹「霊応山法観寺」さんの五重塔。国の重文に指定されてる塔は永享十二年(1440)の再建で、京都じゃ二番目に高いから目立ちます。一旦弱まった雪がまた強く成って、塔を見上げてるのも大変な状態に

 

法観寺さんの塔を「八坂の塔」と呼ぶのは、平安遷都以前からこの辺りに居た八坂氏の氏寺だったからですが、同じ一族に係わるのが塔の近くに在る「八坂神社」さま。江戸時代までは感神院祇園社と呼ばれてたお社で、今回は表門に当る南楼門から境内へ。雪は強くなる一方!

 

南楼門を通った途端に雪は猛烈に強く成り、承応三年(1654)に建てられた国重文の御本殿を撮るだけで一苦労。年間百万人と京都じゃ伏見稲荷大社に次ぐ参拝者で賑わうお社なのに、流石にこのお天気じゃガ〜ラガラ。とにかく屋根の在るトコへ退避して、雪宿り?しませんとネ

 

御本殿の屋根を雪除けに使うのは流石に畏れ多く、その真ン前に建つ舞殿(ぶでん)へ逃れれば、御婦人方がちょうど舞のお稽古中・・男着物の方も女性!この寒さのなか無理しなくても・・と思えども、ナニかの奉納に備えた現地稽古だったンでしょうネ。暫し見惚れてしまいましたヨ

 

舞を齧りつき?で眺めてる内に小雪に成ったンで、今の内に河原町界隈へ逃げ出そうと西楼門へ。世間の思う八坂神社のイメージは四条通のどん突き(行き止まり)に聳えるこの御門ですが、ご案内した南楼門が正門だからコチラは通用門?明応六年(1497)建立の国重文です

 

西楼門前から鴨川までの四条通沿いが祇園の街ですが、歩道に屋根が付いてるンで安心してブラブラしてる内に、ほんの数百m歩いただけなのに・・雪が止んで青空が見える様に。普段は外国人観光客の溢れる花見小路も、雪上りはガ〜ラガラ・・騒々しく成る前に戻った感が

 

雪ってホント不思議ですネ、降ってる間より降り止んだ後の方が寒く感じられる・・先程までの花弁雪が嘘の様でアァ寒い!鴨川に架かる四条大橋まで参りましたら、キレイな青空に・・チラチラと小雪は舞ってますが。念願してた京都の雪はホント綺麗でしたが、まだ足りない・・ドコかもっと綺麗な場所は無いかしらん。ソレを求めて旅はまだ続くのです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区岩倉」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP

★「歩いて楽しむ東山区」京都市東山区役所HP

★「法観寺の八坂の塔」京阪沿線に此の塔あり 京阪電鉄HP
★「八坂の塔
(法観寺)には入れるんです。」Japantemple.comブログ
★「京都祇園総鎮守」八坂神社HP

★「【保存版】京都・八坂神社の見どころを徹底解読!美と恋のパワースポットも」旅ぐるたびHP

★「八坂神社(京都市東山区)」京都風光(京都寺社案内)HP
★「八坂神社南楼門の修復が終わり、美しい門に変身しました!」朝は知恩院でラジオ体操!(の気分)ブログ
★「八坂神社本殿 京都府 江戸時代
(1654年)」社寺建築逍遥HP

★「CLOSE UP八坂神社 舞殿」ローム彩時記HP
★「祇園花見小路通」一路一会HP
★「京都そぞろ歩き・京都のモニュメント 四条大橋」京都観光INDEX HP
★「京の風土と料理人の創意から生まれた、海の幸と山の恵みのおいしい出会い。」チリメン山椒 はれまHP
★「日本で最初のちりめん山椒は昭和46年販売開始。同年代の食べ物は今も人気の商品がズラリ。」食通きどりHP


(関連する記事)
★「280 【京都上ル下ル06】白川は涼しげに流れる」

★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」

★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」

★「2262 【名物パン259】夏の水遊びは『ペッパーカルネ』を連れて・・祇園白川」

★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2658 【スイーツ218】『贅沢な丁稚羊羹』と南座の『まねき上げ』・・四条河原町」

★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと『豆乳アイスクリン』・・四条河原町」

★「3082 【麺類色々287】寒夜の花街と『超々々々老舗のたぬきそば』・・祇園」

★「3112 【呑みモン84】桜咲く花見小路と『京番茶その6』・・祇園」
★「3113 【お米料理308】知恩院の桜と『明治時代の親子丼』・・祇園白川」
★「3330 【保存食品80】寒夜の花見小路と『おらがむら漬』・・祇園」

★「3359 【やきそば373】オフシーズンが消える京都で『ヤングマンランチ』を・・河原町」

★「3395 【麺類色々351】桜咲く花見小路で『八ッ橋屋さんの鶏そば』を」

★「3396 【スイーツ292】桜咲く知恩院で『さくら八ッ橋』を・・京都・円山」

★「3496 【やきそば388】某国人が減って静かな京都で『カラシソバ』を・・四条河原町」
★「3398 【お米料理350】ライトアップ再開の祇園白川で『関西風だし釜めし』を」

★「3596 【スイーツ314】雪舞うガラガラの清水寺で『キャラメル八ッ橋』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

 

(積もるほど降らなくて助かりましたが、もっと降って欲しかった感も・・)

大雪から晴れへと目まぐるしい散策でしたが、こうして晴れ間に成ったから「はれま」さんへ行こう!京都名物「ちりめん山椒」の元祖店で、八坂の塔から真っすぐ鴨川へ抜けた花街・宮川町に本店が在りますが、四条通沿いに祇園店も在りますネ。京都市内のみならず、今や全国で作られてるちりめん山椒も歴史は浅く・・昭和四十六年(1971)に宮川町の料理人だったはれまの店主が発明して売り出したモノだとか。シラスを干したちりめんと、京料理でよく使う実山椒を炊き合わせたシンプルな惣菜ですが、シンプルなだけに奥が深くて・・店ごと・業者ごとに味が違うから面白い。元祖のコチラのは甘さを控えたスッキリ醤油味。そこに実山椒を噛むと広がるスーッとしたピリピリ感!コレさえ有れば他のおかずは要らない、何杯だってご飯が食べられる!ましてや元祖だと思うと美味さは倍増で、まだ半世紀経って無いのに驚くばかりです




| 2020.02.18 Tuesday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
3596 【スイーツ314】雪舞うガラガラの清水寺で「キャラメル八ッ橋」を

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

前回の更新から六日も空いたのは、厳寒期の上方まで旅に出てたのと、帰京後は高座等で忙しかったから・・疲労困憊でしたしネ。てな訳で今日から上方のお噂を続けてご案内しますが、先ずは京都へ。国の重要文化財「清水寺・仁王門」まで上がると、雪が強く成って来ました

 

京都へは子供の頃から度々参ってますが、一度として眺めたコトが無かったのが雪降る古都の風景。何しろお天気が相手だから計画の立てようが有りませんが、今回は遂に念願叶って雪の朝!雪の京都と言えば金閣寺か清水寺・・雄大な眺めなら後者、いざ清水の舞台へ!

 

北法相宗の大本山「音羽山清水寺」さんへ参ったのは、一体いつ以来か・・少なくとも今世紀初めての筈!寛永十年(1633)再建の本堂の名物は、大きくせり出した懸造の舞台で高さは十二m。下を覗き込もうと思えども・・生憎の大改修中。国宝を保つ為だから、仕方ないですナ

 

因みに本堂の五十年ぶりの大改修は、来月完工予定だとか・・仕方なく本堂裏の地主(じしゅ)神社さまへ。明治時代に分離されるまで長らく清水寺の鎮守社だったトコで、世界遺産にはお寺の一部として認められてますネ。今は縁結びで人気だとか、雪を推して願うと叶うかしらん

 

さて数十年ぶりに詣でた清水寺を含む東山区は、人気の有名寺院が多いだけじゃ無く、近年はインバウンドの狂騒で外国人観光客が激増して大混雑。そんなの私メが見たい京都じゃ無いと近寄らぬ様にしてましたが、コロナウィルス騒ぎでガ〜ラガラ!ほんの一瞬だけ青空が

 

私メが清水寺に長らく詣でて無かったのは、お土産物屋の並ぶ参道の客引きが五月蠅いのと、修学旅行生や外国人観光客が傍若無人に動き回って邪魔なコト。そしてナニより混雑して自由に歩き辛いコトでしたが、コレだけ空いてると楽だナ!八ッ橋屋の店員さんは暇そうでしたが

 

土産物屋だらけの表参道の清水坂から逸れ、石段の階段がステキな産寧坂(さんねいざか)へ。由来をスッカリり忘れたンで調べてみると、「清水寺の子安観音さまへ、お産が寧かな様にと祈りに向かう坂」だとか。普段ならココも混み合う筈ですが、清水坂同様にガラガラでしたヨ

 

インバウンド騒ぎが始まってから、こんなに静かな清水寺界隈は異例の筈ですが・・空いてるのは良くても、小雪が降り続いて石畳の滑るコト!産寧坂通りで転ぶと三年以内に死ぬと嘯かれてますが、ソレなら私ぁ六年早死にする筈。もちろん都市伝説だし、誰も見て無かったしネ

 

産寧坂から二年坂へ。二寧坂とも呼びますが、何れにしろ産寧坂の下だから付いた名前の様で、ココで転ぶと二年以内に死ぬンだとか!幸い重ねて死期を早める様な失敗はしませんでしたが、一旦弱まった雪がまた強く成って来ましたネ。開店休業中の店ばかりが並ぶ中、坂をドンドン下ってこの先の八坂神社へと向かいますが、続きは明日です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市東山区祇園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP

★「歩いて楽しむ東山区」京都市東山区役所HP
★「北法相宗大本山」音羽山清水寺HP
★「清水寺の仁王門」京都祇園祭山鉾巡行写真集HP
★「清水寺の謎。なぜ『清水の舞台』は崖にせり出して造られたのか」まぐまぐニュース!HP
★「清水の舞台から飛び降りた!?」清水寺よだん堂HP
★「【死ぬまでに見たい京都の冬絶景】雪の清水寺は言葉を失う圧巻の景色」PlayEarth〜地球を遊ぼう〜HP

★「良縁を結ぶ神社」京都地主神社HP

★「ずへての坂道は清水に通ず!?京都『清水寺の参道』を徹底攻略」LINEトラベルjpHP

★「ようこそ、清水さんへ」清水門前会HP
★「【転ぶと死ぬ】京都・清水寺『三年坂
(産寧坂)』にはとんでもないジンクスあった!」清水寺・御朱印HP
★「京の坂みち 一念坂・二年坂」古都に燃える会HP
★「八ッ橋発祥の家」本家西尾八ッ橋HP

★「京都・おみやげの定番【八つ橋】10社で人気の八つ橋の詳細情報をお届け!」Trip-Partner HP
★「あん入り生八ッ橋 あんなま『チョコレート・ミルクキャラメル』」OMIYA!HP


(関連する記事)
★「280 【京都上ル下ル06】白川は涼しげに流れる」

★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」

★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」

★「2262 【名物パン259】夏の水遊びは『ペッパーカルネ』を連れて・・祇園白川」

★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2658 【スイーツ218】『贅沢な丁稚羊羹』と南座の『まねき上げ』・・四条河原町」

★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと『豆乳アイスクリン』・・四条河原町」

★「3082 【麺類色々287】寒夜の花街と『超々々々老舗のたぬきそば』・・祇園」

★「3083 【スイーツ259】修験の総本山・聖護院で『フルーツ八ツ橋』を・・左京区」

★「3112 【呑みモン84】桜咲く花見小路と『京番茶その6』・・祇園」
★「3113 【お米料理308】知恩院の桜と『明治時代の親子丼』・・祇園白川」
★「3330 【保存食品80】寒夜の花見小路と『おらがむら漬』・・祇園」

★「3359 【やきそば373】オフシーズンが消える京都で『ヤングマンランチ』を・・河原町」

★「3395 【麺類色々351】桜咲く花見小路で『八ッ橋屋さんの鶏そば』を」

★「3396 【スイーツ292】桜咲く知恩院で『さくら八ッ橋』を・・京都・円山」

★「3397 【スイーツ293】桜咲く南禅寺で『チョコミント八ッ橋』を・・蹴上」

★「3496 【やきそば388】某国人が減って静かな京都で『カラシソバ』を・・四条河原町」
★「3398 【お米料理350】ライトアップ再開の祇園白川で『関西風だし釜めし』を」

★「3548 【スイーツ313】紅葉の黒谷・真如堂で『八ッ橋の折れ』を・・神楽岡」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(清水寺へ次に詣でるのは何十年後か?空いてりゃ話は別ですがネ)

清水坂・産寧坂・二年坂辺りで一番多いのは、京都土産の大定番「八ッ橋」を売る店ですが、八ッ橋の製造会社は京都だけで十四社も在るンだとか。中でも私ぁ「日本最古の八ッ橋屋」本家西尾さんが贔屓で、聖護院門跡並びの本店にゃ度々寄って買い物(試食?)を楽しんでますが、本家西尾さんの面白いのはヘンな味のを沢山作ってるトコ。コレまでイロイロご案内して参りましたが、今回は清水寺・仁王門前の清水店で売ってた「ミルクキャラメル味」。キャラメルそのものが入ってる訳じゃ無く、キャラメル味の餡子が入ってると云うモノで・・もはや餡子とは違うナニかに成ってますヨ。確かにキャラメルとしか言いようの無い味で、ニッキ味の皮と相まって実に珍妙奇天烈!和菓子なんだけど洋菓子寄り、まだまだ別の味が沢山本家西尾さんにゃ有るンで試してみたいですが、観光地だから慌ただしくて・・静かな本店と違ってジックリ選べないのが不便でしたネ




| 2020.02.17 Monday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
3548 【スイーツ313】紅葉の黒谷・真如堂で「八ッ橋の折れ」を・・神楽岡

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

紅葉シーズン絶頂期の京都。しかも大名所の南禅寺だから混雑は覚悟してましたが、すっかり草臥れ果てた私メ。永観堂の前を通って銀閣寺まで繋がる「哲学の道」を歩く心算でしたが、その元気は残って居らず・・同じ岡崎界隈でも、白川通を挟んだ西側の神楽岡へ向かうコトに

 

平安神宮や南禅寺の在る左京区南部の「岡崎」は、神楽岡(吉田山)の南端()辺りだからソウ付いたと聞きますが・・正に岡の崎に在るのが「岡崎神社」さま。平安遷都の際に四方に建てられた鎮護社のうち、東天王社だったのがココ。野兎が昔多く居たンで、狛犬ならぬ狛兎です

 

岡崎神社サマの横から路地を登って神楽岡へ向えば、浄土宗の七大本山の一宇「紫雲山金戒光明寺」さんが。承安五年(1175)に法然上人が開かれた念仏道場で、浄土宗の最初のお寺だったりしますが・・大檀家だった徳川将軍家によって、城郭同然の造りに変えられてます

 

「黒谷(くろだに)さん」こと金戒光明寺さんで有名なのは、城同然の造りを活かして幕末の京都守護職・松平容保公(会津藩主)が本陣を置いたコトと、アフロ大仏とも言われる「五劫思惟(ごこうしゆい)阿弥陀仏」さまが居られるコト。気が遠くなる位に思考して、螺髪が膨らんだ御姿に

 

黒谷さんも奥まで登れば紅葉がキレイと聞きますが、朝イチの嵐山から歩きっぱなしで足が疲れたンで断念し、塔頭が建ち並ぶ道を通って北隣の真如堂の方へ。その途中の龍光院さんの境内を眺めると、紅葉がご覧の通り!ココは戦国武将・滝川雄利公が建立した寺院だとか

 

そして「真如堂」こと、永観二年(984)建立の古刹・鈴聲山真正極楽寺さんへ。女人禁制だった比叡山に代わり、女性を救済する為の寺として多くの婦女の帰依を集め、また三井グループの宗家・三井一族の菩提寺だったりもしますナ。そしてココも京都を代表する紅葉の名所です

 

一条帝の御生母の離宮の在った神楽岡に建立された真如堂ですが、戦乱の為に洛内アチコチに移転を余儀なくされ、元の場所に戻って来れたのは元禄六年(1693)。京都じゃ比較的新しく感じられるから?普段は訪れる人も少なく静かですが、紅葉の時期は結構賑わいますネ

 

金戒光明寺の「黒谷」と云う別名は、法然上人が比叡山内で修業した地名だと聞きますが、真正極楽寺の「真如堂」とは?ソレ自体は本堂と云う意味ですが、全国に極楽寺が多く在るがココこそ真正(正真正銘)で、極楽に行きたいなら本堂の真如堂へ来いと喧伝したのかしらん?

 

元々が女性救済を願ったお寺だから?全般的に穏やかで繊細な感じのする紅葉が境内にワンサカ植えられてましたが、嵐山や南禅寺さんで雄々しく派手な紅葉を沢山眺めて食傷気味に成ってましたンで、或る意味上手く中和出来た様な。以前ご案内した「京都の神楽坂」を登り切るとこの真如堂さん。紅葉の季節以外の神楽岡はホント静かなトコですから、京都観光に疲れたら訪ねられると宜しいかも知れませんネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市北区上賀茂」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「おこしやす左京」同編集委員会HP
★「京都・岡崎エリアの総合情報サイト」京都 岡崎コンシェルジュHP
★「子授け・安産・縁結び」東天王 岡崎神社HP
★「岡崎神社」かわいい京都HP

★「浄土宗大本山 くろ谷」紫雲山金戒光明寺HP
★「金戒光明寺/法然が開いた浄土宗最初の寺院」カイケンの旅日記ブログ
★「金戒光明寺の紅葉
(黒谷)」京都の紅葉絶景写真集HP
★「龍光院[金戒光明寺]
(京都市左京区)」京都風光(京都寺社案内)HP
★「真如堂」鈴聲山真正極楽寺HP
★「真如堂を楽しむ」鈴聲山真正極楽寺HP
★「三井のスポット 鈴聲山真正極楽寺」三井広報委員会HP
★「【京さんぽ】『正真正銘のゴクラク』モミジの真如堂を訪ねる」そうだ京都、行こう JR東海HP
★「京都・神楽坂通京都&神楽坂 美味彩花ブログ

★「八ッ橋発祥の家」本家西尾八ッ橋HP
★「八ッ橋 おひろめ」本家西尾八ッ橋HP


(関連する記事)
★「280 【京都上ル下ル06】白川は涼しげに流れる」

★「281 【京都上ル下ル07】明智日向守は御霊に成った」

★「2328 【麺類色々200】平安神宮と『天下一品のこってり』・・岡崎公園」
★「2736 【麺類色々232】修学院離宮を見学して『天下一品総本店』へ」

★「2760 【保存食品68】季節外れのインクラインと『どぼ漬け』・・南禅寺」

★「2923 【スイーツ238】平安神宮の秋空と『栗水無月』・・京都・岡崎」
★「2940 【スイーツ244】ノーベル賞を待つ京大・吉田キャンバスで『ばんざいパフェ』を」
★「3083 【スイーツ259】修験の総本山・聖護院で『フルーツ八ツ橋』を・・左京区」
★「3115 【スイーツ264】桜舞う南禅寺と『錦の豆乳ドーナツ』・・蹴上」

★「3117 【野菜果物104】夜桜輝く花回廊と『京野菜しろな』・・岡崎公園」
★「3152 【スイーツ267】巨大アフロな阿弥陀仏と『フルーツ八つ橋』・・京都・岡崎」

★「3357 【お米料理345】京大で名物『総長ステーキカレー』を・・百万遍」

★「3358 【スイーツ287】京都にも在る神楽坂で『フルーツ八つ橋』を・・聖護院」

★「3396 【スイーツ292】桜咲く知恩院で『さくら八ッ橋』を・・京都・円山」

★「3397 【スイーツ293】桜咲く南禅寺で『チョコミント八ッ橋』を・・蹴上」

★「3546 【お米料理366】紅葉と雑踏の南禅寺『カレーピネライス』・・蹴上」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(真如堂は初めてでしたが、実に良いトコ・・神楽岡を調べようかしらん)

真如堂が静かなのは周囲の道が揃って道が狭く、大きな観光バスが坂を上がって来れないからだとか。成るほど確かに団体客ってムダに騒々しいですからネ。そんな狭い坂道・神楽坂通を下って降りると聖護院門跡サマで、その側に八ッ橋屋さんが何軒も在りますが・・私メが参るのは真如堂さんが神楽岡に戻ってくる数年前に創業した、八ッ橋の元祖店「本家西尾八ッ橋」の本店と決めてますヨ。いつもは柔らかい餡子入りのを買いますが、焼いた硬いのも八ッ橋で・・むしろコッチが元々の形。焼く過程で割れてしまうのが出るのは仕方ないですが、ソレを纏めて袋に入れて安く売るアウトレット品「割れ」を、偶々買うコトが出来ましたヨ。色んなの味や色の八ッ橋がテキトーに入れられてましたが、なんと金箔入りのまで混ざってる!「おひろめ」と云うお祝い用の特別品の様ですが、割れを買わなかったらソレの存在を知らなかった筈。いつも有る訳じゃないソウですが、本店でコレを見付けたら安くて面白いから買いですゼ




| 2019.12.02 Monday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
3546 【お米料理366】紅葉と雑踏の南禅寺と「カレーピネライス」・・蹴上

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

昨日まで右京区の嵯峨嵐山をご案内しましたが、今日からは左京区の岡崎界隈へ。京都盆地の西端から東端への大移動ですが、もちろん市内を一気に横断した訳じゃ無く、中心街の河原町辺りで買い物したり食事してる内に・・キレイに晴れてたのが、曇って来ちゃいましたネ

 

地下鉄「蹴上(けあげ)駅」から地上に出ると、昭和二十三年(1948)まで使われてた「蹴上インクライン」跡が。湖水を京都市内まで引いた琵琶湖疏水を往来する舟が、高低差の激しい区間を越える為に敷かれた傾斜鉄道で、春は桜の名所ですが・・紅葉もキレイに色付いてますヨ

 

坂が急なインクラインの頂上から、有名な「南禅寺別荘群」をブラブラと。明治から大正にかけて政財界の大物達が贅を凝らして拵えた別荘が多く残ってますが、もちろん入れて貰える筈は無く・・塀越しに邸内の紅葉を眺めるだけ。また南禅寺の塔頭群も・・ココは東照宮ですか

 

塔頭筆頭の金地院の前から、全国の禅寺の中で最も格式の高い「瑞龍山太平興国南禅禅寺(いわゆる南禅寺)」さんの境内へ。わざわざインクラインの方へ通らず、素直に表から入れば近いンですが・・狭い道を観光バスが次々通るから危ない!ましてや紅葉シーズンともなれば

 

京都五山の上で別格扱いされる南禅寺さんは、元寇の起きる寸前の正応四年(1291)に亀山法皇サマが、父・後嵯峨帝の離宮をお寺にしたのが始まり。応仁の乱で伽藍の殆どを焼失しますが、徳川家康公の側近で黒衣の宰相と呼ばれた「金地院崇伝」国師が再興させてます

 

南禅寺さんへ参るのは春の桜以来。あの時も結構混んでましたが、流石に京都随一の紅葉の名所だけ有って・・比べ物に成らない位の大雑踏。発病前と違って人混みが得意じゃ無くなった私メですが、ドウしても見たいモノが有るから我慢して境内を奥へ。ソレにしても凄い人の数

 

千二百年の歴史を誇るだけに古い和の多い京都ですが、意外と新しモノ好きだから新しい西洋風の建築も多いですナ。明治期に建てられたモノはスッカリ風景に馴染んでますが、雑踏を我慢して参った目的の「水路閣」はもはや一枚の絵!紅葉の時期に見るのは初めてですヨ

 

水路閣はインクラインの下を流れてる琵琶湖疏水の分流が、南禅寺さんの境内を通る為に明治二十一年(1888)に架けられた水路橋で、ココも水が未だ流れてますが・・春の桜・夏の青葉、そして今回の秋の紅葉と愛でましたンで・・次は冬の雪?東京在住だとチト難し過ぎる様な

 

水路閣付近の人混みに些か疲れ、境内奥の本坊前で休憩を。南禅寺のお坊さん達が暮らす宿舎で有ると共に、宗務を取り仕切る寺務所がこの本坊ですが・・裏はすぐ山が迫ってまして、ソコの紅葉は境内よりも鮮やかだとか。時間が有れば参りたいトコですが、次へ参りましょか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区黒谷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「おこしやす左京」同編集委員会HP
★「京都・岡崎エリアの総合情報サイト」京都 岡崎コンシェルジュHP
★「琵琶湖疎水のご紹介」京都市上下水道局HP
★「琵琶湖疏水2
(蹴上インクライン)」わたしのこだわりブログ()ブログ
★「紅葉真っ盛り〜京の秋風景〜『蹴上・インクライン』」吹き抜ける風と太陽を浴びて・・心の行くまま流れるまま・・ブログ
★「蹴上からインクライン、そして南禅寺別荘群・・」喫茶店カフェ探訪家mamilyの全国街ぶら通信ブログ
★「臨済宗大本山」南禅寺HP
★「南禅寺 三門から法堂へ」京都を歩くアルバム・ブログ

★「南禅寺の紅葉」京都で定年後生活ブログ
★「南禅寺水路閣」かわいい京都HP
★「名物のピネライスは必食!洋食の名店が街中へ移転!『キッチン ゴン』」Kyotopi HP
★「京都といったらピネライス キッチンゴン 六角店」えいじの食べ物ブログ


(関連する記事)
★「280 【京都上ル下ル06】白川は涼しげに流れる」

★「281 【京都上ル下ル07】明智日向守は御霊に成った」

★「2261 【お米料理188】『ピネライス』と光り輝く夜の京都駅」
★「2328 【麺類色々200】平安神宮と『天下一品のこってり』・・岡崎公園」
★「2760 【保存食品68】季節外れのインクラインと『どぼ漬け』・・南禅寺」

★「2923 【スイーツ238】平安神宮の秋空と『栗水無月』・・京都・岡崎」
★「2940 【スイーツ244】ノーベル賞を待つ京大・吉田キャンバスで『ばんざいパフェ』を」
★「3083 【スイーツ259】修験の総本山・聖護院で『フルーツ八ツ橋』を・・左京区」
★「3113 【お米料理308】知恩院の桜と『明治時代の親子丼』・・祇園白川」

★「3115 【スイーツ264】桜舞う南禅寺と『錦の豆乳ドーナツ』・・蹴上」

★「3117 【野菜果物104】夜桜輝く花回廊と『京野菜しろな』・・岡崎公園」
★「3152 【スイーツ267】巨大アフロな阿弥陀仏と『フルーツ八つ橋』・・京都・岡崎」

★「3357 【お米料理345】京大で名物『総長ステーキカレー』を・・百万遍」

★「3358 【スイーツ287】京都にも在る神楽坂で『フルーツ八つ橋』を・・聖護院」

★「3396 【スイーツ292】桜咲く知恩院で『さくら八ッ橋』を・・京都・円山」

★「3397 【スイーツ293】桜咲く南禅寺で『チョコミント八ッ橋』を・・蹴上」
★「3544 【スイーツ312】紅葉の嵯峨・嵐山で『養命酒のクロモジのど飴』を」
★「3545 【麺類色々377】紅葉の化野念仏寺と『けいらんうどん』・・嵯峨野」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(人混みが凄くて・・ムチャクチャ草臥れましたが、実にキレイでしたネ)

南禅寺さんへ向かう前に寄った河原町界隈、賑わいの西端は四条高倉の大丸京都店ですが・・その北側(六角高倉)に御所の近くから移って来たのが、西陣の本店のある京都名物の洋食屋「キッチンゴン」。新しモノ好きだから洋食屋の多い京都でゴンの名物と云えば、チャーハンの上に薄いトンカツを載せてデミグラスソースをかけた「ピネライス」。フランス語で薄い肉をピネで呼ぶソウで、半世紀近く続いてる京都の有名洋食!なぜ洋食屋でチャーハンかは聞かぬお約束ですが、その量が220gから1000gまで選べるしトッピングも豊富。ソコで私ぁ450gのピネをデミグラスじゃ無くてカレーソースで!やがてコンモリ盛られた凄いのが出て参りましたが・・周りじゃ800gとか1000gに挑んでる人も結構居ますナ。何れ私メも思いつつ、中華屋とは一風違う洋食屋のチャーハン自体が美味しいンで、別段苦戦するコトも無くアッサリ完食でした




| 2019.11.30 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
3398 【お米料理350】ライトアップ再開の祇園白川で「関西風だし釜めし」を

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

京都・祇園界隈は桜の名所が多く、一昨々日は花見小路・一昨日は円山公園をご案内しましたが、最後は白川沿い・・石畳に格子戸のお茶屋が並ぶ街並みを穏やかに流れる川で、川底に白い砂が積もってるトコからこう云う名前に成ったとか。でも春は・・白い桜に覆われてます

 

彼ら向けガイドブックに載っているのか?祇園はドコに行っても外国人観光客が多いですが、白川界隈は年中ソレが特に多く・・桜の季節は占領されたと言っても良い位。ソレでも昼間は廻りの目が有るンで無法は出来ない様で、多少は大人しい感が。ずっとソウなら良いけれど

 

知恩院さんへ行ったり、南禅寺さんへ行ったり・・洛東の桜を愛でてる内に黄昏時に成りましたンで、中心街の河原町四条へ戻って食事や買物をしてたらスッカリ夜に。ならばと祇園へ再出撃する前に、木屋町を流れる高瀬川の畔へ出ると・・ココは毎年変わらぬライトアップが!

 

木屋町から四条大橋を渡り、この日何度目かの祇園界隈へ。橋の袂で威容を示す「南座」ですが、この日本最古の劇場は明るく照らされた夜の方が威厳があると云うか、華やかが増すと云うか・・とにかく格好良いですナ。耐震化改修で閉まってた昨秋まで、チト寂しかったですネ

 

ソレでは祇園白川の夜桜見物に・・一昨年以来ですナ。いやココが明るく照らされてるのを見るのは一昨々年以来・・と云うのは、無法を働く外国人花見客が多過ぎて騒動が著しく、事故防止の為にライトアップは一昨年・去年と中止されてンです。ソレが今年から再開されました

 

同じ白川沿いの桜でも、界隈を貫く縄手通(大和大路)の東西で雰囲気が違い、鴨川に近い西側は道の真上に桜の枝が左右から覆い被さって、花のトンネルを通るかの様・・大した距離じゃ無いンですが、見上げながら歩いたり立ち止まったりしますンで、ナカナカ前に進めません

 

縄手通を過ぎますと・・桜は白川に被さる様に枝を伸ばすンで、少し見辛くなる感が。ですが照明が川面に反射したり、対岸に並ぶ料亭の外灯に照らされたり・・カクテルライトと化して、コレまた奇麗!警備員が外国人観光客に注意を呼びかける声が、歩道から頻繁に聞こえます

 

中止に追い込まれてた祇園白川のライトアップが再開出来たのは、京都市の宿泊税導入で警備員を雇える様に成ったからだとか。警官みたいな制服姿と大きな声が無粋ですが、取り敢えずの効果は上がってる様で、大柄な外国人と押し合いへし合いですが・・夜桜がキレイですネ

 

そりゃ京都は観光業が盛んな街だから、ライトアップ再開を喜んでる業者は多いでしょうが、外国人ばかりが闊歩して日本人が寄り付かなく成ってる現状は絶対にオカシイ!白川の中心の角地に在る祠「辰巳大明神」さまに、「異常なインバウンドバブルが早く弾けて、昔みたいに静かに夜桜見物が出来ます様に」と願っちまった私メは変でしょうか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市北区上賀茂」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「あなたは祇園観光の全てをまだ知らない!」カウモHP
★「祇園の歩き方」祇園商店街振興組合HP

★「祇園白川さくらライトアップ、再開」祇園白川ライトアップ実行委員会HP
★「観光客急増、京都・祇園の桜ライトアップ中止」京都新聞社HP
★「観光客増で中止の桜ライトアップ復活へ 京都、宿泊税で警備強化」京都新聞社HP
★「京都桜だより 祇園白川の桜」まいぷれ京都HP
★「祇園白川 夜桜 幻想の桜と夢の中の街並み」京都もようブログ
★「2019年 祇園白川 夜桜」R1とSteedとCBRの交換日記ブログ

★「高瀬川と木屋町通の夜桜 風情ある桜と豪快な桜並木」京都もようブログ

「京都四條 南座」松竹HP
★「京都 東山 辰巳大明神」神社とお寺の参拝日記ブログ
★「今日もおいしく」丸美屋HP
★「丸美屋釜めしの素シリーズに『関西風だし釜めしの素』登場!」ストレートプレスHP


(関連する記事)
★「280 【京都上ル下ル06】白川は涼しげに流れる」

★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」

★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」

★「2262 【名物パン259】夏の水遊びは『ペッパーカルネ』を連れて・・祇園白川」

★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2658 【スイーツ218】『贅沢な丁稚羊羹』と南座の『まねき上げ』・・四条河原町」

★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと『豆乳アイスクリン』・・四条河原町」

★「3082 【麺類色々287】寒夜の花街と『超々々々老舗のたぬきそば』・・祇園」

★「3112 【呑みモン84】桜咲く花見小路と『京番茶その6』・・祇園」
★「3113 【お米料理308】知恩院の桜と『明治時代の親子丼』・・祇園白川」
★「3330 【保存食品80】寒夜の花見小路と『おらがむら漬』・・祇園」

★「3395 【麺類色々351】桜咲く花見小路で『八ッ橋屋さんの鶏そば』を」

★「3396 【スイーツ292】桜咲く知恩院で『さくら八ッ橋』を・・京都・円山」

★「3397 【スイーツ293】桜咲く南禅寺で『チョコミント八ッ橋』を・・蹴上」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(外国人観光客をコレ以上増やしたら・・京都は日本じゃ無く成ります)

東京生まれ・東京育ち・東京在住で東京の寄席芸人をしてる私メですが、有りとあらゆる誤解を恐れずにハッキリ言うぞ「食べ物は上方の方が美味いモンが多い」。だからと言って江戸前や関東風がキライな訳じゃ有りませんが、今や全国を席巻する東京風の味付けと上方のソレは明らかに違うから、逆に惹かれてしまうのかも。レトルトの釜めしの素でトップ企業の丸美屋さんも、上方の方向けに「上方風だし釜めしの素」と云うモノを売り出してまして、コレって滅多に東京じゃ手に入りません。ですが京都や大阪じゃフツーに置かれてまして、昆布と鰹節とイリコと椎茸の出汁を使って旨味がたっぷり。ドチラかと云えば大阪風ナンだと思いますが、京都にもこんな感じのかやくご飯を出すお店が多いンで、敢えて今回ご案内させて戴きました。見付けたら買いですゼ




| 2019.04.22 Monday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
3397 【スイーツ293】桜咲く南禅寺で「チョコミント八ッ橋」を・・蹴上

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

琵琶湖疏水の分流「岡崎疏水」は、平安神宮の在る岡崎公園の南端を流れるンでソウ呼ばれますが、両岸に植えられた四百本の桜がちょうど満開!去年はココのライトアップまで見ましたが、今年はソコまでは・・その分、陽光に輝く疏水沿いの桜をタップリ眺めるコトにしましょ

 

岡崎疏水の桜を川面からも眺められる様にと、花咲く時期は遊覧用の十石舟が運行されてますネ。往復約三kmほどを三十分ほどかけてノンビリ走ってますが、乗りたいと思う者が多いのはドコでも一緒で・・この日は四時間待ち位だった筈。流石にソコまで呑気にして居れません

 

十石舟の発着する場所は、琵琶湖疏水記念館が河畔に建つ「南禅寺船溜まり」。記念館のテラスから眺める風景が宜しいですが、船溜まりと云うのは・・京都市中から来た船はココから先は勾配の為に進めず、インクラインの台車に乗る順番待ちの為に溜まってたからだソウです

 

南禅寺船溜まりは、琵琶湖から如意ヶ嶽(西峰が五山の送り火の大文字山)をトンネルで潜り抜けて来た疏水が、琵琶湖の水面と京都市との高低差をインクライン区間だけで一気に流れ落ちるトコですンで、物凄い勢いで水が流れてる!今も疏水が現役で使われてるのが判ります

 

琵琶湖との高低差は36m。疏水の完成した明治中期の技術では越すに越されず、一体ドウやって船を通すか?ソコで用いられたのが貨物用のケーブルカー「インクライン」で、十石舟を乗せた台車が640m先の蹴上船溜まりまで、15分かけてレールで登り降りしてたソウですヨ

 

鉄道や車の普及で舟便が激減し、維持費が嵩むとインクラインは昭和二十三年(1948)で廃止に成ってますナ。レールも一旦は外されますが、産業遺産として復元・保存され・・今は京都有数の桜の遊歩道。急坂な線路跡を歩きながら眺めたり、レールに座って眺めたりしてます

 

カップルで混み合うインクラインに音を上げて、少し歩いて「太平興国南禅禅寺(いわゆる南禅寺)」さんへ。昨日ご案内の知恩院さんの三門には負けますが、ココも巨大で寛永五年(1628)に再建された国の重要文化財。東本願寺の御影堂門と合わせ、京都三大門とされてます

 

禅宗の京都五山の上に、最高の格式の禅寺として君臨する南禅寺さんは、ココの近くにある永観堂(禅林寺)さんの南に創建されたから、こう云う寺名に成ったと聞きますネ。境内は広大ですが、ソレほど桜が多い訳じゃ無く・・これまた大きな法堂の周りに纏まって植えられてます

 

南禅寺さんと云えば、やっぱり「水路閣」・・明治二十一年(1888)に疎水の支流が境内の端を通るコトに成った時に造られたモノですが、古代ギリシャの神殿みたいな曲線をもつ連続アーチが美しく、ココが一番賑わってた様な。京都を舞台とするTVドラマで、良く出てくる場所です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市東山区祇園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「おこしやす左京」同編集委員会HP
★「京都・岡崎エリアの総合情報サイト」京都 岡崎コンシェルジュHP
★「琵琶湖疎水のご紹介」京都市上下水道局HP
★「岡崎十石舟めぐり」京都府旅行業協同組合HP

★「琵琶湖疏水1(南禅寺 水路閣)」わたしのこだわりブログ(仮)ブログ
★「琵琶湖疏水2
(蹴上インクライン)」わたしのこだわりブログ(仮)ブログ

★「琵琶湖疏水3 (南禅寺船溜まりと鴨東運河)」わたしのこだわりブログ(仮)ブログ

★「いいな〜とため息 岡崎疏水の遊覧船 桜の下を流れる」川岸から Riverside Lifeブログ
★「昨日インクラインの桜」京都で定年後生活ブログ

★「臨済宗大本山」南禅寺HP
★「南禅寺 三門から法堂へ」京都を歩くアルバム・ブログ

★「南禅寺 桜」京都写真家 今宮康博HP
★「南禅寺『水路閣』」京都の写真集HP

★「琵琶湖疎水 南禅寺の水路閣とインクライン 近代化産業資産を行く」Take me to the..ブログ

★「八ッ橋発祥の家」本家西尾八ッ橋HP
★「八ッ橋だより 新発売!あんなま チョコミント。」本家西尾八ッ橋HP
★「【夢のコラボ】チョコミント味の生八つ橋が誕生!ミント風味の白あんにチョコチップが入った生八つ橋」いろいろまとめbeans HP


(関連する記事)
★「280 【京都上ル下ル06】白川は涼しげに流れる」

★「281 【京都上ル下ル07】明智日向守は御霊に成った」

★「1402 【スナック22】『東海道五十三次ポテチ』の起点と終点は?‥京都」
★「2328 【麺類色々200】平安神宮と『天下一品のこってり』・・岡崎公園」
★「2736 【麺類色々232】修学院離宮を見学して『天下一品総本店』へ」
★「2760 【保存食品68】季節外れのインクラインと『どぼ漬け』・・南禅寺」

★「2923 【スイーツ238】平安神宮の秋空と『栗水無月』・・京都・岡崎」
★「2940 【スイーツ244】ノーベル賞を待つ京大・吉田キャンバスで『ばんざいパフェ』を」
★「3040 【カレー焼22】夜の四条通と『京都で見付けたアラモード焼』・・河原町」
★「3083 【スイーツ259】修験の総本山・聖護院で『フルーツ八ツ橋』を・・左京区」
★「3113 【お米料理308】知恩院の桜と『明治時代の親子丼』・・祇園白川」

★「3115 【スイーツ264】桜舞う南禅寺と『錦の豆乳ドーナツ』・・蹴上」

★「3117 【野菜果物104】夜桜輝く花回廊と『京野菜しろな』・・岡崎公園」
★「3152 【スイーツ267】巨大アフロな阿弥陀仏と『フルーツ八つ橋』・・京都・岡崎」

★「3357 【お米料理345】京大で名物『総長ステーキカレー』を・・百万遍」

★「3358 【スイーツ287】京都にも在る神楽坂で『フルーツ八つ橋』を・・聖護院」

★「3395 【麺類色々351】桜咲く花見小路で『八ッ橋屋さんの鶏そば』を」

★「3396 【スイーツ292】桜咲く知恩院で『さくら八ッ橋』を・・京都・円山」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(外人だらけの京都なのに、インクライン跡は日本人ばかり・・ナゼ?)

一昨日昨日に続き京都名物「八ッ橋」の元祖・本家西尾八ツ橋さんで失礼しますが、聖護院の本店は岡崎公園の近くナンですよ。さて今日のが最大の衝撃!定番・季節モノと色んな種類のある「あんなま」で、餡子系のみならずチョコ系のまで有ったりしますが、昨今チョコミントが流行り。ならばウチもと本家西尾さんが御乱心されたのか?遂にチョコミントの八ッ橋が。皮はフツーのだと思いますが、中がマトモじゃ無い!ミント風味の白餡にチョコの粒が入れられてますンで、恐る恐る食べてみましたら・・あら不思議。結構コレが美味しいから弱っちゃう。数量限定等と仰らず、年間のレギュラー商品にして欲しい位でございます




| 2019.04.21 Sunday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
3396 【スイーツ292】桜咲く知恩院で「さくら八ッ橋」を・・京都・円山

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

京都・祇園の総鎮守「八坂神社」さまと云えば、四条通のどん突き(突き当り)に聳える国重文の「西楼門」が有名ですが、正門に当るのは御本殿近くの「南楼門」の方。明治十二年(1879)の再建で、一昨年改修されたばかりナンで朱色が鮮やか!祇園祭の御輿はコチラを通ります

 

諸説有りますが、八坂神社さまの創建は貞観十八年(876)と云うのが有力だとか。当初から神仏習合の色合いが濃く、神社よりもお寺に近い存在だった様ですが、室町幕府の三代将軍・足利義満公によって神社として独立し、明治に成って旧名の「祇園感神院」から改名してます

 

桜の時期だと云うのに、境内にソレが殆ど無い八坂神社サマ。なのにドウして賑わってるかと云えば、すぐ奥の「円山公園」が京都随一の桜の名所として知られてるから。元はココも八坂神社サマの境内の一部で、明治政府の上地令によって公園・庭園化されたトコだったりします

 

余り広くない敷地に約七百本の桜がギッシリ植えられてる、円山公園の主は「一重白彼岸枝垂桜(ひとえしろひがんしだれざくら)」。ココだけじゃ無く、京都全体の桜のシンボル的な木ですが、近年メッキリ弱り気味なのが心配・・その前では、舞妓はんに扮したモデル嬢の撮影会が

 

枝垂れ桜の周りにはソメイヨシノが沢山植えられ、東京生まれ・染井の近くに住んでる私メとしては・・敵地で昔馴染みに会った感が!その下では大勢のグループ客がお酒を呑みつつ宴会してまして、騒々しさは東も西も同じですナ。ソメイヨシノには、そう云う魔力が有るのかしらん

 

人混みと騒ぎ声がスゴすぎて、居るだけで疲れてしまう円山公園を脱出し、少し北へ歩きますと・・巨大な御門が!浄土宗の総本山「華頂山知恩教院大谷寺(いわゆる知恩院)」さんの三門で、江戸幕府の二代将軍・徳川秀忠公が元和七年(1621)に寄進した国宝で、国内最大です

 

国内外の老若男女で大混雑する円山公園に比べ、知恩院さんの境内がソレほどでも無いのは・・三門を潜ってスグの男坂の階段がキツイから。僅か五十一段ですが、一段辺りが平均40cm・・毎日の青空療法が五年目の私ぁ苦じゃ無いですが、フツーの人にはキツイでしょうネ

 

私メが坂道や階段を嫌いじゃ無いのは、登ると違う景色が見えて来るから・・男坂の上に在るのが御本堂で国宝の「御影堂」で、寛永十六年(1639)に三代将軍・徳川家光公により再建されたモノ。八年ほど前から大修理が行われてましたが、先月で無事に完工。落慶は来年ですヨ

 

江戸幕府の徳川将軍家が浄土宗の信者だっただけ有って、境内のアチコチに三つ葉葵の御門が目立つ知恩院さんですが、奥へ進むにつれて観光客が減り、桜の時期の東山区とは思えぬ静けさを楽しめるから嬉しく成りますナ。御影堂裏の大方丈の新玄関辺りで、満開の桜を眺めながらボンヤリと。ずっと居たく成りますが、次へ参りましょうか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区南禅寺」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「あなたは祇園観光の全てをまだ知らない!」カウモHP
★「祇園の歩き方」祇園商店街振興組合HP

★「京都祇園総鎮守」八坂神社HP
★「八坂神社 知ってしまうと気になる正門」気ままでごめん!ブログ
★「八坂神社」偲フ花ブログ
★「京都市情報館 円山公園」京都市役所HP
★「今年こそ。京都で最も有名な桜、円山公園のしだれ桜を愛でる旅に」まぐまぐニュースHP
★「京都桜だより 円山公園の桜」まいぷれ京都HP
★「受けつぐ想い 未来へ」浄土宗総本山 知恩院HP

★「国宝 知恩院三門」祇園祭山鉾巡行、京都観光写真集HP
★「国宝御影堂平成大修理 落慶法要」浄土宗総本山 知恩院HP
★「境内のいたるところに桜が植えられてる知恩院」京都観光旅行のあれこれHP

★「2019年 京の桜『知恩院』」きまぐれ爺、京都 Photo Blog HP
★「知恩院と円山公園の桜」京都で定年後生活ブログ
★「八ッ橋発祥の家」本家西尾八ッ橋HP

★「生八ツ橋『あんなま(さくら)』は桜のかすかな余韻が心地良い」人生は宇宙だブログ

(関連する記事)
★「280 【京都上ル下ル06】白川は涼しげに流れる」

★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2262 【名物パン259】夏の水遊びは『ペッパーカルネ』を連れて・・祇園白川」

★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「3082 【麺類色々287】寒夜の花街と『超々々々老舗のたぬきそば』・・祇園」

★「3112 【呑みモン84】桜咲く花見小路と『京番茶その6』・・祇園」
★「3113 【お米料理308】知恩院の桜と『明治時代の親子丼』・・祇園白川」
★「3152 【スイーツ267】巨大アフロな阿弥陀仏と『フルーツ八つ橋』・・京都・岡崎」

★「3330 【保存食品80】寒夜の花見小路と『おらがむら漬』・・祇園」

★「3395 【麺類色々351】桜咲く花見小路で『八ッ橋屋さんの鶏そば』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

 

(男坂が無かったら、知恩院さんは騒々しいトコに成ってた筈ですナ)

昨日に続き京都名物「八ッ橋」の元祖・本家西尾八ツ橋さんですが、聖護院の本店まで行って買って来た「あんなま」を。祇園の支店でも同じモノを売ってますが、本店の方へ先に参りましたンでネ。西尾さんじゃ定番のモノだけじゃ無く、不思議な八ッ橋が季節毎に出されてて楽しいンですヨ。今回もスゴイのを買いましたが、ソレは明日のご案内・・先ずは季節らしい桜味。皮に桜の葉っぱが練り込まれてて、気分良しです




| 2019.04.20 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
3395 【麺類色々351】桜咲く花見小路で「八ッ橋屋さんの鶏そば」を

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

大阪から京阪の臨時ノンストップ特急「洛楽」で着いたのは、鴨川沿いに桜並木が続く祇園四条駅。この桜は三条大橋から五条大橋までの二kmほど在りますが、確かココは京阪電車が地上を走ってた頃の線路跡の筈。京阪が地下に潜ったのは、昭和六十二年(1987)でしたネ

 

祇園へ参る前に鴨川を一旦渡り、河原町通に並行して流れる高瀬川沿いへ。周囲は夜の繁華街ですが昼間は至ってノンビリしたトコで、川沿いにココも桜並木が延々と続いてますナ。川が小さい分だけ花のトンネルがすぐ傍で見れますし、コッチの方が空いてるンで宜しいかと

 

改めて四条大橋を渡り、祇園界隈へ・・一番目立つのは耐震化工事の為に長らく休座と成ってた「南座」で、昨年師走の「吉例顔見世」に間に合わせての再開場でしたネ。この春は祇園甲部の芸妓・舞妓さんによる「都をどり」が、六十七年ぶりにココで公演され話題に成ってます

 

南座前から四条通を奥へ進むと「花見小路通」と交差しますが、茶屋や料理屋の建ち並んだ整った街並みがステキなのは四条通より南側一帯。芸妓・舞妓さん達に舞や鳴物・茶道・長唄・常磐津・小唄等を教える「八坂女紅場」が土地を所有してるので、乱開発を免れたンだとか

 

祇園の四条通より南側は、花見小路通から延びる沢山の路地が揃って美しい街並みで、犬矢来や京格子を配したり二階から揃って簾を下ろしたり・・余所者が思い浮かべる京都のイメージにぴったり。一帯は歴史的景観保全修景地区に指定され、開発が厳しく規制されてますヨ

 

花見小路通は余りに京都らしい風景だと云うンで、ガイドブックを読んだ外国人観光客が押し寄せ過ぎて問題化してますが、彼らの傍若無人を諫める為にこんな看板が、界隈のアチコチに掲げられてますネ。無いよりはマシなんでしょうが、果たしてコレで役に立つのかドウか?

 

花見小路通も南のどん突き(突き当り)まで行くとお茶屋街を抜け、急に桜花が目立つ様に・・建仁寺さんの北門まで参りましたヨ。以前と違って通りには警備の人の姿が目立ちますが、コレは外国人観光客に対するモノで・・その費用は彼らが支払った宿泊税で賄われてるンだとか

 

祇園の四条通より南側は、京都五山の第三位「東山建仁寺」さんの境内の一部だったトコ。臨済宗の大本山で、建仁二年(1202)に開山した京都最古の禅寺ですが・・あのお茶屋街のすぐ傍に、コレほどのお寺が在るのがホント不思議。勿論出来たのはお茶屋の方が後ですが

 

同じ祇園でも四条通より北側は桜の苑ですが、南側はソレが殆ど無いンで・・建仁寺さんの境内の桜はホント貴重。なのに花見小路にアレほど溢れてた外国人達は、禅寺特有の雰囲気に気押されるのか?余り入って来ないンで静かで宜しいですナ。ノンビリと桜を愛でられました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市東山区円山公園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「あなたは祇園観光の全てをまだ知らない!」カウモHP
★「祇園の歩き方」祇園商店街振興組合HP
★「京都桜だより 鴨川の桜
三条〜七条」まいぷれ京都HP
★「京都桜だより 高瀬川の桜(四条〜七条
」まいぷれ京都HP
★「京都四條 南座」松竹HP
★「南座新開場記念 都をどり」祇園甲部歌舞会HP
★「祇園女紅場」祇園点描ブログ

★「祇園花見小路通」一路一会HP

★「祇園・花見小路が『ホコテン』化、事故の恐れ」毎日新聞HP
★「京都に増え続ける観光客に地元はキャパオーバー・・住民の生活などに弊害も」TogetterまとめHP

★「京都の舞妓が怯える外国人“パパラッチ”の傍若無人」@niftyニュースHP
★「『えげつないですな』観光客の増加に顔を曇らせる京都市民も」ライブドアニュースHP

★「京都最古の禅寺」臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺HP
★「建仁寺の桜」京都 桜と紅葉の観光ガイドHP

★「ぎをん為治郎 祇園店」本家西尾八ッ橋HP
★「白湯スープの京風ラーメン 鶏そば  〜〜ぎをん 為治郎 八条口店〜〜」としぼうのエンジョイ・ライフ ブログ


(関連する記事)
★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1052 【スイーツ61】太閤殿下の神社と『衛生ボーロ』‥東山」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」
★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2030 【お米料理161】『皿盛』とスッキリした祇園・先斗町」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」
★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと『豆乳アイスクリン』・・四条河原町」

★「3082 【麺類色々287】寒夜の花街と『超々々々老舗のたぬきそば』・・祇園」

★「3112 【呑みモン84】桜咲く花見小路と『京番茶その6』・・祇園」
★「3113 【お米料理308】知恩院の桜と『明治時代の親子丼』・・祇園白川」
★「3330 【保存食品80】寒夜の花見小路と『おらがむら漬』・・祇園」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(警備員の存在は有難いですが、ソレがまた雰囲気を壊してる感が)

以前は見向きもしなかった京都名物「生八つ橋」ですが、聖護院の本家西尾さんの本店へ偶々寄って、アレコレやと不思議な味のを買う様に成ってから・・妙に嵌ってる私メ。その本店で「祇園のお店では京風ラーメンが食べられます」と聞いたモンだから、ソレは面白そうと今回漸く行って参りましたヨ。四条通に面した売店の二階に在る「ぎをん為治郎」なるレストランで、今日のおばんざいの定食等も有りましたが、初志貫徹で「鶏そば」・・あっさりとこってりが有りますンで、当然の様にこってりを!鳥チャーシューの入った白湯スープの上品なモノで、麺はマルタイの棒ラーメンを想像して戴ければ宜しいかと。良くぞココまで白いスープを作ったと感心しますが、デザート?として八ッ橋が付いて来るのは、八ッ橋の元祖たる西尾さんらしいネとコレまた感心を。お抹茶ナンかも有る様ですンで、次回はおばんざいと共に試しましょ




| 2019.04.19 Friday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
3358 【スイーツ287】京都にも在る神楽坂で「フルーツ八つ橋」を・・聖護院

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

京都三熊野の中で、弘仁二年(811)の創建で一番古いのが聖護院近くの「熊野神社」さま。熊野詣が盛んだった平安の御代に、遠い紀州まで行かなくても・・と分祀され、修験道の守護神として崇拝されたそうナ

 

拙宅の在る東京から遠く離れ、早春の京都の街中をテクテク歩き廻る私メです。但しコレは先月の旅の噺の積み残しでチト鮮度が悪いですが、本格的な春が来る前に滑り込みセーフ!と云うコトで御勘弁を。

 

さて昨日も触れましたが、私ぁ東京で生まれて今も住んでる東夷ですンで、京都へ参りますと諸事比べてみたく成りますが、奠都する前の歴史や文化は逆立ちしたって叶わンから、喧嘩するなら明治以降のコトで。

 

尤も喧嘩腰で旅すると草臥れますンで、至って呑気に「面白いナ楽しいナ」とブラついてますが、京都の地名は由緒深いモノが多く、コレにゃ素直に脱帽するしかないですナ。以前ご案内した「天使突抜」が代表例。

 

熊野神社から少し入ったトコに在るのが、寛治四年(1090)の開山した本山修験宗の総本山「聖護院門跡」。修験道(山伏)の中心寺院で、朝廷との繋がりが誠に深く・・門主は皇族男子が多く務めて居られますナ

 

天使突抜・・余りに素晴らしい地名過ぎて住みたい位ですが、その他にも講釈師の琴線を擽るソレが多い。いや京都の街中は由緒謂れが尤もらしいトコばかりナンで、面白い地名を探して歩くだけで一日遊べる!

 

稀に東京と同じモノも在りますが、旧友に会った様な親しみを覚えると共に、ソレが一体どの様にして東国へ伝播したか?推理するのが楽しい。地名みたいな古いモノは、京都→東京の一方通行が殆どだから。

 

幕府が開かれた頃の江戸は人っ気少ない荒地・沼地が殆どで、人口の急増に伴って周囲を拡張・開発する際にテキトーな地名を付けたトコが多く、その際に京都から拝借して来たンでしょう。ま、東の京都ですし。

 

聖護院から神楽岡へ登っていく坂道は何本も有りますが、その一つがご覧の「神楽坂通」。同じ名前でも東京のソレと違って・・実に静かな住宅街で、観光客はおろか街の人すら殆ど歩いてない!全然違いますヨ

 

昨日ご案内の京大へ参って脳を使い過ぎた?疲れを取る為に大量の糖分を欲した私メ。発病してから完全禁酒を長らくさせられてましたンで、好みがスッカリ変わって今じゃ大の甘党。ソレを求めて聖護院界隈へ。

 

この辺りは八つ橋の発祥地ですンで、試食だけで腹が膨れてしまいますが、イロイロ買い食いして元気を回復・・さてドコへ参ろうか。お餅を食べながらスマホでマップを見てみれば、近くに「神楽坂通」と云う字が。

 

噺家の神楽さんは「じんらく」ですが、コレは東京・牛込の繁華街と同じ字で読みは「かぐら」坂の方。はて、牛込のソレは神社のお御輿を担いで上る際に、お神楽を演奏したのが由来で京都とは関係無かった筈。

 

京都の神楽坂を登った先は、浄土宗の大本山「金戒光明寺」さんの在る神楽岡。ドウせだからと境内を更に登り、丘上から昔の聖護院の森を眺めてみましたが、彼方の山は右京区かナ?ココは左京区ですが

 

判らぬ時のスマホ頼りで早速検索してみれば、坂を登った先は京大の横から続く吉田山で、その別名が「神楽岡」。京都盆地の東側に在る標高百mほどの孤立丘で、南端は昨春参った黒谷の金戒光明寺さん。

 

神々が神楽を奏でられた丘だと云う神話からソウ呼ぶらしく、平安遷都の年に桓武帝が神楽岡で猟をなされたと記録に残ってるとか。つまり千二百年前にゃ既に在った地名で、ソコに通じる坂の道だから神楽坂通。

 

別に京都から貰って来た名前じゃ無いですが、同じ神楽坂でも歴史が違い過ぎる!尤も賑わいも東京と全く違いますが、コレだから京都は油断が出来ない。ソウ思いつつ、取り敢えず坂を登ってみた私メです。

 

京都に八つ橋屋さんは数多く、夫々が特徴を出して贔屓を作ってますが、私ぁ断然「本家西尾八ッ橋」さん派!元禄二年(1689)に聖護院さん門前の茶屋が売り出したのが最初で、「本家西尾八ッ橋」は元祖中の元祖。今でも聖護院さんの隣に本店が在り、普段はソチラへ参りますが・・今回はフト思い立って熊野神社境内のお店へ。本店から百mも離れてませんが、大きな「八つ橋発祥の家」の提灯が下がってます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市中京区四条河原町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「おこしやす左京」同編集委員会HP

★「京都 熊野神社 京都で一番古い熊野さん」開運日和ブログ
★「本山修験宗総本山」聖護院門跡HP
★「修験道について」聖護院門跡HP

★「市松模様の庭園が美しい聖護院」京都観光旅行のあれこれブログ

★「京都・神楽坂通京都&神楽坂 美味彩花ブログ
★「吉田神楽岡町の大正住宅地」第二京都主義ブログ
★「浄土宗大本山 くろ谷」紫雲山金戒光明寺HP
★「金戒光明寺/法然が開いた浄土宗最初の寺院」カイケンの旅日記ブログ
★「京都の八ッ橋はどれがお好み?人気の『八ッ橋』を食べ比べ!」icotto HP

★「八ッ橋発祥の家」本家西尾八ッ橋HP

★「生八つ橋焼きいもあんなま」越谷市増森のやまたけちゃんのブログ

(関連する記事)
★「280 【京都上ル下ル06】白川は涼しげに流れる」

★「281 【京都上ル下ル07】明智日向守は御霊に成った」

★「2328 【麺類色々200】平安神宮と『天下一品のこってり』・・岡崎公園」
★「2736 【麺類色々232】修学院離宮を見学して『天下一品総本店』へ」
★「2760 【保存食品68】季節外れのインクラインと『どぼ漬け』・・南禅寺」

★「2923 【スイーツ238】平安神宮の秋空と『栗水無月』・・京都・岡崎」
★「2940 【スイーツ244】ノーベル賞を待つ京大・吉田キャンバスで『ばんざいパフェ』を」
★「3083 【スイーツ259】修験の総本山・聖護院で『フルーツ八ツ橋』を・・左京区」
★「3113 【お米料理308】知恩院の桜と『明治時代の親子丼』・・祇園白川」

★「3115 【スイーツ264】桜舞う南禅寺と『錦の豆乳ドーナツ』・・蹴上」

★「3117 【野菜果物104】夜桜輝く花回廊と『京野菜しろな』・・岡崎公園」
★「3152 【スイーツ267】巨大アフロな阿弥陀仏と『フルーツ八つ橋』・・京都・岡崎」
★「3357 【お米料理345】京大で名物『総長ステーキカレー』を・・百万遍」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(神楽岡の辺りを一度ゆっくり歩いてみたく成りました、面白そうです)

本家西尾さんの「生八ッ橋」は種類が多く、フツーのから奇抜なのまで常時二十種類ほど有るソウで、毎回違うのを自分用に買ってますが、ソレを紹介するのは三回目。初回は「チョコバナナ」と「みかん」、二回目は「チョコレート」と「いちご」。そして今回は「焼きいも」と「梅」・・勿論フツーのも有りますが、ソレじゃ面白くない!秋から売られてた「焼きいも」は黄色い皮がチョコバナナの悪夢を思い出させますが、和菓子テイストの大人しい感じで・・刻んだお芋さんがチャンと入ってるのが可愛らしい。冬限定の「梅」は全く以て和菓子っぽく、実に落ち着いた味わいで安心出来ますヨ。ですが先日、ナニを考えたか「チョコミント」を売り出したらしく、販売停止に成る前に聖護院まで参らなきゃと算段中です




| 2019.02.26 Tuesday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS