きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 957 【呑みモン30】那須烏山には「洞窟の酒蔵」が在る | main | 959 【スイーツ51】凄ぇぞ犬山城、硬ぇぞ「げんこつ飴」 >>
958 【お米料理66】思わぬ収穫!犬山城下町と「五平餅」


「尾張徳川家の附家老」成瀬家三万五千石の城下町、愛知・犬山市。国宝・犬山城へ続く「本町通り」界隈は、古い街並みがキレイに整備されて、愛知じゃ有名な観光地の様。名鉄電車の利用を呼びかけてます

根多のストックが多く成り過ぎまして‥誠に恐れ入りますが、今日の記事はチョット前の訪問記でご勘弁を願います。フラフラ旅は続けてます

その日私メはヒマでして、ナゼか名古屋駅構内に居ったと思って下さいませ。東京の寄席芸人がナゼ名古屋に居たのか説明は省かせて貰いますが、兎に角その日はヒマだったのヨ。で、ドコかに行こうと名古屋駅まで来たンですナ。

JR線・近鉄線・名鉄線と大きな鉄道会社が三つ集結してまして、それのドレかに乗ってチョット出かけてこよう。ハテどの線に乗ろうかしら、ドコへ行こうかな。その中じゃ名鉄電車に最近一番乗ってませンので、名鉄の名古屋駅へ。

ナンの目的も宛ても無く、来た列車にテキトーに乗ってテキトーなトコで降り、テキトーに彷徨ってテキトーに帰ってこよう。ならばと思慮無く地下ホームへ降り、最初に来た列車に乗ったら「犬山行き」。よし、今日は犬山へ行こう!

名鉄の犬山線に乗るだナンて、人生で何度目だろう。恐らく二度目か三度目だと思いますが、全く馴染みの無い沿線風景に目を奪われてる内に、急行電車は終点・犬山駅のホームへ。名古屋から約三十分でしたから、近い近い。


例え小さな城下町でも職分別に町分けされて居た様で、犬山にも寺町が存在してます。ココはココで良い雰囲気だったンですが、一般観光客は本町通りほど来ないと見えまして人影は疎らでした。すぐソバなのに

「犬山と云うと‥国宝のお城と日本ライン?」程度の知識しかない私メで、この日は「出たトコ任せのテキトー主義」を気取る事にしましたンで、案内所で地図を貰った後、リュック背負った観光客のオバちゃん達の後を付いて行こ。

すると驚いた。郊外との競争に負けたと思しき寂しい駅前通りを、十分ほどブラブラ歩いて行きましたら、突然「江戸時代」に出た。いや古い街を現代風に整備した城下町の中心「本町通り」でございます。実にキレイに連なってらぁ。

長い通りでして、お城まで十分ほど繋がってると云う。う〜む大したモンだ。古くから栄えてたトコは鉄道敷設を邪険にした結果、旧中心街が駅から遠く成って廃墟化してく例が珍しく有りませンが、整備復活させるのは実に大変。

ドレ程ご苦労されたか存じません(何しろこの日が初・犬山)が、今や年間通じて結構な観光客を集める様に成ったソウで、その甲斐は有ったンでしょう。ただ‥鉄道利用を呼びかける以上、駅から通りまでをナンとかしませんとネ。


立派な古い建物が沢山残ってるンですが、東京からはわざわざ行かンだろうねぇ。ま、名古屋周辺からのお客サンを狙ってるンでしょうけど、東海地方にゃ古い小さな城下町が結構在りますから‥頑張って下さい

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「愛知県犬山市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「犬山観光情報」犬山市観光協会HP
http://www.inuyama.gr.jp/
★「『みんなでまちづくり』が会社の基本精神」犬山まちづくり株式会社HP
http://www.inuyama-tmo.com/
★「犬山本町通り」愈々庵気まぐれ日記ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/taji0811/diary/201111230000/
★「城下町名物手作り五平餅」山田五平餅店HP
http://jfsoft.web.fc2.com/yamada-gohei/

(東京より遥かにマシとは云え、犬山も街中の大駐車場確保が難しい様で‥
)

五平餅は格好が「小判型のモノ(主に岐阜県の飛騨地方)」と「団子型のモノ(主に長野の木曽&伊那地方、岐阜県の東濃地方)」に分れ、味は「味噌ベース」と「醤油ベース」に分れますが、愛知県最北の犬山城下町で香ばしい匂いを漂わせてましたのは、御覧の「団子型のモノ(小判型のも有りましたが)で味噌ベース」。胡麻とクルミだけじゃ無く、ピーナッツまで入れた味噌タレはチョット控え目で、コレなら東京者でも食べられます




| 2012.05.19 Saturday (06:19) | でら愛知尾張だがね | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (06:19) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS