きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2699 【麺類色々225】光のページェント2016と「仙台味噌のタンメン」・・仙台

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

「SENDAI光のページェント」点灯前の定禅寺通りは、葉が散って枝だけに成ったケヤキが目立つ寂しい風景ですが、数分後の点灯を待つ人々の熱気で賑やかなモノ。早く灯らんかナ?待ち草臥れそうです

 

心神崩壊からの回復途上ながらも・今年の高座全てを終了し、張り続けてた気分を少しは楽にさせたいと、フト思い立って仙台へ参っメです。何しろ突然思いついたモンだから、日帰りだったりしますがネ。

 

こんな年末の大詰めに一体ナニしに仙台へ行ったかと云えば、ソリャ久振りに「光のページェント」を見たいと思ったからで、調べてみますと四り。勿論ソレは発病する前で、気力・体力が共に満ち溢れてた頃。

 

上の画像と全く同じ場所からですが、夕方五時半ちょうどに点灯した途端、定禅寺通りはご覧の光景に!昭和六十一年(1986)から毎年続けられてる暮れの風物詩で、この手の行事の元祖だったりしますネ

 

仙台は兄が昔赴任してたコトも有り、前座時代から時々遊びに行った仕事で行ったりしてた親しい街。光のページェントも随分前から、何度も見に行ってました。昔は大規模なイルミネーションは珍しかったですし。

 

四年前はあの大震災の冬で、流石に中止されるだろうと誰もが思ってましたナ。処が・・物理的に無理ならば仕方無いが、可能ならば「震災に負けない証」として、ナニがナンでも絶対にやる!堂々開催されましたヨ。

 

定禅寺通りの八百m区間のケヤキ百六十本に、約六十万球のゴードのLEDが灯され、ご覧通りの光の海!百万球を灯す丸の内イルネーションより少ないですが、距離が短い分だけ密度がケタ違いです

 

街の人からも「負けぬ証の光のページェント」を観に来て下さいと言われてましたンで、ソリャ絶対行かねばと訪仙し、ソレまでは「ただ綺麗」とか思えなかったイルミネーションが、初めて違うモノに感じられましたヨ。

 

涙を溢しながら光の海を見上げてる人が結構居られ、無数の灯一つが大震災で亡くなられた大勢の方々の「命の灯火」に思えた・・のを覚えてる。あの冬のページェントは、ホント悲しくも壮絶な美しさでした。

 

定禅寺通りは中央の遊歩道を挟む片側二車道路で、せて四列のケヤキ並木が間隔狭く植えられてますが、その全てでゴールドLEDが灯ってますンで・・凄まじい光の濃さ!間違いなく日本一の輝きですナ

 

以来、大規模イルミネーションが好きに成りましたが、発病してからその傾向が頓に著しい。真っ青やピンクみたいなゲテモノ色は別ですが、白や金色の灯火は心を癒して呉れるンでしょう。観てるだけで涙が出る。

 

なのにソレを教えて呉れた光のページェントへ参る勇気が無く、漸くその気に成ったのは・・きっと回復しつつ有るンでしょうナ。帰りの列車の時間ギリギリまで、鎮魂の灯火を瞳に焼き付かせようとしてた私メでした。

 

東京のイルミネーションが枝に葉っぱを残したままで行われるのに対し、仙台は寒い分だけケヤキの落葉が早く、完全に枝だけに成った状態でLEDを飾れるンで・・高いトコの枝先まで光り輝いてるンですナ。ヘリコプター等で上から定禅寺通りを眺めると、光の河に成ってるとか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都中央区銀座」への訪問記です★


(参考リンク)
★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「歩いて観光 仙台おさんぽWEBマガジン」てくてくあおばHP
★「仙台の街を歩く、楽しむ、発見する!」machinavi WEB仙台HP
★「【仙台のおすすめ観光地40選】仙台旅行にはずせない人気スポットはここ!」RETRIP・HP
★「杜の都・仙台のシンボルロード、定禅寺通りでお散歩」ぐるたびHP
★「SENDAI光のページェント2016」同実行委員会HP
★「『SENDAI光のページェント』でピンクの光を見つけたら」NAVERまとめHP
★「仙台光のページェント2016 期間や時間・場所は?人気のイルミネーション!」ヒカリジャーナル・ブログ
★「12月の仙台は光のページェント
(ひかペー)で盛り上がる」好きを極めてワクワクを!!ブログ
★「光のページェントと神戸ルミナリエ」リハ医の呟きブログ
★「伝統の味、仙台味噌。京都の味噌とは何が違う?」タノシムタメノ・ブログ
★「辛味噌なしの味噌タンメン◆カラ助」kopokopo*time 仙台食べ歩きブログ

 


(関連する記事)
★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台」
★「2283 【名物パン261】『パンの天麩羅』と朝の瑞宝殿・・仙台」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台」
★「2309 【名物パン265】『気仙沼の名物パン』と東北の頭脳・・仙台」
★「2310 【野菜果物79】『三角定義あぶらげ』と雨の杜の都・・仙台」
★「2698 【名物パン314】初売りを待つ大アーケードと『味噌がんづき』・・仙台」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(今年で三十一回目!大規模なモノとしては国内最古の老舗ですヨ)

ページェント点灯時間の少し前に定禅寺通りへ辿り着いたは良いモノの、流石の東北で風が寒くって・・中から暖めにゃ身体が持たんわ!お酒が呑めた頃だったらウイスキーでも煽るトコですが、ドクターストップ中の身体としては・・通り沿いに「仙台辛味噌タンメン」の看板を出してる「カラ助」なるラーメン屋に行って、仙台味噌のタンメンでも啜りましょ。他所の味噌より塩分高めで少し辛い仙台味噌ですが、ココは炒め野菜が一杯で350g!厚労省が推奨する成人一日当たりの野菜量をソレで摂れちゃう大変な量で、野菜から甘みが出たのか?上手い具合に和されてて美味しかったですヨ。でも・・量が多かったですがネ




| 2016.12.29 Thursday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2698 【名物パン314】初売りを待つ大アーケードと「味噌がんづき」・・仙台

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

走る列車の窓から見えた蔵王の山頂は冠雪してましたが、今冬城県は雪が殆ど降ってないンだとか。覚悟してスノトレまで履いて行ったのに、ナンだか拍子抜けだなぁ・・でも助かった気分もする私メです

 

今年の高座も全て終わりましたンで、フト思い立って仙台へ参った私メです。闘病生活も三年目に入り、心神・体調共に芳しく無いですが、ナンとか高座を無事に一年務め終えられて、自分を褒めたいと思うばかり。

 

発病前の様に達者に高座に上がるのは無理ですし、高座数も多く務められませんが、ソレでも陽司センセよ・・貴方の分も頑張ったぞ!一番のライバルと一緒に大締めを迎えられなかったのは、残念至極でしたが。

 

仙台に来るのは一年数ヵ月ぶり・・確か前回は地下鉄東西線の開業寸前で、JR仙台駅前は仕上げの工事の真っ最中でしたが、流石にキレイに出来上がってますナ。東北最大の乗降客数を誇る、巨大な駅です

 

女流ばかりドンドン増えて、野郎の絶対数の足りない釈界ですンで、年も挫けずに責任を果たさねばと思えども、気力だけで頑張ってる病中の私メ。一体ドコまでソレが持つか心許なく、偶には気を抜かにゃぁネ。

 

てな訳で北へ旅立ちたく成りましたが、雪の多過ぎるトコは・・未だ体脂肪率一桁から脱せぬ我が身体じゃチョット辛い。でも仙台なら大して降らぬトコだし、暫く行って無いから・・光のページェントを見に行きましょ。

 

仙台自慢の「中央通り」は、早くも迎春の飾り付け!途中「T」字状に曲がりながら仙台駅前から県庁の近くまで、約1.5kmも続く東日本じゃ長いアーケードで、夏の七夕のメイン会場なんで屋根が高いです

 

処が今冬の東北日本海側は大変な豪雪なのに、仙台と云か・・太平洋側は高い山の上を除いて雪のユの字も無く、車窓から見えたのはしい冬枯れの風景ばっかり。ま、歩き易いからと前向きに考えるコトに。

 

そして久し振りの仙台は風がタダ寒く、ページェント点灯まで時間も有るンで、アーケードに逃げ込み・・ナニか面白いモン無いかしらん。クリスマスも終わったンで、お節の蒲鉾や伊達巻を売るワゴンが目立ちます。

 

中央通りアーケードを構成する商店街の一つ「クリスロード」にゃ、の福の神として有名な「仙台四郎」さんを祀るお寺が在る関係で、ご覧の巨大な絵馬が!少し早いですが、来年の幸運を祈ってみました

 

そして目立つのは「仙台初売り」の予告。仙台は江戸時代から豪華景品が沢山付く売り出しが恒例で、国から仙台や旧仙台藩内だけは「法律の例外」として公認されてる伝統行事!正月二日なのが絶対の決まり!

 

スゴクお得と聞きますし、スゴク面白いと聞きますが、スゴク混む様で・・人混み苦手が治まらぬ今の私メにゃまだ無理ですヨ。ソレだって随分良く成ったンですが、万全にゃ遠くて・・早く寛解したいと願うばかりです。

 

初売りで賑わう筈の地元デパート「藤崎」前から、大アーケードは直角に向きを変えますが、飾り付けの雰囲気も全く変わって来るンで面白いですナ。この先にページェントの会場が在るンで、さぁ参りましょ!

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「宮城県仙台市青葉区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「歩いて観光 仙台おさんぽWEBマガジン」てくてくあおばHP
★「仙台の街を歩く、楽しむ、発見する!」machinavi WEB仙台HP
★「【仙台のおすすめ観光地40選】仙台旅行にはずせない人気スポットはここ!」RETRIP・HP
★「仙台市中心部商店街」machinaviWEB仙台HP
★「Creative Life In Shopping」クリスロード商店街振興組合HP
★「実在した『福の神』仙台四郎」あさかぜネットHP
★「仙台初売りドット混む2017」仙台商工会議所HP
★「2017年も期待できそう!『仙台初売り』だけが豪華賞品でもOKなワケ」NAVERまとめHP
★「<仙台いいすこ歩き>がんづき/愛される郷土菓子」河北新報オンラインニュースHP
★「こむぎ粉くらぶ がんづき」日清製粉グループHP

★「シライシパン」白石食品工業HP

★「☆シライシパン☆味噌がんづき♪」パンとベーグルと和菓子と私♪ブログ
★「☆シライシパン☆黒糖がんづき♪」パンとベーグルと和菓子と私♪ブログ


(関連する記事)
★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台」
★「2283 【名物パン261】『パンの天麩羅』と朝の瑞宝殿・・仙台」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台」
★「2309 【名物パン265】『気仙沼の名物パン』と東北の頭脳・・仙台」
★「2310 【野菜果物79】『三角定義あぶらげ』と雨の杜の都・・仙台


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(大震災以来、東北の仙台一極集中傾向に拍車が掛かった感が・・)

ヤマザキパンの製品で私メら東京モノにも多少馴染みの有る和風蒸しパン「がんづき」は、実は宮城県から岩手県南部(要するに旧仙台藩の領地)の郷土料理だったりする。忙しい農作業のおやつ用に小麦粉と砂糖・卵を混ぜたのを大量に蒸して置いて、切り分けて大勢で食べたモノだソウで、本来のソレは重曹を入れずに蒸したンで、もっとガッシリした外郎っぽいモンだったとか。白砂糖だと白く・黒糖だと黒く成る訳ですが、流石に仙台味噌で知られた土地柄ナンで「味噌がんづき」まで有るから面白いですナ。東北地方の製パンの王者・シライシパン(本社:盛岡市)のを、散策の途中に寄ったクリスロードの仙台イオン(ダイエー仙台店)で買って参りましたが・・蒸しパンと違って軽くなく、ずっりシットリがっちりモッチリした食感が特徴。風味も東北っぽいですナ




| 2016.12.28 Wednesday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2310 【野菜果物79】「三角定義あぶらげ」と雨の杜の都・・仙台

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

青葉城の鬼門封じとして開基された「定禅寺」の参道だったのが、仙台を代表する並木道・定禅寺通り。お寺は明治の廃仏毀釈で廃されましたが、通りは戦後大きく拡張されメインストリートに。でも朝は静かです

東京の拙宅に居る時は当然として、全国ドコに行ってても午前中にテクテク街を歩く「青空療法」を続ける私メです。気分や調子の高低によって歩く距離に差は出ても、とにかく昨年末から休んだ日は全く有りません。

リズム良く歩いて脳内物質セロトニンの分泌を促し、ソレによって廻らぬ頭ン中を活性化させようと云う療法ですが、我ながら良く続くと感心する位。薬の数を減らす為の療法なのに、もはや生活の一部と化してます。

とは云え楽しいモンじゃ無く、療法で無きゃ正直止めたい!でも身体を苦しめるコトで、心神の安寧を得られるなら・・何だか千日回峰行みたいですナ。ま、千日も続けたら、小さな悟りが得られるかも知れませんが。

でも私ぁ下賤な寄席芸人で、名僧聖者と違うンで「悟るコトより早く寛解を!」。大体が一月先まで気力・体力が続くかドウか自信が無く、斃れる前にマトモに戻りたい・・。その為にゃ「今日だけ頑張る」で、歩け歩け!


広瀬川の方へ向って歩けば、「西公園(桜ヶ丘公園)」と云う大きな広場に。ココには仙台藩の重臣のお屋敷が建ち並んでたソウで、今は歴代藩主の崇拝の篤い「櫻岡大神宮」が。私ぁ当然、心神復活を祈りました

てな訳で、再び朝の仙台テクテク散歩。生憎のお天気でしたが、雨だろうと風だろうと「いつも心に太陽を」が青空療法。ソレに普段の東京と違うンで、最近少しずつ復してる感の有る好奇心を懸命に働かせましょ。

仙台藩伊達家は六十二万石の大々名で、一万石以上の所領を持つ重臣が何人も居りますヨ。ソレらが城下に大きな屋敷を構え、ソコに繁った樹々が連なり森の様に見えたトコから、仙台は「杜の都」と称しますネ。


そんな屋敷群は消えても、立派な並木道と広い公園・・そして東北大のキャンバスと今もココは森の様。さてフツーは嫌がる雨降りを、私メが頑張り歩くのは「雨の緑の匂い」が心神を清めて呉れる様に思えるから。

無論ソリャ思い込みナンでしょうケド、毎日歩いてる内に天気や季節の匂いを感じる様に成った私メ。十一ヶ月目に入った闘病で疲れ果ててる筈なのに、歩いて嬉しい、ステキな「雨の緑の匂い」する杜の都でした。


ブラブラ歩いてる内に、東北大学本部の在る片平キャンバスに。明治四十年(1907)に三番目の帝国大学として創立された名門で、中国の大作家・魯迅センセもココに留学してたとか。大正十三年(1924)に建てられた旧図書館が「東北大学史料館」として公開されてますが、朝早かったンで開いてませんでした・・残念。何れまた参りたいモノです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都港区芝公園」への訪問記です★

(参考リンク)

★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「笑顔咲くたび伊達な旅」仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会HP
★「歩いて観光 仙台おさんぽ てくてくあおば」仙台観光国際協会HP
★「せんだいタウン情報 machico」ユーメディアHP
★「仙台が杜の都と呼ばれる理由」杜の都仙台名物肉厚牛タン通販専門店HP
★「杜の都・仙台のシンボルロード、定禅寺通をおさんぽ」旅ぐるたびHP
★「杜の都 緑の名所100選/西公園」仙台市役所HP
★「仙台のお伊勢さま」櫻岡大神宮HP
★「東北大学史料館」東北大学HP
★「魯迅と東北大学 −歴史のなかの留学生−」東北大学史料館 記念展示室HP
★「三角定義あぶらあげ」定義とうふ店HP
★「仙台の隠れグルメ『定義の三角あぶらげ』」"Ackee"のブログ

(関連する記事)

★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台」
★「2283 【名物パン261】『パンの天麩羅』と朝の瑞宝殿・・仙台」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台」
★「2309 【名物パン265】『気仙沼の名物パン』と東北の頭脳・・仙台

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(痩せ過ぎた所為か、コレからの季節は寒過ぎて大変に成りソウです)


素直に告白しますが、私ぁ狐みたいに油揚げが好きだったりしますヨ。但しソレは分厚いのだけですが、仙台資本のデパート・藤崎さんの地下で好みの分厚い油揚げ(東北的表現じゃ『あぶらげ』)を見付けましたネ。ソレは仙台市街地から西へ一時間ほど行ったトコに在る名刹「定義山西方寺」サンの門前町の名物で、厚さ二cm強の三角形のモノ。定義山の名物だから「三角定義油揚げ」って冗談みたいですが、二度揚げしてるンで外はサクサク・中はシットリ!コレを肴にして日本酒をキューっとやったら美味いでしょうナ。でも私ぁ青空療法だけじゃ無く、服薬治療も並行してやってますンで・・来年夏まで禁酒せざろう得ないみたい。ソレが寛解への道と判ってますが、筆舌に尽くせぬ辛さです




| 2015.10.21 Wednesday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2309 【名物パン265】「気仙沼の名物パン」と東北の頭脳・・仙台

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

流石に東北最大の駅だけあって、帰宅時間のJR仙台駅前は大変な雑踏。東北新幹線の仙台開業は昭和五十七年(1982)でしたが、来年春にゃ北海道・新函館まで延びるとか。日本はドンドン狭く成りますゼ

東北六県じゃ最大の人口(二百四十万)を誇る、宮城県内を旅して居ります。言うまでも無く県庁は仙台ですが、南三陸の津波被災地を見て来た後ですから尚更一層、仙台の賑わいと復興に驚きを大きく感じますヨ。

もちろん仙台だって沿岸部は大津波に直撃されましたし、市中心街もソレなり以上の被害を受けましたが、もともと地震の多い土地柄とあって覚悟と用意が行き届いてたンでしょうネ。いち早い回復を遂げてます。

加えて東北の頭脳たる仙台が機能不全に陥ったママじゃ、東北各地の被災地の復興に対する指示系統が混乱しちゃうンで、まずココからと優先復興された結果ですナ。感情的にゃ・・ですが、現実的にゃ正しい。

人間だって心臓と頭脳がマトモに動いてりゃ、どんな大病でも大怪我でもナンとか成る。ですがソレの調子が悪いと・・。昨年末に心神崩壊して以来、日々のた打ち回ってる私メですンで、骨身に染みて良く判ります。


仙台自慢の大アーケードは、夜の帳が降りても結構な賑わい。ようやく復興し始めた女川町とは同じ宮城県内、しかも六十kmほどしか離れてないのに天地ほどの差が・・。同じ時間の女川は静かナンでしょうネ

この緩急差は仕方無く、今は差が有っても何れ等しくなると、懸命に堪えるしか無いンでしょうナ。誰にも等しく夜明けは来ると信じるしか・・尤も、石巻発の直通快速が仙台駅に着いたのは、日没直ぐでしたケド。

震災前から度々訪ねてる仙台中心街、数日前にもご紹介してますが、街が街として未だ機能して無い被災地を訪ねた後ですンで、ナンと云うか・・別の国に来ちまったみたい。取り敢えずアーケードを歩きますか。

震災直後から一種のバブルと云うか、ココしか賑やかなトコが無かったンで、遅々として進まぬ復興に憂いた方々や、復旧作業で草臥れた工事関係者らが仙台に集中。歓楽街の国分町を中心に賑わってました。

また被災地からの人口流入も著しかったらしく、東北じゃ仙台だけが繁栄してます。でも東北全てが消沈しちまうより、頭脳が元気なのは良いコトで、やがて被災地も賑わってくれたらと・・勝手に悩む私メでしたヨ。


駅前から大アーケードを歩き抜けると、ソコは恒例「SENDAI光のページェント」の会場となる定禅寺通り。今年は十二月六日から大晦日まで開催されますが、この並木が黄金色の鎮魂の光に包まれます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「宮城県仙台市青葉区」への訪問記です★

(参考リンク)

★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「笑顔咲くたび伊達な旅」仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会HP
★「歩いて観光 仙台おさんぽ てくてくあおば」仙台観光国際協会HP
★「せんだいタウン情報 machico」ユーメディアHP
★「中心部商店街」まちくる仙台HP
★「東日本大震災−仙台復興のキセキ」仙台市役所HP
★「東北における仙台の役割を果たす」あんしん財団HP
★「仙台に人口集中、昨年の転入超過全国2位」日本経済新聞HP
★「未来へつなげる愛の光!」2015SENDAI光のページェント実行委員会HP
★「気仙沼を襲った大津波の証言」記憶の部屋HP
★「気仙沼発クリームサンド」フレッシュ製パンHP
★「クリームサンドの謎は渦を巻く」ぐるぐる土手HP

(関連する記事)

★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台」
★「2283 【名物パン261】『パンの天麩羅』と朝の瑞宝殿・・仙台」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(仙台への人口流入も、国分町のバブルも今は落ち着いた様ですナ)


みやぎ三陸最北の市・気仙沼は、大津波と大火災で壊滅した街。ソコまで訪ねる精神的な余裕が無く、女川と石巻を訪ねただけで仙台まで戻った私メですが、気仙沼のソウルフード「クリームサンド」は工場を石巻に移して今も健在でしたヨ。半世紀以上前から存在するモノらしく、震災前から訪ねたいと思ってたンですが・・。一体ドウ成っただろうと心配してましたが、例え工場の場所は変わっても生き残って呉れててホント良かった。私メ自身の復興が出来たら、気仙沼も訪ねたいモノです




| 2015.10.20 Tuesday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2308 【やきそば246】「石巻だし焼きそば」と蘇った萬画館・・石巻
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

JR石巻駅から石ノ森萬画館へ続く「マンガロード」は、ココ出身の萬画家・石ノ森章太郎センセの生み出したキャラ像が次々立ってますし、電柱にはフラッグが・・。流石のギネス記録保持者で、キャラが豊富です

大震災から四年半経った、宮城県東部「南三陸」地方を旅してます。その中心都市・石巻は、津波被害で一部不通だったJR仙石線が五月末に全線再開し、仙台との大動脈が復活!復興がまた一つ進みました。

震災の夏、復興ボランティアのお手伝いで女川町を訪ねた帰り道、ココを通ったのを覚えてますネ。いち早く瓦礫撤去のされた女川と違い、あの時の石巻は街中残骸だらけ。焼け野原と化したエリアもそのまんま。

 
仮面ライダーが石ノ森キャラだと云うのは知ってましたが、まさかゴレンジャーまでそうだったとは・・。姿と設定は多少変わっても、両方ともシリーズが今も続いてますンで、石ノ森センセの偉大さが判りますゼ

道路は方々で波打ってるし、中心街やソレに続く中瀬地区(旧北上川の河口に浮かぶ中洲)じゃ交差点の信号機が点灯せず、お巡りサンが手信号で交通整理してましたヨ。電気がまだ復旧して無かったンですナ。

その近くにゃ西の方の県警のパトカーが居ましたンで、多分ソコから応援に来てたンでしょうネ。今回も他県警のパトカーが走ってるのを見ましたが、ヒドイ土埃の中で手信号されてたのが、妙に記憶に残ってます。


(ネットでの拾いモノです)旧北上川河口の中洲(中瀬地区)は津波の直撃を受け、「石ノ森萬画館(左奥の白い建物)」のソバに在った「旧ハリストス正教会」は大損壊。やむなく解体しましたが、来年復元されます

そう、津波が海から運んで来たヘドロが乾き、その上を車が走ったりするモノだから、細かい破片が巻き上げられて街中に舞ってたンですネ。しかもヘドロだから大変な悪臭で・・あの中のお仕事は大変だった筈。

流石に時間が経ったンで信号機は点滅してますし、土埃もキレイに無く成りましたが、中心市街地や川の中洲は津波に襲われ破壊され、多くの建物を解体せざろう得なかった様。だから空き地が結構目立ちます。


平成十三年(2001)開館の「石ノ森萬画館」は、チリ地震の津波を教訓に建てられたにも拘らず、旧北上川を溯った大津波に直撃され、丸二年間の休館をするコトに・・。ソレが嘘だったかの様に、今は静かです

ですが・・そんな空地を纏めて大きな区画にし、津波対策で高くした人工地盤の上にマンションを建て、中心街に住人を呼び戻すプロジェクトも行われてる様で、無責任な講釈師にゃ順調に復興してる様に見えます。

また仙石線が全線再開して仙台と繋がったのも、石巻にとっちゃ復興の起爆剤に成る筈。やっと舞台が整った感が有りますが、ココに至るまでがホント大変だった筈で、頑張って来られた方々に敬意を表しますネ。


ソウ云えば、この「ロボコン」も石ノ森キャラだったンですナ。尤も私ぁロボコンより、ヒロイン「ロビンちゃん」に夢中で・・まさかあの可憐なバレリーナ少女が、日本を代表するミュージカル女優・島田歌穂お姉サマの幼き頃の御姿だったとは!ソレを初めて知った時は青天の霹靂・吃驚仰天で、私ぁロボコンみたいに爆発四散しそうに成りました!ソレはともかく歌穂お姉サマは、私メの「永遠の憧れのアイドル」なのです


昨日に続き、昭和五十四年に放映されたアニメ「サイボーグ009(第二シリーズ)」から、今度はエンディングの「いつの日か」を。震災復興で戦い続けてる人の心を癒すのにホント相応しい曲で、同じ思いの人が居るらしく、大津波で壊滅した東北の風景を添えて呉れてます。状況と相手が違いますが、私メも苦しみと毎日戦い続けてますンで、この歌詞が胸にしみて・・涙が止まらなく成りソウです。共に頑張りましょネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「宮城県仙台市青葉区」への訪問記です★

(参考リンク)

★「来て見てけらいん!いしのまき」石巻観光協会HP
★「美味・絶景 恵の海の粋な旅。」みやぎ三陸黄金海道観光推進協議会HP
★「『萬画の国・いしのまき』から旬な情報を発信!!」石巻まちなか情報局HP
★「やっぺす!!」石巻復興支援ネットワークHP
★「大津波で崩れ去った石巻市−そこで見たものは」ITmediaオンラインHP
★「石ノ森 変身!」石森プロHP
★「漫画の王様 石ノ森章太郎」石森プロHP
★「石ノ森萬画館」街づくりまんぼうHP
★「がんばれロボコンのおもひで」大連ネオAPPLA・HP
★「【探訪】石ノ森萬画館を訪ねて 〜震災と『マンガの力』〜」東北大学新聞HP
★「旧石巻ハリストス教会 復元市民の会」同会公式ブログ
★「島田歌穂オフィシャルサイト」エピモッソHP
★「B級ご当地グルメの石巻焼きそば」石巻茶色い焼きそばアカデミーHP
★「手造りの味を求めて―創業明治八年」石巻麺舗かのまたやHP
★「かのまたや 【石巻市】 / 石巻焼きそば(だし)」Humdrum++ブログ

(関連する記事)

★「590 【名物パン45】石ノ森センセとラムレーズン」
★「669 宮城・女川町へ行って参りました」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48】鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「816 【調味料類09】塩竃神社での真剣な祈りと『タインホアの天然塩』」
★「817 【お魚料理44】日本最大の練り物産地『塩竃』の、津波からの復興」
★「1109 信じられない風景、なぜマスゴミは伝えない?‥塩屋崎」
★「1110 【お魚料理62】『シーフードケーキ』といわき市の津波被害」
★「2278 【やきそば242】帰還困難地域と『浪江焼きそば』・・浪江」
★「2279 【保存食品54】止まったままの特急列車と『からみ漬け』・・南相馬」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台」
★「2305 【スナック60】更地に成った津波の街と『いさだスナック』・・女川」
★「2306 【名物パン264】海と共に生きる津波の街と『さんまパン』・・女川」
★「2307 【やきそば245】サイボーグ戦士と『茶色い焼きそば』・・石巻

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(久しぶりに歌穂さんの歌を聞き直してみましたが、やっぱステキです)


石巻市中心街の大津波の傷跡をテクテク見て歩き、私ぁすっかり草臥れ果てましたが・・「生きてる者は決して挫けず、とにかく前へ進まにゃならぬ」と、改めて確信できましたネ・・訪ねて良かった。途端にお腹が空きまして、この日二度目の石巻名物「茶色い焼きそば」を食べるコトに。病と闘い続けて呆れる程に痩せちまった私メですが、ソレでも食欲は旺盛で・・ドウして太れないンだろう?ま、同じ味のを食べても仕方無いンで、一風変わったのが在ると云う、駅近くの製麺会社直営「かのまたや」サンへ。ソースだけじゃ無く、昆布だしの薄口醤油味も選べるらしく、当然後者にしましたヨ。昨日ご紹介の「藤や食堂」サンのと同じく、初めから薄い味は付いてますが・・基本的な味付けはお客次第。テーブル備え付けの昆布醤油を適量掛けて、美味しく頂戴致しました



| 2015.10.19 Monday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2307 【やきそば245】サイボーグ戦士と「茶色い焼きそば」・・石巻
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

津波で一部不通だったJR仙石線が今年五月末に全線開通、またJR仙石東北ラインが新たに開業して、仙台方面とのアクセスが飛躍的復旧した「JR石巻駅」は、サイボーグ009のキャラで溢れかえってます

忌まわしき大震災から四年半経ち、復興に向かう宮城県東部の南三陸地方を旅してます。あの夏、ボランティアの手伝いの様なコトをさせて戴いた女川町も、津波から立ち直りつつ有る様で少し安心出来ましたヨ。

ですが女川以北の津波被害がより酷かったエリアへ、向かえるだけの精神的余裕は今の私メに無く、女川の現状を見て来ただけで精一杯。無理は禁物と仙台まで引き返すコトに。けれどタダ引き返すのは残念。


石巻は萬画家・石ノ森章太郎センセの御出身地で、駅構内は代表作「サイボーグ009」だらけ。駅のホームじゃ主人公「009(島村ジョー)」と、ヒロイン「003(フランソワーズ・アルニール)」が出迎えて呉れます

で、仙台行き直通快速「仙石東北ライン」の始発駅・石巻で途中下車。ココは「茶色い焼きそば」の街で、この際タップリ食べてやろうとの魂胆も・・。私ぁ体脂肪率七%台まで痩せちゃいましたが、食欲は旺盛です。

石巻は昭和を代表する「萬画家」、石ノ森章太郎センセの御出身地。センセのお墓は拙宅の近くに在るンで、私ぁ何度か参ったコトが有りますが、墓標にゃ「仮面ライダー」と「サイボーグ009」が刻まれてましたネ。



石ノ森センセの生み出したキャラが、石巻中心街にゃ溢れかえって居り、当然の様に駅前交番には「ロボット刑事」の主人公・捜査用ロボットK(ケー)が。漫画原作を元に、特撮モノとしてテレビ化もされてますヨ

「最も多作のマンガ家」としてギネス記録を持つ方ですが、やはりこの二つが代表作。中でも昭和五十四年(1979)に放映された「009のアニメ(第二シリーズ)」の主題歌が秀逸で、私メにとってベスト・アニメソング。

「誰がために」と云う、九人のサイボーグは誰の為に報われぬ戦いをしてるのか?てぇ歌ですが、アニメ放映時は曲調の格好良さに惚れた!が、喜び悲しみを沢山重ねて大人に成った今は、歌詞に惚れてますヨ。



旧北上川河口の「石ノ森萬画館」へ駅から続くマンガロード沿いにも、石ノ森キャラが大勢立ってますナ。仙台銀行の石巻支店の前じゃ、火を噴く中国人「006(張々湖)」サンが、犯罪防止に目を光らせてます

震災の時、自衛隊や米軍の方々が己の危険を顧みず、被災者の救出や救護に当ってるのを見て、そうか・・命を助ける為でも有るけれど、ソレ以上に人間性を取り戻す為に戦ってるンだ・・私ぁソウ思いましたネ。

左翼から「殺人機械」呼ばわりされ乍ら、様々な訓練を積んで極限の任務をこなす兵隊サンは、いわばサイボーグ戦士の様なモノ。自分を殺して平和と安寧を守るって、正にあの歌だ!フト思い出した石巻でした。


(ネットでの拾いモノです)この風景が石巻なのかドウか判りませんが、福島・宮城・岩手三県の海沿いは津波の為にドコでもこんな感じだった訳で、警察や消防等の方々と共に、自衛隊と米軍の方々が命懸けで戦って下さったコトを、我々は決して忘れちゃ駄目ですゼ。一同遺書を認め、遠方から緊急出動した部隊も多かったと聞きますが、世界で唯一つ「戦争で誰一人殺したコトは無いが、大勢の人々の命を助けて来た」のが日本の自衛隊。そんな軍隊って、他国にゃ無いですヨ。私ぁ兵隊サン達に感謝したいと思ってます、ソレは神戸の時からずっとです。なお石巻市や女川町に出動したのは、四国の第十四旅団が主力です


昭和五十四年のオリコン・アニメソング部門で、年間十二位を記録した「誰がために」は石ノ森章太郎センセ御自身の作詞だとか(作曲は平尾昌晃氏)。震災救援の時、自衛隊・米軍・警察・消防等の方々は、心の中で血の涙を流しながら任務に当られたンでしょうナ。そんな方々が被災地に、「明日の夜明けをつげる鐘」を鳴らして呉れたと信じてますヨ。因みに幻の二番の歌詞をご紹介。「轟く雷鳴よく似合う 機械の戦士と人の言う だが九人は熱き血を 緑野に咲かす愛の花 怒りで駈る闇の森 泣いて曇らす青い空」。タダでさえ難解な歌詞なのに、コレは特に難解とボツに成り、三番を二番に繰り上げて発売されたとか

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「宮城県石巻市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「来て見てけらいん!いしのまき」石巻観光協会HP

★「美味・絶景 恵の海の粋な旅。」みやぎ三陸黄金海道観光推進協議会HP
★「石巻かほく メディア猫の目」三陸河北新報社HP
★「石ノ森 変身!」石森プロHP
★「漫画の王様 石ノ森章太郎」石森プロHP
★「サイボーグ009」石森プロHP
★「誰がために:歌詞は中二病御用達?『サイボーグ009(新昭和版)』OP」筑波嶺夜想曲ブログ
★「自衛隊10万人、奮闘」朝日新聞デジタルHP
★「神町自衛隊が石巻で奮闘 住民の『ありがとう』に励まされ」山形新聞HP
★「自衛隊の戦いを大きく変えた、二つの大震災」ダイヤモンド・オンラインHP
★「東日本大震災(3.11)での知られざる『自衛隊』の活動」NAVERまとめHP
★「B級ご当地グルメの石巻焼きそば」石巻茶色い焼きそばアカデミーHP
★「藤や食堂」焼きそば名店探訪録HP


(関連する記事)
★「590 【名物パン45】石ノ森センセとラムレーズン
★「669 宮城・女川町へ行って参りました」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48】鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「816 【調味料類09】塩竃神社での真剣な祈りと『タインホアの天然塩』」
★「817 【お魚料理44】日本最大の練り物産地『塩竃』の、津波からの復興」
★「1109 信じられない風景、なぜマスゴミは伝えない?‥塩屋崎」
★「1110 【お魚料理62】『シーフードケーキ』といわき市の津波被害」
★「2278 【やきそば242】帰還困難地域と『浪江焼きそば』・・浪江」
★「2279 【保存食品54】止まったままの特急列車と『からみ漬け』・・南相馬」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台」
★「2305 【スナック60】更地に成った津波の街と『いさだスナック』・・女川」
★「2306 【名物パン264】海と共に生きる津波の街と『さんまパン』・・女川

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(私ぁ『憲法第九条の第二項』を改定すべきだと、深く信じて居ります)


何しろ女川じゃ開いてる店が駅近くに無く、お昼が食べられぬままだったンで、石巻に着いたら直ちに焼きそばを!盟友SaltyDog氏主宰のブログに載って居た「藤や食堂」サンが駅から近いらしいンで、兎に角ナニか食べたい!食べないままで居たら、もっと痩せちまう〜冗談抜きで私ぁ悩んでるンですヨ・・もっと太りたい。ソレはさて置き、石巻の焼きそばは麺を二度蒸しするンで昔から茶色いソウで、震災前から食べに行こうとは思ってたンですが、仲々その機会が無くて・・。ソース味が初めからウッスラ付いてますが、基本的に食べる人がウスターを後からかけて調整するスタイルですヨ。お蔭で一心地を就けたンで、いよいよ石巻の震災被害地を訪ねて、ブラブラ街歩きを開始した私メです



| 2015.10.18 Sunday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2306 【名物パン264】海と共に生きる津波の街と「さんまパン」・・女川
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

津波の直撃を受けて壊滅したJR女川駅は、以前より少し内陸に移転して今年三月に復活してます。壊滅前の駅に降りたコトも有りますし、瓦礫の中ホームだけに成ってた状態も見てますンで、私ぁ感無量です

東日本大震災による高さ二十mの大津波の直撃を受け、港近くの中心市街地が消滅した宮城・女川町を訪ねてます。御縁あって震災の年の夏、私ぁココでボランティアのお手伝いの様なコトをさせて戴きましたヨ。

上屋を津波にもぎ取られて土台だけに成った街並みと、アチラコチラに転がってる根元から倒れたビル・・。鉄筋コンクリのビルが倒れるだナンて、想像を絶する大被害に震え上がったのを、私ぁ強烈に覚えてます。



女川駅の待合室には被災の状況写真と共に、このポスター「わたしたちは海と生きる。」が掲示されてましたヨ。喜びも悲しみも海と共に生きて来た女川は、コレからも海と共に生きる街造りを進めて行く様です

在来工法の一般家屋は、土台に上屋が乗ってるだけ。ですがビルは土台と一体で、当り前の力じゃ倒れる筈の無いモノが、途轍もない自然の猛威で押し倒された訳。そんな恐ろしい事が、この世に在るナンて・・。

でも実際に在ったからビルが転がった訳で、背筋が震えましたネ。以来ドウ成ったのか、復興して新しい街が出来たのか・・気にしてましたが、忙しい都会の生活に感けて訪ねる機会が無くて・・チョット怖かったし。



コレは震災から半年後の女川港の風景ですが、この青い海から予報を遥かに超える二十mの津波が押し寄せ、ギッシリ建ってた家屋を全て押し流してしまったンです。復興に向け、この風景はもう在りません

処が昨年末から心神が弱ってるから?何だか無性に女川へ行かなきゃ成らぬと思う様に成り、土砂降りにメゲず四年ぶりに訪ねましたヨ。昨日ご紹介した通りに津波で更地と化した市街地は、区画整理の真最中。

今更に成って漸く・・と思いましたが、これでも早い方だとか。そして女川は町ごと高台に移転する道を選ばず、以前と同じく海と共に生きる街を造るコトに。「防波堤は敢えて作らない」と、話し合いで決めたンだとか。


女川駅前じゃ新しい街造りの真っ最中。まだ完成して無いンで予想図でご勘弁願いますが、商店街の一番海寄りのメモリアル公園に、旧女川交番が「津波で倒れたビル」として、唯一保存されるンだソウですヨ

震災復興は簡単に進むモンじゃ無く、コレからの街造りを担う三十代・四十代を中心に、話し合いは進められた様。そして街の長老達は「六十以上は口出さず、五十代は手を出さず」を貫き、支える側に回ったとか。

コレって凄い!街が一旦壊滅したからこそ出来る・・ソウ開き直れたンでしょうが、私メも心神崩壊から新しい自分を造り直そうとしてますヨ。遠く東京から新しい女川を応援しつつ、負けずに頑張ろうと思う次第です。



震災当日の女川港の風景だソウです(観光協会サン、お借りします)。この数時間後に大津波が押し寄せ、女川町は家屋の九割が全開・半壊し、亡くなられた方の割合が一番高い自治体に成ってしまったとか・・。ソレでも逃げずに「海と共に生きる」選択をした女川町を、コレから定期的に訪ねたいモノです。その為にゃ、まず自分の復興をしませんと

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「宮城県石巻市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「あがいん 見らいん 来てけさいん」女川町観光協会HP
★「美味・絶景 恵の海の粋な旅。」みやぎ三陸黄金海道観光推進協議会HP
★「いつでも、誰でも、何でも、どこへでも」女川町地域医療センターHP
★「女川町震災復興のあゆみ 〜海とともに皆でともに〜」女川町役場HP
★「女川町の復興事業とまちの情報をお届けします」女川復興まちづくり情報交流館WEB
★「女川町を襲った大津波の証言」記憶の部屋HP
★「3.11 故郷・宮城県女川町を地震と大津波が襲った(東日本大震災)」tube_logブログ
★「【宮城県女川町】千年に一度のまちづくり 人口減少率日本一から持続可能性への挑戦」東北復興新聞HP
★「住民が描く町のかたち〜女川町の町づくり」ヒューマン・ケア・プロジェクト 東京FM・HP
★「倒壊したビルの保存−宮城県女川町」傍見楼日乗ブログ
★「road to ishinomaki 〜祈り〜 人のチカラ 終わりなきメッセージ」最高の復興へさぁ行こう cocoro通信ブログ
★「さんまパン」みやぎセルプ協働受注センターHP
★「宮城県『きらら女川』訪問」さちのぐすくブログ

(関連する記事)

★「669 宮城・女川町へ行って参りました」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48】鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「816 【調味料類09】塩竃神社での真剣な祈りと『タインホアの天然塩』」
★「817 【お魚料理44】日本最大の練り物産地『塩竃』の、津波からの復興」
★「1109 信じられない風景、なぜマスゴミは伝えない?‥塩屋崎」
★「1110 【お魚料理62】『シーフードケーキ』といわき市の津波被害」
★「2278 【やきそば242】帰還困難地域と『浪江焼きそば』・・浪江」
★「2279 【保存食品54】止まったままの特急列車と『からみ漬け』・・南相馬」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台」
★「2305 【スナック60】更地に成った津波の街と『いさだスナック』・・女川

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(『還暦以上は口を出すな』が、女川復興のキーワードだソウですヨ)


津波で何もかも無くなってしまった女川ですが、ようやく復活した女川駅で「さんまパン」を発見!町唯一のパン屋「きらら女川」さんが作った秋刀魚が練り込まれたバンで、言われてみればナンとなくお魚の匂いが・・格好だけじゃ無いのネ。駅前の新しい復興商店街のオープンも近い様ですし、何れまた参った時は元気に戻った私メで、元気に戻った女川を歩きたいと願ってますヨ。がんばっぺ女川!私メもがんばっぺ



| 2015.10.17 Saturday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2305 【スナック60】更地に成った津波の街と「いさだスナック」・・女川

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

港を見下ろす高台に在る「女川地域医療センター(旧女川町立病院)」で、私メの目を釘付けにしたのは「千年後の命を守るために」と云う石碑。あの大津波を忘れぬ為に建てられた、「津波記憶石」の一つです

再び東北を旅してます。前回は福島県の太平洋岸「浜通り」地方の震災後を見て廻りましたが、今度は宮城県東部の「南三陸」地方へ。今春開業した「JR東北仙石ライン」で、朝の仙台駅から先ずは石巻へ参らん!

この直通快速にゃ「専用ハイブリッド気動車」を用意したソウで、JRさんの気合の入れ方が判りますが、ほぼ同時期に開業した「上野東京ライン」の陰に隠れて全国的な話題には成らず、私メも知りませんでした。


地域医療センターの高台から見下ろした、四年前の夏の女川の港近くはこんな風に、根元から倒れたビルが幾つも転がってました。また空地化してるトコは、全て津波に押し流された家屋が建ってた部分です

忌まわしき大震災から四年半も経ち、そんな事なんて無かったかの様に思える東京に居ると、ソレじゃ駄目だと思いつつも・・被災地からの情報に些か厭き始め、目を背け耳を塞ぐ様に成ったのは残念ながら事実。

ですが実際問題、原発被害の「浜通り」と津波被害の「三陸沿岸」の復興は余り進ンで無い訳で、だからこそ今一度現場を見て来なくちゃ成らぬと考えたのは、やっぱ心神が弱ってる証拠でしょうネ。そんな旅です。


ほぼ同じ場所から、四年後の女川港の近くを見下ろしてみました。倒れてたビルだけじゃ無く、「マリンパル女川(上画像の茶色いビル)」ら全ての建物が解体されて更地に・・。区画整理がようやく始まった様です

石巻でローカル線に乗り換えて、女川町を目指します。ソコは四年前の夏、仲間たちが復興ボランティアに行くと云うンで連れてって貰い、そのお手伝いの様なコトをさせて貰った街。大津波で街中が浚われた港町。

報道で見る被害と、実際に見る被害の差に震え上がり、大自然の脅威の凄まじさと、己の非力さに絶望しかかった場所。終点の女川駅はホームを残して跡形も無くなり、・・いや街全てが跡形も無く成ってましたヨ。


コチラも四年前。同じ高台から奥の方を眺めましたが、山沿いの一部を残して、家屋が消え去ってるのがお判り戴けましょう。何しろ海抜十八mのこの高台すら水没した位で、ソレほど津波は大きかったンです

アレから街はドウ成ったのか?再生なった女川駅の一つ手前で降り、土砂降りの雨の中、歩いて女川の街に入るコトに。被害を免れた山沿いから、あの時壊滅してた海沿いへ、自分の目で確かめたく成ったンです。

結果は・・更地にして区画整理の工事中。街中の国道は閉鎖され、山沿いを迂回するバイパスを歩かざろう得ませんでしたが、四年経ってやっと再生が始まった・・。私メの闘病一年弱なんて、まだまだ甘いですネ。


同じ高台から今を・・。津波記憶石「千年後の命を守るために」の碑文を転載しておきます。「ここは津波が到達した地点です もし大きな地震が来たら この石碑よりも上に逃げてください 逃げない人がいても ここまで無理矢理にでも連れ出してください 家に戻ろうとしている人がいれば 絶対に引き止めて下さい」・・自然に人間は勝てませんが、ソレでも対策と対応をとるコトが出来ます。もう二度と悲劇が起きません様に


あの日、今は亡き「マリンパル女川」の屋上から撮影された大津波の模様が、youtubeに在りましたのでご紹介を。女川町じゃ家屋の約九割が全開・半壊の被害を受け、亡くなられた方の割合は一番高かった自治体だったりしますヨ。震災前の女川を旅行で訪ねたコトが有りますし、「マリンパル女川」で興行された寄席にも出たコトが有る私メですンで、涙無しに見られぬ映像ですが・・事実として受け止めませんとネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「宮城県牡鹿郡女川町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「あがいん 見らいん 来てけさいん」女川町観光協会HP
★「美味・絶景 恵の海の粋な旅。」みやぎ三陸黄金海道観光推進協議会HP
★「いつでも、誰でも、何でも、どこへでも」女川町地域医療センターHP
★「女川町震災復興のあゆみ 〜海とともに皆でともに〜」女川町役場HP
★「女川町を襲った大津波の証言」記憶の部屋HP
★「3.11 故郷・宮城県女川町を地震と大津波が襲った(東日本大震災)」tube_logブログ
★「【宮城県女川町】千年に一度のまちづくり 人口減少率日本一から持続可能性への挑戦」東北復興新聞HP
★「忘れてはならない記憶を石に刻む 津波記憶石」女川町役場HP
★「津波記憶石」マンボウのつぶやきブログ
★「三陸水産業の復興支援『三陸いいものプロジェクト』いさだスナック・わかめスナック」カルビーHP
★「三陸の"いいもの"をスナックで全国へ」いわて三陸 復興のかけ橋HP

(関連する記事)

★「669 宮城・女川町へ行って参りました」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48】鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「816 【調味料類09】塩竃神社での真剣な祈りと『タインホアの天然塩』」
★「817 【お魚料理44】日本最大の練り物産地『塩竃』の、津波からの復興」
★「1109 信じられない風景、なぜマスゴミは伝えない?‥塩屋崎」
★「1110 【お魚料理62】『シーフードケーキ』といわき市の津波被害」
★「2278 【やきそば242】帰還困難地域と『浪江焼きそば』・・浪江」
★「2279 【保存食品54】止まったままの特急列車と『からみ漬け』・・南相馬」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(土地の権利問題やらナニやらで、区画整理の工事は大変な様です)


ドウにも気負って朝っぱらから訪ねた所為か?山沿いの復興商店街は開いてませんし、かつての中心商店街は更地に成ってて店なんか一軒も無い!珍しいモンどころかお茶すら飲めない状況で、仕方無いンで今夏カルビーが全国に、震災復興支援と云うコトで売り出してたスナックを。チーズビットの味違いバージョンてな感じで、みやぎ三陸は「いさだスナック」・いわて三陸は「わかめスナック」の様ですネ。いさだと云うのは三陸沿岸に多く生息する、小エビに良く似たツノナシオキアミの事らしく、道理でかっぱえびせんっぽい味がした訳だ。既に販売終了してますが、去夏は東北だけの限定だったのが、今夏は全国販売に成長しましたンで、来夏も!と期待したく成りますネ。カルビーさん、震災復興はまだまだ終りそうも無いンで、継続支援のほどを願いますヨ




| 2015.10.16 Friday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2304 【スイーツ180】実在した福の神と「ずんだパフェ」・・仙台

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

あの大震災の後、大きく掲げた「私たちは負けない!」の横断幕が私メを感動させて呉れた、仙台ご自慢の大アーケード内の「クリスロード商店街」。こんな賑わうアーケードに、仙臺四郎サンのお寺は在ります

再び東北へ参った私メです。前回は福島県の太平洋岸「浜通り」地方の震災から四年半後を、JR常磐線の代行バスで見て廻りましたが、今回は宮城県東部の「南三陸」地方がドウ成ったのか?見たくなりましたヨ。

御紹介は明日からですが、先ず参ったのは東北六県の首都・仙台市。度々参ってますが、初めて本格的に訪仙したのは二十年以上前。我が兄が転勤で居ましたンで、その独身寮を根城に東北をフラ〜リフラリ。

互いに独身だったから出来たコトですが、仙台もその時にミッチリ歩きましたネ。但し今の様なIT時代じゃ無く、携帯電話も肩掛けから漸く脱したばかりだった筈。インターネットで検索なんて、まだ普及してませんゼ。

右も左も判らぬ仙台で、面白情報を調べるにゃ紙媒体のタウン誌しか無く、早速ソレを買って読みふけってみたら、「仙臺四郎」なる不思議なオジサンを特集してましたヨ。曰く「明治の仙台に実在した福の神」だと。


四郎サンは嘉永七年(1855)頃に生まれ、明治三十五年(1902)頃に亡くなった様ですが、亡くなった場所もお墓もドコか判りません。ですがクリスロード内の「三瀧山不動院」に、「福の神」として祀られてます

四郎サンはまるで今の私メみたいに、街を毎日テクテク歩き廻ってたとか。但しソレは療法とか仕事じゃ無く、どうやら知的障害を患ってたらしく、ジッとしちゃ居られなかった様。ソウ云う方って、時々居りますよネ。

ですが決して乱暴な人物じゃ無く、愛嬌が有って子供が好きで、殆ど喋れないけれどニコニコいつも笑ってたンで、街中から面倒がられず愛されてた様。そして四郎サンが食べ喰いした店は、必ず繁盛したらしい。

だから初めは陰口を叩かれ馬鹿にされてたのが、次第に「福の神だ」と歓迎される様に成った・・所謂「街の名物男」だったンですナ、長閑な時代だったですヨ。ですが何時しか姿が消え、その存在は忘れられます。

処がバブル期の仙台で思い出され、突如大復活!・・ソレを私メが情報誌で読んだンですゼ。今じゃ仙台以外でも見るコトが有りますが、心神回復の為に藁にも縋り付きたい私メ。四郎サンにも当然祈願しました。



今や仙台市や宮城県内全てお店のドコかに、四郎サンの写真や置物が祀られてる筈。各地方ごとに四郎サンみたいに「半ば神格化されてる」方が居られるンでしょうが、ソレって凄いコトですナ。仙台の聖守護神と成った四郎サンは、クリスマスシーズンはサンタクロースの格好と相成って、三瀧山不動院の在るクリスロードの集客に尽力されてます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「宮城県牡鹿郡女川町」への訪問記です★

(参考リンク)

★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「笑顔咲くたび伊達な旅」仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会HP
★「歩いて観光 仙台おさんぽ てくてくあおば」仙台観光国際協会HP
★「せんだいタウン情報 machico」ユーメディアHP
★「ちょっと先行く商店街を、体感してください。」クリスロード商店街振興組合HP
★「クリスロード商店街の横断幕 『私たちは負けない!』」GIOろぐブログ
★「私たちは負けない!」gan−chan blog

★「仙臺四郎安置の寺」三瀧山不動院HP
★「『福の神』仙臺四郎」クリスロード商店街振興組合HP
★「実在した福の神『仙台四郎』って何者?」Excite Bit HP
★「伊達の粋を、お茶に込めて。」お茶の井ヶ田HP
★「一番町本店・大人気のプチずんだパフェ」お茶の井ヶ田HP
★「【仙台スイーツ】お茶の井ヶ田ずんだパフェ」今日のお弁当ブログ

(関連する記事)

★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台」
★「2283 【名物パン261】『パンの天麩羅』と朝の瑞宝殿・・仙台

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(今や仙台じゃ、伊達政宗公よりも人気が有るかも知れませんネ)


仙台にゃ美味いモンがホント沢山在りますが、前々から食べたかったのが「お茶の井ヶ田さんのプチずんだパフェ」。四郎さんを知らない仙台市民が居ない様に、井ヶ田サンを知らない仙台市民は居ないとされる位の有名店で、もちろん御本業はお茶っ葉の販売ですが、アーケード内の一番町本店じゃ簡単なスイーツ類も出してます。中でも不動の人気がコレで、抹茶ソフトに青豆を磨り潰したずんだ餡がたっぷり。そして下にゃお餅が二つ入った豪勢な逸品!プチじゃ無いサイズが有るのか知りませんが、痩せ過ぎて寒くて堪らない私メはコレで満足です




| 2015.10.15 Thursday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2283 【名物パン261】「パンの天麩羅」と朝の瑞宝殿・・仙台

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

広瀬川を挟み、仙台市中心街と向い立つ小高い丘「経ヶ峯」に在るのが、伊達政宗公の菩提寺「正宗山瑞鳳寺」。寛永十四年(1637)に建立された臨済宗の禅寺で、ココに葬るのは政宗公の御遺言だったとか

四年半前の大震災の影響で、未だに不通区間が二ヵ所も在るJR常磐線を代行バスを乗り継いで走破し、東北の首都・仙台市へ到達した私メです。酔狂極まり有りませんが、意義ある酔狂だったと思ってますゼ。

「当り前が当り前で有るコト」の有難さと、「当り前が当り前じゃ無くなるコト」の辛さを改めて考えましたネ。私メも昨年末に心神が崩壊し、「当り前が当り前に出来なく成った」ンで、辛さは多少判ってる心算ですが。

加えて「酔狂なコトをしてみよう」と云う気持ちが、僅かながらも復活しつつ有るのが嬉しい。もちろん崩壊前の様に「酔狂が服を着てる」てな状態にゃ程遠いですが、ドウにか以前みたいな自分に戻りたいンですヨ。

その為にゃ・・ドクターの指示を良く守って服薬し、そして毎日の青空療法にも励んで寛解を目指すしか無く、身体が本格的に壊れ出す前にナンとかしたいねぇ。一体ドレだけの時間が掛るか、全く判りませんケド。


さぁ政宗公の御墓所「瑞鳳殿」へ!と意気込んだのに、どうも早く来過ぎちまった様で、まだ開いてません・・。帰りの列車の都合も有って、泣く泣く諦めざろう得ない破目に。昨年末から私ぁ、こんなのばっかです

元より疲労の極を越してンのに、睡眠薬頼りの毎日で疲れは殆ど抜けず、ソコに今回の酔狂な旅。昼間目撃した被災地の風景等、考えちまうコトがドウにも多く、草臥れてンのに眠り浅きまま迎えた早朝の仙台。

夜中降ってた雨も殆ど止んだコトだし、下手な思案は止めにして、毎日続ける「青空療法のお散歩」に出掛けましょうか。リズム良く歩けばセロトニンが分泌し始め、取り敢えず頭ン中だけはスッキリして呉れますし。

仙台伊達家の本拠だった青葉城は、低く垂れこめる雲ン中にすっかり隠れ、街から見えませんナ。そんなトコに登っても仕方ないンで、暫し考えた結果・・瑞鳳殿へ向かうコトにしましょうか。伊達政宗公の御墓所。

宮城県庁近くのお宿から杜の都をテクテク歩き、濁流と化した広瀬川を越えて経ヶ峯の麓まで参りましたら、観光地なのに誰も居らん。コリャ静かで宜しいと喜んだモノの、まだ開場前。空回りばかりしてる私メです。


瑞鳳殿は瑞鳳寺と一緒に建立されてますが、戦前は国宝に指定されてたソレは空襲で焼け、現在のは戦後再建されたモノだとか。焼失前の瑞鳳殿の写真が説明板に載ってましたンで、ソレを撮ってみました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑


★明日は「東京都港区芝公園」への訪問記です★

(参考リンク)

★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「笑顔咲くたび伊達な旅」仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会HP
★「歩いて観光 仙台おさんぽ てくてくあおば」仙台観光国際協会HP
★「せんだいタウン情報 machico」ユーメディアHP
★「杜の都 緑の名所100選/経ヶ峯(瑞鳳殿周辺)」仙台市役所HP
★「仙台藩祖 伊達政宗公霊屋 瑞鳳殿」瑞鳳殿管理事務所HP
★「伊達政宗の墓 瑞鳳殿」もののふ紀行ブログ
★「瑞鳳寺 (仙台市青葉区)」食で奏でる旅の記憶ブログ
★「遅れてきた戦国大名 伊達政宗」事件の日本史HP
★「五橋小新堂」んまいもんinみちのくブログ
★「仙台 和菓子屋さんの揚げパン」お菓子買いにこッ!ブログ

(関連する記事)

★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(雨はこの後ドンドン酷く成り、宮城県内に洪水被害を齎す結果に・・)


瑞鳳殿を見られなかったコトでスッキリ出来ず、イライラしながら歩いてる内に・・地下鉄「五橋(いつつばし)駅」って、随分歩いちまった様な。仙台市中心街を南北に貫く「愛宕上杉通り」沿いの、駅真上の四つ角に在るのが創業九十年以上の老舗和菓子屋「五橋小新堂」サン。でも私メのお目当ては「あげパン」で、ご覧通りに当り前の揚げパンじゃ無い!食パンに餡子やクリームを挟み、ソレを三角形に切って「天麩羅にした」凄い逸品。終戦直後(昭和二十五年ごろ)からこのスタイルだったらしく、本来が和菓子屋サンだけに餡子の美味しいコト。クリームも和菓子っぽい、昔の味わいで・・こう云う「当り前が当り前じゃ無い」のは大歓迎ですナ。但しお店は震災で被害を受け、やむなく建て替えられたソウで・・街のパン屋さんみたいにピッカピカでしたが




| 2015.09.25 Friday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS