きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
3222 【お米料理323】残暑厳しき東大で「さらさらトン茶」を・・本郷

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

旧中山道の日本橋から最初の一里塚が在ったのは、同じ本郷の東大でも北端の弥生キャンバス(農学部)前だったりしますが、コチラは観光客がソレほど多くないンで静かですナ。水戸徳川家の下屋敷の跡です

 

旧中山道の首宿「板橋平尾宿」に在る拙宅からテクテクと、六月末から延々と続く盛夏の都内を歩き廻る私メです。東京は旧盆明けから涼しく成ったり暑く成ったりを繰り返してますンで、体調管理が難しいですナ。

 

とは云え如何に異常気象ばかりの今年でも、「暑さ寒さも彼岸まで」だけは変わらぬ筈だから・・多分きっと恐らく・・あと二十日ほど我慢すれば、歩いてて楽しい気候に成って呉れるに違いない。ソウで無きゃ堪らン!

 

セロトニンバランスが最近おかしいンで、リズム良く歩いて分泌を促さねばと、毎日一万歩(八kmほど)を目安にテクテクと。寛解前の毎日十km以上をムキに成って歩いてた頃に比べれば、多少手加減してますが。

 

いわゆる「東大」と云えば、加賀百万石・前田家の上屋敷跡だった本郷キャンバスの方ですナ。農学部のお隣りですが学生の数が多いだけじゃ無く、東大巡りを楽しむ観光客が多いンで・・夏でも賑やかです

 

片道八km歩いて電車で帰る日も有れば、往復でソレだけ歩く日も有りますが、拙宅から一番判りやすい往復八kmの場所と云えば、日本の最高学府「東京大学」の本部の在る本郷キャンバス。赤門のトコですナ。

 

何度か以前も触れてますが、拙宅の真ん前を通る旧中山道を真っすぐ進めば、一度も曲がらずに東大・弥生キャンバス前の「森川追分」まで辿り着いちまう。そしてソコで初めて曲がると、忽ち本郷キャンバスに。

 

しかも面白いのは日本橋から群馬・長野・岐阜県を通り、京都まで向かう旧中山道で「最初の一里塚が森川追分」「二番目のソレが拙宅ソバ」だったりしますンで、コリャ如何したって距離はピッタリ一里(約四km)

 

関東大震災による大火災で灰塵に帰した本郷キャンバスは、その教訓から主要な校舎群は重厚なゴシック建築に統一されてますナ。優美な通り抜け「アーケード」の在るのが特徴で、まるで西欧へ行ったみたい

 

だもんでドコに行こうか思い浮かばぬ時は、拙宅前の旧中山道をヒタスラに東大まで向かうコトが多く成りますが、毎日歩き続けてる内に随分ピッチが早く成ってる私メなんで、一里なんて四十分ほどで着いちまう。

 

とは云えこの暑さだから全身は汗ダクダクで、いざ東大に着いたら暫く休まにゃとても遣っちゃ居られませんゼ。ですが流石に加賀百万石のお屋敷の跡で、都心としては広大なキャンバス内は木陰とベンチだらけ。

 

無論コレらは勉学や研究で疲れた学生諸子が気分を新たにする為のモノで、私メみたいな全くの部外者が寛ぐ為に用意されてる訳じゃ無いですが、国立大学と云えば国民共有の財産!暫くのコトだから許してネ。

 

本郷キャンバスの重厚な建築群は、設計した内田祥三・東大総長の名前から「内田ゴシック」と称しますが、その頂点はやっぱり大正十四年(1925)に完成した「安田講堂」。その前庭の下に中央食堂が在ります

 

ブラブラの時だけじゃ無く、上野の寄席に行く時も東大の中を良く通りますンで自ずと詳しく成り、幾つかお気に入りのベンチを見付けましたが、問題は似た様な思考のノンビリ者は多く・・ドウしても競合()しちまう!

 

結果、思う通りにボンヤリ出来なかったりしますンで、何処かに人の居ないトコは無いかとキャンバス内を右往左往。したら最近、安田講堂の裏手にイイ場所を発見!だけどこんな広場、前から在ったかしらん?

 

ま、世界に伍して行く為に常に改革してる(らしい)東大で、絶えずナニか工事してるンで気付かぬ内に出来てた様ですが、学生すら寄らない広場の木陰を吹く風は爽やかで、毎回うたた寝するコトの多い私メです。

 

コレが最近お気に入りの広場ですが、幾ら調べても名称が判らない・・出来立てみたいナンで、コレから名付けられるのかも知れませんが、取り合えず弥生門の内側に在ります。ココにゃ観光客はまず来ません

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都渋谷区広尾」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「本郷界隈、気ままな街散歩・・」ワイズクリエイトHP
★「THE UNIVERSITY OF TOKYO」東京大学HP

★「学生が作る東大HP」東京大学UT−Life HP

★「東京大学。 日本最初の大学として本郷に。」 ワイズクリエイトHP

★「東京大学・本郷キャンパスで。ノスタルジックな雰囲気を楽しもう♪」キナリノHP
★「東京大学弥生キャンパス」レトロな建物を訪ねてブログ
★「東京大学本郷キャンパス」レトロな建物を訪ねてブログ
★「法文1&2号館-東京大学本郷キャンパス」雨風呂ブログ
★「東京大学安田講堂
(大正モダン建築探訪)」関根要太郎研究室@はこだてブログ
★「東京大学本郷キャンパスの歴史と建築」建築のアバンギャルドHP

★「バーチャル中山道 森川宿追分」江尻光良の別荘と中山道のページHP
★「東京大学中央食堂」東京大学消費生活協同組合HP

★「東大本郷中央食堂 リニューアルオープン」西池ぶろぐ
★「学食潜入 東京大学 さらさらとん茶を食べに」街はぴHP


(関連する記事)
★「1180 【名物パン94】日本初の『甘食』?と東京大学‥本郷」
★「1318 【スイーツ74】一葉終焉の地で『アップルパイ』を‥本郷」
★「1555 【麺類色々107】東大で『赤門ラーメン』を食おう!‥本郷」
★「1556 【スイーツ93】小春日和の根津で『アイス最中』」
★「1690 【お米料理117】弥生時代のはじまりと『弥生丼』・・本郷」
★「2180 【名物パン248】新緑の東大と『頭脳パン』・・本郷」
★「2316 【やきそば247】秋の三四郎池と『こころの焼きそば』・・本郷」
★「2355 【お米料理206】黄金色の東大農学部で『カツたま丼』を・・弥生
★「2360 【麺類色々203】黄金色の東大の御神木と『赤門ラーメン』・・本郷」
★「2498 【やきそば264】新緑の東大と『ペペロンチーノ塩焼きそば』・・本郷」
★「2548 【スイーツ201】赤門を眺めて思う参院選と『大學最中』・・本郷」
★「2560 【スイーツ203】お殿様が分譲した文教地区と『虎焼』・・西片」
★「2676 【お米料理248】黄金色の東大で『中央カレー』を・・本郷」
★「2979 【麺類色々270】黄金色の最高学府で『東大生の二郎系』を・・本郷」
★「3003 【呑みモン80】錦秋と目赤不動と『蒸し生姜湯』・・本駒込」
★「3032 【麺類色々280】ナゾの巨大地球儀と『こくわがたのすさだい』・・本郷」
★「3130 【麺類色々296】新緑の東大で『みどり虫ラーメン』を・・本郷」
★「3166 【麺類色々301】千年以上不遇だったアジサイと『ボストン帰りの二郎系』・・白山」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(寛解とは『ほぼ全快』で有って、『全快』からは遠いトコに在りますナ)

東大・本郷キャンパスと云えば、やっぱり安田講堂の前庭地下の巨大な学食「中央食堂」ですヨ。四十年ぶりのリニューアル工事が今春終わり、パスタ屋が出来たりオムライス屋が入ったりで面目を一新し、学食からカフェみたいな雰囲気に成りましたが、以前と変わらぬ夏の名物と云えば「さらさらトン茶」ですナ。簡単に言えばヒレカツ入りの冷やしお茶漬けで、予め冷ましておいた丼飯に水菜と梅干し・大根下ろしを載せ、冷たい鰹出汁をタップリ掛けたら出来上がり。大・中・小の3サイズで、学生だったら大を頼んでもワンコイン以内なんだから学食ってやっぱ安い!私メみたいな部外者は多少高いですが、ソレでもヒレカツ三枚載せの大で551円だから嬉しいナ。もちろん専門店みたいに味をとやかく言うレベルじゃ無いですが、夏はコレが人気なのが良く判ります




| 2018.08.29 Wednesday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
3218 【お米料理322】ドームを眺めながら「区役所の握り寿司」を・・春日

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

プロ野球の試合やコンサート等のある日は入場を待つ熱心なファンたちで、昼間から雑踏に成る「東京ドーム」前の広場も、ソレが無い日はホント静かですナ。この辺りがバックネット(ホームベース)裏に成ります

 

一日お休みを戴きましたが、今日から更新を再開です。都内が梅雨明けしてから既に一ヶ月半以上、毎年なら残暑の時期に入ってて「暑さはもう少し」と思える筈なのに、スタートが早かった分・・ゴールが遠いネ。

 

ま、暑いのはドウにも成りませんし、講釈師の武器たる「喉の健康」を護る為に、拙宅で冷房を使わぬ様にしてるのは自分で選んだコトだからと我慢してますが、せめて夏の陽射しぐらいは防がなくちゃ成りませんヨ。

 

タダでさえ肌が弱く、塗るタイプの日焼け薬が余り使えないのに、キャップを被っただけで毎日テクテク一万歩ほど歩き廻ってますンで、随分黒く成ってしまい・・コレ以上日焼けしたら「黒羽織」が似合わなく成るゾ!

 

 老朽化した後楽園球場の代わりに、昭和六十三年(1988)に隣接地に建てられたのが「東京ドーム」ですが、そうか・・今年はドーム三十周年か!後楽園球場の跡はホテルや遊園地と成り、その面影は皆無です

 

はてさて一体ドウしましょ。心神の健康維持の為に「歩きに行かない」と云う選択肢を持たぬ私メですンで、やっぱりアレに踏み出すしか有るまい。でも男だてらにアレを使うナンて、流石にチョット恥かしいわいナ!

 

さんざ迷ったのは「日傘」で、女子一同は「絶対に使うべき」と勧めるけれど・・ネ。処が今夏の想像を絶する眩しさに耐え切れず、背に腹を変えられないと覚悟した「日傘男子」が、都内じゃ結構多く歩いてますゼ。

 

良かった、ルビコン川を渡ろうとする仲間が居る!そりゃ未だ少数派ですが、何れは大きな河に成るやも知らず・・てな訳で小雨兼用のを某巨大通販A社で買い求め、ならば早速・・一昨日から差し始めましたヨ。

 

東京ドームの一塁側ゲートの脇にヒッソリ置かれてるのは、二次大戦で戦没したプロ野球選手・七十三人の名を記す「鎮魂の碑」。特攻隊員として敵艦へ突入した選手が二人居たのを、今回初めて知りました

 

「木陰を連れて歩く様に涼しい」と聞いてましたが、流石にソコまで涼しくはなく・・暑さは大して変わらン様な。ですが遮光性の高さがウリなだけ有って、とにかく眩しくなく・・コレなら陽射しを防いでくれるに違いない。

 

使い始めたばかりなのにスッカリ気に入って、黒だけじゃ無くて色違いも欲しいとか考えてますが、他人の行いに余り興味を示さぬ東京なのに、一週前の私メがソウだった様に「奇異な目で見る」方が居るのも事実。

 

ま、寄席芸人なんて口じゃ「大したモンだ」と持て囃されても、腹ン中じゃ「この河原乞食が」と蔑まされるコトが多いンで、この程度じゃ傷つかないけれど、余り楽しくないねぇ。ですが思う「使ってみな。快適だから」。

 

鎮魂の碑やドームから道路一本挟んだお向かいは、日帰りスパを中心としたSC「ラクーア」。ドームシティの遊園地の大観覧車やジェットコースターはこちらに在りますが、噴水から散った飛沫が爽やかです

 

ですが珍妙な格好なのは否めず、いっそ和傘風の日傘が出ないかしらん。そしたら花川戸助六か、白波五人男を気取れるってモンですが。ソレは兎も角テクテクと、今日も今日とて板橋宿の拙宅から都心方向へ。

 

日傘をまだ持って居らず、ビル陰・木陰伝いを極力選んでた頃に良く向かってたドームシティへ。その途中でも何人か日傘男子とスレ違いましたが、少数派だから通じ合う連帯感?つい挨拶しちまうから実にヘン。

 

でもコレってドームに集うジャイアンツファンが、付けてるグッズを見て仲間だと安心する様なモノで、何れ当り前のコトと化したらナンとも思わなく成っちまうンでしょうナ。遅ればせながら、日傘男子にデビューです。

 

ラクーアの裏、メトロ丸の内線の高架の先に聳えるのは特別区の区役所の中で一番背の高い、二十八階建ての文京区役所。その十三階に在る「職員食堂」の窓からはご覧の風景!ドームの右に拡がる森は水戸徳川家・上屋敷の庭園だった「後楽園」で、今でもステキな庭園です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県北佐久郡軽井沢町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「東京ドームシティ周辺のおでかけ観光スポットを改めて取材してきた」SPOT HP
★「Tokyo Dome City」東京ドームHP
★「TOKYO DOME」東京ドームHP
★「東京のど真ん中の遊園地」東京ドームシティアトラクションズHP
★「東京ドーム天然温泉 LaQua」東京ドームHP

★「鎮魂の碑」野球殿堂博物館HP
★「沢村栄治生誕100年 『鎮魂の碑』はなぜ、ファンの目の『遠く』にあるのか」産経ニュースHP
★「『日傘男子デビュー』SNSで報告する人も 猛暑続き、販売2割増の百貨店も」J−CASTニュースHP
★「【検証】ぶっちゃけ日傘って涼しいの? 話題の『日傘男子』になって確かめてみたら、驚きの結果に!」ロケットニュース24HP
★「文京区役所 職員食堂 素敵な景色をトッピングにカレー!」カレーを食べてりゃ毎日が幸せブログ
★「文京区役所職員食堂 東京ドームの見える食堂でこだわりランチを食べる!」ゆかいなお役所ごはん・ジセダイHP
★「月に数回のお楽しみ♪ イベントメニューが充実した文京区職員食堂!」スマイスターMagaZine Biz HP


(関連する記事)
★「893 【お米料理62】牛天神と貧乏神と『中大学食』」

★「1012 【呑みモン31】将軍家の女たちと『ヨーグルッペ』・・傳通院」
★「1318 【スイーツ74】一葉終焉の地で『アップルパイ』を‥本郷」

★「1976 【麺類色々156】古書街で『立食い十割そば』を・・神保町」
★「2020 【やきそば216】ペヤング復活の日と復活した遊園地・・後楽園」

★「2213 【やきそば233】青空の東京ドームで『神座の焼きそば』を」

★「2379 【名物パン276】東京ドームのイルミネーションと『プレミアムマンハッタン』」

★「2584 【麺類色々217】盛夏の東京ドームと『肉野菜どっさりそば』・・春日」
★「2572 【団子饅頭83】キツネの修行僧と『小石川岡埜栄泉の豆大福』・・傳通院」

★「2850 【お肉料理102】貧乏の女神とお局様と『中大鉄板ランチ』・・春日」

★「2869 【呑みモン75】ジャイアニズムの破綻と『平兵衛酢ドリンク』・・東京ドーム」

★「2945 【やきそば325】秋晴れの後楽園と『馬券場の焼きそば』・・小石川」

★「2953 【麺類色々264】秋の古書店街で『神保町二郎の小豚』を」
★「3032 【麺類色々280】ナゾの巨大地球儀と『こくわがたのすさだい』・・本郷」

★「3058 【お米料理302】東京ドームのイルミネーションと『牛テールカレー』」

★「3096 【お米料理307】播磨坂の桜と『死んだ筈だよ、牛太の牛丼』・・茗荷谷」
★「3166 【麺類色々301】千年以上不遇だったアジサイと『ボストン帰りの二郎系』・・白山」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(まだ初心者ですが、もっと早く『日傘男子』に成ってりゃ良かったかも)

文京区民でも区役所の職員でも無いけれど、誰でも使えるのが職員食堂で、面白い事にココは通常メニューの他、月に何回か「イベント」と称するスペシャルメニューが有ったりするンですヨ。と云っても偶々今回がソレだったンで知ったンですが、この日のソレは「握り寿司1.5人前」。普段の食堂のおばちゃん達じゃ無く、ちゃんとした職人さんが来て握って呉れる本格派で、お値段は僅か690円!利益なしのご奉仕プライスの様ですが、ドームを眺めながら握りを抓むって楽しいです




| 2018.08.16 Thursday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
3202 【保存食品77】盛夏のカテドラルと「セロリーの粕漬」・・関口台

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

メトロ江戸川橋駅から護国寺へ延びる「音羽通り」沿いは、東側の小日向台へも西側の関口台へも急坂が立ち塞がり、眺めるだけでため息が。コチラは森鴎外センセの短編小説の舞台に成った「鼠坂」です

 

灼熱の続く都内を毎日テクテクと、中山道・板橋平尾宿の拙宅から歩き出してる私メです。一昨日は都内でも三十九℃に達し、流石にコレにゃ弱音を上げたく成りましたが、今日辺りから暑さが少し治まるンだとか。

 

猛暑日から真夏日に変わるだけですが、気分はエライ違いで「コレで助かった」。尤もソレは東日本だけの様で、西の方々に申し訳なく思いますが・・コッチは梅雨明けが早かった分だけ、暑い日が長かったンだから。

 

何れにしろ平成最後にして最強の夏は当分続く訳で、去年までの心神だったら絶対破裂してた筈。ソウ考えると不幸中の幸いですが、余り芳しからぬ体調を騙し騙しでも・・ナンとか休まずに歩き続けたいですネ。

 

音羽通りの東側の高台で目立つのは、戦後の総理大臣・鳩山一郎氏の邸宅を公開している「鳩山会館」。政界じゃ「音羽御殿」として知られてた様ですが、明治二十四年(1891)に建てられた堂々たる洋館です

 

メタボ予備軍だった発病前と違い、今は随分スリムな身体に成ったモンだから、真夏日はもちろん猛暑日だって恐るに足らず。財布に手帳にタオルとスマホをバッグに入れ、たっぷりの水と帽子を持ってイザ参らン。

 

アスファルトだらけの都内で恐いのは照り返しで、ソレから免れたいと路面が熱しされ過ぎぬお昼前に、ビル陰・並木伝いに出掛けてますが、猛暑日と熱帯夜がコレだけ続きますと・・朝っぱらから激しい照り返しが!

 

せめて夜の内に一雨あれば路面温度が下がるンでしょうが、都内は梅雨明け以来・・殆ど降って無い様な。その割に湿度が下がらンから腹が立ちますが、自然に逆らったって始まらぬ。コッチにゃ対策が有らぁナ。

 

音羽通りの西側の関口台で一番目立つのは、日本のカトリックの総本山「東京カテドラル聖マリア大聖堂(関口教会)」ですナ。今でも奇抜な建物ですが、建ったのが昭和三十九年(1964)だと云うから驚きます

 

つまり涼しいトコへ行こう!てな訳で、御用の有る時は当然別ですが‥ソレ以外の暇な日は拙宅から近い大繁華街・池袋へ参り、西武・東武の両超巨大デパートやサンシャインシティの中をぶらぶらウォーキング。

 

或いは雑司ヶ谷界隈に多い木立の中をテクテク歩き、成るほど舗装して無い砂利道や石畳は照り返しが少ないと実感してますし、体調が良ければもう少し遠乗りし、目白台や関口台に点在する大名庭園巡りなど。

 

拙宅から片道ちょうど五km。普段ならもっと行ける距離ですが、猛暑の続いてる間は自重自重。我が古巣の椿山荘さんで寛ぐか、或いはカテドラルでお祈りがてらノンビリさせて貰おうか。タップリ休憩しませんと。

 

大聖堂の中は基本的に撮影禁止なモンで、何年か前に偶々その許可を戴けた時の画像の再掲で御勘弁を。堂内の吹き抜けの高さは約四十m、十階建てのビルに相当しますンで・・冬は暖たか夏は涼しげです

 

今回はカテドラルへ。私ぁ根本的な部分で耶蘇と相容れないンで信者には成れませんが、ココは実に気分の良い場所だから時折お説教を聞きに行ったり、ご自慢のパイプオルガンのコンサートを聴きに行ってます。

 

ですがミサ等をしてない時は殆ど誰も居らず、カトリック最大の聖堂で佇むのは我一人。冷房や暖房の設備自体が無いのに、極めて神聖なトコだからか?或いは吹き抜けが高いからか?涼しく感じるンですヨ。

 

自然と告解したく成り、マリア様に御挨拶と御詫びと御願いを真摯にした後は、木のベンチで暫くクールダウン。ショックな事が多くて心神は依然落ち着きませんが、多少は涼しく成るらしいから・・頑張りませんと。

 

カテドラルから椿山荘さんを通り抜け、神田川沿いの「江戸川公園」の木立の中へ。ココの多くはソメイヨシノだから真っ白に染まる春もステキですが、殆ど誰も居ない深緑の昼下がりの静けさもホント良いです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都渋谷区渋谷西口」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「目白台周辺の歴史」目白台に住みたいHP

★「文京区音羽について」文京組版HP
★「文京区音羽から世界へ発信!」護国寺ナビHP
★「文京区の坂 鼠坂
(ねずみざか)」東京23区の坂道HP
★「HATOYAMA HALL」鳩山会館HP
★「鳩山会館
(旧鳩山一郎邸)」日本のすばらしい建築物ブログ
★「St.Mary’s Cathedral」カトリック東京カテドラル関口教会HP

★「これが教会!? 丹下健三建築の代表作『東京カテドラル聖マリア大聖堂』」キナリノHP
★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP

★「江戸川公園」文京区役所HP
★「佐久の味処 丸二食品」佐久商工会議所HP
★「信州ふーどレシピセロリ
(セルリー)の粕漬け」長野県庁 おいしい信州ふーどネットHP
★「セロリをもっと食べるべき9つの理由」みんな健康HP


(関連する記事)
★「428 【五色不動03】目白不動は空襲に遭った」

★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」

★「2118 【やきそば223】神田上水の桜と『ニラ焼きそば』・・関口台」
★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」
★「2300 【名物パン263】東京カテドラルと『元祖バゲットサンド』・・関口台」
★「2421 【今川焼き35】梅と桜とカテドラルと『天然鯛焼き』と・・関口台」
★「2469 【お米料理220】神田川の桜と『前ぬき明太マシ』・・江戸川橋」

★「2508 【お肉料理90】めでたし海の星と『ケイジャンチキン』・・関口台」
★「2559 【団子饅頭80】梅雨明け間近の関口台で『豆餅』を」

★「2623 【スイーツ216】東京で一番急な坂と『とうふゼリー』・・目白台」

★「2649 【お米料理243】日本女子大の学食で『唐揚げ南蛮丼』を・・目白台」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台」

★「2775 【名物パン322】満開の早咲き桜と『クロワッサンブレッド』・・音羽」

★「2782 【お米料理261】神田川の桜と『前ベス・マシ弁当』・・江戸川橋」

★「2849 【団子饅頭107】大都会を舞うホタルと『ほたる餅』・・関口台」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」

★「3093 【お米料理305】満開の神田川の桜と『白いカレー』・・江戸川橋」

★「3147 【保存食品76】初夏の花咲く庭園で『お殿様の辛子蓮根』を・・関口台」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(カテドラルのオルガンコンサートは、八月は暑いンで・・お休みです)

音羽や関口台に全く関係ございませんが、先日行った信州で買って参りました「セロリの粕漬」をご紹介。セロリは生で食べても美味しいですが、スープにしてもイイし炒めて食べるともぅ抜群!各種栄養や食物繊維が多いのにカロリーが低く、しかも気分を落ち着かせる効果の強いスーパー野菜。暑い時期は信州産が旬を迎えてますが、その信州じゃセロリを漬け物にして食べますゼ。今回は佐久市の丸二食品さんの粕漬を買ってみましたが、セロリのえぐみが全く消えててコリャ珍妙!なのにシャキシャキ感は健在で、おかずより冷酒のつまみに向いてます




| 2018.07.25 Wednesday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
3166 【麺類色々301】千年以上不遇だったアジサイと「ボストン帰りの二郎系」・・白山

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

東京にゃ一体幾つの「東大」が在るか判りませんが、「文京区白山の東大」と云えば明治二十年(1887)創立の名門「東洋大学」のコトですナ。「本郷の東大」こと東京大学や、東洋学園大学も近くに在りますが

 

二日間お休みを頂戴しましたが、梅雨時の都内をシレっとして歩き廻る私メです。毎日歩く者にゃ暑さ・寒さより雨降りの方がキツイですが、別に毎日降る訳じゃ無いし、来月半ばには空ける筈だから我慢しましょ。

 

さて「春はあけぼの」で知られる枕草子と云えば、宮中に仕えた清少納言女史がほぼ一千年前に記したモノで、世界最古のエッセイと評されてますナ。女史が見聞きした森羅万象について、軽妙に綴られてます。

 

私ぁ高校生ン頃に「古文の入門」として読みましたが、宮中の噂話や驚いた出来事と共に季節の風物詩が様々ネタにされ、ソレが現代に通じるトコが多々有るンで・・女史の感性・筆力・知力にゃ恐れ入るばかり。

 

坂上の旧中山道と坂下の白山通りを結ぶ「薬師坂」沿いは、この界隈じゃ一番賑やかなトコですが・・やっぱアジサイが植えられてますナ。日本古来のガクアジサイなのは判るけど、ナンと云う種類かしらん?

 

草花が余程お好きだったと見えて、全編を通じて沢山のソレが根多にされてますが、不思議と出て来ないのが梅雨を代表する花・アジサイ。日本が原産で、古墳時代には有ったらしいンで女史が知らぬ筈が無い。

 

処が同時期の紫式部女史の「源氏物語」にも出ないンで、要するに平安の女流作家にゃ取り上げる価値無しと看做されてたのネ。何しろ美しい花じゃ無く、縁起の悪いモノとして扱われるのが当然だった様ナンで。

 

梅雨の鬱とおしい時に紫の花を咲かせるのが薄気味悪いし、彼岸花と同じくジメジメした墓場に良く咲いてたンで幽霊花扱い。また葉っぱは少し乾かして便所紙として使われてたンで、下の下の下の花でしか無い。

 

白山と云う地名の元と成ったのは、薬師坂の近くに鎮座なされる「白山神社」サマ。天暦二年(948)創建の古社で、五代将軍・徳川綱吉公に深い崇拝されたとか。東京十社(東京の神社トップ10)のお一つですナ

 

アジサイの不遇はまだ続きますヨ。貴族の世から武士の時代と変わったら、違う理由で嫌がられたとか。雨が降っただけで色が変わるンで「七変化」と称されますが、ソレ即ち「変り易い心=不忠義」に繋がるから。

 

アジサイの色が変わるのは、「花の老化」と「土壌のph値」次第だとか。前者はさて置き、後者は雨の多い日本だから仕方ないでしょ。雨って基本的に酸性だから、ソレが多く降る梅雨時の土砂はphが強まる一方。

 

だもんで赤いアジサイは次第に青紫に成り、青いのは赤紫に変わっちまう訳ですが、科学的分析なんか出来ない昔だから仕方なく、しかも有毒植物だったりしますンで、怪しげな花・不浄なモノとして扱っておこう。

 

白山神社サマは「東京随一のアジサイの名所」とされてますンで、定めし歴史が有るかと思いきや・・昭和五十年(1975)に最初の株を植えたンだとか!今年は花の咲きが早く、昨日の段階じゃ盛りを越してました

 

長い間の思い込みって恐ろしい!ソレに捉われぬ外国人、例えば幕末に渡日した医師・シーボルトさんは美しいと絶賛してますし、中国経由で伝来した欧州じゃ盛んに改良されますが、日本じゃ戦前までそのまま。

 

鎌倉の明月院サンが戦後まもなく境内に沢山植え、日本人の美意識の変化によって再発見されたのが、梅雨を代表する花として全国で愛される様に成ったアジサイの実際。コレを知って今更ながら驚き入りますヨ。

 

千年以上も幽霊花扱いしてたのに、急に持ち上げやがって!お前ぇ達の方がよほど「変り易い心」だろうと、アジサイが怒っちゃ居るまいか?梅雨の変り易い天気で健気に咲く彼らに、心中で謝ってみた私メです。

 

今「変り易い心」が一番心配なのは、昨日シンガポールで米朝会談を行ったばかりの北朝鮮。果たして本気で核兵器の廃絶の約束を守るのか?アメリカも三度目の正直で、流石にもう騙されないだろうから、対応次第で全面攻撃に成りかねンのが不安ですナ。数年前まで白山下の交差点のソバに、朝鮮総連の東京都本部ビルが建ってましたが、すったもんだの末に借金の肩に取り上げられ、跡地は公売に掛けられましたが・・一等地なのに怪しげだからと買い手が付かなかった様で、漸く建ったのが高級留学生寮。外国人は思い込みに捉われぬ様です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「福岡県北九州市小倉北区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「山の手屈指の閑静な住宅街エリア」小石川ネットHP
★「白山散策」小石川・後楽園・本郷・散歩ガイド・ブログ
★「Who is the next one?」東洋大学HP
★「白山神社/東京都文京区」御朱印・神社メモHP
★「文京あじさいまつり」文京区役所HP

★「文京あじさいまつり」佳景探訪HP
★「白山神社のあじさい祭り 日本で最も美しい紫陽花の名所!!」旬の話題ブログ

★「紫陽花の色が変化する理由!●●を持たないと素敵なアノ色に!」あいねっとHP
★「【あじさいには毒がある?】あじさいに隠された5つの秘密」ZEKKEI Japan HP

★「紫陽花の歴史 くすぶってた時代から人気者になるまで」はな物語HP
★「讃岐徒然散歩 1069 ガクアジサイ2」kagawatakaakiのブログ
★「『あじさい』の季節になりました」同志社女子大学HP
★「ラーメン荘 夢を語れ 東京」啤二ブログ
★「ラーメン荘夢を語れ東京@白山〜ボストン暖簾分け逆輸入凱旋店!」新喜劇らーめん食べ歩き2018ブログ


(関連する記事)

★「236 【東京十社02】白山神社で紫陽花を」
★「427 【五色不動02】仕立屋銀次と目赤不動」
★「471 【スイーツ19】吉祥寺は武蔵野市ではなく、文京区なのである」

★「1318 【スイーツ74】一葉終焉の地で『アップルパイ』を‥本郷」
★「1690 【お米料理117】弥生時代のはじまりと『弥生丼』・・本郷」

★「1787 【調味料類22】あじさいと『キムチマヨネーズ』・・白山」

★「2179 【スイーツ162】本当の吉祥寺と『不思議なシベリア』・・本駒込」

★「2182 【お米料理176】革命家と紫陽花と『チキンケバブ丼』・・白山」
★「2355 【お米料理206】黄金色の東大農学部で『カツたま丼』を・・弥生
★「2529 【スナック66】アジサイと八百屋お七と『ホッコメ』と・・白山」
★「2560 【スイーツ203】お殿様が分譲した文教地区と『虎焼』・・西片」
★「2848 【スナック78】紫陽花だらけの街で北陸名物『「ビーバー』を・・白山」

★「2979 【麺類色々270】黄金色の最高学府で『東大生の二郎系』を・・本郷」
★「3003 【呑みモン80】錦秋と目赤不動と『蒸し生姜湯』・・本駒込」
★「3096 【お米料理307】播磨坂の桜と『死んだ筈だよ、牛太の牛丼』・・茗荷谷」
★「3130 【麺類色々296】新緑の東大で『みどり虫ラーメン』を・・本郷」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(『紫陽花』とはライラックの事で、どうやらアジサイじゃ無い様ですネ)

全国各地にその地域に根ざした「地ラーメン」みたいなモノが有りますが、コレも一種のソレなのかナ?東京・三田の慶応義塾の前に本店の在る「ラーメン二郎」。ひたすら塩っばくて脂っぽく、そして量の多いトコで私ぁ昔から時々本店へ参って居りますが、その暖簾分けやら元二郎やらインスパイヤ系だの、都内はほんとアチコチにソレが在って‥拙宅の近くにも一軒在りますネ。白山神社の下にも在ると云うンで、もう少し体重を増やしたいと行って参りましたが・・コレがまた些かヤヤコシイお店。二郎本店から暖簾分けされたモノの、その内に意見が合わなく成った様で名前を変えた「富士丸ラーメン(旧赤羽二郎)」から暖簾分けされ、京都に出来た「ラーメン荘 夢を語れ(この時点で既にインスバイアですナ)」から暖簾分けされ、アメリカ東海岸のボストンに出来た「Yume Wo Katare」から暖簾分けされ、何年か前に白山に出店した「Yume Wo Katare Tokyo」さん。二郎や富士丸のある都内にゃ逆輸入と云う形に成る様ですが、向こうで大受けだったと云うアメリカ式二郎インスパイアってどんなモンだろうと頼んでみましたが・・ま、ナンて事ない美味しい二郎ですナ。量は一つしか無かったですが、本店や富士丸さんに比べれば遥かに大人しく、隣に座った学生たちが苦戦してるのを尻目にアッサリ食べきって参りましたが、ドウして太れないンでしょうか




| 2018.06.13 Wednesday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
3147 【保存食品76】初夏の花咲く庭園で「お殿様の辛子蓮根」を・・関口台

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

二月前はソメイヨシノで辺り一面が真っ白だった神田川沿いの「江戸川公園」も、穏やかな新緑に包まれて・・まるで別の場所みたい。花の時期と違って訪れる人も少なく、木陰に佇めば都内と思えぬ静けさです

 

拙宅の在る中山道・板橋平尾宿から、初夏の都内をテクテク歩き廻る私メです。拙ブログ旅日記は実際に訪ねてから記事化するまでに、数日から数週間ほど掛かっちまうのが専らですが、今回はナント昨日の訪問。

 

と云っても特別じゃ無く、長旅だった九州から帰京して早々に参ったモノの、ナカナカ記事化できずに時機を逸し掛け、ソレじゃ勿体ないと昨日改めて「変わってるかしらん」と行って来ただけのコト。鮮度の更新ネ。

 

江戸川公園の西隣りの「椿山荘」さんは、婚礼MCをしてた頃の私メの古巣だったりしますンでエラク親しみ深く、関口台界隈を歩く時は必ず立ち寄ってますナ。立派な庭園じゃアジサイが早くも咲き出してました

 

ソコは時折ご案内してる文京区関口台。JR目白駅から真東へ延びた神田川沿いの高台で、川との間の高低差が結構あるバッケ(崖地)を巧みに生かした大名屋敷の庭園が幾つも並び、季節を愛でるに良い辺り。

 

城北じゃ名代の高級住宅地ですが、椿山荘さんや東京カテドラルへ良く参るモノだから寄席芸人風情でも遠慮せぬ様に成り、むしろ気取らぬ高級感が城北らしくて心地イイと、雑司ヶ谷を通って片道五kmを度々に。

 

椿山荘から川沿いに更に西へ行けば、肥後熊本五十四万石の主・細川家の下屋敷だった「肥後細川庭園」が。昨年春の改称から暫く経って、スッカリこの名が定着しましたナ。池畔の若葉が目に眩しいですヨ

 

寛解から二ヶ月半経ち、「リハビリ」と称して無茶してる所為か?少しずつフツーに戻って来てますが、逆にドウしても止められないのが毎日テクテク歩くコト。三年半も続けたモンだから、最早ソレが当り前の状態。

 

ならば「頻度を下げる」「距離を減らす」のドチラかしか無く、後者の方が与し易しと抑え気味にしてる心算ですが・・何しろ足腰が筋肉化して出来上がっちまったモノだから、気分や天気が良いと度を過ごしちまう。

 

改称前からソウでしたが、肥後細川庭園に成ってから「熊本っぽさ」を強めに出そうとしてる感が・・ココは東京なのに!初夏の園内は熊本特産の「肥後花菖蒲」が多く植えられ、コレから見頃を迎える様です

 

歩くの自体は少しも悪いコトじゃ無く、健康面を考えるとむしろ良いンですが、一種の強迫観念に成ってるから考えモノ。ですが歩く度に珍しいモンやキレイな風景を発見し、まだ万全ならぬ心神を励ましてる様な。

 

椿山荘まで往復すると、以前なら一日の目安にしてたちょうど十km。昨日はもう少し遠出しちゃいましたが、コレからはココを限界にした方が良いンでしょうネ。上手い具合に自分を抑える、厳しい戦いが続きますヨ。

 

庭園や公園の木陰で涼風に吹かれてノンビリするのも楽しいですが、関口台界隈で一番心地良いのは‥日本最大のカトリック教会「東京カテドラル聖マリア大聖堂」なのかも。平日お昼の聖堂内はほぼ無人で空気が妙に清らかナンで、クリスチャンじゃ無い私メもマリア様に真摯に祈りを捧げてしまいますヨ。問題は冷房設備の無いコト・・ま、屋根が異様に高いデザインなんで今はまだ暑さを感じなくて済みますが

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都渋谷区神宮神園町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「目白台周辺の歴史」目白台に住みたいHP

★「新緑の江戸川公園」猫の目スチル・ブログ
★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP

★「紫陽花 『椿山荘編』」Alles ist vereganglichブログ

★「見ごろは5月末から6月上旬!ホテル椿山荘東京のホタル観賞、その魅力と秘密をインタビューしてきました」るるぶ.com HP
★「肥後細川庭園」公園財団HP
★「肥後細川庭園
(新江戸川公園)に行ってきた!見どころ・アクセスを紹介」護国寺ナビHP
★「花びらが大きな肥後の花菖蒲と、ガクアジサイが同時に楽しめる庭園
(文京区、肥後細川庭園)」旅プラスの日記ブログ
★「系統別 肥後花菖蒲」加茂花菖蒲園HP
★「St.Mary’s Cathedral」カトリック東京カテドラル関口教会HP
★「【最初は薬だった!?】病弱だった熊本藩主・細川忠利のために作られた辛子蓮根」歴人マガジンHP
★「熊本名物『辛子蓮根』!基本の作り方とおいしい食べ方まとめ♪」macaroni HP


(関連する記事)

★「428 【五色不動03】目白不動は空襲に遭った」

★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」

★「2118 【やきそば223】神田上水の桜と『ニラ焼きそば』・・関口台」
★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」
★「2300 【名物パン263】東京カテドラルと『元祖バゲットサンド』・・関口台」
★「2421 【今川焼き35】梅と桜とカテドラルと『天然鯛焼き』と・・関口台」
★「2469 【お米料理220】神田川の桜と『前ぬき明太マシ』・・江戸川橋」

★「2508 【お肉料理90】めでたし海の星と『ケイジャンチキン』・・関口台」
★「2559 【団子饅頭80】梅雨明け間近の関口台で『豆餅』を」

★「2623 【スイーツ216】東京で一番急な坂と『とうふゼリー』・・目白台」

★「2649 【お米料理243】日本女子大の学食で『唐揚げ南蛮丼』を・・目白台」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台」

★「2782 【お米料理261】神田川の桜と『前ベス・マシ弁当』・・江戸川橋」

★「2849 【団子饅頭107】大都会を舞うホタルと『ほたる餅』・・関口台」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」

★「3093 【お米料理305】満開の神田川の桜と『白いカレー』・・江戸川橋」
★「3144 【揚げモン77】震災の痕跡・・『サラダちくわ』と負けんばい熊本!」
★「3145 【保存食品75】二十年掛けて直す熊本城と『高菜の新漬け』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(椿山荘は既にホタルが飛んでる様で、今年も見に参りたいモノです)

熊本を先日旅した時の自分用お土産の一つですが、肥後細川庭園に因んで「辛子蓮根」を。私ぁ子供の頃から時々コレを食べてましたが、今更ながら初めて知ったのは「辛子蓮根は細川のお殿様の為に作られたモノだった」こと。初代藩主・忠利公は幼いころ大変な病弱で、食の進まぬのを心配したり料理番が滋養溢れる蓮根を食べさせたいと考え、食欲が湧く様に麦味噌と辛子の混ぜたモノを穴に詰め、見た目がキレイな様に卵黄をまぶして揚げたのが始まりで、幕末まで門外不出のお殿様専用の料理だったとか。明治維新後に庶民も食べられる様に成ってますが、肥後細川庭園が熊本藩の下屋敷とされたのは江戸の半ば過ぎ。よって忠利公はココにお出でに成ってませんが、後の殿さま達は花や若葉・月や紅葉を愛でる時にお召し上がりに成ったかも知れませんネ。まさかそんな歴史が有ったとは・・美味しい驚きです




| 2018.05.23 Wednesday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
3130 【麺類色々296】新緑の東大で「みどり虫ラーメン」を・・本郷

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

東大に沢山ある通用門の一つなのに、「赤門(旧加賀屋敷御守殿門)」は正門よりも遥かに有名ですナ。尤もこの時期は門の両側に聳えるスダジイの大木の新緑が鮮やかで、門の色が完全に飲み込まれてます

 

GWだと云うのに余り遠出せず、普段と変わらず都内をテクテク歩き廻る私メです。体調も大分良くなって来ましたンで、ツーリングで軽井沢辺りへ参りたいと思ってましたが、ソコまでは流石に復して無い様ですナ。

 

ま、リハビリに努めてれば何れ参れる身体に戻りましょうから、混んでる時に混んでるトコにゃ行かない方が正解でぇと強がってますが、都内も繁華街や観光地は混雑してますンで、なるべくソレを避けてブラブラと。

 

東大・本郷キャンバスの名物と云えば、正門から安田講堂まで真っすぐ続くイチョウ並木!明治三十八年(1905)に植えられた古木が殆どで、その全てが黄金色に輝く晩秋も見事ですが・・新緑も宜しいですナ

 

都内でこの時期空いてるトコと云えば、ビジネス街と問屋街と大学な訳ですが、前二者にゃ余り馴染みが無いンでパスをして、向かいましたのは都内に百三十七校もある大学の頂点「東京大学・本郷キャンバス」。

 

勿論ココのOBじゃ有りませんが(だって講釈師だもの)、ここ十年訪ねた覚えのない母校と違って参る頻度がずっと高いンで、エラク親しく感じる日本の最高学府。何しろ拙宅前から一度も曲がらずに行けちまうし。

 

本郷キャンバスの主と云えば、ココが加賀藩・前田家の上屋敷だった頃から植わってる「工学部1号館前の大イチョウ」。二百年以上の樹齢を誇る大木で、広々とした木陰で暫くノンビリ・・風がホント爽やかです

 

JR板橋駅ソバの拙宅前にゃ「旧中山道」が通ってますが、ソコは日本橋から京都へ向かってジャスト二里(約八km)の地点。つまり二つ目の一里塚の近くに長らく住まいしてますが、一つ目の在ったのが東大前。

 

だもんで真っすぐ歩けば良いンですが、途中に「巣鴨地蔵通り」と云う観光地が在るのがチト難点。連休中は馬鹿みたいに毎日混みますンで、仕方ないからソコだけ迂回して・・ご遠方からようこそいらっしゃいませ。

 

建物のシンボルはご存知「安田講堂」ですが、普段はその前の広場に溢れてる学生たちがGWだから殆ど居らず、ご近所さん達が南北一対の大クスノキの下でノンビリ寛いでますナ。コレも大変な樹齢の筈です

 

コチとら近所だからソコを避ける道なんて幾らも知ってるンで、近寄らない様にしてテクテク歩いて東大へ。誰が数えたか知らないけれど、構内にゃ三千八百四十一本もの樹木が植えられてて、まるで植物園状態。

 

真冬以外はいつ来ても心地よいトコですが、学生が居ないンで・・ホント静か。軽井沢も新緑が眩しいでしょうが、東京にもこんな巨大な森が在りますヨ。木陰に座って薫風に吹かれ、ノンビリ過ごすのも楽しいです。

 

拙宅のすぐ裏は加賀藩・前田家の下屋敷(=別荘)跡ですが、東大の在るのは上屋敷(=本邸)跡だから昔は豪奢なモノだったらしく、殿様の寛ぎの為にと造営された庭「育徳園」の一部が残ってますヨ。中でも三四郎池の別名で知られてる心字池の周りの新緑が鮮やかで、紅葉の時期もキレイなトコですが・・コッチの方が目や心神に優しく感じられます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都千代田区九段上」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP
★「本郷界隈、気ままな街散歩・・」ワイズクリエイトHP
★「THE UNIVERSITY OF TOKYO」東京大学HP

★「学生が作る東大HP」東京大学UT−Life HP

★「東京大学。 日本最初の大学として本郷に。」 ワイズクリエイトHP

★「東京大学・本郷地区キャンバスは、自由に入れる贅沢観光スポット」Travel.jp HP

★「5月の東大構内:工学部内を通り抜けて東大弥生門へ PART1」緑には、東京しかないブログ
★「東大農学部と赤門のスダシイ」出会った巨樹ブログ
★「東京大学本郷キャンバス イチョウ並木散歩」ボクたちブログ。

★「東京大学のシンボル『銀杏』、イチョウについて考える」東大新報HP

★「東京大学工学部本郷キャンバス1号館前広場の大銀杏」地球の覗き方ブログ

★「楠の木陰で涼む」ワイズオフィスHP
★「5月の東大構内:新緑に覆われた三四郎池
(育徳園心字池) PART1」緑には、東京しかないブログ
★「加賀藩江戸屋敷と東京大学」東京木材問屋協同組合HP
★「人と地球を健康にする」ユーグレナHP
★「栄養素は全59種類!ミドリムシの3つの効果・効能」ミドリムシファミリーHP
★「東大生御用達のミドリムシラーメンを食べてきた」奇食の館HP


(関連する記事)
★「1180 【名物パン94】日本初の『甘食』?と東京大学‥本郷」
★「1318 【スイーツ74】一葉終焉の地で『アップルパイ』を‥本郷」
★「1555 【麺類色々107】東大で『赤門ラーメン』を食おう!‥本郷」
★「1556 【スイーツ93】小春日和の根津で『アイス最中』」
★「1690 【お米料理117】弥生時代のはじまりと『弥生丼』・・本郷」
★「2180 【名物パン248】新緑の東大と『頭脳パン』・・本郷」
★「2316 【やきそば247】秋の三四郎池と『こころの焼きそば』・・本郷」
★「2355 【お米料理206】黄金色の東大農学部で『カツたま丼』を・・弥生
★「2360 【麺類色々203】黄金色の東大の御神木と『赤門ラーメン』・・本郷」
★「2498 【やきそば264】新緑の東大と『ペペロンチーノ塩焼きそば』・・本郷」
★「2548 【スイーツ201】赤門を眺めて思う参院選と『大學最中』・・本郷」
★「2560 【スイーツ203】お殿様が分譲した文教地区と『虎焼』・・西片」
★「2676 【お米料理248】黄金色の東大で『中央カレー』を・・本郷」
★「2979 【麺類色々270】黄金色の最高学府で『東大生の二郎系』を・・本郷」
★「3003 【呑みモン80】錦秋と目赤不動と『蒸し生姜湯』・・本駒込」
★「3032 【麺類色々280】ナゾの巨大地球儀と『こくわがたのすさだい』・・本郷」

★「3019 【粉なモン41】新春の巣鴨地蔵通りで『和風パンケーキ』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(東大に桜は殆ど無いですが、イチョウならウジャウジャと在りますヨ
)

東大生協で数年前から「東大特産」と銘打たれて盛んに売られてるのは、学内の研究から事業化した「ミドリムシ」を使った健康食品やらお菓子類ですが、名前は虫でも昆虫じゃ無く・・ミクロン程度の大きさの微生物なのがミドリムシ。生物と植物の両方の良さを持ったモノらしく、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・不飽和脂肪酸など、実に五十九種類も栄養素を備えていて、人が生きるのに必要な栄養素の大半を含んでいるンだとか。ソレを七億匹も使ったモーレツな「みどりラーメン」を、赤門近くの「山手ラーメン本郷安庵」と云うトコで出してますンで、新緑を眺めたついでに食べてみる事に。豚骨塩ベースのタンメンに振りかけられた緑の粉がミドリムシで、汁を全部飲まないと七億匹を吸収出来ないとのコト。抹茶みたいな味なのを覚悟して飲んでみれば、あれ?少しも青臭くない。普段は塩分過多になるのを恐れて汁を残す私メですが、今回は飲み干したからこそ健康に成る・・実に不思議な気分でした




| 2018.05.02 Wednesday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
3096 【お米料理307】播磨坂の桜と「死んだ筈だよ、牛太の牛丼」・・茗荷谷

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

茗荷谷には「お茶の水女子」「筑波」「拓殖」「跡見学園」と大学が四つも在り、各キャンバスで桜が盛大に咲いてますが、その中で一番見事なのが「跡見の桜」。但しココは女子大ナンでコレ以上近寄れません

 

今ちょうど絶頂を迎えた桜を求め、花を愛でながらアチコチを歩き廻る私メです。叶うコトならば都内全ての名所を見たいンですが、今更ながら東京ってホント広い!ソレが多過ぎてとてもとても廻りきれませんヨ。

 

今春も拙宅の在る中山道板橋宿から行き易い、城北エリアを中心に桜遍路しましょと計画を立てたモノの、何しろ相手は自然の為す業だからソウソウ問屋が上手く卸して呉れず、良くも悪くも悲鳴を上げてますネ。

 

だもんで昨日の芝公園の様に他所へも参りますが、ソメイヨシノの生まれた染井村の在るのは我らが城北!城北良いトコ一度はお出で、花が良ければ姐ちゃんもキレイだ!毎年楽しみにしてるトコが多いですナ。

 

茗荷谷駅前の広場の桜の木の下には、前衛的なユニコーンの彫像が置かれてますヨ。これは文京区と姉妹都市に成ってるドイツのカイザースラウテルン市から贈られたモノでして、「偉大な力」を象徴してるとか

 

てな訳で文京区の西部、小石川のメトロ茗荷谷駅前まで参りましたヨ。拙宅からちょうど四kmと手頃な距離ナンで、私ぁ初中後ブラブラ歩いて来てますが・・ココには「播磨坂」と云う名前の桜咲く坂道が在りますゼ。

 

処がタダの坂道じゃ無く、首都・東京を支える大動脈道路の一つ「環状三号線」!毎年触れてますが、八本の環状道路が計画された中で環三と環四以外は既に完成したり、ほぼ完成した状態で車が走ってますネ。

 

なのに環三も環四も文京区内がブツ切り状態で、共に円周の西側と東側だけが出来てる状態。ソレが長らく続いてましたンで、この両線は繋がらないモンだと私ぁ思ってましたヨ。処がオリンピックと云う神風が!

 

カイザースラウテルン広場の先は、昭和五十三年(1978)まで「東京教育大学」が在ったトコ。現在は筑波大に改組されてますが、ココは東京キャンバスとして使われてますヨ・・桜の下で花大根が目立ってます

 

例えば環四は繋がって無かった「外苑西通り」と「不忍通り」を結ぶ為、目白台をトンネルでブチ抜く工事が始まってますし、新宿の富久町辺りの道路新設もドンドン進行中。車線の狭い区間もコレから拡げるとか。

 

勿論あと数年は掛かるでしょうが、ソレでも環四は近い内にほぼ全通と言える様な格好に成り、都内の渋滞緩和がまた進みそう。一方、その内側の環三も死んだ筈だよお富さんで、ドウやら計画は生きてたらしい。

 

エラク長いコト掛かってた牛込界隈の立ち退きが漸く終り、コレまでの二車線を四車線にする工事をしてますネ。完成すれば早稲田から芝公園までスイスイ走れる様に成って、私ぁ麻布まで楽に買い物に行けるヨ

 

本来は片側三車線道路の「環三・播磨坂」ですが、前後の区間が出来そうも無いンで、昭和三十五年(1954)に中央分離帯に桜を植え、遂には車線を削って分離帯を歩道にした、全国でも稀な面白い道です

 

処が「外苑東通り」と「言問通り」の間の繋がって無いトコ・・文京区内の予定地は、揃いも揃って落ち着いた高級住宅地ばかり。しかも山坂だらけの地形で、設計図に定規で線を引くのと違って容易なコトじゃ無い!

 

ですが環四がほぼ完成したら、都建設局はオリンピックとは関係なしにココに全力注入しそうな予感が。恐らくはトンネルを多用して、強引に播磨坂に繋げて来る様な・・基本的には大賛成。早く道を繋げてお呉れ。

 

でもソウ成ったら・・今みたいに呑気な花見は出来なく成っちまう筈。尤もその頃には電気自動車が主流に成ってましょうから、取り敢えず騒がしくは無さそうですが。待ち遠しい様な少し困る様な、複雑な気分です。

 

私メが播磨坂へ参る様に成った二十年ほど前は、満開な時でも地元の方しか来ないトコだったのに、マスゴミ共が「花見の穴場」として喧伝しやがるモノだから・・年々混雑してる様な。と云っても都内の他の著名スポットに比べれば静かなモノで、のんびり桜花を楽しめる道です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都千代田区九段上」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「山の手屈指の閑静な住宅街エリア」小石川ネットHP
★「茗荷谷の生活者による生活者のためのサイト」茗荷谷界隈HP
★「文京の街ならではの落ち着きと豊かな自然に抱かれた文京茗荷谷」文京時間HP
★「茗荷谷のススメ。 学校の多い街」暮らしっく不動産HP
★「わたしに、自信を」跡見学園女子大学HP
★「『一角獣』広場」ギャラリーimozuruブログ
★「開かれた大学」筑波大学HP
★「播磨坂さくら並木
(東京都文京区)」こんなとこ、あんなとこ。HP
★「播磨坂桜並木」佳景探訪HP
★「さくらまつりの播磨坂と環三通り」東京坂道ゆるランHP
★「伝説の牛丼屋『牛丼太郎』の最後の生き残り、『丼太郎』とは?」NAVERまとめHP
★「倒産『牛丼太郎』元社員、『丼太郎』で挑む復活 仲間4人で切り盛り」withnews HP


(関連する記事)
★「763 【お米料理51】茗荷谷の縛られ地蔵と『肉丼』」

★「893 【お米料理62】牛天神と貧乏神と『中大学食』」

★「1012 【呑みモン31】将軍家の女たちと『ヨーグルッペ』・・傳通院」
★「1297 【お米料理85】桜咲く播磨坂で『さよなら牛太』‥小石川」

★「2123 【お鍋料理22】桜咲く啄木終焉の坂と『そばすいとん』・・小石川」

★「2248 【お米料理186】占春園と『牛太のキムチ牛丼』・・茗荷谷」

★「2322 【保存食品56】最後の将軍、世紀の大和解・・小日向」

★「2457 【名物パン291】桜咲く護国寺で『元祖バケットサンド』を・・音羽」

★「2541 【スイーツ200】夏越の祓と『本葛の水無月』・・茗荷谷」
★「2572 【団子饅頭83】キツネの修行僧と『小石川岡埜栄泉の豆大福』・・傳通院」

★「2775 【名物パン322】満開の早咲き桜と『クロワッサンブレッド』・・音羽」

★「2786 【お米料理262】さくら祭りの播磨坂と『エースなカツカレー』」
★「2848 【スナック78】紫陽花だらけの街で北陸名物『ビーバー』を・・白山」
★「2850 【お肉料理102】貧乏の女神とお局様と『中大鉄板ランチ』・・春日」
★「2943 【お米料理283】爽秋の護国寺で豊山名物「ヌマスペ』を・・音羽」
★「3058 【お米料理302】東京ドームのイルミネーションと『牛テールカレー』」
★「3093 【お米料理305】満開の神田川の桜と『白いカレー』・・江戸川橋」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(私ぁ歴史より地理が好き!特に『道が好き』と云う珍しいマニアです)

数日前も牛丼を記事にしたばかりですが、今日はそんな大手のじゃ無く・・六年前に倒産した「牛丼太郎」ですヨ。城北や城西の兄ちゃん達には大手よりも親しまれてたのが、ドコよりも安い値段だった「牛太」。その倒産は我々を絶望に追い込んだモノですが、元社員たちが牛太の伝統を無くしては成らないと、看板の牛の字をビニールテープで隠すと云う、実に斬新かつ安易な方法で「丼太郎」と名を変えて、茗荷谷で一軒だけ生き残ってます。コレが茗荷谷の学生達に熱く支持されて、大手二社の店がすぐソバに在るのに牛太・・もとい丼太郎の方が繁盛してると云う、聞くも涙・語るも涙な物語!決して美味いモンじゃ無いですが、我らが愛した牛太の安っぽくて怪しげな味が残ってると云うだけで、とにかく有難いと思わなくちゃ。「さよなら牛太」とまた言わなくても済む様に、偶にゃ食べに行かねばと思わせる、昔と変わらぬ牛丼です




| 2018.03.29 Thursday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
3093 【お米料理305】満開の神田川の桜と「白いカレー」・・江戸川橋

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

都内の桜も遂に見頃に!今日からドンドン御案内する心算ですが、その最初は「江戸川」・・と云っても千葉県との境を流れるソレじゃ無く、神田川の飯田橋〜早稲田〜高田馬場辺りは江戸開府の頃から江戸川と呼ばれてたンですヨ。だもんでメトロの江戸川橋駅からスタートを

 

都花「ソメイヨシノ」は地元(豊島区の染井)で生まれた桜だから、ソレを異常なまでに愛する城北エリアにゃ花の名所は沢山ありますが、私メが感じるに・・江戸川が一番先に満開に成りますナ。もちろん僅か数日の差ですが、去年も一昨年もココが最初・・やっぱり今年もソウでした

 

神田川は水源の井の頭池から隅田川に合流するまでの二十五kmほど有りますが、江戸川と呼ばれてたのは新宿区(南岸、画像右)と文京区・豊島区(北岸、画像左)の境界の約五km。中でも江戸川橋より上流は両岸に桜が密集して植えられ、ソレが延々と続く人気の遊歩道です

 

桜の季節以外でも私ぁこの辺りにが良く参りますが、ソレは婚礼MCをしてた頃の古巣「椿山荘」さんが江戸川沿いに在るから。古くからの景勝地だったこの辺りにゃ大名の下屋敷(=別荘)が多く置かれ、椿山荘さんは久留里藩・黒田家だったトコ。園内の池畔の桜も咲き出しました

 

江戸川北岸は結構な高低差の有る崖地(バッケ)が続き、椿山荘さんもソレを活かした造りの庭園に成ってますが、崖上のシンボル「三重塔(室町時代末期に建てられた本物を移築したモノ)」傍らの桜もキレイに咲き揃い、ナンだか京都へ行った様な気分。夜はライトアップされます

 

画像左奥にホテルが見えてる椿山荘さんから川沿いに戻り、改めて桜の遊歩道を進むコトにした私メ・・考えてみればまだ半分も進んでませんナ。ココから先は崖からチョット離れますンで、川の流れも多少は穏やかに成る様な。そんな川面に白く映る花の暖簾はまだまだ続きます

 

遊歩道を更に進むと新目白通り(画像左手)沿いに出ますが、昔のこの辺りには紺屋が沢山在って、染めを終えた反物を川の中でジャブジャブ洗ってたンだとか。今はもう少し上流の落合水再生センターから出た下水処理水が多く流されてますが、さぞかしキレイだったンでしょうネ

 

川沿いの新目白通りには都電荒川線が通り、「面影橋」と云う洒落た名前の電停が在りますが、ソコから南岸の早稲田側に入ると徳川御三卿の一つ清水家の下屋敷だった「甘泉園(かんせんえん)公園」が。その入口に被さる様に聳える枝垂桜がちょうど満開、コレまたステキです

 

桜が密集して植えられてるのは、都電が江戸川を渡る「高戸橋」のトコまで。普段は橋を勢いよく通って行く電車が、桜の時期だけは徐行運転・・中には一時停止までしたりで、乗客へサービスをしてますナ。ま、昨春から「東京さくらトラム」なんて愛称を付けられちゃいましたからネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都豊島区池袋東口」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「ビジットシティとしま」豊島区観光協会HP
★「観光の見どころ満載の新宿を楽しもう!」新宿観光振興協会HP

★「江戸川公園と神田川桜並木」佳景探訪HP
★「【都内】お花見なら神田川沿いがおすすめ!桜並木をのんびり散歩しよう!」はなうた横丁ブログ
★「江戸川橋
(えどがわばし)[神田川]」東京エキストラNOTES HP
★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP
★「春は東京『椿山荘』の庭園で桜を楽しみませんか?」icotto HP
★「甘泉園
(かんせんえん)公園〜大名屋敷跡につくられた日本庭園〜」新宿区役所HP
★「甘泉園公園−東京しだれ桜めぐり
()」fanfanfanneのつれづれ日記ブログ
★「面影橋
(おもかげばし)[神田川]」東京エキストラNOTES HP
★「サクラ、サク〜都電荒川線 高戸橋付近にて」ごっさん居眠り中ブログ
★「1/fゆらぎ」渋谷とっておき!!HP
★「高田馬場にある不思議な白いカレーを食べられるお店『ゆらぎ』」こたらずのーとブログ


(関連する記事)

★「428 【五色不動03】目白不動は空襲に遭った」
★「1027 【やきそば78】学生街と『エルムのカルボ』‥早稲田」
★「1322 【やきそば125】都の西北!早稲田で『ソース焼きそば』を」
★「2004 【麺類色々158】早大生の街で『釧路のスパカツ』を・・高田馬場」
★「2046 【お米料理162】穴八幡で『日本元祖のかつ丼』を・・早稲田」
★「2098 【お米料理170】都電の終点で『ドカベン・マシマシ』を・・早稲田」
★「2118 【やきそば223】神田上水の桜と『ニラ焼きそば』・・関口台」
★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」

★「2421 【今川焼き35】梅と桜とカテドラルと『天然鯛焼き』と・・関口台」
★「2469 【お米料理220】神田川の桜と『前ぬき明太マシ』・・江戸川橋」
★「2508 【お肉料理90】めでたし海の星と『ケイジャンチキン』・・関口台」

★「2512 【お米料理227】青葉繁れる学生街で『唐揚げ丼・親方』を・・早稲田」
★「2559 【団子饅頭80】梅雨明け間近の関口台で『豆餅』を」

★「2561 【お米料理233】漱石センセの故郷と『唐揚げ丼・理事長』・・早稲田」

★「2592 【お米料理238】まだ夏休みの早稲田で『ポークライス』を」
★「2623 【スイーツ216】東京で一番急な坂と『とうふゼリー』・・目白台」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台

★「2782 【お米料理261】神田川の桜と『前ベス・マシ弁当』・・江戸川橋

★「2830 【お米料理268】初夏の早稲田大学で『早慶オムライス』を」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「2998 【お肉料理108】早稲田の杜の紅葉と名物『ジャンジャン焼き』」
★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(今春は一体ドレだけの桜を見て廻れるのか、まだ全く判りませんネ)

高戸橋を過ぎると急に寂しく成りますが、そのまま川沿いを進んで高田馬場駅が近付いた辺りに、「1/fゆらぎ」と云うカレー屋さんが在りますヨ。高田馬場にゃ変わったカレー屋が多いですが、ココはターメリックの量を減らした代りにココナッツミルクを増やした「白いカレー」のお店で、前々から気に成ってたンですが、同じ川沿いで真っ白な桜を眺めて来たコトだからと、意を決して入ってみましたヨ。某牛丼チェーンが最近メニューに加えてた白いカレー自体は結構方々に在り、板橋宿の拙宅の直ぐソバにもソレを出す喫茶店が在りますが、店主さんが御高齢だったンで・・最近閉まってて心配だなぁ。ソレはさて置き、コチラのは辛いシチュー掛けご飯と表現すべきかしらん?カレーと云うほど辛くは無いンですが、ソレでも確かに喉に来る辛さ・・実に不思議な味です




| 2018.03.26 Monday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
3058 【お米料理302】東京ドームのイルミネーションと「牛テールカレー」

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

都心唯一の遊園地「東京ドームシティアトラクションズ(昔の後楽園ゆうえんち)」は入場券の要らない、フリーゲートなトコだから・・お散歩や買物のついでにノンビリしてる人が多い様な。私メもその一人ナンですが

 

拙宅の在る中山道・板橋平尾宿を基点に、青空療法で都内を毎日テクテク歩き廻る私メです。ココ暫く西の方のお噂を続けて居りましたが、帰るトコが有るからこその旅でして、実際はコッチに居る方が多いですヨ。

 

流石の大都会で、歩けば歩いた分だけ知らないモノやコトを未だ見付けちまうし、アチコチで再開発がドンドン行われてますンで、暫く寄らないだけで浦島太郎気分・・不思議な感覚。生まれ育った街・東京なのに。

 

ジャイアンツのホーム球場「東京ドーム」や、遊園地・温泉付きSC・高層ホテル・後楽園ホール等のエンタメ施設が集まってるのが「東京ドームシティ」。ドームの完成直後は「ビッグエッグシティ」と称してましたが

 

或いは街の装いが季節毎に次々変わって行きますンで、ソレを眺めて廻るだけで興味が尽きない。加えて昼と夜じゃコレがまた違うンで、幾ら身体が有っても足りない。私メ如き小人にゃ、東京はやっぱ広過ぎる!

 

だもんで無茶せぬ様に、塩梅良く無理するコトにしてますが・・この冬はイルミネーションを随分見て廻りましたネ。ご紹介したトコやご紹介してないトコ、大掛かりなトコや小さなトコ・・都内だけで幾つ見たかしらん?

 

プロ野球開幕は来月末ですが、ドーム内はオフシーズンでも毎日何かしらのイベントが行われてる様ですし、ドームの外じゃ毎冬恒例のイルミネーションが開催中!但し明日(18日)の夜が最終日だったりします

 

クリスマスや大晦日の盛り上がりの中で終えたトコが多かったですが、未だに続けてるトコも随分と。尤も年が明けたら「まだやってンだ」と思っちまうのは人情で、バレンタインデー明けの今週末で終る場所が殆ど。

 

地下鉄三田線の線路沿いに都心方向へ、拙宅ソバから六kmほど歩いたドームシティでも、十一月から続いてたイルミネーションが千秋楽を迎えますヨ。遊園地を含む大規模な電飾で、毎年ナカナカに凝ってるトコ。

 

エリア毎に電飾に工夫が施されてるドームシティですが、今冬のテーマは「ときめくスイーツ」!ご覧の「マカロントンネル」は七色に光が変わりますが、去年もコレを見た様な・・。はてナンと云う名前だったかナ

 

通り沿いや繁華街のイルミネーションだと警備や光害の問題、ソレに費用分担等が有るンで長く出来ないンでしょうが、何しろココは都心のエンタメ施設。野球の試合の無い間の客寄せだから、延々盛大にやってる。

 

尤も旬を逸した感は否めず、実に閑散としてますナ。派手に灯されてる分だけ寂しく思えますが、コレが終わればジャイアンツのオープン戦の始まる球春到来。嫌いなチームだけれど、開幕が待ち遠しいモノです。

 

シーズンオフのドームシティで一番賑わってるのは、お店やレストランの集まる温泉施設「ラクーア」エリア。次々に色の変わって行く電飾は確かにキレイですが、やっぱ冬夜は身体が凍える!ひとっ風呂入って暖まりたいモンですが、絶対に湯冷めしてしまいソウ・・辛いトコです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都新宿区新宿東口」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「東京ドームシティ周辺のおでかけ観光スポットを改めて取材してきた」SPOT HP
★「Tokyo Dome City」東京ドームHP
★「TOKYO DOME」東京ドームHP
★「東京のど真ん中の遊園地」東京ドームシティアトラクションズHP
★「東京ドーム天然温泉 LaQua」東京ドームHP

★「WINTER LIGHTS GARDEN ときめくスイーツ」東京ドームHP
★「東京ドームシティの2017年イルミは『スイーツ』が主役!実際に行ってみた!」トリップスHP
★「【死ぬまでに一度は食べたい】神保町カレー徹底まとめ」NAVERまとめHP
★「仙臺」神保町カレーグランプリHP
★「仙臺 テールにするかタンにするか・・」カレーを食べてりゃ毎日が幸せブログ


(関連する記事)
★「893 【お米料理62】牛天神と貧乏神と『中大学食』」

★「1012 【呑みモン31】将軍家の女たちと『ヨーグルッペ』・・傳通院」
★「1318 【スイーツ74】一葉終焉の地で『アップルパイ』を‥本郷」

★「1976 【麺類色々156】古書街で『立食い十割そば』を・・神保町」
★「2020 【やきそば216】ペヤング復活の日と復活した遊園地・・後楽園」

★「2213 【やきそば233】青空の東京ドームで『神座の焼きそば』を」

★「2379 【名物パン276】東京ドームのイルミネーションと『プレミアムマンハッタン』」

★「2584 【麺類色々217】盛夏の東京ドームと『肉野菜どっさりそば』・・春日」
★「2572 【団子饅頭83】キツネの修行僧と『小石川岡埜栄泉の豆大福』・・傳通院」

★「2850 【お肉料理102】貧乏の女神とお局様と『中大鉄板ランチ』・・春日」

★「2869 【呑みモン75】ジャイアニズムの破綻と『平兵衛酢ドリンク』・・東京ドーム」

★「2945 【やきそば325】秋晴れの後楽園と『馬券場の焼きそば』・・小石川」

★「2953 【麺類色々264】秋の古書店街で『神保町二郎の小豚』を」
★「3032 【麺類色々280】ナゾの巨大地球儀と『こくわがたのすさだい』・・本郷」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ジャイアンツは大キライだけれど、ドームシティは好きって変かナ?)

芯から冷えた身体を暖めるなら、コリャもうカレーしか有るまい!ドームシティに近い神保町界隈は昔からなぜかカレー屋の多い街で、名の有る名店・迷店が沢山在る中、まだ新顔なれど評判と聞いた「仙臺」さんへ。仙台等のホテルで洋食のシェフを長年務めたご店主が、カレーの街・神保町で勝負したいと乗り込んで来たトコで、何しろ店名が店名だから・・仙台名物の牛タンや牛テールを使った、デミグラたっぷりの黒くてコクの有るカレーが主力。今回はテールにしてみましたが・・余程煮込んで有るのか?口中でとろける柔らかさでしたが・・尾骨もそのママ入ってる!些か食べにくいですが、本物ならではの骨入りですナ




| 2018.02.17 Saturday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と「WASEDA丼」・・関口台

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

昨日は雑司ヶ谷界隈を御案内しましたが、今日は目白通り沿いに目白台・関口台へ。目白の闇将軍と言われた故田中角栄元首相の邸宅跡の一部を整備した「目白台運動公園」も、今回の大雪でご覧の姿に・・

 

相も変わらず青空療法でテクテクと、中山道・板橋宿の拙宅から都内を歩き廻る私メです。一日も休まずに歩き続けるのも四年目に入ってますが、雪は今年が一番多い様な。去年までの身体じゃ耐えられませんヨ。

 

もちろん今だって無茶出来ませんが、先日の大雪はソレを見物しに池袋まで出掛けた位。加えて翌日は青空に映える雪景色を眺めようと、池袋を経由して更に遠出しましたンで、我ながら酔狂ぶりに飽きれますゼ。

 

更に東へ進み、日本のカトリック総本山「東京カテドラル聖マリア大聖堂」へ。私ぁ異教徒の癖にココでお祈りしたり、パイプオルガンの演奏を聴いたりと度々参ってますが、雪化粧は初めて・・神々しく感じます

 

周囲に無関心な奴ばかりだと言われがちな東京ですが、街中の人達が取り敢えず歩ける様に雪掻きして呉れてますし、私ぁ防寒衣料と雪靴で完全武装してますから、普段よりチョット足に負荷が掛かるかナ程度。

 

​​​​

吹雪だった前夜に比べりゃ怖るに足らず、難なく雑司ヶ谷の鬼子母神サマまで参って思うのは「椿山荘の雪吊りは役に立ったのかしらん」。雪国の庭園で庭木が折れぬ様、柱を立てて縄で枝を吊る仕掛けが雪吊り。

 

カテドラルのお向いは、東京四大結婚式場の一つ「椿山荘」さん。婚礼MCをしてた頃の古巣ナンで私ぁ気楽に度々訪ねてますが、御自慢の庭園は今回の大雪でドウ成ったかしらん?ソレが見たくて参りましたヨ

 

元々はリンゴの実の重みから枝を守る為に使われてたのを、コリャ格好良いと云うので庭園でも用いる様に成ったンだソウで、金沢の兼六園の雪吊りが一番知られてましょうかネ。寒い季節の庭園での定番ですナ。

 

本来が積雪対策とは違うンで思うほどの効果は無いと聞きますが、雪国じゃ少しでも役に立たせようと、縄を枝に直接結んで吊ってますヨ。ですが先日の雪で大騒ぎする東京は、ソコまでガッチリした造りじゃ無い。

 

椿山荘さんは関口台の高低差を活かした庭園が見事ですが、丘の上の三重塔前の雪吊り達・・果たして役に立ったのかドウかは判りませんが、誰も踏んで無い銀雪に良く映えて、ホントの雪国に参った気分

 

要するに見栄え優先で、裾に竹ノ輪を使う「北部式(旧東京都北部公園緑化事務所が考案)」と、裾に棕櫚の縄を使う「南部式(旧南部事務所が考案)」が主流。椿山荘は城北に在りますンで、当然「北部式」ですゼ。

 

度々参ってますンで、ベテラン庭師さん達がソレを組んでるのも見てますが、幸いにして庭園は崖地だったンで風が強かったのかナ?枝が軋むほど雪は降らなかった様で、只々美しいだけの風景に成ってました。

 

椿山荘から神田川沿いに三分ほど歩けば、熊本五十四万石の大々名だった細川侯爵家のお屋敷跡を整備した「肥後細川庭園」が。コチラも降ろしてきた吊り縄を、裾で丸い竹ノ輪に縛る「北部式の雪吊り」です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都千代田区一番町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「目白台周辺の歴史」目白台に住みたいHP

★「文京区立目白台運動公園」西武造園HP
★「St.Mary’s Cathedral」カトリック東京カテドラル関口教会HP
★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP

★「ホテル椿山荘東京の庭園(東京都文京区)」一度は行ってみたい日本の絶景ポイントブログ
★「椿山荘のチャペルと雪吊りと寒桜〜私のお庭@文京区 江戸川橋」もうもう日記〜牛的おいしい生活〜ブログ
★「肥後細川庭園」公園財団HP
★「肥後細川庭園
(新江戸川公園)に行ってきた!見どころ・アクセスを紹介」護国寺ナビHP
★「公園だより  久し振りの雪」公園財団HP
★「・・雪吊りの伝統技能見学・・」十六夜歩記ブログ
★「冬のお庭の風物詩・雪吊り」庭園めぐりをご一緒にブログ
★「関東甲信大雪、交通乱れ=東京20センチ超、四年ぶり警報」時事ドットコムHP

★「学生にも社会人にも懐にやさしい定食屋さん」WASEDAやHP
★「『WASEDA丼』WASEDAや
(東京・早稲田)」丼王への道ブログ

(関連する記事)
★「428 【五色不動03】目白不動は空襲に遭った」

★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」

★「2118 【やきそば223】神田上水の桜と『ニラ焼きそば』・・関口台」
★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」
★「2300 【名物パン263】東京カテドラルと『元祖バゲットサンド』・・関口台」
★「2421 【今川焼き35】梅と桜とカテドラルと『天然鯛焼き』と・・関口台」
★「2469 【お米料理220】神田川の桜と『前ぬき明太マシ』・・江戸川橋」

★「2508 【お肉料理90】めでたし海の星と『ケイジャンチキン』・・関口台」
★「2559 【団子饅頭80】梅雨明け間近の関口台で『豆餅』を」

★「2623 【スイーツ216】東京で一番急な坂と『とうふゼリー』・・目白台」

★「2649 【お米料理243】日本女子大の学食で『唐揚げ南蛮丼』を・・目白台」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台」

★「2782 【お米料理261】神田川の桜と『前ベス・マシ弁当』・・江戸川橋」

★「2849 【団子饅頭107】大都会を舞うホタルと『ほたる餅』・・関口台」

★「2933 【やきそば322】秋空の庭園で『学生街の焼きそば』を・・目白台」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「3034 【名物パン344】大雪警報の池袋東口で『あんみつドーナツ』を」
★「3041 【お肉料理111】白銀に埋まる雑司ヶ谷と『カルピスの発酵バター』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(昨夜の皆既月食・・ホント不思議な風景。マジマジ見てしまいました)

庭園巡りを堪能したは良いモノの、まだ雪がタップリ積もったままの関口台の急坂を歩いて登る勇気は無く、ならばと神田川を渡って早稲田大学の方へ出て、高田馬場駅から電車で拙宅へ帰るコトにした私メ。午前中は雪かきで忙しかった街も蘇えり、お昼も過ぎたコトだからナニか美味しいモンでも食べてきましょ。流石の大学生街だから安くて美味くて量の多い料理屋が沢山在りますが、前々から気に成ってた定食屋「WASEDAや」へ参り、ソコの名物「WASEDA丼」をムシャムシャと。厚切りの豚ロース肉の生姜焼きと、皮がパリッとした揚げたての巨大な揚げが載ったガッツリ系の丼で、早大のハラペコ学生がメインの相手だから凄いボリュウムですナ。でも濃い目の味付けが抜群で、雪歩きで思わず知らず疲れてた身体が大喜び。まだまだ頑張れそうです




| 2018.02.01 Thursday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS