きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
3151 【団子饅頭116】「出町ふたばの豆餅」と応仁の乱の始まった場所・・鞍馬口

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

京都市営地下鉄・烏丸線の「鞍馬口駅」は、鞍馬山への最寄駅と誤解されるのが多いと聞きますが、ソコへ向かう鞍馬街道の始まる「出雲路橋」の最寄りなだけですナ。橋の下を鴨川が静かに流れていきます

 

GW前の旅のお噂を今更記事化して失礼致しますが、大阪に続いて京都へまた参った私メです。天下無敵を気取る阿呆の多い東京人が、唯一頭の上がらぬ街がココですナ。如何せん歴史の蓄積が違い過ぎる。

 

コレばっかりは大金叩いたってドウにも成らず、叶わねぇとシャッポを脱ぐしか有りませんが、京都の人も正直ヒドい様な。コリャ定番の冗談ですが、「前の戦さ」は二次大戦じゃ無くて「応仁の乱」と答えるお方が。

 

馬鹿言っちゃ行けねぇ!幕末の「どんどん焼け(蛤御門の変)」で洛中は広く焼け野原に成ったのが最新の筈ナンで、どうかソウ正しく仰って戴きたいモノですナ。コレだったら僅か百五十年ほど前の出来事ですし。

 

鞍馬口駅近くの「上御霊(かみごりょう)神社」サマは、疫病が蔓延した京都を怨霊から救う為、御所近くの下御霊神社と共に貞観五年(863)に創建された厄払いのお社。京都に多い夏祭り「御霊会」発祥地です

 

さて「応仁の乱」とは室町時代中期、応仁元年(1467)から十一年の長きに渡って続いた戦いで、全国の武家勢力が真っ二つに分れて争った癖に、主な合戦場所の殆どが京都市内だと云う、実に不思議な内戦。

 

執権を世襲した北条得宗家が英邁続きだった鎌倉幕府や、譜代家臣による官僚組織が万全だった江戸幕府と違い、京都が本拠の室町幕府は各地の有力守護の勢力争いに左右される、実に不安定な政権ですヨ。

 

中でも酷かったのが八代将軍の足利義政公。有名な銀閣寺を建てた方と云えばお判りに成るやも知れませんが、政治を束ねる将軍と云う立場だったのに、ソレを半ば放棄して趣味に没頭してたとお思い下さいナ。

 

幕府の管領(今の総理大臣)畠山家の跡目争いが激化し、遂には合戦と成ったのが「応仁の乱」ですが、その口火が切られた場所が上御霊神社サマ。東軍が陣取ったココに、西軍が攻め込んで乱が始まります

 

但し完全に政治を放棄してた訳じゃ無く、初めは半端に関与されてたから困っちまう。つまり将軍を補佐する管領・畠山家の跡継ぎを一旦定めたモノの、周囲の声に動かされて二転三転・・こりゃ禍根を残しますワ。

 

また有力守護の方も家中の主導権争いやらナニやらで、兄弟や親子間で与する派が分れるトコが続出し、また有力守護を手助けするコトで自分の勢力を増そうとする地方の豪族まで加わって、一触即発の危機。

 

そして遂に上御霊神社サマで武力衝突が起き、「細川勝元さんを首領とする東軍」と「山名宗全さんを首領とする西軍」が長い長い合戦へ。もちろん両軍共に、まさか十一年も掛かるとは思わって無かった筈ですが。

 

上御霊サマから御所の方へ向かいますと、ナンとも縁起の良い名前のお社を発見!「幸神社(さいのかみのやしろ)」だソウで、平安京造営の際に創建された古社・・但し本来は「賽ノ神」。鬼門封じの道祖神ですヨ

 

とにかく始まっちまったからは両軍共に懸命に戦いますが、東軍が十六万・西軍は十一万もの大軍を全国から投入し、ソレが狭い京都のアチコチで大小さまざまな合戦を繰り広げたンだから、遂に京都は焼け野原。

 

発端だった畠山家の跡目争いは忘れ去られ、細川勝元・山名宗全の両軍の大将が亡くなってもまだ続き、流石に和睦しようと云う動きが出ても納得しない連中はまだ争い、最終的にはナンだか判らぬ終わり方に。

 

両軍共に得るモノは殆ど無く、西軍の本陣の置かれてた北野天満宮の辺りが「西陣」と呼ばれる様に成ったのが唯一の成果。なのに上御霊神社界隈が「東陣」と呼ばれてないのが、京都の実に不思議なトコです。

 

幸神社サマから更に歩いて京阪・出町柳駅へ向かうと、鴨川の手前に小さいながらも実に元気な「出町桝形商店街」が。出町柳界隈へ来ると必ず寄りますが、京都の下町って雰囲気が濃厚で楽しいトコですナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区岡崎」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP

★「上京区の観光サイト」おこしやす上京HP
★「上京ふれあいネット カミング」京都市上京区役所HP

★「京の七口『鞍馬口』」京都の達人ブログ
★「出雲路橋」京都風光
(京都寺社案内)HP
★「京都のどんどん焼け」武産通信ブログ
★「上御霊神社」京都府神社庁HP
★「戦国時代や幕末に匹敵するほど興味深い『応仁の乱』の話」wondertrip HP
★「御霊合戦・・畠山義就と政長の不毛なお家騒動と応仁の乱の始まり」鎌倉で働く太守のブログ
★「応仁の乱 西陣・東陣の場所」お墨付き!ブログ

★「幸神社〜幸福を招く京の神社」京都トリビア×Trivia in Kyotoブログ
★「今日も元気だ!」京都・出町桝形商店街HP

★「出町ふたばの『名代豆餅』」和菓子魂!ブログHP
★「【京都・出町柳】出町ふたばの豆大福を求めて平日20分行列に並んだよ」人生は宇宙だ!ブログ


(関連する記事)
★「792 【名物パン57】地名連称の老舗と名物パン『カルネ』‥出町柳」
★「793 【京都上ル下ル14】世界遺産と『ざるそば』『ざるうどん』」
★「1049 【麺類色々65】『キーシマ』と平安京のオアシス『京都御所』」

★「2260 【団子饅頭70】世界遺産の森と『元祖みたらし団子』・・下鴨神社」
★「2286 【団子饅頭72】今日も元気な商店街で『ふたばの豆餅』を・・出町柳」

★「2466 【団子饅頭77】日本最古の茶店で『あぶり餅』を・・今宮神社」

★「2504 【今川焼き49】新緑の糺の森で『コーヒー屋の鯛焼き』を・・下鴨」

★「2537 【スイーツ199】風そよぐ上賀茂神社と『六月祓の水無月』」

★「2603 【スイーツ211】清水流れる上賀茂神社で『したたり』を」

★「2794 【団子饅頭104】桜咲く糺の森と『京都の追分団子』・・下鴨」

★「2895 【呑みモン78】灼熱の京都御所と夏の定番『京番茶その5』」
★「2896 【お米料理278】土用の梅と左大文字と『焼き飯&チャーハン』・・北野」

★「2939 【やきそば323】秋雨降る上賀茂で『キムチ焼きそば』を」

★「3022 【お米料理294】足腰の神サマと『近江牛の柳川丼』・・御所西」
★「3114 【やきそば342】京洛随一!平野の夜桜と『京都のイタリアン焼きそば』」
★「3116 【お米料理309】遅い桜の上賀茂神社と『絶滅寸前の吉野丼』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(歴史的には応仁の乱が切欠で、戦国時代が始まったとされてます)

出町柳と云えばこりゃドウしたって、老舗和菓子店「出町ふたば」サンの大名物「名代豆餅」しか無いですナ。以前もご紹介してますが、美味いモンは仕方ないでしょ。さて名前は豆餅ですが・・世間一般で言う豆大福のコトでして、甘さ控えめの十勝産小豆の漉し餡が、塩蒸しされた豌豆が沢山入ったお餅にタップリ包まれて、あぁなんでこんなに美味しいンだろう?拙宅から遠からぬ東京・音羽にも群林堂と云う豆大福の名店が在り、時折ソレを買ってる私メですが・・同じ豆大福でもお上品さが違うのネ・・やっぱ京都ですナ。ふたばサンは始終行列に成ってますが、時間によっては空いてるコトも有りますンで、ソレが狙い目です




| 2018.05.27 Sunday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
3114 【やきそば342】京洛随一!平野の夜桜と「京都のイタリアン焼きそば」

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

平野神社へはいつもの様に上七軒を通って行きますが、薄明時の花街はホント良い雰囲気ですナ。なんちゃって舞子はんじゃ無く、お座敷へ向かう本当の芸妓さんが偶々通ったモンだから・・まるで絵画の様

 

東京・大阪に引き続き、今度は京都で桜を見て廻ってる私メです。江戸前の寄席芸人のお前が上方で一体ナニしてやがると訝しられるやも知れませんが、馬鹿げたコトは真剣にやりませんと酔狂に成りませんゼ。

 

初めからソウだった訳じゃ無く、こと桜にコレほど嵌ったのは発病した三年半前から・・つまり桜遍路は四度目。お陰様で今春の開花寸前に寛解に達して通院は終わりましたが、この楽しみは今更止められませんネ。

 

御所の北西、北野・衣笠界隈で一番格式が高いのは、朝廷から東宮(皇太子)守護の大社として崇め奉られた「平野神社」さま。延暦十三年(794)の平安遷都と同時に創建された、京洛随一の夜桜の名所です

 

長く苦しい療養の間、一向に良くならぬ心神に正直何度も挫け掛けましたが、その度に巡る季節の美しいモノに大いに慰められ励まされ、来年はもっと元気に成って楽しみたいの一心で、前向きに突き進めた様な。

 

特に桜は東京・京都・大阪の三都を中心に、全国アチコチへ愛でて廻りましたが、元々知ってたトコも有れば初めての場所。或いは思いがけない名所に偶々巡り合ったりと、動き廻ってたからこその僥倖が幾つも。

 

朝廷が定めた「二十二社(全国神社ベスト22)の五位」と云う極めて高い格式に相応しく、大社や神宮と呼ばれたとも聞きますが、チョット地味なお社で‥普段は空いてるのに、桜咲く夜だけは大賑わいですナ

 

中でも大当たりだったのが、京都の平野神社さま。いや全国で五番目にエライお社に対して大当たりとは不敬の極みですが、北野天満宮が在るコトは知ってても、その近くにそんな大社が在るとは知らンかった!

 

しかもソコは第六十五代天皇の花山帝がお手植えされて以来、一千年以上に渡って続く桜の大名所で、余りに見事なコトから朝廷から神紋として「桜」を下賜され、似た紋章を用いる社寺の筆頭とされてるとは・・。

 

往時に比べて境内は随分狭くなったと聞きますが、ソレでも流石の桜のお社で・・今でも半分以上が桜の園!しかもココは種類がホント多いンで、年明けからナニかしら咲いてましたが・・訪ねた日は絶頂でした

 

京都や関西じゃ有名なのかも知れませんが、上方好きで度々参ってた私メ。しかも歴史稼業の端くれたる講釈師の私メが初めてと云うコトは、ココを知ってる東夷はソウ居るまい。発病しなければ知り得なかった?

 

スッカリ気に入って・・いや崇拝してるも同然で、桜以外の季節も上洛の度に詣でる様に成りましたが、今回は寛解してから初めてですし、上手い具合に満開の桜の晩。お陰様でと心から御礼申し上げた私メです。

 

平野さまの面白いトコは、桜の園と化した境内の三分の一位が花見宴会場に成ってまして、的屋サン達が大きな調理場や座敷を設えてるコト。京都らしからぬ大騒ぎが繰り広げられてますが、その灯りが頭上に拡がる桜花を照らし出して華やかなコト鮮やかなコト!平安の昔からこんな風に王侯貴族は花の夜を楽しんでたんでしょうか?違うかナ?

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区南禅寺」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「京都上七軒へおこしやす」上七軒 匠会HP
★「みなさまのご来場をお待ちいたしております」上七軒歌舞会HP

★「全国唯一の皇太子ご親祭の定められた神社」平野神社HP
★「【神社界のトップ22】二十二社 上七社のご紹介【御朱印まとめ】」NAVERまとめHP
★「平野神社」中正面2列16番ブログ

★「平野神社の桜」平野神社HP
★「平野神社の桜」巨樹と花のページHP
★「夜も美しい京都『平野神社』桜ライトアップ!多彩な品種・花の共演」Teavel.jp HP
★「平野神社の神紋は桜」京男雑記帳ブログ
★「喫茶マリヤ」焼きそば名店探訪録ブログ
★「五番町散策前に・・千本中立売レトロ喫茶」京都はんなりロマンチカ・ブログ


(関連する記事)
★「681 【お肉料理14】天神サマと五番町夕霧楼と『松葉焼き』」
★「682 【呑みモン22】西陣の不思議神社と『冷やし飴』」
★「2263 【団子饅頭71】『長五郎餅』と記憶力回復への願い・・北野天満宮」
★「2288 【揚げモン61】日本最大の禅寺と『ジャンボ白雪チキンカツ』・・花園」
★「2418 【やきそば256】京都は変と乱と桜と『ジャンボ』が好き・・北野」
★「2436 【揚げモン64】『二色ジャンボチキン』と紅白梅花の北野天満宮」
★「2454 【呑みモン64】織田信長公の神社と『京番茶』・・船岡山」
★「2464 【呑みモン65】京都随一の桜の名所・平野神社で『桜湯』を」
★「2465 【団子饅頭76】芸妓とおかめと『天神さまの粟餅』と・・上七軒」
★「2602 【団子饅頭87】『天神サマのやき餅』と記憶力回復への願い・・北野天満宮」
★「2634 【やきそば282】雷雨の上七軒で『チャーミング焼きそば』を」
★「2636 【団子饅頭93】心地良い平野神社で『京都の豆餅(あんなし)』を」

★「2709 【お米料理257】虹と桜と巡洋艦と京都だけの『衣笠丼』・・衣笠」
★「2710 【やきそば294】梅咲く初春の北野天満宮で『花街の焼きそば』を」

★「2793 【揚げモン70】日本最初の夜桜と『ビーフミンチカツ』・・平野」
★「2896 【お米料理278】土用の梅と左大文字と『焼き飯&チャーハン』・・北野」

★「3038 【お米料理296】真冬に咲く京都の桜と『大力餅の衣笠丼』・・衣笠」
★「3039 【団子饅頭112】ナゾの三柱鳥居と『ゆず餅』『みかん餅』・・太秦」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(辛いコトだけの闘病でしたが、平野さまを知ったのは実に嬉しいです)

平野さまへ行く前に、空いてた小腹を落ち着かせる為と夜桜までの時間稼ぎに立ち寄ったのが、全国の焼きそば探しの盟友Salty氏が以前紹介してた千本中立売・北野商店街の南端にある「喫茶マリヤ」さん。昭和五十五年(1980)創業のレトロなお店で、西陣の旦那方の時間潰しに愛用されてる様ですが、ココの名物が「イタリアン焼きそば」。ソース焼きそばにミートを掛けるのは新潟市長岡市長浜市山梨県で何度も食べてますが、まさか京都にも有ったとは!喫茶店だけにミートソースのスパゲティがメニューに有り、ソレを焼きそばに転用したと言えばソレまでですが、当り前じゃ無いのは花ガツオが嬉しそうに踊ってるコト。先日、大阪の堂島で食べたソース焼きスパも同じ様に踊ってましたが、ミートソースに鰹節って結構合うから吃驚しますヨ。因みにミートの代わりに目玉焼きを載せると、「お好み焼きそば」に成るソウです




| 2018.04.15 Sunday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
3113 【お米料理308】知恩院の桜と「明治時代の親子丼」・・祇園白川

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

桜の名所・円山公園は花期を終えてましたが、その北側に在る浄土宗の総本山「華頂山知恩教院大谷寺(いわゆる知恩院)」さんはご覧の通り。二代将軍・徳川秀忠公が寄進した、国宝の「山門」が実に立派です

 

東京の寄席芸人なのに地元だけじゃ飽き足らず、大阪でもざんざっぱら桜を眺めても満足出来ず、花を求めて京都へ乗り込んだ私メです。三方を山に囲まれた古都は少し寒いのか?何日か花の盛りが遅いですナ。

 

もちろん入洛したのは昨日や一昨日じゃ無く、もう十日も前のコトだからアチラもスッカリ葉桜に成ってる筈ですが、今月初めはコウだったと云う記録だとご承知願います。この時期は季節の変移が激し過ぎますゼ。

 

元は余り大きな寺院じゃ無かった知恩院さんですが、大檀家だった徳川将軍家が幕府の権威を示す為に壮大な伽藍を築いたとか。コチラも国宝の本堂(御影堂)は大改修中で、ソレが終わるのは来年だソウです

 

さて昨日ご案内の建仁寺さんや花見小路界隈から四条通りを渡り、同じ祇園でも北側エリアへ。普段なら外国人観光客で騒々しい花見小路が静かなのに驚きましたが、ソレはやっぱ桜が少ないからでしょうネ。

 

日本人よりユッタリしてるとは云え、ソウは長からぬ予定で来日してる以上、多少は効率良く人気スポットを巡りたいのは洋の東西を問わぬ人情で、ましてやスマホ全盛の今日ならば旅先での情報収集も容易い筈。

 

知恩院さんから祇園の街中へ降りて行くと、ソレだけで気温が多少違うのか?石畳の続く白川南通沿いの桜並木は結構散り掛けてて・・むしろ若緑色の柳の枝が風にそよぐ様を、爽やかに感じてしまう位です

 

特に「インバウンド・バブルに踊ってる」としか思えぬ観光業界を抱える京都は、金の卵を産む彼らへの情報発信は国内向けよりも細やからしく、ソレを用いて上手い塩梅にその日の行き先を決めてるンでしょうナ。

 

要するに彼らへのお薦めに成ってるトコに行かなければ、コッチもノンビリ旅が出来る訳だ。そりゃココは日本の筈だが?と納得参らぬ点も有りますが、慣れてるコッチが多少遠慮して遣りませんと。多少ならばネ。

 

白川南通の横を流れる「白川」は、京都と滋賀県の境に聳える比叡山の南麓を源とし、南禅寺・平安神宮・知恩院のソバを通って鴨川に合する静流で、祇園じゃ一番の桜スポット・・盛りを少し過ぎてましたケド

 

尤もドコが推奨されてるかナンて知りませんし、上手く避けた心算がソウじゃ無かったコトも有る訳で、花見小路や知恩院さんに彼らが少なかったからと、些か安心して出て来た白川南通は・・おぉ大勢居るじゃんか。

 

夜桜の名所でしたが「外国人観光客が集まり過ぎて危険」と、恒例のライトアップは今年も中止に成ったまま。ソレでも昼はお薦めに入れられてるンでしょうか?ナンとか程よく参らぬモノかと、フト思った私メです。

 

白川沿いは花見客が大勢集まりますし、ソレを乗せた人力車も出没しますが、ココは観光地じゃないンで車がフツーに通るンですヨ。なのにホコテンと勘違いしてる輩が真に多く、傍から見てると危なくて仕方ない!このままじゃ夜と同じく、昼も何れ規制が掛けられてしまう予感が

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市北区衣笠」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「お念仏のふるさと」浄土宗総本山 知恩院HP
★「知恩院の国宝建築の今は・・」京都の春夏秋冬とプラスαブログ
★「境内のいたるところに桜が植えられてる知恩院」京都観光旅行のあれこれHP

★「京都祇園 八坂神社参道」祇園商店街振興組合HP

★「あなたは祇園観光の全てをまだ知らない!」カウモHP

★「京都祇園のコアな情報を発信中」祇園観光案内HP

★「京都 祇園白川の桜」京都ぶらり女の一人旅ブログ
★「白川 Shira−river」都市と自然の観察記HP
★「祇園白川宵桜ライトアップ」祇園白川ライトアップ実行委員会HP
★「観光客急増、京都・祇園の桜ライトアップ中止」京都新聞社HP

★「名代 親子丼」京縄手 とり新HP
★「【京都祇園】創業120年の鳥料理老舗店の数量限定親子丼!祇園白川の風情あるロケーション『とり新』」Kyotopi HP


(関連する記事)
★「280 【京都上ル下ル06】白川は涼しげに流れる」

★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」
★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2030 【お米料理161】『皿盛』とスッキリした祇園・先斗町」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」
★「2262 【名物パン259】夏の水遊びは『ペッパーカルネ』を連れて・・祇園白川」

★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと『豆乳アイスクリン』・・四条河原町」

★「3040 【カレー焼22】夜の四条通と『京都で見付けたアラモード焼』・・河原町」

★「3082 【麺類色々287】寒夜の花街と『超々々々老舗のたぬきそば』・・祇園」

★「3112 【呑みモン84】桜咲く花見小路と『京番茶その6』・・祇園」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(インバウンドに浮かれてる間は、ライトアップ再開は無理でしょうネ)

白川南通沿いに明治中期の開業と云う、老舗の鳥水炊き屋「鳥新」さんが在りますが、ソコの若旦那が明治時代の祇園の親子丼を味わって貰いたいと、親子丼だけを数量限定で昼間だけ出すカウンター店を店脇に設えたのが「とり新」さん。東京や大阪のソレと違って淡白で、一瞬物足りなく感じてしまいますが・・明治の味ってこう云うモンだったンですか。そして京料理に欠かせない山椒の粉を振りまくと、忽ち陥る古都の雅な花街の宴。老舗が半分道楽でやってる様なトコなんで、お仕事が実に丁寧で回転が悪いですが、早く行けば並ばずに済みます




| 2018.04.14 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
3112 【呑みモン84】桜咲く花見小路と「京番茶その6」・・祇園

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

祇園の南端に建つ「東山(とうざん)建仁寺」さんは、京都五山の第三位に列せられる名刹で、臨済宗の開祖・栄西禅師が建仁二年(1202)に開山された京都最古の禅寺・・なのに、フランクな感じのするトコですヨ

 

拙宅の在る東京だけじゃ満足出来ず、遥々大阪に乗り込んで桜を眺め廻ったにも拘らず、まだまだ足らぬわいと京都へ移動した私メです。我ながら呆れますが、自分でも抑えきれぬ衝動に駆り立てられてますネ。

 

理非は兎も角、長く辛かった闘病の日々を励まして呉れたモノの一つが桜だったのは事実で、ゴールしたも同然の寛解を宣告されたら・・尚更ソレが愛おしくて堪らず、短い花の盛りを求めて文字通りの東奔西走を。

 

建仁寺さんは境内アチコチで桜が見事でしたが、明和二年(1765)に建てられたご覧の法堂を始め、歴史ある大寺だけに立派な建物の多いコト!応仁の乱で大きく焼けたンで、当初のモノは無いと聞きますが

 

京都でも精一杯にミッチリ桜を眺めましょと、京阪電車の清水五条駅から鴨川沿いをブラブラと。そして五花街の一つ・宮川町の整った街並みから建仁寺さんの中を通り抜け、祇園の方へ出ようと云う企みですゼ。

 

何しろ建仁寺さんの北門から延びるのは、祇園を南北に貫く「花見小路通」。京都を代表する美観とされ、私メも以前から時折参ってるトコですが、街並みはもちろん名前がイイじゃん・・だって花見の小路ですから。

 

建仁寺さんから花見小路へ出ると、昔はきっとコウだったンだろうと思わせて呉れる風景に。この先、四条通りまでは元々お寺の境内だったトコで、明治初めに花街化された時に往時を偲んで名付けられたとか

 

今でも広大な建仁寺さんですが、廃仏毀釈の吹き荒れた明治以前は更に広大で、境内北側に桜の植えられた並木道が在って花見客で賑わってた様。やがてソコが祇園の花街に組み込まれ、洒落た小路の名に。

 

もちろん今のソコに桜が植えられて無いのは知ってますが、普段は夜しか行かないトコだから・・偶にゃ昼間歩くのも面白かろう。外国人観光客が騒々しいでしょうが、折角の黙を打ち破られる夜より我慢出来る筈。

 

昼間のココを歩くなんて何時以来か覚えてませんが、白川や丸山公園辺りからの花見帰りと思しき日本人が多く通り、外国語だらけのいつもと違って「ホーム感」が漂うのが逆に不思議。コレが本来の京都ですナ

 

処がそんな危惧に反し、意外と少ない彼らの姿・・もっと桜が目立つ観光スポットに行っちゃってるのかしらん?中国人の騒々しさに我慢出来た大阪城に続き、ココじゃ欧米系のソレに挑もうかと思ってたンですが。

 

お蔭でノンビリ歩けましたが、やっぱコウで無くっちゃ。だってココは日本だモノ!ソリャ外国からの旅人に日本の良さを知って貰いたいけれど、彼らの横行に閉口してたのも事実。思わぬ雰囲気を楽しンだ私メです。

 

四条通りまで出ましたら気に成るのは、耐震補強工事の為に一昨年から閉館してる「南座」の様子。約四百年前から続く日本最古の劇場で、年末恒例の吉例顔見世興行が行われるトコですンで、一日も早い再開場を願うばかり。囲いの内側は、一体ドウ成ってるンでしょうか?

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市東山区知恩院」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「あなたは祇園観光の全てをまだ知らない!」カウモHP
★「京都最古の禅寺」臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺HP
★「建仁寺の桜」京都 桜と紅葉の観光ガイドHP
★「祇園花見小路通」一路一会HP

★「京のユニークな地名 その19」京都のITベンチャーで働く女の写真日記ブログ
★「祇園 街並みが変わらなかったのは?」京都ブログガイドHP
★「祇園・花見小路が『ホコテン』化、事故の恐れ」毎日新聞HP
★「京都に増え続ける観光客に地元はキャパオーバー・・住民の生活などに弊害も」TogetterまとめHP

★「京都四條 南座」松竹HP
★「京都の冬の風物詩、南座『まねき上げ』」歌舞伎美人HP

★「京番茶」よこしま猫のふんわり腹黒京都ブログ
★「八坂の塔界隈でスイーツな一服なら/茶屋もみち園」京都cf!ブログ
★「宇治茶をもっと身近に」宇治の茶處 お茶の玉宗園HP


(関連する記事)
★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1052 【スイーツ61】太閤殿下の神社と『衛生ボーロ』‥東山」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」
★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2030 【お米料理161】『皿盛』とスッキリした祇園・先斗町」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」
★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2454 【呑みモン64】織田信長公の神社と『京番茶』・・船岡山」

★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「2872 【呑みモン77】暑い日はやっぱりサッパリ『京番茶』・・烏丸七条」

★「2895 【呑みモン78】灼熱の京都御所と夏の定番『京番茶その5』」

★「2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと『豆乳アイスクリン』・・四条河原町」

★「3082 【麺類色々287】寒夜の花街と『超々々々老舗のたぬきそば』・・祇園

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(冬夜の凛とした雰囲気の花見小路もステキですが・・春も良いですヨ)

京都じゃ至って当り前のモノなのに、余所者は全く知らないのが「炒り番茶(京番茶)」。名前こそ番茶ですが世間で知られてるソレとは全く別物で、一番茶を摘んだ後に木に残ったクズの茶葉や茎をまとめて蒸し上げてから乾燥させた、京都伝統の庶民の為の飲みモノ。香りが猛烈にスモーキーなのが特徴で、初めはソレをきっと悪臭に感じますが・・いざ慣れたらスッカリ病みつき間違いなし!私ぁ最大手の一保堂さんのを日頃愛飲してますが、お茶屋さんの多い街だからもっと美味いのが有るかも知れないと、京都へ参る度にデパートやらスーパーやらで探し回ってますナ。今回は「もみち園()」さんのと「玉宗園()」さんのを買って参りましたが、実に奥の深い京番茶・・まだまだ有る筈。口当たりがサッパリしてますンで、暑くなって来るといよいよ本番到来です




| 2018.04.13 Friday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
3082 【麺類色々287】寒夜の花街と「超々々々老舗のたぬきそば」・・祇園

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

京都のメインストリート「四条通」は、延暦十三年(794)の平安遷都の際に造られた東西の大通り「四條大路」だった道。当時から賑やかなトコだった様で、千三百年以上も繁華街で有り続けてるってスゴイです

 

冷たい雨がシトシト降る京都の街を、呑気にブラブラ旅する私メです。と云ってもココ数日のお噂じゃ無く、寛解宣告される前の気分がジリジリしてた頃の根多で御勘弁を願いますが、コレも記録の一つと云うコトで。

 

伏見稲荷サマを詣でた時に降り出した雨はナカナカ止まず、初め描いてた予定は総崩れと成りましたが、別に約束のあった訳じゃ無く・・ソレもまた一興。尤も京都の雨は底冷えするから堪えます、風邪を引きそう。

 

河原町から鴨川を越えて四条通は祇園界隈へと繋がってますが、夜だと云うのに人通りの多いコト!四条大橋は永治二年(1142)に架けられたのが最初で、現在の橋は昭和十七年(1942)に架けられてます

 

そんな時はデパ地下や繁華街巡りするのが良かろうと、大丸や高島屋の並ぶ四条河原町辺りへ繰り出したと考えて下さいナ。私ぁソウ云うトコをブラ付くのが好きでして、都内でも雨降りだったらそんなコトしてます。

 

さてデパ地下は美味そうなモノが沢山並んでて嬉しいですが、イロイロ買い込むと持ち運びに面倒ですし、大体が財力と云う難しいモノが。だもんでテキトーなトコで切り上げて表に出たら、雨がスッカリ止んでる!

 

四条通より南の「花見小路」はお茶屋や料理屋が建ち並び、祇園を代表する美しい風景・・って、マナー知らずの外国人観光客が闊歩してなければネ。晴れてたら夜でも混雑して、風情の欠片も有りゃしませんヨ

 

コレで多少はブラブラ歩け廻れそう。雨が上がった分だけ寒さは一層キツク成った様な気もしますが、ナニも嘆く事ばかりじゃ無い。普段だったらワラワラ沸いてる外国人観光客の姿が、明らかに少なく思えますゼ。

 

てぇ事は傍若無人な彼らが些か邪魔で、最近メッキリ足を踏み入れ辛くなった祇園界隈をノンビリお散歩出来るかしら。京都は国際観光都市だから外国人観光客はホント多いですが、素直に喜べる状況じゃ無い。

 

四条通より南はもともと建仁寺さんの境内だったソウで、ソコが明治以降に花街に成ったとか。雨上りの路面は街灯を殊更に反射して、整った街並みが一層キレイに思えます・・外国人が居ないと静かで良いナ

 

遠くからはるばる飛んで来た旅先だから、目一杯楽しもうと云うのは良く判る。自国に居る時と違って、気分が高揚してるのも良く判る。ですが羽目を外して良いと云う訳も無く、守るべきマナーは守って貰わねば。

 

私メだって無責任な旅行者ですが、ソレでも最低限の仁義は守ってる心算。市井の都人の苛立ちを、上洛する度に心配してしまう位。祇園も昔はこの位静かだったナと、懐かしく思ってしまった寒夜の雨上りでした。

 

結局のトコ、インバウンドを煽ってる観光庁と京都市が責任を持つべき問題ナンだと思いますヨ。花見小路でも外国人観光客向けのマナー啓蒙看板を出してますが、ソレで多少は良く成ったとは聞かないですし。目先の金を求めるのも良いですが、所詮そんなモンは水物と割り切って、市民の生活と街の文化を守る方が優先だろうと思えて成りません

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区聖護院」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP

★「四条河原町のおすすめ観光スポット17選!京都最大の繁華街!」KAUMO HP

★「四条はなやぎストリート」四条繁栄会商店街振興組合HP
★「かさねあわせるまち」河原町商店街振興組合HP

★「京都四条大橋の話」しばやんの日々ブログ

★「あなたは祇園観光の全てをまだ知らない!」カウモHP
★「祇園花見小路通」一路一会HP
★「祇園 街並みが変わらなかったのは?」京都ブログガイドHP
★「祇園・花見小路が『ホコテン』化、事故の恐れ」毎日新聞HP
★「京都に増え続ける観光客に地元はキャパオーバー・・住民の生活などに弊害も」TogetterまとめHP

★「『訪日客は迷惑』京都を悩ます"観光公害"」プレジデント・オンラインHP

★「京都、観光客増え過ぎで『街並み一変&良さ消失』の危機・・交通混乱やトラブル多発も」ビジネスジャーナルHP

★「創業五百五十余年」御用蕎麦司 本家尾張屋HP

★「京都・尾張屋」カナディアンロッキーで暮らすブログ
★「キツネとタヌキのうどんとそばが、京都と大阪で違いすぎる!」日本気象協会HP


(関連する記事)
★「239 【京都上ル下ル05】錦は今日も賑やか」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1402 【スナック22】『東海道五十三次ポテチ』の起点と終点は?‥京都」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」
★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2030 【お米料理161】『皿盛』とスッキリした祇園・先斗町」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」
★「2329 【麺類色々201】四条通の歩道革命と『天下一品のあっさり』・・河原町」
★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2452 【スイーツ189】さよなら新風館と『錦市場の豆乳ドーナツ』・・烏丸御池」

★「2505 【お米料理226】一人寂しき夜の河原町で『唐揚げ親子丼』を」
★「2605 【スイーツ212】黄昏迫る雑踏の河原町で『ちご餅』を」
★「2657 【お米料理244】光源氏のモデルと『黒い炒飯』・・六条河原院」
★「2658 【スイーツ218】『贅沢な丁稚羊羹』と南座の『まねき上げ』・・四条河原町」
★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと『豆乳アイスクリン』・・四条河原町」
★「3022 【お米料理294】足腰の神サマと『近江牛の柳川丼』・・御所西」

★「3040 【カレー焼22】夜の四条通と『京都で見付けたアラモード焼』・・河原町」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(バブルの頃の日本人も、多分あんな風に顰蹙を買ってたンでしょうネ)

花見小路界隈への外国人の立ち入りを禁止にしよう・・と云う話がドウやら出てる様ですが、今のままじゃ暮らしと文化が壊されちまうンで、ソレも仕方無いかも知れませんナ。ま、京都は昔からのモノがホント多く、ソレにゃ相応の敬意を表すべきだと私ぁ思ってますンで、冷え切った身体を暖める為に踵を返し、河原町界隈を通り抜けて御池通の北側まで移動し、寛政六年(1465、応仁の乱の前々年)創業の超々々々老舗の蕎麦店「尾張屋」さんの本店で、京都ならではの「たぬきそば」を戴いて参りましたヨ。東京と違って京都のタヌキは餡かけで、短冊状のお揚げさんが入れられてますが(実は狸も油揚げが好きだとか)、毎朝とって居られる鰹と昆布両方のお出汁は実に美味で、生姜の効いた餡かけと相まって身体が暖まる・・いや熱くなる!ですが驚いたのはココも半分ぐらいが外国人客で、インターネットで情報を仕入れてる様ですナ。尤も超々々々老舗の威厳に圧せられたのか?皆が静かでしたが




| 2018.03.15 Thursday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
3040 【カレー焼22】夜の四条通と「京都で見付けたアラモード焼」・・河原町

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

車線を一つ減らして歩道を拡げた四条通は、ソレから二年半経って確かに歩き易く成りましたし、一般車両が通るべきトコじゃ無いと云う意識が浸透したのか?バスの運行もスムーズに成った感が有りますが

 

全国的に記録的な大寒波に襲われ、拙宅の在る都内でも最低気温が氷点下なのが一週間も続いてますが、何でもコリャ三十数年ぶりの異常事態ナンだとか。良い方なら兎も角、こんな記録は全く嬉しく無い!

 

先日の大雪がまだ残ってて、毎日テクテク歩き続けてる私メとしちゃ危なくて堪りませんが、今なお降ってるトコを考えると甘受せざろう得ませんナ。例えばココ数日ご案内してる京都市も、今回は随分降ったとか。

 

かつては平安京東端の大路だった寺町通も、三条と四条の間は「寺町京極」と云う賑やかなアーケード街に成ってますネ。厳寒の氷雨から逃れようとココを暫しブラつきましたが、屋根が有るってホント有難いです

 

尤もお噂の方はソウ成る少し前、今月中旬の氷雨降る日のコトですが、寒さだけならココ数日に劣らぬ位の惨状で、むしろ雨降りだった分だけ身体は骨髄から凍えましたネ。ソレでも昼間は頑張って歩きましたが。

 

けれど黄昏時には限界で、バスに乗って中心街の四条河原町界隈までショートカット。心地良く揺れる車内は外より遥かに暖かで、安心感と疲労も有ってか何時しかウトウト白河夜船。危うく乗り過ごすトコでしたヨ。

 

四条の大丸や高島屋デパートの地下に入って暖を取りながら、美味しいモン探ししてましたら・・すっかり日が暮れちゃいましたナ。雨も上手い具合に止んだコトだから、寒さを堪えつつ夜の散策でも始めますか

 

本数と云い路線数と云い、同じ上方でも大阪が相手に成らぬ程に京都の市バスは便利ですが、閉口しちまうのは外国人観光客のマナーの悪さ。混雑する車内に、キャリーケースを曳き摺って乗り込むンじゃ無い!

 

私メだってソレを曳いて旅するコトが多いンで、人のコトをとやかく申せる立場じゃ無いですが、思うのは「邪魔だろうからドコかに預けて来たら」。処がソウも参らぬ事情が京都にゃ在る、預ける場所が少な過ぎ。

 

河原町界隈を通り抜け、鴨川を渡った四条通沿いに在る日本最古の劇場「南座」は、昭和四年(1929)竣工の堂々たる桃山風建築の耐震化工事の為に休館中。外覆に描かれたまねきの並ぶ絵が淋しいです

 

混雑解消の為に市バス「後ろ乗り前払い」から「前払い後降り」に近く変更するソウですが、ソレって違うと私ぁ思う。荷物を気軽に預けられるトコが無く、止むなくソレを持ち運ばなければ成らないのが問題の根源。

 

外国人対象だけで良いから、彼らが集中する河原町や京都駅前に、安価な公営荷物預かり所を開設し、手ぶらで街を巡って貰える様に出来ンかナ。そしたら互いに気軽に歩けたり、バスに乗れると思うのですが。

 

余りの寒さに身体を動かして暖まろうと、四条通を更に進ンで東のどん突きに在る「八坂神社」前へ。京都・祇園の総鎮守で、ご覧の西楼門は明応六年(1497)に建てられた国の重文。ライトアップされた朱塗りの姿は外国人にも大受けの様で、次から次へと記念撮影をしてました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都豊島区雑司が谷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP

★「四条河原町のおすすめ観光スポット17選!京都最大の繁華街!」KAUMO HP

★「四条はなやぎストリート」四条繁栄会商店街振興組合HP
★「かさねあわせるまち」河原町商店街振興組合HP

★「compasso teramachi」寺町京極商店街振興組合HP
★「京都四條 南座」松竹HP
★「京都・南座、外観保存し大規模改修へ 松竹発表」京都新聞HP

★「全国の祇園社の総本社」八坂神社HP
★「京都のどんつきに、歴然と輝く朱色の楼門(八坂神社西楼門−洛東)」BLANCHE CoCoLoマスターのとっておきの京都ブログ

★「京都に増え続ける観光客に地元はキャパオーバー・・住民の生活などに弊害も」TogetterまとめHP

★「『訪日客は迷惑』京都を悩ます"観光公害"」プレジデント・オンラインHP

★「京都、観光客増え過ぎで『街並み一変&良さ消失』の危機・・交通混乱やトラブル多発も」ビジネスジャーナルHP

★「キャリーバッグに路線バス困惑 京都、観光客持ち込み混雑」京都新聞HP
★「大丸京都店」大丸松坂屋百貨店HP
★「スティック型のホットケーキ『Ange(アンジュ)』のアラモード焼」くりこの とはいうものの、いうものの・・ブログ


(関連する記事)
★「239 【京都上ル下ル05】錦は今日も賑やか」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1402 【スナック22】『東海道五十三次ポテチ』の起点と終点は?‥京都」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」
★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2030 【お米料理161】『皿盛』とスッキリした祇園・先斗町」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」
★「2329 【麺類色々201】四条通の歩道革命と『天下一品のあっさり』・・河原町」
★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2452 【スイーツ189】さよなら新風館と『錦市場の豆乳ドーナツ』・・烏丸御池」

★「2505 【お米料理226】一人寂しき夜の河原町で『唐揚げ親子丼』を」
★「2605 【スイーツ212】黄昏迫る雑踏の河原町で『ちご餅』を」
★「2657 【お米料理244】光源氏のモデルと『黒い炒飯』・・六条河原院」
★「2658 【スイーツ218】『贅沢な丁稚羊羹』と南座の『まねき上げ』・・四条河原町」
★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと『豆乳アイスクリン』・・四条河原町」
★「3022 【お米料理294】足腰の神サマと『近江牛の柳川丼』・・御所西」

 

★「まとめ 【カレー焼】シリーズ」

 


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(この夜は寒かったから?外国人観光客の姿が少なくて快適でしたヨ)

全国アチコチを訪ねたご報告を申し上げます際に、ナニかしら一つは「珍しい食べモン」をご紹介してる拙ブログ旅日記ですが、そのメインコンテンツは焼きそばでも名物パンでも無く、誰がナンと云おうと絶対に「カレー焼」でございますヨ。細長い今川焼きの中に餡子じゃ無く、カレーペーストが入れられてるモノとお考え願いたいと存じますが、高度成長期に広島・福山市で誕生し、一時は西日本全域に広がったらしいンですが、何しろ私ぁ東日本の人間だから知りませんヨ。各地で細々と残ってたりしますが、発病以来ソレを探してる余裕は全く無く、新宿のデパ地下で売られてたのを偶然発見したのが最後。そろそろ本腰を入れてと最近思い始めてましたら・・今回、四条河原町の大丸デパートの地下で「Angeのアラモード焼」を発見。カレーはもちろんカスタードやチョコやらチーズやらキャラメルやらフルーツクリームやらと、どちらかと云えばデザート系に振れてましたが、格好と云い大きさと云い中身と云い、こりゃ間違いなくカレー焼!Angeさんは大阪・生野区の業者さんで、関西を中心としたデパ地下各地で期間出店してるンだソウです




| 2018.01.29 Monday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
3038 【お米料理296】真冬に咲く京都の桜と「大力餅の衣笠丼」・・衣笠

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

北野天満宮の東参道は、京都五花街の一つ「上七軒」の表通り。室町時代の天神サマ再建の際に出た余材で七軒の茶屋を建てたのが始まりと聞きますから、自分再建中の私メにゃココを通るのが相応しい様な

 

今年初めての上方の旅噺を続けて居りますが、今日から京都で御座いますヨ。と申しましても・・もう十日以上前に成っちゃったンですナ。拙宅の在る東京の大雪騒ぎに感けてて、そんなに経っちゃったのに驚く位。

 

四年ぶりの大雪警報から始まって、「約半世紀ぶり」とか「ここ数十年で一番」等のイヤな形容の付く連日の大寒波。結構回復してるンで堪えられますが、去年までの身体だったら絶対に潰れてる。もぅ寒くて寒くて。

 

学問の神さま「北野天満宮」は、受験シーズン本番と有って参拝する人は引きも切らず。その横で「お陰様で記憶力が結構戻って参りました」と、嬉しい感謝の御礼を。願わくば、発病前まで戻して下さいませ

 

豪雪が未だ続く東北や北陸だけじゃ無く、関東・中京と雪の降った範囲は広がって、昨日は京都も白銀に染まったとか・・旅するならソウ云う時に行きたかった!何しろ先日訪ねた時は、タダ冷たい氷雨でしたから。

 

ま、ソレは来冬以降の楽しみで、あと一歩の筈の寛解を目指して心神と身体を治さねば。苦闘の甲斐あって結構良く成りましたンで、お力添えを願ってた京都の神様方に、中間報告()がてらエラク遅めの初詣。

 

流石にもう咲き出したでしょうが・・今年の京都は随分寒いンで、天神サマも梅の開花がドウにも遅いと神職の方に伺いしましたヨ。だもんで昨冬の今頃の画像で失礼しますが、やっぱ天神サマは梅花ですナ

 

服薬治療の副作用で沈没した記憶力の回復を願ってた北野の天神サマに、ここまで戻ったと感謝の中間報告を。一見のお社はともかく、度々詣でてる神様にはお願いするだけじゃ無く、御報告も時々しませんと。

 

その上で改めて「少し高いトコ」をお願いする、勿論出来うる限りの自助をすると約束して!その間隔が狭くなれば成るほど嬉しい悲鳴な訳だから、東京から幾ら遠くたって・・京都まで遥々参ろう気持ちに成りますヨ。

 

天神サマの在る北野(上京区)・衣笠(北区)界隈で、一番格上のお社は「平野神社」サマ。朝廷が定めた「二十二社(全国の神社ベスト22)」の中の五位と云う極めて貴いトコなのに、いつも静かで心が洗われます

 

裏御門から三分ほど歩くと、平安の昔から桜ノ宮として知られた「平野神社」サマ。往時に比べて狭く成ったけど、桜の種類に関しては国内随一とされてるトコで、去年も今頃から咲いてました・・今年はドウだろう。

 

天神サマの梅が未だでしたンで、平野サマの桜も駄目だろうと覚悟しつつ参りますと、僅かながらも早々に咲いてる!コレから冬本番ですが、春が確実に近づいてるのが感じられ、もう暫く頑張ろうと思う私メです。

 

平安京への遷都と同時に創建された「平野神社」は、花山帝が寛和元年(985)にお手植えされたのが始まりで、京都を代表する桜ノ宮として次々に植えられたトコ。ナンと云う種類なのか判りませんが、西大路通に面した鳥居ソバの桜は、真冬なのに健気に咲く姿が嬉しく思えます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市右京区太秦」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「京都上七軒へおこしやす」上七軒 匠会HP
★「みなさまのご来場をお待ちいたしております」上七軒歌舞会HP

★「天のエネルギーが満ちる場所」北野天満宮HP
★「学問の神様、菅原道真公を祀る北野天満宮」寺社巡り.com HP
★「京都 冬旅 姉妹梅旅 その4
(北野天満宮編)」一人時間ブログ
★「全国唯一の皇太子ご親祭の定められた神社」平野神社HP
★「【神社界のトップ22】二十二社 上七社のご紹介【御朱印まとめ】」NAVERまとめHP
★「平野神社」中正面2列16番ブログ

★「冬の桜咲く平野神社」京花だよりブログ
★「京都オンリーのどんぶり物 衣笠丼」京のいっぴん物語HP
★「北野白梅町のだいりき亭へ行ってきました。もちろん、ひとりで」ひとりでうろつく京都ブログ


(関連する記事)
★「681 【お肉料理14】天神サマと五番町夕霧楼と『松葉焼き』」
★「682 【呑みモン22】西陣の不思議神社と『冷やし飴』」
★「2263 【団子饅頭71】『長五郎餅』と記憶力回復への願い・・北野天満宮」
★「2288 【揚げモン61】日本最大の禅寺と『ジャンボ白雪チキンカツ』・・花園」
★「2418 【やきそば256】京都は変と乱と桜と『ジャンボ』が好き・・北野」
★「2436 【揚げモン64】『二色ジャンボチキン』と紅白梅花の北野天満宮」
★「2454 【呑みモン64】織田信長公の神社と『京番茶』・・船岡山」
★「2464 【呑みモン65】京都随一の桜の名所・平野神社で『桜湯』を」
★「2465 【団子饅頭76】芸妓とおかめと『天神さまの粟餅』と・・上七軒」
★「2602 【団子饅頭87】『天神サマのやき餅』と記憶力回復への願い・・北野天満宮」
★「2634 【やきそば282】雷雨の上七軒で『チャーミング焼きそば』を」
★「2636 【団子饅頭93】心地良い平野神社で『京都の豆餅(あんなし)』を」

★「2709 【お米料理257】虹と桜と巡洋艦と京都だけの『衣笠丼』・・衣笠」
★「2710 【やきそば294】梅咲く初春の北野天満宮で『花街の焼きそば』を」

★「2793 【揚げモン70】日本最初の夜桜と『ビーフミンチカツ』・・平野」
★「2896 【お米料理278】土用の梅と左大文字と『焼き飯&チャーハン』・・北野」
★「3022 【お米料理294】足腰の神サマと『近江牛の柳川丼』・・御所西」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(去年や一昨年の身体じゃ絶対に、今冬の寒さに耐えられない筈です)

衣笠山の麓に在るコトから、平野神社や金閣寺の辺りは昔「衣笠村」と呼ばれてましたが、京都で衣笠と云えばやっぱり「衣笠丼」。短冊状に刻んだ油揚げを甘辛く炊き、ソレを卵で綴じてご飯に乗せた丼物で、平安初期の宇多天皇サマが真夏の衣笠山に白絹の反物を拡げ、ソレを雪に見立ててお喜びに成られたと云う故事から、何故かソウ呼ぶ様に成った京都のローカルフードですナ。もちろん食べるのは初めてじゃ無いですが、ふと「衣笠村で衣笠丼を食べたい」等と思いつき、平野神社の廻りでコレを食べれるトコを探した結果、嵐電・北野白梅町駅近くの「大力(だいりき)亭」さんで発見!京都に多い「大力餅」と云う食堂の一つで、ドコから暖簾分けされたトコか判りませんが、街の人達に親しまれてる気楽なうどん屋さん。長葱苦手な私メでも九条ネギだけは好物だったりするから勝手ですが、実に庶民的な丼を優美な名前にしてしまう京都の美意識()。或る意味、冬に相応しい料理かも知れません




| 2018.01.27 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
3022 【お米料理294】足腰の神サマと「近江牛の柳川丼」・・御所西

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

千二百年の古都なのに、意外と洋館が多いのが京都。或る意味その頂点に立つのが、明治三十七年(1904)に竣工した国重文「京都府庁旧本館」。創建時そのままの姿を残す、日本最古の官公庁建築だとか

 

拙宅の在る東京を離れ、寺社の沢山在る京都へ参った私メです。と云っても新年に入ってからの訪問じゃ無く、昨年師走の旅のお噂の積み残しでして、まだ初詣に行ってない・・今日中に何処かへ参る心算ですケド。

 

さて都内は勿論、旅先でも青空療法で毎日歩き廻ってますが、続けたお蔭で服薬量は結構減らせましたし、体力維持に随分役立ちましたネ。三年少しで約一万三千km、旧東海道なら十三往復目がもうスグ終わる。

 

京都府庁の少し東側の烏丸通沿い、御所に面したトコに鎮座するのが「足腰の守護神」として知られる護王神社サマ。「護王大明神」の神階と、正一位の御位を朝廷から授かった和気清麻呂公を祭神としてます

 

我ながら少し歩き過ぎ。悪い意味での依存症と化してるのは自覚してますが、今更止めるに止められず・・取り敢えず寛解までは続けるしか無い様な。でもコレじゃ心神が治る前に、身体が・・特に足腰が持たぬ!

 

だもんで苦しい時の神頼み。国内最多の神社数を誇る京都だから、ソレ担当のお社がきっと在る筈。何しろ毛髪専門の神社が在る位で、もっと重要な身体の器官だから・・と調べると、御所のすぐ西側に在るらしい。

 

護王神社が「足腰の守護神」なのは・・道鏡事件で帝の怒りに触れ、歩けぬ様に足の腱を切られて九州へ清麻呂公は流されますが、三百頭の猪が現れて公を護る内に足が治ったから。よってココは狛猪ですゼ

 

南北朝時代の楠木正成公と並び、勤王の二大忠臣と称された「和気清麻呂公」を祀る護王神社がソレで、清麻呂公と云えば造宮大夫として平安京・・つまり千二百年前に京都を造った総責任者。京都の生みの親。

 

ですが一番の功績は、平安遷都前・・だから長岡京の頃に自らを天皇に成ろうとした稀代の怪僧「弓削道鏡」の野望を砕く御神託を、九州の宇佐八幡宮から受け賜って来たコト。宇佐は全国の八幡サマの総本宮。

 

烏丸通を挟んだ護王神社の正面は、幕末動乱の激戦地「京都御所の蛤御門」。てぇコトは・・神社の真ん前で幕府軍と長州藩が戦ったのかと思いきや、神社は明治十九年(1886)に現在地に遷座したンだとか

 

二次大戦の敗北以上に、皇統存続がコレほど危ぶまれた時は無く、清麻呂公が時の帝のご意向に逆らって皇室を護ったからこそ、戦前は十円札に清麻呂公と護王神社がずっと描かれてた・・って知らンかった。

 

コレだから京都は油断出来ぬ。ですがもっと油断出来ぬのは足腰の無事で、寛解するまで持たせて下さいと、真摯にお願いするばかり。ま、コレで安心しましたンで、美味しいモノを食べに「歩いて」向かう私メです。

 

         

幾ら歩いてる歩いてると拙ブログ旅日記に書いても信用して貰えぬ向きも有りますンで、愛用のアイフォンのアプリの昨晩撮ったスクリーンショットを。今の7プラスを買った昨年三月からの約三百日間で勘弁願いますが、一日平均が十kmを超しちまってるって・・やっぱ異常です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「大阪府大阪市中央区なんば」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「上京区の観光サイト」おこしやす上京HP
★「上京ふれあいネット カミング」京都市上京区役所HP
★「重要文化財『京都府庁旧本館』の概要」京都府庁HP
★「足腰の守護神」京都御所西 護王神社P
★「和気清麻呂公といのしし」京都御所西 護王神社P
★「和気清麻呂、大隅へ流罪」今日は何の日?徒然日記ブログ

★「足腰のご利益」京都御所西 護王神社P
★「足腰の神様・護王神社、スポーツ選手も訪れる神社で不思議なイノシシの伝承に触れる度」ニホンタビHP

★「京都御苑 蛤御門」環境省HP
★「禁門の変
(蛤御門の変)をわかりやすく解説する。長州藩が京都へ乗り込んだ理由と背景。」眠れなくなるほど面白い日本史HP
★「近江の歴史が生んだ 深みある味わい 伝統の味 近江牛」近江牛 生産・流通推進協議会HP
★「近江牛柳川丼が驚愕の540円!どう考えても高級な京都の焼肉懐石店に奇跡のメニューがあった」みんなのごはん。HP


(関連する記事)
★「792 【名物パン57】地名連称の老舗と名物パン『カルネ』‥出町柳」
★「793 【京都上ル下ル14】世界遺産と『ざるそば』『ざるうどん』」
★「1049 【麺類色々65】『キーシマ』と平安京のオアシス『京都御所』」

★「2260 【団子饅頭70】世界遺産の森と『元祖みたらし団子』・・下鴨神社」
★「2286 【団子饅頭72】今日も元気な商店街で『ふたばの豆餅』を・・出町柳」

★「2452 【スイーツ189】さよなら新風館と『錦市場の豆乳ドーナツ』・・烏丸御池」

★「2504 【今川焼き49】新緑の糺の森で『コーヒー屋の鯛焼き』を・・下鴨」

★「2794 【団子饅頭104】桜咲く糺の森と『京都の追分団子』・・下鴨」

★「2895 【呑みモン78】灼熱の京都御所と夏の定番『京番茶その5』」
★「3021 【やきそば333】洋館並ぶ西本願寺と復活『大とらの焼きそば』・・堀川六条」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(京都には有りと有らゆる専門を担当の神サマが居らっしゃる様な・・)

東京じゃ「松坂牛」と「神戸牛」の影に隠れがちですが、京都で高級な和牛と云えば・・お隣り滋賀県で生産された「近江牛」。料亭や割烹で戴いたりすると目が飛び出る様なお値段に成りますが、御所の南東・鴨川の畔に近い丸太町河原町の路地に、「鴨川たかし」と云う人名みたいな焼肉割烹が在りまして、もちろんココでもマトモに食べりゃ凄いコトに成りますが、ランチの「柳川丼」は僅かに540円!滋賀・日野町で育てられた最優秀な近江牛の切れっ端のを無駄にせぬ様、料理人さん達が手抜きせず調理して呉れる・・コレだから京都は油断が出来ぬ!同じく切れっ端の牛脂を使ったお味噌汁と云い、東京だったら平気な顔して三倍は取るでしょうネ。夜にもお伺いさせて戴きたいと思いますが、ココへはやっぱ歩いて参りました。当然、予約してからですが




| 2018.01.07 Sunday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
3021 【やきそば333】洋館並ぶ西本願寺と復活「大とらの焼きそば」・・堀川六条

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

堀川通沿いの大寺院「西本願寺」さんの正門「御影堂門(国重文)」脇に掲げられた御言葉は、大無量寿経の「和顔愛語(わげんあいご)」。相手を思いやって和やかな笑顔で語れ・・話芸の者として身につまされます

 

初春を迎えた東京のお噂から一転し、今日から上方の旅噺を幾日か続ける心算の私メです。と申しても年明けに参った訳じゃ無く、コレは昨年暮れに参った時の積み残し。あと十日ほどすると、又参る予定ですが。

 

以前はソレほどじゃ無かったのに、三年少し前に発病してからナゼか向うへ参る機会が増え、馴染みのトコも結構出来ましたが、再訪するのを熱願してたトコが、いや切願するレベルだったトコが京都に有りますヨ。

 

西本願寺と云うのは東本願寺(真宗本廟)と区別する為の通称で、真宗本願寺派の()本山「龍谷山本願寺」が正式寺名。もっと砕けた「お西さん」の方が通りが良く、国宝や重文だらけなのにフランクなお寺です

 

但しソレは有名な観光地や高名な寺社じゃ無く、伝統ある工芸店でも格式ある料亭でも無く、ハッキリ言って随分薄汚れた・・古いお好み焼き屋サン。旅行ガイドブックにゃまず載らぬ、知る人ぞ知る様なお店ですナ。

 

でも場所は結構判り易い。京都中心街を東西に貫く大道「五条通」と、同じく南北に貫く大道「堀川通」がクロスする「堀川五条」交差点の角。要するに堀川六条に在る「お西さん」の少し北で、店名は「大とら」さん。

 

元は一つだった東本願寺と西本願寺が分れたのは、関ヶ原合戦を巡る真宗の内部分裂に発するモノで、慶長七年(1602)から東西両立と云う不思議な状態に。一応、西から東が分れたと云うコトの様ですが

 

「おおとら」じゃ無く「だいとら」と読みますが、八十八歳のお母さんが日没から真夜中まで年中無休で鉄板の前に立ち、エラク山盛りの焼きそばを炒めて居られる。ソレじゃ女傑みたいですが、少しもソウじゃ無い。

 

昔は羽振りが良かったモノの、半世紀ほど前に連帯保証人に成って六千万円の借金を背負わされ、ソレを返す為にラーメン屋に成って懸命に働いて、完済寸前に愛しのお父さんが亡くなり・・以来一人のお母さん。

 

お西さんの南側に在る「龍谷大学」は、名前から分かる通りに西本願寺の学寮から発展した学校で、寛永十六年(1639)の創建とされてますナ。なのに大宮学舎本館(国重文)を始めとして、洋館が並んでます

 

辛酸を舐め尽した筈なのにイヤミは出ず、穏やかな笑顔で「有難い有難い」と話すお母さんの虜に成ったモノの、東京住まいの私ぁソウ参れず、漸く再訪したらお店は閉まってた・・無銭飲食の悪漢に襲われたとか。

 

大怪我して長らく入院と聞き、もう無理かと思いつつ・・上洛の度に気にしてましたが、去年夏に奇跡の復活!暮れに成って漸くお母さんのトコへ。相変わらず前向きな生き方に敬服するばかり、ホント嬉しいです。

 

大とらさんは日が暮れないと開かないンで、お西さんの界隈をブラブラしてましたら・・境内の外にこんな洋館が。本願寺派に属するお坊さんを育てる為の道場「伝道院」で、元は明治四十五年(1912)に信徒向け生命保険会社の本社として建てられたモノだとか。辺りは仏具や仏衣を造るお店が並んでまして、流石に京都だと東夷は驚きばかりです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市上京区京都御苑」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「【京都観光はどう?】京都市下京区の観光スポットまとめ」NAVERまとめHP

★「お西さん(西本願寺)」浄土宗本願寺派本願寺HP
★「境内の見どころ」浄土身上本願寺派本願寺HP
★「京都 世界遺産 西本願寺
(にしほんがんじ)」むさしの散歩日記。ブログ

★「【400年の因縁】浄土真宗 東本願寺、西本願寺どう違うの?歴史的背景、教義について」NAVERまとめHP
★「『和顔愛語
(わげんあいご)にして、意(こころ)を先にして承門(じょうもん)す』仏説無量寿経」やまとうたブログ
★「You,Unlimited」龍谷大学HP
★「龍谷大学大宮学舎本館」レトロな建物を訪ねてブログ
★「京都・西本願寺に謎の近代建築?伝道院
(でんどういん)」たびねすHP

★「【大とら】強盗傷害事件の真相に迫る」京都速報ブログ

★「祝!奇跡の復活♪大とら」転勤日記ブログ
★「年末恒例の食事♪大とら」転勤日記ブログ


(関連する記事)
★「238 【京都上ル下ル04】東西どうして違うのか?」

★「711 【名物パン50】新撰組と『ニューバード』‥京都壬生」

★「2031 【麺類色々162】『しっぽくそば』と早朝の東西本願寺・・京都」
★「2130 【やきそば225】憂さ晴らしの島原遊郭と『大とら焼きそば』」

★「2189 【調味料類30】医薬・呪いの神様と『シャンタンDX』・・松原堀川」

★「2435 【粉なモン37】『まんぼ焼き』と新装なった定宿とお東さん・・六条烏丸」

★「2455 【名物パン290】天使の突き抜ける街で『塩パン』を・・五条堀川」

★「2463 【名物パン290】梅小路の桜と『八つ橋みたいなパン』・・京都」
★「2467 【スイーツ190】東寺の夜桜と『笹屋伊織のどら焼』・・九条大宮

★「2535 【やきそば269】国宝だらけの西本願寺と『牛焼きそば』・・六条堀川」
★「2604 【お米料理239】復活してた堀川の流れと『栗赤飯』・・堀川一条」
★「2632 【スイーツ217】げに恐ろしき医薬・呪いの神様と『栗のせ水無月』・・烏丸松原」
★「2872 【呑みモン77】暑い日はやっぱりサッパリ『京番茶』・・烏丸七条」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(お母さんに又会えて、ホント良かった・・どうかお元気で居て下さい)

強盗に襲われ入院・休業してた二年の間に調理器具が壊れ、焼きそばと大盛り焼きそばだけにメニューの減った大とらさんですが、半端無い量は未だ健在で・・画像はコレで普通盛り・・麺や野菜は二人前以上を軽く使ってますがネ。ホントは三人前以上使う大盛りを頼もうとしたら、今日はチョット疲れてるンでそんなに焼くのは辛いと仰るンで、お母さんの体調優先でその通りにしましたが、もう少し暖かく成ったら絶対に大盛りを食べに行かなくちゃ!そして帰りの際にオマケで呉れる「黒飴」も昔通りで、エラク嬉しい・・コレで上洛する楽しみが増えました




| 2018.01.06 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと「豆乳アイスクリン」・・四条河原町

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

酷暑の真っ昼間だと云うのに、京都の中心街・四条通はソレなり賑わってますネ。尤も歩道を行くのは観光客が殆どで、しかもソレは異国の言葉を話す人が大半の様・・果たしてコレで良いのかしらん?

 

猛烈な高温が連日続く真夏の京都を、折角来たンだからとテクテク歩き廻る私メです。もちろん油断すると熱中症に成りかねンので、時折休みながら涼みながらの道中ですが。ソレにしてもココは暑い、暑過ぎる!

 

そんな炎天をブラついてるのは余程のモノ好きか、私メみたいな観光客ばかりですが、流石に日本を代表する国際観光都市ナンで、大きな荷物を背負ったりキャリーバッグを引き摺ってる外国人が大勢居ますナ。

 

鴨川の畔へ出てみれば、河原にズラッと並ぶ「納涼床(ゆか)」。はGWから九月末まで据えられてますが、真夏の営業はもちろん陽が暮れてから。四百数十年の歴史を誇る、如何にも京都らしい夏の風景です

 

拙宅の在る東京でも浅草や銀座は彼らにスッカリ占領され、その傍若無人ぶりと騒々しさにスッカリ呆れ、余程の用事以外は行かなく成りましたネ。ま、都内だったら他に行くトコは幾らでも在るから構わンけれど。

 

ですが観光客・・特に外国人の購買力に頼り、タダの観光地に成り果てた繁華街はソレで良いのか?私ぁ心配で成らンのヨ。と云うのは先日、韓国ソウル市最大の繁華街「明洞(ミョンドン)」の現状を見てきたから。

 

陽光の下に居ると暑過ぎますンで、四条通と直交する長大なアーケード「寺町通」をブラブラと。ココも外国人観光客が闊歩してますが、ソレ目当てに成り切れてない感が強く、逆に安心して散策が楽しめる様な

 

日本人観光客が多かった頃は日本語が満ち溢れ、やがて中国人観光が増加すると「爆買」目当てで彼ら向けの商売に一心専念。気を見て敏なる国民性とも言えますが、確かに大当たりして大繁盛だったとか。

 

処が極端なのもあの国で・・迎合し捲った結果、韓国人買物客が近寄らなく成っちまった。ソコへ中国からの経済制裁で、観光客がいきなり全く来なく成り、だからと云って逸走した地元客は還らず、エラク寂れた様。

 

そして錦市場へ入ってみましたが、通りは見事なまでに外国人観光客ばっかり!以前は地元の買い物客で賑わうトコだったのに、ナンと云うか・・下らぬ観光地に成り果てた感が。今はイイけど、ソレで良いのか

 

翻って日本でも、目先のインバウンド需要に踊ってる観光地化した街は多く、特にソレが著しく思える大阪の道頓堀界隈。そして京都の四条河原町界隈は、今のままで居ると遠からず明洞みたいに成りかねんゾ!

 

余所者がナニを抜かしやがる、芸人風情が生意気だと叱られてしまうかも知れませんが、芸人風情だからこそ「一度逃げた客は簡単に帰って来ない」のを骨身に染みて判ってます。上手い具合に参らンのでしょうか。

 

四条通の各バス停じゃ、暑さを少しでも和らげようと盛大にミストを噴霧してましたが、過熱化する「目先の銭儲け」にこそミスト噴射が必要では?もちろん外国から来て下さる方々に対し、精一杯の歓待をするのは当り前ですが、ソレばかりでは自分の首を絞めるコトに成る様な

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都新宿区新大久保」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「京の風物詩 鴨川納涼床への誘い」京都鴨川納涼床協同組合HP
★「京都の夏を堪能!京都鴨川納涼床2017」WEB Leaf HP

★「四条河原町のおすすめ観光スポット17選!京都最大の繁華街!」KAUMO HP

★「四条はなやぎストリート」四条繁栄会商店街振興組合HP
★「かさねあわせるまち」河原町商店街振興組合HP

★「京の散歩道 寺町」寺町専門店会商店街HP
★「compasso teramachi」寺町京極商店街HP
★「京の台所へおいでやす」京都錦市場商店振興組合HP

★「京都の四条通にヒンヤリしたものが登場」お墨付き!ブログ
★「京都のインバウンド満足度 脅威の98.1%」訪日ラボHP

★「京都に増え続ける観光客に地元はキャパオーバー・・住民の生活などに弊害も」TogetterまとめHP

★「『インバウンド』とは『バブルの宴』そのものなり。」イノヴェイしなくちゃ、明日はない!ブログ
★「外国人観光客増で日本人観光客が減少?」気になることを調べてみましょうブログ
★「錦市場 こんなもんじゃ」京とうふ藤野HP
★「そんなもんじゃない、美味ソフト! 〜錦市場こんなもんじゃ〜」阪急電鉄HP


(関連する記事)
★「239 【京都上ル下ル05】錦は今日も賑やか」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1402 【スナック22】『東海道五十三次ポテチ』の起点と終点は?‥京都」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」
★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2030 【お米料理161】『皿盛』とスッキリした祇園・先斗町」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」
★「2329 【麺類色々201】四条通の歩道革命と『天下一品のあっさり』・・河原町」
★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2452 【スイーツ189】さよなら新風館と『錦市場の豆乳ドーナツ』・・烏丸御池」

★「2505 【お米料理226】一人寂しき夜の河原町で『唐揚げ親子丼』を」
★「2605 【スイーツ212】黄昏迫る雑踏の河原町で『ちご餅』を」
★「2657 【お米料理244】光源氏のモデルと『黒い炒飯』・・六条河原院」
★「2658 【スイーツ218】『贅沢な丁稚羊羹』と南座の『まねき上げ』・・四条河原町」
★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」
★「2883 【やきそば316】土砂降りの繁華街で『韓国焼きそば』を・・明洞」
★「2895 【呑みモン78】灼熱の京都御所と夏の定番『京番茶その5』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(インバウンドに狂騒する京都は、日本人観光客が年々減少してます)

錦市場が今みたいに成る以前は、本当に美味しそうなモンが沢山並んでるトコだったンですがネ。ま、もはや成る様にしか成らない様な気もしますが、その頃から散策の度に寄ってたのが、「こんなもんじゃ」なる京豆腐の藤野サンが経営するドーナツ屋。ココの豆腐ドーナツが手頃なお値段なのに美味しくて、娘共の行列に挫けず良く並んだモノですが、流石にこの暑さじゃドーナツを欲しがる者も少ないと見えて・・珍しくガラガラですゼ。だもんで東京へのお土産に一袋買うだけじゃ無く、身体を芯から冷やそうと「豆乳ソフトクリーム」を。と云っても当り前のソフトじゃ無く、豆乳で作ったアイスクリンと云った方が良いシャリシャリ感!甘さは控え目、スプーン代りの八ッ橋が京都らしさを出してます




| 2017.08.17 Thursday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS