きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2807 【麺類色々243】百五十回忌の新撰組と「豚ラーメン」・・滝野川

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

平成三十一年(2019)の駅ビル化を目指し、JR埼京線「板橋駅」滝野川口(東口)は工事がノンビリ進んでますが、驚く事に「風吹けば桶屋が儲かる」的な五輪関連ナンだとか。こんなトコにまで影響が有るとは・・

 

東は栃木県から西は広島県まで十一都県に及ぶ、長い長い桜遍路のご報告もやっとこさ終わり、漸く普段の東京ブラブラ日記に戻った拙ブログでございます。服薬の為にお酒が呑めぬ分だけ、長旅に成りますヨ。

 

ソレを連日ご案内してたンで時節とスッカリ乖離して、花はトウに散ってるのに観桜のお噂をお噂を延々続けねば成らなかった我がツラさ。でもコレで季節を彩る青葉・若葉の根多に戻れますナ、緑が目に優しいネ。

 

三月下旬から「桜の記事」を毎日書いてたのに、ソレでもご案内し切れかった桜の名所はアチコチに。板橋駅滝野川口から明治通り(環状号線)まで二百m少し続く、「滝野川さくら通り」もこんな感じでしたゼ

 

てな訳で・・昨日ご案内した七百五十km彼方の港町・尾道から一転し、拙宅の目の前に在るJR埼京線・板橋駅へ。但し拙宅側(西口)とは正対の滝野川口(東口)へ、距離にして僅か二百m強!エラク近くですナ。

 

何度も触れてますがホント奇妙な駅で、メインの駅舎(西口)は板橋区在るけれど、ホームの殆どは豊島区。そして東口は北区だと云う、三つの自治体に跨る全国でも稀なヤヤコシイ駅。今回は北区側をブラリと。

 

今の「滝野川さくら通り」に桜の咲いてる筈は無く、ご覧通りの鮮やかな新緑に成ってますが・・通りのフラッグにゃ「新選組の街 滝野川」と書いてありますヨ。しかも新撰組の局長・近藤勇サンのイラストまで!

 

滝野川口を出るとイヤでも目に入って来るのは、「新選組隊長近藤所」なる大きな看板。近藤サンとは幕末の京都で反幕派のテロリスト共をバッタバッタと切り捨ててた、泣く子も黙る新撰組の局長サンですナ。

 

ですが幕府崩壊で瓦解して、イロイロ有って近藤サンは・・JR板駅西口ソバに在った「中山道板橋刑場」で打ち首にされてます。そ場跡に私ぁ永年住んでるンで、化けて出て来ないかナとずっと待ってるのヨ。

 

反幕勢力から多大な恨みを買ってた近藤サンは、罪人として処刑されたンで板橋刑場や宿場内(つまり西口側)にゃ葬れず、宿場外の滝野川に供養墓が建てられ・・百五十回忌がつい先日盛大に営まれました

 

尤も駅前のお墓にゃ胴体しか入っちゃ居らず、京都で晒された御首は行方不明だとか・・ソレでも恒例の供養祭を!ですがナニか勘違いした人達がコスプレし、思い描く近藤さん像に浸ってるンで正直気持ち悪い。

 

過激な鉄道好き「鉄ちゃん」と一緒で、夢中になる余り・・周りが見えなく成っちゃうンでしょうナ。だから御近所なれどもお祭りにゃ近寄らぬ様、代りに一人前日に墓参して「早く化けて出て来て」と願った次第です。

 

駅前の近藤サンのお墓の管理をしてるのは、ソコから七〜八分ほど歩た石神井川(滝野川とも)沿いの「南照山寿徳寺」サン。鎌倉時代初創建と云うから結構な古刹ですが、界隈の川畔は城北有数の桜の名所として知られるトコ。ですが見事な青葉で・・初夏が近い様です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都港区三田」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP

★「ぶらり板橋」板橋区観光協会HP
★「滝野川の街角」北区の街角HP
★「滝野川ラプソディー」3po Maniax ブログ

★「JR東日本 板橋駅改良・バリアフリー工事」東京・大阪 都心上空ヘリコプター遊覧飛行ブログ
★「都内のお花見スポット 飛鳥山と滝野川桜通り」暮らしっく不動産ブログ
★「近藤勇とは〜新選組局長として徳川幕府に尽くした生涯」幕末・維新風雲伝ブログ
★「新撰組の今昔『近藤勇と新選組隊士供養塔』」帝都を歩くブログ

★「近藤勇ゆかりの地 新選組隊士供養塔」Dreaming Castle HP
★「滝野川新選組同好会」同HP
★「新選組・近藤勇の菩提寺」南照山寿徳寺HP
★「ラーメン二郎マニア『インスパイア店は単なるパクリでしょ。ちゃんと二郎に見返りあげてるの?』」バズプラスニュースHP
★「豚ラーメン 板橋駅前店@板橋」麺好いブログ
★「板橋 豚ラーメン 板橋駅前店」三十路のグル麺ブログ


(関連する記事)
★「128 【ご近所めぐり04】元祖亀の子束子西尾商店」
★「290 【呑みモン08】牛蒡の名産地・滝野川の『ごぼうビール』」
★「927 【今川焼き11】満開の石神井川と『カレー蜜蜂焼』‥板橋」
★「1028 【やきそば79】意外にインターナショナル‥滝野川」
★「1114 【調味料類12】東京最古の『トキハソース』で地産地消を」

★「1305 【名物パン120】桜咲く板橋で『日本元祖のコッペパン』を」
★「1589 【調味料類18】『東京最古のソース』と紅葉の川‥滝野川」

★「1656 【スイーツ105】合格祈願の『大学いも』と四十五年ぶりの大雪・・板橋」

★「1713 【お肉料理50】『スタミナ焼き』と石神井川の桜・・板橋」
★「1718 【スナック37】石神井川の夜桜と『エバラのポテチ』・・板橋」

★「2119 【お肉料理70】昼の石神井川桜並木と『特盛唐揚げ弁当』・・板橋」
★「2120 【お肉料理71】夜の石神井川桜並木と『医学部の学食飯』・・板橋」
★「2121 【スイーツ153】音無川の桜と『老舗のあんドーナツ』・・滝野川」
★「2319 【お米料理199】亀の子束子の魔女と『寿司屋のオムライス』・・滝野川」
★「2339 【スイーツ181】洒落の難しさと『フランス名物ガレット』・・滝野川」
★「2470 【スイーツ191】石神井川の桜とナゾのお菓子『リコリス』・・板橋」
★「2500 【今川焼き47】新緑の板橋平尾宿と『いちごクリーム鯛焼き』」

★「2668 【今川焼き55】史上初の積雪と『日本一分厚い鯛焼き』・・板橋宿」

★「2787 【麺類色々240】石神井川の桜2017と『白いカレースパ』・・板橋

 

★「058 【ご近所めぐり02】新撰組、板橋に滅ぶ・・」
★「150 【ご近所めぐり07】新撰組・近藤勇局長の御墓所」
★「575 【呑みモン18】近藤勇サンは勝沼ワインを呑めなかった」
★「711 【名物パン50】新撰組と『ニューバード』‥京都壬生」

★「1675 【お魚料理88】新撰組・近藤勇と『新島のくさや』・・調布」

★「2167 【お肉料理75】若き日の新撰組と『エチオピア料理』・・牛込」

★「2211 【お米料理181】鬼の副長・土方歳三と『チキ玉丼』・・高幡不動」

★「2593 【やきそば276】新撰組・沖田総司と絶品『和風焼きスパ』・・新宿御苑」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(近藤サンが百五十回忌・・つまり明治維新からソレだけ経ったのネ)

板橋駅の滝野川口はナンだかラーメン屋の多いトコで、その筋じゃ多少は有名だソウですが、私ぁ威張るほどラーメン通じゃ無いし、近過ぎて行く気が湧かなかったのが正直な処。ですが年明け早々に開店した「豚ラーメン」なる店がドウも気に成って、仕方無いンで遂に行って参りましたヨ。いわゆる「二郎インスパイア系」とか云う、都内各地に在る「とにかく量が多くてニンニク臭い」ラーメン二郎のパクリと云うか真似と云うか、ソレっぽく作ってる店の一つの様で、二郎なら三田の本店に私ぁ昔から参ってますし、減薬過程に入ってから食欲不振が続いてたンでとても食べ切れる筈も無い・・ですが最近食欲も戻って来ましたンで、三田の本店に挑む前の練習気分で「豚ラーメン・野菜とあぷらマシ」を。煮豚が底に沈めて有る以外は二郎っぽい山積み感丸出しで、困ったコトに「フツーに美味い」。大体が二郎にしろ大勝軒にしろ、私ぁマスゴミが騒ぎ出す前から行ってましたが、「安くて量が多い」のだけが売りで決して美味いモノじゃ無い!なのにフツーに美味いと通いたく成ってしまう・・二郎系は身体に良くないンだから・・誠に申し訳ないンですが、なるべく近寄らない様にしませんとネ。繁盛のほど願ってます




| 2017.05.01 Monday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
2785 【やきそば305】飛鳥山の桜と「都内唯一の乾麺屋の焼きそば」・・王子

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

都内の桜巡りで参りましたのは、ソメイヨシノの名所が二つも在る北王子・・まずJRやメトロの王子駅すぐソバの「音無川親水公園」へ。城北の総鎮守・王子神社サマと、飛鳥山の間の細長い谷が桜の回廊に

 

四日前に御紹介の「都内最長の桜並木」を誇る石神井川は、子付だけは昔から「音無(おとなし)川」と呼ばれてますが、洪水対策化で余った旧流路が遊歩道と成り、ココには桜が沢山植えられてます

 

音無川を跨ぐ白亜のアーチは、昭和六年(1931)に架けらた岩槻街(本郷通り)の「音無橋」。当時は東京市王子()と滝野川区()境界で、七十年前(昭和二十二年)に合併して東京都北区に成ってます

 

音無橋の南側に、明治三十五年(1902)に建てられた国の重要文化財が!日本酒の聖地・酒類総合研究所(以前の国立醸造試験所)の旧庁舎「赤煉瓦酒造工場」で、この日はTVドラマ()の撮影をしてました

 

王子界隈にゃ国の重文があと二つ!コチラは「日本経済の父」渋沢栄一翁の書庫として、大正十四年(1925)に建てられた「青淵(せいえん)庫」で、もう一つの国重文「晩香蘆(ばんこうろ)」と共に飛鳥山公園に

 

飛鳥山公園へ!庶民が桜を楽しめる場所として、八代将軍・徳吉宗公が三百年ほど前にお造りに成られた「城北最大の花見の名所」。因みに非公認ですが、都内で一番標高の低い自然の山だったりします

 

まだお昼前だったンで「賑やか」程度で済みましたが、上野公園に負けず劣らずのお花見宴会のメッカで、午後からは酔客の歓声が飛び交「騒々しい」トコに成るのが飛鳥山。ま、江戸の昔からの伝統ですしネ

 

飛鳥山の裾を「都電荒川線」がゴトゴト走り、私メも時々ソレに乗ったりしますが・・園内には「黄色い車体に赤い帯」の古い電車が展示されてますヨ。昭和五十三年(1978)まで、荒川線で実際に走ってたモノとか

 

上画像と同じ「黄色い車体に赤い帯」の電車が一両だけ、今も走っます・・昭和三十年(1955)に造られた「7001号」で、荒川線じゃ一古い車両ですナ。都交通局は最近景気がイイのか?新型電車をドドン導入してる影響で、還暦を越してる赤帯は今月末で引退するとか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都豊島区雑司が谷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP
★「江戸時代からの観光名所−北区王子・十条」東京散策HP
★「観光に最適なスポットまとめ!王子にはこんな魅力があるんです」skyticket 観光ガイドHP
★「【穴場の桜】王子の音無川親水公園で渓谷の花見」東京生活.com HP
★「桜咲く音無川親水公園(東京都北区)」佳景探訪HP
★「重要文化財 旧醸造試験所第一工場(赤煉瓦酒造工場)」日本醸造協会HP
★「飛鳥山とは」飛鳥山3つの博物館HP
★「飛鳥山の紹介」王子セレクションHP
★「2つの日本一と1つの東京一を持つ『飛鳥山公園』【王子】」東京別視点ガイド・ブログ
★「旧渋沢庭園@飛鳥山」a+e (建築と食べ物) ブログ
★「都電も大改造、計画道路と一体で整備中」日経コンストラクションHP

★「飛鳥山に鎮座する都電6080」XWIN 僑廝紕癸譯錚腑屮蹈
★「【東京都】都電7000形 引退記念HMを掲出」鉄道ホビダスHP
★「創業昭和十年 王子の老舗麺屋」江戸玉川屋HP
★「東京23区唯一の老舗乾麺屋が挑む!地元飲食店と歩むご当地グルメ『赤羽やきそば』」NACORD HP


(関連する記事)
★「144 【ご近所めぐり05】飛鳥山と音無渓谷、探検実録」
★「313 【東京十社03】王子神社でマウンテン」
★「314 【ご近所めぐり13】一億円はそんなに重くない」
★「667 【スナック07】王子の造兵廠跡」
★「925 【スナック09】満開の飛鳥山と『カールいそあじ』」
★「1240 【スイーツ70】ドナルド・キーン先生のコレクション」
★「1301 【スナック19】桜咲く飛鳥山と『お米のカール』‥王子」
★「1589 【調味料類18】『東京最古のソース』と紅葉の川‥滝野川」
★「1999 【団子饅頭60】一里塚と『浅見光彦のお団子』・・西ヶ原」
★「2121 【スイーツ153】音無川の桜と『老舗のあんドーナツ』・・滝野川」
★「2165 【名物パン246】バラ咲く洋館と『女子大の葉酸ロール』・・西ヶ原」
★「2169 【やきそば229】清けき青葉の飛鳥山と『ラーメン鉢の焼きそば』」
★「2254 【スイーツ173】江戸の避暑地と『久寿餅』と・・王子」
★「2369 【団子饅頭75】紅葉と桜と『飛鳥山おはぎ』・・王子」
★「2424 【やきそば257】ベトナム戦争の野戦病院と『サイゴン焼きそば』・・王子本町」
★「2499 【やきそば265】新緑の飛鳥山で『茶店の焼きそば』を・・王子」
★「2509 【スイーツ196】薔薇咲く洋館と『頑張れチロリアン』・・西ヶ原」
★「2690 【スナック72】真っ赤な飛鳥山と『いかにんじんポテチ』・・王子」
★「2781 【やきそば303】咲き始めた都内最長の桜並木と『DHCの焼きそば』・・中板橋」
★「2782 【お米料理261】神田川の桜と『前ベス・マシ弁当』・・江戸川橋


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(7001号電車をドコかで保存出来ぬモノか?例えば王子駅前とか)

服薬治療の為のドクターストップで、お酒が完全禁止されて早や二年半・・お花見宴会は今年も全てお断りさせて戴きましたが、叶うコトな私メも呑みたいのヨ!でも一日も早い寛解に至る為にゃ、仕方無いさ我慢しなくちゃネ。てな訳で騒々しい飛鳥山から逃げ出し、王子のをブラブラ歩いてましたら・・都内唯一の乾麺の製造・直売と仰る老舗「江戸玉川屋」サンを発見!しかも店頭じゃ(作り置きでしたが)自家乾麺を戻して炒めた「焼きそば」と「焼きうどん」が。花見会場で売っるのより遥かに美味しそうでしたンで、ドッチにしようか暫し悩ンで「面倒だ、両方とも買っちまぇ」。乾麺感は余り無かったですが、特に焼うどんは麺がモッチモチ!コレで一個二百円ナンだからお買い得ですナ




| 2017.04.07 Friday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
2783 【お肉料理100】桜咲く赤羽台で「セキネのシューマイ」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

都内最北の繁華街・赤羽のシンボル「被昇天の聖母カトリック赤羽教会」サマでも、ご覧通りに門前の桜花が咲く季節に成りましたナ。青空映える白いチャペルとソメイヨシノ!今日は赤羽界隈の桜巡りです

 

相も変わらず毎日テクテクと、青空療法で都内を歩き廻る私メです。が降ろうと風が吹こうと一日も休まず、飽きぬ様に日々向かう方向をえてますが、先月下旬から気に成ってたのはソメイヨシノの開花具合。

 

開花宣言は滅法早かったのに、花冷えがキツくて中々咲き揃わず・・ヤキモキ致しましたヨ。発病以来ずっと体調は悪いママですが、特に冬はソレが芳しくなかったモンだから、桜が咲くのが恋しくて待ち遠しくてネ。

 

JR赤羽駅の東口は平坦なトコですが、西口は昇り降りの激しい丘陵地帯。その北端に在る大病院「東京北医療センター」の前に、ご覧の桜のトンネルが在りますヨ。赤羽界隈じゃ、一番の花見スポットですナ

 

処が我ながら実に単純で、花冷えを抜けて咲き揃い始めた途端に気分は結構宜しく成り、「満開は明後日あたりかナ」「コッチは咲き始めたばかり」と、予め目星つけてたソメイヨシノの名所を連日偵察してますゼ。

 

ヒマで酔狂だからこその御巫山戯ですが、暖かく成ってソレが出来るに成った自分を褒めて遣りたい!寛解まであと数回はツラい時が来ですが、取り敢えずコレで冬からのキツい山は乗り越えられた様な。

 

赤羽台は昭和三十七年(1962)に造成された「都内初の大団地で、建物の老朽化の為に建て替えが進められてますが、この桜の古木造成された頃に植えられたモノかしらん?何とか残して欲しいモノです

 

尤も相手は自然の営みで、心の底から躍り出したく成る満開まで、まだ数日掛る様でソレがもどかしい。ムシャクシャしそうで堪らなく、だから味も無く北区の赤羽台へ。ま、赤羽まで買い物に行ったついでですが。

 

城北第二の繁華街・赤羽にゃ良く参っても、隣接する赤羽台にゃ滅多に行かぬ私メ。だってソコは大きく古い団地で、歩いて楽しいトコじゃ無いですから。でも確か・・北区最大と云われる桜のトンネルが在った筈。

 

赤羽台は団地居住者の老齢化も著しく、子供が殆ど居なく成っちゃったンでしょうネ。昔は賑わっただろう児童公園の遊具は閉鎖され、そのまま放置されてる様。人影見えぬ公園で咲く桜が、ホント寂しそうです

 

まだ元気だった頃・・何年か前に、バイクで赤羽台の桜のトンネル偶々通り、「見事なトコが在るナ」とエラク感嘆した覚えが。正直忘れましたが、思い出したら行きたく成り・・ならば丘を越えてイザ参らん。

 

真っ白なトンネルとは言い難かったですが、ついでに歩いた団地内のアチコチに咲いた桜の樹を眺め・・あぁ嬉し。目星をつけて無かった場所で思いもよらぬ観桜を楽しんで、明日以降の満開に期待を繋ぐ私メです。

 

今年も今月末に、北区最大のイベント「赤羽馬鹿祭り」が開催されますヨ。大勢が馬鹿げた姿に仮装して駅前をパレードしたり鹿じゃ踊ぬ馬鹿ロックを踊ったりする・・実に馬鹿げたお祭り!街中が真剣に鹿に成るから面白い、洒落は大マジにやるからこそ洒落に成るンです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都武蔵野市吉祥寺」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP
★「赤羽ってどんな街」e-赤羽ネットHP
★「赤羽の今をお伝えする情報誌」赤羽styles HP
★「全国のあかばねを訪ねてます」全国あかばね紀行HP
★「被昇天の聖母カトリック赤羽教会」同HP
★「赤羽台トンネル通りの桜並木」あちこち界隈ブログ
★「赤羽周辺の住宅と地形」東京生活.com HP
★「団地の団地・赤羽台&桐ヶ丘
()」尊い東京の姿ブログ
★「北区赤羽で昭和の哀愁に萌える。団地から、日本の未来が見えてきた。」Number Web 文芸春秋社HP
★「赤羽馬鹿祭り」同実行委員会HP
★「街ぐるみで盛り上がる毎年恒例のイベント!『赤羽馬鹿祭り』」そのうちHP
★「おみやげにピッタリ!赤羽に行ったら、老舗の有名店『セキネ』のおいしいシューマイと肉まんを食べよう!」今村だけがよくわかるブログ
★「シューマイ・肉まん セキネ
(東京赤羽)崎陽軒との違いは?」日本全国B級グルメぐるぐる紀行ブログ


(関連する記事)
★「1059 【国内で海外旅行06】赤羽に響くフィリピンの祈り」
★「1329 【名物パン122】赤羽の赤い水門と『赤羽あんこ』」
★「1330 【やきそば129】馬鹿げた馬鹿祭りと『焼きスパ』‥赤羽」
★「1570 【お魚料理79】『ちくわぶ』と『すじ』の無いおでんなんて‥赤羽」
★「1571 【お魚料理80】酔いどれ酒場で『鯉のうま煮』を・・赤羽」
★「2048 【名物パン224】水上バスと『軽井沢浅野屋のパン』・・小豆沢」

★「2050 【揚げモン56】『巨大唐揚げ弁当』とナショナルトレセン・・西が丘」
★「2079 【お肉料理65】『セキネの肉まん』と禁酒中で呑み屋街・・赤羽」
★「2196 【国内で海外旅行15】城下町だった赤羽で『フィリピン料理』を」
★「2525 【お米料理229】『豚丼』とさよなら吉野家の本社・・赤羽」
★「2528 【名物パン297】浮間公園のアジサイと『軽井沢浅野屋のパン』」

★「2691 【スナック73】晩秋の赤羽の森と『まさかのコラボポテチ・バーベQあじ』」

★「2758 【団子饅頭100】成功祈願の赤羽八幡と『セキネのあんまん』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(赤羽台は子供が著しく減少した結果、廃校ラッシュが続いてました)

安くて美味しくて珍しい食べモンだらけの赤羽で、敢えて一番を選ぶとすれば・・やっぱ「セキネのシューマイ」ですナ。赤羽に似合わしからぬ瀟洒なお店を構えるセキネさんは、シューマイと肉まん・餡まんのテイクアウトだけで赤羽の大地主に成った大人気店で、私メが日頃ナニかとお世話に成ってる「ミスター赤羽」林家ペー師匠の御用達だったりしますヨ。横浜名物・崎陽軒のシウマイを凌駕する肉々しさで、城北じゃ最高のシューマイと評されるだけ有りますゼ。因みにセキネさんは浅草にも在りますがアッチは支店、本店はあくまでも赤羽だったりします




| 2017.04.05 Wednesday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
2773 【スイーツ227】芥川龍之介と「芥川のそろばんチョコ」・・田端

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR山手線の終点は、京浜東北線と合流する「田端駅」なのを知ってます?但しコレは戸籍上のモノで、実際はココで終わらず心をグルっ周してますが・・。改札を出る人は少なくても、乗換客は多い駅です

 

ソメイヨシノを心待ちにし乍ら、都内をテクテク青空療法で歩き廻る私です。東京は数日前に「開花宣言」が出ましたが、コリャ靖国神社で輪か咲いたのが確認されただけで、キレイに咲き揃うのは未だですナ。

 

全国ドコにでもソメイヨシノは植えられてますが、拙宅に近い駒込の旧染で発祥した桜だからソウ云う名前な訳で、靖国で開花を確認した気の職員よろしく、染井で咲かぬかと最近は毎日偵察してますヨ。

 

田端にゃ都内全てのJR線を管轄する「JR東日本東京支社」が在るだけじゃ無く、東北新幹線の車庫も在ったりしますが・・だから?駅前に不思議なモンが!この丸い物体は、東北新幹線の「お鼻」だソウです

 

自分でも馬鹿じゃ無かろうかと思いますが、折角近所に「本家本元のソメイヨシノ」が在るンだから、ソレを楽しみにするのは当然なコト。咲いたご案内しますが、そんな染井には文豪・芥川龍之介センセのお墓が。

 

文学賞の最高峰「芥川賞」に名を残す方で、亡くなられたのは九十年前の昭和二(1927)。ナゼ染井に?と云えば、龍之介センセはソコに近い田端に住んで居られたから。所謂「田端文士村」の中心人物ですネ。

 

上野から赤羽まで続く細長い稜線を中心に、坂らけで高低差がキツイのが田端の街。ソレを突っ切る駅前の道の愛称は「りゅうのけく通り」。龍之介センセの小説「河童」に因ンで、勿論キャラは河童です

 

東京の大動脈「山手線」と「京浜東北線」の乗換駅として、ココを知らぬ都民は居らぬ筈ですが・・まず改札から出るコトの無い味な街。駅前も山手線と思えぬ静けさですが、山坂のキツサさえ除けばイイ街の筈。

 

もっと静かだった一世紀前の正時代。ココにゃ錚々たる売れっ子作家や大芸術が集結し、人呼んで「田端文村」。都内に当時幾つか在っ文士村の中で、一番著名人の多かったトコ。列挙にキリ無いですネ。

 

りゅうのすけくん通りを少し歩くと、赤い紙がベタベタ貼られた阿吽の王様の居る「白龍山東覚寺」サンが!身体の悪いトコに赤紙を貼ると快癒すると昔から有名なトコで、治ったら草履を供えるのが風習です

 

文芸春秋社の創始者「菊池寛」センセが住んだのを初め、その親友だった龍之介センセや、直木三十五センセもココ住民。つまり文春が主催してる「芥川賞」「直木賞」は、田端文士村に因んだモノ。意外な事実!

 

もちろん百年前のコトで、変化激しい東京じゃ当時の面影が残っては無く、田端で亡くなられた龍之介センセの御自宅もアパートに成ってますが、ソメイヨシノの開花を楽しみに待つ度にお墓を詣でる私メです。

 

染井の中核を為す「都営染井霊園」は当然ながらソメイヨシノの大名所ですが、そのスグ北隣りに在る「正寿山慈眼寺」サンの境内に、芥川龍之介センセのお墓がございますヨ。ココはもともと幕臣だった芥川家の菩提寺で、別に桜に惹かれてココに葬られた訳じゃ無いでしょうが、桜が咲き出すと実にキレイな風景に成るトコで・・羨ましいばかりです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都練馬区石神井公園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP
★「なんと昔は田んぼの端っこにある空中浮遊駅だった」ちょっとマニアック!知る人ぞ知る!田端駅周辺ナビ!ブログ
★「田端による田端のためのwebマガジン」タバタイムHP
★「鉄道の聖地『田端』の見学スポットで鉄分補給してみた」タバタイムHP
★「りゅうのすけくん通り」街道古道廃道道HP
★「赤紙仁王/東京」珍寺大道場HP
★「文士村の成り立ち」田端文士村記念館HP
★「田端文士村」おたまじゃくしHP

★「芥川龍之介を5分で!ドッペルゲンガー見た説や有名作品一覧」れきし上の人物.com HP

★「芥川龍之介の田端を歩く」東京紅團HP
★「『河童忌』に芥川龍之介を偲ぶ」まいぶれ豊島区HP
★「伝統のひと粒を、どうぞ。」芥川製菓HP

★「【チョコレート】芥川製菓という企業をあなたは知ってますか?」NAVERまとめHP
★「芥川製菓のそろばんみたいにでっかいチョコ」アメリカンカールの悟空・別館手芸部ブログ


(関連する記事)
★「152 【ご近所めぐり08】ソメイヨシノは東京駒込・染井村」
★「536 【ご近所めぐり14】あえてお花見!染井霊園」
★「926 【スイーツ46】しだれ桜の六義園と超デカ『板チョコ』‥駒込」
★「1302 【スイーツ72】ソメイヨシノ発祥の地と『芥川チョコ』‥染井」
★「1711 【揚げモン53】謂れなき汚名の偉人と『アジの唐揚げ』・・染井」
★「1771 【スイーツ117】古き正しきあらかわ遊園と『あんこ玉』」

★「1772 【粉なモン30】尾久こそ元祖の『もんじゃ焼き』」

★「1786 【スイーツ119】『ミスターイトウ』は田端のミスター」
★「1999 【団子饅頭60】一里塚と『浅見光彦のお団子』・・西ヶ原」
★「2122 【名物パン236】ソメイヨシノ発祥地で『女子大のパン』を・・染井」
★「2165 【名物パン246】バラ咲く洋館と『女子大の葉酸ロール』・・西ヶ原」
★「2209 【スイーツ164】お富士さんの山開きと『麦らくがん』・・本駒込」

★「2471 【今川焼き41】ソメイヨシノの故郷で『ジャーマン鯛焼き』を・・駒込」

★「2509 【スイーツ196】薔薇咲く洋館と『頑張れチロリアン』・・西ヶ原」
★「2690 【スナック72】真っ赤な飛鳥山と『いかにんじんポテチ』・・王子」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(些か自虐的に『山手線で一番地味な街』を自称してるのが田端です)

田端文士村の龍之介センセのお住い跡と、染井のお墓のちょうど真ん中辺り・・JR駒込駅の直ぐソバに、日本で三番目にチョコレートの製造始めた「芥川製菓」サンが在りますヨ。明治十九年(1886)創業の老舗で、龍之介センセよりもずっと古いンで別に肖った会社名じゃ無い様ですが、同じ「芥川」だからご紹介を!基本的にOEMに特化したトコですが、池袋駅東口の地下街「ISP」に唯一の直売店が在り、ソコで売られてるのが名物「スペシャルミルクチョコレート()」。まるでソロバンみたいに巨な板チョコ(長さ30cm、重さ約350g!比較用に置いたアイフォンは7plus)で、食べ切るのにエラク時間が・・。最近カカオ分70%「スペシャルハイカカオ()」も登場したンで、一緒に買ってみましたが・・レで暫くチョコに困らずに済みそう。闘病のドクターストップめないモンだから、すっかり甘党に成っちまった私メです




| 2017.03.24 Friday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
2758 【団子饅頭100】成功祈願の赤羽八幡と「セキネのあんまん」

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR赤羽駅西口にこんな看板が。オリンピック級のトップ選手達の練拠点「ナショナルトレーニングセンター」の最寄り駅の一つが赤羽で、気付かぬ内に世界レベルの選手と擦れ違ってるのかも知れませんネ

 

毎日毎日飽きもせず、青空療法で都内をテクテク歩き廻る私メです。多少は楽したいンですが、一日でも休むと気が萎えちゃいで・・ご覧拙ブログでさえ、更新を数日休むと再開するのに勇気が要りますンで。

 

我ながら面倒な性質と判ってますが、八方破れが大好きだった元気な頃と違い、闘病中の今はルーティンワークを淡々と熟し、その枠から余りは食み出さない様にしてる方が楽なのネ。思えば随分と変りました。

 

世界第二位の巨大駅・池袋にゃ叶いませんが、ソレ以外の城北じゃ最大の赤羽は、駅ン中も外もお店が多くて楽しいですナ。北口の「ビーンズ」は線路下を活用したモールで、陽光が射し込ンで心地良いトコです

 

その日の調子次第で、昨日ご案内の様に品川まで長躯するコトも有ば、今日みたいに赤羽まで行って来るだけで大変な時も。板橋宿の拙宅から片道五km、毎日歩いてる私メにゃ驚く距離じゃ無いンですケド。

 

ですが如何に辛くても、無理して赤羽に参りたい訳が!と云うのは、実は今晩興行の「今年最初の独演会」の成功を願い、赤羽の総鎮守・赤羽八幡サマに詣でたかったから。今回だけは赤羽でなきゃ成らぬのヨ。

 

ビーンズを通り抜けると、坂上田村麻呂公が延暦三年(784)の東征際に創建されたと伝わる「赤羽八幡神社」サマ。一見ナンてコト無い社ですが、実は境内の下を東北新幹線と埼京線が通ってたりしますヨ

 

芸界に入って結構経ちますが講談だけじゃ無く、畑違いの大先輩方にも随分可愛がって貰いましたネ。中でもココ数年、何かと気を遣って戴いるのが漫談の「林家ペー」師匠。御存じ「全身ピンクの師匠」ですナ。

 

長年住んで居られる赤羽の代名詞的な存在ですが、そんな師匠に今晩また「落語家」としてゲスト出演して貰うコトに成ってます。何しろ爆笑王・先代林家三平師匠の高弟で、元々は落語家だったお方ですから。

 

赤羽八幡サマが気の毒なのは、赤羽に新しく線路が敷かれる度に境内を削られ続けて来たコトで、その分電車の眺めが抜群!私ぁ別に鉄ちゃじゃ無いですが(森羅万象全てが好き)、暫く見惚れちまいました

 

何がスゴイって・・漫談家として名を成して居られるのに、齢七十後半にして改めて落語に挑んで居られるコト。「芸人に年齢無し」と師匠は仰いすが、同年配の大先輩方でそんな挑戦をされてる方は居ませんゼ。

 

だもんで及ばずながら神頼み、当然ソレはペー師匠の地元の鎭守サマで無けりゃ!今の私ぁルーティンワークに徹してますが、何れ寛解しら師匠に習って頑張りませんとネ。ま、先ずは今晩が成功します様に。

 

自分で写真を撮るのは好きなのに、自分を撮ったり撮られるのは大ライなペー師匠。私メも全く一緒で、自撮りする位なら銃殺された方マシと考えてますが、師匠に無理にお願いして「噺家」としての姿枚パシャリ!師匠に肖って()、最近ピンク色が好きに成って来ました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「京都府京都市東山区蹴上」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP
★「赤羽ってどんな街」e-赤羽ネットHP
★「赤羽の今をお伝えする情報誌」赤羽styles HP
★「全国のあかばねを訪ねてます」全国あかばね紀行HP
★「味の素ナショナルトレーニングセンター」日本スポーツ振興センターHP
★「Beans赤羽」ジェイアール東日本都市開発HP

★「【赤羽散歩】エキュート赤羽とJRの本気」東京生活.com HP
★「1225年の歴史と伝統」赤羽八幡神社HP
★「赤羽八幡神社」神社と御朱印ブログ
★「赤羽の極秘鉄道スポット『赤羽八幡』は、鉄ちゃんじゃなくてもたぎる場所だった!」オウチーノHP
★「ペーパーの余談ですけど」林家ペーパー子オフィシャルブログ
★「おみやげにピッタリ!赤羽に行ったら、老舗の有名店『セキネ』のおいしいシューマイと肉まんを食べよう!」今村だけがよくわかるブログ
★「セキネ(北区赤羽) あんまん♪」海のBlackCatのブログ


(関連する記事)
★「1059 【国内で海外旅行06】赤羽に響くフィリピンの祈り」
★「1329 【名物パン122】赤羽の赤い水門と『赤羽あんこ』」
★「1330 【やきそば129】馬鹿げた馬鹿祭りと『焼きスパ』‥赤羽」
★「1570 【お魚料理79】『ちくわぶ』と『すじ』の無いおでんなんて‥赤羽」
★「1571 【お魚料理80】酔いどれ酒場で『鯉のうま煮』を・・赤羽」
★「2048 【名物パン224】水上バスと『軽井沢浅野屋のパン』・・小豆沢」

★「2050 【揚げモン56】『巨大唐揚げ弁当』とナショナルトレセン・・西が丘」
★「2079 【お肉料理65】『セキネの肉まん』と禁酒中で呑み屋街・・赤羽」
★「2196 【国内で海外旅行15】城下町だった赤羽で『フィリピン料理』を」
★「2525 【お米料理229】『豚丼』とさよなら吉野家の本社・・赤羽」
★「2528 【名物パン297】浮間公園のアジサイと『軽井沢浅野屋のパン』」

★「2691 【スナック73】晩秋の赤羽の森と『まさかのコラボポテチ・バーベQあじ』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ホントはお百度を踏まにゃ成らぬのですが、省略させて戴きました)

赤羽にゃ名物が幾らでも在りますが、赤羽っ子のソウルフードは「セキネの肉まん」。ペー師匠は方々の楽屋見舞いにココのをいつも持って行かれてますが、今回は敢えて「肉まん」じゃ無く「あんまん」を。東京風のごま餡じゃ無く、関西風のつぶ餡でも無く、独自の道を行くこし餡のモノでして、昭和二十九年(1954)から変わらぬ伝統の味!余談ですが・・セキネは浅草にもお店が在って、アッチを本店だと思ってる方大勢ですが、ソレは間違い・・赤羽がセキネの本店だったりしますヨ




| 2017.03.04 Saturday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
2691 【スナック73】晩秋の赤羽の森と「まさかのコラボポテチ・バーベQあじ」

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

明治十八年(1885)に日本鉄道中仙道線(現:高崎線)と品川線(現:埼京線)の分岐点として駅が設けられたのが切欠で、一農村だったトコ急発展したのが「赤羽」。北区最大・都内最北の繁華街だったりします

 

相も変わらずテクテクと、青空療法で毎日歩き廻る私メです。決意を固めて靴の紐を結び、中山道板橋宿の拙宅から歩き始めますンで、出掛ける先は城北エリアが一番多いのに、ナカナカご紹介出来てませんヨ。

 

まぁ城北各区は地元だから日常的過ぎて、新鮮に感じないと云うか、記事にするのは何時でもイイやと考えちまうンで、日々過ごす時間は絶対的に多いのに、珍しく思える都心・城南のソレが多く成っちゃいますネ。

 

空襲で焼け野原にされた赤羽のシンボルは、昭和二十六年(1951)落成した「被昇天の聖母カトリック赤羽教会」。TVドラマ等の撮影にく使われてますンで、知らず知らず御覧に成ってるかも知れませんナ

 

ソレはソレで構わないですが、人間足元をジッと見つめるのも大切だ!拙宅は板橋区なれどもその東南端の切先の頭で、豊島区・北区との境に接してますンで、この三区のお噂も少しずつ増やして参りましょうか。

 

てな訳で昨日ご案内の飛鳥山に続き、同じ北区の赤羽へ。城北じゃ池袋に次ぐ繁華街で、チョットした県庁所在地並みの賑わいが有るのに、庶民的で気楽に過ごせるトコ。お酒が呑めた頃は、良く行ってましたヨ。

 

教会や繁華街は赤羽駅東口ですが、西口のバッケ()の上は都最初に造営された大規模団地「赤羽台」。流石に老朽化が著しく替え・高層化が進み、見慣れた中層フラットはドンドン減っちゃてます

 

昔は山手線の本線だった埼京線沿いに、スタスタ歩けば拙宅から三十分位で着いちゃう距離ナンで、気が向くと今は買い物に行きますが、華街は良く知ってても・・その後背のバッケの上にゃ余り参りませんナ。

 

ソコは公団の古いニュータウン「赤羽台」で、歩いても余り楽しいトコじゃ無いンで・・。ですがその一画に「赤羽自然観察公園」なる、自衛隊の駐屯地跡を整備した森が在りますンで、晩秋らしい風景が見られるかも。

 

戦前は陸軍東京兵器補給廠、戦後は米軍の戦車練習場だった「自衛赤羽分屯地」跡の一部を、平成十一年(1999)に整備したのが「赤羽自然観察公園」。本物の農家まで移築され、都内と思えぬ風景です

 

早々と返還された団地と違い、良くも悪くも長らく軍用地だっただけ有って、高度成長期の拙速な開発から免れた貴重な空間。努めて外来樹木取り除き、元々の風景を再現・・昔の城北ってこんな感じだったのネ。

 

所詮私ぁ街のネズミで、最先端を行く都心や城南の街中は珍しいモンが多くて楽しいですが、例え作りモノだとしても・・コウ云う場所も良いですナ。近場なのに遠くへ旅した様で、ホッコリした気分に成れた私メです。

 

赤羽と云う地名は「赤土のバッケ」だったのが由来と聞きますが、訪ねた日の自然観察公園は至る所キレイに紅葉してて、「赤い葉」で赤羽だったンじゃないかと考えちまった位。長閑な晩秋の一日に成れました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都中野区中野坂上」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP
★「赤羽ってどんな街」e-赤羽ネットHP
★「赤羽の今をお伝えする情報誌」赤羽styles HP
★「全国のあかばねを訪ねてます」全国あかばね紀行HP
★「被昇天の聖母カトリック赤羽教会」コンベンツアル聖フランシスコ修道会HP
★「団地の団地。赤羽台&桐ヶ丘
()」尊い東京の姿ブログ
★「赤羽自然観察公園」北区役所HP
★「池や田んぼがある自然いっぱいの公園『赤羽自然観察公園』」そのうちHP
★「秋色に染まり始めた赤羽自然観察公園に」赤羽ほっとcafeブログ
★「赤羽自然観察公園の池
(東京都北区)」水辺遍路ブログ
★「カルビーのポテトチップス」カルビーHP

★「スーパーマーケット・ライフ」ライフコーポレーションHP

(関連する記事)
★「1059 【国内で海外旅行06】赤羽に響くフィリピンの祈り」
★「1329 【名物パン122】赤羽の赤い水門と『赤羽あんこ』」
★「1330 【やきそば129】馬鹿げた馬鹿祭りと『焼きスパ』‥赤羽」
★「1570 【お魚料理79】『ちくわぶ』と『すじ』の無いおでんなんて‥赤羽」
★「1571 【お魚料理80】酔いどれ酒場で『鯉のうま煮』を・・赤羽」
★「2048 【名物パン224】水上バスと『軽井沢浅野屋のパン』・・小豆沢」

★「2050 【揚げモン56】『巨大唐揚げ弁当』とナショナルトレセン・・西が丘」
★「2079 【お肉料理65】『セキネの肉まん』と禁酒中で呑み屋街・・赤羽」
★「2196 【国内で海外旅行15】城下町だった赤羽で『フィリピン料理』を」
★「2525 【お米料理229】『豚丼』とさよなら吉野家の本社・・赤羽」
★「2528 【名物パン297】浮間公園のアジサイと『軽井沢浅野屋のパン』」
★「2690 【スナック72】真っ赤な飛鳥山と『いかにんじんポテチ』・・王子」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

自然観察公園の池にゃカワセミが棲ンでるソウで・・ココも都内です
)

ポテトチップスは城北の地場産業だったりしますが、中でも赤羽は数年前までカルビーの本社の在った街!だもんで今日も、カルビーの珍しいポテチを・・しかも飛びっきり珍しいのを。関東と関西にしか無い大手スーパー「ライフ」とカルビーのまさかのコラボ商品、「カルビーポテトチップス・サッポロポテトパーベQあじ」。何しろ現時点じゃweb検索しても全く引っ掛からないと云う位で、珍品中の大珍品!普通コラボと云えば異なる会社の商品が組み合わされるモノで、コレってコラボじゃ無くて「ただ単に流用しただけ」の様な気が。ですがパーベQあじは大定番中の大定番で、むしろ今まで無かったのが不思議な位。もちろん味はサッポロポテトそのまま、ハッキリ言っちまうば材料は全く同じ。格がチョット違うだけで文句なしの美味さ!箱買いしようかと考えてます




| 2016.12.20 Tuesday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
2690 【スナック72】真っ赤な飛鳥山と「いかにんじんポテチ」・・王子

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

残念ながら既に散っちゃてますが、十日ほど前の「飛鳥山公園」はご覧通りに真っ赤っ赤でしたヨ。国土地理院が認めて呉れないのが残念ですが、飛鳥山は「都内で一番低い山」だと北区役所は主張してます

 

青空療法で毎日テクテクと、山手線内やその西側を歩き廻る私メです。歩ける距離の多寡は有りますが、一日も休まず師走に入り・・今年も残り十日少し。活動計による推定累算は、四千kmを裕に超してますナ。

 

我ながら随分歩いたと呆れますが、終わりの未だ見えぬ長旅でゴールする日まで体調に気を付けにゃ体脂肪率はまだ一桁台でに余裕が無さ過ぎますンで・・去年は大晦日にとうとう風邪を引きましたネ。

 

八代将軍吉宗公が江戸市民の気軽な行楽の場として、約三百年前の享保年間に造営したのが「飛鳥山」ですが、桜と共に楓を多く植えられたソウで、いわば由緒正しい観楓の名所!なのに余り知られてません

 

先月中旬から待ってましたとばかりに、私ぁイチョウの黄葉を求めて歩き廻り、ともすれば塞ぎがちな心神を大いに慰めて貰いましたが、輝きの旬はホント短くて・・東京のイチョウはすっかり終盤。あぁ残念だなぁ。

 

遅れて盛りを迎えたのがカエデの紅葉で、深い山ン中まで行かなくても都内にゃ結構多い。街路樹の数はハナミヅキ・イチョウ・サクラがトップスリーで、四位がカエデ・五位がプラタナスだ・・と都庁HPに出てます。

 

晩秋の飛鳥山の名物と云えば、ナニかと目立つイチョウの黄葉・カエデの紅葉に負けまいと、十月桜が可憐な灰白の花を咲かせるコト。色揃い踏みの風景を眺めたくて、数日おきに訪ねてたのは御内密に


カエデの街路樹?イチョウやサクラ並木の名所は都内に多かれど、カデ並木って思い浮かばんネ。丸二年かけて山手線内は殆ど行った心算だったのに、まだ歩き足りない様ですナ。ハテ何処に在るのかしらん。

 

ですが今更考えるのも面倒だし、時間も無いンで来秋への宿題として、板橋平尾宿の拙宅から一番近い紅葉の名所へ。ソレはJR王子駅ソバの飛鳥山で、石神井川沿いに歩いて行けば、三km弱とホント御近所。

 

十月桜って便利な花で、フツーのサクラと同じく春に一度咲きますが、驚くコトに秋にもう一回咲いたりする!但し年に二度も咲くと草臥れちまうのか?秋は春ほど花が大きく有りませんヨ。ソレでも嬉しいですが

 

江戸の昔から観桜地として知られ、春は真っ白な山に成りま秋は負けない位に真っ赤に染まる観楓の名所。なのに「紅葉=関東近郊の山ン中」と云うイメージが都民は強いのか?実に空いてて過ごし易い。

 

折角の美景なのに、未だに観光協会の無い北区だら・・ネ。お蔭でンビリ見物出来ましたし、ついでに十月桜も。まもなく寂しい色調のに成りますが、その前に燃える様な真赤!瞳に焼き付けた心算です。

 

登山用モノレールは在るし、ソレなり以上の博物館が三つも在るし、国の重要文化財の古い洋館が二つも在るし、ナニより都電が麓を走ってるし・・標高わずか25.4mの低山のワリに、面白いモンが結構揃ってる飛鳥山。紅葉は殆ど散っちゃてましたが、楽しめますンで是非どうぞ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都北区赤羽」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP
★「江戸時代からの観光名所−北区王子・十条」東京散策HP
★「飛鳥山とは」飛鳥山3つの博物館HP
★「飛鳥山の紹介」王子セレクションHP
★「2つの日本一と1つの東京一を持つ『飛鳥山公園』【王子】」東京別視点ガイド・ブログ
★「紅葉の飛鳥山公園」佳景探訪HP
★「飛鳥山公園の十月桜です」赤羽ほっとcafeブログ

★「秋に咲く桜『十月桜』でお花見はいかがですか。」LOVEGREEN・HP
★「街路樹の主な樹種と本数
(東京都)」東京都建設局HP
★「ポテトチップス いかにんじん味 再々発売!」カルビーHP
★「ポテトチップス『いかにんじん味』」billの悠々Lifeブログ
★「カルビー『東北ポテト』限定販売 県産新ジャガ使用、カキのしょうゆ焼き味で」仙台経済新聞HP


(関連する記事)
★「144 【ご近所めぐり05】飛鳥山と音無渓谷、探検実録」
★「313 【東京十社03】王子神社でマウンテン」
★「314 【ご近所めぐり13】一億円はそんなに重くない」
★「667 【スナック07】王子の造兵廠跡」
★「925 【スナック09】満開の飛鳥山と『カールいそあじ』」
★「1240 【スイーツ70】ドナルド・キーン先生のコレクション」
★「1301 【スナック19】桜咲く飛鳥山と『お米のカール』‥王子」
★「1589 【調味料類18】『東京最古のソース』と紅葉の川‥滝野川」
★「1999 【団子饅頭60】一里塚と『浅見光彦のお団子』・・西ヶ原」
★「2121 【スイーツ153】音無川の桜と『老舗のあんドーナツ』・・滝野川」
★「2165 【名物パン246】バラ咲く洋館と『女子大の葉酸ロール』・・西ヶ原」
★「2169 【やきそば229】清けき青葉の飛鳥山と『ラーメン鉢の焼きそば』」
★「2254 【スイーツ173】江戸の避暑地と『久寿餅』と・・王子」
★「2369 【団子饅頭75】紅葉と桜と『飛鳥山おはぎ』・・王子」
★「2424 【やきそば257】ベトナム戦争の野戦病院と『サイゴン焼きそば』・・王子本町」
★「2499 【やきそば265】新緑の飛鳥山で『茶店の焼きそば』を・・王子」
★「2509 【スイーツ196】薔薇咲く洋館と『頑張れチロリアン』・・西ヶ原」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(北区の根多も溜って行く一方で、なかなか御紹介が出来ず残念です)

今年もあと僅か・・なのにご紹介出来ずにストック化されたままの「面白いモン」が随分残ってしまい、ホント勿体無いと思うばかり。だもんで飛鳥山と殆ど関係無いですが、カルビーが数年前まで北区の会社だったコトと、飛鳥山のすぐ横を東北新幹線が走ってますンで、同社の福島県定商品「いかにんじんポテチ」を。カルビーの社長さんが福島のご出だソウで、郷土の名物「いかにんじん」をドウしてもポテチ化したいと願したらしく、今年五月に期間限定で売りだしたら大ヒット!たちま発売・再々発売と成、この分じゃ定番化しそうな・・スルメカの風味が結構香ばしくて、是非ともソウして戴きたいと私ぁ願います

 

ついでにコレもストックの中から。いかにんじんポテチの再々発売されてた頃(今年の夏)に、東北六県だけで売られてた東北産のジャガイモを使った「東北ポテト」。地域限定・期間限定等のポテチをカルビーはドンドン作ってるンで一々追い切れませんが、ソレでも見掛けたら次々買い求めてる私メ。だから溜って行く一方で・・追々ご紹介したいですヨ




| 2016.12.19 Monday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
2525 【お米料理229】「豚丼」とさよなら吉野家の本社・・赤羽
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

明治十八年(1885)に旧日本鉄道・品川線の分岐駅として開設された「赤羽駅」は、上野東京ライン・湘南新宿ライン・京浜東北線・埼京線のJR四路線の走る東京最北のターミナルとして、毎日賑わってますヨ

梅雨に入って蒸し暑い都内を、今日もテクテク歩く私メです。痩せ過ぎた所為か気温が今イチ判らず、「チョット暑いかナ」程度にしか感じませんが、暑けりゃ暑いと思うのが当り前で、明らかに感覚がオカシイですヨ。

コレじゃいつ熱中症に成っちまうか判らん!だから暫くは板橋宿の拙宅まで、電車一本で帰って来れるトコを中心に歩きましょか。幸い拙宅のソバにゃ駅が三つも在って、一番使ってるのはJR埼京線の板橋駅。


尤もホントの名前は「赤羽線」で、昔は山手線の一部。ソレが郊外へ直通する様に成って、埼玉&東京で埼京線!処がお里は隠せず、踏切にゃ赤羽線って書いて有る。実際赤羽を境に、雰囲気は全く違うしネ。

そんな北区赤羽は、東京・城北じゃ二番目に賑やかな街。ココなら安心と、私ぁ二週に一遍くらいは訪ねてますが、地方の県庁都市以上に駅前は繁華で、全国的に知られてる企業の本社もココに在ったりしますナ。


赤羽のシンボルと云えば、東口の西友本社の横の「被昇天の聖母カトリック赤羽教会」。東京大空襲で焼け野原と成った赤羽に昭和二十二年(1947)に建てられたモノで、TVドラマの撮影に良く使われてます

例えば東口にゃ、スーパー西友の本社が。セゾン系だった頃は重宝してましたが、ウォルマート傘下に入って安売り一本槍に成ってから、ドウも趣味が合いませんで・・今の私ぁまず参りません。ソレでも赤羽の会社。

その近くに白亜の本社ビルを建てたのが、「城北の地場産業ポテチ」首位のカルビー。広島から上京して来たカルビーが、全国企業に成長したのはココ!なのにカルビーったら、六年前に丸の内に移りやがった・・。

三百万城北民の義憤を鎮めて呉れたのは、旧カルビー本社ビルに後釜で入った会社が、コレまた全国的に有名なトコだったから。ソレこそ牛丼の吉野家で、狂牛病問題等で左前に成って新宿から移って来ましたヨ。

私メも本社ビル前を歩く度に、首位奪還を目指してるナ。応援せにゃと思ってたのに・・調子が良く成ったら、日本橋に本社を移しやがった!何でしょうネ、この遣る瀬無さは。吉野家に行くの、暫く控えときましょか。


赤羽は拙宅から歩いて約四km・四十分ほど、埼京線ならたったの二駅・五分だから、無理せずに歩ける範囲内。だから結構行ってる心算だったのに、吉野家本社の移転は全く気付かンかった・・だって先月末まで、最上階の看板は掲げられてましたから(つまりこの画像は以前のモノ。看板は今月に入って撤去されました)。今度は大阪から進出して来る化粧品の問屋さんが入るソウで、食べ物関係じゃ無いのネ。ま、空きビルに成るより遥かにマシですが、チョット寂しい感が有りますナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都板橋区成増」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP
★「赤羽ってどんな街」e-赤羽ネットHP
★「赤羽の今をお伝えする情報誌」赤羽styles HP
★「全国のあかばねを訪ねてます」全国あかばね紀行HP
★「被昇天の聖母」カトリック赤羽教会HP
★「赤羽−池袋間を結ぶ『赤羽線』って何だ?ナゾ解き散歩」All About HP
★「さようならカルビー、いらっしゃい吉野家」A子のつぶやきブログ
★「『路』になりたい。」PALTAC・HP
★「すべては人々のために」吉野家ホールディングスHP
★「100年続くニッポンの味。牛丼は吉野家」吉野家HP
★「吉野家、再登板した『豚丼』にのしかかる重圧」東洋経済オンラインHP
★「吉野家の復活・豚丼、1か月で700万食売れる」産経ニュースHP


(関連する記事)
★「1059 【国内で海外旅行06】赤羽に響くフィリピンの祈り」
★「1329 【名物パン122】赤羽の赤い水門と『赤羽あんこ』」
★「1330 【やきそば129】馬鹿げた馬鹿祭りと『焼きスパ』‥赤羽」
★「1570 【お魚料理79】『ちくわぶ』と『すじ』の無いおでんなんて‥赤羽」
★「1571 【お魚料理80】酔いどれ酒場で『鯉のうま煮』を・・赤羽」
★「1871 【お米料理140】築地で元祖『吉野家の牛丼』を」
★「2050 【揚げモン56】『巨大唐揚げ弁当』とナショナルトレセン・・西が丘」
★「2079 【お肉料理65】『セキネの肉まん』と禁酒中で呑み屋街・・赤羽」
★「2196 【国内で海外旅行15】城下町だった赤羽で『フィリピン料理』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(なに、まだ赤羽にゃニトリが在る・・って、食べ物関係じゃ無かったか)

ナニが間抜けと云って、四年ぶりに復活した「豚丼」を赤羽駅前の吉野家で食べた後、腹ごなしの散歩をしてたら「吉野家ホールディングスの本社移転」に気付いた・・阿呆ですナ。私ぁ正直言って「牛より豚や鳥の方が好き」でして、牛丼もキライじゃ無いけれど、豚丼の方が好きだったンですヨ。だもんで食欲復活の切欠に成るかも・・と食べてみたンですが、少し甘みの有る味付けに「コレなら食べられそう」。ですが本社移転を知った途端にゲンナリしてしまい、申し訳ないけど当分食べたく無く成った・・食いモノに罪は無いのにネ。やっぱ疲れてますナ



| 2016.06.11 Saturday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
2509 【スイーツ196】薔薇咲く洋館と「頑張れチロリアン」・・西ヶ原
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

東京の殺人事件のメッカ「西ヶ原」の入り口は、JR山手線の駒込駅。駒込はソメイヨシノの発祥地だったりしますが、西口ロータリーの前を通る「本郷通り」を十分ほど北へ歩けば、旧古河庭園が見えて来ます

唐突ですが・・私メの住む東京・板橋区の東隣りに在る、「北区(人口約34万)」はドウにも殺人事件の多いトコですヨ。毎年結構な数のソレが北区じゃ発生してますが、新聞の紙面を賑わしたりしないから不思議。

ソリャ当然で、TVの「刑事モノや推理モノの二時間ドラマ」の舞台に成るコトが随分多く、「東王子署」「赤羽西署」等の実在しない警察署の刑事達が、北区内を右往左往しながら人知れず事件を解決してますンで。


幕末の勘定奉行・戸川播磨守の下屋敷を、明治政府の外務大臣・陸奥宗光卿が買い取って邸宅とし、やがて古河財閥の手に渡って庭園化したのが北区西ヶ原の「旧古河庭園」。現在は有料の都立公園です

コリャ全て旧古河庭園の在る「北区西ヶ原」に長らく住んで居られた、推理作家・内田康夫センセの仕業で、代表作「浅見光彦シリーズ」の舞台が西ヶ原だから。古河庭園の少し西側に、浅見探偵は住んでるらしい。

度々TVドラマに成ってますンで、フィルムコミッションが上手にやれるンでしょうネ。今じゃ内田センセの原作じゃ無いモノまで、西ヶ原を舞台にして撮影・放映されるから、TVの中じゃ北区は殺人事件のメッカ状態。


武蔵野台地の傾斜を生かした設計で、「薔薇の古河庭園」にふさわしく高台の西洋庭園じゃ、薔薇がちょうど満々開!大正六年(1917)に建てられた石積みの洋館と相まって、日本に居るのを忘れてしまいそう

尤も実際は治安が実に良く、そんな大事件は滅多に起きない城北地区だからこそ、或る意味「不名誉な舞台」にされても面白がって居られるンでしょうナ。同じ東京でも川向うや川々向うじゃ、全く洒落に成りません。

そして浅見探偵は地元商店街(『霜降銀座』と『染井銀座』)が、古河庭園の薔薇祭りに合わせて行うミステリーウォーク(もう十七年目)の主役で、内田ファンが全国から参加すると云うから、十分以上な恩返しですゼ。


崖下は落ち着きのある日本庭園で、崖上の西洋庭園との違いの著しいコト!急崖の坂道を登り降りするだけで、「どこでもドア」気分に成れる不思議なトコ。でも旧古河庭園は、撮影に使われて無かった様な・・

そんな西ヶ原に衝撃が走ったのは、ソコへの玄関・JR駒込駅の西口に本店を構える焼菓子の「千鳥屋総本家」サンが倒産し、民事再生法による再建を目指すコトに成った・・と新聞に載ったから。千鳥屋サンが!

値引きを求める大口取引先の某巨大遊園地と、品質を下げたくない千鳥屋サンとで交渉が決裂し、人知れず業績が悪化してたンだとか。再建スポンサーが付く様ですが、浅見探偵にも乗り出して欲しいモノですヨ。


「浅見光彦ミステリーウォーク」を今月二十九日まで開催中なのが、駒込駅と古河庭園のちょうど真ン中に在る「霜降銀座商店街」。二十年ほど前はホント寂れた商店街に成ってましたが、浅見光彦シリーズの人気上昇に合わせるかの様に急激に復活し、随分元気なトコに成りましたナ。最近は小洒落たお店も増えて来ましたし、自助の努力は大したモンだと感心するばかり。もちろん千鳥屋サンの支店も在りますゼ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都豊島区南大塚」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP
★「東京都北区・西ヶ原ってどんな町?」web R25HP
★「駒込周辺のちょっといいところを紹介するWebサイトです」駒込散歩HP
★「庭園へ行こう。」東京都公園協会HP
★「国指定名勝 旧古河庭園」東京都公園協会HP
★「旧古河庭園
(公園)」TOKYOおでかけガイドHP
★「東京都北区 旧古河庭園」佳景探訪HP
★「浅見光彦のミステリー紀行 西ヶ原から王子を歩く」東京紅團HP
★「浅見光彦の住む街〜北区西ヶ原〜」真秀ろばから独り言ブログ
★「ミステリーウォーク2016」本日、お散歩日和ブログ
★「旧古河庭園のバラ」楽しく散歩 インターネット&近郊HP
★「しもふりぎんざ」霜降銀座商店街HP
★「下町情緒の残る商店街『しもふり銀座』」駒込散歩HP
★「大型倒産速報/1630年創業の老舗菓子店を継承 千鳥屋総本家」帝国データバンクHP
★「創業寛永七年」千鳥屋総本家HP
★「千鳥屋、時代の象徴」SILENTSHEEP NET ブログ


(関連する記事)
★「152 【ご近所めぐり08】ソメイヨシノは東京駒込・染井村」
★「536 【ご近所めぐり14】あえてお花見!染井霊園」
★「660 【比較研究04】福岡・大阪・東京・・三羽の千鳥饅頭」
★「926 【スイーツ46】しだれ桜の六義園と超デカ『板チョコ』‥駒込」
★「1302 【スイーツ72】ソメイヨシノ発祥の地と『芥川チョコ』‥染井」
★「1393 【比較研究10】『千鳥饅頭』のご本家は飯塚だった!」
★「1711 【揚げモン53】謂れなき汚名の偉人と『アジの唐揚げ』・・染井」
★「1786 【スイーツ119】『ミスターイトウ』は田端のミスター」
★「1999 【団子饅頭60】一里塚と『浅見光彦のお団子』・・西ヶ原」
★「2122 【名物パン236】ソメイヨシノ発祥地で『女子大のパン』を・・染井」
★「2165 【名物パン246】バラ咲く洋館と『女子大の葉酸ロール』・・西ヶ原」
★「2169 【やきそば229】清けき青葉の飛鳥山と『ラーメン鉢の焼きそば』」
★「2369 【団子饅頭75】紅葉と桜と『飛鳥山おはぎ』・・王子」
★「2499 【やきそば265】新緑の飛鳥山で『茶店の焼きそば』を・・王子」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(西ヶ原を管轄するのは滝野川警察署で、東王子署じゃ無いですヨ)

千鳥屋は大きく分けて全国に四つ在って、ソレ全てのルーツは同じナンです・・てぇのを何年か前にネタにしましたが、パッケージが一番地味なのが駒込の千鳥屋総本家さんだった記憶が・・駒込自体が地味だからネ。スイスの伝統菓子をアレンジしたロングセラー「チロリアン」は、特に地味・・まぁコレが江戸前ってモンですが。楽屋へのお届け物として時折頂戴致してますンで、結構コレを食べてる気がしますが、総本家さんの一大事と聞いて駆け付けて、ホント久し振りに「買って」みましたヨ。私メら城北住民がもっと支えなくちゃ成らなかったンでしょうが、無事再建に踏み出すソウですから「東京のチロリアン」も消滅せず、コレからも食べ続けられる様です。千鳥屋総本家、頑張って下さい



| 2016.05.23 Monday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
2499 【やきそば265】新緑の飛鳥山で「茶店の焼きそば」を・・王子
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

東京を鎮護する准勅祭社「東京十社」の中で、板橋平尾宿の拙宅から一番近いのが「王子神社」サマ。紀州熊野三社から分祠されたトコで、王子と云う地名はコチラから出てますヨ。昨年、一番詣でたお社ですナ

GWはとっくに終わったのに、GW中の都内の新緑のお噂をあと数日続ける心算の私メです。リアルタイムに近い記事の更新はとても無理で、コレでも拙ブログ旅日記としちゃ鮮度の良い方ナンで、御容赦の程を。

一昨年末の心神崩壊以来、「混んでる場所」が苦手に成った私メ。懸命な療養で改善しつつ有るモノの、「無理はするけど無茶はしない」方針で臨んでますンで、GW中も都内の空いてるトコを選んで歩いてましたヨ。


二百八十年ほど前に「庶民の行楽地」として、八代将軍・徳川吉宗公が造営なさったのが、音無川を挟んで王子神社と向い立つ「飛鳥山公園」。先月の今頃は桜で真っ白だったのに、今は全山が新緑の園です

午前中の穏やかな陽射しを浴び乍ら、リズム良く歩くコト自体が毎日の治療の一つ。だもんで混み合い歩き辛いトコよりも、空いてるトコの方が都合が良かったりしますが、ソレでもやっぱ「情けない」感は有りますヨ。

例えば今日ご紹介の飛鳥山も、江戸の昔からの城北最大の桜の名所で、発病前は毎年お花見に行ってた場所なのに、高歌放吟してる酒宴客の騒々しさが恐ろしくて、昨春・今春と近寄るのを控えてましたから。


飛鳥山は狭いながらも「桜が繁る森のエリア」「子ども広場と三つの博物館のエリア」「噴水の在る水辺のエリア」、そして一番奥の「旧渋沢庭園」の四つに分かれてますナ。もぅ水遊びできる季節に成りましたか

ま、来春の捲土重来を期して寛解を目指しますが、ソコまで気張らンでも・・桜の良さは花だけじゃ無い!若緑色した青葉の頃も美しく、ならばソッチを愛でるコトにしましょ。一本で二度楽しめるのが桜の良いトコ。

ソレに花見は猫も杓子も大勢繰り出しますが、若葉を眺めるのは余程の物好きだけだから空いてる筈。てな訳で、拙宅から二kmしか離れてない飛鳥山へ。コレじゃテクテク歩いたって、近過ぎて療法に成らン位。


飛鳥山へ行くのは「気分が辛くて余り歩けぬ日」が多く、そんな時は王子神社サマにお詣りし、旧渋沢庭園で日向ぼっこしてますヨ。秋は紅葉燃え立つ「青淵文庫(国の重文、左の建物)」も、今は新緑の森です

普段の週末や休日なら家族連れで賑わう飛鳥山も、GW中は遠方へ出掛けちまってるのか?聞こえるのはまだ柔らかな葉擦れ音と、山の下を通るJR電車のレールの音・・坂を登る都電の苦しげなモーターの音も。

発病前は「桜は花が散ったらハイそれまでヨ」でしたが、療法として毎日歩いてる内に「散った後の美しさ」を知りましたヨ。あとドレだけ歩けば良いか判りませんが、時々の季節の美しさを愛でたいと思うばかりです。


都内で唯一「路面電車が車道を走る」のが、飛鳥山前の都電荒川線。新型電車が最近次々投入され、余剰と成る「7000形電車」はドウ成るのか心配してましたが、下廻りを最新式のに取り換えて、コレからも使い続けるンだとか。ですが何輌かは廃車されるらしく・・広告電車にされて無い、オリジナル塗装のソレとしては一番古い7003号車の運命は・・。昭和三十年代からずっと使ってる下廻りはもはや限界でしょうケド、「ギィーぃ」と五月蠅い今のママで一輌は残して欲しいモノです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都板橋区板橋」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歩きたくなるまち」北区役所観光HP
★「江戸時代からの観光名所−北区王子・十条」東京散策HP
★「飛鳥山とは」飛鳥山3つの博物館HP
★「王子駅直結の飛鳥山公園で四季折々季節を感じながら遊ぼう!!」ノハナコHP
★「飛鳥山の紹介」王子セレクションHP
★「飛鳥山公園の歴史散策(渋沢栄一の足跡)」歴史の旅&外出の記録ブログ
★「飛鳥山公園」佳景探訪HP
★「新緑の飛鳥山」十條日記 十条にある設計事務所のブログ
★「都電荒川線」東京都交通局HP
★「路面電車の醍醐味!飛鳥山の併用軌道 都電荒川線」秩父路の蒸気機関車SLパレオ ブログ
★「飛鳥山さくら亭」暴飲暴食徒然日記ブログ


(関連する記事)
★「144 【ご近所めぐり05】飛鳥山と音無渓谷、探検実録」
★「313 【東京十社03】王子神社でマウンテン」
★「314 【ご近所めぐり13】一億円はそんなに重くない」
★「667 【スナック07】王子の造兵廠跡」
★「925 【スナック09】満開の飛鳥山と『カールいそあじ』」
★「1240 【スイーツ70】ドナルド・キーン先生のコレクション」
★「1301 【スナック19】桜咲く飛鳥山と『お米のカール』‥王子」
★「1589 【調味料類18】『東京最古のソース』と紅葉の川‥滝野川」
★「1999 【団子饅頭60】一里塚と『浅見光彦のお団子』・・西ヶ原」
★「2121 【スイーツ153】音無川の桜と『老舗のあんドーナツ』・・滝野川」
★「2165 【名物パン246】バラ咲く洋館と『女子大の葉酸ロール』・・西ヶ原」
★「2169 【やきそば229】清けき青葉の飛鳥山と『ラーメン鉢の焼きそば』」
★「2254 【スイーツ173】江戸の避暑地と『久寿餅』と・・王子」
★「2369 【団子饅頭75】紅葉と桜と『飛鳥山おはぎ』・・王子」
★「2424 【やきそば257】ベトナム戦争の野戦病院と『サイゴン焼きそば』・・王子本町


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(流石の飛鳥山で新緑が終わると、次は紫陽花の見頃を迎えますヨ)

「儲けよう主義」の観光地じゃ無いンで、食べるモンは麓の王子駅前で買って持ち込むか、博物館内の喫茶コーナーや公園内の茶店位しか無いのが玉に瑕。ですが「さくら茶屋」のテラス席は、東北・北陸新幹線や高崎線等を眺める人気スポットで、主に男の子を連れた家族連れが占領してるコトが多いですナ。仕方無いンで茶店の中に入り、さてナニにしようかしらん?カツ丼やうどん類・甘味の類も在りましたが、一番早く出て来そうな「ソース焼きそば」を。公園内の茶店ですから技巧に富んだモノは出ませんが、まるで道端の屋台の焼きそばの様にソースがみっちり麺に染みてて、ナンだかお祭りの開場でソレを食べてるみたい。チョット嬉しく成りましたヨ



| 2016.05.11 Wednesday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS