きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
1840 【やきそば192】「ブラジル焼きそば」を食べてW杯を総括しよう!


今回のW杯でも、ホント沢山のあやかり商品が出ましたナ。ポテチやスナックの類も、ザッと集めただけでもこの通り。毎回毎回「イベントに合わせた味」を考える、商品開発室の面々に心から敬意を表しますゼ

決勝戦から十日以上も経った今頃で恐れ入りますが、サッカーW杯ブラジル大会を勝手に総括してみたいと思います。と云っても、現地まで観戦に行った訳じゃ無く、生中継に噛り付いてた訳でも無いンですがネ。

何しろ日本がサッサと負けちまったンで、正直「もぅ知ったこった無ぇ」てな感じで、興味が失せちまって・・。そんな人、随分多かったでしょうナ。ドウでも良いけど、マスゴミ共は日本代表を「最強チーム」と煽り過ぎ。

私ぁ臍曲がりで、マスゴミが褒めるほど「こりゃ大した事ねぇ」様に思えましたネ。実際その通りだったし・・。表面だけ「力不足でした」と謝っときゃイイのに、「自分達のサッカーが出来なかった」と言い訳しちゃ駄目。

相手も頑張る訳で、自分達の思う様に出来なかったなら・・力不足以外なだけでしょ!コレは私メら寄席業界も同じ事で、どんなに懸命に稽古したって、思う様な高座ナンて滅多に出来ンわ。私メも力不足ですが。



日本で開催された2002年大会のオフィシャルスポンサーだった日清食品サンも、ブラジル大会に肖ってこんなのを出してましたナ。因みにブラジルは世界最大の鶏肉生産国で、日本にも多く輸出されてますヨ

開催国ブラジルが歴史的大敗を喫し、優勝はおろか三位にも成れなかったのも驚いた。世界有数のサッカー大国。しかも開催国として面子が掛ってた筈だったのに、歯車が一つ狂うとアレほどに脆いとは・・ネ。

私ぁブラジル料理が大好きで、日系人が多く集まる群馬・大泉町等に度々出掛け、現地そのままのソレを時折ご紹介してますが、彼らの落胆は凄かった筈。実は開幕前日と、大敗の準決勝前日も行ってたのヨ。

開幕前日はウハウハで、彼らは「地元開催だから、ワシらが優勝するンじゃ」と大騒ぎ。私ぁポルトガル語が判らンので憶測ですが、きっと地球の裏側の母国の栄光を確信してたンでしょ。一緒に居て・・楽しかった。

準決勝前日は逆に静かなモン。ソレは早朝に国際中継される、試合観戦に備えてた筈。私ぁ「祭り前の興奮」と感じましたが、今は出来れば忘れちまいたい「祭り後の絶望」に覆われてる筈。次回こそ優勝しましょ。


スポンサーじゃ無いと「サッカーW杯」と云う文字を入れちゃ駄目な様で、日清食品サンの商品も巧みにソレを回避してますネ。ソレにしてもUFOを買うのは何年振りなんだろうか?何しろ私ぁペヤング派で・・って云う程、カップ焼きそばは食べないンですがネ。大体が麺を焼かないのに「ドコが焼きそばじゃ」。但し群馬・大泉町には、リーマンショックで日系人が大量帰国するの前までは「ブラジル焼きそば」の店が在ったらしく、現地にもソレらしき料理は有る様です。食べてみたかったナ
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「埼玉県所沢市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「FIFAワールドカップ」国際サッカー連盟HP
★「ブラジルワールドカップ」スポーツナビHP
★「ブラジルはW杯大敗で威信に傷、広がる沈滞ムード」ロイターHP
★「【W杯】ブラジル全土で暴動や抗議活動が多発!今までの不満が爆発か?」真実を探すブログ
★「【ブラジルW杯】大敗に悲鳴、肩落とす 日本で応援のブラジル人」MSN産経ニュースHP
★「ワールドカップ便乗のブラジル味をとことん食べ尽す」ジャンクフード・ジャーナルHP

★「ヤマヨシ ブラジリアンBBQ味 ポテトチップス」大牟田、荒尾ファンからのメッセージ・ブログ
★「日清焼そばUFO」日清食品HP
★「日清のブラジリアンチキンシリーズを食べてみた」MEGA☆BRASIL HP
★「UFOにケムッカ味登場。ブラジルへの逆輸出も」MEGA☆BRASIL HP
★「日清 カップヌードル ブラジリアンチキン」おじんの初心者(仮題)ブログ

(関連する記事)

★「342 【揚げモン07】セニョリータ!パステルでフェスタ!」
★「614 【名物パン47】アンジェリカのブラジルパン」
★「753 【国内で海外旅行04】群馬・大泉町は、とてもブラジル」
★「887 【お肉料理20】群馬・大泉町は南米がいっぱい!」
★「1104 【呑みモン33】なぞの南米ジュース『カシュー』‥大泉」
★「1197 【お肉料理32】カッピン・ドウラードが移転しました‥鶴ヶ島」
★「1272 【呑みモン35】なぞの南米ジュース『チチャ・モラーダ』‥大泉」
★「1309 【名物パン121】桜咲く大泉でブラジル名物『タピオカパン』」
★「1757 【お肉料理53】W杯を控える大泉で『ブラジルの肉』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(実家の我が両親は毎日早起きして、W杯を見続けたソウですヨ・・)


埼玉・鶴ヶ島市のブラジルレストラン「カッピン・ドウラード」の物品コーナーも、開幕前日はご覧の様に直輸入のW杯商品が並べられ、もぅ賑やかだったンですが・・レストランも満員で行列でしたしネ。さて二年後は「リオデジャネイロ五輪」が開催される予定ですケド、その時は今回以上に盛り上がれるンでしょうか?便乗商品は沢山出ると思いますが




| 2014.07.25 Friday (00:15) | お〜ら!ぶらじりあ | - | - |
1103 【お肉料理24】ペルー名物「カラプルクラ」を作ってみた


南米ペルーからの輸入品「カラプルクラの素」!肉以外の材料や香辛料が全て入ってまして、裏面の説明書き(スペイン語と英語のに加え、日本語の説明も別シールで張って有ります)の通りに作れば出来上がりますゼ

人にゃソレゾレ趣味や嗜好てなモンが有りまして、ソレは誰でも知ってる様なメジャーなモンから、殆どの人が知らない様なマイナーなモンまで、全く多種多様でございますが、私ぁ‥基本的に「マイナーな物」が大好きでござンす。

全く見事なマイナー志向で‥無名時代は熱烈な趣味だったのに、ソレが有名に成った途端に興味が無くなる。例えばこのブログで毎日ヘンな食い物を紹介してますが、ソレは私メが「全国的にマイナーだ」と思ってるモンばかりだ。

だから「全国的に有名なモン」や「有名に成っちゃったモン」は、まず取り上げないでしょうネ。私ぁこう云う変なポリシーで生きてますンで、講談と云う極めてマイナーな演芸を生業としてますし、無茶苦茶に売れたいとは思っとらん。

その結果‥我が女房殿や両親親類に御迷惑をお掛けする毎日に成っちゃいましたが、今更変わりそうも無いンで‥まぁ諦めて下さいませ。さて今日ご紹介致しますのは、日本人の殆どが知らないペルーの料理「カラプルクラ」だ!


パパセカ(ペルーの乾燥芋)が戻るまで煮続けるのが面倒だけど、意外と簡単に出来たカラプルクラ。指示書き通りにご飯に添えてみると、見た目はカレーだね。但し‥インド人とインディオの味の好みは違う様です

実家(静岡・磐田市)近くに大勢居る日系ブラジル人に興味を持ち、彼ら向けのスーパーに時々出入りして、私ぁ見知らぬヘンなモンを買って来て歓んでるンですが、ソコにゃブラジルだけじゃ無く、他の南米各国のモンも売ってる。

ブラジルだけじゃ無く、南米大陸のアチコチに日系人が居ると云う事ナンだろうと思いますが、彼ら向けのレトルト食品で「カラプルクラ」なるトマト煮込み料理を買い、以前このブログで紹介した事がございます。予想外に美味かった。

処がソレ以来、何処のブラジルスーパーに行っても「カラプルクラ」のレトルト食品が売っとらン‥。代りに見付けたのが「カラプルクラの素」でして、ならば作ってみようじゃんか。誰も知らンでしょこんな料理、マイナー魂が疼きます。

直輸入だから、恐らく現地の味そのものナンでしょうネ。芋と肉をトマトと唐辛子で煮込むだけナンですが、調理は興味深く実に楽しかった。こう云う「素」なら他の料理も作れソウだから、また見付けたら買って来ようと思う私メでした。


「カラプルクラの素」と同じブランドの製品で、「ARVEJAS(グリーンピース)のスープ」も作ってみました。豆の風味が濃厚な掻き玉汁‥てな表現しか出来ませんが、本当はコレにクルトンを浮かべるンだソウですヨ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「群馬県邑楽郡大泉町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「カラプルクラ」ラテン山本HP
http://www.latinyamato.com/carapulcra.htm
★「カラプルクラ」ペルめし。ラテめし。ブログ
http://latingohan.exblog.jp/13740169/
★「乾燥ポテト『パパセカ』」bits lounge HP
http://www2.bitslounge.com/a01_food/2006/0505_elpl.html
★「カラプルクラの素」キョウダイマーケットHP
http://kyodaimarket.com/?pid=19359611
★「プロベンザル グリーンピースクリーム」エスピリストHP
http://www.splist.info/provenzal/base/arvejas.html

(関連する記事)
★「042 なぞのペルー料理カラプルクラ」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=64

(ペルーと云えば、インカ帝国が在った国ですナ。一度行ってみたいンですが
)

拙宅にはカラプルクラでも使う「パパセカ(乾燥ジャガイモ)」が、なぜか沢山ストックされてたりする。ジャガイモの原産地は実はペルーでして、どうもコレは原種に近い芋を一旦茹で、小さなダイス状にしてからカラカラに乾燥させるンで、独特な風味と食感が出るンだとか。戻すのに大変時間が掛かるのが難点ですが、日本じゃ殆ど知られて無いマイナー感が素晴らしい。コレが有名に成る事は先ず無いでしょうナ、マイナー万歳




| 2012.10.01 Monday (08:00) | お〜ら!ぶらじりあ | - | - |
584 【揚げモン16】パステルでフェスタ・パート2


前回と違う「パステル(イタリアン餃子、と書いて有りますが)の皮」。ソレにひたすら甘いグァバペーストと、不思議な味わいの玉蜀黍のジュースと

さてブラジル料理のパステル作りの第二弾です。前回の記事を御覧戴ければパステルが一体ナンなのか?何となくお判り戴けようと存じますが、要するにブラジル版の「春巻き的なモン」でございます。正式には「パステゥ」です。

好きだけど太りますンで、油で揚げたモンはなるべく控える様にして居る私メでございますが、前回作ったパステルが殊の他美味しかったモンですから、食べたくて仕方が無い。ま、ブラジル料理店に行けば食べられるンですケド。

でもソレじゃ面白くない。握力を大分使いますが、フォークで周りを押え付ける作業は面白かった。また前回は用意してなかったけれど、パステルと云えばコレ!と云う食材が有るソウでして、ソレを使ったモンを作りたくて仕方無い。

その食材とは「グァバペースト」、グァバとは南国の果実です。台湾へ行ってた時、向こうでは青いグァバが美味しくて毎日食べてましたが、ブラジルでは果実が赤い様で、ソレを煮込んだ甘いペーストが羊羹の様にして売られてる。


グァバペーストとチーズを入れた「ロミオとジュリエット」を切ってみた。既に甘さの許容範囲を超えてますが、もうチョット入れるべきだったか?

ただこのペーストが必要以上に甘い。コレまでに何度か買ったコトは有るンですが、私メにゃ甘過ぎてとても食べられん。だけどナンか良い利用方法が有る筈と考えて居った私メでして、そうか!パステルの具にすりゃ良いんだ。

当地ではこのペーストと、チーズを一緒に皮に入れて揚げたのを「ロミオとジュリエット」と呼び、極めて一般的らしい。流石にブラジル、情熱が余ってるラテン!ナンと云う命名・・と一瞬気が遠く成りましたが、良〜しやってみよう。

無論ソレばっかじゃイヤですンで、前回美味しかった「挽肉と玉葱・人参の微塵切りを炒めたモノ」に、「肉汁タップリのソーセージ」も用意。どうせ悪乗りだと、同じ南米ペルーの「チチャモラーダ」と云う紫玉蜀黍のジュースまで用意。

さて揚がった「ロミオ」を熱々で食べてみましたが、只でさえ甘いのを加熱したモンだから、いやはやナンと云う甘さ・・!文化の違いを痛感し、口直しにチチャモラーダを飲んでみたらコレが又不思議なお味で・・。南米諸国は凄い。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「なぞの金曜日 第621回/第622回放送」の記録です★

(参考リンク先)
★「パステルレシピ」ラテンヤマトHP
http://www.latinyamato.com/pastel.htm
★「ゴイアバダ(グァバペースト)」アズショップHP
http://azushop.jp/SHOP/br-goiabada.html
★「チチャモラーダ」話題のナレッジベース・ブログ
http://www.yamaguchi.net/archives/002282.html
★「アンジェリカのお店へようこそ」ブラジルストアHP
http://www.brasilstore.jp/

(関連する記事)
★「342 セニョリータ!パステルでフェスタ!」
http://rifuh.jugem.jp/?day=20101006

(冷ましたら「ロミオ」は意外と美味しかったです。チーズの味が利いてきます
)

南米ペルー原産の、紫玉蜀黍のジュース「チチャモラーダ」。売り文句は「インカ生まれの飲料水」、アルコール分の無いサングリアの様な味




| 2011.05.27 Friday (08:30) | お〜ら!ぶらじりあ | - | - |
342 【揚げモン07】セニョリータ!パステルでフェスタ!


何と言われても「パステル・デ・フェスタ」が商品名だから・・仕方無い。

さて久し振りに実家が今在る静岡・磐田市で買って来た、ブラジル食材の出番でございます。この磐田市の在る静岡西部から愛知東部にかけては、日系ブラジル人が多数居住して居りまして、彼ら向けの食材屋も結構ございます。

日本国内で唯一好況だった静岡西部〜愛知東部も、昨秋辺りから流石に不況と成りまして、ブラジルへ随分帰国した様です。正月まで実家近くにブラジルスーパーが在ったンですが、需要が減れば供給も・・閉店しちゃいました。

ソコへ行くのが帰省目的の一つだったりしたンですが、そう云う事情なら仕方無く残念無念と感じてましたが、ムキに成って探しますと他にも在るモンで、私メの歪な興味を満たして呉れるスーパーを多少離れたトコに見つけました。

需要が減って経営は大変でしょうが、コレからも多少以上は日系人は残る訳で、彼らの生活を(ついでに私メの欲求も)満たす為に頑張って貰いたいコト頻りでございます。ただ文化が違い過ぎますンで、摩擦は大きい様ですが・・。


約二十cm幅の皮が、一m半ほどフィルムで別けられて丸まってます。

さてソコで買ったのが「パステルの皮」。パステルと云うのはブラジル版春巻の様なモンで、実際南米に移民した中国人がもたらした春巻を、現地風にアレンジしたモンらしい。その皮を静岡で作ってるらしく、フツーに売ってました。

ブラジル料理屋へ行った時に、食べた事が有る様な・・無い様な・・。皮を或る程度の正方形に切り、中に具を入れ包んで揚げれば良いらしく、具は甘かろうと辛かろうとナンでも融通無碍。正式には「パステゥ」と発音するソウです。

ナニを入れて良いか正答は無いンで、取り敢えずラビオリ風に豚挽肉と人参・玉葱を炒めたモノと、溶けぬチーズだけを入れたモノを(嫁サンに)試しに作って貰いましたが、皮自体に味が付いてるのか?コリャ美味いじゃないか!

現地では掌より大きいサイズで揚げたてのを街角で売って居て、気軽なファストフードとされてる様ですが、今年本厄の私メには大き過ぎる。十cm四方に切ったのに具を入れ、フォークを廻りを押え付ける作業が面白かったです。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「福島県いわき市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「パステルレシピ」ラテン山本HP
http://www.latinyamato.com/pastel.htm
★「パステルの日」ビンボー幸せ生活deブラジル・ブログ
http://marcassibruna.ti-da.net/e1312969.html
★「ブラジルのスナック▲僖好謄襦廚いしいおひるごはんブログ
http://sany007.blog106.fc2.com/blog-entry-878.html

(次回は餡子を入れると嫁は申してますが、ソレも十分に有りだと思えます)

出来上がり。サクッと食べれますが、後でズシーンとお腹に溜りますゼ




| 2010.10.06 Wednesday (07:54) | お〜ら!ぶらじりあ | - | - |
154 【呑みモン03】今日は呑気にマテ茶で一服

           
ローストタイプのマテ茶、ブラジル産。コレなら大抵の人でも大丈夫か?

以前、私メの只今の実家の近くに日系人向けのブラジルスーパーが在って、ソコで面白いモンばっか売ってると書いた事が有りますが、いやぁホントに不景気ナンですねぇ。残念乍ら年明け早々に閉店してしまったらしいンですヨ。

彼らの帰国の為に日本政府から補助金(条件付)が出て居る様でして、結構帰っちゃったらしいのヨ。需要が減れば供給は細るのが資本主義の掟ですンで、コリャ仕方無いと云えばそうナンですが、私メは残念で仕方無いですナ。

価値観がかなり異なる日系ブラジル人達と共住せざろう得無かった、私メの実家の街に住む一般日本人にとり、彼らの減少は或る意味「吉報」なのかも知れません。文化摩擦ぶりを日頃見聞きしてるだけに、一概に責められん。

でも極めて無責任乍らブラジルスーパーが閉店してしまったのは痛手でして、う〜む、実家へ帰る楽しみの何分の一かが無くなった様な・・。ま、隣り町へ行けば幾らでもブラジルスーパーや、ブラジリアンレストランは在るンですが。


ローストタイプは一見「焙じ茶」の様。でも味は少し青臭くてブラジリアン

そのブラジルスーパーへ行く度に買ってたのが、南米全土で愛飲されて居る「マテ茶」。イェルバ・マテと云う木の葉っぱを乾燥させた向うのお茶でして、クセは有っても慣れりゃ美味い、日本茶以上の栄養を持つらしい飲みモン。

現地じゃ大きめなコップに葉っぱをドバドバ入れ、ソコにお湯をたっぷり注いで茶漉し付きのストローでチューチュー吸って呑むらしいンですヨ。ソレを大勢で以て廻し飲みし、男達は熱く燃える友情を確かめ合ったりするらしいンです。

でもソンナ熱き血潮の友人は私メにゃそう居ませんし、茶漉し付きストローも有りませんので到ってフツーに、ビードロの急須でハーブ茶風にして飲んでンですが、ローストタイプはまだしも緑茶タイプの方はもうアマゾネスワイルド!

粉末青汁を飲んでる様なモンでして、いやぁ青臭いコト青臭いコト。世界三大飲料の一つらしいンですが、コレを飲む度に地球の裏の南米大陸と日本との文化の差を思い知らされます。でも私ぁブラジル文化、嫌いじゃ無いですヨ。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「なぞの金曜日 第563回放送の記録です」★

(参考リンク)
★「世界三大飲料の一つ」マテ茶協会HP
http://www.matecha-kyokai.jp/
★「飲むサラダ マテ茶を食べよう」マテ茶を食べ茶おう!HP
http://moyai3.com/mate/

(きっと最初にボタンを掛け違っちゃったンでしょうナ。異文化共存は難しい)

左はローストのティーパック。そして右が恐怖の緑茶タイプ、ワイルド!




| 2010.04.09 Friday (07:29) | お〜ら!ぶらじりあ | - | - |
042 謎のペルー料理カラプルクラ!!

     
ラテン大和さん特製の「カラプルクラ」。ナンだか異常に綺麗に撮れた

静岡の実家の近所の、噂のブラジルスーパーでヘンなモノを買って来ました。ココは南米のモノならばブラジル以外のも色々置いて有るンですが、直輸入モノが多くて私にゃ殆ど字が読めないンです。でも偶には読めるのも有る。

流石に畜産大国だけ有って肉は巨大な単位で置いて有りますし、グルグル回るウィンナー、謎の調味料から謎のヌードル類。謎の酒から謎の菓子までとにかく謎だらけ。パンや冷食や野菜や粉モン何ぞも有って、ホント面白い。

日系人が経営の食品会社が国内に幾つか有る様でして、中でも神奈川県綾瀬市の「ラテン大和」という会社がその大手らしい。ココの商品は日本語が書いて有りまして、私メみたいな原住民にも比較的安心して買えるンです。

今回、私メが面白半分に買って来たのが写真にある「カラプルクラ」なるモノ。こりゃペルーの代表的料理だそうでして、フジモリ大統領が居た位ですから日系人も多いンでしょうナ。漢字で書けば「秘露」、かつてのインカ帝国です。


流石にキャッサバ芋は無いンで、USA産の皮付きフライドポテトで代用

ペルーてぇと「ナスカの地上絵」とか「コンドルは飛んでいく」とか、スペインによる過酷な占領位しか・・知識は無いンです。ましてや「カラプルクラ」ナドは全く知りません。そこでレトルトの裏面に書いてあった文章を転載致します。

「ペルーの伝統食品パパセッカと豚肉を煮込み、あまり辛くないパンカと云う唐辛子で味付けした代表的なペルー料理です。キャッサバ芋のフライを添えて、ご飯と一緒にどうぞ。アンデスの素朴な味わいをお楽しみください。」・・

パパセッカと云うのは乾燥イモらしいンですが、今回買って来たのはレトルトパック。つまり温めればすぐに食べれる訳でして、美味いか不味いかソレともお口に合わないか。ワクワクしながら湯煎して、お皿に盛ったら出来上がり。

結論から言いますと「美味かった」です。USA製の缶詰のポークビーンズをもっと円やかな味にして、豆の代わりにダイス状のジャガ芋を入れた感じ。流石に毎晩は無理ですが、月イチなら食べてもイイかなぁと思える味でした。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ
↑↑ 押してもらえると更新する張り合いが出ます ↑↑

★明日は「京都府京都市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ペルーでハレの日のご馳走カラプルクラ」ラテン大和HP
http://latinyamato.com/carapulcra.htm
★「カラプルクラ プラティ」キョウダイマーケットHP
http://kyodai.co.jp/market/index.php?main_page=product_info&products_id=18326&zenid=
fbav95bb2i2d1dned8lm6g00b2


(何処かで食べた事の有る様な・・無い様な・・親しみ易い味でしたヨ)




| 2009.12.22 Tuesday (08:13) | お〜ら!ぶらじりあ | - | - |
004 フェイジョアーダ騒動(3)敗戦処理


出来上がったフェイジョアーダ、三日目の状態。美味くなって来ました

予め申し上げますが、このブログは料理の作り方を懇切丁寧詳細に紹介する気は更々ございません!どうしても知りたい人は、ご自分で検索して下さい。

さて意気揚々と板橋の我が家へ持ち帰りました、フェイジョアーダの材料セット。10人前位でなんと498円!!しかし鯉風夫婦に唯一判っているノはお肉コーナーの日系人のおじさんが教えてくれた「アラッテニレバイイよ〜」。

何度か食べた事がございますので、「出来上がり」は想像出来るンですよ。黒インゲン豆と塩漬けの干し肉を、兎に角「アラッテニレバイイよ〜」すればアア成るンんでしょうが、材料だけで調味料の類が中に入ってないンです。

「確か・・塩味だったよなぁ」と忘却の彼方から微かな記憶を穿り返し、何れ塩分は干し肉の類から出てくると判断したモノの、この干し肉の類は何しろ得体の知れないモンばかり。干し肉や干しソーセージの切れッぱしだらけ。

鯉風はエラそうに講釈を垂れるンがお仕事で(そりゃそうよ、私ァ講釈師だ)、お料理は気の毒な事にウチの嫁さん。干し肉の塩分だけじゃぁ持つまいと、大蒜と玉葱を刻んだり摺ったりし、「アラッテニレバイイよ〜」に取り組みます。

お鍋で煮込む事何分位だったかは最早忘却の彼方へ飛び去りましたが、そうこうして出来上がりました。「確かにこんな臭い()だったなぁ・・」と、忘却の彼方から再び引き摺り戻してくれる、「豆と干し肉の煮込み」料理。

作って貰った立場でこんな事を言うのはナンだと思うンだけれども・・。妻よ、我が連れ合いよ!幾ら嘘を付くのが仕事の講釈師だって、たまには本当の事を申し述べにゃぁならぬ時は有るのだ。だから言わせて「美味くなかった」。

見た目のグロテスクさは元々承知ですし、別に「不味い」訳じゃ無いのよ。ただ「美味くない」のよ。何とな〜くお判りいただける事だろう、と存じますがどうしよう。何しろ大量に作ったンで、まだ奴ぁ〜たっぷり余って居やがる・・。

ところが不思議なモンで、敗戦処理のつもりで食べてましたらば「豆」も「肉」も互いの味が段々馴染んだと見えまして、日毎夜毎に美味くなってなって参りましたとさ。だけど又買うかと尋ねられましたらば・・、う〜ん。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ
↑↑ 押してもらえると更新する張り合いが出ます ↑↑

★次回は「超メチャクチャな時代劇について」考えます★

(参考リンク)
★世界の料理 総合情報サイトe-food
http://e-food.jp/

(もうこの位にしときましょ、豆は煮るとかさがドンドン増えるのだよ)




| 2009.10.20 Tuesday (11:22) | お〜ら!ぶらじりあ | - | - |
003 フェイジョアーダ騒動(2)神の啓示

セットに入っていた、干し肉の類の数々。ナンだかよく判らん部分ばかり

静岡県磐田市の今の実家の近くに有る日系ブラジル人向けのスーパーに、私メは帰郷する度にひまを見つけてくり出してみるンですが、ここはどうも基本的に日本人を相手にしてない様で、売っているのは何だか判らンモノばかり。

売ってますのは野菜・お魚・お肉にお菓子、各種調味料に穀物・冷食、缶詰・飲み物・お酒の類、店内で焼いたらしいパンやケーキと一通り揃ってまして、遠い異郷でコレだけありゃ、日系人達は頼もしいだろ〜なと思える品揃え。

母国から輸入したモノだけで無く、日本国内で造ってるモノも有る様でして、見てて楽しいンですが、鯉風は彼の地の文化への造詣は極めて浅いンで、その使い方や食べ方が想像できそうなモノはせいぜい半分程度なのですよ。

ですから「エイヤぁ」と勢いで買ったモノの、使い方が判らず理解が出来ず、仕方なく「エイヤぁ」と放置されてしまった各種屍が山の様に有ったンですが、今回買ったフェイジョアーダだけは、「ま、何とか成りそう」な気がしたンです。

と云うのは、嫁さんと二人でそのフェイジョアーダの材料セットを見てたらば、お肉コーナーの日系人のおじさんが我々に作り方を教えてくれたンですよ。神は迷える我々に仰いました、「アラッテニレバイイよ〜」。しかも安い!!

ブラジルの国民食フェイジョアーダは、黒インゲン豆と塩漬けのくず肉を、大蒜と岩塩でただ煮込む、とにかく重くて塩っぱいお料理でございまして、元々はアフリカから来た黒人奴隷たちが食べてた労働食なんだそうです。

何度か食べた事が有るンで、「材料」と「出来上がり」の相関関係が理解出来る数少ないブラジル料理。しかも「アラッテニレバイイよ〜」ですし、しかも安かったンで、失敗したってさほど惜しくは無い!!何しろ10人前498円だ!!

と云う訳で、普段は旅先から「お肉」を買ってくる事は滅多に無いンですが、今回だけは「買ってくるぞとイタバシク〜」と板橋区へ意気揚々と持って帰り、フェイジョアーダ作りに(ウチの嫁さんが)取り組む事になるンでございます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ
↑↑ 押してもらえると更新する張り合いが出ます ↑↑

★次回は「フェイジョアーダに挑戦!その3」です★

(参考リンク)
★「シュハスコレストランChoupana」HP
http://choupana.three-count.com/

(もう一回くらい、続くンじゃないかな・・)



| 2009.10.18 Sunday (22:35) | お〜ら!ぶらじりあ | - | - |
002 フェイジョアーダ騒動(1)事の起こり

磐田市で買った、フェイジョアーダのセット。10人前位なんと498円!!
 
鯉風の今の実家の有る磐田市をはじめとした静岡県西部から愛知県東部にかけての一帯(俗にいう「だら語」圏の旧遠江・三河エリア)は、家族ぐるみで日本に出稼ぎに来ている日系ブラジル人が大変に多いところなンですよ。

トヨタやヤマハ等に代表される、花形輸出産業が集中する「だら語」圏は、アメリカに端を発した世界同時不況の影響で輸出が頭打ちに成るまでは、(国内の他地域にくらべて)非常に景気がよく、随分と賑わっていたンです。

各工場には地元だけでは人が足らず、そこで国内各地から多数の労働者を受け入れ、更に日系人も受け入れた為なのか、良く云えばメトロポリタン?悪く云えばごった煮の様な、「何でもアリの文化」に成りかけている様な・・。

他文化を鷹揚に受け入れる「だら語」圏のゆるゆるした雰囲気は、中世以来からの習慣ナンだろうと私にゃ思えるンですよ。東西を強国に挟まれ、また東海道な事から、好む好まざるに拘わらず、受け入れざろう得なかったのか。

お陰で両親の実家が有るというだけで、生まれた訳でもなければ、住んだ事すら一度も無いのに、遠江の国府のまち磐田市に私ぁすっかり馴染んでしまったンですが、ココには他では見られない珍しいお店が結構有るンです。

それらは、我々には読めない言語で店名や商品名が書いてあるンです。といっても、ハングルやアラビア語の様に文字自体が読めない訳では無く、慣れ親しンだアルファベットなンですが・・。なにしろポルトガル語だもの・・。

前出の通りに「だら語」圏には日系人が多いンで、彼ら向けのスーパー等が多数存在するンです。同様に日系人の多い群馬県大泉町や三重県鈴鹿市あたりにも多数有りますが、基本的に日本人を相手にしてない店は面白い!!

そんな日系人向けのスーパーが、偶然に鯉風の実家の近くに有りまして、帰郷する度にひまを見つけてくり出してみるンですが、上の画像にございます「フェイジョアーダ」という「豆と干し肉の煮込み」料理セットが売ってました・・。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ
↑↑ 押してもらえると更新する張り合いが出ます ↑↑

★次回は「フェイジョアーダに挑戦!その2」です★

(参考リンク)
★磐田市観光協会HP
http://kanko.iwatanet.com/

(恐らくこの根多は、続くンじゃないかな・・)



| 2009.10.16 Friday (22:17) | お〜ら!ぶらじりあ | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS