きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
3525 【野菜果物115】今年もいちじくを煮てみた!2019・・仙台

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

今冬も全国でイルミネーションが有りますが、昭和六十一年(1986)から行われてるのが「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木の定禅寺通りが主会場ですが、大震災の年のソレは壮絶にキレイでしたネ

 

先日の台風19号で東北南部が酷い水害に成ったにも拘らず、仙台へ参った旅のお噂をご案内してる私メです。一応コレでも多少は自己規制してまして、新たな被害が出なくなったのを確認して記事化してますが。

 

東北六県で一番親しき福島県。中でも縁深き中通り地方を貫く東北第二の大河・阿武隈川が広く氾濫し、関東に接する白河市辺りから宮城県南部まで大きな被害を生じたのは心痛の極み。亡くなられた方も多数。

 

タダお悔やみ申し上げるしか出来ませんが、忌まわしき大震災を乗り越えた東北だもの福島だもの。きっと立ち直れると信じてます、ソウ成ったら中通りをまた旅したいモノ。もちろん宮城県南部にも参りたいですが。

 

そんな中での仙台。あの台風が来る前の旅でしたが、私ぁ今年宮城県で別の台風に遭遇してますヨ。19号のちょうど一ヶ月前に似たルートで関東に直接上陸、雨ではなく風で千葉県に大被害を齎した15号。

 

仙台は駅前から県庁近くまで全屋根式のアーケードが延々と続きますが、ソコは七夕の会場に成りますンで総じて屋根が高いのが特徴。中でも一番高いのが「ブランドーム一番町」で、昨日と違って夜の姿です

 

私ぁ都内在住ですンで、台風が近付いて来ると頼りにするのは当然「関東地方の天気予報」。民放のソレは余り信用して無い私メだから、NHKニュースや民間気象会社のWebを見て台風進路をチェックしてますヨ。

 

ソリャ野外での仕事は滅多にしませんが、行く先が毎日違ったりする稼業だから、同じ場所にずっと通われる堅気の方より天気が心配。列車や飛行機が動いて呉れないと、仕事先まで辿り着けないコトに成るから。

 

だから台風が来ると何時ドコに上陸し、関東を通り抜けるのは何時頃か気に成るのは仕方ない。お客様の入りにも関係して来ますし、通過当日で無きゃ成らぬコト以外は前倒ししたり後回しにしたり決めねば成らぬ。

 

尤も私ぁ東京生まれ・在住ですンで、ごく一部の例外以外は粗方勝手が判ってて、台風が東海地方まで来たら本格的に備えなきゃと経験に基づく、大胆かつテキトーな判断を下してますネ。気象庁を参考にしつつ。

 

仙台の大アーケードは一本道じゃ無く、駅前から続く中央通りと県庁前から延びる一番町通りが、地元資本のデパート「藤崎」前で交差してます。その四つ角の柱に「杜の都 仙台」のフラッグ、雰囲気がステキ

 

処が15号の時は普段と違って旅先。コレが関西辺りだったら何度か経験してますが、台風襲来の時に居るのは正直初めての東北地方。しかも関東に上陸したソレが続いて東北地方へ向かうと予報されてますヨ。

 

加えて恐らくは福島県辺りで海に抜けるだろうと予想進路図にゃ出てましたが、御存知の通りにあぁ云うのは進路のブレが多少以上に有るモノで、事に依るともう少し北へ達するかも知れぬ・・つまり宮城県ですか。

 

前日の仕事先のご厚意で、松島湾沿いの津波被災地を案内して貰ってましたが、その後帰京する事に成ってたンで・・台風の進路が心配で成らぬし、都内や関東の様子も気に成って成らぬ。今ドウ成ってるのさ?

 

アレって不思議なモノで、見聞きしてる放送メディアの拠点が有る地方とソコより先に台風に襲われる地方の情報は盛大に流しますヨ。私メだとて放送業界の端っこに居ますから判りますが、ソレは需要が有るから。

 

藤崎前から中央通りに曲がり、仙台駅前までブラブラと。長さは一番町と同じ位の筈ですが、人出は随分違い・・正直コッチの方が楽しい様な。両方合わせて1.5km、もちろん東北じゃ最大のアーケードです

 

例えば関東ならその前の東海地方辺りから騒いでますが、台風がソッチを通り抜けてコッチを襲撃!と成ると、もう関東のコトだらけで東海ナンぞどんな被害が出ても報道は無し。他人事よりも我が身が大切!

 

ソッチの心配してる余裕は無いンで、生きてたらまた逢いましょう・・位の感覚ですナ。逆に関東を通り抜けたら台風なんて知らんわい、後は勝手に頑張っとくれ!ドウか御無事で居て頂戴・・てな感じに成ります。

 

別に関東人の根性が悪い訳じゃ無く、全国ドコでも同じコト。ソレで良いのさ、政府と気象庁が全体を把握してりゃ!でも15号は参った・・台風が関東に居た時は、東北でもその状況がドンドン報道されてましたネ。

 

ソレが突然減ったのは、台風が東北に進んで来たから。ラジオやTVが地元の需要に応えるのは当然ですが、私ぁコレから帰る関東の状況が知りたくて・・スマホで情報を得られなかったら、ホント困ったでしょうネ。

 

アーケードを通り抜けて月明り輝く仙台駅前まで出て来ましたが、この街の少し南方に河口の在る阿武隈川を氾濫させた台風19号が来た時は、駅前はトンデモない騒ぎに成った筈。仙台近郊はフツーに列車が走ってますが、大動脈の東北本線は県境から福島県内で不通に成ってる区間が未だ沢山。東北新幹線はビクともせずに走ってます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「山梨県甲州市勝沼町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「せんだいタウン情報 machico」ユーメディアHP
★「宮城仙台がもっと好きになる散策マガジン」せんだいマチプラHP

★「のんびり巡ってみよう。【杜の都 仙台】地元民おすすめの観光・お散歩スポット」キナリノHP
★「今さら誰にも聞けない仙台アーケードの名前」せんだいマチプラHP

★「小さな光を見て心から美しいと感動したい」SENDAI光のページェント実行委員会HP
★「杜の都・仙台のシンボルロード、定禅寺通をおさんぽ」旅ぐるたびHP
★「台風報道でTVがもっと出来ること〜視聴データが示す情報ニーズ〜」ヤフーニュースHP
★「テレビ災害報道の限界を超えた台風19号の猛威」東洋経済オンラインHP
★「大型台風19号が関東に接近中。もしも旅行時に台風に遭遇したら?」TRiP EDiTOR HP
★「イチジクのコンポート」圧力鍋で目指せ500レシピ!HP
★「いちじくの甘露煮」花野果村キッチンガーデン物語ブログ
★「いちじくの甘露煮」All Things Must Pass@宮城仙南よりブログ


(関連する記事)

★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台」
★「2283 【名物パン261】『パンの天麩羅』と朝の瑞宝殿・・仙台」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台」
★「2309 【名物パン265】『気仙沼の名物パン』と東北の頭脳・・仙台」
★「2310 【野菜果物79】『三角定義あぶらげ』と雨の杜の都・・仙台」
★「2698 【名物パン314】初売りを待つ大アーケードと『味噌がんづき』・・仙台」
★「2699 【麺類色々225】光のページェント2016と『仙台味噌のタンメン』・・仙台」

★「3126 【名物パン350】負けない横綱と桜と『カレーパンサンド』・・白石」
★「3127 【やきそば345】絶景!一目千本桜と『串刺したこ焼き&焼きそば』・・宮城・船岡」
★「3498 【お肉料理140】伝説の第三代横綱の故郷で『仙台牛の串焼き』を・・登米」

★「3499 【お魚料理116】復興に向かう海の街で『女川の牡蠣』を」

★「3500 【呑みモン125】がんばろう石巻と『東北限定の発泡酒』」
★「3501 【麺類色々370】津波で消滅した街で『あさりラーメン』を・・東松島」

★「3524 【お米料理363】恐るべき仙台自慢の大風と『さんま竜田揚げ丼』」

 

★「011 【野菜果物01】芋だけでなく、東北はいちじくも煮る」
★「345 【野菜果物12】今年もいちじくを煮てみた!」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「1094 【野菜果物39】今年もいちじくを煮てみた!2012‥白河」
★「1527 【野菜果物56】今年もいちじくを煮てみた!2013・・白石」
★「1899 【野菜果物70】今年もいちじくを煮てみた!2014・・山形市」

★「2280 【野菜果物77】今年もいちじくを煮てみた!2015・・相馬市」
★「2597 【野菜果物92】今年もいちじくを煮てみた!2016・・白河」
★「2926 【野菜果物100】今年もいちじくを煮てみた!2017・・白河」

★「3250 【野菜果物108】今年もいちじくを煮てみた!2018・・相馬市」
 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(報道や情報の東京偏重に慣れちまうと、いざソレから外れたら‥ネ)

秋に成ると東北へ旅したく成る理由の一つが、福島・宮城・山形と秋田県だけの風習「青いイチジクを煮る」を私メもしたいから。東北でもこの四県は秋に成ったらイチジクを煮て甘露煮やコンポートにしますが、赤く熟れた一般的な生食用のモノと違い、甘露煮用のイチジクは実が小さくて青い品種。ソレが秋の東北じゃ一kg単位でフツーに売られてますが、十一年前に偶々コレを知ってから拙宅じゃ参秋の恒例行事、今や煮ないと安心できないゼ!今年は仙台で地物を手に入れて、例年通りにお酢と砂糖と醤油で甘露煮にしましたが、コレで「今年もやる事を無事やれた」満足感に大いに安心。来年も絶対に続ける心算ですヨ




| 2019.10.23 Wednesday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
3524 【お米料理363】恐るべき仙台自慢の大風と「さんま竜田揚げ丼」

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

仙台中心部の名物は駅前から長〜くアーケードですが、その最後「一番町四丁目」だけは全屋根式じゃ無いンで、雨上がりの青空が見えて心地良いですナ。因みにこの裏手が東北最大の歓楽街「国分町」です

 

相も変わらず毎日テクテクと、拙宅の在る都内を療法として歩き廻る私メです。その合間にアチコチ旅してお噂をご案内してますが、元気だった頃に比べると遠くへ出掛ける頻度が低く成ってます。そうコレでもネ。

 

尤も旅の重なる時は重なるモノで、今年は夏の終わりから秋の初めに北へ西へ次々に動き回りましたンで、ご紹介したいコトがアレコレ色々と。極力ソレを先入れ先出しで文章化して参りましたが、途中で破綻!

 

やっぱ更新頻度が高いと身体がキツいですネ、去年までと違って毎日更新なんてとても無理。だからと時折休みつつ懸命に続けたのに、止めと成ったのが先々週末に関東に直接上陸した、猛烈な雨台風19号。

 

都内でも多摩川沿いの堤が一部割れましたし、栃木や茨城県じゃ結構な水害が発生しましたが、関東を通り抜けた先の東北地方南部や、直接関係の無かった筈の長野県北部で大決壊。洒落に成らぬ大水害!

 

一番町を通り抜け、年末の「光のページェント」の会場・定禅寺通りを渡ると県庁や市役所に囲まれた「勾当台(こうとうだい)公園」に。中でも県庁が建ってる辺りに定禅寺と云う、仙台藩の祈願寺が在ったとか

 

折悪く・・直接の被害地じゃ無いけれど、台風少し前にその近くを訪ねてて、ソレをどんな内容の記事にしようかと考えてた時に水害発生・・幾ら非常識なのが常識の寄席芸人だって、流石にご案内出来かねますヨ。

 

ですが十日近く経ちましたンで、コレ以上放っておくと時期を完全に逸してしまう!被災者・犠牲者に謹んでお悔やみ申し上げつつ、初秋の仙台へ参りましたお噂を。福島中通〜宮城県南部で水害が起こる前のコト。

 

旅に出る目的はイロイロ有りますが、今回の訪仙は或る「風」について調べに参ったとお思い下さい。しかも並大抵の風じゃ無く、表現が悪いですが今回の台風並みに猛烈に強かった、角界始まって以来の大風。

 

ソレが「谷風」。今から二百五十年ほど前の名力士で、我が国最初の横綱に成ったンで相撲の神様「角聖」と称されてるお方。四股名は谷風梶之助ですが、本名は金子与四郎で仙台の御出身だったりするンです。

 

勾当台公園に横綱「谷風梶之助」関の像が。同じ宮城県出身で同名の大関がもう一人居られますが、コチラは同郷だからと襲名した二代目。仙台で巡業開催の時は、この像の前で横綱土俵入りが披露される様

 

この方は子供の頃から力持ちで、七歳の時に五斗俵(約75kg)を軽々持ち上げたとか。十八才で江戸へ出て力士と成り、二十六才で谷風を継いで快進撃。三十一才で大関昇進しますが、当時はソレが最高位。

 

戦績が凄まじい。年に二場所・各十日制だった江戸の本場所で、大関昇進を挟んで破竹の六十三連勝!後にコレも横綱になる小野川関に敗れるも、その翌日から挫けず四十三連勝もしたと云うから途轍もない。

 

また六十三連勝は江戸だけで、当時あった京都相撲・大坂相撲の本場所への遠征も含めれば九十八連勝してたソウですし、小野川関に負けて無ければ江戸・京都・大坂合計で百八十三連勝してた筈だったとか。

 

当然タダの大関で置くのは勿体ないと、ソレを上回る格式を与えようと云う話が持ち上がりますナ。相撲の元締め・吉田司家が故事を調べ、拵えたのが「横綱」号。史上初めて横綱に昇進したのが、三十九才の時。

 

再びアーケードに戻って参りましたが、一枚下の写真でご案内する広瀬通りよりも南側は「ぶらんどーむ一番町」。夏の七夕のメイン会場の一つで、その為に屋根は三階より高い・・21mは日本一高いソウです

 

但し谷風は四代目の横綱さん!チョット待て、初めての横綱で四代目とはナニ事かとお怒りやも知れませんが、同じ宮城の登米市へ先月参った時の記事で、その辺りの謎解きをしてます。前に三人いた事にした!

 

実にイイ加減ですが、ソレが江戸の相撲!ライバルの小野川関も五代目横綱として同時に昇進し、二人は十一代将軍・徳川家斉公の御前で相撲を取り、褒美に賜った弓を持って舞ったのが今の弓取り式だとか。

 

処が無敵の谷風も、別の風にゃ勝てなかった・・ソレは風邪で、今風に言えばインフルエンザ!偶々帰ってた仙台で罹患して発熱夥しく、四十四才で現役のまま亡くなられてますヨ。昔は力士生命が長かったのネ。

 

勿論インフルエンザなんて名前は無く、庶民は谷風を倒した風邪だからと「タニカゼ」と呼び習わしますが、私ぁ高座で谷風関の講談を良く読みますンで、念願叶って仙台で御対面。風って凄いナ・・私メも風ですが。

 

中心街を東西に走る「広瀬通り」は、空襲で焼け野原と成った仙台を再建する際、青葉通りと共に造られた幅広な復興道路。そしてココは仙台一のイチョウ並木・・東北は寒いから、黄葉は少し早いのかナ?

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「宮城県仙台市青葉区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「せんだいタウン情報 machico」ユーメディアHP
★「宮城仙台がもっと好きになる散策マガジン」せんだいマチプラHP

★「のんびり巡ってみよう。【杜の都 仙台】地元民おすすめの観光・お散歩スポット」キナリノHP
★「今さら誰にも聞けない仙台アーケードの名前」せんだいマチプラHP
★「緑と光あふれる出会いの街」一番町四丁目商店街振興組合HP
★「ぶらんどーむ一番町〜いいことありそう寄り道気分〜」仙台一番町一番街商店街HP
★「勾当台とはいかに」仙台人が仙台を好きになるブログ
★「勾当台公園 時の広場」カエサルの世界ブログ

★「公園で横綱『谷風』像を見つけた」朝寝のカプ・ブログ
★「98連勝!?4代横綱・谷風梶之助が凄い!」オラッ!どすこいスポーツ・ブログ
★「イチョウ並木が美しい仙台のメインストリート、広瀬通りを歩こう 」RETRIP HP

★「台風19号最新情報」産経ニュースHP
★「台風19号『ハギビス』被害拡大、死傷者増え続ける 記録的豪雨で河川氾濫」BBCニュースHP

★「和食創健」和風レストラン まるまつHP

★「旬の季節におすすめ!さんま竜田揚げ丼ランチ」ランチランキングHP
★「帰って来た『さんま竜田揚げ丼』は『まるまつ』をもう通り過ぎた」晴耕雨読的達観 食生活ブログ


(関連する記事)
★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台」
★「2283 【名物パン261】『パンの天麩羅』と朝の瑞宝殿・・仙台」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台」
★「2309 【名物パン265】『気仙沼の名物パン』と東北の頭脳・・仙台」
★「2310 【野菜果物79】『三角定義あぶらげ』と雨の杜の都・・仙台」
★「2698 【名物パン314】初売りを待つ大アーケードと『味噌がんづき』・・仙台」
★「2699 【麺類色々225】光のページェント2016と『仙台味噌のタンメン』・・仙台」

★「3126 【名物パン350】負けない横綱と桜と『カレーパンサンド』・・白石」
★「3127 【やきそば345】絶景!一目千本桜と『串刺したこ焼き&焼きそば』・・宮城・船岡」
★「3498 【お肉料理140】伝説の第三代横綱の故郷で『仙台牛の串焼き』を・・登米」

★「3499 【お魚料理116】復興に向かう海の街で『女川の牡蠣』を」

★「3500 【呑みモン125】がんばろう石巻と『東北限定の発泡酒』」
★「3501 【麺類色々370】津波で消滅した街で『あさりラーメン』を・・東松島」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

 

(勾当台公園の谷風像は実物大だとか、大きな方だったンですネ)

各地方だけのチェーン店って結構在りますが、東北最強のファミレスと云えば「まるまつ」ですネ。東北六県と栃木県位だけなのに、本拠地の宮城県・・特に仙台にゃウジャウジャ在りまして、中心アーケード街のぶらんどーむ一番町にもお店が在ったりしますが、東北らしいメニューが結構多い中で一押しは当然「さんま竜田揚げ丼」。もちろん冷凍モノですが、東北で水揚げされたサンマが骨ごとカラっと揚げられて、甘辛いタレで丼にされてるだけのシンプルなモノ。以前は通年で400円以下だった筈なのに、近年の不漁で維持出来なかったのか?季節だけのメニューで少し値段が上がった様な。と云ってもワンコインなのがまるまつの良心!関東にもっと店舗を増やして呉れれば良いンですがネ




| 2019.10.22 Tuesday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
3501 【麺類色々370】津波で消滅した街で「あさりラーメン」を・・東松島

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

ホーム前以外のレールが剥がされたこの駅に、列車はもう二度と来ない・・震災当日まで仙台からの通勤電車が発着してた、JR仙石線「野蒜駅」跡。列車は偶々居なかったモノの、駅舎一階まで水没したとか

 

仕事で参った岩手との県境、宮城・登米市の方々のご案内で、忌まわしき大震災で大津波に襲われた、松島湾沿いを訪ねて廻る私メです。あの時ボランティアの真似させて貰った女川町は、復興に向かってる様。

 

処が石巻市の海沿いで、津波火災の為に大勢が亡くなられただけじゃ無く、街が丸ごと一つ焼けて消滅してしまったトコに連れてって貰い、今ごろ初めて知った大惨事にショックを受け、スッカリ意気消沈した私メ。

 

アレから八年半経ちましたンで、拙宅の在る都内じゃ大震災は過去のコトと成りかける中、多少は判ってる心算だった己の浅はかさが恥ずかしく、仙台駅へ走るワゴン車でイロイロ話した筈なのに、私ぁ全く上の空。

 

ふと気付けば車は国道から逸れ、海沿いの妙にサッパリとした空き地の広がる辺りへ。津波に襲われて全てが破壊され、瓦礫と成った街並みを撤去はしたモノの、その後の復旧が捗ってないトコ特有のサッパリ感。

 

旧野蒜駅は昭和三年(1928)に私鉄の宮城電鉄によって誕生し、海水浴客誘致の為に戦前は「東北須磨」駅と名乗ってたとか。津波対策で画像右奥の丘の上に街ごと移転し、旧駅は傷だらけで残されてますヨ

 

一体ドコへ参ったのか判らぬが、何れ津波被災地に間違いなかろう。ココも随分ひどい状態と見てますと、車が駅前で止まって「ここでトイレ休憩」。エラク寂しい雰囲気だけれど、駅だと思うのはホームが在るから。

 

でもドウにも様子が変で、ジックリ眺めると・・レールが繋がってない!野蒜は快速電車の止まる駅で、周囲にはソレなりの集落が在ったのに、駅前から沖合の島へ延びる広い砂嘴を津波が蹂躙・破壊したとか。

 

鉄道は出発したばかりの列車二本が津波に巻き込まれ、駅舎は水没して構内は瓦礫だらけ。コリャ危険だとJRは野蒜駅の前後区間を高台にレールごと移転させ、駅舎やホームは震災記念館として残されてます。

 

ソウ云えば仙石線が長らく復旧しなかったのは、線路を内陸に付け替える工事をしてたからと聞きましたが、ソレがココでしたか・・知りませんでした。石巻で受けたショックを上回る驚きで、ボンヤリしちゃ居られない。

 

野蒜駅から一つ仙台寄りの東名駅へ向かってた上り列車は、津波に押し流され脱線し、編成はくの字に折れてご覧の有り様。乗客は津波到達前に避難してほぼ無事でしたが、車両は山手線に居たモノだとか

 

同行して呉れた施設の所長さんが、震災前の野蒜駅前のコトを詳しく教えて下さるので不思議に思い尋ねると、一つ隣の東名駅のすぐ傍が御実家で、この辺りは子供の頃から良く知ってる場所。思い出深いとか。

 

都会と違って地方の鉄道は駅間距離がエラク長いのが普通なのに、仙石線は宮城電鉄と云う私鉄を国が買収した路線で、元私鉄だから駅間が東京並みに短く、東名駅まで1km強しか離れてない。目と鼻の先。

 

ココを廃駅に追いやったのと同じ津波に襲われ、しかも正に海辺だったンで被害はココ以上で「なんもかんも無くなっちゃった」と仰る。先祖代々ソコに住まわれ、江戸時代は仙台藩の塩田の管理の御家だとか。

 

昨日ご案内の石巻も衝撃でしたが、旧野蒜駅前もソレに劣らぬ凄まじい光景。なのにもっと凄い被害って・・一体どんなモノなのさ。見たい様な見たく無い様な、複雑な心境なのに・・車は勝手にソコへ向かってく!

 

旧野蒜駅舎の中に置かれてた列車のキップの自動販売機は、同じモノが都内で今も使われてるンで私メにゃ馴染みが有りますが、津波に呑みこまれて全く破壊され、モニターに何も映らなく成っちゃってます

 

ですが広い砂嘴一杯に雑草が生えてて、震災前は街並みが広がってただナンて全く想像の付かない、「荒涼」と云う表現の思い浮かばない悲しい風景。開発される前の埋立地に似てますが、ココは元街だったトコ。

 

「ココに駅が在った」「ココに実家が在った」と教えて貰っても、果てしない原野と化してるンで・・迂闊にソウと信じられぬ位。家屋の取壊しを拒否し、修理して住んでる家が所々に在るンで、違うと辛うじて判ります。

 

ですが集落のお墓だけは松島湾を背にした元の場所で修復され、合せて犠牲に成られた方々のお名を記した供養碑も立てられてましたが、所長さんはその中の同じ苗字何人かを指して「コレがうちの家族」と仰る。

 

思わず黙祷・合掌した私メを見て、所長さんは「有難う」の一言・・その顔を見られませんでしたが、被災地巡りの最後にココをご案内して下さった真心が判った気がします。また改めて訪ねたい、ソウ思う旅でした。

 

旧東名駅周辺の風景はとても撮影出来ませんでしたが、その代りに砂嘴の先端の漁港から見た奥松島の風景を。この多島海が防波堤代わりに成って、松島湾の被害は比較的少なかったと聞いてましたが、全てがソウだった訳じゃ無い・・実際を見るコトで、認識を改めた旅でした

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「静岡県三島市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「豊かな自然に触れ、新鮮な食材を楽しめる東松島!」東松島観光物産協会HP
★「海街さんぽ」石巻圏観光推進機構HP
★「東松島タウンガイド」東松島商工会HP
★「【王道】ここだけは行っとこ!東松島の観光スポット特集」GO GO MIYAGI! HP
★「【宮城県】震災の遺構を訪ねて〜東松島市 野蒜を訪ねる〜」たびこふれHP
★「野蒜駅」海の見える駅HP
★「東松島市震災復旧・復興状況写真」東松島市役所HP
★「東松島市を襲った大津波の証言」東日本大震災の記録HP
★「大きな被害を受けた東松島市 [震災翌日]」3.11忘れないFNN東日本大震災アーカイブHP
★「えんまん亭〜あさりラーメン」宮城・仙台版「あかねこ」の気が付けばいつもラーメン・・ブログ
★「カキ満載のかきラーメン えんまん亭@宮城県東松島市」とんちゃん日記ブログ


(関連する記事)
★「590 【名物パン45】石ノ森センセとラムレーズン」
★「669 宮城・女川町へ行って参りました」
★「815 【やきそば48】鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「816 【調味料類09】塩竃神社での真剣な祈りと『タインホアの天然塩』」
★「817 【お魚料理44】日本最大の練り物産地『塩竃』の、津波からの復興」
★「2305 【スナック60】更地に成った津波の街と『いさだスナック』・・女川」
★「2306 【名物パン264】海と共に生きる津波の街と『さんまパン』・・女川」
★「2307 【やきそば245】サイボーグ戦士と『茶色い焼きそば』・・石巻」
★「2308 【やきそば246】『石巻だし焼きそば』と蘇った萬画館・・石巻」
★「2698 【名物パン314】初売りを待つ大アーケードと『味噌がんづき』・・仙台」

★「2699 【麺類色々225】光のページェント2016と『仙台味噌のタンメン』・・仙台」

★「3498 【お肉料理140】伝説の第三代横綱の故郷で『仙台牛の串焼き』を・・登米」

★「3499 【お魚料理116】復興に向かう海の街で『女川の牡蠣』を」

★「3500 【呑みモン125】がんばろう石巻と『東北限定の発泡酒』

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(今回は台風上陸の中の旅でしたが、次回は好天に恵まれます様に)

仙石線の電車で何度か通過したコトは有ったモノの、意識して東松島市に参るのは今回が初めてで、ドコに美味いモノが有るかなんて判る訳が無い!ソウ云う時は地元出身の方に頼るのが一番で、野蒜で一番はココと連れてって貰ったのが「えんまん亭」と云う、一見プレハブっぽい造りの食堂で・・昭和四十三年創業(1968)の街の名物店が津波で店を流され、ソレでも数年前に・・列車の来なくなった旧野蒜駅の近くに復活したンだとか。海辺の街だから海鮮ラーメンが主力で、私メらは松島湾の海の幸「あさりラーメン」を。地物のアサリから出た濃厚な出汁が堪らず、ホントは良くないんですがスープを全部飲み干しちゃいましたネ。もう少しすると「かきラーメン」も出るソウで、関東に在ったら度々参るトコですが、流石に宮城・松島湾は東京から遠過ぎますヨ




| 2019.09.20 Friday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
3500 【呑みモン125】がんばろう石巻と「東北限定の発泡酒」 

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

旧北上川の河口近くに建つ白亜の洋館は、現存する国内最古の木造教会「旧石巻ハリストス正教会」。明治十三年(1880)に建てられたモノですが・・大津波で半壊。一旦解体の上、今年七月に復元されました

 

高座で参った岩手との県境、宮城県北部の登米市の方々のご厚意で、八年半前の大震災の被災地のその後を案内して貰った私メです。折角だからアチコチ見て廻ろうと思ったンですが、この日は生憎の悪天候。

 

ちょうど関東に猛烈な台風が上陸し、千葉県に大被害を齎そうとしてた頃で、ソレが何れ東北地方へ向かうと予報されてましたヨ。拙宅の在る都内の様子も心配ですが、宮城も強い雨が降り・・ドウにも上手くない。

 

よって行き先を絞らねばと、第一リクエストは昨日ご案内した女川町。震災前から何度も訪ね、津波後に復興ボランティアの真似しに参ったのも女川。第二リクエストは「ハリストス教会の再建が成った姿を見たい」。

 

中洲の辺りの津波は5m近くの高さで、宇宙船をイメージした「石ノ森萬画館」も下層階が完全水没、長期休館を余儀なくされてましたヨ。でも奥に見えてる日和山の裏は、もっと飛んでも無いコトに成ってンです

 

宮城県東北部の中心都市・石巻の市街地を流れる旧北上川の中洲に建つ教会で、古い洋館好きな私メは女川への行き帰りに何度か見学してますが、大津波の直撃を受けて半壊・・崩壊しなかったのが奇跡的。

 

建ってるのが精一杯だった姿を見てますンで、復元された教会に感無量でしたが・・ソレは上っ面しか見てない東京人の欺瞞と、案内して下さった登米の方々に思われたか?「がんばろう石巻へ行こう」と仰る。

 

ソレが何だか判らず、名前からして震災復興の資料館かナニかかしらと了解しましたら、車はJR石巻駅の在る中心街の南側の高台・日和山の「裏側」の方へ走りましたヨ。ソチラヘ行くのは初めて、ナニが在るの?

 

国交省さんのHPから海から見た石巻市中心部の画像をお借りしましたが、旧北上川の河口近くの緑の丘が日和山。そして海側のだだっ広い空地が南浜地区で、ココも住宅地だったのに一夜で消滅してます

 

処が・・ナニも無い。見渡す限りの原っぱが日和山と海との間に広がってまして、その中に「がんばろう!石巻」と書かれた看板が建ってるだけ。ここは一体ナンだろう、尋ねてみますと震災前は住宅街だったか。

 

そんな筈が!津波に襲われ壊れた家屋が多かった石巻を、或る程度は見てた心算だったのに、コレほど酷い被害を受けた地区が在っただナンて!でも能々考えれば、見たのは日和山より北側の鉄道沿いばかり。

 

言い訳にしか成りませんが、道不案内なのも有って震災前から専ら中心街を通る国道と鉄道沿いを訪ねてて、海沿いにも街が広がってたのを失念してました。そしてこんな事に成ってたのを、今更知った私メ。

 

大津波から一ヶ月後。見渡す限り瓦礫だらけだった南浜地区を励まそうと、被災された方達がベニア板に記して掲げたのが「がんばろう!石巻」で、現在のソレは二枚目だとか。祈念の鐘と灯と共に残されてます

 

震災前の南浜地区には、約2000世帯・5000人弱が暮らしてたとか。海沿いだったココに津波が押し寄せたのは、東北各県の太平洋側と同じ状況で、約7mの暴流に呑みこまれて400名近くが落命されてます。

 

思うに後背の日和山が邪魔をして、津波がココより先へ進めずに渦を巻き、有り余る威力で激しく街を蹂躙したのでは。逆に駅近くの中心市街地は山が防波堤代わりと成り、大回りして来た津波被害だけで済んだ。

 

正直ソレだけで正に悪夢ですが、尚更酷かったのは流されて壊れた車から漏れたガソリン等に火が着いて、悉く破壊されてた家屋にソレが燃え移って火災が広がり、やがて地区全域が激しく燃え上がる大惨事に。

 

がんばろうの看板の傍に立ってるこの棒は、あの日押し寄せた津波の高さを示してるとか。6.9mと記されてますが、大人が四人分位・・人間がとても叶うモノじゃ無い。こうして見ると、改めて戦慄が走りますネ

 

幸い逃れられた人は日和山の上に登り、眼下の街並みが津波に飲まれて破壊されて行く様や、その後の大火で燃え尽きて行く姿をナニも出来ず、呆然と眺めていたと聞きますが・・ドレだけ辛いコトだっただろうか。

 

長らく暮らした愛しき街が人智じゃ叶わぬ猛威に依り、消えゆく様を見て居なければならぬだナンて。更に辺り一面の火の海が、漸く鎮火したのは三日後だった様。私ぁとても耐えられない、とてもソコに居られない。

 

今は荒野と化している南浜は、来年度中に宮城県の復興記念公園として造り直されるらしく、次回ココにまた参る時は全く違う姿に成ってる筈。でも「がんばろう」の看板は残して欲しいモノと、思えて成りません。

 

コレもお借りした画像ですが、日和山のすぐ麓に在った市立門脇小学校も大火災に巻き込まれ、ご覧通りの有り様に。生徒は山に全員逃げて無事だったソウですが、焼け焦げた校舎を見るのは辛いと、来年度の地区の公園化まで全体に覆いを被され保存されてますヨ。果たしてどの様な姿で公開されるのだろうか・・何れ辛い記憶遺産に成りますネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「宮城県東松島市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「来て見てけらいん!いしのまき」石巻観光協会HP
★「海街さんぽ」石巻圏観光推進機構HP
★「MAKIZINE まきじん」イトナブ石巻HP

★「石巻の観光におすすめ25選。定番スポットから人気イベントまで!」旅時間HP
★「津波で被災した『旧石巻ハリストス正教会教会堂』復元、一般公開へ」クリスチャンプレスHP
★「旧石巻ハリストス正教会 復元市民の会」同会ブログHP
★「MANGATTAN MUSEUM」石ノ森萬画館HP

★「石巻を襲った大津波の証言・その2」記憶の部屋・東日本大震災HP

★「津波火災 知られざる脅威」NHKクローズアップ現代+HP
★「宮城県石巻市南浜町・雲雀野町・門脇町の空き地」空き地図鑑ブログ
★「平成23年3月11日の東日本大震災において(東北関東大地震)」手作り漬物の店 ドリーム岩塚HP
★「東日本大震災メモリアル 南浜つなぐ館」3.11みらいサポートHP

★「がんばろう!石巻の会」同会ブログ
★「石巻南浜津波復興祈念公園」国土交通省 東北国営公園事務所HP
★「YaMaYa World Liquor System」やまやHP

★「麦とホップ 東北の香り」サッポロビールHP

★「クリアアサヒ 東北の恵み」アサヒビールHP

(関連する記事)
★「590 【名物パン45】石ノ森センセとラムレーズン」
★「669 宮城・女川町へ行って参りました」
★「815 【やきそば48】鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「816 【調味料類09】塩竃神社での真剣な祈りと『タインホアの天然塩』」
★「817 【お魚料理44】日本最大の練り物産地『塩竃』の、津波からの復興」
★「2305 【スナック60】更地に成った津波の街と『いさだスナック』・・女川」
★「2306 【名物パン264】海と共に生きる津波の街と『さんまパン』・・女川」
★「2307 【やきそば245】サイボーグ戦士と『茶色い焼きそば』・・石巻」
★「2308 【やきそば246】『石巻だし焼きそば』と蘇った萬画館・・石巻」
★「2698 【名物パン314】初売りを待つ大アーケードと『味噌がんづき』・・仙台」

★「2699 【麺類色々225】光のページェント2016と『仙台味噌のタンメン』・・仙台」

★「3498 【お肉料理140】伝説の第三代横綱の故郷で『仙台牛の串焼き』を・・登米」

★「3499 【お魚料理116】復興に向かう海の街で『女川の牡蠣』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(丸焦げに成った学校が在ったのは覚えてましたが、石巻だったとは)

地元の方の御案内でしたンで、南浜地区みたいにショックな場所に連れてって貰うだけじゃ無く、イロイロ面白い事も教えて貰いましたネ。その一つが安売り酒屋チェーンとして全国首位の「やまや」の創業地が石巻で、初めは酒も扱う電気屋だった()とか。そんなやまやで東北っぽいモノは無いかと見てましたら、サッポロとアサヒの発泡酒で東北六県限定製品を発見!この二社は東北産ホップを使った「麦とホップ 東北の香り」「クリアアサヒ 東北の恵み」を毎年続けて出してるソウで、発泡酒なんて普段は呑まないのに大喜びで買って参りましたネ。ま、味は大したコト無いですが、東北に拘る両社の姿勢は嬉しい限りです




| 2019.09.19 Thursday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
3499 【お魚料理116】復興に向かう海の街で「女川の牡蠣」を

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

港を見下ろす高台に在る町立病院の駐車場から、20m超の大津波があの日押し寄せた女川湾と、整地のスッカリ出来た港付近を眺めてみましたヨ。女川へ参るとまずココへ上がるのが習慣に成っちゃってます

 

仙台までは時折参りますが、今回はその少し先・・宮城県の北東部を巡る東京の寄席芸人の私メです。巡ると書くと自力で動き廻った様に思われますが、今回はお仕事で参った登米市の方々にご案内戴いてます。

 

前夜に散々ご馳走に成っただけじゃ無く、翌日は一日仕事を休んでお世話して呉れたンだからホント有難いですが、ドコへ行きたいか聞いて下さいましたヨ。千葉に大被害を齎した台風が、関東に接近してた時。

 

東京から北に400km以上離れてるとは云え、宮城県もソレなりに風雨が強く、多くは廻れないから絶対に行きたいトコは?とのコト。ソコで是非にとお願いしたのは、八年前にボランティアの真似で参った女川町。

 

激しい風雨が時折降る中を、余所者にゃ判らぬ道をワゴン車は走って懐かしき街へ。震災前にも御縁が有って何度か参ってますし、震災後は尚更参らなきゃと、仙台へ行った時に時間を作って幾度か訪ねてます。

 

一枚上の画像とほぼ同じ場所の、八年前の夏の風景。家屋の九割が全壊・半壊した女川もこの頃にゃ残骸処理が結構進んでましたが、横倒しになったビルと岸壁に建つ会館「マリンパル女川」は残ってました

 

東北地方の太平洋岸はドコでも激しい津波被害を受けてますが、震災前の街のコトを強く覚えてるのはココ女川と、福島・浪江町だけ。福一原発至近の浪江は長らく近寄るコトすら無理でしたが、女川は津波だけ。

 

いや「だけ」ナンて言っちゃ成らぬ、被害自治体の中で住民の死亡者率が一番高かったのが女川で、金華山沖から押し寄せた巨大な潮の塊は港近くの中心市街地を全く呑みこみ、高台の病院ですら浸水したとか。

 

もちろん私ぁあの日東京に居ましたンで、後から見た映像と記録。ボランティアに行った時に被災された方々から聞いた話と、我が目で直接見た街の様子が全てですが・・震災前の記憶とのギャップが大き過ぎて。

 

帰京してから数日はショックに震えてた覚えが有りますが、誰かに頼まれた訳でも無いのに、何年かに一度参って残骸だらけの街がドウやって復興して行くのか見届けなきゃ成らぬと、チッとも役に立たぬ義侠心を。

 

JR石巻線の終点・女川駅の横の高台に出来た新しい町役場の前に、「東日本大震災慰霊碑」が。津波等で亡くなられた854名の方々のお名前が刻まれてまして、暫し黙祷と合掌をせずに居られませんでした

 

前回参ったのは四年前だから随分経ってしまいましたが、その時は女川駅が海辺から内陸に少し下がったトコに移転して、漸く運転再開した直後でしたネ。津波でひっくり返った列車は、とっくに片付けられた後。

 

同じく津波で破壊され、見渡す限り一面とっ散らかってた家屋の残骸もキレイに撤去され、広大な空き地と成った中心街だった場所に、真新しい駅舎だけが一つポツンと建ってるのに、妙な違和感を覚えましたナ。

 

そして駅の待合室に貼られてたポスターの「わたしたちは海と生きる」の文言に、途轍もない被害を齎した、憎い筈の海から逃げずに被災前とほぼ同じトコでの再建を目指す女川の意志に、急に涙が出ましたネ。

 

海沿いの街は高台への丸ごと移転や、津波の高さに負けぬほど高い防波堤の建設を国から勧められてた筈なのに、ココは移転もせず防波堤も造らず、敢えてそのまま海と共に生きる街造りをしようとしてましたヨ。

 

前回は開業前だった、女川駅前の復興商店街「シーパルピア女川」。洒落た木造平屋建ての長屋に海産物のお店が多く入ってますが、震災前はこの辺りに駅やホームが在った筈・・今の駅が奥に見えてます

 

津波被災地の多くが指針通りに高台移転や防波堤建設をする中、果たして女川の決意は良いコトなのだろうか。大丈夫なのだろうかと未だに私ぁ心配してますが、将来を担う街の若手が話し合いをして決めた事。

 

また専門家や有識者の意見を聞いた上での覚悟だろうから、部外の寄席芸人風情の口出すコトじゃ無いですが、別の意味で心配なのが「人が帰って来ない」問題。震災前の六割強の人口に減ってしまってるとか。

 

津波で大勢亡くなられただけじゃ無く、街造り案の策定や宅地造成に時間が掛かり過ぎて、一時避難の心算で余所へ出ていた多くの元町民が痺れを切らし、そのまま町外に定住してしまった例がエラク多いらしい。

 

勿論コレも私メの心配すべきコトじゃ無いですが、勝手に見守らせて戴いてますンで・・海と共に生きる街のコレからを改めて見守らなくては!但し東京住まいじゃナカナカ参れず、でもまた参ると決意した私メです。

 

津波の恐るべき力で土台ごと引っこ抜かれ、横倒しに成ったビルが女川にゃ幾つも有りましたが、唯一保存されるのがシーピルピアと漁港の間の「旧女川交番」・・右側が地面から抜けた土台です。因みに周囲が土に囲まれてますが、コレは堤防を造らぬ代わりに街全体をかさ上げした分の高さの差で、メモリアル公園の造成が現在行われてますヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「宮城県石巻市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「おながわたび」女川町観光協会HP

★「海街さんぽ」石巻圏観光推進機構HP
★「女川で、おだずもっこ!」ONAGAWA DAYS HP
★「新しく生まれ変わった女川を十分に満喫しよう!おすすめ観光スポット7選」Skyticket HP
★「宮城県女川町 海と寄り添い生きてきた人々を襲った津波」NHK東日本大震災アーカイブスHP
★「海とともに生きる」iRONNA HP
★「『復興タウン』の輝きが消える日 人口減少率37%の女川町 奥尻と同じ道をたどるのか」産経ニュースHP
★「東日本大震災慰霊碑について」女川町役場HP
★「新しいスタートが世界一生まれる町へ」シーパルピア女川HP
★「女川駅前の新しい地元物産市場”ハマテラス”」せんだいマチプラHP

★「女川駅前、シーパルピア女川を散策」夫婦で世界と日本を旅する生活ブログ
★「旧女川交番(東日本大震災の震災遺構)」日本秘境探訪ブログ

★「震災の津波で横倒しになった『女川サプリメント』と『江島共済会館』」ペンギンの足跡競屮蹈
★「Gozainn」兼宮商店HP

★「女川で食べてほしい3つのグルメ」まつだのぶろぐ

(関連する記事)
★「590 【名物パン45】石ノ森センセとラムレーズン」
★「669 宮城・女川町へ行って参りました」
★「815 【やきそば48】鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「816 【調味料類09】塩竃神社での真剣な祈りと『タインホアの天然塩』」
★「817 【お魚料理44】日本最大の練り物産地『塩竃』の、津波からの復興」
★「2305 【スナック60】更地に成った津波の街と『いさだスナック』・・女川」
★「2306 【名物パン264】海と共に生きる津波の街と『さんまパン』・・女川」
★「2307 【やきそば245】サイボーグ戦士と『茶色い焼きそば』・・石巻」
★「2308 【やきそば246】『石巻だし焼きそば』と蘇った萬画館・・石巻」
★「2698 【名物パン314】初売りを待つ大アーケードと『味噌がんづき』・・仙台」

★「2699 【麺類色々225】光のページェント2016と『仙台味噌のタンメン』・・仙台」

★「3498 【お肉料理140】伝説の第三代横綱の故郷で『仙台牛の串焼き』を・・登米」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(今より問題なのは、十年・二十年経って震災が忘れられる頃ですが)

女川と云えば当然「さんま」ですが、今年は異常なほどの大不漁・・秋の味覚がドウ成ってしまうのか心配ですが、同行して呉れたS氏が代りに奨めて呉れたのはコレも女川の名産「牡蠣」。震災で一時壊滅状態だったのが、同じ牡蠣の大産地・広島県の協力で復活しつつ有るとか。瀬戸内の牡蠣が赤潮で壊滅した時に宮城県が助けた恩返しでソウ成ったとのコトですが、冬の味覚の様に思えても養殖だから年中食べられますヨ。同じく名産のハマグリと共に焼き立てのを頂戴しましたが、プリプリしててアァ幸せ!奨められるがままに・・全部食べてしまいましたが、食べるコトこそが復興に繋がるとの言葉に救われた思いが。元より被災地のモノを積極的に買って食べる様にしてますが、皆さま方も食べるコトこそが復興に繋がる!宮城の牡蠣、食べて下さいナ




| 2019.09.18 Wednesday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
3498 【お肉料理140】伝説の第三代横綱の故郷で「仙台牛の串焼き」を・・登米

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

東北六県で二位の農業産出額を誇る登米市は、米どころ宮城でも有数の美味いコメの収れるトコだとか。宮城米と云えばササニシキを連想しますが、栽培の難しさから作付けが減り・・登米でも珍しいそうナ

 

最近ご案内してた上方の旅のお噂を一旦止めにして、いきなり東北のソレに移る私メです。普段から方々へ参ってますが、先月末から今月半ばにかけてアチコチ飛び回りましたンで、ご紹介したい旅噺が多過ぎる!

 

コレから出掛ける分も含め、果たして秋の終るまでに全て記事化できるか自信が有りませんが、鋭意頑張ってキーボードに向かいますンで何卒お付き合いの程を。時折は拙宅の在る都内の根多も挟みますがネ。

 

てな訳で大宮を出たら仙台までノンストップの新幹線に揺られ、降りましたのは「くりこま高原駅」。有難くも出迎えに来て貰えましたンで、一体ドコに行くのか良く判らないまま、丘を幾つか越えて着いたのが登米市。

 

随分前からココの某施設に伺う約束をしてたのに、中々ソレが果たせず初めて参った心算が・・アレ?私ぁ確かに来た記憶が有る。そうだ、大震災の復興ボランティアで女川へ向かった際、登米で泊めて貰ったンだ。

 

登米は平成十七年(2005)に八つの町が合併した人口八万の市で、その殆どが登米郡だったとか。旧迫町の「長沼フードピア公園」へ参りましたが、オランダから輸入の風車は実用品の粉挽用タワーミルです

 

大震災で唯一の震度七だった宮城・栗原市のすぐ近くに泊まり、地面が裂けてるモノと覚悟して着いたら平穏無事に近かった上、歓待して貰って宴会に成ってしまった覚えは有るンですが、ソレが何処だったのか?

 

翌日見た女川や石巻の大惨状のショックに上書きされちまったから・・と言い訳して置きますし、私も大病して記憶力が壊滅してた時期が長かったからと言い訳を重ねますが、ナニか切欠が有れば結構思い出せる。

 

施設を遠くから見た途端、急に気付いたンだから実に単純ですが、一度来てるトコは実に気分が楽に成れますし、今回呼んで下さった方も前々から知ってますンで細工は流々、仕上げをご覧じろ。喜んで戴けた様。

 

行きたいトコが有ったら連れてくヨと仰るンで、少しも遠慮せず翌日タップリご案内して貰いましたが、最初のリクエストしたのが登米出身の横綱の像が立ってる道の駅。しかもタダの横綱じゃ無い、第三代の方だ。

 

風車の丘の麓に拡がるのは、宮城県内で最大の自然湖「長沼」。国際規格のボート競技場が整備され、来年の東京五輪ボート競技会場の最終候補地に成ったトコ。阿呆な都知事が御迷惑をお掛け致しました

 

大相撲の関取衆の最高位とされる横綱は、今年の初場所で引退した稀勢の里関まで、現役の白鵬・鶴竜関を含めて七十二人居られますヨ。正式な身分として大関の上に立ったのは、十六代横綱の西ノ海関から。

 

つまりソレ以前は大関の中で一番強い人が、名誉称号として横綱と呼ばれてたンですが、初めてソウ称したのは四代目横綱・谷風梶之助関。寛政元年(1789)のコトで、仙台出身の谷風関は角聖と呼ばれてます。

 

つまりこの方が日本初の横綱さんですが、ナゼか四代目と云うコトにされてるから面白い。相撲家元だった吉田司家が格式を高めようと横綱を考えた際、「実は昔、谷風級に強い力士が三人居た」と言い出した。

 

ソレが初代の明石志賀之助・二代の綾川五郎次・三代の丸山権太左衛門の三横綱で、良く言えば名力士の栄誉を顕彰。悪い表現をすれば谷風の箔付けとしてお名前を使った訳ですナ。問題はホントに居たのか?

 

登米市で一番賑やかな佐沼地区の鎮守さまは、天平二年(730)に創建されたと伝わる「津島神社」。源頼朝公が奥州藤原氏を攻め滅ぼさんと攻め込んだ際に祈願し、後に伊達家に信奉されたと聞いてますヨ

 

初代の明石・二代の綾川の両横綱は、良く判らないとしか言いようが無い。江戸時代初期の方なのに伝説上の人物。処が三代の丸山関は実在が確認されて居り、正徳三年(1713)に今の登米市で生まれてます。

 

村相撲で無類の強さを発揮して、登米のご領主に連れられて江戸へ出たモノの、六尺六寸(約2m)の身体じゃ道中がし辛く、あの苦労はもう御免と江戸に残って相撲に入門したとか。今なら2m50cm位の感じ?

 

決して上手い取り口じゃ無かったけれど、張り手を一度入れると相手は立っちゃ居られなかったとか。星取り表は残ってませんが、大関として相撲を取ったのは確実で、後の谷風に匹敵する強さが有ったンでしょう。

 

処が現役当時は横綱なんて無かったンで、ご本人はソレを受けずに亡くなられてますが、相撲協会は贈り号をしてますネ。問題は地元の方が殆ど知らないコト・・ご依頼が有れば講談にしたい位。ドウしましょうか。

 

丸山権太左衛門席は旧米山町の御出身ナンで、そこの道の駅に銅像が立ってましたネ。寛延二年(1749)に巡業で九州・長崎に赴いた際、赤痢に罹って現役のままお亡くなりになられたンでお墓は長崎に在りますが、供養墓は道の駅の近くに在るとか。雨が酷くてソコへ参れませんでしたが、また登米を訪ねる機会が有れば是非詣でたいモノです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「宮城県牡鹿郡女川町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「TOME」登米市観光物産公社HP
★「観光情報」登米市役所HP
★「宮城の登米おすすめ観光地5選!タイムスリップの旅を満喫!」Skyticket HP
★「農畜産物のこと 米」JAみやぎ登米HP
★「僕のふるさとのその丘には遥か遠くオランダからの風が吹くんだ」長沼フードピア公園HP
★「長沼フートピア公園」こんなんみっけブログ

★「『会場変更』振り回され…宮城県登米市の長沼ボート場」産経フォトHP

★「ごてんのうさん」佐沼津島神社HP
★「丸山権太左衛門像」みちのく悠々漂雲の記ブログ
★「登米の昔話 第三代横綱丸山権太左衛門」登米市役所HP

★「南方ナーシングホーム翔裕園」社会福祉法人 元気村HP
★「登米 和牛ブランド」登米市役所HP

★「<仙台牛>全国最高位受賞 宮城・登米の畜産業佐々木さん快挙」河北新報オンラインHP
★「道の駅『みなみかた』」全国道の駅連絡会HP
★「名産地で『仙台牛』の旨みをシンプルに味わう 牛串」フリーペーパー道の駅HP


(関連する記事)
★「590 【名物パン45】石ノ森センセとラムレーズン」
★「669 宮城・女川町へ行って参りました」
★「815 【やきそば48】鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「816 【調味料類09】塩竃神社での真剣な祈りと『タインホアの天然塩』」
★「817 【お魚料理44】日本最大の練り物産地『塩竃』の、津波からの復興」
★「2305 【スナック60】更地に成った津波の街と『いさだスナック』・・女川」
★「2306 【名物パン264】海と共に生きる津波の街と『さんまパン』・・女川」
★「2307 【やきそば245】サイボーグ戦士と『茶色い焼きそば』・・石巻」
★「2308 【やきそば246】『石巻だし焼きそば』と蘇った萬画館・・石巻」
★「2698 【名物パン314】初売りを待つ大アーケードと『味噌がんづき』・・仙台」

★「2699 【麺類色々225】光のページェント2016と『仙台味噌のタンメン』・・仙台」
★「3126 【名物パン350】負けない横綱と桜と『カレーパンサンド』・・白石


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(拙宅近くにお墓の在る『石ノ森章太郎』先生の御出身地が登米です)

今年開催された「全農肉牛枝肉共励会」で全国各地から出展の名だたる和牛を抑え、トップの最高賞を受けたのが「登米の仙台牛」だったとか。全く知りませんでしたが登米市はお米だけじゃ無く、和牛の育成にも適した環境らしく「飼養頭数は本州一」。ソレを食べられるレストランは震災で閉鎖されてしまったモノの、旧南方町の道の駅へ行けば串焼きが食べられるらしく、移動中に連れてって貰いましたヨ。A5もしくはB5クラスの肉質じゃ無いと仙台牛としては扱われぬソウで、当然そのクラスのサーロイン肉を勿体気もなく串刺しにし、味付けは塩コショウだけ!流石に良いお肉は柔らかくて美味い・・でもこんな食べ方にして構わないンだろうかと心配しつつ、大串をムシャムシャ食べた私メです




| 2019.09.17 Tuesday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
3127 【やきそば345】絶景!一目千本桜と「串刺したこ焼き&焼きそば」・・宮城・船岡

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

線路沿いに咲く桜並木は全国に数有れど、JR東北本線の船岡駅(宮城・柴田町)付近の「一目千本桜」に勝るトコは無いのでは。線路と白石川の間の堤防沿いに、南隣りの大河原駅付近まで延々続いてます

 

先月半ばから長々続けた今春の桜遍路も、今日でいよいよ大団円でございます。拙宅の在る都内だけじゃ飽き足らず、京都・大阪等の関西各地を巡り歩き、ソレでも満足出来ずに東北まで・・思えば長い旅でした。

 

総移動距離は二千kmを軽く超えてますンで、我ながらホント酔狂と思うばかりですが、ソレも漸く終わりと思うとむしろホッとします。尤もコレで懲りた訳じゃ無く、またぞろ来春に成れば悪い虫が蠢き出す筈ですが。

 

さて仙台の青葉城へ参ろうと、昨日ご案内の白石から乗ったJR東北線の電車は、大河原と云う駅を過ぎたら「線路沿いでちょうど満開の桜並木をご覧下さい」と徐行運転に。ナニ事かと窓を見れば、外は真っ白。

 

東北一と名高い「一目千本桜」は大正十二年(1923)に、東京で財を成した地元出身の実業家・高山開治郎氏が故郷への恩返しと、白石川の改修に合わせて合計千二百本を全く自費で植えたモノだソウです

 

乗り合わせた地元と思しき他の乗客に、コリャ一体何かと尋ねれば「一目千本桜」と云うトコで、宮城県じゃ一番の花見の名所だと仰る。青葉城より断然ココの方が良いと勧められたンで、ならば行ってみましょ。

 

仙台へ急がにゃならぬ用も無く、旅は思い立ったが吉日だからと初めて降りた船岡駅。右も左も判らないンで駅員さんに聞きますと、桜並木は駅のすぐ裏から延々続き、ソレを通ったらお隣の駅まで行けるとのコト。

 

如何に仙台近郊でも東京辺りと違い、駅と駅の間の距離は結構離れてる筈。ソレが桜伝いに行けるとは剛毅な話だし、桜に埋まる城山も在ると言われれば・・歩かにゃ成りますまい!知らない街にゃ興味が湧く。

 

ソメイヨシノの寿命は一般に六十年程度と言われますが、驚く事にココは九十年以上の大木ばかりが植わってて、ソレが八km以上に渡って続いてるのは"驚異"としか言い表せませんヨ。まさに天下の絶景です

 

コリャ聞いた話ですが、ソメイヨシノの様にまず花だけ咲き、ソレが散ってから若葉を伸ばす桜を眺めるのは、人の心理にとても宜しいとか。花萌ゆる姿を見ると交感神経が活発に成り、心がワクワク活発化する。

 

逆に若葉の輝く姿を見ると副交感神経が活発に成り、心はジックリ落ち着く様に成るとか。一体ナニが作用してるのか?難しいコトは講釈師風情にゃ判りませんが、確かに桜を愛でますとパワーを貰った気に成る。

 

発病して以来、自分でも呆れるほど桜遍路を毎春する様に成ったのは、人並みに働かぬ交感神経を強引に動かす為の、思わず知らずの自己防衛だったかも知れません。でもナニ事も過ぎたるは及ばざるが如き。

 

桜並木から歩道橋で線路を渡り、講談の伊達騒動の主役・原田甲斐さんの居城だった「船岡城址公園」へ入りますと、ココもまた満開の桜!忠臣なのか奸賊なのか評価の難しい方ですが、地元では英雄ですナ

 

一目千本桜とは良く付けたモノで、蔵王から流れる白石川と東北本線の線路の間に延々続く桜並木は実に心地よく、ドコまでも歩いて行けそうな気分に。でもイヤ待て暫し、敢えて途中で断念した方が良いのでは。

 

自分を元気づけようと、途轍もない大移動をした今春の桜遍路。無茶したお陰で人並み以上のワクワクを得た筈だから、そろそろジックリ落ち着いてフツーの暮らしに戻らなくちゃネ。楽しみは来年に残しておこう。

 

思いもよらぬ絶景に感服したからなのか?突然ソウ思って踵を返し、仙台へ向かわず東京へ帰る・・つまり桜遍路を終えるコトにしましたが、改めて思うのは桜はホント偉大なり。四季の有る国に生まれて幸せです。

 

仙台藩がお取り潰し寸前まで行った伊達騒動は講談だけじゃ無く、歌舞伎の「伽羅先代萩」や山本周五郎先生の小説「樅の木は残った」でも扱われてますが、実際の原田甲斐さんが船岡城主だった頃はこんな桜並木は無かった筈。でも城跡から遥かに望める蔵王は全く不変で、この風景を眺めて居られてたンでしょうネ。私メの桜遍路のゴールです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都豊島区雑司ヶ谷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「一目千本桜、樅の木は残った・・柴田町の観光情報が満載」柴田町観光物産協会HP
★「花のまち柴田」柴田町役場HP
★「柴田町 花のまち」Miyagi Explorer HP
★「白石川堤一目千本桜から船岡城址公園へ。宮城県の桜の名所を徹底紹介」旅ぐるたびHP
★「東北の桜名所!白石川堤一目千本桜をひたすら歩いてみた」スナログ・ブログ
★「桜の名所『一目千本桜』」"Ackee"のブログ!!
★「陸前 船岡城
(柴田町)」タクジローの日本全国お城めぐりHP

★「桜名所!船岡城址公園から一目千本桜を一望」スナログ・ブログ
★「伊達騒動と原田甲斐」いり豆 歴史談義ブログ
★「大河ドラマ『樅ノ木は残った』」HHKアーカイブスHP
★「人体の自律神経はなぜ二つあるのか?」このゆびと〜まれ!ブログ
★「たるや飲食店」焼きそば名店探訪録ブログ
★「船岡名物『たるや』のたこ焼きで昭和にタイムトリップ!」花のまち しばた ゆず子さくら子おでかけ日和ブログ


(関連する記事)
★「382 【麺類色々19】小十郎はうーめんを食べたのか?」
★「743 【粉なモン11】三大稲荷と『タコ焼きの串ざし』・・岩沼」
★「1527 【野菜果物56】今年もいちじくを煮てみた!2013・・白石」
★「1528 【今川焼き17】『ハム焼き』と名君が三代続いた城下町‥白石」
★「2281 【お米料理191】隠された城下町と『はらこめし』・・亘理」
★「2699 【麺類色々225】光のページェント2016と『仙台味噌のタンメン』・・仙台」
★「3126 【名物パン350】負けない横綱と桜と『カレーパンサンド』・・白石」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(来春はタップリ時間を確保して、のんびりジックリ訪ねたいモノです)

東京へ帰る前に腹塞ぎしておこうと、フト思い立って全国の焼きそば探しの盟友Salty氏のブログを見てみれば、あらイヤだ・・船岡駅近くの焼きそば屋「たるや飲食店」の情報が出てる。こんなトコまで来てたのネ、あの焼きそば魔人は!素直に恐れ入って店へ参れば、昭和の雰囲気が濃厚に漂う懐かしい内装で、メニューは焼きそばとたこ焼きだけ。と云っても関西風のソレじゃ無く、以前も近くの岩沼市で似た様なのを食べましたが、宮城県南部のたこ焼きはお団子みたいにモチモチした食感のモノが、ナゼか串に刺されて甘いタレをかけられて出て来るのですヨ。もちろん中にはタコの身が入ってますが、東京とも大阪とも違う不思議な味わい。一方、肝心の焼きそばの方はエラク味の濃いソースで、具はキャベツとモヤシのみ。青海苔が山頂に積もってます




| 2018.04.29 Sunday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
3126 【名物パン350】負けない横綱と桜と「カレーパンサンド」・・白石

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

仙台・伊達家の重臣で有りながら、幕府から特例として大名に準じた扱いを受けてた片倉家一万八千石の本居が「白石城(益岡城)」。桜は結構散ってましたが、城跡じゃ大勢の花見客が長閑に楽しんでました

 

東京や大阪じゃスッカリ過去の出来事ですが、桜前線は未だ北上を続けてまして、遂に津軽海峡を越えて一昨日は札幌、昨日は帯広が開花したソウですナ。終着地の稚内に達するのは来月半ばの予想だとか。

 

とてもソコまで追い掛けられませんが、桜前線が東北を進んでた半月前のお噂を、自分でも半分飽きつつ連日ご案内してます。ですが今春の長かった桜遍路もあと二回、総移動距離は二千km強・・阿呆ですナ。

 

桜を求めて城址をブラつきましたら、天守閣代わりの三重櫓の下に力士の銅像を発見。えぇと・・第十八代横綱「大砲(おおづつ)万右エ門」。約百五十年前にこの白石で生まれた、史上最長身の横綱さんですヨ

 

福島から乗った快速列車は峠を越して宮城県へ入りましたンで、最初の大きな街・白石で途中下車。ココまでで東京から三百km。随分遠くへ来た感も有りますが、青森まであと四百km・・東北はホント広過ぎます。

 

ソレはさて置き、蔵王の麓の城下町・白石にゃ何度も参ってますンで、街中の地理はある程度判ってる心算。桜の名所・白石城址へ迷わず進み、花吹雪の舞う様を眺めてたらば・・初めて気付いた横綱・大砲像。

 

蔵王の伏流水が湧くらしく、街中に多くの川が流れる白石ですが、お城の外堀の役割りを果たしてた「沢端川」の畔にも散りかけの桜が。昔の武家屋敷がこの川沿いに何軒か残ってて、実に良い雰囲気ですネ

 

宮城の名力士と云えば、私メも高座でよく読む「史上初の横綱」谷風梶之助関が代表格ですが、仙台出身のこの方は二代目。初代は白石出身の大関で、その四股名の後継者が強過ぎたンで横綱が作られた位。

 

このお二人は江戸時代の方ですが、明治半ばに成って三代目を継ぐ様に言われたのが、初代と同じ白石出身の大砲と云う力士。当時としては頭抜けた高さの身長一九七cmの大巨人で、しかも途轍もない力持ち。

 

同じ川でも「白石川」は、蔵王を源として太平洋へ向かう大きな川ですが、土手を越えて河原へ降りますと・・遥か蔵王をバッグに満開の桜が何本も。やっぱ河原は寒いンでしょうナ、川水もエラク冷たかったです

 

背が高いだけの力士は大勢居たモノの、大砲関は負け知らずの大関。だからこその谷風襲名の誘いですが、恐れ多いと固辞して明治三十四年(1901)に横綱に昇進し、前代未聞の珍記録を作って居られますゼ。

 

「横綱は負けてはならぬ」との教えをよく守り、持病のリューマチが悪化した場所じゃ全く勝てなかったモノの、一度も負けずに全て引き分けに持ち込んでる!早々引退してますが、白石ご出身と初めて知りました。

 

宮城と山形の県境に聳える「蔵王山(1841m)」は、飛鳥時代に修験道の開祖・役行者サマが蔵王権現を祀ったのが、その名前の由来とされてますナ。数年前から火山活動がやや活発化してるのが心配ですが、銀雪を纏う姿は雄大で美しく、穏やかなままで居て欲しいモノです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「宮城県柴田郡柴田町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「遊・湯・詩・適」白石市観光協会HP
★「しろいし観光ナビ」白石市役所HP
★「道ナビしろいし」同HP

★「白石市で行くべき5つの観光スポット」tohoku365HP
★「白石城」白石市文化体育振興財団HP
★「白石城と白石城の戦い〜片倉家の居城と復元三階櫓の雄姿」戦国武将列伝Ωブログ
★「春の白石城!桜の画像・写真集」仙台南つうしんブログ
★「白石市 沢端川」川べりの散歩ブログ
★「荒涼とした山肌と色を変える湖。一度は訪れたい『宮城蔵王のお釜』と立ち寄りスポット」キナリノHP

★「明治の巨人横綱 大砲万右エ門」HIDEYORIのブログ
★「白石城にある横綱の銅像」日常集0号ブログ
★「東北地方最大手の食品スーパー」ヨークベニマルHP

★「食は人間の生活の基本です」フジパンHP
★「パンをパンで挟む悪魔の所業・・『カレーパンサンド』爆誕 なぜ作ってしまった?フジパンに聞く」BIGLOBEニュースHP
★「東北限定 フジパンのカレーパンサンド」基本安宿を巡る会 温泉安宿探求中ブログ


(関連する記事)
★「382 【麺類色々19】小十郎はうーめんを食べたのか?」
★「743 【粉なモン11】三大稲荷と『タコ焼きの串ざし』・・岩沼」
★「1527 【野菜果物56】今年もいちじくを煮てみた!2013・・白石」
★「1528 【今川焼き17】『ハム焼き』と名君が三代続いた城下町‥白石」
★「2281 【お米料理191】隠された城下町と『はらこめし』・・亘理」
★「2699 【麺類色々225】光のページェント2016と『仙台味噌のタンメン』・・仙台」
★「3125 【お肉料理118】朝の連ドラ誘致運動と『ラジウム玉子』・・福島市」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(昭和末に双羽黒に抜かれましたが、今でも史上二位の高身長です)

白石城のすぐお隣に「ヨークベニマル」と云う、東北地方じゃ最大手の食品スーパーの支店が在りますが、そこで見つけたのがカレーパンを食パンで挟んじまったと云う、一部じゃエラク騒ぎに成ってる前代未聞の菓子パンですゼ。フジパンの東北地方担当者が思い付いたと云う理由により、現時点では東北六県だけの限定販売‥馬鹿げたモノの大好きな私ぁコレを探してましたのヨ。ま、コロッケパンのカレー版だと思えば納得のいく味で、また食べたいかと言われれば・・改良の余地が有り過ぎてう〜む。ソレでも漸く買えたと意気揚々で帰京したら、板橋宿の拙宅近くのヨークマート(ヨークベニマルの南関東向け別ブランド店)に山積みに成って居て、おぉ何じゃソリャ!ドウやらコレを強く気に入った担当者が、東北限定品をベニマルから横流しして貰った様です




| 2018.04.28 Saturday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2699 【麺類色々225】光のページェント2016と「仙台味噌のタンメン」・・仙台

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

「SENDAI光のページェント」点灯前の定禅寺通りは、葉が散って枝だけに成ったケヤキが目立つ寂しい風景ですが、数分後の点灯を待つ人々の熱気で賑やかなモノ。早く灯らんかナ?待ち草臥れそうです

 

心神崩壊からの回復途上ながらも・今年の高座全てを終了し、張り続けてた気分を少しは楽にさせたいと、フト思い立って仙台へ参っメです。何しろ突然思いついたモンだから、日帰りだったりしますがネ。

 

こんな年末の大詰めに一体ナニしに仙台へ行ったかと云えば、ソリャ久振りに「光のページェント」を見たいと思ったからで、調べてみますと四り。勿論ソレは発病する前で、気力・体力が共に満ち溢れてた頃。

 

上の画像と全く同じ場所からですが、夕方五時半ちょうどに点灯した途端、定禅寺通りはご覧の光景に!昭和六十一年(1986)から毎年続けられてる暮れの風物詩で、この手の行事の元祖だったりしますネ

 

仙台は兄が昔赴任してたコトも有り、前座時代から時々遊びに行った仕事で行ったりしてた親しい街。光のページェントも随分前から、何度も見に行ってました。昔は大規模なイルミネーションは珍しかったですし。

 

四年前はあの大震災の冬で、流石に中止されるだろうと誰もが思ってましたナ。処が・・物理的に無理ならば仕方無いが、可能ならば「震災に負けない証」として、ナニがナンでも絶対にやる!堂々開催されましたヨ。

 

定禅寺通りの八百m区間のケヤキ百六十本に、約六十万球のゴードのLEDが灯され、ご覧通りの光の海!百万球を灯す丸の内イルネーションより少ないですが、距離が短い分だけ密度がケタ違いです

 

街の人からも「負けぬ証の光のページェント」を観に来て下さいと言われてましたンで、ソリャ絶対行かねばと訪仙し、ソレまでは「ただ綺麗」とか思えなかったイルミネーションが、初めて違うモノに感じられましたヨ。

 

涙を溢しながら光の海を見上げてる人が結構居られ、無数の灯一つが大震災で亡くなられた大勢の方々の「命の灯火」に思えた・・のを覚えてる。あの冬のページェントは、ホント悲しくも壮絶な美しさでした。

 

定禅寺通りは中央の遊歩道を挟む片側二車道路で、せて四列のケヤキ並木が間隔狭く植えられてますが、その全てでゴールドLEDが灯ってますンで・・凄まじい光の濃さ!間違いなく日本一の輝きですナ

 

以来、大規模イルミネーションが好きに成りましたが、発病してからその傾向が頓に著しい。真っ青やピンクみたいなゲテモノ色は別ですが、白や金色の灯火は心を癒して呉れるンでしょう。観てるだけで涙が出る。

 

なのにソレを教えて呉れた光のページェントへ参る勇気が無く、漸くその気に成ったのは・・きっと回復しつつ有るンでしょうナ。帰りの列車の時間ギリギリまで、鎮魂の灯火を瞳に焼き付かせようとしてた私メでした。

 

東京のイルミネーションが枝に葉っぱを残したままで行われるのに対し、仙台は寒い分だけケヤキの落葉が早く、完全に枝だけに成った状態でLEDを飾れるンで・・高いトコの枝先まで光り輝いてるンですナ。ヘリコプター等で上から定禅寺通りを眺めると、光の河に成ってるとか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都中央区銀座」への訪問記です★


(参考リンク)
★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「歩いて観光 仙台おさんぽWEBマガジン」てくてくあおばHP
★「仙台の街を歩く、楽しむ、発見する!」machinavi WEB仙台HP
★「【仙台のおすすめ観光地40選】仙台旅行にはずせない人気スポットはここ!」RETRIP・HP
★「杜の都・仙台のシンボルロード、定禅寺通りでお散歩」ぐるたびHP
★「SENDAI光のページェント2016」同実行委員会HP
★「『SENDAI光のページェント』でピンクの光を見つけたら」NAVERまとめHP
★「仙台光のページェント2016 期間や時間・場所は?人気のイルミネーション!」ヒカリジャーナル・ブログ
★「12月の仙台は光のページェント
(ひかペー)で盛り上がる」好きを極めてワクワクを!!ブログ
★「光のページェントと神戸ルミナリエ」リハ医の呟きブログ
★「伝統の味、仙台味噌。京都の味噌とは何が違う?」タノシムタメノ・ブログ
★「辛味噌なしの味噌タンメン◆カラ助」kopokopo*time 仙台食べ歩きブログ

 


(関連する記事)
★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台」
★「2283 【名物パン261】『パンの天麩羅』と朝の瑞宝殿・・仙台」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台」
★「2309 【名物パン265】『気仙沼の名物パン』と東北の頭脳・・仙台」
★「2310 【野菜果物79】『三角定義あぶらげ』と雨の杜の都・・仙台」
★「2698 【名物パン314】初売りを待つ大アーケードと『味噌がんづき』・・仙台」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(今年で三十一回目!大規模なモノとしては国内最古の老舗ですヨ)

ページェント点灯時間の少し前に定禅寺通りへ辿り着いたは良いモノの、流石の東北で風が寒くって・・中から暖めにゃ身体が持たんわ!お酒が呑めた頃だったらウイスキーでも煽るトコですが、ドクターストップ中の身体としては・・通り沿いに「仙台辛味噌タンメン」の看板を出してる「カラ助」なるラーメン屋に行って、仙台味噌のタンメンでも啜りましょ。他所の味噌より塩分高めで少し辛い仙台味噌ですが、ココは炒め野菜が一杯で350g!厚労省が推奨する成人一日当たりの野菜量をソレで摂れちゃう大変な量で、野菜から甘みが出たのか?上手い具合に和されてて美味しかったですヨ。でも・・量が多かったですがネ




| 2016.12.29 Thursday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
2698 【名物パン314】初売りを待つ大アーケードと「味噌がんづき」・・仙台

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

走る列車の窓から見えた蔵王の山頂は冠雪してましたが、今冬城県は雪が殆ど降ってないンだとか。覚悟してスノトレまで履いて行ったのに、ナンだか拍子抜けだなぁ・・でも助かった気分もする私メです

 

今年の高座も全て終わりましたンで、フト思い立って仙台へ参った私メです。闘病生活も三年目に入り、心神・体調共に芳しく無いですが、ナンとか高座を無事に一年務め終えられて、自分を褒めたいと思うばかり。

 

発病前の様に達者に高座に上がるのは無理ですし、高座数も多く務められませんが、ソレでも陽司センセよ・・貴方の分も頑張ったぞ!一番のライバルと一緒に大締めを迎えられなかったのは、残念至極でしたが。

 

仙台に来るのは一年数ヵ月ぶり・・確か前回は地下鉄東西線の開業寸前で、JR仙台駅前は仕上げの工事の真っ最中でしたが、流石にキレイに出来上がってますナ。東北最大の乗降客数を誇る、巨大な駅です

 

女流ばかりドンドン増えて、野郎の絶対数の足りない釈界ですンで、年も挫けずに責任を果たさねばと思えども、気力だけで頑張ってる病中の私メ。一体ドコまでソレが持つか心許なく、偶には気を抜かにゃぁネ。

 

てな訳で北へ旅立ちたく成りましたが、雪の多過ぎるトコは・・未だ体脂肪率一桁から脱せぬ我が身体じゃチョット辛い。でも仙台なら大して降らぬトコだし、暫く行って無いから・・光のページェントを見に行きましょ。

 

仙台自慢の「中央通り」は、早くも迎春の飾り付け!途中「T」字状に曲がりながら仙台駅前から県庁の近くまで、約1.5kmも続く東日本じゃ長いアーケードで、夏の七夕のメイン会場なんで屋根が高いです

 

処が今冬の東北日本海側は大変な豪雪なのに、仙台と云か・・太平洋側は高い山の上を除いて雪のユの字も無く、車窓から見えたのはしい冬枯れの風景ばっかり。ま、歩き易いからと前向きに考えるコトに。

 

そして久し振りの仙台は風がタダ寒く、ページェント点灯まで時間も有るンで、アーケードに逃げ込み・・ナニか面白いモン無いかしらん。クリスマスも終わったンで、お節の蒲鉾や伊達巻を売るワゴンが目立ちます。

 

中央通りアーケードを構成する商店街の一つ「クリスロード」にゃ、の福の神として有名な「仙台四郎」さんを祀るお寺が在る関係で、ご覧の巨大な絵馬が!少し早いですが、来年の幸運を祈ってみました

 

そして目立つのは「仙台初売り」の予告。仙台は江戸時代から豪華景品が沢山付く売り出しが恒例で、国から仙台や旧仙台藩内だけは「法律の例外」として公認されてる伝統行事!正月二日なのが絶対の決まり!

 

スゴクお得と聞きますし、スゴク面白いと聞きますが、スゴク混む様で・・人混み苦手が治まらぬ今の私メにゃまだ無理ですヨ。ソレだって随分良く成ったンですが、万全にゃ遠くて・・早く寛解したいと願うばかりです。

 

初売りで賑わう筈の地元デパート「藤崎」前から、大アーケードは直角に向きを変えますが、飾り付けの雰囲気も全く変わって来るンで面白いですナ。この先にページェントの会場が在るンで、さぁ参りましょ!

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「宮城県仙台市青葉区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP
★「歩いて観光 仙台おさんぽWEBマガジン」てくてくあおばHP
★「仙台の街を歩く、楽しむ、発見する!」machinavi WEB仙台HP
★「【仙台のおすすめ観光地40選】仙台旅行にはずせない人気スポットはここ!」RETRIP・HP
★「仙台市中心部商店街」machinaviWEB仙台HP
★「Creative Life In Shopping」クリスロード商店街振興組合HP
★「実在した『福の神』仙台四郎」あさかぜネットHP
★「仙台初売りドット混む2017」仙台商工会議所HP
★「2017年も期待できそう!『仙台初売り』だけが豪華賞品でもOKなワケ」NAVERまとめHP
★「<仙台いいすこ歩き>がんづき/愛される郷土菓子」河北新報オンラインニュースHP
★「こむぎ粉くらぶ がんづき」日清製粉グループHP

★「シライシパン」白石食品工業HP

★「☆シライシパン☆味噌がんづき♪」パンとベーグルと和菓子と私♪ブログ
★「☆シライシパン☆黒糖がんづき♪」パンとベーグルと和菓子と私♪ブログ


(関連する記事)
★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと『木須肉そばめし』・・仙台」
★「2283 【名物パン261】『パンの天麩羅』と朝の瑞宝殿・・仙台」
★「2304 【スイーツ180】実在した福の神と『ずんだパフェ』・・仙台」
★「2309 【名物パン265】『気仙沼の名物パン』と東北の頭脳・・仙台」
★「2310 【野菜果物79】『三角定義あぶらげ』と雨の杜の都・・仙台


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(大震災以来、東北の仙台一極集中傾向に拍車が掛かった感が・・)

ヤマザキパンの製品で私メら東京モノにも多少馴染みの有る和風蒸しパン「がんづき」は、実は宮城県から岩手県南部(要するに旧仙台藩の領地)の郷土料理だったりする。忙しい農作業のおやつ用に小麦粉と砂糖・卵を混ぜたのを大量に蒸して置いて、切り分けて大勢で食べたモノだソウで、本来のソレは重曹を入れずに蒸したンで、もっとガッシリした外郎っぽいモンだったとか。白砂糖だと白く・黒糖だと黒く成る訳ですが、流石に仙台味噌で知られた土地柄ナンで「味噌がんづき」まで有るから面白いですナ。東北地方の製パンの王者・シライシパン(本社:盛岡市)のを、散策の途中に寄ったクリスロードの仙台イオン(ダイエー仙台店)で買って参りましたが・・蒸しパンと違って軽くなく、ずっりシットリがっちりモッチリした食感が特徴。風味も東北っぽいですナ




| 2016.12.28 Wednesday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS