きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2866 【名物パン328】伊勢佐木町で「シウセージドッグ」とブルースを

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

横浜市の中心街を「関内(かんない)」と呼びますが、ソレは開港当時に外国人居留地ソレ以外を隔てた、「吉田橋の関所の内側(海側)」と云だったりしますヨ。JR関内駅の近くに、関所の跡が残ってます

 

普段は拙宅の在る都内をテクテク歩き廻って居りますが、偶にゃ違う街をブラつきたいと横浜へ参った私メです。東京特別区を除けば日本一(三百七十万)を誇る大都市で、独自の雰囲気が楽しいトコですナ。

 

大阪に対する神戸と同じポジションで、東京駅から電車で三十分も有れば着く位に近いのに、流石の開港地・・横浜はドコかしら洒落てるンで、ソレを探しながら歩いてると時間がスグに経っちまう!文明開化の街。

 

関内が有れば「関外」だって有る訳で、同じ通りでも吉田橋の海寄りを「馬車道」と称すのに対し、外側(山側)は「伊勢佐木町商店街」と呼びます。尤も関内・関外はあくまでも通称で、ソウ云う地名は有りません

 

ですが横浜ほど歴史の浅いトコは無く、幕末の安政六年(1859)に開港されてから僅か百五十八年だけ。大阪や京都の方から馬鹿にされてる東京だって、裕に四百年を超える歴史が有るのに・・街全体が新開地。

 

だもんで東京以上に「由緒ある地名」に乏しく、現在あるソレは・・正直大したコト無い由来ばかり。逆に云えば「なぜソコをソウ呼ぶの?」が判り易いンで、地理マニアとしては逆に興味津々だったりしますケド。

 

横浜駅西口に市内最大の繁華街の地位を奪われたとは云え、伊勢佐木町も一時の低迷を脱して蘇りつつ有るとか。街としてのココが成立したのは明治七年(1874)、その頃からの店が何軒か残ってるソウです

 

開港して暫くから高度成長期の頃まで、横浜最大の繁華街として栄えたのが関外の「伊勢佐木町」。「いせざきちょう」と呼ぶのがフツーですが、初めは「いせさぎちょう」と読ませてた様。コレも由来に関係してるとか。

 

開港当時の横浜は幕府の神奈川奉行が支配してましたが、中でも名奉行と呼ばれたのが「依田伊勢守」サマと「佐々(ささぎ)守」サマ。ある二人の名を冠して「いせさぎちょう」にした・・って本当かしらん?

 

伊勢佐木町はミナト最大の夜の盛り場でも有ったンで、歌謡曲にし易かったンでしょうネ。百万枚も売れた大ヒット曲、青江三奈サンの「伊勢佐木町ブルース」の碑が!ボタンを押すと一分間、曲が流れるとか

 

いやいやソウじゃ無い、街の最初の大立者「伊勢屋文蔵」サンと「佐々木平」サンから採ったンだ・・何れにしろ、所縁の人の名を繋げて作った合成地名と云うヤツで、やっぱり大した由緒じゃ無かったりしますが。

 

今更ながら初めて知ったこの事実に、思わず「イイじゃん」と快哉を叫びざろう得ませんナ。如何にも横浜らしいやと喜んで、「あなた知ってる、ミナトよこはま〜」と伊勢佐木町ブルースを口ずさんでしまった私メです。

 

伊勢佐木町は吉田橋寄りの一丁目から、以前ご紹介した横浜橋に近い七丁目まで商店街が続いてますが、一丁目と二丁目は全面歩行者天国に成ってる「イセザキモール」。一番賑やかなのはこの辺りですヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都板橋区大山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「関内の由来」横浜観光マップHP
★「イセザキ・モール1・2st」横浜・伊勢佐木町商店街HP

★「今も昔も伊勢佐木町は港に続く散歩路」横浜・伊勢佐木町商店街HP
★「伊勢佐木町の由来」タイムスリップよこはまHP
★「昔は田畑と沼地?人々を魅了し続ける繁華街『伊勢佐木町』」関内新聞HP
★「ムード歌謡の女王【青江三奈】官能的とも妖艶とも称された青江三奈の歌声に隠された素顔とは・・?」ミドルエッジHP
★「伊勢佐木町ブルース歌碑」横濱茶館HP
★「横浜名物 シウマイの崎陽軒」崎陽軒HP
★「横浜っ子でも知らない?崎陽軒にシウマイ味の『ソーセージドッグ』がある」Excite Bit HP
★「あの崎陽軒がシウマイ味のホットドッグだと!?『横濱シウセージドッグ』が伊勢佐木モール店で買えるぞ!」mitok HP


(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」
★「626 【やきそば35】横浜下町の三色焼きそば」

★「627 【麺類色々35】生碼麺とブルースと青江三奈と」

★「635 【揚げモン18】アイスのはじめては馬車道」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1283 【今川焼き15】『皮だけで具の無い今川焼き』って‥上大岡」

★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」
★「2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと『日本初の食パン』・・横浜元町」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい

★「2842 【お米料理270】『横濱ピラフ』はシウマイ旅情と・・横浜東口」

★「2843 【やきそば314】ミナトの下町の商店街で『三色焼きそば』を・・横浜橋」
★「2865 【今川焼き76】青空の臨港パークと『コイキング焼き』・・みなとみらい」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(伊勢佐木町の由来は他にも諸説が・・歴史が浅いのにワヤですわ)

横浜と云えば「崎陽軒のシウマイ」な訳で、浜っ子以外にもファンは大勢居るンで都内にも崎陽軒の売店は多く、拙宅近くにも少なくとも三軒は在りますが、イセザキモール入口の崎陽軒に行かないと買えないのが、ナゾの名物「横濱シウセージドッグ」。驚いたコトに「シウマイの味がするソーセージ」を挟んだホットドッグで、添付のマスタードは当然シウマイ用のモノ!シウマイの味がする・・と云うより、シウマイの味しかしない衝撃の一品で、シウセージの部分だけで良いから都内でも売って貰えぬモノか。ま、昔の崎陽軒はシウマイ本体を挟んだホットドッグを売ってましたから、その進化版とも言えるかも知れませんがネ。因みにイセザキモール店以外は、横浜スタジアムでベイスターズの試合が有る時だけ売られるソウで、コレを食べながらの観戦も面白そうですナ




| 2017.07.07 Friday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2865 【今川焼き76】青空の臨港パークと「コイキング焼き」・・みなとみらい

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

みなとみらいの真ン真ん中を貫く「グランモール公園」は、横浜駅に近い「キング軸」と、桜木町駅に近い「クイーン軸」を結ぶ細長い広場。大な再開発地の背骨に当る辺りで、周囲はオフィスビルばかりですナ

 

断薬期に入った青空療法で都内を毎日テクテク歩いてますが、潮風に吹かれたいと横浜へ参りましたヨ。東京にも海は有りますが、やっぱ港はヨコハマじゃ無いと・・ま、偶にゃ違うトコへ行きたかっただけですが。

 

横浜全てがソウだとは申しませんが、東京の劣化コピーみたいな街ばかりの関東じゃ、チョット違った雰囲気を漂わす港町はホント貴重な存在。石に日本一の人口(東京特別区を覗く)の大都市だけ有ります。

 

グランモールのほぼ中間、横浜美術館(右下)前まで来ると・・イヤでも目に入るのは、みなとみらいのシンボル「ランドマークタワー」。四m差あべのハルカスに日本一を譲りましたが、二百九十六mは凄いです

 

さて横浜で海の見えるトコと云えば、世間的にゃ中華街近くの山下公園辺りナンでしょうが、基本的に私ぁマイナー志向で、そんなメジャー観光地に行って如何しやせん!大体がオッサン一人で楽しいトコじゃ無い。

 

人出の少ない静かなトコで、尚且うらぶれて無い海辺の広場は無いモノか?暫し考えた結果・・発病する前に横浜インターコンチネンタルホテルに仕事に行った時、確かその裏に「公園らしきトコ」を見た様な記憶が。

 

インターコンチネンタルホテル()裏の、みなとらい十九街区の全て占めるのが「臨港パーク」。右奥のランドマークタワーを含めた一帯「三菱重工横浜造船所」跡地を四半世紀前に再開発したトコです

 

そんな朧げな記憶なれど・・イザ参らン!勘違いだったら大人しくシャッポを脱いで、インターコンチでお茶して帰ればイイじゃん!と、我ながら乱暴だネ。尤も毎日の都内歩きも、大して変わらぬレベルなんですが。

 

大きなビルの建ち並ぶ再開発地「みなとみらい」の真ん中を、ランドマークタワーを目印にしてテクテクと。やがて見え来るインターコンチの特的な建物、果して裏側は?ステキな海辺の公園だと良いのだけれど。

 

臨港パークの直ぐソバにゃ、水上バスの建物ごと海に浮いてる「ぷかり桟橋」が。ソウ云えば昔、横浜港の遊覧船に乗った時にココに寄った記憶が有りますナ。この日の海は実に穏やかで、キレイな青空でした

 

ソレが「臨港パーク」。計画的に作った分だけ緑が多いみなとみらいの中で、一番広い公園ナンだとか。インターコンチやパシフィコ横浜の裏に隠れてる分、些かマイナーなんで・・ココに来るのは「浜っ子」だけの様。

 

街の雑踏にゃ全く無縁で、聞こえるのは出船・入船の汽笛位。望み通りの潮風に吹かれつつ、ベイブリッジを眺めながら暫くボーっと寛ぐ海辺。こう云うトコは東京に無いナと思いつつ、ヨコハマを満喫した私メです。

 

昭和五十八年(1983)に始まった「みなとみらい」の開発はまだ終わってませんが、先行して始まった街区は少しずつ痛みが伺える様に成った感が。十五街区の「コスモワールド」の大観覧車も、昨年春に大改修されるまでは・・潮風に吹かれてる分だけサビが結構目立ってましたネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「神奈川県横浜市中区伊勢佐木町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP

★「ようこそ、海と暮らす街へ」横浜みなとみらい21HP
★「人気のベイエリア横浜『みなとみらい』!”MM21計画"の長く厳しい道のり」マンションジャーナルHP
★「みなとみらいが誇る"グランモール公園"誕生」横浜みなとみらい21HP
★「みなとみらいのシンボル」横浜ランドマークタワーHP
★「横浜の顔。みなちみらいに佇む国際ホテル。」ヨコハマグランド インターコンチネンタルホテルHP
★「屋外エリア
(臨港パーク・国際交流ゾーン・ぷかりさん橋)」パシフィコ横浜HP

★「臨港パーク:みなとみらい駅からすっごく近い。」あそびい横浜HP
★「ぷかりさん橋」横浜線沿線散歩 街角散歩HP
★「世界最大の時計型観覧車 コスモクロック21」よこはまコスモワールドHP
★「ふわふわ ふんわり あふれる」横浜くりこ庵HP
★「"コイキング焼き"はじめました。横浜くりこ庵の5店舗で販売開始!」HP


(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」
★「2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと『日本初の食パン』・・横浜元町」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい」
★「2842 【お米料理270】『横濱ピラフ』はシウマイ旅情と・・横浜東口」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(臨港パークは『みなとみらい駅』から近いンですが・・マイナーですナ)

グランモール沿いの「マークイズみなとみらい」の中にお店の在る、鯛焼きの横浜くりこ庵サンが、鯛ならぬ鯉のソレを出してたンで、大喜びの私メ・・だって私ぁ神田鯉風ですから。なんでもポケットモンスターの人気キャラクターの一つ「コイキング」だソウで、私ぁポケモンを全く知りませんが、此奴は世界で一番弱いポケモンなんだって!頼りなくて情けないキャラって・・他人と思えンネ。応援の意味を込めて、この暑さの中でも食べる事にしましたが、みなとみらい以外に横浜西口店・吉祥寺店・秋葉原店・海老名店でも焼いてる様ですが、北海道産純生クリームを使ったカスタードのコイキングが美味くて、また食べたいです




| 2017.07.06 Thursday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2843 【やきそば314】ミナトの下町の商店街で「三色焼きそば」を・・横浜橋

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

横浜中心街を貫く「大通り公園」は、地下鉄建設の為に「新吉田川」と運河を埋め立てて造った細長〜い公園ですが、その途中に「横浜橋」と云う交差点が在りますヨ。この辺りが横浜の下町の中心街です

 

拙宅の在る東京を飛び出して、「日本最大の市」横浜をテクテク歩き廻る私メです。三百七十万の浜っ子は、二位の大阪市を百万人以上も突き放す独走で、東京特別区(九百四十万)さえ除けば日本一の大都市!

 

つまり横浜市だけで静岡県(全国第十位)と同じだけの人が住んでる訳で、ソウ考えるとトンでも無い規模の市ですナ。我が板橋区と全国最少の鳥取県(約五十七万)がほぼ同じ、てぇのとレベルが違い過ぎますヨ。

 

横浜でも有数の元気な商店街が、横浜橋交差点から伸びる「よこはまばし(横浜橋通商店街)」。激安なコトで知られてますンで、近くに駅がる訳でも無いのに買い物客が大勢集まって、いつ行っても賑やかです

 

そして横浜がもう一つケタ外れなのは、コレほどの大都市で有りながら「歴史が浅い」コトで、今年は「Y158」と云うイベントをやってますが、要するに「開港から百五十八年しか経ってない」ンですナ。驚くべき浅さ。

 

京都から馬鹿にされがちの東京だって、開府から四百数十年は経ってるのに、横浜は幕末までずっと僅か百戸ほどの漁村。ソレが一世紀半でコレほどの大成長を遂げたンだから、やっぱ感心すべきでしょうネ。

 

韓国系の食材店が多い感も有りますが、横浜橋はドウ云う訳か?鮮魚店が異様に多い街・・海が近いからネ。そしておかず屋も結構多く、近に住んでたら便利だナ。東京のソレと一風違う、横浜の下町です

 

ソレだけの大都市だからベッドタウンから重厚な官庁街、繁華街から高級住宅地・下町だって当然在る訳で、下町って云うと東京の専売特許の様な感も有りますが、横浜だって歴然としたトコがちゃんと在りますヨ。

 

ソレは元の横浜村だった中区・西区・南区の内、JR根岸線より西側の南区辺り。官庁街の「関内」に対し、「関外」なんて言い方も有ったと聞きまが、要するに大通り公園の奥の方。横浜橋通商店街の辺りです。

 

横浜橋通商店街を通り抜けると、ソコに在るのは大衆演劇の殿堂「三吉演芸場」。関東でも貴重な常打ちの劇場で、横浜じゃ唯一の存在すナ。ちょうど芝居がハネた(終わった)と見えて、大勢が出て来ました

 

横浜村を開港地とする時に、入り江を埋立てた陸地に造河・新吉田川。往来の利便を図って橋が何本か架けられますが、奥の一に横浜の名前を付けたンだから、恐らくは重要な橋だったンでしょう。

 

横浜最大の遊郭も在りましたが、ソウ云うのってお上品な街にゃ出来ンから、初めっから繁華な下町だった様。時代が変わり遊郭が消えても、元気な商店街は残って今も賑やか。ココは横浜の貴重な歴史ですゼ。

 

三吉演芸場の前にゃ、上に都市高速を通すコトで残った中村川が。画像右側(横浜橋通商店街の方)が開港時の埋立て地で、要するにココが元の入り江の端だったンですナ。もちろん当時の面影は皆無ですケド

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明々後日は「兵庫県神戸市垂水区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「魅力情報ポータルサイト『みなみる』」横浜市南区役所HP
★「大通り公園ってどういう経緯でできたの?」はまれぽ.com HP
★「『横浜橋通商店街』の『横浜橋』は実在するのか?」はまれぽ.com HP
★「いきな下町 よこはまばし」横浜橋通商店街協同組合HP
★「いきな下町横浜橋通商店街を歩く」写真撮っけど、さすけねがい?ブログ
★「吉田新田の謎に迫る」タウンニュースHP
★「昭和初めからの大衆演劇の実演定席」三吉演芸場HP
★「はじめての大衆演劇、はじめての三吉演芸場マニュアル」大衆演劇探訪記ブログ
★「横浜『磯村屋』伝説の店で"三色焼きそば&おでん"を食べてみた」Food news ブログ
★「ポテト入り3色焼きそば300円!おばあちゃんが作る昭和の焼きそば屋!磯村屋
(阪東橋)」B級ランチグルメ紀行ブログ

(関連する記事)
★「626 【やきそば35】横浜下町の三色焼きそば」

★「627 【麺類色々35】生碼麺とブルースと青江三奈と」

★「635 【揚げモン18】アイスのはじめては馬車道」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1283 【今川焼き15】『皮だけで具の無い今川焼き』って‥上大岡」

★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」
★「2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと『日本初の食パン』・・横浜元町」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい

★「2842 【お米料理270】『横濱ピラフ』はシウマイ旅情と・・横浜東口」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(歴史は確かに浅くても、開港から一世紀半の濃さがスゴくって・・ネ)

横浜橋辺りを記事にしたのは六年ぶり・・東京から近いけど、横浜の下町って滅多に来ないエリアですからネ。商店街の通りをズンズン突き進み、その行き止まりに「磯村屋」サンと云う戦後の雰囲気を濃厚に残した、昔ながらの焼きそば屋が在りますヨ。いや多分ある筈・・でも老夫婦がやって居られたンで、六年も経つンだからチト不安だナと思いつつ、とにかく訪ねてみたら・・良かったまだ在った!おばあちゃんもお元気な様で、むしろ若返ったンじゃない?看板メニューの「三色焼きそば(肉・玉子と茹でたポテト入り)」を大盛りで頼んでみましたが、昭和二十五年(1950)に創業して以来、殆ど変わって無いと仰るお店の雰囲気が一番の味付けで、やっぱ焼きそばってコウじゃ無いと!最近はやりの洒落た装いのトコも良いですが、私ぁコッチの方が美味く感じます




| 2017.06.10 Saturday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2842 【お米料理270】「横濱ピラフ」はシウマイ旅情と・・横浜東口

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR・東急・京急・相鉄・市地下鉄・みなとみらい線の六社が交差する「横浜駅」は、国内最多の鉄道が乗り入れてる駅。世界五位乗降(約220万人)を誇る巨大駅ですが、表側の筈の東口は実に静かです

 

平年よりも一日早く、関東は一昨日梅雨入りしましたヨ。尤もその切欠に成りそうな大雨が有った訳じゃ無く、今イチ良く判らぬ入梅でしたが、鬱とおしい日々が暫く続く訳で、毎日歩き続けてる私メにゃ堪らんネ。

 

不順極まる脳内物質セロトニンを人並みに分泌させる為にゃ、お昼前の穏やかな陽光を浴びながら歩くのが肝要で、雨降り自体は我慢しますケド、お天道様が出て下さらないとスッキリせず・・疲労が溜るばかり。

 

横浜駅東口に人影が少ない訳は、駅の東西通路に繋がる地下街「横濱ポルタ(画像右下)」に買い物客が流れ込んでしまうから。西口にも巨大な地下街が在りますが、横浜駅の地下は迷宮みたいに成ってます

 

無駄にダラダラ歩くンじゃ無く、如何に効率よくセロトニンを分泌させるかが雨季の悩みですが、この日は横浜へ。但しソレは入梅宣言が出される前の晴天の日で、こんなお天気ばかりだったら回復が捗るのに。

 

拙宅の在る東京・城北は海から遠く、普段はソレを全く意識せずに暮らてますが、海に近いトコで育ったンで時々ドウしても見たく成る。訪た港ヨコハマで一番海に近い駅と云えば、中心ステーションの横浜駅。

 

ポルタを通り抜けると「横浜そごう(画像左)」に出ますが、その裏は海に面した再開発地「ヨコハマポートサイド」。みなとみらいに行かなくても、「ベイクォーター(右のビル)」のテラスでミナト気分を満喫出来ます

 

もちろん駅の直ぐソバは・・内海の東京湾の横浜港の一番奥のドンづまり、帷子川の河口部分で潮の流れだナンて殆ど無く、一歩間違えば悪臭が漂いかねない場所。なのに天候が良いと、ナンとなく爽快ですナ。

 

外海に吹く潮風ほど快活じゃ無いですが、普段の街歩きじゃ感じぬ海臭さ。偶に嗅ぐなら気分転換させて呉れる良い香り()で、ベイクォーターのテラスで水面で輝く陽光を浴びながら、ノンビリぼんやりダラダラと。

 

横浜駅東口に聳えるこのビルが、横浜名物「シウマイ」の崎陽軒サンの本店!コレと云う名物の無かった昭和三年(1928)に、中華街で出されてた点心から考えたモノで、「うまい」に因んでシウマイなんだとか

 

ソリャ東京にだって海は在るし、先日は竹芝桟橋まで眺めに行ったンすが、やっぱ横浜のソレは宜しいですナ。例え港のドンづまりでも、港コハマだと思うと・・やっぱ違うゾ!思わず口づさむは「シウマイ旅情」。

 

もっと良い歌が有ると思うンですが、崎陽軒本店に行って来たばかりモノで・・或る意味、横浜駅のソバにゃ一番相応しい曲なのかも。日頃と違う場所に行くだけで気分良く、セロトニンが多く分泌される様ですネ。

 

「あの時の歌を今も歌う、おいしいシウマイ崎陽軒」。崎陽軒の永遠のCMソング「シウマイ旅情」が発表されたのは、昭和四十三年(1968)と云うから半世紀近くも前。或る程度以上の年代の関東人の記憶の奥底に、絶対に残ってる筈の大名曲!シウマイ持って旅に出たいですナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「神奈川県横浜市南区横浜橋」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「Yokohama St. East Side Area 横浜駅東口周辺散策
(横浜市西区)」blog横濱探訪
★「人にやさしい、あなたにうれしい。」横浜駅東口地下街ポルタHP
★「アート&デザインの街づくり」ヨコハマポートサイド街づくり協議会HP
★「横浜駅直結 潮風を感じながらショッピングやグルメ」横浜ベイクォーターHP
★「横浜といえば
(シウマイ旅情の歌詞あり)」初代地下クイズ王・鮭の魚類日誌ブログ
★「横浜名物シウマイの崎陽軒」崎陽軒HP
★「ニッポン・ロングセラー考 『シウマイ弁当』」COMZINE HP
★「なぜシウマイ?横浜市民も知らない崎陽軒11の謎」All About 旅行HP

★「横浜ピラフ (東京地区、神奈川地区一部店舗限定)」崎陽軒HP
★「【崎陽軒】横濱チャーハンと横濱ピラフを食べ比べ!」リビング横浜HP


(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」
★「2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと『日本初の食パン』・・横浜元町」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい」
★「2835 【呑みモン74】桟橋に吹く潮風と『小笠原レモンのチューハイ』・・竹芝」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(横浜の歌と云えば『シウマイ旅情』と『アラメヤ音頭』でございますヨ)

横浜で一番美味しいモノを訊ねると、「崎陽軒のシウマイ弁当」と答える横浜市民は多いですナ。ホタテ風味のシウマイとタケノコの甘辛煮美味しくて、普段は幕の内が余り好きじゃ無い私メもアレだけは好きだったりしますが、毎度ソレじゃ飽きますンで・・同じ崎陽軒の「横濱ピラフ」を。何しろ基本が駅弁屋サンですから、「冷めてる」のが大前提。だから?余り味が濃くないピラフが宜しいですが、もちろん崎陽軒だからメインのおかずはシウマイ!同じ体裁の横濱チャーハンはタケノコが入ってるのに・・ピラフにゃ無いのか。ソレが入ってたら満点なのにネ




| 2017.06.09 Friday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と「家系ラーメンの総本山」・・みなとみらい

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

港ヨコハマも黄昏深く成り、群青色のに照らし出された「赤レンガ庫」の幻想的なコト!横浜税関が明治四十四年(1911)に建てた旧税倉庫で、平成十四年から商業施設として再生・活用が図られてます

 

久し振りに参った横浜でも、普段の東京と同じくテクテク歩き廻った私ですが、普段より多く歩き過ぎましたナ。漸く使い慣れて来たアイフォ記録じゃ約三万三千歩ですンで、つまり二十五kmほど歩いた計算。

 

陽光を浴びながらリズム良く歩くコトで、脳内物質セロトニンの分泌を促そうと云う療法で、ダイエット目的じゃ無いンで度を過ぎぬ様、十kmを毎日の目安にしてまして・・その倍を超すコトは、滅多に無いンですが。

 

赤レンガ倉庫から桜木町駅の方へ帰ろうと、港の海を渡るプロムナード「汽車道」をブラブラと。旧国鉄の貨物線跡を再生した遊歩道で、間も素敵なトコですが・・夜はランドマークタワーが一層鮮やかですゼ

 

こんなに歩くのはセロトニンが大量に出て気分が余程良い時か、旅先で面白いモンを沢山見付けてスゴぶる興が乗った時ぐらい。何れにしろ歩いてる最中は「ウォーキングハイ」な状態で、疲れなんて全く感じない。

 

処が一旦ノンビリと休ンじまうと、途端にドッと疲れが湧いて「立ち上がはもぅイヤや!ワシゃこのまま大地に帰るンや」と叫びたく成る。だで調子の良い時ほど長居はせずに、軽い休憩を数多くとる様に。

 

汽車道からの眺めは素晴らしく、「街の灯りがとてもキレイね横浜、ぶる〜らいとヨコハマ」と唄いたく成る位。昭和六十一年(1986)に廃止された貨物線跡を、良くぞ壊さず再生して呉れたと感謝するばかりです

 

お昼前に着いた横浜駅から、久し振りだから見るモノ万事目新し関内・元町・山手と足に任せてテクテク歩き、昨日ご紹介のローズガーデンへ。濃厚な芳香に包まれてスッキリし、今度は岸壁沿いに新港へ。

 

もちろん全て歩いた訳じゃ無く、バスと地下鉄も適時使いましたが、間もなく日没の薄明に赤レンガ倉庫へ辿り着いた時は・・流石に草臥れてノンビリ休みたい気分に!残りは又来て、その時に巡るコトと致しましょ。

 

浮体展示されてる帆船「日本丸(初代)」が、東日本で最も高い超高層ビル「ランドマークタワー(296m)」の麓に。昭和五年(1930)に進水した旧文部省の練習船で、国の重要文化財にまもなく指定されますナ

 

ソウ決めたら躊躇なく、波止場を渡る風に吹かれてボンヤリと。昼間かった分だけ黄昏の潮風は心地良く、歩き疲れがドッと出て意識そうに成りますが、寝ちまうと風邪を引くンでソレだけは避けねばネ。

 

ま、港ン中を頻繁に行き交うシーバスや遊覧船を見てるのがエラク面白く、時の経つのをスッカリ忘れて瑠璃色・・いや群青色の夜空に。急に風を寒く感じて・・また来ようと考えつつ、引き上げるコトにした私メです。

 

日本丸メモリアルパークから「みなとみらい」の夜景を改めて。日本最大級(外周の直径100m)の大観覧車「コスモクロック21」のイルミネーションは鮮やかで、ソレが鏡の様な港の水面に反射してより鮮やか!

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都新宿区早稲田」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP

★「ようこそ、海と暮らす街へ」横浜みなとみらい21HP
★「文明開化の地、港ヨコハマ」横浜赤レンガ倉庫HP
★「横浜赤レンガパークの夜景を紹介」KONOMI・HP
★「汽車道
(みなとみらい・桜木町)」はまてなしHP
★「夜の汽車道」ネコと夜景とビール・ブログ
★「日本丸メモリアルバーク」帆船日本丸・横浜みなと博物館HP
★「先代『帆船日本丸』が国の指定重要文化財へ!」国土交通省HP
★「世界最大の時計型観覧車 コスモクロック21」よこはまコスモワールドHP
★「横浜ならでは、海を彩るきれいな夜景スポットはどこ?」はまれぽ.com HP
★「1974年に誕生した横浜家系ラーメン!その過去と現在をまとめた!」知の冒険HP
★「横浜豚骨醤油ラーメン」家系総本山 吉村家HP

★「横浜家系総本山 吉村家を初心者向けに徹底解説!」ヨリイトの作業机HP

(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2814 【麺類色々245】国宝・迎賓館の青空と『家系ラーメン』・・四谷」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」
★「2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと『日本初の食パン』・・横浜元町


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(東京の夜景もキレイですが、海が在る分だけ・・横浜もキレイですナ)

桜木町駅から電車に乗ったは良いモノの、ナゼか横浜駅で一旦降りた私メ。てぇのは先日、四谷で初めて食べた「横浜家系ラーメン」が結構美味しかったンで、その総本山「吉村家」サンへ参ってみようと思ったンですヨ。ソレまで全く興味が無かったのに、イザ関心を示すとコレだから・・我ながら随分元気な病人ですが、横浜駅西口にほど近いココが「醤油豚骨」の横浜家系ラーメンを初めて出したトコらしく、その直系店やら系列店やらインスパイヤ店やらパクリ店やら・・雨後のタケノコの様に都内で増殖してますンで、その総本山って気に成る気に成る!ですが・・こりゃ私メの口にゃ合わないヨ、塩っぱ過ぎる!特に味を濃くして貰った訳じゃ無いですが、なんぼナンでもコレは無理。良く行くラーメン二郎もソウですが、本店や直系店よりインスパイヤ店とかパクリ店の方が味は穏やかで、万人向けに直されてるンで・・私メが四谷で初めて食べたソレも、系列店ならではの"手直し"がされてたンでしょうネ




| 2017.05.27 Saturday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと「日本初の食パン」・・横浜元町

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

重い腰を上げて横浜に今回行った理由の一つは、「あるモノ」を元町で買いたかったから。開港により集団移住させられた旧横浜村住民が、延元年(1860)に外国人向けに作ったヨコハマ最古の商店街ですゼ

 

二年半ぶりに訪ねた横浜を、東京に居る時と同じ様にテクテク歩き廻る私メです。呆れる位にお天気は素晴らしく、陽光が眩しすぎる様な気すが、まだ真夏のソレじゃ無く・・帽子を被ってれば困る程じゃ無い。

 

とは云え・・私ぁ自律神経が少しイカレてるンで暑さが今イチ判らず、熱中症が怖いンで横浜公園の木蔭で涼んでましたらば、ナニやらお花のイベントをしてましたヨ。えぇと「全国都市緑化よこはまフェア」だってさ!

 

元町の東端「フランス山公園」から坂を登り、山手の高台に上がっコに在るのが「港の見える丘公園」。港の風景は大したコト有りまが、園内の沈床花壇周辺はフェアに合わせて花・花・花・・夢の世界!

 

旧建設省の肝煎りで始まった「花と緑をテーマにした地方博覧会」で、昭十八年(1983)から毎年ドコかしらの都市で開催され、今年で三十三。大阪で昔やった「国際花博」は、コレの特別版だった模様。

 

私メの両親が十数年前にボランティアをした「浜名湖花博」も、このフェアだったらしく・・全く親不孝なバカ息子で、ソウとは知らず居りましたヨ。尤も開催地域の住民と、花好き以外は知らン方がフツーでしょうが。

 

港の風景が良く見えない「港の見える丘公園」の売りモノは、都市緑化フェアの為に大整備された「イングリッシュローズの庭」。コレでもかコレでもかと云う位にバラが咲いてて、人生最多のバラを見た様な気が

 

今年で横浜でソレをしてるだナンて知る筈も無く、ホント偶然ソウだっただけですが、案内板を見ると「港の見える丘公園」でバラが盛りらしい。ドウせ元町まで買い物に行く心算だったンで、序でに行ってみますか。

 

デートするカップルにゃ定番の場所ですが、生憎コチとら独りが楽しい浜ブラブラ歩き。本来なら間違っても近寄らぬトコなれど、毒食わば皿で!御自慢のバラがドレ程のモノか、どうせヒマだし見てやろう。

 

開港当時にイギリス軍が駐留してた高台を、昭和三十七年(1962)公園化したのが「港の見える丘」。園内に残された旧イギリス総領事「イギリス館」でのサロンコンサートを、聴きに行った記憶が有りますナ

 

横浜に来てなかった間、一日も休まずにテクテク歩き続けた結果、山手の高台程度なら大して苦じゃ無く成った私メ。もちろん楽々登った訳じゃ無いですケド、ドレほどの絶景が待ってるかと思うと足取りは軽いモノ。

 

そして公園内へ入れば・・コリャ凄ぇや。今までにコレ程の数のバラを見たコトが無い!ドウやら正に満開の日に偶々来ちまった様で、そ芳香の濃厚なコト。「イイじゃん横浜」と叫びたく成る、港の見える丘でした。

 

横浜での都市緑化フェアは「ガーデンネックレス」と云う愛称が付けられ、来月の四日まで開催されてますが・・この仔がマスコットの「ガーデベア」。花の蜜が好物だソウですが、この姿を見てると落語の「あたま山」を思い出して仕方ない私メ・・寄席芸人ですからネ。処で「ベア」は熊だけじゃ無く、「花を付ける」「実を結ぶ」と云う意味も有るそうナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「神奈川県横浜市中区みなとみらい21」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「横浜元町ショッピングストリート」協同組合元町SS会HP
★「横浜元町にKitara」Lifelab・Kitara編集部HP
★「Garden Necklace YOKOHAMA 2017」第33回 全国都市緑化よこはまフェア実行委員会HP
★「今年は横浜!緑の祭典『全国都市緑化よこはまフェア・みなとガーデン』」たびねすHP
★「港の見える丘公園」はまてなしHP
★「港の見える丘公園」悠歩悠遊HP
★「港の見える丘公園の春バラ2017」Nori−sukeの写真散歩ブログ
★「横浜市イギリス館」横浜市緑の協会HP
★「愛され続けて129年」横浜元町ウチキパンHP

★「食パンの元祖 ヨコハマベーカリー宇千喜商店」横浜元町ウチキパンHP
★「元町『ウチキパン』、その人気の秘密とは!?」はまれぽ.com HP


(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」
★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」

 

★「409 【名物パン35】コロッケパンの発祥地は銀座」

★「1180 【名物パン94】日本初の『甘食』?と東京大学‥本郷」

★「1181 【名物パン95】日本初の『カツサンド』!と晩秋の上野公園」

★「1182 【名物パン96】世界初の『カレーパン』!と芭蕉翁‥森下」
★「1305 【名物パン120】桜咲く板橋で『日本元祖のコッペパン』を」
★「1399 【名物パン130】日本元祖の『クリームパン』‥館山」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「2001 【名物パン217】日本初の『ちくわパン』は志村坂上に」
★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ナニ一つ下調べせずに参ったンですが、コリャ無欲の勝利でしたゼ)

さて一体ナニしに元町まで参ったかと云えば、ソリャ日本元祖の食ンを買いに明治二十一年(1888)創業の老舗製パン店「ウチキパン」サンへ行ったからですヨ。開港直後の文久二年(1862)に居留外国人向けにイギリス人が開業したヨコハマベーカリーで焼かれたのが日本初の食パンですが、ソコで修行した日本人職人が暖簾を引き継いだのがココでして、イースト菌を使わずにホップ種で膨らませた巨大で重たい食パ「イングランド」は、当時と殆ど変わって無いンだとか。モッチリとした柔かさが抜群で、少し高いけどソレだけの価値が有りますナ




| 2017.05.26 Friday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2827 【お米料理267】久し振りの横浜で「バーソーハン」を・・関内

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

港ヨコハマの中心街・関内に聳える「横浜三塔」の内、日本大通り沿いに威容を示すのは「キングの塔」こと、昭和三年(1928)に建てられた「神奈川県庁・本庁舎」。当時は入港する船舶の目印に成ってたとか

 

相も変わらず青空療法で毎日テクテク歩き廻る私メですが、普段の都内を飛び出して横浜へ参りましたヨ。何だかエラク久し振りで・・調べてみたら二年半ぶり。発病直後に一度来てる様ですが、全く覚えてません。

 

もっと遠く・・静岡以西へは度々参ってますが、決して避けてた訳じゃいケド横浜へ行く機会も用事も無くて。拙宅近くの池袋からはJR宿ラインや、メトロ副都心線で乗り換えなしの直通列車で行けるのに。

 

コチラは「ジャックの塔」こと、国の重要文化財「横浜市開港記念館(浜市中区公会堂)」。大正六年(1917)に開港五十周年を祝って建てられたモノで、関東大震災で崩壊した尖塔が平成元年に再建されてます

 

コレが静岡以西だったら「頑張って行って来よう」と覚悟して旅立ちますが、横浜は中途半端に近くて・・そんなに気合を入れず、体調と気候い時に参れば良いと思うから、結局ズルズル訪ねず終いで二年半。

 

「港の風に吹かれたい」「浜ブラ()しに行きたい」と思えども、「ま、何時でも行けし」「ドウせならもっと遠くへ」と流されっぱなし。だもんで今回は行かざろう得ない状態に己を追い込んで、仕方なくなくヨコハマへ!

 

関内(かんない)が外国人居留地だった明治三年(1870)、そのメイントリートとして造られたのが国内初の西洋式街路「日本大通り」。横浜一の洒落た通りで、キングの塔を初め重厚な建物が建ち並んでますヨ

 

明治五年(1872)に日本初の鉄道の終点・初代横浜駅として開業した、桜木町駅からブラブラ歩いて関内へ。安政六年(1859)に西洋列強に対して開港したのが始まりで、歴史は浅いけど「日本初」だらけの街。

 

その中心だったのが、クイーンの塔の場所に在った「神奈川運上所」。ソコに二つの波止場が設けられ、貿易に従事する外国人が付近に多数住み着いて、ソレまで日本にゃ無かった西洋風のモノが沢山作られた。

 

日本大通りは「象の鼻波止場」から四百mほどの短い道で、突き当りの横浜公園の中にゃ「横浜スタジアム」が。プロ野球・ベイスターズの本拠地で、東京オリンピックでは野球・ソフトボールの会場に成ります

 

何しろ四方が海の日本だから、珍しいモノ・良いモノは船が外国から運んで来るのが昔はフツー。今は滅多に使わンけど、私メ子供の頃は「舶来品」って言ってましたナ。その多くが港ヨコハマから入った訳だ。

 

また洒落たモノも横浜から。同じ関東の大都市でも東京と違い、当時建物等が結構残ってるから歩いてて・・あぁ面白い。ナンでもっと早くかったンだろう、簡単にゃとても廻り切れぬ!話は明日に続きますヨ。

 

初夏としては少し暑いですが、ソレでも歩き廻るにはベストシーズン!また街角のお花もキレイで・・日本大通り沿いは色とりどりのバラが咲いてましたが、横浜公園の中は方々で大輪のユリが満開。実は「全国都市緑化よこはまフェア」と云うイベントが横浜市内各地で開催中で、大通りもココも会場ナンだとか。このフェアは明日ご紹介する心算です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「神奈川県横浜市中区山手」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「横浜三塔物語の伝説を巡ってみよう!キング・クイーン・ジャックの塔ツアー」LatteコラムHP

★「神奈川県庁本庁舎(キングの塔)」神奈川県庁HP

★「【横浜三塔の日】ジャックの塔(横浜開港記念会館)に登ってきたよ!」GOGOBCOR.COM HP
★「なぜ横浜が開港されたのか」かつて日本は美しかったブログ
★「NIHON odori」日本大通り活性化委員会HP
★「日本大通り」はまてなしHP
★「日本大通りではバラが満開です 2017」四季の風景ブログ

★「横浜公園(中区)」横浜市役所環境創造局HP

★「人が集い、コミュニケーションを育む、横浜のボールパーク」横浜スタジアムHP
★「第33回 全国都市緑化よこはまフェア」同実行委員会HP

★「本日の横浜公園・ゆり開花情報」メタ坊ちゃま、メジャーデビューに気をつけてブログHP
★「安くてお腹いっぱい☆肉操飯・魯肉飯・滷肉飯」台湾、ご飯どうする?ブログ
★「横浜で庶民的で美味しい本格台湾料理が食べられるお店を教えて!」はまれぽ.com HP


(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2298 【お米料理194】大再開発工事の始まる渋谷で『魯肉飯』を」

★「2332 【お米料理202】台湾物産館で『本場の魯肉飯』を・・笹塚」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(やっぱヨコハマ楽しい!コレからは横浜歩きに積極的に参りましょ)

横浜に来たからにゃ中国料理を食べたく成りますが、横浜公園の近くの中華街は・・私メが昔良く行ってた頃と違って下らぬ観光地に成り下がり、ただ混んでるだけで・・昔を知ってるだけにチョット行きたく無いンですよネ。だもんでパスして関内をブラついてましたら、馬車道で「五味(ウミシャン)」なる庶民的な台湾料理屋サンを発見!台湾と云えばソリャもう豚のそぼろ肉を台湾醤油で甘く煮た「魯肉飯(ルーローハン)」に決まってますが、ココは南部の台南料理がメインらしく、魯肉飯じゃ無くて「肉操飯(バーソーハン)」と呼ぶンだそうナ。八角を使ってないのに肉がトロトロで、あぁ懐かしき台湾の味!やっば横浜って美味いです




| 2017.05.25 Thursday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と「シウマイ弁富」・・横浜


横浜みなとみらい21のシンボルは、中央地区の二十五街区に聳える「ランドマークタワー(高さ二百九十六m)」。横浜にゃ他にコレほど高いビルが無いンで、遠くからも目立ちます。正にランドマーク(目印)です

昨日は東京・新宿の超高層ビル街を意味も無くブラつきましたが、同じ超高層ビルの繋がりで、今日は「日本最大の市」ミナト横浜へ参った私メです。但し夜じゃ無いンで、綺麗なイルミネーションは有りませんケド。

横浜の超高層ビルと云えば、ソリャ今春開業した大阪の「あべのハルカス(三百m)」に抜かされるまで、二十年近くも日本一の地位を保った「横浜ランドマークタワー」ですヨ。その差は僅か四m弱だけだったりする。

聞く処によればランドマークも当初の予定では、キリ良く三百mちょうどにする筈だったらしいンですが、羽田空港から発着する飛行機の飛行高度に引っ掛るとかナニかで、やむなく四m弱ほど減らし建てたとか。

しかも当初はツインタワーにする計画だったらしく、もしソレが実現してたら凄い風景に成ってたンでしょうナ。ですが一本目が完成した平成五年(1993)はバブルが完全に崩壊し、余裕が無く成って有耶無耶に。


ランドマークタワーの麓に華麗な帆船が!コレぞ「太平洋の白鳥」と呼ばれた先代「日本丸」で、昭和五年(1930)に建造されたモノ。現役時代は航海訓練所の練習帆船として、地球を四十六周も廻った計算に

大体がランドマークの建つ「みなとみらい21」地区自体がバブルな発想で、三菱重工横浜造船所や国鉄貨物ヤードを移転させ、ソコに東京から官庁や企業を誘致して、横浜の海沿いを活性化させようとしたモノ。

計画自体は随分古く、まず立案されたのが昭和四十年(1965)。イロイロ有って着工したのが昭和五十八年(1983)で、その数年後にバブル景気が始まってます。当然乍ら、計画は随分バブリーに成って行く。

当時は港湾部を弄る「ウォーターフロント開発」が持て囃され、一番手の神戸の人工島ポートピアに、全国の港湾都市が追い付け追い越せと競ってた頃。関東じゃ東京・お台場や、千葉・幕張が開発されてます。

ですが熱は冷め易いモノで、大規模に始めちまった分だけ横浜は苦労した筈。ランドマークタワーだけがポツンと建ってましたが、ココ十年で色ンな建物がドンドン出来、やっと完成が近付いてる様な気がします。


港湾地区に在った古いモノをタダ壊した訳じゃ無く、価値の有るモノをチャンと再利用してるのに、好感が持てますネ。新港地区の二街区に残る「横浜赤レンガ倉庫」は、明治終わりに建てられた政府の元保税倉庫。壊さないで修繕し、人気の観光スポットに生まれ変わってます
 

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県浜松市中区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンション・ビューローHP
★「minato mirai 21」横浜みなとみらい21HP
★「みなとみらいのシンボル」横浜ランドマークタワーHP
★「日本丸メモリアルパーク」帆船日本丸記念財団HP

★「文明開化の地、港ヨコハマ」横浜赤レンガ倉庫HP
★「地元密着 おでかけ情報」リビング横浜WebHP
★「ウォーターフロント開発」バブルの時代HP
★「横浜みなとみらい21地区の街づくり」横浜みなとみらい21HP
★「横浜名物 シウマイの崎陽軒」崎陽軒HP
★「シウマイ弁当はおかげさまで、六十歳(還暦)になりました」崎陽軒HP

★「ニッポン・ロングセラー考 シウマイ弁当」COMZINE HP

(関連する記事)

★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1140 【保存食品29】元祖『みそピー』と竹芝桟橋」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1797 【お米料理135】バブル伝説と『塩牛どん』・・芝浦」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(ランドマークタワーが二本建ってたら、ホント凄かったでしょうナ)


今年で発売から六十周年を迎えた、横浜の大名物をご紹介し忘れてましたゼ。それぞ横浜・崎陽軒の「シウマイお弁當」で、コレを嫌いな浜っ子は先ず居るまい!シウマイがメインのおかずに成った幕の内弁当ですが、このシウマイは冷めて食べるのが前提だから、コレほど駅弁に適した食材は有るまい。加えてタケノコの煮たのが沢山入ってて、コレがまた抜群に美味いのですヨ。国内全ての駅弁の中で、一番売れてるのも当然だろうと思わせるシウマイ弁當。なお横浜では焼売はシウマイで有って、決してシューマイと発音しては成りませぬ。シウマイはシウマイが正しいンです




| 2014.12.27 Saturday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
1836 【調味料類24】海に面した駅と「あんだんすー」・・鶴見


JR鶴見線の終点の一つが、ホームが京浜運河(つまり海)に面してる「海芝浦駅」。列車のドアが開くのご覧の通りで、正面に見えるのは首都高速湾岸線の「鶴見つばさ橋」と云う、ホント信じられない風景です

日本最大の市・横浜を構成する十八区の一つ、鶴見区を訪ねてます。昨日はJR鶴見駅前を通る旧東海道をブラつきましたが、雨がドンドン強く成り、歩いてられる様な状況じゃ無い。梅雨だから仕方無いケド。

止む無く鶴見駅へ戻ったらば、JR鶴見線の電車が間もなく出発するらしい。ソリャ良い、電車に乗って雨凌ぎと致しましょうか。「海芝浦」なる行き先が不安ですが、きっと多分・・何か面白いモンが在るに違いない。

鶴見線は戦時中に買収されるまで、「鶴見臨海鉄道」と云う私鉄だった路線。京浜工業地帯の一角たる、鶴見の臨海工場地域へ行く電車で、工場と運河の隙間をのんびり走って行きます。ブルーワーカー御用達。

新しいのか古いのか判らない銀車体の電車で、聞けば山手線や埼京線のお古を改造したンだとか。埼京線と云えば、東京・板橋の拙宅近くを走り抜ける通勤電車。こんなトコで余生を送ってたか!お久しぶりネ。



海芝浦駅は東京芝浦電気(現:東芝)への工員輸送用に、昭和十五年(1940)に開業してます。よって東芝の社員以外は、駅の改札から出られません。芝浦電気の海沿い工場の前だから、略して「海芝浦」です

特に当ての無い、時間つぶしの列車の旅。降りる駅はドコでも良いンですが、途中から尋常じゃ無い車窓に成って来た。巨大工場と石油タンクばかりで、人家なぞ全く見えンわ。駅前商店街なんて、在る訳が無い!

極め付けは終点の海芝浦駅で、駅から出る事すら出来ぬ・・。と云うのは、「駅の改札=東芝の工場の入り口」で、社員証を持たぬ奴の通行は一切罷りならぬ!コリャ仕方無いヨ、大人しく折り返すしか有るめぇナ。

ですが再出発まで三十分近く有らぁ・・、ナニしてれば良いのかしらん。しかも雨は依然降り止まず、運河を挟んだお向いの巨大橋「鶴見つばさ橋」の雄姿も、余り良く見えません。晴れてたら素敵なトコでしょうが。

ソレでも「ナニやってンだろう」と落胆する心より、「世の中には不思議なトコが在るモンだ」と満足する心の方が重く、結構満足しちまってンだから、我ながら単純ですゼ。果たして再訪する機会は有るんでしょうか?



海芝浦駅のホームはこの一つだけ。何しろ週末の日中は、二時間に一本しか運転されない閑散区間だから、コレで十分なんでしょうナ。ソレにしてもココが横浜とは信じられない、こんなトコが在ったンですナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「神奈川県藤沢市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「鶴見見どころ80」横浜市鶴見区役所HP
★「よこはま・鶴見 魅力スポット見てある記」同HP
★「都会の中のローカル線」ちょこっと鶴見線などHP
★「鶴見線の終点駅めぐり」デイリーポータルZ・HP

★「鶴見線の休日 〜海芝浦支線〜」ときひろ.ねっとHP
★「閉された絶景、海芝浦駅」ありの木HP
★「JR鶴見線 海芝浦駅」夜景Navi HP
★「横浜市沖縄区」横浜鶴見沖縄ストリートHP
★「鶴見リトル沖縄さんぽ」デイリーポータルZ・HP
★「アンダンスー」沖縄料理レシピ・ブログ

(関連する記事)

★「270 【麺類色々13】横浜・鶴見区でうちなーを楽しむ」
★「323 【名物パン24】鶴見あげパンと生麦事件」
★「990 【やきそば71】鶴見区は沖縄の風!『ケチャップ焼きそば』」
★「1271 【野菜果物45】リトル沖縄で『みそ汁定食』を!‥鶴見」
★「1480 【呑みモン44】青い海と『琉球コーラ』と『ポーポーもち』」
★「1797 【お米料理134】バブル伝説と『塩牛どん』・・芝浦」
★「1836 【名物パン201】『珈琲あんぱん』を気の毒な街・鶴見で


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(一般人は鉄道に乗る以外、海芝浦駅付近へ行く手段は有りません)


商店街どころか、人家の全くない海芝浦に「珍しい食いモノ」の有る筈が無い!ソコで「鶴見区と云えば沖縄人街」と云うコトで、沖縄の家庭料理「あんだんすー」を。豚の三枚肉から作る少し甘めな肉味噌のコトで、ご飯に掛けたりお結びの具にしたり、食パンに塗ったり・・の万能調味料。コレを一袋常備しときますと、メニューが随分楽に成る筈です




| 2014.07.21 Monday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
1835 【名物パン201】「珈琲あんぱん」を気の毒な街・鶴見で


東海道「鶴見宿」の鎮守さまは、横浜じゃ最古とされる「鶴見神社(杉山大明神)」。推古天皇の御代と申しますから約千四百年前、聖徳太子の時代ですナ。東海道本線等の建設の為に、境内が大分狭く成りました


日本最大の市・横浜の東部、人口二十八万を誇る「鶴見区」へ参った私メです。横浜カーストの埒外とされる気の毒な区ですが、東日本最大の沖縄人街が在るのが気に入って、ココを目的に時折訪ねて居ります。

電車ならJR京浜東北線の「鶴見駅」か、京浜急行の「京急鶴見駅」か。共に大きな駅ですが、JRは東海道線も横須賀線も見向きもせずに通過しちまうし、京急もカットビな快速特急や特急は猛速度で通過しちまう。

規模の割にはホント可哀想な街で、やっぱ東海道の宿場じゃ無かったのが効いてるのかナ?いや旧東海道は鶴見駅前を通ってるけど、ココは「間(あい)の宿」で、幕府から正式に認められた宿場じゃ無いから。

江戸時代、日本最大の幹線とされたのが、江戸・日本橋と京都・三条大橋とを結ぶ東海道。所謂「五十三次」で知られた道ですヨ。コレは江戸と京都の間に、合わせて五十三ヶ所の宿場が在った事に由来してます。


旧東海道は駅前商店街と化し、突き当りに見える京急鶴見駅を境に、東は「ベルロードつるみ」・西は「鶴見銀座商店街」に成ってます。画像は鶴見銀座で、左端の建物が珈琲あんぱんの「エスプラン」さんです

東海道の場合、宿場ごとの距離は概ね「二里(約八km)」と考えて戴くと判り易い。尤もコレは平均で、峠越えや諸々の事情で長く成ったり短く成ったりするのも仕方無い。ま、平坦地は長くなる傾向が有りますネ。

昔の人はこの二里を、休憩も含めて二時間弱で走破するのが当然で、ソウ考えると‥宿場間が二里おきなのは理に適ってます。処がもっと間隔が長いトコも多々有って、そんな場合は「間の宿」が置かれたりする。

要するに休憩所ですナ。宿場じゃ無いから「幕府公認の旅館」は在りませんが、ソレなり以上に賑わいます。また何事も名目だけで旅館同然の施設は在りますし、中には下手な宿場よりも栄えてたトコも在ったとか。

鶴見は川崎宿と神奈川宿との間の、「間の宿」として大いに栄えたとのコト。よって新橋・横浜間に鉄道が敷かれた時、日本最初の駅の一つとして明治五年(1872)に開業したのに・・この冷遇。ホント気の毒です。


京浜東北線以外にも、「鶴見線」がJR鶴見駅に乗り入れてますヨ。コレがまた不思議な鉄道で、余り珍しいンで思わず飛び乗っちまいました。その模様は明日ご案内の予定です。何だか「鉄ちゃん」してますネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「神奈川県横浜市鶴見区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「鶴見見どころ80」横浜市鶴見区役所HP
★「よこはま・鶴見 魅力スポット見てある記」同HP
★「横浜最古の社」鶴見神社HP
★「旧東海道に江戸の香りも漂う鶴見駅周辺」大成有楽不動産案内HP
★「横浜旧東海道 みち散歩月間 鶴見 生麦」横浜市文化観光局HP
★「旧東海道を往く (鶴見区編)」鶴見日記ブログ
★「ようこそエスプランへ!」エスプラン洋菓子店HP
★「横浜発祥!?『珈琲あんぱん』って何!?」はまれぽ.com HP
★「覇王樹(さぼてん)茶屋跡」Google Earthで街並み散歩ブログ

(関連する記事)
★「
270 【麺類色々13】横浜・鶴見区でうちなーを楽しむ」
★「323 【名物パン24】鶴見あげパンと生麦事件」
★「990 【やきそば71】鶴見区は沖縄の風!『ケチャップ焼きそば』」
★「1271 【野菜果物45】リトル沖縄で『みそ汁定食』を!‥鶴見」
★「1507 【粉なモン27】中山道の講談と『吹上フライ』・・鴻巣


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(生憎の雨降りで街歩きは大変でしたが、雨は酷く成る一方でして‥)


鶴見宿の名物の一つに、「覇王樹(さぼてん)茶屋」と云うのが在ったとか。ドウ云う訳か?ソコにゃサボテンが生えてたソウで、ソレを見世物にして茶屋は賑やかだったそうナ。残念ながら明治末の大火で焼け落ちてしまった様ですが、その茶屋は洒落たパン屋「エスプラン」に商売替えし、現在で十一代目と云うからご立派!自慢の「珈琲あんぱん」を買って参りましたが、コーヒー味の餡子ってホント不思議だナ。鶴見の名物として「パングランプリ東京」でも、初代王者に輝いたソウですヨ




| 2014.07.20 Sunday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS