きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2844 【名物パン327】革命家と海峡に架かる橋と「淡路島パン」・・垂水

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

お陰様で昨日三十一万PVを突破した様です。有難うございます、これからも頑張ります

平成十年(1998)の開通から「世界最長の吊り橋」の座を、ずっと保のが淡路島への「明石海峡大橋(センタースパン1991m)」。ココがに震源だった阪神・淡路大震災でも、ビクともしなかった驚異の橋です

 

拙宅の在る東京を離れ、ナゼか神戸へ参った私メです。と云っても三宮や元町等の中心街に行った訳じゃ無く、又ごく最近の訪問でも有りませが、リアルタイムでの更新を諦めた拙ブログ旅日記ナンで御容赦を。

 

ナニしに西へ向かったかと云うと、或る「革命家」の足跡を辿る為。同じ様な社会変革活動者でも失敗すりゃ「反逆者」「扇動家」扱いですが、ソレが成功したら「革命家」と評され・・持続したら「国父」と崇め奉られる。

 

大橋の真下から、約四km離れた対岸の淡路島を望んでみましたヨ。ココに架橋しようと云う構想は戦前から有ったソウですが、軍艦の航にジャマだからと反対されたとか。技術的な問題も有ったンでしょうが

 

天皇制の日本は世界的でも稀有な革命の無かった国で、国父ナンて方は当然居ませんが、都内を歩いてると他所の国父の縁跡を方々で見掛けますヨ。その方こそ「孫中山」こと孫文先生で、中国の革命家ですナ。

 

明治から大正にかけての東アジアで、列強に食い荒らされ断末魔の喘ぎを挙げてたのが清帝国。その打倒・革命を目指す勢力は、文明開化が上手く行って急成長中の日本に頼ろうと、大勢が亡命して来てた様。

 

大橋の本州側の袂、舞子公園の海際に建つのが「孫文記念館」。大正四年(1915)竣工の国文で、日本最古のコンクリブロック建築物。度目の亡命をし文センセは、建ったばかりのココに匿われたとか

 

日清戦争後に蜂起したモノの、失敗して日本に亡命した孫文センセは、人望が有ったンでしょうナ。また日本での協力者も強力で、日本潜伏中の中国人革命家たちを一つに纏め上げ、その首領として辛亥革命へ!

 

ですが図体が大きな国だけに一筋縄にゃ参らず、確かに打倒した筈の清朝の残党が勢力を盛り返し、孫文センセ達は再び日本へ亡命を。最初の時は専ら東京に居たンで、その縁跡を私ぁ良く見掛けてるみたい。

 

夜に成ってから夜景を見に、改めて明石海峡大橋へ・・我ながらモノ好きですナ。JR神戸線・舞子駅から向いますが、駅の真上に海峡を渡る世界一橋が架かってるって、私メら東夷にゃ珍妙な風景に思えます

 

ですが二度目の時は専ら神戸だった様で、ソレって何処かしらんと調べてみたら・・明石海峡大橋の袂に建ってる、あの不思議な格好の洋館がソウだったか!ココから再起して革命を完遂し、国父と呼ばれる様に。

 

もちろん講釈師の説明だから正確じゃ無いですケド、大雑把にこんな感じですか。失意の革命家はココから海峡を眺めながら、一体ナニを思ったのか?当時は無かった大橋を仰ぎ見つつ、フト考えてみた私メです。

 

大橋のライトアップは平日用・土日用・イベント用・時報用など、全部で二十八パターンも有るンだとか。コレが一体ドレなのか良く判りませが、東京のレインボーブリッジや横浜のベイブリッジと長さが違いる分だけ豪勢で、関西に住んでたら時々参りたいと思っちまう位です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「岡山県岡山市北区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「Feel KOBE」神戸国際観光コンベンション協会HP

★「Tarumi guide」垂水観光推進協議会HP
★「神戸市垂水区の名所・旧跡・観光スポットまとめ」NAVERまとめHP
★「明石海峡大橋」明石海峡ブリッジワールド・JB本四高速HP
★「明石海峡大橋は世界一のつり橋」明石海峡大橋マニアサイト・ブログ
★「明石海峡大橋
(パールブリッジ)」リフォーム神戸RESTA HP
★「兵庫県立舞子公園」兵庫園芸・公園協会HP
★「日本で唯一の孫文記念館」孫文記念館HP
★「孫文と日本 〜革命いまだ成らず〜」国立公文書館 アジア歴史資料センターHP

★「台湾の国父 孫文の実像」浮世風呂ブログ
★「Walk神戸22[孫文記念館]−移情閣の孫文−」続・感性の時代屋ブログ
★「孫文を歩く 神戸編1」東京紅團HP
★「毎日に、おいしい発見」オイシスHP
★「オイシス 淡路島コーヒー牛乳カステラサンド」ぱんこの☆愛する菓子パンとの日々ブログ

★「《オイシス》淡路島産玉ねぎとハムのピザ」よつばや番頭のコレうまっ♪ブログ

(関連する記事)
★「349 【お米料理18】かつめしを喰いに加古川まで」
★「350 【名物パン27】元祖にしかわフラワー」

★「931 【名物パン72】西国街道と『大林パン』‥明石」
★「932 【お魚料理50】日本標準時と『いかなごのくぎ煮』‥明石」
★「933 【やきそば60】明石・魚の棚で『焼きそばの天ぷら』」
★「1121 【やきそば93】太過ぎるけど、コレも『焼きそば』‥明石」
★「1502 【名物パン144】尾上の松と『バッファロー』‥加古川」
★「1503 【粉なモン26】高砂の松と『にくてん』‥高砂市」

★「1504 【やきそば154】絶品『焼き蕎麦』と律儀すぎた大名‥加古川」
★「2182 【お米料理176】革命家と紫陽花と『チキンケバブ丼』・・白山」

★「2186 【麺類色々185】『たまねぎラーメン』と海峡に架ける橋・・明石」
★「2661 【麺類色々221】海峡を望む街で『都きしめん』を・・明石」

★「2800 【お魚料理107】桜咲く須磨浦公園で『いかなごのくぎ煮』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(何度見てもホント凄い橋ですナ、関東にゃこんな凄いの無いですヨ)

舞子や垂水区でナニか珍しいモノを探したンですが、特に見付からぬモンですから・・同じ神戸市に本拠を置く「オイシス(昔の近畿食品)」のパンで御勘弁を。ドチラかと云うと廉価商品が主体の会社ですが、明石海峡大橋の対岸の淡路島の産品を使ったシリーズから三品を。淡路島と云えばソリャもぅ玉ねぎですし、乳産品も関西じゃ結構有名な様で、久しく渡って無い淡路島のコトを思い浮かべながらモグモグと・・




| 2017.06.13 Tuesday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
2801 【麺類色々242】夜桜の白鷺城と「御座候の担々麺」・・姫路

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

「平成の大修理」の完了から二年経ち、初めは白過ぎて違和感の有った「姫路城(白鷺城)」も、流石に落ち着いた雰囲気に成って参りましたナ。黄昏を浴びて輝く姿・・やっばホンモノのお城は良いと感嘆します

 

花を求めて都内を飛び出し、関西・瀬戸内の桜の名所をフラフラ訪ね廻る私メです。最後は尾道まで参りますが、観桜したトコが多て・・お噂の鮮度がドンドン悪く成ってくけど仕方無い。どうか御勘弁願います。

 

街の桜・里の桜・山の桜、寺の桜・神社の桜・霊園の桜、水場の桜・広の桜・庭園の桜・・花の名所はイロイロ在るけれど、日本人の琴線に番触れるのは「お城の桜」じゃ無かろうか?取り敢えず私ぁソウだ。

 

陽が暮れるまで繁華街をブラついて時間を潰し、イザ参らん「姫路の夜桜」に!大天守・小天守など八棟が国宝、櫓や門など七十四棟国の重文と云うスゴイお城で、内郭・西南角の「ワの櫓」も重文ですヨ

 

特に高く聳える天守閣を、満開の桜の枝ごしに眺めるのが好きで、叶うコトなら何時間だって見て居たい。処が私メの住む東京の城・・江戸(現皇居)にゃご存知通り天守閣は無く、ソレが出来ンのが残念無念。

 

何しろ明暦三年(1657)の大火で焼失して以来、再建されなかったンだから仕方無い。ま、天守閣の最大の役割は「敵がドコまで来たか」監視する為の見張り台で、天下泰平の江戸じゃ要らぬ存在だった訳だしネ。

 

陽が完全に没し、漆黒の闇に包まれると・・白く浮かぶ大天守ナント美しいコトか!修理完了から暫くは「白鷺城」ならぬ「白過ぎ城」と揶揄もされてましたが、背景が真っ暗だと「ソレがイイ」と叫びたい位

 

但しコレは都民にゃ当然でも、全国的な常識じゃ無い訳で・・私メが苑の大芝生(江戸城本丸御殿跡)で時々寝っ転がってますと、「天守閣ドコに在る?」と訊いて来られる方が。三百数十年も前から無いですヨ。

 

最近は時代劇のTVが減っちゃいましたが、華やかなりし頃は「江戸の天守閣」らしきモノが度々映ってましたンで、きっと在るンだと思わてるンでしょうナ。ソレは姫路城の大天守を、撮影に使ってたンですゼ。

 

一昨日ご紹介の彦根城に続いて関西の「夜桜の名城」を楽しむ私メですが、流石の世界遺産だけ有って姫路城は夜でも人出が多いねぇ。ソレでも騒々しくないンで、ジックリ静かに夜桜を・・夢みたいな風景です

 

全国に沢山在るお城の中で、創建当初の姿で天守閣が今も残るのは彦根と姫の二つだけ。特に姫路は規模が壮大で、日本一の巨城・江城をイメージさせるのに相応しいンでしょうネ。実際、勘違いするほど。

 

だから違うのは重々承知の上で、江戸城天守閣が在ったコウだったのかしらん?と私ぁ夢想しちまう。ましてや桜・・特に夜桜と成りゃ講釈師の夢は拡がる一方で、何時までも眺めてたい満開の姫路城でした。

 

姫路城の夜桜を眺めるのは二年ぶり・・姫路にゃ結構参ってますが、この絶景を次に見られるのは何年後かしらん。ソウ思うと容易には去り難く、何度も何度も振り返りながら・・東京に持って帰りたい眺めですナ。江戸城に天守閣が残ってたら、或いは復元されてたら、私ぁ毎晩桜に行っちまうかも。生きてる内に復元されるコトは無いでしょうが

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「岡山県岡山市北区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「姫路観光ナビ ひめのみち」姫路観光コンベンションビューローHP
★「食のまち姫路」姫路食文化協会HP
★「みなさん、姫路市にお越し下さい!」ふるさと姫路をぶらりHP
★「観光ガイドに載っていない、とっておきの姫路情報」ほりほりの姫路ガイドHP
★「世界文化遺産・国宝 姫路城」姫路城管理事務所HP
★「今年こそ姫路城の桜を見たい!おすすめポイントは?」終活ラボHP
★「姫路城周辺の桜」カメラと散歩 suson HP
★「夜桜 姫路城」ナチュラルハッスル・ブログ
★「花あかり−姫路城夜桜」ぷひぷひ探検隊ブログ
★「江戸城に『天守』がないのは何故?再建に『待った』がかかった驚きの理由とは」小学館サライHP
★「手焼きの温もりから生まれる 風味豊かな本物の味」御座候HP
★「御座候のラーメン店
(姫路市内3店舗)」御座候HP
★「姫路グルメ 御座候にまさかの担々麺が!姫路にしかない!美味必食!!」女の神戸グルメ・ブログ

★「SANYO」姫路山陽百貨店HP


(関連する記事)
★「318 【名物パン23】姫路城とアーモンドバター」
★「319 【粉なモン05】ぐじゃ焼きは播州皿屋敷・お菊神社の近く」
★「320 【麺類色々15】姫路は実に美味く、そして実に謎深い」
★「321 【麺類色々16】姫路の御座候は担々麺屋でも有る」
★「349 【お米料理18】かつめしを喰いに加古川まで」
★「350 【名物パン27】元祖にしかわフラワー」
★「601 【麺類色々30】龍野のお殿様は鉄拳の持ち主だった」
★「602 【麺類色々31】私ぁつらいよ in 月曜日の龍野」

★「1502 【名物パン144】尾上の松と『バッファロー』‥加古川」
★「1503 【粉なモン26】高砂の松と『にくてん』‥高砂市」
★「1504 【やきそば154】絶品『焼き蕎麦』と律儀すぎた大名‥加古川」
★「1505 【やきそば155】ライトアップ姫路城と『姫路のちゃんぽん』」
★「1641 【やきそば177】黄昏に映える姫路で『そば焼き』を」
★「1642 【お魚料理86】『コノシロの押し寿司』と夜の姫路城」
★「2125 【名物パン236】真白な姫路城と桜と『ことぶきのぶどうぱん』」
★「2126 【麺類色々175】夜桜輝く白鷺城と『とり天えきそば』・・姫路」

★「2598 【今川焼き51】白鷺城と『ひいらぎ鯛焼きの本店』・・姫路」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(浮かんでは消える江戸城天守閣再建のお噂・・夢のまた夢ですナ)

陽が暮れるまで・・姫路駅前の繁華街でイロイロ買い食いをし、私メ最愛のたい焼き「恵比寿のひいらぎ」の本店「遊示堂」サンへ参ったのは勿論のコトですが、地元の私鉄・山陽電鉄姫路駅ビルの山陽デパートの地下で、「御座候のラーメン屋」を発見!御座候と云えば西日本最強・最大の今川焼きチェーンで、実は姫路が発祥の地。だから?ココだけはラーメン家もやってたりしますヨ。JRの駅ビルグランフェスタの地下にソレが在るのは知ってますし、以前から何度か参ってますが、山陽デパートの地下にも在るのを今回初めて知りました。名物はゴマみそ担々麺とジャンボ餃子で、正直大した味じゃ無いですが・・涙が出る位に安い!創業当時からお世話に成ってる姫路市民への感謝でお安くしてるらしく、もちろん市民以外でも大丈夫。コレは羨ましいです




| 2017.04.26 Wednesday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
2800 【お魚料理107】桜咲く須磨浦公園で「いかなごのくぎ煮」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

大都市圏のJR駅で海水浴場に一番近いのは、南口の真ん前が海岸の「須磨駅」。痩せ衰えた砂浜を回復させる砂入れ工事中で、百m先まで遠浅の海に成るとか。その為、GW明けまで汀には近寄れません

 

住んでる東京だけじゃ満足できず、花を求めて「桜遍路」。関西・瀬戸内の桜の名所へフラフラと、至って気侭な旅をする私メです。勿論コレは盛りだった頃のコトで、些か鮮度の悪いお噂ですが・・御容赦の程を。

 

今月末までにゃ終わらせる予定ですが、ソレだって根多にするトコを絞りに絞った結果で、叶うコトなら来月半ばまで続けたい様な心地。折角行ったのに記事化出来ない場所が多くって、ナンだか残念・勿体無い。

 

淡路島を望む「鉄拐山(てっかいやま、234m)」と須磨海岸との間の狭い回廊に、細長く拡がっているのが「須磨浦公園」。ココは白砂青松の景勝地して知られてたトコで、訪ねた日はちょうど桜が満開でしたナ

 

尤も「折角行ったのに根多にせず、そのママお蔵入りさせた」のは今回が初めてな訳は無く、何度も行ってるのにドウにも記事化させてない街が幾つも在りますヨ。拘りの自己規制も有れば、興が乗らないトコもネ。

 

今まで拘り過ぎて文章に成らず、二千八百本にして初めて記事にするのが神戸。と申しましても・・西端の垂水区なら以前書いてますが、アソコは明石の続きの様なトコだから。で今回は、その東隣りの須磨区へ。

 

先帝陛下のご成婚記念として、万葉の昔から歌詠みに愛された海岸沿いに「須磨浦公園」が開設されたのは、昭和十年(1935)のコト。園内にゃ三千本以上のソメイヨシノが植えられてるソウで、見事な春です

 

関西じゃ知らぬ者の無い「超」有名海水浴場の在るトコで、関東ならば江ノ島に当るのかナ?東京者の私メも何度か泳ぎに行った覚えがますが、アレは震災前でしたから随分前のコト。あの頃は若かった・・。

 

尤も今はまだ春で泳げよう筈も無く、大体が海水浴場は近くの加古川の浚渫で出た海砂を運搬し、養浜の真っ最中。ソレに桜目当てで参りましたンで、近づけぬ海岸よりも須磨浦公園へ参ってノンビリ観桜しましょ。

 

須磨浦公園は海側にJR神戸線が、山側は山陽電車が轟音を上げて走り抜けて行くトコで、「桜と電車」を撮ろうと高そうなカメラを持った鉄ちゃん()の姿が!私メも真似をしてみましたが、上手く撮れませんヨ

 

かの源氏物語の主人公・光源氏の君が、権謀渦巻く朝廷で一旦敗れ、更なる災いを避けようと落ち延びた先が須磨界隈。もちろん物語のコだから、具体的にドコなのか判ろう筈も無いけれど、古からの景勝地。

 

第十二帖「須磨の巻」を思い出しながら、桜咲き誇る公園ンで佇もうと思えども・・花見客が賑やかで、とても物思い出来ませんナ。むしろ他のコトを思い出し過ぎて、涙・涙の須磨の桜に成ってしまった私メです。

 

史実の須磨海岸は、源平合戦の大激戦「一ノ谷の合戦」が行われたトだったりしますヨ。一旦落ち延びた九州から再上洛を目指す平家大軍に対し、大手(本隊)の源範頼公が五万六千騎・搦手(別働隊)経公が一万騎を率いて襲い掛かり、ココで致命的な大敗北を喫した平家方はやがて滅亡するコトに。多くの公達が討ち死されてすが、名なのが僅か十六歳だった平敦盛卿。その悲劇は「青葉の笛」の逸で知られてますが、敦盛卿の胴塚が須磨浦公園の一角に在ります賑やかな公園内と違い、ココは比較的静かで古を偲ンだ私メです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「兵庫県姫路市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「Feel KOBE」神戸国際観光コンベンション協会HP
★「Welcome to SUMA ようこそ須磨へ」須磨観光協会HP
★「山あり!海あり!魅力満載の兵庫県・須磨の観光スポット7選」icotto HP

★「須磨楽学」神戸市須磨区役所HP

★「須磨海岸」沢の鶴 神戸guide HP
★「神戸・須磨海岸が遠浅に 5月に工事完成」神戸新聞NEXT・HP
★「神戸の公園ナビ・須磨浦公園」神戸市公園緑化協会HP
★「須磨浦公園、鉢伏山の桜、お奨めです!」もっと神戸を好きになるブログ
★「須磨浦公園の桜・続き」神戸・昼から散歩ブログ
★「須磨 〜 紫の上を残し都を去る光源氏」3分で読む源氏物語HP
★「源平合戦の地『一の谷』へ!駆け下りる源義経、そして平敦盛の悲劇に思いを馳せる歴史旅」ニホンタビHP

★「敦盛塚」日本伝承大鑑HP
★「くぎ煮.jp いかなごのくぎ煮のことなら」いかなごのくぎ煮振興協会HP

★「瀬戸内海の素晴らしいローカル文化、イカナゴの釘煮と文学」後藤和弘のブログ

★「イカナゴ不漁で空前の高値 祭り中止も・・ 原因は」神戸新聞NEXT・HP


(関連する記事)
★「349 【お米料理18】かつめしを喰いに加古川まで」
★「350 【名物パン27】元祖にしかわフラワー」

★「931 【名物パン72】西国街道と『大林パン』‥明石」
★「932 【お魚料理50】日本標準時と『いかなごのくぎ煮』‥明石」
★「933 【やきそば60】明石・魚の棚で『焼きそばの天ぷら』」
★「1121 【やきそば93】太過ぎるけど、コレも『焼きそば』‥明石」
★「1502 【名物パン144】尾上の松と『バッファロー』‥加古川」
★「1503 【粉なモン26】高砂の松と『にくてん』‥高砂市」

★「1504 【やきそば154】絶品『焼き蕎麦』と律儀すぎた大名‥加古川」
★「2186 【麺類色々185】『たまねぎラーメン』と海峡に架ける橋・・明石」
★「2661 【麺類色々221】海峡を望む街で『都きしめん』を・・明石


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ロープウェイで山に上りたかったですが、大変な行列で・・残念です)

明石海峡の春の名物と云えば「いかなごのくぎ煮」ですが、長年の乱獲や水温の変化等により今年はイカナゴが大不漁で、当然くぎ煮の高いコト高いコト!須磨に住む母の友人が長年送って下さってましたンで、私ぁ子供の頃から良く知ってましたが・・イカナゴとは関東で云うオナゴの事で、遠浅の砂地に住む細長い小さな魚。春だけ漁が解に成るンで須磨や垂水辺りじゃ御家庭で大量に炊いて、親戚やらに送ったりするのが風物詩。私メも春に成るとコレを食べたく成りが、今年はチョット手が出し辛いヨ・・だもんで少しだけで我慢我慢!レでも嬉しく思えるンだから、季節だけの恵みってホント有難いですネ




| 2017.04.25 Tuesday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
2661 【麺類色々221】海峡を望む街で「都きしめん」を・・明石

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

日本の時間の基準「東経135度線」が通るのが、今回訪ねた兵庫・明石市。明治十九年(1886)にココの時間が日本全国の準に成って、今年はちょうど百三十年!なおロンドンとは九時間の時差が有ります

 

大阪からJR西日本ご自慢のカットビ列車「新快速」に乗って、神戸の西隣りの明石市へ参った私メです。目的や用事は特に有りませんが・・上まで折角来てンだから、京都や大阪以外も歩きたかっただけですヨ。

 

新快速なら大阪駅から四十分弱と近く、拙宅の在る東京で例えれば横浜の戸塚辺り。ソレでも我が定宿のフロント氏は「エライ遠くへ行きましたナ」って、関東と関西じゃ距離感覚が違う様・・東京が変ナンですが。

 

地元の方が明石を説明する時の優先順位は、「蛸・鯛・イカナゴの名産地」「子午線の通る街」「神戸の隣り」だソウで、明石駅のスグ近くに蛸や鯛の揚がる漁が!淡路島へ渡るフェリーの乗り場でも有ります

 

同じ兵庫県の神戸や姫路にゃ毎年参って居りまして、(失礼ながら)ココその序でに明石海峡大橋を眺めに来る街。イヤ厳密に云うとあのの本州側は神戸の垂水区だから、明石はチョット翳めてただけですナ。

 

てな訳で、明石駅の改札から街へ出るのは四年ぶり。橋は何れまた訪ねますンで、今回はソレにゃ近寄らずに歩き廻ろうと意気込んで来たモノの、大阪はナンとかお天気がもってたのに・・明石は雨降り参ったネ。

 

小笠原忠真公により元和四年(1618)に築かれた「明石城(錦江)内堀が、JR神戸線や山陽電車の明石駅北口の目の前に!要するに駅がお城の外郭内に作られた訳で、西日本はこう云うトコが多い様な

 

ま、雨だろうと風だろうと気にせず歩くのが私メのポリシーで、ソレを毎日休まず二年近く続けてますし、スマホの雨雲レーダーを見れば大したソレじゃ無い様だし、どうせ止むでしょ。なれば秋雨じゃ濡れて参ろう。

 

ソレでもなるべく濡れたく無いンで、商店街の屋根伝いに辿り着いた明石港。風も出て来て雨は強まり、私ぁスッカリ濡れ鼠。全屋根アーケードの「魚の棚商店街」に逃げ込めば、すっかり観光地と化してましたヨ。

 

八万石の親藩・松平(結城)家の本拠「明石城」は、小高い丘に築かた平山城。現存する東西の櫓は週末だけ内部が公開されてますが、雨降りだと中止に成るソウで・・今回はその生憎に成っちゃいましたヨ

 

四年前はソウじゃ無かった・・服薬治療の副作用で最近のコトは良く覚えてませんが、発病前のコトは結構憶えてる私メ。確かに観光客は結構ましたが客呼びは殆ど居らず、地元客メインの商店街だったのにネ。

 

イヤなモノを見たと逃げ出したいけれど、持参の折り畳み傘じゃ辛い天候で動くに動ず、悪貨が良貨を駆逐した様子を眺めてましたナ。京都の錦小路もソウですが、一旦観光地化すると歯止めが掛らぬ様です。

 

明けない朝が無い様に、止まない雨もそのうち絶対に止む!暫くしたら雨ががりましたンで、テクテク歩いて海沿いの明石市役所まで行き、海峡の向こうの淡路島を眺めてみましたヨ。大橋の出来る前は淡路へ渡るのは明石港からの船が当然で、船体に赤い大ダコの絵が描かれた「たこフェリー」なんてぇのが、この海峡を頻繁に走ってました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都港区北青山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「時のまち・食のまち 明石」明石観光協会HP

★「明石市の地域情報サイト」明石じゃーなるHP

★「【満足度200%】厳選10!明石観光おすすめスポット」NAVERまとめHP
★「東経135度子午線を訪ねて」塩屋天体観測所HP
★「『子午線のまち』といえばなぜ明石市なのか」日経スタイルHP
★「明石公園」兵庫県園芸・公園協会HP
★「明石城」城の道HP
★「兵庫県内の城跡 明石城」ひょうご歴史ステーションHP
★「明石港の風景」明石どっとこむHP
★「『食』もさることながら、人情も熱い商店街」明石・魚の棚商店街HP
★「魚の棚商店街」マルーンの風に誘われて★鉄分補給ブログ
★「1966年創業」都きしめんHP
★「明石の『美味しくて安い』といえば・・やっぱり『都きしめん』!」明石じゃーなるHP
★「都きしめん
(ピオレ明石)」夢の途中ブログ

(関連する記事)
★「601 【麺類色々30】龍野のお殿様は鉄拳の持ち主だった」
★「602 【麺類色々31】私ぁつらいよ in 月曜日の龍野」
★「931 【名物パン72】西国街道と『大林パン』‥明石」
★「932 【お魚料理50】日本標準時と『いかなごのくぎ煮』‥明石」
★「933 【やきそば60】明石・魚の棚で『焼きそばの天ぷら』」
★「1121 【やきそば93】太過ぎるけど、コレも『焼きそば』‥明石」
★「1122 【保存食品27】稲田騒動と『玉ねぎの漬物』‥洲本」
★「1123 【スナック13】ストロー現象と『関西だしポテチ』‥洲本」
★「1504 【やきそば154】絶品『焼き蕎麦』と律儀すぎた大名‥加古川」
★「2125 【名物パン237】真白な姫路城と桜と『姫路のぶどうぱん』」
★「2126 【麺類色々175】夜桜輝く白鷺城と『とり天えきそば』・・姫路」
★「2186 【麺類色々185】『たまねぎラーメン』と海峡に架ける橋・・明石」
★「2598 【今川焼き51】白鷺城と『ひいらぎ鯛焼きの本店』・・姫路」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(例え市民に敬遠されようと、観光地化して生き残りを図った様です)

雨が上がってからテクテク歩き廻ったらお腹が空きましたンで、大阪へ戻る前に明石駅の下の「ピオレ明石」なるSCで食べましたのが、ちょうど半世紀続く明石名物の「都きしめん」。同じきしめんでも名古屋のソレと全く違い、うるめ鰯の出汁のサッパリとしたモノで、太麺と細麺が選べたりしますヨ(今回は太麺の野菜かき揚げ乗せ)。商売っ気丸出しの魚の棚の玉子焼(いわゆる明石焼)より、コッチの方が私ぁ好きです




| 2016.11.18 Friday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
2598 【今川焼き51】白鷺城と「ひいらぎ鯛焼きの本店」・・姫路

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR姫路駅から姫路城大手門に向け、真っ直ぐ延びてるアーケードが「みゆき通り」。往時はココも姫路城の中だったソウですが、駅北口に幾つか在る大きなアーケードの中で、一番明るくて賑やかな通りです

 

福島・白河市から八百kmほど西へ飛び、兵庫・姫路市へ参った私メです。と云ってもホントは上方旅行の方が先で、記事進行が逆に成ってますが、拙ブログ旅日記はリアルタイム度を謳ってませんので御容赦を。

 

ソレにしても元気な病人だと我ながら思いますが、やっぱり心神・身体は発病前ほど達者じゃ無く、しかも近頃は減薬過程の第一段階で躓いて、春から極度の食欲不振に陥ってますンで、旅する程に痩せちまう。

 

みゆき通りを一kmほどテクテク歩き、姫路城・三の丸広場の入口「大手門」まで参りましたヨ。昨春の満開の桜の時以来の姫路城ですが、他所と同じくココも外国人観光客が多くって・・流石の世界遺産ですゼ

 

やむなくカロリー補給は甘いモンに頼ってますが、あの「大酒呑みの鯉風センセ」が甘党に成るとは!寛解を目指す服薬治療の禁忌条件で、アルコール全てを絶って一年十ヶ月。お酒の味は忘れちゃいましたネ。

 

中でも鯛焼きにスッカリ嵌り、昨冬から今春にかけて・・一体何匹食べましたやら。流石に暑い間は豆大福に走ってましたが、そろそろ狂乱の鯛焼きの季節が到来しますナ。来る冬はドレだけ恵比寿に参るかしらん。

 

昨春は「平成の大改修」が終わったばかりで、城壁や瓦の目地の漆喰ピッカピカに真っ白でしたが、一年半経って多少は汚れた?違和を余り感じなく成りましたネ。「白過ぎ城」と言われなくて済みソウです

 

私メが生まれ育った東京は、発祥地だけ有って鯛焼き屋は至るトコに在り、中でも昨冬は高名なお店を大方廻ってみましたが、個人的にココがベストと断言できますのが、JR恵比寿駅近くの「ひいらぎ」なる繁盛店。

 

その魅力は時折語ってますし、今夏も「たい焼きソフト」を食べに参った位に惚れてますが、もともと恵比寿だった訳じゃ無く、本店が別に在ると云う。但しソレは都内じゃ無く、西へ六百kmも彼方の姫路ナンだとか。

 

姫路駅北口に幾つか在る大アーケードの一つ「西二階町商店街」の入口付近に在るのが、恵比寿・ひいらぎサンの本店に当る「鯛焼本舗 遊示堂」サン。時間帯の関係?恵比寿と違って行列は有りませんでした

 

「ソリャ面白い、なら行ってみよう」と思うのが寄席芸人の酔狂さで、崩壊前はソレだけで生きてた私メ。僅かな灯火でも酔狂は大事したと、鬱憤晴らしに姫路まで行ったンだから・・私ぁトコトン気侭な風だ。

 

今まで何度も歩いてて、勝手知ったる姫路駅前アーケード。この辺りも通った筈なのに、今頃初めて知ったのは・・甘いモンに興味が無かったら。立場や状況次第で新発見は有るモノと、改めて思った私メです。

 

三の丸広場で鯛焼きを食べつつ、姫路城をボンヤリ眺めてる内に陽が暮れましたンで、定宿の在る大阪まで戻ろうとJR姫路駅まで来てみれば、駅ビル「ピオレ」の壁がキレイに輝いてるコト!建て替えられて三年少し経ちますが、日本唯一の「動く壁面LED照明」は見てて結構白く、大阪行きの新快速を二本ほど逃してしまいましたヨ。酔狂ですナ


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市住吉区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「姫路観光ナビ ひめのみち」姫路観光コンベンションビューローHP
★「食のまち姫路」姫路食文化協会HP
★「みなさん、姫路市にお越し下さい!」ふるさと姫路をぶらりHP
★「観光ガイドに載っていない、とっておきの姫路情報」ほりほりの姫路ガイドHP
★「世界文化遺産・国宝 姫路城」姫路城管理事務所HP
★「世界遺産・姫路城の玄関口」姫路駅前商店街振興組合HP
★「姫路!ダイスキ!」姫路みゆき通り商店街HP
★「千姫の城下町」西二階町商店街HP
★「piole HIMEJI ピオレ姫路」神戸SC開発HP
★「姫路に御寄りの際は是非。」鯛焼本舗 遊示堂HP
★「鯛焼本舗 遊示堂/姫路西二階町通り」GOOD Stock HP
★「うまいっ!サックサク生地のたい焼き『鯛焼き本舗 遊示堂』@姫路」Hepporon Library ブログ


(関連する記事)
★「318 【名物パン23】姫路城とアーモンドバター」
★「319 【粉なモン05】ぐじゃ焼きは播州皿屋敷・お菊神社の近く」
★「320 【麺類色々15】姫路は実に美味く、そして実に謎深い」
★「321 【麺類色々16】姫路の御座候は担々麺屋でも有る」
★「349 【お米料理18】かつめしを喰いに加古川まで」
★「350 【名物パン27】元祖にしかわフラワー」
★「1502 【名物パン144】尾上の松と『バッファロー』‥加古川」
★「1503 【粉なモン26】高砂の松と『にくてん』‥高砂市」
★「1504 【やきそば154】絶品『焼き蕎麦』と律儀すぎた大名‥加古川」
★「1505 【やきそば155】ライトアップ姫路城と『姫路のちゃんぽん』」
★「1641 【やきそば177】黄昏に映える姫路で『そば焼き』を」
★「1642 【お魚料理86】『コノシロの押し寿司』と夜の姫路城」
★「2125 【名物パン236】真白な姫路城と桜と『ことぶきのぶどうぱん』」
★「2126 【麺類色々175】夜桜輝く白鷺城と『とり天えきそば』・・姫路」
★「2335 【今川焼き26】ヱビスを諦め『ひいらぎの鯛焼き』を・・恵比寿」
★「2483 【今川焼き44】ピーターラビットと『鯛焼きの切れ端』・・恵比寿」
★「2563 【スイーツ204】梅雨晴れの恵比寿で『たい焼きソフト』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(何度だって申し上げますが、私ぁ決して『糖尿病』じゃ御座いません)

三十分以上もかけてジックリ焼き上げるンで皮はパリパリ、はみ出た餡子がカラメル化してるトコは恵比寿にソックリって・・当然ですナ。姫路でも週末は行列が出来るソウですが、物価の違いかナ?恵比寿じゃ一匹が百五十円もするのに、姫路は百十円って・・チト悔しく思う私メ。ま、旅費まで含めりゃ恵比寿の方が遥かに安いンで、私ぁ今冬もソッチに通うと思いますが。ソレにしても鯛焼き文化の根付かぬ関西なのに、姫路の街は鯛焼きを売ってる店が随分多く、頼もしく思いますが・・コレも今川焼きの御座候さん(姫路が本店)の影響ナンでしょうか?




| 2016.09.14 Wednesday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
2494 【名物パン294】惜別の辞、神田陽司先生へ(後)・・尼崎

一昨日昨日の記事からの続きです、ソチラをまずご覧下さい

阪神尼崎駅は大阪キタの梅田からの本線と、ミナミの難波からのなんば線の乗り換え駅。尼崎藩五万石の「尼崎城」址に駅が在ると、陽司センセから聞いた覚えが・・。いよいよ本葬の朝、悲しい青空でしたネ

陽司センセが痩せ衰えた姿で、杖を突いて現れたのはほぼ一年前、我が神田一門の高弟・山裕先生のお通夜の場でしたネ。その変貌ぶりに居合わせた私メらは吃驚仰天し、思わず息を飲んだのを覚えてますヨ。

僅か十数名の一門でも滅多に揃わず、心神崩壊からの療養で十数kg痩せちまった(その後更に十kg痩せました)私メを見て姐さん達は騒いでたのに、ソレ以上に変わり果てた彼の姿を見て・・一同絶句でしたナ。

陽司センセはその数年前から、御両親の介護で東京と兵庫・尼崎市を行き来してまして、遠距離移動だけでも大変なのに、介護まで加わったンだからソリャ大変。ですがコレばかりは、代わる訳にゃ参りませんし。

彼も「東京・大阪間の交通機関、毎回違うのを使って楽しんでます」とか言ってましたンで、会う度に少しずつ痩せてくのが不安でしたが、大方疲れが溜ってるだけだろうと心配して無かったのに、突然の大変貌。


前夜と違って繁華なアーケード街を通る気に成らず、彼の葬儀会場まで阪神電車のすぐ南側の寺町を、「やっぱ行きたくないナ」「でも行かなきゃ駄目だよナ」と逡巡しながら、辛い心地でブラブラ歩きましたネ

今にして思えば、病状の悪化を隠し通すだけの余裕が無くなって、現実を出さざろう得なかったンでしょう。尤も私メも具合が悪くて青息吐息で、結局「病人は休んでろ」と二人とも、受付の隅っこに座って休むコトに。

そン時に同期生の無遠慮で「一体ドウした」と聞いたらば、陽司センセは「私は大丈夫ですヨ、ソレより兄サンの方こそ」って逆に心配して呉れたンで、私ぁ「あぁ大丈夫、互いに早く元気に成ろうネ」って答えましたゼ。

そしたら彼はチョット涙ぐみましてネ。ドウやら既に「助からない病気」なのを悟ってたらしく、あの涙は「ソレは無理です」って返事だったンでしょうナ。処がコッチも病気持ちで、そんな機敏の判る状態じゃ無いですヨ。

だから「共に長生きして年寄に成ったら、若い連中を煙に巻いて楽しもう」って言ったら、力なく笑ってましたヨ。ついでに私メの葬式じゃ、後輩代表として弔辞を読んで呉れる様に頼んじゃいました・・ホント馬鹿。


尼崎の寺町で一番大きなお寺は、応永二十七年(1420)に建立された法華本門流の大本山「本興寺」さん。全く通りすがりですが、陽司センセの冥福を祈らせて戴きましたヨ。国の重文多数を所蔵する古刹です

一門の重鎮・愛山先生がそんな病人二人を励まそうと、新宿で隔月興行の一門会・夜席のトリ(高座主任)を、私メと彼で交代で勤めさせようと考えて下さいました。トリじゃ無い方は前のヒザを勤める、合計十回。

つまり一年半ほどの企画で、初回は私メがトリ・陽司センセがヒザ。昨年師走の二回目は担当が逆でしたが、コレが彼と同じ高座に上がる最後に成るとは!実はこの日の朝、陽司センセの御母堂が亡くなられてた。

ですが寄席芸人は「親の死に目に逢えぬ」稼業で、葬式より高座優先が芸界の仁義。涙をこらえて新幹線で当日上京し、楽屋入りした彼はもぅ尋常な状態じゃ無かった。一段と痩せ細り、目は虚ろで杖は両手に・・。


立ってるのが精一杯に見える有様で、良くぞココまで辿り着けたと驚いてしまう位の壮絶な姿。普段は楽屋入りした途端に馬鹿げた話を始める彼が息絶え絶えに、ソレでもトリ高座用の根多台本を目で追いながら。


有名な京都・本能寺と同じく、尼崎の本興寺さんは法華本門流の四大本山。その境内にはご覧の三重塔が・・物見遊山してる場合じゃ無いのに、やっぱりドウしても数百m先の会場に行きたく無かったンですヨ

高座を降りたら直ちに尼崎へ帰ると云う彼に、列車の時間と体調を心配して、私ぁ「トリとヒザの出番交代」を提案したら、珍しく強い声で「絶対に今夜はトリの高座を務める」と断られましたヨ。覚悟してたンでしょう。

ソレが彼の「最後のトリ高座」に成った様です。先輩の権限で強引に出番を変らせるコトも出来ましたが、今思うにソレをしなくて本当に良かった。万感の思いを込めた、一世一代の高座にしたかったでしょうから。

その後、彼は入院してアレほど執着した高座に上れなく成り、今年の二月十八日。骨髄の病と懸命に闘った末、五十三歳の若さで亡くなりましたヨ。末は新作の名人として、講談界を背負って立つ筈の逸材でした。

その訃報を聞き、ほぼ同時の入門から四半世紀以上も一緒に過ごし、一緒に真打昇進を果たした同輩として、文字通り「骨を拾って」あげねばと、彼の故郷・尼崎市で行われる通夜・本葬に出席する為の辛い旅。


コレは共に二ッ目だった頃のモノで、国立演芸場で講談じゃ無く、ナゼか「オッペケペ節」を唄ってます。右から二人目が陽之助時代の私メ、左から二人目が陽司センセ。そして真ん中が彼の師匠・紅先生ですナ

陽司センセが新宿の楽屋に辿り着いた、あの日の壮絶さに比べれば軽いですが、残念ながらコチラも闘病中。だからなのか無性に悲しくて悲しくて、阪神尼崎駅前で逡巡を繰り返し、覚悟を決めて彼の葬儀会場へ。

一門の興行が東京でこの日は有り、参列出来たのは彼の師匠・紅先生と妹弟子が何人かだけ。でも有難いコトに上方講談の大重鎮・旭堂南隣先生と、私メらの一年先輩・旭堂南海兄サンも参列して下さいましたヨ。

御導師のお経を拝してる内に、陽司センセと共に過ごしたイロイロを想い出し、つい耐え切れず泣き崩れて愁嘆場を晒しましたが、御両所が左右から支えて下さったンで、何とか骨上げまで責任を果たせましたネ。

講談存亡の危機だった平成二年の入門組で、今も高座に上がってるのは私メだけに。確かに後輩達が増えて釈界は倍近くに成りましたが、神田陽司と云う次代の大黒柱の穴を埋めるのは、難しそうな気がします。


長引く闘病で心神が弱り切ってる為か、ホント泣いてばかりで恥ずかしかったですが、陽司センセが教えてくれたアニメ銀河鉄道999のヒロイン・メーテルの名台詞「男の子が友達の為に涙を流すのは、恥ずかしい事じゃないわ」を免罪符にさせて下さいナ。ソレにしても惜しい同輩を失いましたが、故人への最大の供養は「忘れずに居てあげるコト」ですから、彼のコトを時折思い出し、彼の分も精一杯に高座を勤めたいと思ってますヨ。そして何れ私メが冥途の楽屋に入門する時は、どうかお願いだから陽司センセ。今度は私メが逆に後輩に成りますンで、可愛がってやって下さいネ。私メを置いて先に逝っちまったンだから、その程度の罪滅ぼしはして貰わないと。今は寂しくて仕方有りません

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★次回は「東京都千代田区丸の内」への訪問記です★


(参考リンク)
★「尼崎で観光」尼崎観光交流サイトあまらぶHP
★「尼崎・西宮・芦屋を愛し楽しむ情報サイト」あにあん倶楽部HP
★「尼崎の役立つ情報サイト」あまタウンHP
★「ようこそ元気街へ!」TMO尼崎HP
★「兵庫県尼崎市で行きたい名所は?市内のおすすめ観光スポット5選」Find Travel HP
★「尼崎・寺町」メディア・コミュニケーションHP
★「大本山・本興寺」法華宗
(本門流)HP
★「兵庫県の塔 本興寺
(ほんこうじ)三重塔」日本の塔HP
★「講談師・神田陽司のサイト」同HP
★「神田陽司さんのこと」芸の不思議、人の不思議ブログ
★「美味しいピロシキ・ベーカリー&ティールーム」モンパルナスHP

★「モンパルナス:ぐっとかみしめてごらん、尼崎のピロシキです。」すくわかグルメ・ブログ

(関連する記事)
★「806 【粉なモン13】阪神尼崎歴史散策と『寺町のタコ焼き』」
★「807 【粉なモン14】阪神尼崎駅前アーケードと『阪神イカ焼き』」
★「2431 【今川焼き37】狛虎の居る神社と『茜丸の鯛焼き』・・上本町」
★「2447 【スイーツ187】悲しき青空の中之島と『なにわ鯛焼きパイ』」
★「2448 【今川焼き39】悲しき夜の大阪城と『鳴門金時の鯛焼き』」
★「2492 【今川焼き46】惜別の辞、神田陽司先生へ
()・・尼崎」
★「2493 【お米料理223】惜別の辞、神田陽司先生へ
()・・千日前」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(二人でイロイロ馬鹿なコトをしましたが、忘れない様にしたいモノです)

東で育った私メと、西で育った陽司センセ。持って生まれた文化的背景が違う訳で、ソレを二人してあーでも無いこーでも無いと較べ合うのが随分楽しかったですが、ドウ云う訳か忘れましたが「懐かしいCM」で盛り上がり、関西にゃパルナスってのが在ったらしいネと問いますと、ロシア菓子のパルナスは確かに潰れたけれど、ソコから唯一暖簾分けを許され、名物だったピロシキを今も売ってる店が、阪神尼崎駅の下に在ると教えて貰いましたネ。ソレを突然思い出し、彼が懐かしい味と評したモンパルナスさんのピロシキを買ってみましたヨ。何しろ元のパルナスの味を私ぁ知りませんが、陽司センセがそう言うンだからきっとソウなんでしょうネ。少しフワフワして、胡椒の効いた卵と挽肉が美味しかったです




| 2016.05.03 Tuesday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
2492 【今川焼き46】惜別の辞、神田陽司先生へ(前)・・尼崎

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

同じ尼崎駅でもJRのソレとは二km近く離れた、阪神電車の尼崎駅は地元じゃ「阪神尼」と呼んで区別するンです・・と教えて呉れたのが、ココで育った故・陽司センセでしたヨ。出来れば降りたく無かったですネ

皆さま方のご愛顧のお蔭で拙ブログ旅日記も、間もなく二千五百ページ目に達しようとしてます。講釈師ナンて珍妙な稼業の所為()で旅が多く、お噂にする根多を次々見付けてストックにし、順次文章化してます。

でも時期を逸してボツにしたり、思い入れが強過ぎて文章に出来なかったモノも有りますネ。ソコで今日から暫く、上手くまとまらず書けなかった記事と云うか、亡き同輩への惜別の辞を書かせて戴きたいと存じます。


ソレは先々月の十八日にこの世を去った、私メの直ぐ下の後輩・神田陽司センセに対してですナ。四十九日もトウに済み、初めの内はタダ悲しいだけだった心神が、二ヶ月以上経って寂しく感じる様に成りましたヨ。

御親族の方々や彼の一門から、お前は直接の兄弟々子じゃ無いンだからと叱られるやも知れませんが、ソレでも私ぁ陽司センセと同年の入門で、一緒に修行して一緒に真打ちに上ったンだから・・勘弁して下さい。


十三年も前ですが、「神田派の新真打・鯉風と陽司」昇進パーティーの打ち合わせをしてた時、彼がフト「故郷の尼崎には『神田の真打』じゃ無く、神田新道が在ります」と言ってましたが、ココのコトだった様です

堅気と違って定年の無い芸界で、高座を退くのは死ぬか辞めるか追放されるかのドレかだけ。厳しい修行を勤め上げ、真打に昇進して一人前と認められる様に成ると、前者はともかく後二者は滅多に無いですナ。

だから楽屋仲間は濃くて長い付き合いに成りますが、特に親しく成るのは前座修行から苦楽を共にした同期生。但し芸界は「一秒でも先に入った者は、一生追い抜き無しの先輩」が鉄の掟で、上下関係は生じます。

思い起こせば平成二年夏、私メが初めて楽屋に空板(前座見習)として入った日。楽屋仕事なんて出来る筈は無く、右も左も判らずにオロオロしてた仲入り中。大師匠の先代山陽先生の処へ、記者さんが取材に。

先輩に命じられ初めてお茶を出した相手が、ナント入門願いに来た陽司サンで、当時は雑誌の記者でしたネ。吃驚すると共に、楽屋初日から後輩が出来たと私ぁ大喜び!その日から長い付き合いが始まりましたヨ。


彼の通夜の晩は早々に阪神尼に到着してたンですが、繁華で長〜く続くこの商店街の一番奥の更に先に在る、会場に行きたく無くて・・二時間ぐらい駅前広場で逡巡してましたナ。ですが最後の同期生として陽司センセを見送る為に東京から乗り込んだ以上、もしも行かないと彼に笑われそうな気がして、意を決してアーケードを懸命に胸張って顔を上げて涙堪えて前を向いて歩きましたが、ホント辛かったですネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市中央区千日前」への訪問記です★


(参考リンク)
★「尼崎で観光」尼崎観光交流サイトあまらぶHP
★「尼崎・西宮・芦屋を愛し楽しむ情報サイト」あにあん倶楽部HP
★「尼崎の役立つ情報サイト」あまタウンHP
★「ようこそ元気街へ!」TMO尼崎HP
★「兵庫県尼崎市で行きたい名所は?市内のおすすめ観光スポット5選」Find Travel HP
★「阪神尼の商店街案内」元気街HP
★「講談師・神田陽司のサイト」同HP
★「神田陽司さんのこと」芸の不思議、人の不思議ブログ
★「尼崎名物 たい焼き 二万翁」大人しく一言美味しかった@関西グルメ食べ歩きブログ
★「たい焼き 二万翁
(兵庫阪神尼崎)」人生気まま、B級グルメでいきましょ!ブログ

(関連する記事)
★「806 【粉なモン13】阪神尼崎歴史散策と『寺町のタコ焼き』」
★「807 【粉なモン14】阪神尼崎駅前アーケードと『阪神イカ焼き』」
★「2431 【今川焼き37】狛虎の居る神社と『茜丸の鯛焼き』・・上本町」
★「2447 【スイーツ187】悲しき青空の中之島と『なにわ鯛焼きパイ』」
★「2448 【今川焼き39】悲しき夜の大阪城と『鳴門金時の鯛焼き』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(二人でイロイロ馬鹿なコトをしましたが、忘れない様にしたいモノです)

東京と大阪の違いを陽司センセと随分話したモンですが、ナゼか「兄サン、東京のたこ焼きは高いですヨ。尼崎なら十個入って二百円が当り前」と云うのと、「東京のたい焼きは高いですヨ、尼崎なら一匹六十円」と云うのが、ナゼか記憶に残ってますヨ。さて通夜からの帰り道、精根尽きかけて阪神尼崎駅へ辿り着けば、駅高架下の「尼センデパート」の外側に「たい焼き一匹六十円」の文字が!そうか、コレが陽司センセの言ってた阪神尼名物の「二万翁(にまんおう)」サンなのか。二万翁とは上方の天才文豪・井原西鶴センセの別号だソウですが、陽司センセ生誕の翌年・昭和三十八年(1963)開業の老舗で、店名と違って実に庶民的なお値段。餡子のが六十円・カスタード入りが八十円って、確かに陽司センセが自慢するだけのコト有ると、彼に敬意を表して有難く食べてみた私メです。陽司センセ、確かに美味しかったですゼ




| 2016.05.01 Sunday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
2186 【麺類色々185】「たまねぎラーメン」と海峡に架ける橋・・明石

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

世界最長の吊り橋は、本州と淡路島間の「明石海峡大橋(センタースパン1991m)」。平成十年(1998)の開通から随分経ちますが、未だに世界一なのはスゴイ!東京・レインボーブリッジの三倍半の長さです


瀬戸内海に面した、兵庫・明石市へ参った私メです。私メの住む東京にも海は在りますが、最近ソレを見に行く機会が殆ど無く、不満が少し溜まってましたネ。で、JR大阪駅で思わず飛び乗った、下り新快速電車。

・・の筈が、旅先だと詰まらない失敗をしますナ。グングン飛ばす新快速に乗った心算だったのに、停車駅の多い快速電車に乗っちまった・・道理で空いてた訳だ。同じホームで同じ色の電車・・こりゃ間違えますヨ。


ま、急ぎの用事じゃ無いし、折角だから新快速の停まらぬ「舞子駅」で降りましょか。明石駅の二つ手前で、駅の真上を明石海峡大橋が通ってる、海沿いの風光明美な駅。私ぁ橋が完成する前から、何度も来てる。

関東にも大きな吊り橋は幾つだって在りますが、「海峡大橋」と云う規模のモンは一つも無く、初めは巨大な橋桁を据えるのを見て「凄ぇ工事してんナ」と驚きましたネ。確か「あべのハルカス」と同じ位の高さの筈。


明石でも青空療法!舞子駅から海岸沿いを五kmほど、ブラブラ歩いて明石駅前へ行く途中、明治四十四年(1911)に建てられた「中崎公会堂」なるお寺みたいな建物を発見!明石市最古の公共施設だとか


そして橋桁が架けられ、大分「橋らしく」成ったトコで阪神・淡路大震災に襲われた。マグニチュード7.3の震源は橋のほぼ真下、流石に倒壊こそしなかったモノの、橋桁と橋桁の間が一mも伸びて、半端な数値に。

あの時は「コレ以上の惨事が起きる訳無い」と思ったのに、ソレを遥かに上回る東日本大震災が発生し、関東じゃ神戸の震災は半ば忘れられた感が・・。でもたった二十年前の事ナンです、長い二十年間でしたが。

先日は観測史上初の「日本中が揺れた」小笠原沖地震も有りましたし、関東じゃ携帯電話がキュルキュル鳴る様な地震も発生しました。また各地で噴火が相次ぎ、自然に対して如何に無力かを見せ付けられてる。

電車を乗り間違え、思いも依らず行っちまった明石海峡大橋の根元。アレから二十年の己の歩み・好悪全ての出来事を、涙交じりに振り返っちまいましたネ。大丈夫、まだ朝早かったンで誰も見てませんでしたから。


戦前と違って今の日本の標準時は一つですが、厳密には時差が有りますナ。明石に対して「札幌は+25分」「東京は+19分」「名古屋は+8分」「大阪は+2分」また「広島は−10分」「福岡は−18分」「那覇は−29分」だとか。つまり札幌と那覇じゃ、54分も差が有るンですナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市中央区難波」への訪問記です★

(参考リンク)
★「時のまち・魚のまち 明石」明石観光協会HP
★「AwardPress明石」明石市地域情報知っ得システム・明石市役所HP
★「明石海峡大橋」明石海峡ブリッジワールド・JB本四高速HP
★「明石海峡大橋は世界一のつり橋」明石海峡大橋マニアサイト・ブログ
★「阪神・淡路大震災と明石海峡大橋」なんだか知らないけど橋が好き!ブログ
★「大迫力!明石海峡大橋を見るならココ!/舞子公園」瀬戸内Finder HP
★「明石・中崎公会堂。」神戸の空の下で。〜街角の歴史発見〜ブログ
★「全市町村の明石市との時差/経度/緯度」源氏名Kのお部屋HP
★「たまねぎラーメン」イトメンHP
★「イトメン たまねぎラーメン」明石からどこまでdayブログ

★「イトメンの玉ねぎラーメンの具に笑った」なんでやねん!トホホな女子日記ブログ

(関連する記事)

★「601 【麺類色々30】龍野のお殿様は鉄拳の持ち主だった」
★「602 【麺類色々31】私ぁつらいよ in 月曜日の龍野」
★「931 【名物パン72】西国街道と『大林パン』‥明石」
★「932 【お魚料理50】日本標準時と『いかなごのくぎ煮』‥明石」
★「933 【やきそば60】明石・魚の棚で『焼きそばの天ぷら』」
★「1121 【やきそば93】太過ぎるけど、コレも『焼きそば』‥明石」
★「1122 【保存食品27】稲田騒動と『玉ねぎの漬物』‥洲本」
★「1123 【スナック13】ストロー現象と『関西だしポテチ』‥洲本」
★「1504 【やきそば154】絶品『焼き蕎麦』と律儀すぎた大名‥加古川」
★「2125 【名物パン237】真白な姫路城と桜と『姫路のぶどうぱん』」
★「2126 【麺類色々175】夜桜輝く白鷺城と『とり天えきそば』・・姫路

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(『上野東京ライン』にも新快速電車の導入を、強く強く願う私メです)


明石海峡大橋の対岸・淡路島は、国内有数のたまねぎ産地。と云うコトで、兵庫・たつの市が本社のイトメンが「たまねぎラーメン」を出すのは当然の流れか・・。西日本じゃ当たり前のイトメンも、東日本じゃ滅多に見ませんで、まさかこんなモンを出してたとは!袋麺とカップ麺が有りますが、ご丁寧なコトに味付けが違う・・ですがメインの具は、フリーズドライされた「たまねぎチップ」。オニオンスープでいい味出してます




| 2015.06.10 Wednesday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
2126 【麺類色々175】夜桜輝く白鷺城と「とり天えきそば」・・姫路

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

東京と姫路との「時差はちょうど二十分」だソウで、成るほど確かに日没が遅いですナ。商店街に一旦戻ってブラブラした後、改めてお城に来るとご覧の風景!私ぁ黄昏時の空の色の変わり行く様が好きです

五年半に及ぶ「平成の大修理」が完了し、先月末から再び公開された世界遺産・姫路城を訪ねた私メです。満開の桜と相まって連日混雑してるソウで、昨年暮れから「人混み苦手症」の治らぬ私メは・・コリャ困った。

ならばと観光協会サンに電話し、「夕方なら比較的空いてます」と教わりましたネ。加えて「暖かい格好して来りゃ、夜桜も見られる」とも教わりましたンで、黄昏時にお城前まで一旦行き、真白な姿に吃驚しましたヨ。


明るい内も「真白な城」に驚きましたが、周囲が暗くなると一層「真白な城」なのが目立ちますネ。数年経つと多少は落ち着いた感じに成るらしく、ソレまで我慢・・と云うか、今は珍しいモンを見られてる訳ですナ

ですが東京から西へ離れるコト六百数十km、姫路の日没時間はソレなりに遅い訳で、お城下でボーっと待ってると風邪を引きますから、取り敢えず駅前アーケードに引き返して、商店街でブラブラと珍しいモノ探し。

街で聞けば、去年の大河ドラマ「黒田官兵衛」で姫路は結構賑わい、今年は「真白な姫路城」で随分賑わってるとのコト。特に外国人観光客が目立って増え、しかもソレは中国系じゃ無く、多くが欧米系ナンだとか。



東京じゃトウに散ったのに、桜にも時差は有るらしく・・この夜の姫路は正に満開!ソレがライトで照らし出されてて、ホント綺麗だなぁホント嬉しいなぁ。日本人に生まれて良かった、何時までも日本に居たいです

ですが幾ら東京と日没時間に差が有ると云っても、気付けばアーケードの外は日が暮れ始めて、コリャいけない!急いでお城に行かなくちゃ。折角の逢魔ヶ刻の空色の変貌加減を、世界遺産・国宝で見ませんと!

ベスト撮影地点と思しき場所は、巨大な三脚にバズーガ砲みたいな一眼レフカメラを構えた人達が予め占領してますが、その近くで真白な天守閣を眺めてみれば、白群→青→群青→紺青と変わる夜空の美しさ。


そして漆黒の闇に浮かび上がる、純白の桜と姫路城の天守閣。コレは大修理明けの年にしか見られない光景で、次回のその時に私メはこの世にゃ居ない筈。苦しい心神を励ましながら、訪ねた価値は有りました

ドウやら庭園内もライトアップされてる様で、その特別拝観をしようと大勢がゾロゾロ入って行きますナ。でもご案内の「人混み苦手症」な私メにソレは辛いだろうと諦めましたが、外から眺めてるだけでも感無量だヨ。

昨年暮れからオカシク成って、ソレをドウにかしたいと懸命にもがき、せめて心健やかにと東京で呆れる程に桜を愛で、遂には姫路まで参りましたが、健常ならば気付かなかった「日本の美」に感動する私メでした。


地方都市なのに・・と云ったら失礼ですが、姫路は駅前商店街が随分賑やかで、ご覧のアーケード街「みゆき通り」は姫路城への近道と有って、観光客も目立ちます。昔はドコでも、ココ位賑わってたンでしょうネ
 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市生野区桃谷」への訪問記です★

(参考リンク)

★「姫路観光ナビ ひめのみち」姫路観光コンベンションビューローHP
★「食のまち姫路」姫路食文化協会HP
★「みなさん、姫路市にお越し下さい!」ふるさと姫路をぶらりHP
★「観光ガイドに載っていない、とっておきの姫路情報」ほりほりの姫路ガイドHP
★「世界文化遺産・国宝 姫路城」姫路城管理事務所HP
★「国宝姫路城 大入実況」姫路城管理事務所HP
★「姫路城大天守・保存修理工事」鹿島HP
★「大修理後の驚きの白さ!"白すぎ城"とも言われる姫路城が白すぎない理由」マイナビニュースHP
★「2015年 姫路城夜桜」気の向くままに・・ブログ
★「みゆき通り」姫路御幸通商店街振興組合HP
★「夕立の空から 群青 紺青 白群」針箱ブログHP
★「1949年(昭和24年)誕生の『えきそば』」まねき食品HP
★「初『えきそば』」小さな隠れ家サロン「レモングラス」のblog

(関連する記事)

★「318 【名物パン23】姫路城とアーモンドバター」
★「319 【粉なモン05】ぐじゃ焼きは播州皿屋敷・お菊神社の近く」
★「320 【麺類色々15】姫路は実に美味く、そして実に謎深い」
★「321 【麺類色々16】姫路の御座候は担々麺屋でも有る」
★「349 【お米料理18】かつめしを喰いに加古川まで」
★「350 【名物パン27】元祖にしかわフラワー」
★「1502 【名物パン144】尾上の松と『バッファロー』‥加古川」
★「1503 【粉なモン26】高砂の松と『にくてん』‥高砂市」
★「1504 【やきそば154】絶品『焼き蕎麦』と律儀すぎた大名‥加古川」
★「1505 【やきそば155】ライトアップ姫路城と『姫路のちゃんぽん』」
★「1641 【やきそば177】黄昏に映える姫路で『そば焼き』を」
★「1642 【お魚料理86】『コノシロの押し寿司』と夜の姫路城」
★「2125 【名物パン236】真白な姫路城と桜と『ことぶきのぶどうぱん』

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(城開きの日はブルーインパルスまで飛んで、お祭り騒ぎだったとか)


夜桜を眺めてたら大分体が冷えましたンで、何か暖かいモンが食べたい!姫路と云えば「御座候の担々麺」か「えきそば」のドチラかで、確か駅ビルの地下にキレイな「えきそば屋」が出来てた様な・・ホームでの立ち食いは冷えた身体にゃ堪えますしネ。この「えきそば」は関西風のうどん汁に、ナゼか中華麺が入ってると云うモノ。戦後の食糧難の中で生み出され、ソレが姫路市民の絶賛を浴びてソウルフード化した様ですが、何しろ駅のホームの立ち食いそば屋。ソレじゃ女性客が入り辛いってンで、駅ビル地下に新店舗を出したらしいですナ。以前は無かった「とり天」入りのを頼みましたが、揚げ立ての鳥の天麩羅が三つも乗っててコレ美味い!大したモンじゃ無いと云えばソレまでですが、間違いなくコレが姫路の味。お蔭で冷えた身体が大分暖まりましたゼ




| 2015.04.13 Monday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
2125 【名物パン237】真白な姫路城と桜と「姫路のぶどうぱん」

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

五年半かかった「平成の大修理」がようやく完了し、美しい姿を再び現した「姫路城(白鷺城)」。先月末のグランドオープンの時は徹夜組も含めて大行列に成ったソウで、半月近く経った今も大勢押し寄せてます

桜の花を追い求め、関西へ参った私メでございます。私メら東夷は「天気は西から東へ進む」てぇ感覚を持ってますが、こと桜に関しては東京の方が早くて、満開に成るのに今春は十日ほどの差が有った様な・・。

東京って東北ほど寒く無いし、関西ほど暑く無いし、気候の面では実に恵まれてるって思いますゼ。コリャ偶然かも知れませんが、流石に徳川家康公は良いトコに大都市をお造りに成られた!春が早くやって来る。


いざ修理が完了したら、姫路市役所に「天守閣が白過ぎる」と苦情が殺到したとか。ソレは「白漆喰総塗籠造」と云う昔通りの方法で、壁だけじゃ無く瓦の目地まで塗り直したから。数年で色は落ち着くソウです

そんな春の早い東京で生まれ、今も住んでる私メだから生活リズムは当然東京のソレ。だもんでこのブログ旅日記ではココ一週間、狂ったかの様に東京・城北の桜の話題ばかり続けてました。全くキレイでしたナ。

処が「根多は先入れ先出し」を原則にしてるンで、ドウしても時節に追い付けず、実際はトウに散った後の記事・・。心苦しく思ってましたが、コレで多少は追い付いた!そんな桜の話題を、今度は関西から続けます。


姫路城が小砦として築かれたのは南北朝時代だったとか。ソレを城らしくしたのが、昨年の大河ドラマの主人公・黒田如水軒の一族。そして関ヶ原合戦で徳川家方に付いた池田輝政公が、現在の姿にしてます

さて関西桜巡りの最初に訪ねたのは、「平成の大修理」が完了して大勢が押し寄せてるらしい姫路城。姫路は訪れる事がナゼか多く、その天守閣が巨大なフード包まれる前から、時折ご紹介させて戴いてますナ。

先日ご案内の松本城と同じ「現存十二天守」で、世界遺産に指定されてる国宝ですから維持管理するのは重要で、その為の大修理と理解してても、「詰らんネ」と思ってたのも事実。ソレが遂に取っ払われた訳だ。


姫路城は「国宝が八棟」「重要文化財が七十四棟」も在るソウで、世界遺産に指定されるのは当然でしょう。ソレにしても空襲さえ無ければ、このレベルの文化財たるお城が全国にもっと在った筈で・・悔しいねぇ

コレを聞いて、もぅ行きたくて行きたくて!処が昨年暮れから「人混み苦手症」に成っちまったンで、混んでる時は無理。しかもオープン人気だけじゃ無く、純白の桜と天守閣の組み合わせで、人出が一層凄いらしい。

はてさて如何しよう?ソコで電話で「夕方は冷え込むンで空いてますヨ。暖かな格好してれば、夜桜も楽しめます」と観光協会サンから聞いた私メ。ならばと黄昏の姫路城に乗り込んだ桜巡りは、明日へ続くンです。


ソレにしても・・随分真っ白なお城に成っちゃいましたネ。黒壁のお城は豊臣方、白壁のお城は徳川方の特徴で、輝政公は徳川家への忠誠を示す為に殊更白くした様ですが、江戸城もこんな感じだったかしらん

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「兵庫県姫路市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「姫路観光ナビ ひめのみち」姫路観光コンベンションビューローHP
★「食のまち姫路」姫路食文化協会HP

★「みなさん、姫路市にお越し下さい!」ふるさと姫路をぶらりHP
★「観光ガイドに載っていない、とっておきの姫路情報」ほりほりの姫路ガイドHP
★「世界文化遺産・国宝 姫路城」姫路城管理事務所HP
★「国宝姫路城 大入実況」姫路城管理事務所HP
★「姫路城大天守・保存修理工事」鹿島HP
★「大修理後の驚きの白さ!"白すぎ城"とも言われる姫路城が白すぎない理由」マイナビニュースHP
★「1000本の桜の下で楽しむお花見!生れ変った姫路城と過ごす至極の時間」tabico HP
★「姫路のぶどうパンといえば寿屋」寿屋HP
★「絶品!ふわっふわのぶどうパン『寿屋』」ひめじのマップを一緒に作ろうプロジェクト・ブログ

(関連する記事)

★「318 【名物パン23】姫路城とアーモンドバター」
★「319 【粉なモン05】ぐじゃ焼きは播州皿屋敷・お菊神社の近く」
★「320 【麺類色々15】姫路は実に美味く、そして実に謎深い」
★「321 【麺類色々16】姫路の御座候は担々麺屋でも有る」
★「349 【お米料理18】かつめしを喰いに加古川まで」
★「350 【名物パン27】元祖にしかわフラワー」
★「1502 【名物パン144】尾上の松と『バッファロー』‥加古川」
★「1503 【粉なモン26】高砂の松と『にくてん』‥高砂市」
★「1504 【やきそば154】絶品『焼き蕎麦』と律儀すぎた大名‥加古川」
★「1505 【やきそば155】ライトアップ姫路城と『姫路のちゃんぽん』」
★「1641 【やきそば177】黄昏に映える姫路で『そば焼き』を」
★「1642 【お魚料理86】『コノシロの押し寿司』と夜の姫路城

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(「白鷺城」は「しらさぎ」では無く、「はくろ」と読むのが正しい様です)


昭和三十五年(1960)頃から作られ続けてる「ぶどうパン」は、姫路市広畑区の老舗パン屋「寿屋」さんの名物。ふわふわのブドウ入りコッペパンに切れ目が入れられ、マーガリンがたっぷり塗られてる逸品で、姫路っ子のソウルフードの一つだとか。今回は小倉バターが塗られたモノと、これまた姫路名物のアーモンドバターの塗られたモノを買って参りましたヨ。成るほど確かにふわふわで、市内各地のスーパーに卸されて売られてる様。他にも中身の種類は有って、次回が楽しみです




| 2015.04.12 Sunday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS