きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
3394 【麺類色々350】四天王寺の桜2019と「大阪とんこつラーメン」

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

疲労困憊で更新を一日休まさせて戴きましたが、ソウ成った原因の一つが今回の上方桜旅。毎春の恒例ですが、身体はまだ無理出来ないみたい。さて天王寺公園から前夜眺めた桜に浮かぶ通天閣がキレイでしたンで、翌朝改めて行ってみたら・・早起きした甲斐が有りましたネ

 

天王寺公園は明治四十二年(1909)に造られた都市公園で、天王寺駅前に拡がってますが・・桜の名所は奥の方。市立美術館(画像左)から茶臼山にかけて沢山植えられてますが、美術館前は厳しく規制されてるンで静かなモン。昔のココは青空カラオケで騒々しいトコでしたが

 

美術館の裏には住友本家の本邸のお庭「慶沢園」が在りますが、この日は休園日で入れないンで・・桜を求めて北側の茶臼山へ。大坂夏の陣の際に豊臣方の真田信繁(幸村)公の本陣だったのはご案内しましたが、ココも昔は住友本家の敷地内だったと言うから・・全く凄いです

 

茶臼山の桜森を通り抜け、公園の北側へ出ると・・大坂冬の陣で徳川家康公が本陣を置いた「坂松山高岳院一心寺(いわゆる一心寺)」さんが。浄土宗の開祖・法然上人が文治元年(1185)に庵を開いたのが始まりで、家康公の八男・仙千代君の御葬儀もココで行われてたりします

 

一心寺さんと云えば宗派を問わず、施餓鬼法要(おせがき)が一年中出来るトコとして知られてますが、御本堂の耐震化工事の為にお寺による法要は年末まで休止だとか。ですが銘々が行う分には休み無しらしく、境内奥の納骨堂じゃ大勢が拝んでますナ。関西中から集まるとか

 

年中無休でおせがきしてますンで、僅かずつでも収められる遺骨の量は大変で、一心寺さんじゃ十年分ずつまとめて「骨佛(遺骨で作る阿弥陀様)」にして居られますナ。その十四體目が六月にお披露目されるソウですが、開眼法要が近く行われる千体佛のお披露目がされてました

 

一心寺さんから東へ進むと、聖徳太子サマが西暦593年に建立させたと伝わる日本最古の官寺「荒陵山金光明四天王大護国寺(いわゆる四天王寺)」さんが。和宗の総本山で、この界隈を天王寺と呼ぶのは勿論このお寺の名前から。ココの境内の桜はチョット遅咲きの様でしたネ

 

五重塔を初めとする中心伽藍の一つ「金堂(=本堂)」下には池が在るとされてまして、その水は竜宮城(!)から流れて来るンだとか。そして池の水「白石玉出の水」が湧くのが亀井堂で、この霊水で経木を流すと極楽往生出来るンだそうナ。堂内は撮影禁止ナンで、遠くから一枚

 

金堂下に在るとされる青龍池は別として、確かに四天王寺界隈は湧水が多いトコらしく、境内のアチコチに大きな池が。その中で一番西に在るのが真ん丸い「丸池(上の池)」。天気次第で池水の色が変わるソウですが、この廻りも含めて境内の桜は悉く遅咲きで・・大阪まで折角参ったのにコレじゃ悔しいと、次なる桜を求めて京都へ移動しますヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市東山区祇園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ASIAN GATEWAY」OSAKA−INFO 大阪観光局HP

★「大阪 あべの天王寺のニュースサイト」あべの天王寺なう!ブログ

★「大阪名物・上町台地」上町台地マイルドHOPEゾーン協議会HP

★「天王寺公園エントランスエリア てんしば」近鉄不動産HP

★「天王寺公園の桜が満開!」新世界まちなか案内所NOWブログ
★「天王寺公園の桜と茶臼山古墳〜河底池
(大阪市天王寺区茶臼山)」ぎゃるまま日記ブログ

★「お骨佛の寺・納骨とおせがきの寺」坂松山高岳院一心寺HP
★「納骨とお骨佛」坂松山高岳院一心寺HP
★「おせがきとは」坂松山高岳院一心寺HP
★「お骨佛の寺 〜 一心寺
いっしんじ」散歩日和 〜一歩一会〜ブログ
★「日本最初の官寺」和宗総本山 四天王寺HP

★「大阪、四天王寺散策」京都散歩道ブログ

★「桜の季節に四天王寺」十三のいま昔を歩こうブログ
★「四天王寺の桜」KJCLUBブログ
★「地元大阪人の正しい四天王寺の参り方かも・・・奇妙な六時礼賛堂」誰も行かない観光地をめぐる奇妙なトラベラーたかぼんブログ
★「四天王寺 亀井不動」imachanのお参りブログ
★「大阪生まれの大阪育ち、浪速風味のあっさりとんこつらー麺」らー麺 藤平HP
★「寺田町の藤平」酒とコンパと時々グルメin大阪ブログ


(関連する記事)
★「638 【今川焼き05】『愛染かつら』は一体ドコなのか? [大阪篇]」

★「977 【お米料理69】日本一ノッポなビルと『他人丼』‥天王寺」
★「2290 【保存食品55】聖徳太子のお寺と『泉州水なす』・・天王寺」

★「2415 【揚げモン63】夜のハルカスと『KYKのヘレカツ』・・阿倍野」

★「2507 【麺類色々214】真田幸村最期の地と『カレーきざみ』・・天王寺」
★「2630 【名物パン307】夜のハルカスと『ヨンミーの新作』・・阿倍野」

★「2659 【名物パン311】四天王寺の亀と『モカケーキ』・・天王寺」

★「2723 【名物パン315】夜のあべので『たい焼き風あんパン』を」
★「2889 【野菜果物99】宿坊ホテルで早朝座禅と『精進料理』を・・天王寺」
★「2921 【お米料理281】稽古も愉快な大阪で『カレーかつ丼』を・・阿倍野」

★「2962 【スイーツ249】大阪で一番危険な街と『パインアメのジャム』・・上本町」

★「3107 【スイーツ262】四天王寺の桜と『ミスドのアイスdeホットドーナツ』」
★「3111 【名物パン349】名残りの大阪の桜と『大阪のホットドッグ』・・茶臼山」

★「3265 【スイーツ278】今頃始めたツイッターと『パインの新生姜のど飴』・・天王寺」
★「3334 【お米料理340】曽根崎心中と生國魂神社と『大阪スタミナ丼』・・上本町」
★「3355 【粉なモン43】新開地だった阿倍野で『ミシュランのたこ焼き』を」

★「3393 【スナック97】夜桜咲く天王寺公園で『肉吸いポテチ』を」
 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(平成の間に今春の桜巡りの御報告が終われるのか、チト不安です)

四天王寺さんからJR大阪環状線に乗ろうと、近くの寺田町駅まで参りましたら・・「浪速風味のあっさりとんこつらー麺」と名乗る「藤平(とうへい)」と云うラーメン屋が。ソレは面白そうと入ってみましたが、あっさりと言う割に結構濃い目なスープでしたネ。何店か有る中の一つらしく、調べてみたら・・札幌みそラーメンの全国チェーン「どさん子」が関西メインでやってるトコらしく、平成の初め頃は大阪で随分流行ったンだとか。もちろん東京在住の私メは当時の事を知りませんが、平成の終わりに成って初めて参るのもナニかの御縁。食べ放題の高菜漬けを沢山放り込んでムシャムシャつるつると。東京の大手町にも在る様ですナ




| 2019.04.18 Thursday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
3393 【スナック97】夜桜咲く天王寺公園で「肉吸いポテチ」を

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

昨日ご案内の大垣から列車に揺られ、今年二度目の大阪へ参った私メ。ですが今回はいつもの上本町のホテルが満室で、止むなく天王寺駅近くのお宿・・JR大阪環状線で向かいますが、東京の山手線ほどは混まないンで転換シートの付いた快適な電車。ホント羨ましい限りです

 

お宿に着いて暫し休憩したら、天王寺駅界隈の夜の探検へ。と言っても度々訪ねてる街ナンで、今更目新しいコトは少ないですが・・駅前の芝生広場(てんしば)から見上げれば、夜空に聳える日本一の背高ビル「あべのハルカス」。高さが有り過ぎて、画像にとても納まりきりません

 

天王寺界隈は大阪じゃ三番目に大きな繁華街ですが、ナゼか毎度最初に参るのが「あべのキューズモール」。イトーヨーカドーやビックカメラ等の入った東京資本の巣窟みたいなトコで、上方へ折角行ったンだから何度ソコへと思う勿れ。先ずはココから少しずつ慣らしませんとネ

 

足りぬモノをキューズモールで買った後は・・本格的に夜のお散歩へ。夜桜の見られそうなトコを暫し考えた後、向かいましたのは歩いて五分ほどの「茶臼山」。大坂夏の陣の際に豊臣方の真田信繁(幸村)公の本陣だったトコですが、桜は満開なのに・・ライトアップされてないのネ

 

コレが東京なら大勢で楽しむのに、大阪は余り興味が無いと見えて・・夜桜見物をしてる人の少ないコト。駅から近いのにほぼ無人の茶臼山に恐れを為し、灯りを求めて南隣りの大阪市立美術館前へ。街路灯が多いし建物がライトアップされてますンで、夜桜がキレイに見えますナ

 

市立美術館は上町台地の西端に建ってますが、館の前から崖下の方を眺めると・・街灯に照らされた桜の向こうに、明るく輝く「通天閣」が!間には国内に三番目に古い「天王寺動物園」が在りますが、その上を渡る高架橋を通って行けば夜だって大丈夫。ならば参らん、新世界へ

 

動物の吠える声以外は静かだった天王寺公園と違い、すぐ近くなのに新世界の騒々しいコト。尤も客引きの掛け声と外国人観光客の酔声がソレの殆どだったりしますが、インバウンドは大阪をドンドン侵食してますナ。昔ココに屯してたオッチャン達は、ドコに行っちまったンだろう?

 

明治三十六年(1903)に開催された「第五回内国勧業博覧会」の会場跡の中、西側の三分の一が再開発されたのが「新世界」。残りが天王寺公園に成ってますが、新世界のシンボルと云えば通天閣。もちろん当初のモノじゃ無く、昭和三十一年(1956)に建てられた二代目ですナ

 

私メが新世界へ初めて足を踏み入れたのは三十年ほど前、天王寺区内の某教育大の受験の帰りでしたネ。試験の内容はまずまずでも、色弱と云うドウにも成らぬ理由で「まず受からン」と試験官に宣告され、俄かにヤサぐれて自棄酒を呑みに参りましたネ。あの頃は女性はもちろん、若い者の行く様な場所じゃ無かったンで・・昼酒かっ喰らってたら、仕事にあぶれた土方のオッチャン達に心配して貰った覚えが。確かに殺伐とした物騒な街でしたが、観光地化した今より遥かに魅力的でしたネ。違うトコに成ったと判ってても、昔を探しに寄ってしまいます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「大阪府大阪市天王寺区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ASIAN GATEWAY」OSAKA−INFO 大阪観光局HP

★「大阪 あべの天王寺のニュースサイト」あべの天王寺なう!ブログ

★「大阪名物・上町台地」上町台地マイルドHOPEゾーン協議会HP

★「大阪環状線をより理解するための3つのポイント」子どもの頃の夢をマイルで叶える鉄道の旅ブログ
★「あべのキューズモール」東急不動産SCマネジメントHP

★「あべのハルカス」近鉄不動産HP

★「天王寺公園エントランスエリア てんしば」近鉄不動産HP

★「天王寺公園の桜が満開!」新世界まちなか案内所NOWブログ
★「天王寺公園の桜と茶臼山古墳〜河底池
(大阪市天王寺区茶臼山)」ぎゃるまま日記ブログ
★「天王寺公園の夜桜」八尾人
(やおんちゅ)番外地〜ブログ
★「通天閣」通天閣観光HP

★「大阪の観光地『新世界』のポータルサイト」新世界ネットHP

★「インバウンドによる大きな経済効果と将来に向けた疑問」新世界 情報ブログ
★「イケイケ!GOGO!コイケヤ」湖池屋HP
★「コイケなおやつ部 ポテトチップス 肉吸い味」湖池屋HP
★「湖池屋 ポテトチップス 肉吸い味 食べてみました。」新商品をひたすら食べて紹介するブログ


(関連する記事)

★「638 【今川焼き05】『愛染かつら』は一体ドコなのか? [大阪篇]」

★「977 【お米料理69】日本一ノッポなビルと『他人丼』‥天王寺」
★「1344 【名物パン124】日本一の超高層ビルと『サンミー』‥阿部野橋」
★「1640 【名物パン172】間もなく開業!あべのハルカスと『ロマンスモア』」
★「2290 【保存食品55】聖徳太子のお寺と『泉州水なす』・・天王寺」

★「2415 【揚げモン63】夜のハルカスと『KYKのヘレカツ』・・阿倍野」

★「2507 【麺類色々214】真田幸村最期の地と『カレーきざみ』・・天王寺」
★「2630 【名物パン307】夜のハルカスと『ヨンミーの新作』・・阿倍野」

★「2659 【名物パン311】四天王寺の亀と『モカケーキ』・・天王寺」

★「2723 【名物パン315】夜のあべので『たい焼き風あんパン』を」
★「2889 【野菜果物99】宿坊ホテルで早朝座禅と『精進料理』を・・天王寺」
★「2921 【お米料理281】稽古も愉快な大阪で『カレーかつ丼』を・・阿倍野」

★「2962 【スイーツ249】大阪で一番危険な街と『パインアメのジャム』・・上本町」

★「3107 【スイーツ262】四天王寺の桜と『ミスドのアイスdeホットドーナツ』」
★「3111 【名物パン349】名残りの大阪の桜と『大阪のホットドッグ』・・茶臼山」

★「3265 【スイーツ278】今頃始めたツイッターと『パインの新生姜のど飴』・・天王寺」
★「3334 【お米料理340】曽根崎心中と生國魂神社と『大阪スタミナ丼』・・上本町」
★「3355 【粉なモン43】新開地だった阿倍野で『ミシュランのたこ焼き』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

 

(いきなり梅田や難波に行くのは草臥れます、天王寺からが気楽です)

私ぁ旅先はドコでも市場や地場スーパーへ出来るだけ寄り、その地元だけのモノを探すのが大好きだったりしますが、今回キューズモールのイトーヨーカドーで見付けたのが湖池屋の「肉吸い味ポテトチップス」。キューズモール自体が東京の東急不動産の経営ですし、イトーヨーカドーも東京資本。そして湖池屋は私メが生まれて今も住んでる板橋区に本社が在る・・大阪まで行って東京の店で東京のモノを買って来た訳ですが、何しろこのポテチは関西限定モノだから御容赦を!さて肉吸いと云うのは「麺の入ってない上方風肉うどん」と称するしか無い、実に不思議な汁物・・吉本新喜劇の花紀京センセが発明したとされてますナ。つまり大して古くは無いし、ソレほど広いエリアで食べられ(飲まれ?)てる訳じゃ無いンですが、麺抜きのうどんが存在するコト自体が私メら東京人にゃ理解しがたく、逆に面白がっての製品化でしょうネ。昆布と鰹節の出汁が良く効いたビーフ味・・関西二府四県だけの限定販売、我らがコイケヤじゃ唯一の地域限定商品だったりします




| 2019.04.16 Tuesday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
3355 【粉なモン43】新開地だった阿倍野で「ミシュランのたこ焼き」を

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

天王寺駅(阿部野橋駅)前の大型SC「あべのキューズモール」も、開業からまもなく満八年・・イトーヨーカドーや東急ハンズ・ビックカメラ等の東京資本の牙城で、大阪に疲れると私ぁココに来る様な気がしますナ

 

拙宅の在る東京から遠く離れ、大阪の街中を呑気に歩き廻る私メです。コレも昨日や一昨日のお散歩じゃ無く、先月の旅なのをご容赦願いますが、寒い時期のお噂は寒い時期に済まさなきゃ。何とか間に合った様。

 

さて昨日ご案内の九条は戦前の大繁華街ですが、九条の賑わいがそっくり移った先が「阿倍野」だったりします。JR大阪環状線の天王寺駅や近鉄電車の阿倍野駅の南側に広がる街で、大阪じゃ第三の盛り場!

 

キタの梅田・ミナミの難波に次ぐ規模の賑わいで、ミナミの南に在るから「ディープサウス」とも呼ばれてる様ですが、梅田や難波ほど広くないし、人もゴチャゴチャ居らンので過ごし易く、言うなれば「程よい街」。

 

阿倍野のシンボルは「日本一の背高ビル・あべのハルカス」と、その麓をガタガタ走る「阪堺電車」。キューズモールとハルカスとの間の路面改修も漸く終わり、路面電車は颯爽と・・そして騒々しく走って行きます

 

私ぁ定宿がココから余り遠くないンで、梅田や難波よりも阿倍野へ行く方が楽ですし、お稽古を時折つけて戴く上方講談の重鎮・旭堂南隣センセは、代々ココの生れ・育ち・・生粋の阿倍野っ子。今も住んで居られる。

 

​​​​

ソコへ何年も通ってますンで、自然と界隈に居るコトが多く成る。コウなりゃ詳しく成って然るべきですが・・駅の廻りや地下街・キューズモールの中は良く知ってても、ソレ以外の阿倍野を良く知らぬ。特に路地裏!

 

てな訳で・・今回は阪堺電車の走るあべの筋より東側を、正直テキトーに歩いてみましたが、熊野詣で都の公達らが行き来した時代はおろか、牧歌的な農村だった明治時代以前の面影なんかは残ってる訳が無い。

 

飛鳥時代の豪族・安倍氏が建てた「安倍寺」の在った原っぱだった・・と云うのが、阿倍野と云う地名の最有力説だとか。かつての大伽藍は跡形もなく、その一角に在った祠が残ってるだけですが・・成るほどネ

 

現首相に関わるのか判りませんが、阿倍野が由来する安倍氏は古代王朝で重きをなし、陰陽師・安倍晴明公や幕末の老中・阿部正弘公にも連なる大名門!ナニか残って無いかナと、路地の裏をアチラへコチラへ。

 

そんな阿倍野は大正の初め、第一次世界大戦の好景気で大阪が重工業で発展して、工場地とされた九条辺りの海沿いから、土地がたっぷり余ってた郊外の農村だったこの界隈に、人が大挙して移り住んだとか。

 

大規模な都市計画が実施され、交通網の整備されたこの辺りの人気は急上昇。昭和十二年(1937)に駅前にデパートが建ち、すっかり大阪の南の玄関口として地位を確立。九条の賑わいが阿倍野に移った訳だ。

 

ゴチャゴチャした路地奥の安倍寺跡から、少し開けたトコへ出たら「大阪あべの辻調理師専門学校」・・料理界の東大を自認する「辻調」ですか!名前だけは前々から知ってましたが、ホントに阿倍野に在るのネ

 

空襲も海沿いほど酷くなかったらしく、駅前からズラッと続いた闇市はソリャお前大したモンやった・・と南隣センセが仰ってましたが、終戦直後からのコトを鮮明に覚えて居られる程のお年じゃ無い筈なのに、はて?

 

拙宅近くの池袋は元は丘陵の畑地で、勾配の関係で山手線の駅を偶々作ったら大繁華街に発展した様に、大阪ディープサウスの繁華街・阿倍野もタダの畑だったのか!私ぁ昔からずっと栄えてたトコだと思ってた。

 

如何に良く参ってる街でも十年一昔、いや百年一昔で歩いてみないと判らぬモノですナ。まさかココが新開地だったとは夢にも思いませんでしたが、ホント驚きばかりの今回の旅。次回はどんな発見が有るかしらん。

 

彷徨ってる内に日が暮れて、天王寺駅(阿部野橋駅)北側の天王寺公園の芝生広場「てんしば」へ来てみれば、闇の中に浮かび上がるハルカスの姿。まだ一度も上ってませんが、きっとキレイな眺めでしょうネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「埼玉県鴻巣市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ASIAN GATEWAY」OSAKA−INFO 大阪観光局HP

★「大阪 あべの天王寺のニュースサイト」あべの天王寺なう!ブログ

★「阿倍野区の歴史・沿革」大阪市阿倍野区役所HP
★「阿倍野歴史スポットめぐり」ここまち!三菱UFJ不動産販売HP

★「地名の謎 大阪『阿倍野』それとも『阿部野』?」NIKKEI STYLE HP
★「地名の由来 阿倍野」大阪再発見!HP

★「あべのキューズモール」東急不動産SCマネジメントHP

★「あべのハルカス」近鉄不動産HP

★「暮らしがある。未来がある。ずっと息ずく軌道がある。」阪堺電車HP
★「阿倍王子神社の参道松長大明神・阿部寺跡(阿倍野区・松崎)」エナガ先生の講義メモ・ブログ
★「【日本史】たくさん出てくる『アベ』さんたちのまとめ【安倍・阿部・安部・阿倍】」NAVERまとめHP
★「将来の成功を約束する、辻調グループのチカラ」辻調グループHP
★「教育力と就職力で未来に力を。」大阪あべの辻調理師専門学校HP
★「天王寺公園エントランスエリア てんしば」近鉄不動産HP
★「お客さまにかわいがってもらえるように、毎日、毎日勉強しています」あべのたこ焼き やまちゃんHP
★「【ミシュランのお店】『あべのたこやき やまちゃん』 たこ焼き生地のクオリティが高くて地元民に愛されるのも納得な件について」ロケットニュース24HP


(関連する記事)
★「977 【お米料理69】日本一ノッポなビルと『他人丼』‥天王寺」
★「1344 【名物パン124】日本一の超高層ビルと『サンミー』‥阿部野橋」
★「1640 【名物パン172】間もなく開業!あべのハルカスと『ロマンスモア』」
★「2290 【保存食品55】聖徳太子のお寺と『泉州水なす』・・天王寺」

★「2291 【麺類色々197】大阪最強の下町で『昆布うどん』を・・鶴見橋」
★「2415 【揚げモン63】夜のハルカスと『KYKのヘレカツ』・・阿倍野」

★「2507 【麺類色々214】真田幸村最期の地と『カレーきざみ』・・天王寺」
★「2629 【麺類色々219】秋晴れの長居公園で『関西だしワンタンメン』を」

★「2630 【名物パン307】夜のハルカスと『ヨンミーの新作』・・阿倍野」

★「2659 【名物パン311】四天王寺の亀と『モカケーキ』・・天王寺」

★「2723 【名物パン315】夜のあべので『たい焼き風あんパン』を」
★「2889 【野菜果物99】宿坊ホテルで早朝座禅と『精進料理』を・・天王寺」
★「2920 【お米料理280】名門女子高で『学食のミンチマヨ丼』を・・文の里」

★「2921 【お米料理281】稽古も愉快な大阪で『カレーかつ丼』を・・阿倍野」
★「3062 【揚げモン76】思いもよらぬ天野屋利兵衛と『玉子コロッケ』・・住吉大社」

★「3085 【スイーツ260】『りくろーおじさん』と史上最強の貴族の若君・・阿倍野」

★「3107 【スイーツ262】四天王寺の桜と『ミスドのアイスdeホットドーナツ』」
★「3265 【スイーツ278】今頃始めたツイッターと『パインの新生姜のど飴』・・天王寺」
★「3334 【お米料理340】曽根崎心中と生國魂神社と『大阪スタミナ丼』・・上本町」
★「3354 【やきそば372】かつての大繁華街で『ホルモン焼きそば』を・・九条」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(静岡市も昔は「安倍」と呼ばれてましたが、安倍氏と関係有るの?)

ハルカスの真下に「山ちゃん」と云うたこ焼き屋台が在りますが、ココは何時でもひっきりなしの大繁盛ナンで、ずっと疑問に思ってましたヨ。処が調べてみたら・・なんとミシュランガイドに三年連続載っていた有名店だソウで、知らぬは恥ずかしきコトなりと初めて寄ってみましたら、成るほど良く有るソレと全く違う!鶏ガラをベースに野菜や果物・鰹・昆布など十種類以上の素材を4時間以上煮込んだスープを混ぜた生地を焼いてるソウで、ソースを掛けなくても美味しそうな。ですが甘いソース以外に醤油やポン酢や掛けるモノがイロイロ有り、ドレが良いのか全く判らない。だもんで一番オーソドクスな組み合わせにしてみましたが・・表面カリカリ、中はジュワー。思わず口ン中が火傷しそうに成りながら、ホフホフ食べる阿倍野の街角。まだまだ知らぬコトが、ココは沢山有りそうです




| 2019.02.22 Friday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
3334 【お米料理340】曽根崎心中と生國魂神社と「大阪スタミナ丼」・・上本町

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

日本最大の私鉄・近畿日本鉄道(近鉄)のターミナル「大阪上本町」は、その本社所在地に相応しくデパートが併設されてますし、新歌舞伎座の入ったSCがすぐ横に出来たり・・乗降客は減少気味らしいンですが

 

一月もソロソロ終わるのに、まだ正月の話題かと怒られてしまいソウですが、東京より一週間ソレが長い上方のお噂ナンで御容赦を。本来は全国的に小正月までですが、江戸中期から東西で終わりが違います。

 

万事が上方のコピーだった東国が、その呪縛から脱して独自性を発揮し、文化・風俗の両面で追い付き・追い越したのが江戸中期。処が経済はソウ参らず、東京が大阪を凌いだのは昭和初期に成ってからですヨ。

 

つまり私メら東夷は何百年も後塵を拝してた訳ですが、そんな大阪で一番好きなのが天王寺区北部の「上本町(うえほんまち)」。低いトコばかりの大阪市中で唯一の高台、上町台地の古くから中心だった街ですネ。

 

中でも近鉄電車のターミナルの在る「上六(=上本町六丁目)」に馴染みが深く、大阪へ参ると決まって朝の散歩など致して居りますが、今回は今年何度目なのか判らない初詣()で、上六界隈の神社へお詣りを。

 

上六で一番の大社は、初代の神武天皇サマが東征の際に創建された「生國魂(いくくにたま)神社」サマ。大阪屈指の歴史を誇るトコで、元は大阪城の場所に在ったンだとか。築城の際に上本町へ遷座してます

 

当然真先に詣でるのは「生玉さん」、何しろ上方落語の祖とされる初代「米澤彦八」師匠の顕彰碑が立てられてますから。講談と落語は違う芸ですし、江戸と上方の違いも有りますが、話芸の大先輩に代わりない。

 

彦八師匠の碑がナゼ生玉さんに在るかと云えば、「難波大社」とも称されて大層賑わったココの境内に、講談や落語を参拝客相手に口演する小屋が設けられたらしく、上方演芸の発祥地みたいなトコだからとか。

 

加えてお能や狂言、浄瑠璃や歌舞伎等も演じられたと云うから大変ですが、現時点では石碑止まりの落語と違い・・摂社の一つとして「浄瑠璃神社」が!明治九年(1876)に人形浄瑠璃の方々が建立したそうナ。

 

彼の業界にとって生玉さんは、余程有難い場所だったに違いない。だって浄瑠璃最大の当たりモノ「曽根崎心中」は、生玉さんの境内から物語が始まりますンで。時代は約三百年前の元禄時代、つまり江戸中期。

 

浄瑠璃神社サマには「浄瑠璃語りの祖・小野阿通さま」、「竹本義太夫掾」「豊竹若太夫掾」ら大名人。戯作者「近松門左衛門センセ」等の先達多数が祀られてますが、明治の浄瑠璃界ってお金を持ってたのネ

 

商売の都・大阪の街には大店が軒を連ね、大勢の若者が丁稚・手代として厳しくこき使われてた訳ですが、内本町(上本町とは別の街)の醤油屋の手代・徳兵衛もその一人。ですが彼には将来を誓った女が居る。

 

ソレは天満屋の女郎・お初ですが、暫く会えなかった二人が漸く再会出来たのは、西国三十三所巡礼の結願の地・生玉さん。お初が居ない間に徳兵衛に降りかかってたのは、店の主人から持ち込まれた縁談話。

 

ココから話は悲恋・悲運・非道の連続で、遂に徳兵衛とお初は手を取り合い、曽根崎天神の森で冥途の旅の始まりと、二人は道行き・・つまり心中に及ぶ訳ですナ。コレが泣かせる泣かせる泣かずに居れようか!

 

道行きは「この世の名残り、夜も名残り。死に行く身を例うれば、仇ヶ原の道の霜」の名台詞で始まりますが、仇ヶ原は無縁仏の捨て墓。心中は幕府の御法度で、例え生き残っても悲惨な末を覚悟せにゃ成らぬ。

 

生玉さんから千日前通を渡り、この日二ヶ所目に参りましたのは「高津宮(こうづぐう)」サマ。こちらも古いお社で、貞観八年(866)に勅命により創建されたトコ。上方落語の「高津の富」「崇徳院」の舞台ですゼ

 

この世で結ばれぬ定めならば、来世での固い契りを・・と二人は相果ててますが、近松門左衛門センセが新派も顔負けの大悲恋モノとして書き上げて、二人が心中した翌月に人形浄瑠璃として初演されてますヨ。

 

そう、コレは実際に有った話!ソレまで歴史モノばかりだった浄瑠璃じゃ初めての俗世界「世話物」として大ヒットし、竹本座は山ほど溜まってた借金を一気に返済出来たとか。以降「心中モノ」は浄瑠璃の大定番に!

 

処が感化された?大阪じゃ心中が多発したソウで・・幕府は厳しい取り締まりに及んでますナ。コレが「曽根崎心中」ですが、最後の段の曽根崎天神ばかりが知られてて、発端の生玉さんは大して知られてない。


上本町好きの私メとしちゃ、ナンだか無性に悔しい。とは云え神社を建てる位だから、少なくとも浄瑠璃の方々はココ!と認識して呉れてるンでしょうネ。お初さんのお墓を詣で、やっぱ面白い街だと思う私メです。

 

高津宮を詣でた後、ナニかに呼ばれた気が・・すぐソバの「久成寺」さんの御門前へ参りましたら、「お初の墓」なる表記が。まさかと思って奥へ入りましたら、曽根崎心中のお初さんのお墓が御座いましたヨ。彼女の居た天満屋とこのお寺は御縁が有ったらしく、心中後に墓を建てた様ですが明治の廃仏毀釈で判らなく成り、ソコで心中から三百年の平成十四年(2002)に再建したとか。お初さんに呼んで貰えたかナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都文京区後楽園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ASIAN GATEWAY」OSAKA−INFO 大阪観光局HP

★「大阪名物・上町台地」上町台地マイルドHOPEゾーン協議会HP
★「上六・上本町・上町台地」上六うえいくネットHP

★「Kintetsu」近鉄百貨店HP
★「大阪 新歌舞伎座」同HP
★「難波大社」生國魂神社HP
★「生國魂神社 実は凄い神社だったんだね!」いにしえの都 日本の神社・パワースポット巡礼ブログ
★「米沢彦八の碑-生國魂神社」O−TUBEブログ
★「
生國魂神社内の浄瑠璃神社」心おもむくままにブログ

★「文楽への関西旅・・・(10)生玉神社、浄瑠璃神社と『曽根崎心中』」熟年の文化徒然雑記帳ブログ
★「曽根崎心中:近松門左衛門の世話浄瑠璃」日本語と日本文化HP
★「曽根崎心中 生玉の社の場面」日本語と日本文化HP
★「難波高津宮」高津神社HP
★「高津さんであそぼ
上方落語と高津宮」高津神社HP
★「
曽根崎心中のお初の墓・久成寺」おおさか村ブログ
★「おおさかミナミ もうひとつのホットスポット」上本町ハイハイタウンHP

★「スタミナ極丼亭」ランチ専門店GOKUDONTEI HP
★「
大阪 上本町 スタミナ極丼亭おっちゃんCityboyの徒然日記ブログ


(関連する記事)
★「638 【今川焼き05】『愛染かつら』は一体ドコなのか? [大阪篇]」
★「639 【スイーツ26】上六・天六・日本一ってナンじゃろか?」
★「1404 【やきそば139】青葉繁れる高津宮と『チーズざぶとん』」
★「1533 【スイーツ92】『パインアメ』を元祖大阪谷町で」
★「1596 【名物パン164】一頭地抜けた天才と『ソフトフレッシュ』・・谷町筋」

★「2290 【保存食品55】聖徳太子のお寺と『泉州水なす』・・天王寺」
★「2416 【名物パン284】生玉さんと彦八師匠と『マイケーキ』・・上本町」

★「2431 【今川焼き37】狛虎の居る神社と『茜丸の鯛焼き』・・上本町」

★「2506 【野菜果物86】ホントの真田丸と『ひたし豆』・・玉造」

★「2507 【麺類色々214】真田幸村最期の地と『カレーきざみ』・・天王寺」
★「2601 【スイーツ210】上本町の青い山脈で『おふくアイスマック』を」

★「2606 【やきそば277】大阪カテドラルと『玉子付け焼きそば』・・玉造」

★「2631 【やきそば281】ホントの真田丸と『酒屋の焼きそば』・・空堀」

★「2659 【名物パン311】四天王寺の亀と『モカケーキ』・・天王寺

★「2889 【野菜果物99】宿坊ホテルで早朝座禅と『精進料理』を・・天王寺」
★「2962 【スイーツ249】大阪で一番危険な街と『パインアメのジャム』・・上本町」

★「3107 【スイーツ262】四天王寺の桜と『ミスドのアイスdeホットドーナツ』」
★「3265 【スイーツ278】今頃始めたツイッターと『パインの新生姜のど飴』・・天王寺


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

 

(心中と云うと無理やり感が有りますが、道行きは美しく聞こえますネ)

上本町駅の真ん前に「ハイハイタウン」と云う、実に素晴らしく雑然としたビルが在りますヨ。大阪・梅田の駅前ビルシリーズや、東京・新橋の駅前ビルの少し小型版と考えて戴ければ判り易いですが、私ぁココが大好きで・・上本町で食事に困るとまずココへ行く!ソレは昼でも夜でも一緒ですが、お初さんのお墓を詣でて駅前へ戻るとお昼時・・何か食べましょ。地下へ潜ると「スタミナ極丼ランチ」と云う看板が!スタ丼は豚肉と玉ねぎをニンニク醤油で炒めたモノがタップリご飯の丼に乗ってる東京・国立市発祥の食いモノで、私ぁその近くの高校行ってましたから発祥店にゃ良く参りましたネ。最近はソコのパクリ店が増殖してますが、ココはそれとは違う様・・大阪のスタ丼ってどんなのだろう?興味が先立ち入ってみましたが・・似てるけどチト違う様な。玉ねぎの甘さが出て美味しいンですが、如何せんニンニクが弱い!上方の方の舌に合わせた結果でしょうからコレはコレで良いンですが、帰京してから調べてみたら「極丼亭」さんは東京にも以前出店してた様。ですが撤退する羽目に成ったのは、この味が本場のスタ丼に慣れた東京人に合わなかったンでしょうネ。でもコレが大阪のスタ丼、また参りたいですナ




| 2019.01.28 Monday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
3332 【団子饅頭121】商売繁盛のえべっさんと「ねこ餅」・・今宮戎

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

約千六百年前に四天王寺の鎮守として創建された「今宮戎神社」サマは、大阪最大の十日戎で知られたお社。その当日は大勢が集まり過ぎて境内に入り切れず、整理入場を実施する程・・凄いお祭りですゼ

 

もう二週間も前のお噂で失礼しますが、正月十日の大阪を訪ねた私メです。拙宅の在る東京は七日で正月が明けましたが、上方は本来通りに小正月の十五日まで続きましたンで、東と西で歳時が違うナゾの時期。

 

狭い様で実は広い日本だから、東西南北アチコチで気性や文化が違うのは仕方なく、己のソレに固執するのは馬鹿なコト。「違ってるのが当たり前」と思うのが上々吉で、「違うからこそ面白い」で臨むのが極上吉。

 

とは云え・・違和感を覚えるのはドウにも成らず、無理に混ざろうとすると草臥れますンで、付かず離れず程度に入り込み・・生暖かく眺めてるのが宜しいンでしょうネ。だって説明されたって、結局は判らないから。

 

今宮戎サマの境内は余り広く有りませんが、ソコに1/9〜11の三日間で百万人も詣でると云うから大騒ぎ。丸三日間ぶっ通しで参拝を受け付ける拝殿ソバは、福笹を受け取ろうと云う人でごった返してました

 

昨日も触れましたが・・関東以外はまだ正月のこの時期に、上方で盛大に行われるのが「えびす講」。七福神のお一人・恵比寿さまの祭礼で、コチラじゃ正月十日頃に行われてますが、東京にゃ無いお祭りですネ。

 

似た様なモンが無いとは申しません。恵比寿さまなら「べったら市」が有りますが、コレは十月に行われる秋の祭礼で、縁起物は大根の麹漬け「べったら」。めでたい福飾りを沢山付けた熊手を売るのは「酉の市」。

 

ですが都内じゃ十一月に行われるのが当たり前で、年明けにゃしませんネ。しかも発端は日蓮上人説と日本武尊さま説とに分れてますが、何れし恵比寿さまじゃ無いコトは確か。恵比寿と云う駅は在りますが。

 

境内は参拝客で押し合いへし合い。境内の廻りにズラっと並んだスタンドは、普段はシャッターを下ろしてるのに・・十日戎の期間中は全てが福笹に付ける縁起物を販売中。皆さん、馴染みのトコが有る様です

 

大体が江戸=東京の古くからの習慣は上方から伝播したモノが多く、私メらは全くの江戸オリジナルの心算で居ても、いざ調べてみるとナニかしら似てる祭礼が上方に有るンで、ナンか無性に悔しく成るのが多数。

 

なのに同じ「年末年始に行われる新年の幸いを祈る祭礼」なのに、酉の市とえびす講は悉く違うから逆に面白い。始まったのは江戸時代の中期で同じですが、発端が違えば経緯も違い、それぞれ勝手に大進化!

 

そもそも願う目的からして違う。酉の市は武家の街・江戸だから「武運長久・開運招福・家内安全・・」なのに、えびす講は商人の街・大阪だから「商売繁盛・五穀豊穣・家内安全・・」。文字にするとエラク違いますナ。

 

コレも東京にゃ居らんぞ「福娘」。満18〜23歳の娘たちが幾度かの審査を経て選ばれますが、公募なんで倍率はスゴイとか!福笹に御札や吉兆(小さい福飾り)を付けて呉れますが、セットだと安くなるって

 

目的が違えば縁起物も違う。福笹(コレはタダ)に付ける吉兆を選んで買うナンて習慣は無いし、境内の外で売ってる熊手の類。酉の市は年々大きなソレにすると吉ですが、えびす講は熊手の他に福ザル・福俵。

 

酉の市の熊手は「福をかき集める」だけですが、えびす講は「初年は熊手でお宝でかき集め」「二年目は福ザルでお宝を洗い浚い集める」。そして「三年目は俵の置物を買ってお宝をソレに納める」って全く違うぞ!

 

そして境内に流れる曲は「商売繁盛、笹持って来い」・・ホント愉快。一昨年も今宮戎サマの十日戎に参りましたが、見物だけで精一杯。参加する勇気はまだ無いですが、何れ福笹を貰うトコから始めたいですネ。

 

境内の外には熊手・福ザル・福俵を売る露店が、所狭しと並んでましたが・・熊手しかない酉の市と違って、並べて有るモノがバリエーションに富んでますナ。ですが売買成立した時の手締めが無く、些か物足りない感が・・文化が違うンだから仕方なく、コレはコレで面白いですが

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「大阪府大阪市北区梅田」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ASIAN GATEWAY」OSAKA−INFO 大阪観光局HP
★「浪速区観光ガイドブック」Catalog Pocket HP

★「大阪ミナミのお祭りサイト」いっとこミナミHP

★「満願成就 福徳円満 商売繁盛」今宮戎神社HP

★「十日戎」今宮戎神社HP

★「今宮戎神社2019十日戎を完全攻略!福娘や笹、屋台・宝恵駕籠・アクセスなど」ひらたくHP
★「[難波・えびす祭り] 今宮戎神社の十日戎に行ってきたよ。」大阪単身赴任生活ブログ
★「西日本で一般的な十日戎って何?特徴や文化を徹底解説」ハジコレはじめてコレクションHP
★「十日えびすと酉の市の話」大阪本場青果卸売協同組合HP
★「十日戎にそっくりな酉の市というお祭り」公務員からの社長ブログ
★「大阪・迎春支度 七色ねこ餅」Happily ever afterブログ
★「杵つきねこ餅」芭蕉堂HP


(関連する記事)
★「306 大阪の暑さにアッサリ負けた男」
★「307 【お肉料理05】大阪ミナミで買い食いした男」
★「1064 【麺類色々68】道頓堀に飛び込む阿呆と『好きやねん』」
★「1501 【粉なモン25】雨の法善寺横丁と『キャベツ焼き』‥大阪ミナミ」
★「1637 【お米料理112】『名物カレー』と強引と傲慢・・大阪ミナミ」
★「1639 【お魚料理85】ココもミナミ?心斎橋で『昆布の佃煮』」
★「2187 【名物パン249】都構想敗れたミナミで『ヴェネチアーナ』を」
★「2272 【お米料理190】『セイロンライス』とアメリカ村・・西心斎橋」
★「2273 【お肉料理79】『蓬莱本館の豚まん』と雨夜のなんば」
★「2438 【お米料理218】爆買いから逃れて『ビーフワン』を・・道頓堀」
★「2628 【やきそば280】中・韓だらけの道頓堀で『辛辛やきスパ』を・・難波」
★「2712 【今川焼き60】御堂筋イルミネーションと『北極の回転焼』・・なんば」

★「2713 【やきそば295】商売繁盛!十日戎で『屋台の肉焼きそば』を・・今宮戎」

★「2738 【麺類色々233】雨降る心斎橋で伝統の『鉄板カニコロスパ』を」
★「2739 【団子饅頭98】難波駅イルミネーションと『551の餡まん』」

★「2763 【スイーツ225】『りくろーおじさん』と朝の御堂筋ウォーク」

★「2890 【スイーツ230】灼熱の御堂筋散歩と『大阪名物アイスキャンデー』食べ比べ」

★「2892 【お米料理277】真夏の夜の御堂筋で『ハイシライス』を」

★「2907 【スナック80】目指せ全国区復帰!『大阪名物のカール』・・道頓堀」

★「3008 【お肉料理110】ギネス世界一のイルミネーションと『牛肉の佃煮』・・御堂筋」

★「3023 【麺類色々279】凍てつく冬夜の光旅と『関西のちゃんぽん』・・難波」
★「3036 【お鍋料理29】福の神と勘助さんと『市場のカス汁』・・浪速区」

★「3149 【やきそば350】爽朝のなんば散歩と『心斎橋モヒカン』」
★「3331 【お米料理339】いらちとせっかちと『出し巻親子丼』・・天満」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(逆に大阪の方から見たら、酉の市には違和感を覚えるでしょうネ)

正月と云えば全国的に「お餅」の季節で、各地域ごとに新春用のソレが有ったりしますが、大阪は「ねこ餅」ナンだそうナ。東京じゃ半棒状に延ばしたお餅を「なまこ餅」と呼びますが、コチラじゃ猫が寝てる姿に似てる()ンで「ねこ餅」が一般的で、先端が丸まってるのが確かに猫の手みたいですナ。コレを切って焼いて食べますが、正月は海老粉を混ぜて赤くしたのが喜ばれるらしく、小正月を過ぎたら滅多に売らないとお店(芭蕉堂)の方が仰ってましたヨ。前々から興味が有ったンで、今回意を決して買ってみましたが・・ほんのり塩味が効いて、焼いただけで食べられる。或いは揚げてかき餅にするらしく、実に面白く思えます




| 2019.01.25 Friday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
3265 【スイーツ278】今頃始めたツイッターと「パインの新生姜のど飴」・・天王寺

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

聖徳太子さまが建立したと伝わる七大寺の一つが、日本最初の官寺「荒陵山金光明四天王大護国寺(いわゆる四天王寺)」さん。元来は特定の宗派に属さないトコでしたが、戦後「和宗」の総本山に成ってます

 

心神のモヤモヤが幾ら歩いたってスッキリしないンで、つい先日からツイッターを始めた私メです。今更・・と呆れられるかも知れませんが、時代遅れならぬ時代外れを標榜する講釈師としては、革命的な進歩だ!

 

前々からしてみたらと奨められてましたが、私ぁ基本的に凝り性で、ナニかに夢中に成るとトコトンやっちまう面倒な性格。ソレを自覚してるンで「君子危うきに近寄らず」と避けて来てのに・・ナゼか突然始めるコトに。

 

自分でもドウ云う風の吹き廻しか判りませんが、ご覧のブログ旅日記を始めた時も、フェイスブックを始めた時も、遡ればPCを始めた時も、イヤイヤ講釈師に成ろうと決めた時も、突然思い立ってソウした様な。

 

四天王寺さんは私メの定宿に近いンで、大阪へ参ると散歩がてら詣でるコトが多いですし、早朝座禅会にも参加させて戴きましたナ。中心伽藍は空襲で焼けましたが、国の重文「六時礼賛堂」等は実に壮大です

 

尤も始めたばかりで良く判ってないンですが、一昨日ご紹介の「岩下の新生姜ミュージアム」の告知を載せた所、驚くコトに岩下食品の社長自らフォローして下さいまして、大切なお客様リストに入れて貰える事に。

 

もちろん知己だった訳は無く、ただ単に記事にして貰ったからと機械的にフォローなさったンでしょうが、始めたばかりのオッサンにゃ大きな励み・・弱ったネ。ツイッターに今頃嵌っちまうかも、やっぱ遅れてますナ。

 

ま、私メの主戦場はこのブログ旅日記で、フェイスブックやツイッターは気分転換や情報収集のツール。インスタグラムも如何?とお誘いが有れど、今の私メじゃ流石にソレは無理。まず心神を回復させませんと。

 

基本的に平らな大阪市ですが、大阪城から南へ延びる上町台地だけは二十mほど標高が高いですナ。四天王寺さんの少し西の崖には急坂が多く、「天王寺七坂」と呼んでるとか。さてコレはどの坂でしたっけ

 

コレまで知らなかった各種情報が玉石混合で満ち溢れ、ソレらを見極めながら必要なモンを上手く取り入れなきゃ成りませんが、馴れ合いっぽい会話のやり取りや、誰も相手にしてない様なボヤキも多くて面白い。

 

企業のキャンペーン情報等も桁違いに多く、ブログやフェイスブックが静ならば、ツイッターってスゴイ動。実にダイナミックなのを今頃知るって、私ぁドレだけ遅れてたンでしょ?更に先を行くSNSも有るンでしょうネ。

 

心神・身体共に不調続きの私メじゃとても付いて行けず、こう云うのって元気な時に始めにゃ成らンと後悔すれど、好調だとソレに満じて新しいコトを始めたがらない気質だから。ま、無茶し過ぎぬ様に頑張りましょ。

 

七坂の内の愛染坂の上に在るのは、聖徳太子さまが開かれた施薬院(貧しい病人の救済施設)が元と云う「勝鬘院(しょうまんいん)」さん。愛染明王さまをご本尊として祀ってますンで、「愛染さん」と呼ばれてます

 

前述の岩下の社長さんですが、ツイッターの達人で居らっしゃる様で、新生姜好きのファン()と交流するだけじゃ無く、他社のSNS担当者とやり取りなさる様。何しろ電脳上のコトだから、距離なんか関係無い。

 

その一社に私メが前々から何かと気にしてる、あの大阪のパインアメが有りまして、詳しいやり取りを知る術は無いですが、ドウ云う訳だかコラボするコトに成った・・共に悪のり好きだから、本気でふざけようじゃん!

 

見て来た様な講釈師だから信用性は低いですが、食べ物で遊ぶナと怒る勿れ。両社とも定番で満じずに、新しいモノに挑戦するってイイじゃない。敢えて自分を壊すのも大切だと、ツイッターでぼやきたい私メです。

 

パインアメさんの本社は四天王寺さんと愛染さんの間で、谷町筋沿いに黄色い社屋が建ってますが・・製品展示スペースが入口に少し有るだけ。新生姜ミュージアムが凄すぎますンで、流石にソコまでは行かなくても・・パイン味のスイーツ屋を梅田や難波に出して欲しいモノです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都千代田区九段上」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ASIAN GATEWAY」OSAKA−INFO 大阪観光局HP

★「大阪名物・上町台地」上町台地マイルドHOPEゾーン協議会HP
★「上六・上本町・上町台地」上六うえいくネットHP

★「日本最初の官寺」和宗総本山 四天王寺HP

★「大阪、四天王寺散策」京都散歩道ブログ
★「大阪天王寺七坂めぐり。歴史を感じるパワースポット!ご利益あります街歩き。」インフォメーションメディアデザインHP
★「縁結び・良縁成就・夫婦和合・商売繁盛の愛染さん」愛染堂勝鬘院HP
★「食卓に、あたらしい笑顔を届けたい。」岩下食品HP
★「お菓子に夢を・・」パイン株式会社HP
★「岩下食品×パイン
()のおかしな相互コラボ!」岩下食品HP

★「パイン果汁を染み込ませた岩下の新生姜!岩下食品×パイン相互コラボ商品」ネタとぴHP
★「ツイッター企業アカウント発 思わぬ交流でヒット商品」NIKKEI STYLE HP
★「コラボもお手のもの!ノリの良さでフォロワーを魅了するTwitter軟式アカウントとは #華麗なる公式」トライバルメディアハウス・ブログ


(関連する記事)
★「638 【今川焼き05】『愛染かつら』は一体ドコなのか? [大阪篇]」
★「639 【スイーツ26】上六・天六・日本一ってナンじゃろか?」
★「1404 【やきそば139】青葉繁れる高津宮と『チーズざぶとん』」
★「1533 【スイーツ92】『パインアメ』を元祖大阪谷町で」
★「1596 【名物パン164】一頭地抜けた天才と『ソフトフレッシュ』・・谷町筋」

★「2290 【保存食品55】聖徳太子のお寺と『泉州水なす』・・天王寺」
★「2416 【名物パン284】生玉さんと彦八師匠と『マイケーキ』・・上本町」

★「2431 【今川焼き37】狛虎の居る神社と『茜丸の鯛焼き』・・上本町」

★「2507 【麺類色々214】真田幸村最期の地と『カレーきざみ』・・天王寺」
★「2601 【スイーツ210】上本町の青い山脈で『おふくアイスマック』を」

★「2659 【名物パン311】四天王寺の亀と『モカケーキ』・・天王寺

★「2889 【野菜果物99】宿坊ホテルで早朝座禅と『精進料理』を・・天王寺」
★「2921 【お米料理281】稽古も愉快な大阪で『カレーかつ丼』を・・阿倍野」

★「2962 【スイーツ249】大阪で一番危険な街と『パインアメのジャム』・・上本町」

★「3107 【スイーツ262】四天王寺の桜と『ミスドのアイスdeホットドーナツ』」
★「3263 【お米料理328】新生姜ミュージアムで『ピンクニュージンジャーカレー』を・・栃木市」
★「3264 【スナック91】北関東の小江戸で『新生姜ポテトチップス』を・・栃木市」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

 

(悪ふざけは真剣にやるから洒落に成る訳で、中途半端じゃダメです)

昨日一昨日と三回も続けて「岩下の新生姜ネタ」で失礼致しますが、栃木市の岩下食品と天王寺区のパインアメがツイッターを切欠に手を組んだ、コレが相互乗り入れのコラボ商品!パインアメの黄色いパッケージに入ったのは、パイン味した岩下の新生姜。逆に新生姜のピンクのパッケージに入ったのは、新生姜の味がするのど飴・・確かにこう成るでしょうが、実物を見るとエラク驚きますし、実際食べてみると笑っちゃう位に相手の褌で相撲を取ってる!ま、生姜味ののど飴は他にも有りますが、ご飯やお酒のつまみと云うより・・おやつにしたい感の有る新生姜って初めて。コレはコレで宜しいンじゃないかと思う次第です




| 2018.10.25 Thursday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
3111 【名物パン349】名残りの大阪の桜と「大阪のホットドッグ」・・茶臼山

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

如何にも大阪っぽい観光スポットとして、毎晩遅くまで観光客が闊歩してる「新世界」ですが、流石に朝は静かなそのモノ。日雇いのおっちゃん達が飲んだくれてた、前世紀末の物騒な雰囲気を懐かしく思います

 

未だ盛りの桜を求めて拙宅の在る東京を飛び出し、六百km彼方の大阪でソレを見て廻る私メです。と云っても「花の命は短くて」。十日ほど前の旅なのに、ナンだかエラク昔の出来事の様に思えて成りませんヨ。

 

大体が「リアルタイムやソレに近い更新を目指さない」のを日頃から標榜してる拙ブログ旅日記。十日前の根多なんぞピッカピカの部類の筈が、桜だけはパッと咲いてパッと散るンで噂の鮮度は忽ち悪く成る・・。

 

物淋しい朝の新世界に見切りを付け、隣接する天王寺公園へ。明治三十六年(1903)に開催された「内国勧業博」跡地の内、西側の崖下部が新世界・東側の崖上部が天王寺公園として整備されたソウです

 

私メとしても何とかしたいンですが、感銘を受けた桜の名所を毎日一つずつしかご案内出来ないンで、ドウしたってコリャ追い付かぬ。だもんでチョット前はコウだった・・と、御理解・御容赦をお願い申し上げるしか。

 

京都をはじめ関西の花噺は沢山有りますし、加えて東北へも桜遍路に行って来たばかり!時節からズレた記事をGW前まで続けるのが確定してますナ。てな訳で・・大阪最後の桜のお噂は、ナゼか新世界から。

 

公園中央に建つ大阪市立美術館の北側。河底池(ちゃぶいけ)を挟んで大阪市内最大の前方後円墳が在りますが、ココが大坂夏の陣で徳川家と真田家が死闘を繰り広げた「茶臼山の合戦」の現場ナンです

 

通天閣を中心とした観光地・飲み屋街ですが、別に朝っぱらから呑みに行った訳じゃ無く、闘病中からの習慣として今も毎日欠かさぬ「朝のお散歩」で行っただけ。私ぁ大阪では天王寺区内に泊まるが専らナンで。

 

二十四時間営業の串カツ屋も在りますが、朝からソレじゃ胃が靠れる。この近くなら天王寺公園で桜が咲いてるかと動物園を橋で渡り、上町台地の崖の階段を登ると池の畔に残る白い花。大分散りかけてますナ。

 

茶臼山を通り抜けると、文治元年(1185)に浄土宗の開祖・法然上人が開山した古刹「坂松山一心寺」さんが。コチラは徳川家康公が本陣を置いたトコで、施餓鬼供養を一年中行える珍しいお寺だったりします

 

花吹雪の東京から大阪へ参った日、コチラは盛りを多少過ぎた位だったのに、僅か数日で葉桜に成りかけちまうとは・・春って残酷ですナ。そのまま咲いて欲しいと願う心を置き去りに、季節は忽ち姿を変えてしまう。

 

ソレが大いなる自然の摂理。だからこそ毎年巡り来る春が愛おしい訳ですが、流れにもう少し位抗ってイイじゃないの!京都は大阪よりも花の進みが数日遅いンで、更なる桜を求めて移動するコトにした私メです。

 

実は天王寺公園へ夜桜も見に行ってた私メ。JR天王寺駅に一番近いエリアは「てんしば」と云う芝生広場だったりしますが、ソコで嫌でも目に入るのが日本一背の高い超高層ビル「あべのハルカス」。地上三百mの展望台に一度上がりたいと思いつつ、まだ果たせて居りませんネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市東山区祇園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ASIAN GATEWAY」OSAKA−INFO 大阪観光局HP

★「大阪 あべの天王寺のニュースサイト」あべの天王寺なう!ブログ

★「大阪の観光地『新世界』のポータルサイト」新世界ネットHP

★「通天閣60周年」通天閣観光HP
★「天王寺公園」大阪市花と緑の情報サイトHP
★「発掘された茶臼山本陣跡」大坂城豊臣石垣公開プロジェクトHP
★「天王寺公園の桜と茶臼山古墳〜河底池(大阪市天王寺区茶臼山)」ぎゃるまま日記ブログ
★「天王寺公園の桜 大阪市」気の向くままに ぶらりブログ
★「お骨佛の寺・納骨とおせがきの寺」坂松山一心寺HP

★「天王寺公園エントランスエリア てんしば」てんしば管理事務所HP
★「知ってる?リニューアルした天王寺公園『てんしば』って?」NAVERまとめHP

★「あべのハルカス」近鉄不動産HP

★「【暮らしの哲学】春は残酷な季節、その理由とは?」自分を高める読書の時間ブログ
★「大阪名物 キャベツ焼き」キャベ焼グループHP
★「大阪のホッドドッグ=カレーキャベツドッグ。」小林高雪のブログ


(関連する記事)
★「638 【今川焼き05】『愛染かつら』は一体ドコなのか? [大阪篇]」
★「977 【お米料理69】日本一ノッポなビルと『他人丼』‥天王寺」
★「1344 【名物パン124】日本一の超高層ビルと『サンミー』‥阿部野橋」
★「1533 【スイーツ92】『パインアメ』を元祖大阪谷町で」
★「1596 【名物パン164】一頭地抜けた天才と『ソフトフレッシュ』・・谷町筋」

★「1640 【名物パン172】間もなく開業!あべのハルカスと『ロマンスモア』」
★「1972 【麺類色々154】『ホルモンうどん』と観光地化した新世界」
★「2270 【麺類色々195】『シチューうどん』と雨夜の通天閣」

★「2290 【保存食品55】聖徳太子のお寺と『泉州水なす』・・天王寺」
★「2415 【揚げモン63】夜のハルカスと『KYKのヘレカツ』・・阿倍野」

★「2507 【麺類色々214】真田幸村最期の地と『カレーきざみ』・・天王寺」
★「2630 【名物パン307】夜のハルカスと『ヨンミーの新作』・・阿倍野」

★「2659 【名物パン311】四天王寺の亀と『モカケーキ』・・天王寺

★「2723 【名物パン315】夜のあべので『たい焼き風あんパン』を」
★「2761 【やきそば300】重過ぎる21gと『ホルモン焼きそば』・・新世界」

★「2889 【野菜果物99】宿坊ホテルで早朝座禅と『精進料理』を・・天王寺」
★「2921 【お米料理281】稽古も愉快な大阪で『カレーかつ丼』を・・阿倍野」

★「3107 【スイーツ262】四天王寺の桜と『ミスドのアイスdeホットドーナツ』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(常春の地・・例えば雲南省辺りなら、桜は年中咲いてるのかしらん?)

茶臼山で桜を眺めながら、朝ご飯代りに食べたのは・・大阪名物「ホットドッグ」。そんなモン何処にでも有るとは思う勿れ!大阪のソレは切れ目を入れたコッペパンの間に、カレー風味に炒めたキャベツが入ってるンですヨ。何故ソウなのかは不明ですが、大阪じゃコレが昔から当り前だった様で・・生の刻みキャベツを入れるのよりシットリとしてて、遥かに美味しかったりするから東夷は面食らいます。ま、東京でも炒めたキャベツを挟んで呉れるトコも偶に在りますが、塩コショウで味付けしてるのが殆どで、何故カレー風味なの?天王寺駅ソバの「あべのキューズモール」に出店してるキャベツ焼き屋で買いましたが、刻んだキャベツを炒めるのが本業だけに、より美味かったのかも知れません




| 2018.04.12 Thursday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
3107 【スイーツ262】四天王寺の桜と「ミスドのアイスdeホットドーナツ」

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

大阪へ行くと毎回まず歩くのは、近鉄上本町駅からJR天王寺駅への「上町筋」。基本的に平らなトコばかりの大阪市内で、唯一高台に成ってる上町台地を南北に縦貫する大通りで、古代から在った官道だとか

 

拙宅の在る東京だけじゃ飽き足らず、盛りの桜を追って大阪へ参った私メです。上方が見頃に成るのは都内よりも遅いンで、観測史上エラク早く咲き出した今年も多分ソウだろうと参りましたら、思った通りでしたネ。

 

ならばと大喜びで関西のアチコチで花を見て廻りましたし、北の方へも花見に参る予定ですンで、コレから当分・・下手したら今月一杯・・桜の噂を続ける心算ですが、愚かな浮かれ者の致すコトとお許し願います。

 

上町筋の南のドン突き(突き当たり)に在るのは、聖徳太子サマが西暦593年に建立させたと伝わる日本最古の官寺「荒陵山金光明四天王大護国寺(いわゆる四天王寺)」さん。裏門から入るといきなり満開の桜

 

ソレはさておき、酔狂にも大阪まで桜を眺めに参る様に成ったのは、まだ発病して無かった四年前から。このブログ旅日記は私メにとって備忘録みたいなモノで、過去の記事を調べると元気だった頃に来てますナ。

 

ナニかの用事のついでだった筈ですが、その半年後に地獄に墜ちるとは夢にも思わず、至って呑気に大阪の花を愛でた覚えが。ですが余程楽しかったンでしょう、以来コッチへ毎春行かねば成らぬ様な気分に。

 

四天王寺と云えば大阪の専売特許の感が有りますが、聖徳太子サマは同名のお寺を全国に四つ建てられたソウで、昨日ご紹介した津市にも在りますヨ。ですが規模は大阪が随一で、聳える五重塔が立派です

 

一種の強迫観念みたいなモノだと重々判っちゃ居りますが、ソレで心神が随分救われましたンで、桜花のナント偉大なコト!尤も上方まで態々参っても専ら植えられてるのは、拙宅近くの染井生まれのソメイヨシノ。

 

東京のも大阪のも全く同じ花だから、ドコで見ても一緒っちゃ一緒ナンですが、コリャ気分の問題だからネ。尤もソレがすっかり習慣化しちまった様で、漸く寛解して桜に頼る必要は無いのに・・もう止められませんゼ。

 

古代の荒陵池を埋めて建てたのが四天王寺とされてますンで、水に因んだナゾの伝承が多いですネ。中心伽藍の東側の「亀井堂」に流れる水は、天竺(インド)から唐土(中国)の竜宮城を伝わってココで湧くそうナ

 

ソレにしても大いなる花。多少の時差は有っても沖縄以外でほぼ同じ頃に咲き、そして共に揃って散って行く。盛りがもう少し長ければ全国観て廻りたいですが、もしソウだったら花遍路は際限なく成っちまいますナ。

 

だから今年は関西より遠くは参らぬコトに。ですがその分ノンビリ出来るンで、今日はドコで見ようか明日はドコで愛でようか考えつつ、取り敢えず歩くいつもの上町筋。四天王寺さんの境内は、ちょうど花盛りでした。

 

四天王寺サンの境内の池と云えば、亀がウジャウジャ居る「亀池」が有名ですが、ソコは以前ご紹介しましたンで・・その近くの「丸池」を。どんな大干ばつの時でも全く枯れなかったコトから、雨乞い儀式の時はココの水を用いたと聞きますが、ココにゃスッポンが居るンだソウです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「大阪府大阪市中央区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ASIAN GATEWAY」OSAKA−INFO 大阪観光局HP

★「大阪名物・上町台地」上町台地マイルドHOPEゾーン協議会HP
★「上六・上本町・上町台地」上六うえいくネットHP

★「2000年の時の流れを現在に伝える大阪・上町台地」大阪市内にある『山の手』上町台地ステキ探訪HP

★「日本最初の官寺」和宗総本山 四天王寺HP

★「桜の季節に四天王寺」十三のいま昔を歩こうブログ
★「四天王寺の桜」KJCLUBブログ
★「【四天王寺】竜宮城から流れる亀井の水」Piligrim 東西南北巡礼記ブログ
★「【四天王寺の桜・2016】すのこの上で日向ぼっこしてるスッポンが見れたアナタは超ラッキー、・・かも
()」子供と歩く大阪散歩ノート・ブログ
★「あべのキューズモール」東急不動産SCマネジメントHP

★「アイス・デ・ライオン」ミスタードーナツHP

★「ミスタードーナツ&アイス・デ・ライオンに行って、ドーナツにアイスをオンしてみた」マグ・プランニング・ブログ
★「ミスドの姉妹店アイスクリーム専門店『アイスデライオン』が可愛いすぎる!」macaroni HP


(関連する記事)
★「638 【今川焼き05】『愛染かつら』は一体ドコなのか? [大阪篇]」
★「639 【スイーツ26】上六・天六・日本一ってナンじゃろか?」
★「1404 【やきそば139】青葉繁れる高津宮と『チーズざぶとん』」
★「1533 【スイーツ92】『パインアメ』を元祖大阪谷町で」
★「1596 【名物パン164】一頭地抜けた天才と『ソフトフレッシュ』・・谷町筋」

★「2290 【保存食品55】聖徳太子のお寺と『泉州水なす』・・天王寺」
★「2416 【名物パン284】生玉さんと彦八師匠と『マイケーキ』・・上本町」

★「2431 【今川焼き37】狛虎の居る神社と『茜丸の鯛焼き』・・上本町」

★「2507 【麺類色々214】真田幸村最期の地と『カレーきざみ』・・天王寺」
★「2601 【スイーツ210】上本町の青い山脈で『おふくアイスマック』を」

★「2659 【名物パン311】四天王寺の亀と『モカケーキ』・・天王寺

★「2889 【野菜果物99】宿坊ホテルで早朝座禅と『精進料理』を・・天王寺」
★「2921 【お米料理281】稽古も愉快な大阪で『カレーかつ丼』を・・阿倍野」

★「2962 【スイーツ249】大阪で一番危険な街と『パインアメのジャム』・・上本町」
★「3085 【スイーツ260】『りくろーおじさん』と史上最強の貴族の若君・・阿倍野」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(こんな呑気に暮らさせて貰ってるコトに、ホント感謝致しませんとネ)

四天王寺さんの境内をブラブラ通り抜け、JR天王寺駅の辺りまで出ましたら小腹が空きましたンで、駅すぐソバの大型SC「あべのキューズモール」へ。ココは東急ハンズ・109・イトーヨーカドー・ビックカメラ等の東京資本が結集した、大阪市内に於ける東京文化の牙城みたいなトコでして、如何に上方好きでもソレばかりだと胸焼けしますンで”息抜き”しに好んで訪れてますが、前々から気に成ってのがフードコートのミスタードーナツに併設された「アイスdeライオン」なるお店。ミスドが試験的に出店してるアイスクリーム屋で、全国でも数店しか無い中の一号店がココ。フツーにアイスを頼むコトも出来ますが、本業のドーナツと組み合わせたモノも有るから面白い。私ぁフレンチクルーラーを暖めたモノの上に、桜餅のアイス・イチゴのソースとコーンフレーク・ホイップクリームの組合せでお願いし、店員さんが大きなカップで出してくれたのを頂戴しましたが、まぁナンて過剰な甘さなのかしらん!以前の私メなら決して食べぬ一品ですが、闘病の徒然にすっかり好みが変わっちまったモノだから、男だてらにアッサリ完食。腹が膨れましたヨ




| 2018.04.08 Sunday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
3085 【スイーツ260】「りくろーおじさん」と史上最強の貴族の若君・・阿倍野

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

阿倍野区を南北に貫くあべの筋沿いに「北畠」と云う街が在りますが、コレは七百年ほど前の南北朝時代の青年武将・北畠顕家卿に因んだモノだとか。南朝方の切り札的存在で、太平記の悲劇のヒーローです

 

拙宅の在る都内を遠く離れ、大阪市南部をテクテク歩き廻る私メです。江戸前の寄席芸人なのに関西好きで、病気のドン底期は転地療養でコッチに遷ろうと考えた位ですが、生まれ育った東京も捨てがたくてネ。

 

だもんでジッと堪えて寛解に至りましたが、時々参って羨ましがってますヨ。特に羨ましいのは関西の歴史の蓄積で、開府からたかが四百数十年の東京とは全くケタ違いで、大阪でも歩くほどにソレを見付けちまう。

 

あべの筋沿いの「北畠公園」内に顕家卿のお墓が在りますが、ココに在った塚を江戸中期に「多分ソウだろう」と比定したモノで、実際は・・ですナ。ま、この辺りで二十一才で敗死されたのは確かな様ですケド

 

先日ご案内の住吉大社サマへ歩いて行く途中に、阿倍野区で発見したのが「北畠顕家卿のお墓」。南北朝時代に活躍した猛将ですが、このお方は武士じゃなく・・正二位の御位を賜ってた上級貴族の若様ですヨ。

 

鎌倉幕府は武士・貴族の両階層の不満爆発で倒されますが、ソレを主導したのが後醍醐帝。処が帝の専制に反発した足利尊氏公により室町幕府が立てられ、尊氏派(北朝)と後醍醐派(南朝)に別れて再び内戦に。

 

顕家卿のお墓のすぐ近くの「阿部王子神社」サマは、大和朝廷で重責を為した古代豪族・阿部氏の氏寺だったとか。ソレが熊野詣の遥拝所たる九十九王子の一つとして整備され、大阪で唯一現存してるそうナ

 

コレが南北朝で、今イチ馴染みの薄い時代ですが・・人の動きは実にダイナミック。敵が味方に成って再び敵に成ったりと離反が目まぐるしいだけじゃ無く、武将や軍勢が途轍もない距離の移動をしてるから面白い。

 

例えば北朝方の尊氏公は栃木から京都へ進み、一旦は九州まで逃げてから再び上洛し、何度か鎌倉まで攻め込んでる。一方、南朝方で一番凄かったのが、東北地方の平定の為に京都から派遣されてた顕家卿。

 

北畠界隈をテキトーに歩いてましたら、「万代(まんだい)池」と云う公園に出ましたヨ。聖徳太子サマが曼荼羅経を唱えてこの池の魔物を退治されたと云う伝承から、まんだら池が転じて万代池に成ったソウです

 

史上最年少の十二才で参議と成り、十五才で鎌倉幕府の残党討伐の為に東北へ遣わされて大活躍し、十七才で鎮守府将軍に。北朝方の離反後は、ソレを唯一抑えられるとされた南朝方のスーパーエリート!

 

十八才の時に京都へ攻め上って敵を蹴散らかし、再び東北へ向かったモノの北朝方が勢力を取り戻したンで、改めて大軍を率いて関西へ戻るコトに。ですが連戦連勝もココ迄で、阿倍野の決戦で敗死されてます。

 

武闘派の貴族は多いですが、コレほど強かった方は顕家卿だけで、しかも亡くなられた時は僅かに二十一才!南朝方はこの後ジリ貧と成りますが、もしも阿倍野で敗死され無けりゃ歴史はドウ変わったでしょうか。

 

顕家卿が東北から大軍を率いて攻め上がった時は、六百kmの距離を半月で駆け抜けたと言いますから日本史上、最も大変な強行軍だったとされてますヨ。コレを含めた南北朝の争いのダイナミックに比べると、戦国時代なんてご近所での闘いみたいなモン。そんな北畠界隈を駆け抜けるご近所の足は、最高時速四十kmの「阪堺電車(チン電)」。齢九十歳の国内最古の電車も有れば、数年前に導入されたばかりの最新式連接車も走ってたりと、実にバラエティに富んだ路面電車です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都千代田区皇居東御苑」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ASIAN GATEWAY」OSAKA−INFO 大阪観光局HP
★「大阪 あべの天王寺のニュースサイト」あべの天王寺なう!ブログ

★「阿倍野区の歴史・沿革」大阪市阿倍野区役所HP
★「阿倍野歴史スポットめぐり」ここまち!三菱UFJ不動産販売HP
★「いまさら聞けない『南北朝』とは何?」NAVERまとめHP
★「南朝を支えた無双の勇者・・北畠顕家の最期」今日は何の日?徒然日記ブログ

★「足利尊氏の最強のライバル 北畠顕家」pascalの城ある記ブログ

★「北畠顕家の墓 大阪市阿倍野区」日本人初の世界一周追跡調査と義経記・太平記の世界ブログ
★「大阪・阿倍野の鎮守の杜」安倍王子神社HP
★「安倍王子神社」神社探訪・狛犬見聞録HP
★「万代池公園
(大阪府大阪市)」PARKFUL HP
★「暮らしがある。未来がある。ずっと息づく軌道がある。」阪堺電車HP

★「大阪銘菓『焼きたてチーズケーキ』」りくろーおじさんの店HP
★「大阪名物!『りくろーおじさんの店』の焼きたてチーズケーキが恋しい」icotto HP


(関連する記事)
★「977 【お米料理69】日本一ノッポなビルと『他人丼』‥天王寺」
★「1344 【名物パン124】日本一の超高層ビルと『サンミー』‥阿部野橋」
★「1500 【スナック28】住吉大社で『トランプ』を‥大阪市」

★「1640 【名物パン172】間もなく開業!あべのハルカスと『ロマンスモア』」
★「2290 【保存食品55】聖徳太子のお寺と『泉州水なす』・・天王寺」

★「2291 【麺類色々197】大阪最強の下町で『昆布うどん』を・・鶴見橋」
★「2415 【揚げモン63】夜のハルカスと『KYKのヘレカツ』・・阿倍野」

★「2449 【スイーツ188】世界最大の古墳と『りくろーおじさんのチーズケーキ』・・堺市」

★「2507 【麺類色々214】真田幸村最期の地と『カレーきざみ』・・天王寺」
★「2599 【団子饅頭86】住吉大社で『関西の月見団子』を」

★「2629 【麺類色々219】秋晴れの長居公園で『関西だしワンタンメン』を」

★「2630 【名物パン307】夜のハルカスと『ヨンミーの新作』・・阿倍野」

★「2659 【名物パン311】四天王寺の亀と『モカケーキ』・・天王寺」

★「2723 【名物パン315】夜のあべので『たい焼き風あんパン』を」
★「2763 【スイーツ225】『りくろーおじさん』と朝の御堂筋ウォーク」

★「2889 【野菜果物99】宿坊ホテルで早朝座禅と『精進料理』を・・天王寺」
★「2920 【お米料理280】名門女子高で『学食のミンチマヨ丼』を・・文の里」

★「2921 【お米料理281】稽古も愉快な大阪で『カレーかつ丼』を・・阿倍野」
★「3036 【お鍋料理29】福の神と勘助さんと『市場のカス汁』・・浪速区」
★「3062 【揚げモン76】思いもよらぬ天野屋利兵衛と『玉子コロッケ』・・住吉大社」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(顕家卿と云えばドウしても、後藤久美子嬢の若き頃を思い出す私メ)

東京に有って大坂に無いモノは多いですが、大阪にしか無いモノって案外少ないンですよネ。ですがコレは絶対に大阪だけと言い切れるのは、難波が本店の焼きたてチーズケーキの「りくろーおじさんの店」ですナ。十数年前はブームに成って全国に似た様なモノを売る店が出来ましたが、所詮はやりは去り易いモノで・・東京でも一軒も無くなっちまった筈。処が昭和五十九年(1984)から焼き続けるりくろーおじさんは元祖ですから少しも揺らがず、大阪府内の十一店舗で営業し続けてますヨ。私ぁコレが呆れる位に大好きで、大阪へ移住を考えた理由の一つが「りくろーおじさんのフワフワのチーズケーキを毎日食べたい」だったりしますが、驚くコトに本社は北畠からほど近い西成区の千本北だとか。今回は二ホールも買って参りましたが、東京にも進出して呉れないかしらん?ソウ成ったら大阪へ参る理由が減っちゃいますケド




| 2018.03.18 Sunday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
3062 【揚げモン76】思いもよらぬ天野屋利兵衛と「玉子コロッケ」・・住吉大社

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

住吉大社の前を轟音を上げて走るのは、定期運行されてるモノとしては国内最古の「阪堺電軌モ162号」電車。昭和三年(1928)生まれだから、今年めでたく九十歳!冷房が無いンで、寒い時期だけ走ります

 

東京生れの東京の寄席芸人で有るクセに、又しても大阪へ参った私メです。そりゃ東京は気楽で居られますし、幾らでも楽しいコトの有るトコだから飽きませんが、一つ文化しか知らないと視野が狭く成りますゼ。

 

幸いにして日本は細長い国だから地域毎に色ンなコトが違いますが、先日は北海道と沖縄で五十℃も気温差が有ったとか。東京と大阪とじゃソコまで極端に違いは無いけれど、やっぱり違ってますから愉快ですナ。

 

だもんで大阪へ参る度に、ナニか面白いモン有るかナと目を配りつつ動き廻りますンで、普段の東京でのソレの何倍もの距離を歩いてしまうのが難点ですが、歴史が深い分だけ講釈師的に得るモノが多いですネ。

 

摂津国の一ノ宮「住吉大社」サマは、神功皇后さまが三韓征伐()された際の御創建とされてますンで、千八百年以上の歴史を重ねた古社。航海安全を司る神様で、昔は御本殿前に在る池まで海だったとか

 

さて天王寺から阪堺電車の線路沿いにテクテク南へ向かい、参りましたのは大阪で一番参拝客の多い住吉大社サマ。関東にゃ殆ど在りませんが、西国各地の海沿いを中心に沢山の支社の在る大きなお社ですヨ。

 

禊祓の神様でも有るンで、悪縁が切れます様にとお祈りしてから周囲をブラついてましたら、講談でお馴染みの赤穂義士の首魁・大石内蔵助サマのお墓が。はて?東京・高輪の泉岳寺さんにソレは在る筈ですが。

 

説明板を読みますと、もっと驚くコトが書いて有る。赤穂義士に武器を用意した為に大阪町奉行所で拷問に遭っても、頼み手の名を明かさず「天野屋利兵衛は男でござる」と啖呵を切った、義商に所縁のモノだとか。

 

時代ごとの権力者から手厚く庇護されて来たのが住吉大社で、名物の一つ「反橋」は豊臣秀頼公が寄進したモノだとか。古くから在る太鼓橋としては日本一の規模らしく、天と地を繋ぐ虹に擬えたモノだソウです

 

私メも義士外伝「天野屋利兵衛」を高座に時折掛けますが、如何に見て来た様なウソをつく講釈師でも、コレは言わずにゃ居られぬ「はて?」。天野屋利兵衛と云う御方は、お話の中だけの虚構の人物の筈ですナ。

 

​​

講談なんて九割が嘘とハッキリ申し上げますが、残り一割の真実に近い部分を如何に膨らませ、なるほどソウだったかと聴かせるかがブロの力量。その為にゃ出来うる限り、ホントの事を調べる必要が有りますヨ。

 

その上で嘘をつくのが講釈師。口から出任せじゃ無い、綿密に計算した芸としてだから御勘弁の程を。さて二百七十年ほど前の元禄年間、大坂の惣年寄(街の纏め役)に、天野屋利兵衛なる商人が居たのは事実。

 

全国に二千以上も有る住吉神社の総本宮だから、国宝に指定されてるご覧の御本殿をはじめ、国の重要文化財がウジャウジャと。飛鳥時代に遡る古い建築様式だソウで、当然乍ら海の方を向いて建ってます

 

ですが赤穂浅野家と全く関係の無いばかりか、義士討ち入りの七年前に大坂から追放され、商人を辞めて京都に移ってた御方。但しナゼ役職を罷免され、追放と云う重い処分を受けたのかが今イチ良く判らない。

 

ココに想像の付け入る隙が有った様。江戸での討ち入り直後から、「大坂もドウにか話に絡ませたい」と探した結果、本物の利兵衛さんが受けた処分を、義士の手助けをしたからだ・・と強引に繋げたンでしょうネ。

 

やがてソウとは知らぬ子孫が大坂へ戻り、「ウチのご先祖は凄かった」と顕彰する為に、義士の供養墓を建てたのか?確証無しの全く「見て来た様な」ですが、コレも一つの英雄願望かと深く考えちまった私メです。

 

住吉大社裏手の「金龍山一運寺」さんは聖徳太子サマ創建と伝わる古寺で、ナゼか境内に「寺坂吉右衛門」「大石内蔵助」「大石主税」と義士お三方の供養墓が在りますネ。利兵衛さんの御子孫が御自分の檀家寺に義士四十七士のお墓を建てたモノの、明治の廃仏毀釈でソコが廃寺と成り、義士の墓石を全て廃棄しようとした時に気の毒と、一運寺さんの御住職が辛うじてこの三つだけを持ち帰ったンだソウです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「大阪府大阪市西淀川区佃」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ASIAN GATEWAY」OSAKA−INFO 大阪観光局HP
★「住吉区観光スポット」大阪市住吉区役所HP
★「地域情報ポータルサイト」すみよしナビ・クローバーHP
★「暮らしがある。未来がある。ずっと息づく軌道がある。」阪堺電車HP
★「住吉大社と阪堺電車
(大阪府)」気ままな撮影紀行ブログ
★「御鎮座一八〇〇年」住吉大社HP
★「住吉反橋〜住吉大社の池に架かる巨大で優美な太鼓橋〜」なんだか知らないけど橋が好き!ブログ
★「【大阪・住吉大社の魅力】国宝本殿・太鼓橋・おもかる石・五大力の石探し等」NAVERまとめHP
★「住吉大社をゼロから学ぶ!初詣だけじゃない『すみよっさん』の歩き方!」大阪ルッチHP

★「『赤穂義士外伝〜天野屋利兵衛』あらすじ」講談るうむHP
★「なにわ大阪をつくった100人 天野屋利兵衛」関西・大阪21世紀協会HP
★「【浄土宗】一運寺
(大阪府大阪市住吉区)」三条かっぽのきまぐれBLOG〜かっぱの川流れ〜
★「古きよき老舗の味、新たな時代の味」洋食やろくHP
★「【関西の洋食】卵が主役の『玉子コロッケ』で80年!住吉の名店『洋食やろく』」News Walker HP


(関連する記事)
★「1500 【スナック28】住吉大社で『トランプ』を‥大阪市」

★「1761 【調味料類20】偉人ばかりの街で『パーポ―』・・堺市」
★「1762 【スナック40】環濠だった街と『あたり前田のクラッカー』・・堺市

★「2291 【麺類色々197】大阪最強の下町で『昆布うどん』を・・鶴見橋」

★「2449 【スイーツ188】世界最大の古墳と『りくろーおじさんのチーズケーキ』・・堺市」
★「2599 【団子饅頭86】住吉大社で『関西の月見団子』を」

★「2629 【麺類色々219】秋晴れの長居公園で『関西だしワンタンメン』を」

★「2920 【お米料理280】名門女子高で『学食のミンチマヨ丼』を・・文の里」
★「2921 【お米料理281】稽古も愉快な大阪で『カレーかつ丼』を・・阿倍野」
★「3036 【お鍋料理29】福の神と勘助さんと『市場のカス汁』・・浪速区」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(『講釈師見て来た様な』じゃ無く、『見て来た上で嘘をつき』ナンです)

天王寺から来た阪堺電車上町線と、新世界から来た阪堺線が合流する「住吉電停」のすぐ近くに、昭和十年(1935)創業の老舗洋食店「やろく」さんが在りますヨ。住吉大社門前町の名物として知られる「玉子コロッケ」のお店で、マッシュポテトは使わずに玉子だけなのに、エラク食べ応えのある不思議なクリームコロッケで、余りに美味しかったンでテイクアウトもしましたが、お宿まで持って帰るのが待ち切れず・・冷めたら勿体無いですから・・住吉大社サマの境内でばくっ!東京でこう云うの食べたコト無いですナ、コレだから大阪へ行くのは止められません




| 2018.02.21 Wednesday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS