きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
1158 【お米料理76】うだつの町で「そば米雑炊」を‥脇町


「うだつのあがる」脇町は明治中期まで、阿波特産「藍玉」の集散地として大いに栄えた街。当時の繁栄を伝える建物群がそのまま残り、観光客を集めてます。一階の屋根脇に出っ張ってる飾りが「うだつ」です

香川・高松市でうどんを朝っぱらから次々と食べ、お腹が烈しく膨れた私メでございます。こりゃドッカ行って散歩でもして、腹ごなししとかないと次のうどんがとてもとても食べられないナ‥と、向かったのは徳島県・美馬(みま)市。

ナニも腹ごなしの散歩しに隣県まで行くコト無ぇだろうとお思いでしょうが、高松と美馬は「阿讃山脈」を挟んで隣り合ってまして、車で一時間もかからずに着いちまう。そして合併で美馬市の一部と成った脇町は、毎年訪ねてる街。

ま、「阿讃山脈」とか云うと高峰が連なってる様な観が有りますが、実際は最高峰の竜王山でも千mチョットで、故郷の静岡市で日本最高峰の富士山や三千m級の南アルプスを毎日眺めて育った私メにゃ、丘みたいなモンですゼ。

高松空港の近くを走り抜け、やがて峠を越したら徳島県。「四国三郎」とも呼ばれる吉野川が東西に貫く県で、目的地の脇町は吉野川水運の要衝として栄えた街。「うだつのあがる街」として、人気急上昇中のトコでございますナ。


うだつ(卯辰)だけじゃ無く、脇町は何かと建物の飾りに拘ってた様で、街道沿いの建物の鬼瓦はホント立派なのが多い。元々は中東からシルクロード経由で伝来した雨仕舞いで、厄除けから鬼の造形に成ったとか

ナンだか四国へ行く度に、私ぁ脇町に来てますヨ。吉野川沿いはかつて水運で栄えたトコが多く、豪勢な建物群が残ってて好ましい。特に川を挟んで向かい合う脇町と貞光町は、共に豪勢極まる「うだつのあがる街」で素晴らしい。

以前もご案内致しましたが、「うだつ」てぇのは屋根の脇に立てる板で、防火目的だとされてますが正直「有っても無くても大して変らない」飾り。自分ン家の立派さを誇る為に取り付けた、いわば「見栄の象徴」みたいなモンですナ。

ドチラかと云えば「二層うだつ」に成ってる貞光の方がより派手ナンですが、街並みと云った点では脇町の方がキレイに整ってまして、吉野川と並行する撫養(むや)街道沿いに「うだつのあがる街」が、約四百mも残って居ますヨ。

コレが見事だと云うので観光客が増加中と聞いてますが、閑散期に毎年訪ねてるのか?私ぁガラーンとした脇町しか見た事が無い。ですがその分「独り占め」に出来る訳で、少しでもうどんが消化出来る様に歩き廻って居りました。


脇町を流れる吉野川は「利根川(坂東太郎)」「筑後川(筑紫次郎)」と並ぶ日本三大暴れ川の一つで、四国では最大の川。この川と常に共に有ったのが脇町の歴史で、鉄道開通までは利益も被害も享受して来たとか

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「岡山県倉敷市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「おもっしょいでよ、徳島」美馬市観光協会HP
http://www.mima-kankou.jp/
★「うだつの町並み」阿波ナビ・徳島県観光協会HP
http://www.awanavi.jp/tokusyu/category/0000017.html
★「吉野川」阿波ナビ・徳島県観光協会HP
http://www.awanavi.jp/tokusyu/category/0003586.html
★「いい味、旅気分 そば米雑炊」象印魔法瓶HP
http://www.zojirushi.co.jp/usual/local/02.html

(関連する記事)
★「355 【名物パン28】吉野川のほとりで卯建は只今増加中」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=401
★「356 【お米料理19】オデオン座は脇町で今日も輝く」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=402
★「859 【煎餅お餅14】『二層うだつ』の貞光町と、徳島名物『おへぎ』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=947

(私ぁココで買った藍染めの巾着袋を愛用してますヨ。着物姿に似合うンです
)

別に脇町だけのモンじゃ無いですが、吉野川の上流域から徳島県全域に普及した「そば雑炊」。蕎麦の実を米粒状にした「そば米」を使う郷土料理で、ダシ汁に色ンな具を入れてグツグツ煮込み、一旦茹でておいたそば米を加えてもう一煮したら出来上がり。実にサッパリとして味でて、二日酔いに向いてそうな気が‥。そば米を使った料理は山形県の日本海側・庄内地方でも食べた事が有りますが(庄内じゃ「むきそば」と称してましたナ)、両地方の共通点は‥う〜むサッパリ判らん。誰か教えて!




| 2012.11.21 Wednesday (08:00) | 踊る阿呆も見る徳島 | - | - |
885 【比較研究07】徳島名物「フィッシュカツ」と広島名物「がんす」


四国・徳島県のソウルフード「フィッシュカツ」。カレー粉を入れた魚肉練り物を薄く延ばし、パン粉を付けて揚げたモン。そのまま食べたり、軽く炙ったりして食べますが、元祖らしい津久司蒲鉾サンのが売ってました

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

東京・荒川区の南千住界隈だけの局地的名物で「にくまん」なる、魚肉練り物にパン粉を付けて揚げたモンを昨日ご紹介致しましたが、今日はその続編的なお噂で、似た様な「パン粉を付けて揚げた魚肉練り物」を較べてみます。

実は南千住・ジョイフル三ノ輪商店街で、念願の「にくまん」を遂に買い求めた私メ。自宅へ持って帰り、噂通りに「おでんに入れて」食べようとしたンです。処がソコに立ち塞がる強力な壁が!そいつぁ我が女房殿でございましたヨ。

嫁サンは広島・福山市で生まれ育ち、大阪でOLをしてた完全な西日本人でございまして、イロイロ有って東日本人の私メと夫婦に成ったンですが、未だに些かな「東西の文化の衝突」的なモンが起きますネ。ま、こりゃ仕方無い。

基本的な「文化基準」に多少の違いが有りまして、今じゃソレを楽しむ様に成りましたが、やっぱり互いに違和感を覚える時が‥。南千住の「にくまん」をおでんに入れるか入れぬべきかで、阿呆らしい論争をしたと思って下さいナ。


広島県じゃ到ってフツーの食べ物「がんす揚げ」。フィッシュカツ同様に魚肉練り製品を薄く延ばしてパン粉を付けて揚げたモノで、違いはカレー粉の有無。一番メジャーな三宅水産サンのを切ってみました。美味ぇ

私メの育った静岡県にゃ類似品が無いンで、ドンな風に食っても「珍しい」の一言で終わりますが、嫁サンの育った広島県は「がんす揚げ」と云う似た様なモンが有りまして、ソレはおでんに入れません。炙って食べると美味いのヨ。

恐れを知らぬ者はルビコン河を平気で渡れますが、似た様なモンを知ってる者は「おでんに入れる」と云う暴挙に容易に踏み出せぬ様で、「『にくまん』はおでんに入れて食べるモンらしい」「ココは東京、当地流に従って貰いたい」。

無理やり嫁サンを押し切り、おでんに「にくまん」を入れて食べてみましたら‥あら不思議!煮崩れない。実に美味でして、「煮込む様に作ってンだから、煮崩れないのは当然だよネ」「また作りたいねぇ」と馬鹿な夫婦でござンすヨ。

でも煮込む事を考えて無い「がんす揚げ」は‥ソレはソレで美味ですし、近所の関西系スーパーで偶々売ってた「フィッシュカツ」も美味。こんな魚肉練り物フライの一つで東西文明の差を感じちまうのは、チョット考え過ぎでしょうか。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都新宿区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「もうフィッシュカツの虜」徳島名産フィッシュカツは旨いんじょHP
http://ka-tu.net/
★「徳島発つくしのフィッシュカツ」津久司蒲鉾HP
http://www.tsukushikamaboko.com/
★「"みやけのがんす"はうまいでがんす」瀬戸の美禄みやけHP
http://miyake1950.com/
★「(島根)がんす」関西温泉情報!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/serow225saikou/62404600.html

(関連する記事)
★「884 【揚げモン34】おでんに入れて食べる『にくまん』‥南千住」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=960
★「822 【名物パン58】ご当地アニメと『がんすドーナツ』‥竹原」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=843

(我が郷里・静岡の『黒はんフライ』が、近いと云えば近いのも知れませんが
)

嫁サンが同窓会で福山に帰った時に、「島根のがんす」を買って来て呉れました。広島県でも北部に行くとコレが幅を効かせてるらしく、ヤマザキパンの初代「がんすドーナッツ」は、この角蒲鉾サンのがんすが入ってたらしいですナ。同じ中国地方のがんす揚げでも、瀬戸内側(広島)のモノより日本海側(島根)の方が「身が厚いから硬い」と云うか、「歯応えが有る」と云うか、チョット違ってました。個人的には広島の方が良いナ




| 2012.03.10 Saturday (07:57) | 踊る阿呆も見る徳島 | - | - |
860 【団子饅頭34】鳴門の大パノラマと徳島名物「いももち」


二層構造に成って居て、下層には瀬戸大橋の様に鉄道が通せるソウですが、恐らく走るコトは無いンでしょうネ「大鳴門橋」。ですが上層の高速道路は繁盛してて、本四架橋の中じゃ二番目に交通量が多いそうナ

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

四国・徳島県の東端・鳴門市へ参りました。鳴門の渦潮で有名なトコでございますが、私ぁ鳴門と言われると「鳴門巻」がまず浮かンで仕方無い。昔風の中華そばに具として乗ってたアレですネ。でも私メにとっちゃ「おでん」の具。

私ぁ静岡市の中心部(旧「駿府」)の育ちで、ソコの子供は駄菓子屋のおでんで育った様なモノ。現在はソレを「静岡おでん」なるB級グルメとして売り出してますが、ありゃ駄菓子屋の食いモノで、専門店なぞチャンチャラ可笑しい。

その理非はさて置き、中華そばなら輪切りにされる鳴門巻がドウ云う訳か?長細く縦に切られてて、ソレに竹串を指して他の具と一緒にグツグツ煮られてた。子供時分の私メは二十円(だったかな?)出して、ハフホフ食べましたヨ。

輪切りなら渦潮模様が良く見えるのに、縦に切るとソレがチットも判らず、未だにドウしてあぁだったのか解明出来ないンですが、とにかく鳴門と云うと駄菓子屋の竹串刺しおでんを思い出して仕方無い、そんな静岡人‥ナンです。


鳴門スカイラインの展望台から見た「ウチノ海(うみ)」。ココら辺の地形は複雑で、鳴門海峡と小鳴門海峡に挟まれた地域は島が連なって、内海を構成してます。牡蠣の養殖が盛ンらしく、その筏が沢山浮いてますナ

その模様のモデルに成ったグルグル渦巻きの鳴門海峡を挟み、兵庫・淡路島と向かい合う鳴門市。ココへ来るのは久し振り。最初に来た時は本州・淡路間の明石海峡大橋が出来て居らず、四国・淡路間の大鳴門橋だけ在った。

こんな本格的な海峡横断橋は当時の東日本に無かったモンですから、日本中をアチラコチラへ放浪してた私メは、なけなしの銭をはたいて大鳴門橋を渡りましたヨ。きっと渦潮が綺麗に見えると思って‥物好きは昔から変らない。

だけど大鳴門橋は高速道路だ。橋の上にバイクを止めて、上から渦潮が眺められる筈が無い。アララララ‥と云う間に走り抜けざろう得ず、「金返せ泥棒」と落胆した二十歳の私メでございました。後年、遊覧船で見に行きましたが。

ココは美味い食い物が多い。我ら東夷が愛する「紅あずま」を凌駕するサツマイモ「なると金時」や、フィッシュカツやら色々買い食いしましたが、「鳴門市に鳴門巻は有るのか?」と云う疑問を解明するのを、私ぁ今回も忘れてました。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「香川県高松市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「大自然に囲まれた鳴門」鳴門観光協会HP
http://www.naruto-kankou.jp/
★「渦の道」徳島県観光協会HP
http://www.uzunomichi.jp/
★「品質上々、カキ出荷始まる 鳴門市のウチノ海」徳島新聞社HP
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2011/12/2011_132330743101.html
★「徳島のいももちは さつまいもで。」麗らかな風にのせてブログ
http://urarakanakaze.blog23.fc2.com/blog-entry-226.html

(明石海峡大橋が併設橋じゃ無いンで、淡路島を通る鉄道は無理らしいです
)

鳴門と云えば今年J1入り寸前まで行った「徳島ヴォルティス」と、なると金時の天ぷら。そしてサツマイモから作られた、徳島郷土の味「いももち」でございますナ。ジャガイモ由来の「芋餅」とは全く違う食い物です




| 2012.02.15 Wednesday (08:02) | 踊る阿呆も見る徳島 | - | - |
859 【煎餅お餅14】「二層うだつ」の貞光町と、徳島名物「おへぎ」


徳島・貞光町(現つるぎ町)の「二層うだつの街並み」は全国でも珍しい、チョー豪華な建築装飾群。別に無くたって構わない「うだつ」にコレだけ力を入れられたとは、この街はドレだけの栄華を誇ってたンでしょうか?

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

四国最大の川・吉野川沿いに在る、徳島・貞光(さだみつ)町と云うトコへ行って参りました。数年前に近隣町村と合併し、剣山と云う秀峰の麓だから「つるぎ町」に成った、人口一万強の小さな町。私ぁ生まれて初めて参りました。

合併相手の半田町は、西日本じゃ結構有名な「半田そうめん(東京でも時々売ってる)」の産地だから存じてましたが、貞光町までは知りませんヨ。でも今回たまたま訪れて、一発で気に入っちまいましたヨ。いや凄いトコなのサ。

「坂東太郎」利根川と「筑紫次郎」筑後川に並ぶ、名に負う「四国三郎」吉野川ですから流域は古くから良く栄え、趣き深い街が多い。中でも北岸の脇町(現:美馬市)が好きで、知り合いの出身地だったりするンで何度も行ってる。

この脇町は、歴史から綺麗に忘れられてた昔の街が再発見され綺麗に整備され、「うだつの街」として売り出してます。敬愛する放送作家で、語源ハンターのわぐりたかしセンセ曰く、「卯建の上らない」と云う言葉の発祥地だとか。


葉たばこの集積場として栄えた貞光にゃ、秀逸なモンが結構有ったりします。「金露梅(きんろばい)」と云う剣山の高山植物を模ったこのお菓子は、手亡豆(白いんげん豆の一種)を材料にチョコを掛けた可愛らしいモノ

センセと「脇町はいい」「脇町のうだつは上ってる」と大酒を呑み、二人で脇町臨時応援隊を結成した事もございましたが、センセ申し訳無ぇ。吉野川の対岸に、もっと凄いトコを見付けちまった。脇町より遥かに豪華な街が在ったヨ。

ソレが貞光町。「二層うだつ」と云う、チョー豪華な装飾を付けた古い建物群がソコに在る。「うだつ」と云うのは隣家との境に付けられた防火壁の事で、別に無くたって全く困らない飾りでございます。金持ちしかフツーは付けン。

うだつ付きの立派な建物が四百m以上整然と並ぶのが脇町の良いトコで、センセと私メの結構汚れた心を鷲掴みしたンですが、貞光町のは無駄の上に無駄を重ねたと云うか‥、うだつが二層式に成っててナント屋根まで付いてる。

凄い!ドウしてこう云う方向に情熱が走っちまったンだろうか?余程お金が余ってたか、ソレとも貞光人は見栄っ張りなのか?或る程度の無駄は社会の潤滑油ですが、ココまで来ると「見上げたモンだヨ」。度肝を抜かれた私メです。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「徳島県鳴門市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「うだつのまちなみ」つるぎ町役場HP
http://www.town.tokushima-tsurugi.lg.jp/sadamitsu/udatsu.htm
★「つるぎ町観光ページ」四国ネットHP
http://shikoku-net.co.jp/tokushima/kankou/mimagun/tsurugikankou.htm
★「名物 金露梅」あづまや製菓HP
http://kinrobai.com/
★「田舎へぎ餅」阿波ういろうのふじやHP
http://www.uirouya.com/wagashi/wagashi005_ohegi.html

(街が狭くて、生活道路と観光歩道とを別けられないのが難点でございます
)

貞光町だけじゃ無く、ドウやら徳島県全域に有るらしい「おへぎ」。阿波言葉じゃ「剥ぐ」を「へぐ」と言うソウで、お餅をへいで作ったお菓子だから「おへぎ」と成る訳だ。イロイロ味が有るンですが、コレは「黒糖入り・雑穀おへぎ」。でも甘さが殆ど隠れて、上品なクッキーと云った味わい(間違い無くおかき・あられの類ナンですが)。コレを常備品にしたい位です




| 2012.02.14 Tuesday (08:07) | 踊る阿呆も見る徳島 | - | - |
573 【スイーツ22】徳島に亥の子菓子は今も残る


徳島県だけらしい「亥の子菓子」。小麦粉と黒糖を練って焼いた弾力有る素朴なお菓子でして、かつて駄菓子屋で食べた事の有る様な・・気も

東日本と西日本とで「常識や嗜好、行事や習慣」等が色々と違うコトを判ってる心算で居りますが、ソレでも知らなかった事象を初めて知りますと、未だに吃驚するコトが多々ございますネ。ま、私メが不見識だっただけナンですが。

故あって徳島県を過日フラついてた私メですが、ココでも毎度の様に近くの地元資本スーパーへ繰り出したと思って下さい。私メはドコに行ってもスーパーや商店街に繰り出して、地元ならではの珍しいモンを探すのが楽しみです。

ソコで私メが見付けましたのは、「亥の子(いのこ)菓子」なる駄菓子。その時は名前に興味を示さず、ただ単に珍しい浮き輪型のお菓子だ・・と私メは求めて参りました。赤と緑の横線が入ってて、如何にも楽しげナンでございます。

で買ったは良いモノの、東京へ持って帰った切りその存在を見事に忘れてまして、先日偶々発掘し「やばいやばい賞味期限が近付いてらぁ。さっさと食わンと・・。処で『亥の子菓子』って、一体ドウ云う意味なのかしらん」ハテナ?


「愛媛と云えばポンジュース」的に、「ザ・すだち」は徳島県民愛好飲料らしい・・です。ソレにしても徳島人は、「すだち」が好きでございますナ

少しも判らンので「亥の子」で検索してみますと、我々東日本人は全く知りませんでしたが、西日本には『亥の子』と云う年中行事が在るらしいンです。東は滋賀県辺りまで行う様ですが、主に中国・四国の農村中心にやるらしい。

私メも見た事無いンですが・・、男の子達が縄の付いた大きな石を持って近所を廻り、謳いながらその石を上下に振って庭を搗き、そのお礼としてお菓子やお小遣いを貰って帰ると云う、ハロウィンの西日本版の様なモンらしいです。

ま、詳しいコトはリンク先を御覧戴きたいと存じますが、源氏物語にも出て来ると云う古い行事。その時にコレ専用の「亥の子餅」と云う、縁起を担ぎ「多産な猪」に似せた形の甘いお餅を食べるソウ。へぇ東日本で聞いた事ないねぇ。

処が徳島県西部地方ではナゼか?餅じゃ無く、御覧の浮き輪型のお菓子を食べるらしいのヨ。このお祭りは本来旧暦十月の行事だソウですが、お菓子だけが独り歩きして通年売られて居るみたい。中々に面白い食感でしたヨ。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「山梨県忍野村」への訪問記です★

(参考リンク)
★「いのこ(亥の子)調査隊」あいDO!田舎HP
http://ww3.tiki.ne.jp/~otya/contents/13_chosa/inoko.htm
★「十月〜亥の子祭りと亥の子餅」京都新発見サイト逸都物語HP
http://www.javara.net/kyoto/content/view/42/27/
★「亥の子餅(いのこもち)」花橘亭〜源氏物語を楽しむ〜ブログ
http://kakitutei.web.fc2.com/taiken/inokomoti.html
★「私たちはこういうものを食べてきたのだ。 彳々読み書きpart2ブログ
http://gx3.blog95.fc2.com/blog-date-20090509.html
★「元祖カップ型焼きそば『金ちゃん焼そば』」ロケットニュース24HP
http://rocketnews24.com/?p=42677

(こう云う未知の祭礼行事を知ると、日本ってホント広いなぁと思いますねぇ)

他県人的には、徳島県と云えば「徳島製粉の金ちゃんヌードル」シリーズの様な気が・・。静岡県辺りまではフツーに売ってますが、関東じゃまず見かけませんナ。シリーズの中から珍しめな「金ちゃん焼そば」を!




| 2011.05.16 Monday (08:17) | 踊る阿呆も見る徳島 | - | - |
468 【お鍋料理10】徳島らーめん鍋


三倍に割ると「こってり味」、四倍に薄めると「あっさり味」ナンだって。

方々にご当地ラーメンがございますナ。私メもラーメンは決して嫌いじゃございませんで、何なら毎日食べたって構わないンですが、わざわざ人気店に並んでまでラーメンを食べたいと云う気が湧きませんので、食べ逃す事が多い。

ま、同じ麺類ならラーメンより断然焼きそばと云う私メでございますンで大して後悔はしないンですが、興行がお開きに成ってからの打ち上げ宴会で痛飲した後は、無性にラーメンを食べたく成るのはナゼでしょうネ?体に悪いのに。

その代わり袋入り即席とかチルドとかの珍しいラーメンを方々で買って来て、偉そうに講釈垂れ乍ら(だってソレは本業ですし・・)調理してウハウハ喰ってますンで、ソレなりにご当地ラーメンを喰ってると云う事に成るンでしょうか?

ソレに即席やチルドならば、人気ラーメン屋の店主の偉そうな講釈を聞かずに済みますンで気分的に楽ですし。ラーメンは所詮ファストフードなんだから、勘違いして偉ぶっちゃ駄目でしょ。私メは素人の講釈を聞くのは苦手ナンです。


指示通りに作ってみたら、まるで煮込みラーメンですナ。でも美味かった

昨秋、四国は徳島県へ参った時に買って来たままだった「徳島らーめん鍋」なるモノをようやく作ってみました。徳島じゃ誰でも知ってるお醤油サンが発売したモンでして、私ぁ偶然ソレを見掛けてナンの予備知識も無く買ってたらしい。

徳島のラーメンと云えば豚骨しょうゆ味で、豚のばら肉と生卵が乗ってるのと云うイメージが強いンですが、ソレ以外のバージョンも当然有るでしょうから、ま、適当に指示書き通りに材料を入れてグツグツ煮込んで食べたら美味い。

普段の鍋料理は〆としてうどんを入れて食べるコトの多い私メですが、何しろらーめん鍋ですから今回ばかりは初めから茹でた中華麺を放り込み、ツルツル啜りながら食べましたがコレは有りだなぁ。徳島以外でも出せば売れる筈。

尤も私メの様な東夷にとり、一番近しい徳島のラーメンと云えば徳島製粉「金ちゃんヌードル」な訳でして、静岡までしか売ってなかったのが最近、関東でも時折売ってる(百均屋ですが)様に成ったンで、チョット嬉しい私メですヨ。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「なぞの金曜日 第605回/第606回放送」の記録です★

(参考リンク)
★「阿波の味」加賀屋醤油HP )らーめん鍋は未掲載
ttp://www.kagaya-syouyu.co.jp/
★「徳島らーめん鍋発売」日経プレスリリースHP
http://release.nikkei.co.jp/print.cfm?relID=258959
★「金ちゃんヌードルでおなじみ!」徳島製粉HP 注)棒ラーメンは未掲載
ttp://www.kinchan.co.jp/
★「金ちゃん棒ラーメン」今日は・・・何食べる?ブログ 
http://maanaudon.i-yoblog.com/e182713.html

(全国的に『ご当地ラーメン鍋』がもっと流行っても良いと思うンですけれど)

金ちゃん棒ラーメンを見たのは初めて。ま、マルタイラーメンの様なモン




| 2011.02.04 Friday (08:13) | 踊る阿呆も見る徳島 | - | - |
356 【お米料理19】オデオン座は脇町で今日も輝く


美馬市脇町のシンボル「オデオン座」。白いネオン管が輝いて居ります

意外な偶然は有るモンでございます。私メが時折呑んだ呉れて居ります、東京・銀座六丁目の居酒屋「しん坊」のご常連で、銀座の有名税理士事務所の重鎮・F先生の故郷は、昨日ご報告の徳島・美馬市の脇町でございました。

このF先生は自宅へ滅多に帰らず、殆どを銀座で過して居らっしゃる粋人で、私メの後援会の監査役を無償でお引き受け戴いて居るンですが、過日このF先生と一緒に呑んでたと思って下さい。F先生は大抵しん坊に居られます。

私メが「今度徳島へ行くンですヨ」と話しましたら、F先生は突然真面目な顔に成られ「徳島の何処へ行く?」。ソコで吉野川沿いの脇町へ参る事に成ってますと申し上げますと、F先生は大喜びで「そりゃイイ、脇町は俺の故郷だ」。

F先生って徳島の出身だったのか・・全く知らんかった、てっきり銀座出身だと思ってました。その位銀座に馴染ンじゃってる人ナンですが、「脇のオデオン座の側に親戚が住んでる」「お前は脇のオデオン座を知ってるか」と仰る。


徳島県の秋祭り料理「ぼうぜ(エボダイ)の姿寿司」。背開きを酢で〆る

知ってまさぁナ、オデオン座。渥美清丈が亡くなられて「男はつらいよ」を失った松竹映画が、新しい風来坊喜劇として西田敏行丈で撮影した「虹をつかむ男」の、舞台に成った古い芝居小屋だ。私メだって行ったコト位は有りますヨ。

ドウ云う訳か「虹を〜」の続編は一本だけ。替りに「釣りバカ日誌」がシリーズ化されたのは御存知と思いますが、「虹を〜」も結構面白い映画だったンですけど・・。映画撮影時にオデオン座は現役復帰し、只今も威容を誇ってます。

昨日ご紹介の「うだつの街」もソウですが、こんな立派な芝居小屋が在るって昔の脇町はドンだけ藍玉で栄えてたンだろう・・。恐らくF先生は脇町が栄えてた昔を、実際に知ってらっしゃるンだろうナ。今度お会いしたら聞いてみよ。

吉野川沿いも秋祭りが多いと見え、珍しいお祭り料理を沢山売ってましたヨ。エボダイは塩焼きが私ら東夷の常識ですが、徳島じゃ酢で〆て握り寿司にするらしい。そして鳴門金時の産地だけ有って、あぁお芋さんの美味いコト・・。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「香川県高松市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「脇町劇場(オデオン座)」美馬市役所HP
http://www.city.mima.lg.jp/4/64/000283.html
★「虹をつかむ男」写真紀行★風に吹かれてHP
http://blowinthewind.net/torasan/niji.htm
★「イボダイ(エボダイ、ボウゼ)」市場魚貝類図鑑HP
http://www.zukan-bouz.com/suzuki/ibodai/ibodai.html
★「Hasata Manana」下田美馬公式ブログ
http://ameblo.jp/mimatan-90a/

(美馬と云えば、『下田美馬』と云う女子プロレスの選手が居りましたなぁ・・)

あんころ餅の中身を、蒸かしたサツマイモに変えたモンです。美味いヨ




| 2010.10.20 Wednesday (08:01) | 踊る阿呆も見る徳島 | - | - |
355 【名物パン28】吉野川のほとりで卯建は只今増加中


美馬市・脇町の「うだつのある町並み」。重要伝統的建造物群保存地区

旅の話で盛り上がるのって面白いですネ。例え時空は違っても、同じ場所に行ったコトの有る者同士が、現在居るトコから遥か離れた遠く街の話を語り合う。日頃の立場は違っても、その時だけは何だか仲間の様に思えたりする。

放送作家にして語源ハンターわぐりたかしセンセと数年前、昼間からビール呑みながらエラク盛り上がったのは、「四国三郎」吉野川沿いの徳島・脇町の事でした。二人とも脇町に行ってから日も浅かったのか?もう大盛り上がり。

私ぁ一体ナンの仕事だったか忘れましたが、香川・高松市から高知市へ抜ける途中にレンタカーで何の思慮も無く寄っただけ。一方センセは語源ハンターとして、「うだつが上がらない」と云う言葉の原点を探しに行ってたらしい。

「地団駄は島根で踏め(光文社新書)」と云う面白語源本で、センセの旅の模様は紹介されてますが、センセ仰るに「うだつが上がらない」の語源は、この脇町らしいのヨ。あれぇ、岐阜・美濃市も「ウチが語源!」と言ってますが・・。


この日は観光客が不思議と少なく、何か街を独り占めして居る様な・・。

そもそも「うだつ(卯建)」と申しますのは、昔の家屋の一階屋根と二階屋根の間に置かれる隣戸との境界防火壁のコトでして、合併して美馬市に成った脇町の旧撫養(むや)街道沿いに、この卯建が設えられた古い家屋群が在る。

卯建は別に無くたって構わぬ「装飾的な意味合いの強いモン」でして、余程裕福じゃ無いとワザワザ設えようと云う気にゃ成らない。かつて藍玉を売買する大商人が多かった脇町は、どうやら「卯建が上がる」器量人が多かった様。

但し他の染料の普及に伴い藍玉商人は没落したか?すっかり時代に忘れられて埋没し、そのまま朽ち果てて行く筈だった街を近年発掘し、投資して整備して喧伝し、今じゃすっかり観光地。前回来た時より卯建が増えてました。

私ぁココで買った藍染め巾着袋を愛用してまして、今回新しいのを買い足せてあぁ満足。ただ前回訪ねた地元SCが定休日で、鳴門金時の異様に大きな天麩羅が買えなかったのが残念無念。替りにあれぇ?なパンを見付けました。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「徳島県美馬市脇町のブラブラ散歩」は続きます★

(参考リンク)
★「うだつの町並み」美馬市役所HP
http://www.city.mima.lg.jp/4/64/000251.html
★「美馬市脇町観光ページ」四国ネットHP
http://shikoku-net.co.jp/tokushima/kankou/mimashi/wakikankou.htm
★「語源ハンター☆わぐりたかしがいく!」語源遺産ブログ
http://ameblo.jp/gogen/

(関連する記事)
★「350 【名物パン27】元祖にしかわフラワー
http://rifuh.jugem.jp/?day=20101014
★「089 【名物パン07】これはパンか?それとも桶か?」
http://rifuh.jugem.jp/?day=20100205

(もっとメジャーに成って欲しい様な・・成って欲しくない様な・・。複雑な気分)

加古川ニシカワ食品の「フラワー」と「アベック」の類似品?を見付けた




| 2010.10.19 Tuesday (07:54) | 踊る阿呆も見る徳島 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS