きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
1809 【やきそば188】V字回復の武将と「マルタイ焼きそば」・・福岡市


中国の西湖を模して整備された「大濠公園」は、黒田藩五十二万石の本拠「福岡城(舞鶴城)」の外堀だったトコ。この城を築く時にソレまでの「福崎」なる地名から、黒田家の出身地に因ンで「福岡」と改めてます


一昨日に続き、大河ドラマ根多で失礼致します。と云っても再来年のソレじゃ無く、今年やってる「軍師官兵衛」に因んだお噂ですナ。聞く処によれば今年の大河は予想通り、視聴率が盛り返して来てるンだとか。

ここ数年の大河ドラマはスタートダッシュに失敗し、ソレの挽回どころか右肩下がりで視聴率はドンドン低下。梅雨明け頃には目も当てられぬスゴイ数字に成り果て、全く話題に成らぬままに終了して行くの繰り返し。

私メも初回だけで「もうイイや」の連続で、去年は兎も角、一昨年以前はナンだったか覚えてません。作品の質が高く、加えて権威の有った時代と違い、すっかりバラエティー化した大河ドラマに何の価値が有ろうか?

いっそ開き直って荒唐無稽に「水戸黄門」辺りでも極めれば良いのに、「NHKは嘘付かない」的なスタンスで中途半端に出鱈目するから、ドッチ付かずの生半可。やるならトコトンやれ!と講釈師は思うのですヨ。



福岡城は関ヶ原の翌年、慶長六年(1601)からご子息の黒田長政公が築城が始めてます。官兵衛サンは同九年に、京都で亡くなってますンでココにゃ殆ど居られ無かった筈ですが、城の郊外に葬られてます


今年は太閤殿下・豊臣秀吉公の軍師役を務め、後に豊前中津(大分・中津市)で十二万石の大名に成った、「黒田官兵衛孝高(よしたか)」サンが主役なのはご存知通り。倅サンの代で福岡城に移り、大々名に成った。

坂口安吾氏の小説「二流の人」の主人公。確かに「自らの力で歴史を左右出来る」様な一流武将じゃ無く、その実力や気概や人望も無かった様ですが、才気に溢れてたのも事実で、言うなりゃ「超二流の人」ですヨ。

以前、某地の「大河ドラマ誘致運動」のお手伝いをさせて戴いた際に、こんな話を聞きましたネ。曰く「誰でも知ってる様な人物が大勢出て来るコト」「魅力的な女性も大勢出て来るコト」、コレが大河に成る条件だとか。

ご自身は二流でも、仲間は一流有名人ばかり。今年はマトモな出来だし、ソロソロ仲間が活躍し始める頃だから視聴率は?と注視してたら、案の定V字回復!来年以降が酷そう・・だから、今年を楽しみたいです。
 


福岡藩は長政公以降、黒田家が十二代続いて、明治の廃藩置県を迎えてますヨ。大雑把に城址の西半分が大濠公園、東半分が舞鶴公園で、西鉄ライオンズの本拠地だった「平和台球場」は舞鶴公園の方に在りました。球場跡から外交施設「鴻臚館(こうろかん)」の遺構が見付かり、平安時代以前からココが大陸の玄関だった事が証明されました


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「信玄餅みたいなお菓子」の食べ比べです★

(参考リンク)
★「福岡・博多の観光情報サイト」よかなびweb

★「NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』」日本放送協会HP
★「黒田官兵衛ゆかりの地、福岡県。」福岡県庁HP
★「みんなで盛り上げよう福岡!軍師官兵衛」福岡市役所HP
★「最強の"二流"武将黒田如水のトホホな人生 坂口安吾『二流の人』」やきまん十の生焼け日記ブログ
★「水と緑のオアシス」大濠・西公園管理事務所HP
★「知っとうね?福岡城・鴻臚館」将来を市民と考える実行委員会HP
★「平和台球場」球場風土記HP
★「棒ラーメンでおなじみ、味のマルタイ」マルタイHP
★「マルタイ焼きそば とんこつ味」foodish雑食記ブログ


(関連する記事)
★「1248 【名物パン111】小田原『あんパン』と命懸けの贈り物」
★「1359 【名物パン125】薫風の大濠公園で『マンハッタン』‥福岡市」
★「1360 【麺類色々93】博多祇園山笠と『博多うどん』」
★「1395 【呑みモン39】『九州あさげ』と博多の川沿いブラブラ散歩」
★「1396 【麺類色々96】夜陰の福岡空港と『博多ラーメン』」
★「1454 【やきそば147】千年の港町と『焼きラーメン』‥博多」
★「1455 【名物パン137】夜の中洲屋台街と『ボルガ』‥博多」
★「1505 【やきそば155】ライトアップ姫路城と『姫路のちゃんぽん』」
★「1572 【お肉料理42】夜の博多散歩と『本場のせせり焼き』」
★「1573 【お肉料理43】昼の博多散歩と『博多ホルモン焼き』」
★「1606 【やきそば170】正体不詳の武将と『和えそばスペシャル』・・木之本」
★「1807 【麺類色々134】ホントの真田幸村と『ドギドギうどん』・・小倉」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(東日本じゃ殆ど知られぬ官兵衛サンですが、多少は有名に成るかナ)


福岡と云えば「マルタイ棒ラーメン」が、子供時分の私メの常識でしたナ。処が今の官兵衛サンみたいに、マルタイも昔は関東じゃ無名で、ソレが次第に知られる様に成って私ぁ狂喜乱舞!ほぼ常備に近い状態でしたが、そんなマルタイが大赤字に陥り「助けてくれ」と全国に伝えられたのは、官兵衛サンの視聴率が降下中だった今年三月。熱狂的なファンの声援により最悪を脱したらしく、ホッと一安心。そんなマルタイの社運を背負って三月に売り出されたのが、ご覧の「マルタイ棒焼きそば」。マルタイ史上初の焼きそばだと聞きますが、棒状の麺を一旦茹で、そして炒めると云う面倒臭さ!でもソレがマルタイらしくて嬉しいし、美味いのヨ。焼きそばと云うより「焼きラーメン」の方が近いです。官兵衛サンもマルタイも、最悪を脱して後は上るだけ!頑張れ福岡!




| 2014.06.27 Friday (00:15) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
1808 【スナック42】0哩の駅・門司港で「ゆずこしょうポテチ」を


北九州市のJR門司港駅に、九州全ての鉄道の起点0キロポスト「0哩標」が在りますゼ。明治二十四年(1891)に九州鉄道の始発駅として開業し、戦時中に関門トンネルが開通するまで「九州の玄関」でした

有難いコトに私ぁ、埼玉・鴻巣市のコミュニティFM「フラワーラジオ」で、番組DJを毎週させて貰ってますヨ。(現時点での)のべ十五年・放送回数は七百八十を裕に超えまして、満一千回を目指して頑張ってます。

お聴き下さるリスナー様と、ご提供下さるスポンサー様に御礼申し上げるばかりでございます。ギャラ無し・手弁当で出演して下さるゲスト諸氏にも御礼申し上げます。局のスタッフ諸兄にも、只々感謝するばかり。

如何せん局が小さいンで、番組のお膳立てをして呉れる親切なスタッフは居らず、自分で多くをこなさねば成らぬ。DJとしての話し方講習なんて勿論なく、「習うより慣れろ」で臨みましたネ。ホント‥乱暴だったナ。

ま、制御卓の操作からアナウンスまで、全てを一人でこなす「ワンマンDJ」形式も慣れりゃ便利で、寄席の高座じゃ独りで演じる講釈師にゃ相応しく感じられます。番組経費も減らせるンで、局経営にも寄与しますし。


門司港レトロを代表する建物は、国の重文「JR門司港駅駅舎」ナンでしょうけど、改修工事で平成三十年まで見られません。ソコで八角の塔を持つ「旧大阪商船門司支店ビル」を。大正六年(1917)の建築です

その際に困ったのは、「0」をナンと読むか?「ゼロ」と読む向きが一般にゃ多いですが、放送業界じゃ「れい」と読むのが正しい。アナウンス学校じゃ最初の授業で教わる様ですが、何しろ「習うより慣れろ」でして。

 喋るのは達者でも、飽くまでもソレは寄席向きの私ぁは「知らねぇヨ」で、堂々と「ゼロ」と読んでました。やがてソレは禁句と知り、慌てて直しましたが‥局長、最低限のコトは教えて!ま、今は教えてる様ですが。

・・と思い出したのは、JR門司港駅で立派な「0哩標」を見付けちまったから。要するに鉄道の起点を示す「0キロポスト」の事で、ココから鹿児島や長崎へレールが伸びてる訳です。処が私メの興味はソコじゃ無い。

この場合の「0」は、「れい」か「ゼロ」のドチラなのか?この問題で恥をかいた私ぁ気に成りまして‥。誰かに聞こうとしましたが、黄昏時の始発駅の駅員さん達は忙しそうで‥。調べてみたら「ゼロ」が正しい様です。


コチラは「旧門司三井倶楽部」で、大正十年(1921)に完成した国の重要文化財。平成六年に門司港駅近くに移築されてますが、「九州の玄関」門司の全盛期を象徴する洋館です。今はレストランに成ってます


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「福岡県福岡市中央区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「北九州市観光情報サイト」北九州市観光協会HP
★「関門海峡&門司港レトロ」B&A門司港HP
★「旧大阪商船門司支店」ゆっくりかいどうHP

★「国指定重要文化財」三井倶楽部HP
★「JR門司駅構内 0哩標」九州旅倶楽部HP
★「ゼロキロポストの写真を残すブログ」0kmの旅ブログ

★「FM鴻巣フラワーラジオ」フラワーコミュニティ放送HP
★「その話し方では軽すぎます」紙魚ブログ
★「ポテトチップス ゆずこしょう味」カルビーHP
★「カルビーポテトチップス ゆずこしょう味」ポテチ図鑑ブログ

(関連する記事)

★「1384 【お米料理92】近代芸術なお城と『肉やきめし』‥小倉」
★「1385 【麺類色々95】大衰退した街で『かしわうどん』を‥黒崎」
★「1413 【やきそば141】日本初の多い街で『元祖焼きうどん』を‥小倉」
★「1414 【スイーツ80】銀河鉄道の始発駅で『バームクーヘン』を‥小倉」
★「1452 【やきそば146】本州に臨む港町で『瓦そば』を‥門司港」
★「1453 【スナック24】黄昏の門司港レトロと勢揃い『九州醤油のポテチ』」
★「1456 【スナック25】不思議な不思議なJR九州と『九州なポテチ』」
★「1803 【麺類色々134】本当の幸村と『ドギドギうどん』・・小倉


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(同じ島でも九州と違って、四国にゃ『0キロポスト』が無いンだとか)


カルビーのポテチばかり紹介してる感も有りますが、「地域限定モノ」の種類が多過ぎて‥中々コンプリート出来ませんナ。コンビニ限定のはハナっから追わない様にしてますが、九州限定ポテチの定番と云えば「九州しょうゆ」「博多明太子」と「ゆずしょうゆ味」。中でも私ぁコレが好みでして、重さが違うのを二つ手に入れたンで並べてみました。こしょうと云ってもペッパーの方じゃ無く、九州じゃ唐辛子のコトですヨ。北
海道限定の「昆布しょうゆ」と九州の「ゆずこしょう味」、この二つを全国販売して下さいます様・・カルビーさま!是非とも御願い申し上げます




| 2014.06.26 Thursday (00:15) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
1807 【麺類色々134】ホントの真田幸村と「ドギドギうどん」・・小倉


九州最北の名城「小倉城」の別名に、「鯉ノ城」てぇのが有る様で私ぁ嬉しいヨ。四層目より五層目の方が大きい「南蛮造り」天守閣が目立ちますが、現在のソレは昭和三十四年(1959)に再築されたモノです

再来年の大河ドラマは「真田幸村」だソウですナ。ま、来年の吉田松陰の妹より遥かにマシですが、実在せぬ人物が大河の主人公ですか‥。大坂落城・豊臣家滅亡の際、「真田信繁」と云う武将は居りましたが。

この方は信州上田の謀将・真田昌幸公のご次男で、大坂方の武将として随分活躍されたのは確かですが、「真田幸村」なる人物ほどの縦横無尽さは持って無い。幸村てぇのは、上方講談が作り上げた虚構ですナ。


天下を上方から奪った江戸への対抗心。豊臣方の英雄として超人的な猛将として、他の武将の功名や願望やら寄せ集めて、ソレを何倍か膨らませたのが講談「難波戦記」で、幸村って人は歴史上に存在しません。

加えて江戸幕府も「敵は強かった方が都合が良い」ってンで、この出鱈目を殆ど咎めず、むしろ放置したンで‥気付けば「真田十勇士」まで登場し、もはや何だか収拾の付かない事態に。講談です、全て講談です。


なぜ小倉城を「鯉ノ城」と呼ぶのかは判りませんが、大きな鯉がお堀に沢山居ました。豊臣家の古参武将・毛利(もり)勝信公が、小倉城を領有したのは天正十五年(1587)。その嫡男がご案内の「勝永」公です

何人もの武将が功名を奪われてますが、一番の被害者が豊前小倉(福岡・北九州市)城主の毛利()家です。豊臣恩顧の大名として関ケ原合戦では西軍に付き、若き殿様・勝永公は大善戦するも‥衆寡敵せず。

合戦後は小倉城を取り上げられ、旧知の土佐(高知市)藩主・山内一豊公にお預けと成りますヨ。史実の真田信繁サンも似た様な経緯を辿ってますが、自ら大将として関ヶ原を戦った分だけ勝永公の方が格上か。

やがて豊臣家に誘われて大坂城へ入り、貴重な実戦経験者として軍議を主導‥と行けば良かったンですが、何しろ淀君を始めお目出たい連中が口出しをして、勝永公と信繁サンは共に呆れ返って仲良く成った。

徳川軍へ正面から猛突撃したのが勝永公、横から奇襲したのが信繁サン。真田軍玉砕・信繁討死後も、大坂最後のマトモな武将として‥豊臣家の最期を看取ってます。本当の「幸村」の半分は勝永公ナンですヨ。


脚本の三谷幸喜さんを批判する気は有りませんが、あの方の現代モノは抜群ですが、歴史モノは関わるべきじゃ無い。「面白ければ」主義で史実を歪曲なさるンで、きっと奇想天外な真田幸村に成っちまうンでしょうネ。願わくば「これはフィクションです、史実と異なります」と画面隅にインポーズして貰いたいと、講釈師は夜の小倉駅で思うのですヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「福岡県北九州市門司区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「九州の玄関口」北九州市観光協会HP

★「小倉のイベント情報」小倉 Town Navi HP
★「北九州小倉文化史の散策」小倉城HP
★「風雪265年 小倉城物語」西日本シティ銀行HP
★「2016年大河ドラマ『真田丸』制作決定!」日本放送協会HP
★「大坂の陣・毛利勝永」歴史街道フェイスブック

★「ドラマ化して欲しい戦国武将『毛利勝永』」渡る世間は愚痴ばかりブログ
★「真田幸村 天才軍師は虚構」歴史くらぶHP
★「北九州の幻のグルメ"どきどきうどん"とは?」NAVERまとめHP

(関連する記事)

★「051 【やきそば04】年越しは小倉焼きうどん?」
★「197 信州松代で改めて講談を考えてみた」
★「1084 【やきそば88】信州上田で『焼きそば」と『ばんめん』」
★「1384 【お米料理92】近代芸術なお城と「肉やきめし」‥小倉」
★「1385 【麺類色々95】大衰退した街で『かしわうどん』を‥黒崎」
★「1413 【やきそば141】日本初の多い街で『元祖焼きうどん』を‥小倉」
★「1414 【スイーツ80】銀河鉄道の始発駅で『バームクーヘン』を‥小倉」
★「1559 【お肉料理41】金秋の上田城と『美味だれ焼き鳥』」
★「1636 【名物パン171】今年で四百年!大阪冬の陣と『プリンシア』


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(後に小倉藩主に成る小笠原家は、大坂の陣で勝永公に大敗してます)


小倉は東京じゃ見ない様な、珍しくて美味いモンが溢れてる街。タダ‥その共通点は「終戦直後に発生した」「本来捨てられる筈だった肉を有効活用した」の二つだろうと、私ぁ推察してますが‥。ご覧の「ドギドギうどん」も終戦直後、廃棄される筈だった牛のかしら肉をタダ同然で仕入れ、ソレをジックリ煮て柔らかくさせ、うどんに乗せて出したのが始まりだとか。当時は脂身たっぷりで表面がドギドキしてたンで、こんな名
前に成ったソウですゼ。ま、今は脂分がだいぶ減り、逆にコラーゲンたっぷりって云うンで、女性に人気らしいですが。九州のうどん特有の少し甘いお汁に、味の濃い煮牛ほほ肉が載せられ、実に美味いです




| 2014.06.25 Wednesday (00:15) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
1573 【お肉料理43】昼の博多散歩と「博多ホルモン焼き」 


博多の総鎮守「櫛田神社」さまのすぐ傍に、明治・大正時代の暮らしを紹介する「博多町屋ふるさと館」が在りますヨ。流石の百五十万都市、ビルの林立する博多の街ですが、昔はこんな建物が並んでたンですナ

東京・赤羽と福岡・博多と東西の「酔いどれの楽園」を二日連続でご紹介致しましたが、そのまま続けますと「此奴は毎日酔っぱらってると思われる」恐れが有りますので、今日は昼間の博多の街をブラブラ歩く事に致しましょうか。

一応弁明しておきますが、流石に毎日酔っぱらっちゃ居りませんゼ。尤も、結構高い頻度で酔っぱらってる事を否定出来ませんが・・。そんなコトより博多の街だ。以前もご紹介致しましたが、ココは日本を代表する古い大きな港町だ。

「摂津・堺津(大阪・堺市)」「伊勢・安濃津(三重・津市)」と並び、古くから「三津(さんしん)」と称された重要港湾で、遣隋使や遣唐使は博多から大陸に向け、決死の覚悟で旅立って行った例が多いですナ。逆もまた然りで有りますが。

また俗に云う「鎖国政策実際は鎖国ナンてしとらん、必要以上の付き合いをしなかっただけ」を江戸幕府が取る前は、西洋諸国との付き合いはまず九州を通してだった訳で、その最大都市として外国への馴染みが深いんでしょう。


博多・博多と言いながら、コチラは「福岡市中央区天神一丁目一番地一号」の、旧福岡県庁跡に建つ再開発ビル「アクロス福岡」。ご覧の通り屋根が森に成ってる!全国の天井緑化施設の中で最大の規模だとか

その結果なのか?博多の街じゃ「簡体字」や「ハングル」の記された、看板や標識を以前からホント良く見ます。決して悪いコトじゃないけれど、チョット多過ぎる様な・・。ま、コレも地域性ナンでしょう。ナニしろ大陸や半島が近過ぎる。

東京でも「簡体字」や「ハングル」の記された標識が増えてますが、確か前世紀の末頃に博多の街でソレを見た時は、エラク驚いた記憶が有りましたナ。誠に失礼ながら、違和感ばかりで・・間違えてドコか違う国へ行ってしまった気が。

考え方を変えれば、東京よりソッチの方が近い訳で、また昔からの馴染みなのも有って、観光客や商用客を誘致する為に必要だったンでしょう。まさか、あんな国と判ってませんでしたし。ドウして・・アレほど常識や理性が違うのか?

大陸の方は兎も角、半島の方は・・。私メも酷い目に遭わされた経験が有るンで、個人的「鎖国政策」を取りたい位。でも博多の方々は良くも悪くも経験が豊富でしょうから、きっと上手にやってるンだろうナと思いながら歩く私メでした。


西鉄電車の始発駅「天神駅」に接する「新天町商店街」の入口に、ご覧の巨大時計塔「メルヘンチャイム」が!商店街のソレとしては日本一大きいソウで、一時間おきに違う曲を人形たちが奏でて呉れます。お洒落です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「熊本県熊本市中央区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「博多のおすすめ観光スポットをご紹介」博多の魅力HP
http://hakatanomiryoku.com/
★「人が磨かれるにぎわいのまち・天神」WeLove天神HP
http://welovetenjin.com/
★「心のふるさと『博多』の暮らしと文化にふれてみませんか?」博多町屋ふるさと館HP
http://machiya.softpunk.net/
★「ここは、世界の音・文化・情報が響き合うクロスロード」アクロス福岡HP
http://www.acros.or.jp/
★「福岡・博多 天神の商店街 新天町」新天町商店街商業協同組合HP
http://www.shintencho.or.jp/
★「新板橋の博多鉄板焼き『よかろうもん』」大盛りサーファーのデカ盛り食べ放題大食い日記ブログ
http://ogui.blog92.fc2.com/blog-entry-362.html

(関連する記事)
★「1359 【名物パン125】薫風の大濠公園で『マンハッタン』‥福岡市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1435
★「1360 【麺類色々93】博多祇園山笠と『博多うどん』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1436
★「1395 【呑みモン39】『九州あさげ』と博多の川沿いブラブラ散歩」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1453
★「1396 【麺類色々96】夜陰の福岡空港と「博多ラーメン』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1454
★「1454 【やきそば147】千年の港町と『焼きラーメン』‥博多」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1503
★「1455 【名物パン137】夜の中洲屋台街と『ボルガ』‥博多」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1504
★「1572 【お肉料理42】夜の博多散歩と『本場のせせり焼き』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1647

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(出来るコトなれば『反日国』じゃ無く、『親日国』と付き合いたいモンですネ)

美味いモンの宝庫・博多の街。イロイロ食べて参りましたが、「ホルモン焼き」の画像が見当たらぬ・・美味しかったのに。てな訳で、個人的禁じ手を使わせて貰います。つまり東京で食べた同じ「ホルモン焼き」画像でご勘弁を願いますが、拙宅(東京・板橋平尾宿)近所に博多の「よかろうもん」さんの支店(?)が在り、向こうと同じ様な「サイコロ状の牛ハラミ肉と大量のキャベツとの鉄板炒め」を食べられましたヨ。強烈なニンニクの風味で、寄席の高座前には間違っても食べられませんが、ソレが食欲を誘うのは事実。熱々の内に食べないと、勿体ないです




| 2013.11.27 Wednesday (00:15) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
1572 【お肉料理42】夜の博多散歩と「本場のせせり焼き」


夜陰に聳えるJR博多駅。九州じゃ最大の乗降客数を誇る巨大ターミナルで、九州新幹線の全線開業に合わせて国内最大規模の駅ビル(JR博多シティ)が建てられて、旧来の中心街・天神から客足を奪って居るとか

昨日に続き、酔いどれ天国の御案内ですヨ。但し場所は昨日の東京・赤羽から西へ千二百kmほど飛んで、九州最大の都市・福岡市です。幾らナンでも飛び過ぎの感も有りますが、酔いどれにゃ世間の常識が通じンのでご勘弁を。

以前も書きましたが・・私ぁ本来九州の小倉で生まれる筈だったのに、運命の歯車が歪に廻ったが為に東京生まれに成り、やがて歯車は暴走して人生を大きく踏み外して、遂には寄席芸人・講釈師ナゾに成っちまった人間です。

講釈師に成ったコトに後悔は有りませんが、親の転勤だったから仕方無いのに、「九州で生まれたかった」と時折悔やむのは事実で、だからこそ九州に行きたくて仕方ない!誰か呼んで下さい、大喜びで直ちに駆け付けますンで。

閑話休題、「九州人は酒が強い」と云うのはホントですナ。楽屋の九州出身の先輩方を見てますと、「ウワバミてぇのはコレの事か」と呆れる事が多々有りまして、浴びる様に呑んでるのに余り乱れないンで張り合いが無く成る。


コチラは防戦に懸命な天神の中心部に建つ、九州最大の私鉄・西鉄経営のファッションビル「天神コア」。江戸時代は福岡藩の武家屋敷の並ぶトコだったソウで、ソレが繁華街化したのは戦前に成ってからだとか

尤も九州人全てがウワバミな訳は無く、特に強烈なのが寄席楽屋に集まっちまっただけでしょう。だって九州最大の都市・福岡市の二大繁華街「天神」と「博多駅前」辺りじゃ、酔っ払って訳の判らなく成っちゃった連中が結構居る。

血が熱いと云うか、「一度呑み始めたらトコトン参りましょう」と云う嬉しい気質の方が多く、廻りも似た様な人達ばっかりだから、ドウにも歯止めが利かなく成っちまうンでしょうネ。そして高歌放吟したがる人が・・多い様な気がする。

ソリャお前は安酒場にしか行かンから、極端な例ばかり見てるンだと仰られるやも知れませんが、上野を筆頭にした「酔いどれの楽園」赤羽・蒲田・錦糸町でもナカナカ見掛けない「堂々たる酔っ払い」を、福岡じゃ良く見ますンで。

日本酒やビールじゃ無く、焼酎で育つからあぁ成るンだろうか?だけど美味い酒の在るトコにゃ、美味い肴が有る訳で・・私メもお酒は好きですが、ソレと同じ位に肴を抓むのが大好きで、むしろソッチの方が嬉しい変な酒呑みです。


街中を流れる「那珂川」を挟んで、西が天神・東が博多とご理解願いますが、博多側に在るのが再開発ビル「博多リバレイン」。歌舞伎公演の行われる劇場「博多座」等の入った第三セクターで、中途半端な場所なのかナ?夜のこの辺りにゃ酔っ払いはおろか、人影すら見られません

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「福岡県福岡市博多区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「福岡・博多の観光案内サイト」よかナビHP
http://yokanavi.com/
★「WELCOME TO TENJIN」西日本鉄道・天神サイトHP
http://tenjinsite.jp/
★「天神屋台の歩き方」西日本鉄道・天神サイトHP
http://yatai.tenjin.jp/
★「博多駅直結の複合商業施設」JR博多シティ アミュプラザ博多HP
http://www.jrhakatacity.com/
★「Fashion & Beauty Contents Service」天神コアHP
http://www.tenjincore.com/
★「快適な大人のくつろぎ空間」博多リバレインHP
http://www.riverain.co.jp/
★「東京の人は終電を気にしてお酒を飲む」お笑い芸人のちょっとヒヒ話ブログ
http://notei.hatenablog.com/entry/20100519/1274199051
★「後を断てない福岡市職員の飲酒不祥事」Net IB NEWS HP
http://www.data-max.co.jp/2013/10/01/post_16455_dm1718_2.html
★「鳥セセリ」炭火焼肉 大将HP
http://taishou.tokusenichiban.com/seseri.html

(関連する記事)
★「1359 【名物パン125】薫風の大濠公園で『マンハッタン』‥福岡市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1435
★「1360 【麺類色々93】博多祇園山笠と『博多うどん』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1436
★「1395 【呑みモン39】『九州あさげ』と博多の川沿いブラブラ散歩」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1453
★「1396 【麺類色々96】夜陰の福岡空港と「博多ラーメン』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1454
★「1454 【やきそば147】千年の港町と『焼きラーメン』‥博多」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1503
★「1455 【名物パン137】夜の中洲屋台街と『ボルガ』‥博多」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1504
★「1571 【お魚料理80】酔いどれ酒場で『鯉のうま煮』を・・赤羽」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1641

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(東京や大阪と違い、終電車を気にせずに呑んでる人が多いのが羨ましい)

もつ鍋だの水炊きだのラーメンだのと博多にゃ美味い食いモンが沢山有りますが、私メら東京の者にゃ珍しいと思えるのが「せせり料理」。鶏の首の肉(ネック)のコトで、東京じゃまず見ないお肉ですネ。良く動かしてた部分だけに弾力が強くのか?噛んでる内に味わい深く成って来る部分ですが、福岡を始めとする北部九州じゃスーパー等でもフツーに売られてるのヨ。コレ一皿で焼酎が何杯呑めるのやら・・呑み過ぎにご注意を




| 2013.11.26 Tuesday (00:15) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
1456 【スナック25】不思議な不思議なJR九州と「九州なポテチ」


私メが知る限り、長崎から大村まで乗ったこの快速が、一番野暮な感じの強いJR九州の列車でしたネ。どうしてコレ程ケバケバしく、外観を飾り立ててしまうのか?「所変われば文化が違う」なのかも知れませんが

旅に出て面白いのは、綺麗な風景や珍しい食べ物・文化に巡り合うだけで無く、普段と違う乗り物に乗れるコトですナ。私ぁ普段は東京・板橋区に住まいしてまして、専ら使うのはJR山手線や埼京線、都営地下鉄の三田線です。

都内に住んでると鉄道やバスが便利ですし、諸々コストを考えるとマイカーなんて特に要らン。必要な時はレンタカーを借りれば良いし、昨夏買った巨大スクーター(車検が必要な排気量!)も有るし、都心まで自転車で行っちまうし。


電車のドアの内側は、東京でも大阪でも銀色か白色がフツーだと思いますが、JR九州のは赤かったり黄色だったり‥と凄い!紺色のも有りましたが、コレが会社の方針ナンでしょうナ。とにかく派手で目立ちます

ですが時間の確実性では鉄道が一番で、モグラの穴の様にゴチャゴチャに張り巡らされた線路網も一旦理解しちゃえば、余り迷わずに何処へでも行ける。大阪から東京に嫁いだ我が女房ドノも、十年過ぎて何とか理解した様。

最新型電車がドンドン増えてるJR埼京線も、外観・内装ともに万人向けの大人しいモノで好ましいですが、特急用は別として、電車てぇのはソウ云うモンだと思ってた私メの常識を、堂々ブチ破って呉れたのがJR九州の電車です。


驚くのはドアだけじゃ無い!シートもブッ飛んでまして、アルミのベースに薄いクッションを貼り付けて有るのが‥。大阪の地下鉄でも似た様なのが昔有りましたが、確か不評で分厚いクッションに交換した筈ですが

「通勤電車は万人の乗るモノだから、出来るだけ大人しくシンプルに」と云う東京や大阪の常識に対し、情熱溢れる浪漫の島・九州はドウやら逆の方向にツッ走ってる様。異様な程にケバケバしく、派手に鮮やかに飾り立ててる。

外装は子供の悪戯の様な色使いで、しかも英語のロゴがペタペタ書かれてて、一時流行った「山姥ギャル」みたい。良く言えば派手ですが、悪く言ったら「野暮」の一言。そして内装も‥座席色がランダムに違うのも有ったりする。


アルミベースの椅子で驚くにゃ、まだ早い!コッチなんか「木の椅子」だぞ。そこに昔の社長の椅子みたいのが貼り付けられてて、正直座り心地は良く有りませんでしたネ。でもコレにゃ驚きました、むしろ凄いヨ!

そして椅子の素材がアルミだったり木材だったり‥、常識がドンドン崩れて行く。コレで良くもまぁ文句が出ないモンだ!九州人の感覚はドッカ違う様ですゼ。尤もJR九州サンは、そんな評価は「百も合点・二百も承知」の上だとか。

自動車の普及率が高い中で、如何にして鉄道へお客さんを誘致するか。また経営状況が苦しい中、如何にして効率的に省力化を図るか。その結論がこの野暮ギリギリの内外装らしく、私メの計り知れない葛藤の結果の様です。


でも一番驚いたのは、ドア付近の吊革をぶら下げる鉄の棒で、ご覧の様に丸〜く成ってる!こうして「遊び心を忘れない」姿勢は、決して野暮じゃ無いねぇ。コレで「英語のロゴをベタベタ」が無ければ良いンですが‥

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「滋賀県大津市浜大津」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「楽しい・快適 JR九州 列車の旅」九州旅客鉄道HP
http://www.jrkyushu.co.jp/
★「JR九州の車両デザイン」美術館情報サイトArtInnHP
http://www.art-inn.jp/artinncolumn/003156.html
★「躍進するJR九州が人を呼ぶ理由」ウェブゲーテ日本経済新聞HP
http://goethe.nikkei.co.jp/human/110915/
★「JR九州社歌『浪漫鉄道』」YouTubeHP
http://www.youtube.com/watch?v=pbJr9efkjPU
★「ポテトチップス ゆずこしょう味」カルビーHP
http://www.calbee.co.jp/chips/product/potatochips/yuzukosyou.html
★「ポテトチップス 博多めんたいこ味」カルビーHP
http://www.calbee.co.jp/chips/product/potatochips/hakata_mentaiko.html

(関連する記事)
★「1149 【スナック14】カルビーの地域限定ポテチ&えびせん」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1190
★「1402 【スナック22】『東海道五十三次ポテチ』の起点と終点は?‥京都」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1444
★「1453 【スナック24】黄昏の門司港レトロと勢揃い『九州醤油のポテチ』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1502

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(日本の鉄道会社の社歌で最高は、JR九州の『浪漫鉄道』だと思ってます)

九州限定のポテチを買って参りましたヨ。左は「博多めんたいこ味」、右は「ゆずこしょう味」で、どっちも成るほどネてぇ感じでございました。ソレにしてもカルビーのポテチは、地域限定版が一体幾つ有るのか?HPに乗って無いのも結構有ったりするンで、正直判りませんナ。でも旅先で知らないのを見つけると、エラク嬉しくなってしまう私メは単純な奴です




| 2013.08.14 Wednesday (08:00) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
1455 【名物パン137】夜の中洲屋台街と「ボルガ」‥博多


西鉄の福岡駅前(天神)は九州最大の繁華街だけあって、夜も更けたと云うのに賑やかなコト賑やかなコト。「節電なんか関係なかばい!」的にネオンが煌々と輝き、震災前の東京・新宿の夜景を見てる様でした

福岡・博多区をブラブラする私メでございます。東日本の人間は「福岡市に博多区が在る」と云う事実を殆ど知らず、福岡県の県庁所在地は「博多市」だと思い込んでますナ。下手すりゃ福岡県じゃ無く、「博多県」と思ってる人も。

「博多明太子」やら「博多ラーメン」、「博多万能ねぎ」やら「博多とよのか」等々が喧伝され、「博多を冠したモン」が東国でも多く売られてますンで、九州にご縁のない人はソウ思い込んでも仕方無いネ。ソレで良いのか福岡よ。

千葉県に在るのに「東京ディズニーリゾート」的な、スッキリ納得出来ないトコが多少以上に有りますヨ。でも「福岡を冠する」より、「博多を冠して」売り出してるのは地元の人だし‥。それならイッソの事、博多市に変えちまったら!

勿論そんな訳にゃ行かンのは承知してますが、東日本で一番有名な福岡ブランドと云うと、やっぱりプロ野球「福岡ソフトバンクホークス」でしょうナ。以前の「福岡ダイエーホークス」、もっと前は「南海ホークス」と呼んでたチーム。


博多区と中央区(コッチが本来の福岡)の境を流れる那珂川沿いは、福岡駅前よりもネオンが一層輝いてますヨ。つまりココが九州最大の歓楽街「中洲」で、情熱溢れる九州人が今宵も「メートルを上げる」ンでしょうナ

そもそも福岡にゃ「西鉄ライオンズ」が居たンですが、経営悪化と成績低迷で市民から見放された結果、埼玉・所沢市に「西武ライオンズ」として買われて行ったのは、三十年以上も前の物語。その所沢市に私ぁ当時住んでたのヨ。

所沢でライオンズは生まれ変わり、西鉄時代の面影は消え失せましたが、私ぁ「福岡の人は寂しいだろう」と幼心に思いましたネ。と同時に、「お前らが応援せんから、移転する事に成ったンだろ。所沢を恨むのはお門違いだ」とも。

所沢じゃ当時「所沢市民なのを隠さないと、福岡市じゃ酷い目に遭う」てな噂が流布され、私ぁ信じてましたネ。その阿呆らしい盲信が一掃されたのは‥依りによって博多・中洲の屋台街。南海ホークスの福岡移転の発表直後。

まだ二十歳の私メは日本一周の途中に博多に寄り、調子に乗って屋台で強かに呑み、所沢から来たがバレちまった‥。けれど「もう拘りは無くなった、所沢はライオンズを手放すなヨ」と言われたのを、中洲で今回思い出しました。


中洲の屋台ですっかり心地良くなり、千鳥足で夜の那珂川沿いをフラフラしてましたら、綺麗にライトアップされた立派な洋館が‥。コレは「福岡市文学館(赤煉瓦文化館)」と云う、明治四十二年(1909)築の旧日本生命九州支店で、国の重要文化財に指定されたイギリス様式の建物

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「九州の不思議な普通列車」について考えます★

(参考リンク
)
★「飲酒運転を許しません」中洲観光協会・中洲町連合会HP
http://www.nakasukankou.com/index.html
★「中洲屋台マップ」中洲情報どげなが!HP
http://yatai.nakasu-info.jp/
★「福岡市か博多市か」福岡市役所HP
http://www.city.fukuoka.lg.jp/charm/mamechishiki/chishiki4.html
★「福岡市赤煉瓦文化館」フカダソフトHP
http://www.geocities.jp/fukadasoft/bangai5/youkan/akarenga/index.html
★「栄光の歴史 伝説の西鉄ライオンズ」西武ライオンズHP
http://www.seibulions.jp/expansion/history/lions_classic/history.php
★「届けたい。笑顔になれるおいしいパン」フランソアHP
http://www.francois.co.jp/

(関連する記事)
★「923 【団子饅頭38】桜に染まる所沢で、ソウルフード『焼きだんご』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1024
★「1395 【呑みモン39】『九州あさげ』と博多の川沿いブラブラ散歩」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1453
★「1396 【麺類色々96】夜陰の福岡空港と『博多ラーメン』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1454
★「1454 【やきそば147】千年の港町と『焼きラーメン』‥博多」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1503

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(あの夜、「ライオンズを頼む」と屋台で鱈腹呑ませて貰ったのを覚えてます)

狂騒の一夜が明けますと、私ぁ普段通りに「パンで朝ごはん」を。今回は福岡だけの名物パン「ボルガ」を食べましたが、要するに他の地域じゃ「スイートブール」と呼んでるパンですナ。ソレを福岡じゃ全県的にボルガと呼びならわしてる様ですが、なんでも戦後シベリアに抑留されてた兵隊さんが、パン作りを覚えて九州に帰って作り出したからボルガだ!と屋台で隣のおじさんに教わりましたが、一体何処までホントやら?ですがほんのりと甘くてふんわりで、実に美味。そしてメーカーのフランソアさんのアニメCMは大変に感動的で、HPから探して見て下さい




| 2013.08.13 Tuesday (08:00) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
1454 【やきそば147】千年の港町と「焼きラーメン」‥博多 


「ベイサイドプレイス博多埠頭」は、壱岐・対馬の離島航路や博多湾の各島への連絡船に加え、レストラン船「マリエラ」等の発着する、博多港で最大の旅客ターミナル。高さ百mの博多ポートタワーも建ってますヨ

福岡県内を彷徨う私メでございます。昨日は「九州の玄関口」だった、北九州市の門司港をブラ付きましたが、今日は福岡県内で一番大きな港へ。いや、岡山より西の西日本全域で貨物の取扱量や貿易額が一番多い、博多港へ。

福岡市の海沿い(博多湾)全てが博多港の様なモノで、小さな漁港から国際航路のコンテナ船やタンカーが着く埠頭まで、全て纏めて博多港と称してます。庶民にご縁の有るのは博多埠頭と、韓国航路が発着の中央埠頭位。

その内、私ぁJR博多駅から海に向かって真っ直ぐに、グングン進んでガンガン歩き、博多埠頭へやって参りましたヨ。とにかく真っ直ぐでしたが、コレが又エラク遠いこと!バスでも十五分以上掛かるのに、歩いた私は馬鹿でした。

けれど港に着くと、潮風で気持ちイイねぇ。港湾モール「ベイサイドプレイス」で一休みしてる内に、汗が引いて行きます。ココは夜に成ると灯りに照らし出されて、随分ロマンチックなトコらしいですが、平日昼間は生憎ガラガラだ!


埠頭から、博多湾内を眺めてみました。福岡市民の行楽地「能古島(のこのしま)」や、漢の金印の見付かった「志賀島(しかのしま)」等、古代のロマンス溢れる島が浮いてますが、渡る時間は生憎有りませんでした

博多は元々、大和朝廷の西日本総支社「大宰府」の外港として、古代から栄えてた港町。この場合は「港」より、「津」とか「湊」と表する方が似合うかナ?遣隋使や遣唐使も中国大陸へ渡らんと、ココから大海原に挑んだ訳ですゼ。

平安末期に「平清盛」公により商業港に大改造され、室町時代には日本を代表する「三津(さんしん)」として評される様に。ソレは「堺津(大阪・堺市)」「安濃津(三重・津市)」「博多津(福岡市)」で、中国や朝鮮との交易で大繁盛!

更に繁盛させたのが、「戦国の覇者」豊臣秀吉公。楽市楽座制を導入して博多の町割をやり直し、現在まで繋がる大貿易港の基礎を築いたとされてますヨ。だからかナ?博多の街を歩いてると、太閤殿下由縁の史跡が随分多い。

平安の昔から中国人商人、戦国時代には南蛮人宣教師が多く居住したソウですが、現在は国際高速船で来航する韓国人の目立つ事!彼らには「秀吉公は民族の敵」の筈ですが、ソレを顕彰する博多でナニを思うンでしょうか?


秀吉公とタッグを組んで博多を大改造したのは、地元の商人「神谷宗湛(そうたん)」。宗湛は特権を与えられ、全国有数の大商人に成りますが、その御恩に報いようと建てた「豊国神社」が博多の街並みに残ってます

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「福岡県福岡市博多区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「博多の魅力」博多の魅力発信会議HP
http://hakatanomiryoku.com/
★「都市と港が交わる場所」ベイサイドプレイス博多HP
http://www.baysideplace.jp/
★「東アジアのマルチクロスポート」博多港・福岡市港湾局HP
http://port-of-hakata.city.fukuoka.lg.jp/index.php
★「豊国神社と神谷宗湛」みはるかすくにブログ
http://ueno12kifukuoka.blog16.fc2.com/blog-entry-681.html
★「焼きラーメンコレクション」日本食べ歩き.net HP
http://www.tabearuki.net/yakiramen-c.html
★「福岡でお昼に食べたもの『焼きラーメン』と‥」あさぴーのおいしい独り言ブログ
http://asahip.cocolog-nifty.com/asap/2013/04/post-253d.html

(関連する記事)
★「1360 【麺類色々93】博多祇園山笠と『博多うどん』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1436
★「1395 【呑みモン39】『九州あさげ』と博多の川沿いブラブラ散歩」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1453
★「1453 【スナック24】黄昏の門司港レトロと勢揃い『九州醤油のポテチ』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1502

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(韓国人観光客の多さを見ると、福岡って東京とは全く違うと感じられますネ)

確かJR博多駅の中に「焼きラーメン屋」が在ったなぁ‥と参りましたのは、新幹線駅ビルの「優乃華(ゆのか)」サンへ。焼きラーメンは博多の屋台料理が元で、誕生から三十年近く経ってるとか。普通の焼きそばと違い、麺は博多ラーメン用のストレート麺。具と一緒に炒めてから、豚骨スープを盛大に掛けるンで、全般的に汁っぽい食い物ですナ。ココは騒ぐほど汁っぽく無いですが、わざわざフライパンに盛って出して呉れますヨ。コレも演出ナンでしょうが‥一寸あざとく感じられて台無しでしたネ




| 2013.08.12 Monday (08:00) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
1453 【スナック24】黄昏の門司港レトロと勢揃い「九州醤油のポテチ」


戦前は九州の玄関として、また大陸への玄関として大いに栄えた門司港は、戦後長らく衰退してましたが‥「門司港レトロ」と云う観光地に成って復活!明治から大正にかけての豪勢な建物が、再活用されてます

関門海峡に臨む、福岡・北九州市の門司港に来て居ります。九州全体の最北端に当る門司は、戦前は「日本三大港」に数えられた大きな貿易港。朝鮮半島や台湾、或いは満州へ向かう船の多くがココを経由した、日本の玄関。

但しソレは終戦までで、まず関門トンネルの全通で「九州の玄関」の位置を失い、降伏の条件として外地を手放したコトで「大陸への玄関」の位置も失い、石炭産業の凋落で街の活気まで失われ、昭和最末期は寂しいトコでしたネ。

同じ「三大貿易港」の横浜や神戸に劣らぬほどの、古くて由緒ありげな堂々たる洋館や倉庫が並んでましたが、何れも使われてるのか如何か判らない程の荒廃ぶり。昼間なら兎も角、夜は絶対に近付きたくない感じでしたヨ。

ですが当時、「レトロブーム」と云う実に薄っぺらい、如何にもバブルらしい底の浅い流行が起きたのを、覚えてる方は少なくない筈。最盛期は昭和六十一年(1986)だったとされてます。「古い物は珍しい=価値が高い」てな発想。


門司港レトロの景観を大いに乱す、高層マンション(発想がバブルだネ)の麓に可愛い洋館を見付けましたヨ。これは門司港に元々有ったモノじゃ無く、ロシア帝国が中国・大連港に築いた「旧東清鉄道事務所」。ソレを平成七年に複製したモノで、内部はレストランと図書室に成ってますヨ

「昔の物には投資価値が有る」と強引に位置づけ、投機を煽ったのがレトロブームだったと覚えてますが、ソレを盛り上げる為に「食い物から自動車まで」昔っぽいデザインを流布させた。軽佻浮薄の極み、でもソレがバブルでした。

数年でブームは去りましたが完全鎮火はせず、投資目的を省いて「昔の物には価値が有る」として種火は残り、バブル崩壊後に改めて現在に至るレトロブームが。「作られたブーム」と違うンで、平成レトロは世間に定着しました。

聞けば門司港は、バブルレトロに触発されて「オラが港を売り出そう」と準備し始めたモノの、流れに乗る前にブームは崩壊。ですが一旦振ったサイは元に戻らず、整備を着実に進めてたら平成レトロが襲来。今度は波に乗れた!

‥てぇ事らしいンです(by酒場の噂)。古い建物群はキレイに修復されライトアップされ、ソレっぽく作られた土産物屋と共に観光客を待ち受けてますネ。岸壁沿いにゃ出店が沢山居並んで、ナンだか「台湾の夜市」みたいでしたヨ。


門司港レトロを代表するのは建物は、国の重文「JR門司港駅駅舎」でしょ
うナ。大正三年(1914)に建てられたネオ・ルネッサンス様式建築で、駅としては初の重文に指定されました。平成三十年まで保存工事の最中です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「福岡県福岡市博多区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「こころ豊かな人々の住まうまち」門司港レトロ倶楽部HP
http://www.retro-mojiko.jp/
★「門司港レトロインフォメーション」acud HP
http://www.mojiko.info/
★「旧大阪商船」関門海峡&門司港レトロHP
http://kanmon-mojiko.com/history/article/1.html
★「門司港レトロをめぐる」蜜蜂的写真日記ブログ
http://sampokatze.exblog.jp/18471690
★「堅揚げポテト 九州しょうゆがおいしい」ファイヤーのにらみつけるブログ
http://106bit.wordpress.com/2013/01/30/%E5%A0%85%E6%8F%9A%E3%81%92%E3%83%9D%E3%83%86%E3%83%88-%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%82%86%E3%81%8C%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%84/
★「ポテチ 九州うまくちしょうゆ味」行列できそうにないチョイ悪商会ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/bhcgs027/41440358.html

(関連する記事)
★「1149 【スナック14】カルビーの地域限定ポテチ&えびせん」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1190
★「1387 【やきそば138】直方レトロと『直方焼きスパ』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1424
★「1452 【やきそば146】本州を望む港町で『瓦そば』を‥門司港」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1501

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(港全体が『レトロ風テーマパーク』と化してて、下品とのスレスレ辺りです)

門司港と云えば「元祖・焼きカレー」てな風潮ですが、こう暑いのに食ってられるか!また「ちゃんらー」も有りますが、黄昏時にやってる店を見付けられず‥。そこで港近くのスーパーに入ると、「九州しょうゆ味」のポテチの特集販売をやってましたヨ。左から「カルビー・ポテトチップの九州しょうゆ味」・「同・堅あげポテトの九州しょうゆ味」、そして「湖池屋ポテトチップスの九州うまくちしょうゆ味」。何れも東京のメーカーですが、甘くてコクの有る九州味に成っていて珍しくて美味い!個人的には堅あげポテトが味が一番強く、美味く感じましたネ。東京でも売って頂戴




| 2013.08.11 Sunday (08:00) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
1452 【やきそば146】本州に臨む港町で「瓦そば」を‥門司港


昭和四十七年(1973)の完成時は、東洋一の吊橋だった「関門橋」を、門司港から眺めてみました。右が九州・真ん中から左が本州で、間を流れる「早鞆の瀬戸(関門海峡)」や、背後の「火の山」が良く見えてますヨ

再び福岡の旅でございます。沖縄本島や佐渡島等は別として、「日本列島」を構成する北海道・本州・四国・九州の四つの大きな島は、海底トンネルや長大な連絡橋により、取り敢えず地続きに成ってます。便利な世の中です。

中でも最初に繋がったのは、JR山陽本線の「関門鉄道トンネル」。完成したのは太平洋戦争の始まった翌年、昭和十七年でございますヨ。戦時の物資輸送で必要とされ、最優先で掘られたンでしょうネ。世界初の海底トンネル。

この関門海峡にゃ、続いて国道二号線の「関門トンネル」が終戦後に開通し、加えて関門自動車道の「関門橋」も架けられ、更には山陽新幹線の「新関門トンネル」まで掘られて、実に太いパイプで本州と九州間は繋がってますヨ。

青函トンネルだけの本州・北海道間は無論、三本の長大連絡橋で繋がる本州・四国間よりも太い絆。何しろ関門海峡は指呼の間で、見た目は大きな川にしか見えない!望遠レンズで見れば、対岸の様子が良く判ってしまう位。


関門海峡の両岸は、連絡船でも繋がってますヨ。下関市・唐戸港と北九州市・門司港を結ぶ航路で、朝から晩まで二十分間隔で運行してますネ。コチラは九州側の門司港で、路線バス的な感覚で利用されてます

この海峡は六千年ほど前に地殻変動で、本州と九州が引き千切られた際に出来たとか。近辺に住む縄文人が見てた筈ですが、文書として残って無いのがホントに残念!以来「歴史を動かす大事件」が、この海峡で様々起きます。

源氏と平氏が最後の決戦に及んだのがココなら、宮本武蔵と佐々木小次郎が死闘を繰り広げたのもこの海峡。長州藩が幕末、イギリス等の艦隊にコテンパンに負けたのがココならば、日清戦争の講和が結ばれたのもこの海峡。

遣唐使の昔から船は行き来をし、現在でも国際・国内航路の最重要航路として、引っ切り無しに船が通過してます。私メの住む関東でも、東京湾の入口に当る神奈川・観音崎の船舶数は凄いですが、ココはもっと凄い船の数。

見てて飽きませんネ。その合間を直角に縫って、連絡船が行ったり来たりしてソレもまた楽しい!出来れば連絡船で下関へ渡りたいけど‥、私ぁ本州から来たばかり。コレから福岡の旅が始まるンで、まだ本州にゃ帰れンのヨ。


関門連絡船が、黄昏の下関を目指して出航して行きます。両岸間は約一kmで、僅か五分で到着するとか。ですが関門海峡は海の難所で、ココを通過する船舶は「水先案内人」を乗せるのが義務化されてますゼ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「福岡県北九州市門司区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「関門海峡Navi」関門海峡観光推進協議会HP
http://www.kanmon.gr.jp/index.html
★「関門海峡海上交通センター」海上保安庁・第七管区海上保安本部HP
http://www6.kaiho.mlit.go.jp/kanmon/
★「歴史の薫り漂う関門を愉しみませんか?」関門汽船HP
http://www.kanmon-kisen.co.jp/
★「関門橋」よかとこBY・写真満載九州観光HP
http://www.yado.co.jp/hasi/fukuoka/kanmon/kanmon.htm
★「巌流島渡船競争と関門汽船」鈴木写真変電所HP
http://www.filmscan-print-s.com/0907-RETORO_02-GANRYUJIMA-MOJIKOU.html
★「我が家で作る瓦ソバ」食いしん坊夫婦の日記ブログ
http://blog.goo.ne.jp/yukipon0413/e/5095c1193755ec24d681aa2fcf2498e7

(関連する記事)
★「1384 【お米料理92】近代芸術なお城と『肉やきめし』‥小倉」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1421
★「1385 【麺類色々95】大衰退した街で『かしわうどん』を‥黒崎」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1422
★「1413 【やきそば141】日本初の多い街で『元祖焼きうどん』を‥小倉」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1497
★「1414 【スイーツ80】銀河鉄道の始発駅で『バームクーヘン』を‥小倉」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1498

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(関門海峡は広さと云い、水の流れ方と云い、ホント大きな川みたいですナ)

てな訳で本州へ戻るのを断念した私メですが、関門海峡の両岸で同じ経済圏を作ってるだけに、門司港のスーパーで下関の名物を見付けましたヨ。ソレがご覧の「瓦そば」で、メーカーはなんとマルちゃん!コレは瓦の上で茶そばを焼く、下関市豊浦町の郷土料理。北九州市でも随分普及してる様で、専らホットプレートで麺を焼き、予め焼いといた肉と玉子を乗せ、麺つゆに付けて食べるだけ!東京まで持って帰り、拙宅で女房ドノと二人して食べましたが、「不思議なモンが世の中にゃ有るモンだ」と意見が一致しましたヨ。因みに中国・九州地方の限定販売です




| 2013.08.10 Saturday (08:00) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS