きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2720 【お鍋料理24】八丁味噌の蔵と「鶏味噌鍋膳」・・岡崎

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

岡崎市中心街に在るのはJR東海道線「岡崎駅」じゃ無く、旧東海道沿いに線路を敷いた名古屋鉄道東岡崎駅(画像奥)」。勾配がキツくてSだっ国鉄はココを通れずに、やむなく城下町を回避した結果だとか

 

拙宅の在る東京を歩くだけじゃ無く、機会を見付けて方々へ出掛クテク廻る私メです。知ってる街も知らない街も、動けば動くほど「珍しいモン」を見付けられるンで・・好奇心回復からの心神再建に繋がりそう。

 

ついでに「美味しいモン」も見付けて参りますが、ソウは上手く問屋が卸しちゃ呉れぬ時も有り、幾ら歩いても珍しいモンの無い日や美味そうなモンの無い日も有りますヨ。酷い時は・・食べるトコの見付からぬ時も。

 

岡崎名物「八丁味噌」は、岡崎城から西に八丁(約800m)離れた「八村」で醸造されてたンで、ソウ呼ぶンだとか。ご覧の旧東道を挟んでからの味噌蔵が二つ在りますンで、ソレを見学しに行こまい!

 

中部地方の某所で先日そんな目に遭い、ソレでも何か食ねばと仕方無く、参りましたのは全国ドコにでも在る牛丼屋チェーン。私ぁ滅多にソコへ行かンから知りませんでしたが、地域限定のメニューが有るのネ。

 

ソリャ面白いと頼ンでみましたが、偶に食べると八丁味噌も美味く感じますナ私ぁ静岡市に昔住んでましたンで、お隣の愛知ほどじゃ無い・・馴染みが多少有りますヨ。そうだ、八丁味噌の故郷へ参りましょ。

 

同じ様な豆麹味噌は愛知県各地で製造されてますが、「八丁味噌」と乗って良いのは延元二年(1337)創業の「まるや」さんと、正保二年(1645)創業の「カクキュー」さんの二軒だけだとか。今回はまるやへ

 

てな訳で「行こまい行こまい」と訪ねましたのは、冷たい雨降る愛知・岡崎市。ヒマだからこそ為し得るフットワークの軽さで、気分は東海道を旅する旗本退屈男。「天下御免の向こう傷」早乙女主水之介サマですヨ。

 

時代劇の主人公だから架空の方ですが・・「退屈のお殿様」は大身の直参旗本だから、徳川将軍家と同じく御先祖様は岡崎辺りの設定だったのかも。だとすれば当然、八丁味噌を毎日お召し上がりに成ってた筈。

 

八丁味噌の原料は大豆と塩と水だけで、蒸した大豆から麹球を作り、ソレを樽の中に職人さん達が均して入れ、その上に積みして重し掛け、二夏二冬寝かして熟成させる・・ホンモノは手間が掛かりますナ

 

味は濃くても塩分はフツーの味噌より少ないソウで、徳川将軍家の天下取りの陣中食として愛用された、完璧とは云わないけどスゴイ健康食。また熟成・濃縮された大豆成分は、私メみたいな症状にも良いらしい。

 

ソレで呼ばれた様な気がしたンですかネ?熟成の為に二夏二冬寝かすと説明されましたが、私ぁ闘病で二夏三冬寝てる様なモンだから、そろそろ出荷作業に取り掛かりたいと、思わずに居られない味噌蔵でした。

 

まるやサンの蔵を見学させて貰い、身体に良さそうナ味噌製品を幾つか買い求めましたが、ついでだからとカクキューさんへも。但し時間の都合で蔵見学は無理でした・・まるやサンで長居し過ぎたナ。コチラの方が販路が広い様で良く見ますが、ドチラのも間違いなくホンモノです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「愛知県名古屋市北区名城」への訪問記です★


(参考リンク)
★「岡崎観光」岡崎市観光協会HP
★「岡崎観光の情報発信サイト」岡崎ナビHP
★「岡崎観光30選 絶対に訪れたい定番スポットから穴場まで一挙紹介!」KAUMO・HP
★「八丁味噌の魅力と美味しい食べ方」味噌専門ページbyピントルHP
★「八丁味噌がもたらした家康の天下統一」キリン食生活文化研究所HP
★「岡崎名物八丁味噌美味GUIDE」岡崎商工会議所HP

★「旧東海道を挟み、隣あって営業を続けています。」八丁味噌協同組合HP
★「創業延元二年
(一三三七年)」まるや八丁味噌HP
★「八丁味噌の造り方」まるや八丁味噌HP
★「退屈な不死鳥〜市川右太衛門と『旗本退屈男』〜」映画史探訪HP
★「匠味・健康・安全」吉野家HP
★「吉野家の地域限定メニュー『なごや鶏味噌鍋膳』を食べてきた」exciteニュースHP
★「地域限定、鶏味噌鍋膳はまさに名古屋の味噌煮込みうどん」かくてもあられけるよブログ


(関連する記事)
★「438 【呑みモン12】大岡越前守サマはお大名に成った」
★「480 【団子饅頭16】ザ・ルーツ・・徳川家の場合[松平郷篇」
★「481 【麺類色々24】天下取りはココから始まった・・岡崎」
★「482 【呑みモン14】徳川家康公、大樹寺で叱られる」
★「1210 【やきそば105】焼きそばと白しょうゆの街‥碧南」
★「1211 【野菜果物43】名門・吉良家の没落と『筆柿』‥西尾」
★「1781 【スイーツ118】池鯉鮒名物『大あんまき』・・知立」
★「1782 【やきそば187】天下取りの起点で『ぼてこ焼そば』・・安城」
★「1855 【名物パン205】『淡雪シベリヤ』と芭蕉翁・・藤川宿」
★「1856 【お米料理138】『どて煮丼』と面倒臭い三河武士・・岡崎」
★「2407 【名物パン283】抹茶の里で『抹茶メロンパン』を・・西尾」
★「2408 【お米料理213】童話作家の青春と『北京飯』・・安城」
★「2430 【保存食品61】悲劇の吉良サマと『おべんとうのおかず』・・吉良町」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(吉野家へ行くって、半年に一度有るかドウかってレベルの私メです)

詳しい事は知りませんが、吉野屋サンが牛丼以外のメニューとして、九州以外の全国を四つの地域に分けて「ご当地鍋膳」を出してるンだとか。その中で最も狭いエリア・・愛知・静岡・岐阜・三重の四県だけなのが「鶏味噌鍋膳」。八丁味噌を使った「みそ煮込みうどん」みたいなモノで、固形燃料で熱されグツグツ煮たって出て来ましたヨ。確かに八丁味噌に一番合うのは鶏肉ですから、ソレの不味い筈は無く・・生卵も頼めば良かったネ。ホント面白いモンをやってると、驚いた私メでした




| 2017.01.24 Tuesday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
2589 【お肉料理94】天空の観音様と「燻製うずら卵」・・豊橋

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

全国に「岩谷観音」や「岩屋観音」と呼ばれるお寺は結構在りますが、コチラは行基法師が天平二年(730)に創建されたと伝えられる、旧海道・二川宿の「岩屋観音」亀見山大岩寺さん。何だか呼ばれた様な

 

東京での闘病生活に疲れ果て、両親が定年帰郷した静岡県西部(遠州地方)の国府の街・磐田市へ、気分転換の心算で参った私メです。尤もジッとしちゃ居られずに、東京に居る時以上にブラブラしてましたけど。

 

さて列車で東京と上方を往来する時、静岡市で育った私メは富士山がナニより好きナンで、指定席は海側じゃ無く山側を絶対にとりますが、富士山麓を過ぎた新幹線が浜名湖を渡ると、いつも気になるモノが在る。

 

お判り戴けますか?大岩寺さんの裏のゴツゴツした岩山の頂上に「仏像らしきモノ」が立って居られるのが!列車の窓からもコレが見えますンで、私ぁずっと気に成ってたのヨ。折角だから、岩山を登りましょうか

 

場所は静岡と愛知の県境を過ぎたトコで、小高い岩山の上にナニや仏像らしきモノが立ってるンですヨ。ですが超高速で駆け抜ける列車コトで、確認する間も無く車窓から消えてっちまう・・アリャ何だろうか?

 

ですが服薬治療の副作用で記憶能力が殆ど壊滅し、何ゴトも直ぐに忘れちまう私メ。だからこの疑問は脳に定着せず、通る度に不思議がっ忘れ去るの繰り返し。毎回新鮮な驚きですが、ソレじゃ進歩が無い。

 

東海道新幹線と東海道本線、国道一号線と旧東海道を見下ろす岩山に立って居られるのが、背丈三mほどの聖観音像。行基法師が彫られた初代の十倍ほどの大きさで、現在のソレは戦後建てられたモノです

 

勿論今回も覚えてた訳じゃ無く、豊橋辺りに遊びに行こうかと国道一号線を、実家で借りた車で県境を越して走ってたら・・岩山の上の仏像らしきモノに気が付いただけ。長年のモヤモヤを解消する良い機会ですヨ。

 

行ってみれば観音様で、岡山藩主・池田家に深く崇拝されたトコなんだとか。参勤交代で東海道を行き来した池田家は、県境の静岡側の白須賀宿にお泊りに。処がその晩、殿様の夢枕に観音様が立たれたとか。

 

岩山から東の方を眺めましたが、宝永地震(M8.4)の大津波で丘の向こうの白須賀宿は呑み込まれても、海抜がチョット高い二川宿(の丘の麓)はナンとか免れ、池田家はコチラの観音様を崇拝するコトに

 

曰く「コレから大地震と津波が起きるから、海沿いの白須賀宿から急いで逃れよ」。コリャ大変と急ぎ行列を組み、峠を越えて西隣りの二川宿に入った途端に大きな揺れ。驚き見上げりゃ、岩山の上に観音様が!

 

調べると岡山へ移る前、豊橋城主だった頃の池田家が再興させた岩屋観音で、だから救って呉れたのか・・講談みたいなお話ネ。ヒョッとしたら講釈師の私メを病気から救おうと、呼んで呉れたのかも知れませんナ。

 

豊橋まで行くと完全に西日本文化圏で、東日本育ちの私メにゃアウェイ感が強くて面白いンですが、ソコを走る豊橋鉄道の路面電車にゃ良く見知った顔が!拙宅近くを走る都電荒川線から移った古い電車が、ココじゃ元気に走ってる・・多少改造はされてますが、嬉しく成りますヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県浜松市北区三ヶ日町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ええじゃないか豊橋」豊橋観光コンベンション協会HP
★「ええじゃないか豊橋」豊橋市役所シティープロモーション課HP
★「穂っとネット東三河」東三河県庁・愛知県庁HP
★「観音様が目印の東海道の要所です!『二川宿』ぶらり散歩♪」Find Travel HP
★「岩屋観音」I LOVE 豊橋・豊橋青年会議所HP
★「岩屋観音」日本すきま漫遊記HP
★「後楽園を造営した池田綱政」岡山藩主〜後楽園・岡山城の成り立ち〜HP
★「豊橋の歴史と共に。クリーン・ツーリズムがつなぐ文化と笑顔」豊橋鉄道・豊鉄市内線HP
★「とよはし物語館 市電とともに歩むまち」豊橋市役所HP
★「日本唯一のうずら卵専門農協」豊橋うずら農協HP
★「豊橋のうずら」豊橋うずら農協HP
★「うずら卵のくんせい」豊橋うずら農協HP


(関連する記事)
★「540 【麺類色々27】豊橋だったらポンポコラーメン」
★「1040 【麺類色々62】昔の残る二川宿と『にかけうどん』‥豊橋」
★「1202 【名物パン104】豊橋名物『デセール』『チーズ』と吉田城」
★「1203 【名物パン105】豊川名物『たけの子パン』とお狐サマ」
★「1622 【名物パン169】路面電車と『ミルクシャーベットロール』・・豊橋」
★「1703 【スイーツ111】豊橋名産『ブラックサンダー』は台湾で大ブーム中!」
★「1726 【お魚料理90】東三河名物『いわし玉』と長篠の合戦・・新城」

★「1750 【団子饅頭59】日本最初の柏餅『勝和餅』・・白須賀」

★「1783 【調味料類21】代替ガソリンと『赤だし味噌』・・御油赤坂」
★「1854 【名物パン204】フランスパンでえぇじゃないか‥豊橋」
★「2015 【お米料理159】東三河の中心・豊橋で『なめし田楽』を」
★「2204 【麺類色々189】なぞの穂の国と『あんかけスパ』・・豊橋」
★「2249 【スイーツ172】『デセール』と今川義元公の墓・・豊川」
★「2250 【お魚料理103】豊橋名物『路面電車』と『いわし玉』、再び」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(岡山藩主・池田綱政公を救った観音様は、戦時供出させられたとか)

余り知られて無い事実ですが、愛知・豊橋市は「うずら卵の生産」で全国シェアの六割を占める、日本一の大産地だったりしますヨ。その為にうずら専門の農協まで在ったりしますが、毎日産み出される二百五十万の卵の中で生食用のは約六割で、残りは茹でて皮むきして水煮卵として出荷されてるそうナ。ですが豊橋に行けば燻製卵も売られてまして、お酒のつまみに持って来いナンですヨ・・って、服薬の為に絶対禁酒の続く私メが言っても説得力無いですがネ。最短でも年内一杯は酒類一切の禁止は続く様で、段々お酒の味を忘れて来てます。悲しいナ




| 2016.08.30 Tuesday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
2430 【保存食品61】悲劇の吉良サマと「おべんとうのおかず」・・吉良町

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

吉良上野介義央サマの国元での菩提寺は、吉良町の「片岡山華蔵寺(へんこうざんけぞうじ)」。一旦没落した名門・吉良家が江戸幕府の高家旗本として復活した、慶長五年(1600)に創建された臨済禅寺です

初めから謝罪で恐縮ですが、吉良サマ申し訳ございません。我々講釈師は元禄十四年(1702)の「元禄赤穂事件」発生以来、三百年以上の長きに渡り、貴方サマを「極悪非道の卑劣漢」として扱って参りました。

逆に貴方サマに江戸城内で斬り付けた暴漢・浅野内匠頭長矩を「悲劇の人」と決めつけ、また御屋敷に乱入して貴方サマの御命を奪った大石内蔵助ら無法者共を、「天晴忠義の武士達」と褒め称えて参りましたヨ。


上野介サマのお墓は東京・東中野の萬昌院功運寺に在りますが、吉良町は吉良家代々の領地だっただけに、華蔵寺サンにも当然の様にお墓が在りますナ。コチラのお墓にも、心よりお詫びしてきた私メです

お客さまの関心にお応え出来る様、判り易く勧善懲悪の一席を申し上げるのが稼業なれども、最高裁の判事でも無いのに「悪いのは吉良上野介」と勝手に断罪して来た、古今東西全ての講釈師は万死に値します。

今更泣いてお詫びしても始まりませんが、精一杯の償いをしますンで、どうか許して下さい・・と思わずに居れなかったのが、愛知・西尾市吉良町の華蔵寺へ久しぶりに参り、吉良上野介サマのお墓を詣でたから。


上野介サマを「悪人じゃ無い」と懸命に弁護した、大小説家が二人居られますヨ。お一人は吉良邸の在った、東京・両国で育った芥川龍之介センセ。そしてもうお一人が、吉良町ご出身の尾崎士郎センセですゼ

我々講釈師は高座の上で日頃、如何にもソレらしく「見て来た様な」お噂を口演致して居りますが、その殆どは虚構で滑稽無糖な筋立てばかり。でも虚構を組み立てる為にゃ、或る程度の事実を知っておかねば。

だから歴史資料を調べ上げ、場合によっては一次文献まで読み込んだりして・・ソレなりに納得した上で、嘘を嘘と承知して真実っぽく話す訳ですナ。だから敢えて言う、吉良サマは悪くない!完全な被害者ですネ。


吉良家は室町幕府・足利将軍家のご分家で、元々は徳川家の主人筋に当る大名門!水害に困ってた吉良町を救う為に上野介サマが、私費を投じて造った「黄金堤」は今も残り、名君と崇め立てられてますネ

講談や歌舞伎・小説等で「吉良の悪事」とされてるモノの殆どは、当時の常識や状況を鑑みると・・殆ど言いがかりみたいなモンで、ソレが事実ならば・・赤穂の家来に討ち入られる前に、お取り潰しに成ってた筈。

むしろ最初に斬り付けた浅野サマを糾弾すべきナンですが、真相より思い込みの方が勝る場合が多いのは、今も昔も変わりませんナ。古典は今更変えられませんが、吉良サマ弁護の新作・・需要は有りますかネ?



吉良と云う名前は、古代からココで取れた特産の「雲母(きらら)」に由来するンだとか。また吉良町は温泉地でも有りまして、三河湾沿いに観光ホテル等が集まってますナ。因みに米ハワイ州から正式な許可を取り、温泉地前の海岸を「吉良ワイキキビーチ」と呼ぶ様ですが、冬の黄昏は本場ハワイでも・・やっぱり風寒いンでしょうか?凍えそうです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日から更新を暫く休ませて戴きます、申し訳ございません★


(参考リンク)
★「歴史と文化の薫る抹茶の里、西尾へようこそ」西尾市観光協会HP
★「こころ、潤う。」吉良温泉観光組合HP
★「吉良歴史さんぽ」西尾市観光協会HP
★「吉良上野介を巡る旅」西尾市観光協会HP
★「知ると面白い!愛知県西尾・吉良上野介の菩提寺とゆかりの場所を巡る旅」たびねすHP
★「吉良町吉良家墓所 華蔵寺」愛知限定 歴史レポ・ブログ
★「冤罪を晴らして!」ひようすけの写真俳句ブログ
★「私は吉良上野介擁護派だ!忠臣蔵の真実について考える」徒然草現代版by Vamos ブログ
★「反骨の村に生まれ (尾崎士郎)」馬込文学マラソン・ブログ
★「おべんとうのおかず」缶詰まにあくすブログ
★「はごろものおべなとうのおかず」ぷ〜のなんくるないさ〜ブログ


(関連する記事)
★「021 【お米料理01】どう考えたって浅野の方が悪い・・ような」
★「022 吉良さまにだって言い分はある・・でしょ」
★「023 NTTさん、あんた洒落がキツイって!」
★「1201 【名物パン103】竹島に上陸して「うずまきパン」を食べた男‥蒲郡」
★「1211 【野菜果物43】名門・吉良家の没落と『筆柿』‥西尾」
★「1469 【麺類色々103】『蒲郡ブラックラーメン』と瀬戸内みたいな海」
★「1856 【お米料理138】『どて煮丼』と面倒臭い三河武士・・岡崎」
★「1880 【お肉料理58】吉良さまの御墓所と『鉄板麺』・・東中野」
★「2367 【団子饅頭74】赤穂義士最期の地で『豆大福』を・・高輪台」
★「2407 【名物パン283】抹茶の里で『抹茶メロンパン』を・・西尾」
★「2429 【煎餅お餅25】真冬のヨットハーバーで『えびせんべい』・・蒲郡」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(もちろん赤穂や高輪へ参ったら、意見がコロッと変るンですが・・ネ)

吉良町の郷土料理と云えば「箱ずし」ですが、このブログ旅日記を始めた直後にご紹介してまして・・他にナニも思い浮かばなかったンで、愛知県内でしか見たコトの無い缶詰「おべんとうのおかず」を。鯖入りの魚肉野菜煮の缶詰で、昆布巻き・京がんも・筍・こんにゃく・大豆が甘辛く煮られて入ってますヨ。味が濃いンでご飯は進むでしょうが、お弁当に入れるには汁気が多過ぎる様な・・。はごろも缶詰サンは静岡の会社なのに、静岡じゃ見た記憶が無い様な・・私ぁ静岡育ちなのに




| 2016.02.19 Friday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
2429 【煎餅お餅25】真冬のヨットハーバーで「えびせんべい」を・・蒲郡
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR東海道線の車窓から海が見えるのは五ヶ所だけだソウですが、その一つ・蒲郡市の三河大塚駅近くの埋立て地に在るのが「ラグーナテンボス」。長崎・佐世保の「ハウステンボス」の姉妹施設に成ったとか

暖冬の東京を後に、気候がより温暖な愛知県東部の蒲郡(がまごおり)市へ参った私メです。内海の三河湾に面し、東海地方じゃソレなりに有名な温泉場が幾つも在る街で、昔は避寒地として賑わったトコですナ。

私メみたいな心神再建を目指して懸命に藻掻いてる輩は、東京みたいな喧しいトコじゃ無く、蒲郡みたいに温暖で静かな温泉地でノンビリ養生する方が良いンでしょうが、ソウは問屋が上手く卸して呉れませんゼ。

何より大好きな寄席の高座が待ってて呉れてますし、長期の転地療養を支えて下さる御贔屓様も見付かりませんし、誠に失礼ながら・・静か過ぎて直ぐに飽きちゃうでしょうしネ。悲しい位に私ぁ「街のネズミ」ですヨ。

ですが偶に参ると目新しく、三河湾の細波を眺めつつユックリ日向ぼっこしようかと思いましたが、如何に温暖と云っても季節は真冬!潮風が寒くて冷たくて、耳が千切れるかと思う様。陽射しはタップリなのにネ。


バブル期に大話題に成った「ヨットのアメリカ杯」。ソレに参加した日本チームの本拠地が蒲郡で、東海地方最大級のヨットマリーナもラグーナテンボス内に。流石に強風過ぎて、出航してる艇は無かったですナ

スッカリ宛てが外れて仕方無く、寒さ凌ぎに向いましたのは「ラグーナ蒲郡」なるリゾート施設。処が佇まいは同じなのに、名前が「ラグーナテンボス」に成ってる・・ドウやら一昨年、HISに買収されて変わったらしい。

何しろバブルは既に崩壊し、廃墟化したリゾート施設が続出してた平成十三年(2001)に開業と云う、大胆極まるトコでしたから・・乾いた雑巾を更に絞るンで有名なトヨタ自動車が付いて尚、経営は大変だった様。

ソコで餅は餅屋に頼みましょ。ハウステンボスを再建させたHISに任せた方が良かろうてぇコトに成ったンでしょうが、久しぶりに訪ねたラグーナ蒲郡・・じゃ無くてテンボスは、佐世保のソレと雰囲気が違い過ぎる!

施設の随分充実した「巨大な道の駅」と云った塩梅で、強風の館外を歩く物好きは私メ位でしたが、地元客()を中心に館内は結構賑わってましたヨ。今度は風の穏やかな日に、日向ぼっこしに訪ねたいモノです。


蒲郡温泉郷の中核「三谷(みや)温泉」から、三河湾越しに渥美半島を眺めて見ました。瀬戸内海を思わせる様な実にキレイな風景で、ココでノンビリ長期療養しちまいたい位ですが、冬の蒲郡は強風が多いトコらしく・・。ソウ云えば数年前、ココの沖合に浮かぶ「竹島」へ上陸作戦()を敢行した時も、酷い寒風で身体が凍えたのを思い出しました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛知県西尾市吉良町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「観光交流立市がまごおり」蒲郡市観光協会HP
★「東海地方随一の温泉天国。」三谷温泉観光協会HP
★「蒲郡の観光情報サイト」蒲郡なびHP
★「愛知県の温泉街!蒲郡の定番&穴場の観光スポット10選」Find Travel HP
★「LAGUNA TEN BOSCH」ラグーナテンボスHP
★「ハウステンボスを再生させたHIS沢田秀雄会長 愛知『ラグーナ蒲郡』を買収し、『次の一手』に挑む」J−CASTニュースHP
★「不可能と言われた過ぎwww経営難のラグーナ蒲郡再建成るか!?」独り言ニュース・ブログ
★「中部地区最大のマリーナで、快適なマリンライフを。」ラグーナマリーナHP
★「ラグーナテンボス
(ラグーナ蒲郡) 『おさかな市場』」フーちゃんのカメラウォッチング・ブログ
★「えびせんべいの一色屋」一色屋HP
★「一色屋えびせんべい工房」蒲郡Fan・HP

(関連する記事)

★「481 【麺類色々24】天下取りはココから始まった・・岡崎」
★「482 【呑みモン14】徳川家康公、大樹寺で叱られる」
★「1201 【名物パン103】竹島に上陸して「うずまきパン」を食べた男‥蒲郡」
★「1211 【野菜果物43】名門・吉良家の没落と『筆柿』‥西尾」
★「1469 【麺類色々103】『蒲郡ブラックラーメン』と瀬戸内みたいな海」
★「1855 【名物パン205】『淡雪シベリヤ』と芭蕉翁・・藤川宿」
★「1856 【お米料理138】『どて煮丼』と面倒臭い三河武士・・岡崎」
★「2250 【お魚料理103】豊橋名物『路面電車』と『いわし玉』、再び」
★「2407 【名物パン283】抹茶の里で『抹茶メロンパン』を・・西尾」
★「2408 【お米料理214】童話作家の青春と『北京飯』・・安城

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(確かに太平洋岸なのに、三河湾って瀬戸内と獲れる魚がソックリ・・)

ソレにしても愛知県って、ホント「えびせんべい」が好きですナ。方々に製造直売のメーカーが在り、試食し放題の直売店に行くだけでお腹が膨れちゃいますが、ラグーナテンボスの中にも当然ソレは在り、地元の一色屋サンが出店してましたヨ。「えびせん」だけじゃ無く、「いかせん」や「たこせん」やらイロイロ有って・・もぅ目移りしてドレを買えば良いのやら?さんざ悩んで・・画像のコレ以外にも沢山買っちまいました



| 2016.02.18 Thursday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
2408 【お米料理213】童話作家の青春と「北京飯」・・安城
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

東海道新幹線の駅の中で、乗降客が一番少ないと思われるのが「三河安城駅」。在来線と乗り換え出来ますが、ソッチは快速が通過しちまう位で・・。ま、北海道新幹線に比べりゃ遥かに乗降客は多いですケド

減薬治療の開始を前に、愛知県中部の西三河地方を旅する私メです。近くクリニックに参りますンで、敬愛するドクターの診察次第ですが、減薬への再挑戦と成る筈。薬量を元に戻してから、随分安定してるンで。

相性の良い薬に運良く巡り合い、その効能で最悪期を脱しましたンで感謝はしますが、記憶力と思考力は果てしなく悪く成りましたし、猛烈に痩せたのも多分な影響が有った筈。加えて集中力がエラク落ちましたネ。


街の中心は快速の停まるJR東海道本線・安城駅で、駅近くにご覧のウォールペイントだらけの倉庫が!安城ゆかりの童話作家・新美南吉センセに因んだモノで、駅前商店街のアチコチに壁絵が施されてます

特に「本が全く読めなく成った」のが困りましたネ。私メら講釈師は「見て来た様な嘘をつき」等と申しますが、全くの出鱈目を高座で申し上げてる訳じゃ無く、資料を沢山読み、理解した上で大袈裟に語ってますナ。

ソレは歴史的なモノに限らず、手当たり次第に本を読んで広く浅く知識を身に着け、ソレを基盤に専門書まで手を出してた私メですが、何しろ集中力が続かず、薄い文庫本ですら読み切れない。新聞だって辛い。


新見南吉センセは教師として「安城高等女学校(現:県立安城高校)」に昭和十三年(1938)から四年間赴任され、その間に童話作家としてデビューされたとか。上画像の倉庫は、七作品のシーンが描かれてます

Webページも同じで、折角興味を持って開けたとしても「文字だらけ」だと「コリャ駄目だ」と閉めちまうコトの連続。もはや子供も同然の有様で、写真やイラストが多く入ってませんと・・とてもとても読み切れませんヨ。

読むだけじゃ無く、書く方も長文は大変で・・発病前の様に新作講談を作るのは難しい。だって資料が読み込めない以上、ストーリーを考えるなんて無理だもの。このブログ旅日記を書くのが、今の私メにゃ限界。


ウォールペイントだけじゃ無く、安城はマンホールまで南吉センセの作品!ならばと南吉センセの代表作「ごんぎつね」を探してみましたが、チョット見当たりませんで・・。再訪出来たら、改めて探してみたいです

勿論コレだとて容易じゃ無いですが、如何に乱文ばかりだろうと、筆耕を続けねば思考力は落ちる一方と、歯を食い縛って書き続けてます。減薬に入ったら、集中力等はより酷く成るでしょう。でもソレは、暫しの我慢。

だから難しいコト考えるのは止めにして、新美南吉センセの童話でも読んで過ごしましょうか。子供の頃に読んでた南吉センセの作品に、たまたま訪ねた安城市で再会し、今の私メにゃ頃合いだと考えた旅でした。


南吉センセは童話作家に成る前から結核病みで、その為に僅か二十九歳で夭折されてますが、短い人生で一番充実してたのが安城時代だったとか。良き教師として女学校の生徒たちに慕われ、また作家として将来を期待され、いわば青春時期を安城で過ごされたンでしょうナ。南吉センセに比べれば生命の危機が無い分だけ、私メの病気ナンて屁みたいなモンで、負けちゃ成らぬと改めて闘志を燃やすばかりです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都豊島区池袋」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ぶらっと安城探訪」安城市観光協会HP
★「安城まちなか情報館」安城スタイルHP
★「新美南吉 特集」underZero HP
★「南吉が青春を過ごしたまち 安城」ぶらっと安城探訪HP
★「南吉ウォールペイント」安城市役所HP
★「安城市 南吉ウォールペイントを巡る」みかわこまちHP
★「JR安城駅(愛知県)の周辺に、新美南吉の壁画ができていた」新米パパの小さな発見手帳ブログ
★「北京本店」ローカルプレイスHP
★「愛知県安城市でこよなく愛されているB級グルメ、『北京飯』が非常に美味い!」NAVERまとめHP
★「西三河のおすすめランチ第13弾(安城) 北京本店」とことん西三河ブログ

(関連する記事)

★「129 【団子饅頭03】ミツカンのカンは『環』の字らしい」
★「438 【呑みモン12】大岡越前守サマはお大名に成った」
★「480 【団子饅頭16】ザ・ルーツ・・徳川家の場合[松平郷篇」
★「481 【麺類色々24】天下取りはココから始まった・・岡崎」
★「482 【呑みモン14】徳川家康公、大樹寺で叱られる」
★「1210 【やきそば105】焼きそばと白しょうゆの街‥碧南」
★「1211 【野菜果物43】名門・吉良家の没落と『筆柿』‥西尾」
★「1781 【スイーツ118】池鯉鮒名物『大あんまき』・・知立」
★「1782 【やきそば187】天下取りの起点で『ぼてこ焼そば』・・安城」
★「1855 【名物パン205】『淡雪シベリヤ』と芭蕉翁・・藤川宿」
★「1856 【お米料理138】『どて煮丼』と面倒臭い三河武士・・岡崎」
★「2407 【名物パン283】抹茶の里で『抹茶メロンパン』を・・西尾

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(童話もたまに読んでみると良いモノですナ、何しろ難しく無いからネ)


乗降客が少なく、至ってガラーンとした三河安城駅前で一際賑わってたのが、安城名物の「北京飯(ぺきんはん)」の北京本店さん。中華料理のお店でフツーの中華も有りますが、看板メニューの北京飯はとろとろ玉子丼に豚の天ぷらを載せたモノで、実に濃厚な味わいが大人気。少しでも多く食べないと私ぁ太れませんので、豚天六枚載せのデラックス北京飯を食べてみましたが、コレだったら毎週でも食べたい位でしたヨ



| 2016.01.27 Wednesday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
2407 【名物パン283】抹茶の里で「抹茶メロンパン」を・・西尾
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

大給松平家六万石の居城「西尾城」は、鎌倉時代に足利義氏公(足利家三代、室町幕府を開いた尊氏公は足利家八代)が創建したと伝えられる古いお城。復元天守を中心に、歴史公園として整備されてますヨ

ココ数年、旅先でお宿が取り辛くて困りますナ。そりゃ勿論「訪日外国人旅行者の増加」によるモノで、格安なトコから高級なトコまで等しく埋まってて、やむなく目的地から結構離れたトコに泊まらざろう得ないコトも。

私メの様に旅の多いモンにゃ切実な問題ですが、いずれ解決されるだろうと楽観してますネ。外国人旅行者の増加が継続的なモノなら宿泊施設が増えるでしょうし、一過性のモノなら空き部屋がコレから増える筈。

ドコの国のお方でも「日本でステキな思い出を作って欲しい」と思いますし、同時に「ドンドン外貨を落してって」と思ってますが、ココ数年「抹茶」を使った御菓子類がお土産として人気だとか。抹茶チョコとかですナ。

如何にも和風の味わいで、しかも健康的なイメージが受けた様。「キットカット抹茶味」が最初だったと聞きますが、愛知・西尾市は抹茶の原料の「碾茶(てんちゃ)」の大産地。首位を京都・和束町と毎年争ってる。


城下町だった雰囲気の薄い西尾ですが、古い街だけ有って面白いトコが!ソレが文久元年(1861)創業の味噌蔵「はとや」さんの「みそぱーく」で、見学できる仕込蔵や味噌料理レストラン・・三河は豆味噌ですヨ

お好きな方にゃ叱られますが、同じ茶道でも私ぁ抹茶道が苦手でして・・煎茶道は大好きナンですがネ。昔、京都で「正客席」にいきなり座らされて大恥かいたのがトラウマと化し、抹茶を飲むとソレを思い出しちまう。

タダでさえ心神の不安定で苦しむ私メ。ストレッサーへの対処は正面から玉砕覚悟で徹底的に激突するか、大人しく尻尾を巻いて逃げ出すかしか無く、別の玉砕戦を控える以上、抹茶に関しては尻尾を巻きましょ。

尤も心神崩壊からの再建の過程で、私ぁ味の好みが大分変りまして、昔ほどお抹茶がキライじゃ無く成ったのも有りますナ。何より甘いモン好きに変貌し、ソレを目当てにお抹茶を飲んだり・・全く動機が不純です。

ただ碾茶の生産量の三倍以上の抹茶が市場に出回ってるソウで、玉露と同様ドコまで信用して良いやら?勿論ブランド化した「西尾の抹茶」なら大丈夫の筈で、外国人旅行者にはコッチを味わって欲しいモノです。



「三河の小京都」と称しながら、ソレっぽさが余り感じられない西尾市街地で、城下町の面影を強く感じさせて呉れたのが「順海町通り」。ドウやらこの辺りは寺町だった様で、今でも幾つかのお寺サンが残り、石垣と板塀が続いて好ましい雰囲気。ココら辺が「小京都」でしょうか

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛知県安城市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「歴史と文化の薫る抹茶の里、西尾へようこそ」西尾市観光協会HP
★「こちら西尾の情報局」プリ・テックHP

★「Miso Entertainment みそぱーく」はと屋HP
★「味噌を学んで食べて造る♪誰と行っても楽しい、老舗味噌醸造店が運営する『みそぱーく』へ行こう!」Find Travel HP
★「愛知県西尾城 二の丸天守台が完成!」あの戦国の現場へ行こう!ブログ
★「抹茶生産量日本一の西尾市内は板に囲まれた空間の続く街並みがありました」世界遺産と日本/世界の町並みブログ
★「西尾の抹茶」西尾茶協同組合HP
★「抹茶って愛知で作ってるの?特許庁も認めた地域ブランド『西尾の抹茶』とは」NAVERまとめHP
★「お茶百科 抹茶・てん茶」伊藤園HP
★「『正客(しようきゃく)』について」茶道教室の日常ブログ
★「外国人の超一番人気のお菓子は抹茶味【『マッチャ、マッチャ』と大人買い】」NAVERまとめHP
★「【ビジネスの裏側】『マッチャ、マッチャ』と訪日外国人が大人買い・・免税対象拡大で抹茶菓子市場は右肩上がり」産経WEST・HP
★「蔵出し抹茶シリーズ」第一屋製パンHP
★「第一パン 蔵出し抹茶チョコラ」毎朝食菓子パンです!YUNの実食レポート・ブログ
★「蔵出し抹茶メロンパン」パンLOVE毎日パン生活ブログ
★「西尾抹茶メロンパン」パンLOVE毎日パン生活ブログ

(関連する記事)

★「438 【呑みモン12】大岡越前守サマはお大名に成った」
★「480 【団子饅頭16】ザ・ルーツ・・徳川家の場合[松平郷篇」
★「481 【麺類色々24】天下取りはココから始まった・・岡崎」
★「482 【呑みモン14】徳川家康公、大樹寺で叱られる」
★「1019 【お米料理72】隠元禅師と煎茶道と『衣笠丼』」
★「1201 【名物パン103】竹島に上陸して『うずまきパン』を食べた男‥蒲郡」
★「1211 【野菜果物43】名門・吉良家の没落と『筆柿』‥西尾」
★「1469 【麺類色々103】『蒲郡ブラックラーメン』と瀬戸内みたいな海」
★「1782 【やきそば187】天下取りの起点で『ぼてこ焼そば』・・安城」
★「1783 【調味料類21】代替ガソリンと『赤だし味噌』・・御油赤坂」
★「1855 【名物パン205】『淡雪シベリヤ』と芭蕉翁・・藤川宿」
★「1856 【お米料理138】『どて煮丼』と面倒臭い三河武士・・岡崎」
★「2239 【呑みモン59】茶道の総本山と『ウス茶糖』・・護国寺

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ハーゲンダッツの抹茶アイスは、『西尾の抹茶』を使用してるとか)


闘病で味の好みが変わるまで抹茶が苦手だったコトも有り、抹茶の菓子パンって殆ど興味が無かったンですが、チョット探しただけで「西尾の抹茶」を用いたソレが三つも在りましたヨ。東京の第一パンはレギュラー化してる様で、メロンパンは中身のクリームも表面のビスケット生地も「実にお抹茶!」てな感じでしたし、チョコラの方も抹茶チョコたっぷりで「実にお抹茶!」としか言えぬ程、実に濃いぃお味。一方、地元愛知のフジパン「西尾抹茶メロンパン」は・・抹茶感が薄い!抹茶っぽいフツーのメロンパンとしか言い様が無く、地元がソレで良いのかナ?



| 2016.01.26 Tuesday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
2250 【お魚料理103】豊橋名物「路面電車」と「いわし玉」、再び

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

JR豊橋駅前は新幹線だって停まるのに、郊外の大規模SCに敗れて日中は閑散としてますヨ。「片側三車線+併用軌道」と広大な駅前大通りもご覧の有様で、路面電車のガタガタ音だけが響き渡ってました

私メの住む東京・城北にゃ、「世界中のモンが何でも沢山揃ってる大東京」で二つしか無いモノの片方が在りますヨ。ソレは路面電車の都電荒川線で、もう一つは城南を走る東急世田谷線。唯二つだけの存在だ。

拙宅から荒川線の電停は歩いて約十五分と近いンで、私メにゃ実に親しい存在。地下鉄やフツーの電車と違ってノロいから、急ぎの用にゃ使えませんが、路面電車は路面電車なりの楽しみと風情が有って・・ネ。

尤も乗るよりは、軌道沿いを歩く方が多い最近ですが、ガタガタ揺れながら懸命に走る電車を見ると、思わず手を振りたく成る。特に古い車両が唸り声を上げて坂を登ってる時なんて、後ろから押したく成りますヨ。

調子がもう少し良く成ったら、一日切符でも買ってノンビリ揺られたいですナ。ま、今は慌てず青空療法に勤しんで、軌道沿いをテクテク歩くコトに専念しますが。因みに一日切符はたったの四百円!御利用下さい。


都庁がバックの荒川線と違い、豊橋鉄道は赤字私鉄だからドッカから来た中古車両ばかり。画像の車両は岐阜市から来たモノで、荒川線から移籍した電車だって走ってる。懸命に「街の象徴」として残してますヨ

同じ四百円で一日乗れるのが、今回訪ねた愛知・豊橋市の路面電車。専ら「市電」と呼ばれてますが豊橋市が運営してる訳じゃ無く、豊橋鉄道と云う私鉄が走らせてます。「市内電車」の略で、都電とは違いますナ。

ですが豊橋市の力の入れ具合は大変で、市役所最上階の展望ロビーに以前参りましたらば、ソコは市電に関する展示だらけ!豊橋は「市電とともに歩むまち」として、岐阜市と違って廃止しないと云う決意が・・。

そう、岐阜市と豊橋は「東海地方唯二つの路面電車の走る街」だったのに、岐阜は十年前に廃止しちまった・・。お蔭で新しめの電車を豊橋は貰えた様で、荒川線から来た電車と共にガタガタ揺れながら走ってる。

ですが線路の具合が悪いのか?荒川線から来た電車を見てましたら、揺れ具合は格段にスゴイ様な・・。今の心神状態じゃ多分酔いますが、復調したら豊橋でも、一日切符でノンビリ揺られたいと思う私メでした。


東三河最大の都市・豊橋は城下町として、また東海道の第三十四番宿「吉田宿」として栄えた街。豊橋駅から余り遠くないトコが昔の宿場ですが、空襲でほぼ焼失しちまったらしく、往時を忍ばせる様な建物等は見当たりませんでしたネ。ですが「市電」は今年めでたく九十周年だソウで、空襲にも負けずに走り続けて来たのネ。頑張れ!路面電車

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都板橋区東武練馬」への訪問記です★

(参考リンク)

★「いつきてもホっ!ほの国」豊橋観光コンベンション協会HP
★「ええじゃないか豊橋」豊橋市役所HP
★「穂っとネット東三河」東三河県庁・愛知県庁HP
★「ありがとう 市内電車 開業90周年」豊橋鉄道HP
★「とよはし物語館 市電とともに歩むまち」豊橋市役所HP
★「I LOVE 豊橋/路面電車」豊橋青年会議所HP
★「市電を活かしたまちづくりを!」とよはし市電を愛する会HP
★「尾張・三河 東海道歴史歩きの旅 吉田宿」愛知県庁建設部HP
★「"将軍の直轄橋"があった宿場町、東海道吉田宿」トシの旅ブログ
★「おでんしゃ『あっという間の夢の1時間の巻』」豊橋のんほいブルース・ブログ
★「幸運の『いわし玉』」凸の風景ブログ

(関連する記事)

★「540 【麺類色々27】豊橋だったらポンポコラーメン」
★「858 【名物パン64】『やなな』の奮闘と、岐阜の『おけパン』」
★「1040 【麺類色々62】昔の残る二川宿と『にかけうどん』‥豊橋」
★「1202 【名物パン104】豊橋名物『デセール』『チーズ』と吉田城」
★「1203 【名物パン105】豊川名物『たけの子パン』とお狐サマ」
★「1622 【名物パン169】路面電車と『ミルクシャーベットロール』・・豊橋」
★「1703 【スイーツ111】豊橋名産『ブラックサンダー』は台湾で大ブーム中!」
★「1726 【お魚料理90】東三河名物『いわし玉』と長篠の合戦・・新城」
★「1783 【調味料類21】代替ガソリンと『赤だし味噌』・・御油赤坂」
★「1854 【名物パン204】フランスパンでえぇじゃないか‥豊橋」
★「2015 【お米料理159】東三河の中心・豊橋で『なめし田楽』を」
★「2135 【スイーツ154】連接バスと桜と『栗せんべい』・・岐阜市」
★「2204 【麺類色々189】なぞの穂の国と『あんかけスパ』・・豊橋」
★「2249 【スイーツ172】『デセール』と今川義元公の墓・・豊川」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(荒川線の新型電車も、やがて豊橋に移籍する日が来るンでしょうナ)


豊橋というか東三河は「不思議で独自な食べモン」の多いのに、傍から見てていつも残念に思うのは、地元の人がソレに気付かずに「変なB級グルメを捏造」しようとするコト。そんな風だから名古屋にあんかけスパを取られちまうンのヨ。そんな豊橋・・と云うか東三河人のソウルフードで有りながら、少しも珍しいと思われて無いのが「いわし玉」。鰯の荒々しい練り物で、刻んだニンジンや昆布が入ってて、円盤型をしてンのがつみれ団子と違うトコ。コレを軽く炙って生姜醤油で食べますと、もぅ堪らない!私ぁ豊橋に行く度に、コレを買い込んでますナ。お酒の肴に抜群ですが、私ぁ年内一杯はお酒が無理そうで・・悔しいねぇ




| 2015.08.10 Monday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
2249 【スイーツ172】「デセール」と今川義元公の墓・・豊川

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

愛知・豊川市の「砥鹿(とが)神社」は三河国の一ノ宮で、約千三百年前に創建された古社。今川家からの独立を図る徳川家康公が、この神社近くの合戦で勝利し、天下人への歩みが始まったトコだったりもします

ついてない時は仕方無いモノで、実力の万分の一も出せずに敗れ去る人って居ますナ。逆に強運に恵まれ、実力の何倍も発揮しちまう人も居る。ま、現今は怪我する程度で済みますが、昔は命懸けだから大変!

戦国時代の前半「天下取りの最有力」と目されたのは、室町幕府・足利将軍家の親族たる今川家。その十一代目・義元公は領地を次々広げ、駿河・遠江・三河(静岡中部〜愛知東部)三ヶ国で百万石の大々名!

家柄も実力もピカイチで、更なる領地拡大を目指して本拠地の駿府(静岡市葵区)から、二万五千の大軍を率いて東海道を西へ向かいますヨ。その先鋒を務めたのが、松平元康(後の徳川家康)公だったりしますが。

邪魔なのは尾張国(愛知西部)の大名・織田信長公。後に天下人寸前まで上った信長公も、当時は若輩で大した武将じゃ無く、いざ決戦に及んだら敗北は必至。マトモに戦って勝てる相手じゃ無い・・さぁドウする?


近臣らは義元公の亡骸を駿府まで持ち帰ろうとした様ですが、何せ真夏で腐敗が早く、仕方なくなく豊川市に葬った様。ソコは現在「牛頭山大聖寺」と云うお寺サンに成っていて、毎年供養祭が行われてるとか

もちろん逃げ出す訳にも行かンので、信長公が選んだのは「奇襲」。名古屋近郊の桶狭間山で雨宿りをして居た今川軍に対し、織田側は情報収集の上で不意打ちを掛けた・・と、講談や歴史ドラマじゃ成りますナ。

処がコレは甚だ疑わしいらしく、ドウやら突拍子も無い偶然が積み重なり、結果的に「織田側の奇襲成功」「義元公討ち死」てなコトに成った様子。書き間違えたトトで、一等六億円を十回連続して当てる様なモン。

過程は兎も角として、信長公は領地防衛どころか、コレで天下取りレースに躍り出ますヨ。一方まさかの大敗北を喫した今川家は、絶頂の坂から転がり落ち、配下の徳川家康公の独立を許して乗っ取られるコトに。

偶々参った愛知・豊川市で、偶々見付けちまった義元公のお墓。偶々が重なり私メは興味津々でしたが、偶々が重なり敗死した義元公は無念だったでしょうナ。その合戦「桶狭間の戦い」と同じ様な雨の日でした。


義元公や今川家の菩提寺は、駿府城(静岡市葵区)の近くの名刹「大龍山臨済寺」。徳川家康公が育ったトコだったりもしますが、元ご主君の義元公を偲ンでか?徳川家はこのお寺に対し、もぅ半端なく手厚い庇護を加えてますナ。一般にゃ参拝不可ですが、偶々公開されてた時に撮影してた義元公の坐像を。なおご移動の際に「輿に乗ってた」とされるのは、決して乗馬出来なかった訳じゃ無く(お上手だった様)、いわば「足利御三家()の一つ・今川家」の当主だけの特権だった様ですナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛知県豊橋市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ようこそ愛知県豊川市へ」豊川市観光協会HP
★「穂っとネット東三河」愛知県・東三河県庁HP

★「祈る心を神護る」三河国一之宮 砥鹿神社HP
★「砥鹿神社」三河一宮de行こう!HP
★「桶狭間の合戦の神話と真実」もわもわビジョンHP
★「実際の今川義元は凡将だったのか?〜本当の今川義元は?」戦国武将列伝Ωブログ
★「なぜ三河国牛久保に今川義元の墓があるのか?牛頭山大聖寺」あの戦国の現場に行こう!ブログ
★「今川十代の興亡」今川時代再発見HP
★「臨済寺の特別公開に行ってきました」今川さんオフィシャルサイトHP
★「ヤマトパン」TEL旅HP
★「愛知豊川 デセール求めて」お菓子買いにこッ!ブログ
★「スーパーローカルフード」いつもいっしょブログ

(関連する記事)

★「054 お狐サマとの遭遇、しかも大勢」
★「055 【お米料理02】お狐サマは本当に油揚げが好きか?」
★「540 【麺類色々27】豊橋だったらポンポコラーメン」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「1040 【麺類色々62】昔の残る二川宿と『にかけうどん』‥豊橋」
★「1202 【名物パン104】豊橋名物『デセール』『チーズ』と吉田城」
★「1203 【名物パン105】豊川名物『たけの子パン』とお狐サマ」
★「1622 【名物パン169】路面電車と『ミルクシャーベットロール』・・豊橋」
★「1703 【スイーツ111】豊橋名産『ブラックサンダー』は台湾で大ブーム中!」
★「1726 【お魚料理90】東三河名物『いわし玉』と長篠の合戦・・新城」
★「1783 【調味料類21】代替ガソリンと『赤だし味噌』・・御油赤坂」
★「1854 【名物パン204】フランスパンでえぇじゃないか‥豊橋」
★「2015 【お米料理159】東三河の中心・豊橋で『なめし田楽』を
★「2204 【麺類色々189】なぞの穂の国と『あんかけスパ』・・豊橋」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(砥鹿神社サマでも、『悪縁払い』『病気平癒』を懸命に願った私メです) 


豊橋市や豊川市をはじめとした、愛知・東三河地方でしか見ないローカル洋菓子に「デセール」なるモンが有りますヨ。デセールてぇのはフランス語のデザートですが、東三河のソレは・・少し扁平な甘食を二枚背中合わせにし、その間にバタークリームを塗った様なモノ。画像左の豊橋「ヨシノパン」さんのは何度かご紹介してますが、今回はたけの子パンで知られる「ヤマトパン」のデセール(右上)も。他にもコレを出してる会社が東三河にゃ在る様ですが、ナゼこの地域だけなのかしら?




| 2015.08.09 Sunday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
2204 【麺類色々189】なぞの穂の国と「あんかけスパ」・・豊橋

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

豊橋(とよはし)市役所・十三階の展望ロビーから、市名の元に成った国道一号線「吉田大橋」を眺めてみました。「豊川(とよがわ、濁音)」に架かるこの橋は江戸時代、「豊橋(とよばし、濁音)」と呼ばれてたソウです

愛知県東部「東三河地方」の中心都市、豊橋市へ参りました。私メの育ち故郷・静岡県に接する街で、実家(磐田市)に帰るとチョット違った雰囲気を感じに、時折ココに参ってますネ。県境を越すと、ナニか違います。

昔は愛知県で二番目に人口が多かった筈ですが、豊田市や岡崎市等に抜かれて五番目に落ちちゃったとか。ソレでも街並みは立派なモン。ただ・・新幹線も停まる駅前中心街が、寂れたのは否定し辛いですナ。

ですが歴史は古く、「今橋」と呼ばれてた平安時代から栄え、ソレを「吉田」と改名した戦国時代にゃ東三河の最大都市と成り、旧東海道の三十四番宿であると共に、松平家七万石の城下町として賑わったとか。

処がもっと歴史が古い!と仰いますヨ。豊田市や岡崎市等の「西三河地方」と合わせ、江戸時代以前の東三河は「三河国」の一部だった筈ですが、聖徳太子の頃は「穂の国」と云う独立した地域だったと唱えてます。



豊橋市街地の約七割が空襲で失われましたが、市役所近くの「豊橋ハリストス正教会」は幸い免れ、大正二年(1913)に建てられた国の重文「聖使徒福音者マトフェイ聖堂」は、ロシア風建築の特徴を現してます

仰る処に依りますと、中大兄皇子(後の天智天皇)サマらが蘇我氏を滅ぼした宮廷クーデター「大化の改新(645)」の前から東三河は実り豊かな稲作地帯で、だから朝廷から「穂の国」と別扱いされてた・・そうナ。

私ぁ講釈師で、歴史を面白おかしくコネ繰り返して、事実なのか虚構なのか判らぬ様に語るのが生業ですが、本当のコトを多少知らないと「見て来た様な」コトを言えないンで、一応ソレなり以上に調べてみますヨ。

そう、馬鹿じゃ講談は出来ない!尤も利口な人はしませんが・・。だから三河国等の律令六十六ヶ国は知ってますが、聖徳太子の時代は守備範囲外。短期間だけ存在した、「諏訪国」「秩父国」みたいなモンかな?

文献資料も有る様ですが、その資料「先代旧事本記」自体がドコまで信用して良いモンやら・・。でもロマンとしちゃ面白く、むしろ良く探して来たネと褒め称えたい位。語感もキレイだし、お腹の空きそうな名前です。



コレも空襲からの焼け残り組。昭和六年(1931)築の豊橋市公会堂の屋上に飾られていた「鷲の彫刻」で、建物を改修した際に地上に降ろされ、代わりにレプリカを屋上に上げたとか。同じ愛知の名古屋市の象徴が「名古屋城のシャチホコ」なら、豊橋市は「公会堂の鷲」がシンボル。でもレプリカの方を地上に飾るのが、フツーの様な気も致しますが

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都千代田区丸の内」への訪問記です★

(参考リンク)
★「いつきてもホっ!ほの国」豊橋観光コンベンション協会HP
★「ええじゃないか豊橋」豊橋市役所HP

★「穂っとネット東三河」東三河県庁・愛知県庁HP
★「いつきてもホっ!ほの国」東三河広域観光協議会HP
★「ほの国ってなぁに?」東三河広域連合HP
★「穂の国」愛知県庁HP
★「豊橋市役所13階展望室」ええじゃないか豊橋・豊橋市役所HP
★「豊橋ハリストス正教会聖使徒福音者馬太聖堂」レトロな建物を訪ねてブログ
★「豊橋市公会堂」レトロな建物を訪ねてブログ
★「家族だんらんのひと時をお楽しみ下さい。」スパゲッ亭チャオHP
★「名古屋四大麺の1つ、あんかけスパ初体験 チャオ@豊橋」HP


(関連する記事)
★「540 【麺類色々27】豊橋だったらポンポコラーメン」
★「541 【麺類色々28】時次郎はあんかけを食ったか?」
★「1040 【麺類色々62】昔の残る二川宿と『にかけうどん』‥豊橋」
★「1202 【名物パン104】豊橋名物『デセール』『チーズ』と吉田城」
★「1203 【名物パン105】豊川名物『たけの子パン』とお狐サマ」
★「1622 【名物パン169】路面電車と『ミルクシャーベットロール』・・豊橋」
★「1703 【スイーツ111】豊橋名産『ブラックサンダー』は台湾で大ブーム中!」
★「1726 【お魚料理90】東三河名物『いわし玉』と長篠の合戦・・新城」
★「1783 【調味料類21】代替ガソリンと『赤だし味噌』・・御油赤坂」
★「1854 【名物パン204】フランスパンでえぇじゃないか‥豊橋」
★「1887 【麺類色々141】『あんかけスパ』と戦国の怪人・・沼津」
★「2015 【お米料理159】東三河の中心・豊橋で『なめし田楽』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(『穂の国』が実在したかは兎も角、キャッチフレーズとしては素敵です)


JR豊橋駅前から少し路地に入ったトコに在るのが、「あんかけスパ」の元祖スパゲッ亭チャオの駅前本店。一般にゃ名古屋の名物とされてますが、昭和四十二年(1967)の開店時にゃメニューに載せてたらしいンで、名古屋のソレに引けを取らない古さ!初めは少し辛く感じますが、次第に慣れて来るから面白い。色々バリエーションの有る中で、イタリアンオムレツの乗った「ナポリ」を頼みましたが、名古屋のヨコイさん等も含め、古くからのあんかけスパ屋は「カントリー」とか同じ様な名前のモンが決まって有り、相談して決めたンじゃ無ぇかと思っちまう位。なお名古屋にもチャオと云うあんかけスパ屋が在りますが、豊橋のココと全く無関係とのコト。ま、私ぁココが元祖の店と思ってますヨ




| 2015.06.27 Saturday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
2017 【お米料理160】半島の尖端で「大あさり丼」を・・伊良湖岬


伊勢湾()と太平洋()を分かつ「愛知・伊良湖岬」の先端を、岬近くの高台に在る「伊良湖岬ビューホテル」から撮ってみました。手前の砂浜は江戸時代からの名勝「恋路ヶ浜」で、対岸は三重・志摩半島です

遂に大晦日、コレが今年最後の記事でございます。今年は秋以降、イロイロ有って私ぁ心身ともに草臥れ果てましたが、取り敢えずソレは忘れる事にして、辿り着いたのは伊良湖岬。愛知・渥美半島の先端ですゼ。

ココから対岸の三重・鳥羽市へフェリーに乗れば、日本最強の神社・伊勢神宮サマが近くで、是非ともお伊勢サンに今年の悪縁を祓って戴きたいと思ったンですが、あれ?フェリーの本数が随分と少なく成ったコト。


ご覧の「伊勢湾フェリー」に乗れば、鳥羽港と伊良湖岬の間は僅かに一時間弱。平成二十二年(2010)に民間での経営を断念し、周辺自治体の共同出資による体制に移行してますヨ。残して貰えて有難いです

高速道路の伸展による需要減で経営が危うく成り、一旦は廃止すると決定されたのに、この航路は国道42号線も兼ねてるンで、廃止されちゃ観光・流通両面で困ると反対され、伊勢湾フェリーは何とか残った。

その代わり・・需要に見合った便数に減らされた訳で、今から鳥羽に渡ると明るい内に帰って来れソウも無い!う〜む、仕方無いから渥美半島の尖端「伊良湖岬灯台」まで行き、海越しに伊勢神宮を遥拝しますか。


コレが渥美半島の尖端に建つ、昭和四年(1929)設置の「伊良湖岬灯台」。小説・潮騒の舞台たる「神島」や「志摩半島」がハッキリ見えてますが、私ぁその向こうのお伊勢サンに心の中で祈らせて戴きましたネ

フェリーの乗り場を兼ねてる道の駅に車を置き、案内所の方に教わった通りに灯台を目指して、潮騒の遊歩道を十五分ほどブ〜ラブラ。伊勢湾と太平洋とを分かつ岬だけ有って、いやはや風の強いコト。あぁ寒い!

真っ正面を向いて歩くと目が痛いンで、斜め下に視線を向きながら歩くと、歌碑の埋め込まれた縁石が遊歩道のアチコチに。伊良湖岬で生まれ育ってその生涯を終えた、「糟谷磯丸」と云う漁師詩人の歌が殆ど。


磯丸サンは江戸時代後期の歌人ですが、私ぁコレが気に成って・・。今まで「狂える猛虎」タイガージェット・シン先生の「Die With Guts!」を座右の銘にしてましたケド、来年からこの歌をソレにしたいと思う位

磯丸サンを全く存じ上げませんでしたが、奇跡も同然なコトを数多くされた方らしく、伊良湖岬辺りじゃ神仏の様に拝まれてたとか。無学なれども純真・誠実な人柄で親しまれ、だからこそ含蓄ある歌が多く遺ってます。

中でも「心からこころの鬼にせめられて、身のおきどころなき人もあり」って、全く以て最近の私メですヨ。伊勢神宮にゃ辿り着けませんでしたが、代わりにこの歌に逢えたのが有難い。お伊勢サンのお導きでしょうか。


日本海側は大雪続きで大変ですが、太平洋に突き出た渥美半島じゃ早くも菜の花が咲いてましたヨ。伊良子岬に近付けば近付くほど花影は濃く成り、少しずつ春が近付いてる事を実感させて呉れますネ。さて明日から新春!今年もご愛読戴きまして、ホント有難うございました。来年もご贔屓・ご愛顧戴けます様に、伏してお願いを申し上げますヨ
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「新年のご挨拶」を申し上げます★

(参考リンク)

★「渥美半島だより」渥美半島観光ビューローHP
★「田原市内の気になる情報を発信!!」あつまるタウン田原HP
★「ほの国へようこそ 〜生活の都・東三河〜」東三河広域協議会HP

★「伊良湖岬灯台」日本の灯台HP
★「伊良湖岬・恋路ヶ浜物語」岬プロジェクト・渥美商工会HP
★「糟谷磯丸」渥美半島観光ビューローHP
★「伊良湖岬 いのりの磯道」東三河を歩こう!HP
★「伊勢志摩と三河を結ぶ"最短ルート"」伊勢湾フェリーHP
★「伊勢湾フェリー存続へ」mashさんイズドットコムHP
★「伊良湖岬ビューホテル」日本ビューホテルHP
★「渥美の貝 大あさり 他」貝づくし渥美・渥美商工会HP
★「みなみ 大あさり丼 他」渋谷とっておき!!HP

(関連する記事)

★「265 お船はいいネ!惜別・・伊勢湾フェリー」
★「266 【名物パン18】伊勢外宮のかたパン 」
★「267 神道世界の大元〆!伊勢内宮」
★「540 【麺類色々27】豊橋だったらポンポコラーメン」
★「1040 【麺類色々62】昔の残る二川宿と『にかけうどん』‥豊橋」
★「1202 【名物パン104】豊橋名物『デセール』『チーズ』と吉田城」
★「1622 【名物パン169】路面電車と『ミルクシャーベットロール』・・豊橋」
★「1703 【スイーツ111】豊橋名産『ブラックサンダー』は台湾で大ブーム中!」
★「1854 【名物パン204】フランスパンでえぇじゃないか‥豊橋」
★「2015 【お米料理158】東三河の中心・豊橋で『なめし田楽』を」
★「2016 【名物パン219】日本一のキャベツ産地で『ぐるりんパン』を・・田原


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(以前はココまで、東京駅からの夜行バスが毎日運転されてました)


伊良湖岬の名物は「大あさり」。と云っても厳密にはアサリじゃ無く、ソレに良く似た「ウチムラサキ」てな貝だったりしまして、ソレを直火で焼いて食べるのが一般的ですが、今回は港近くの「お食事処みなみ」さんで、貝の実を卵とじにした「大あさり丼()」と、カキフライならぬ「大あさりフライ()」を。何しろ身が随分デカイんで、食べ応え有りました




| 2014.12.31 Wednesday (00:15) | 愛知三河においでん | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS