きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 916 【団子饅頭37】また復活した旧町名と「塩あんびん」‥鴻巣 | main | 918 【やきそば58】成田空港と三里塚と「焼きそば鈴木」 >>
917 【カレー焼11】日本へようこそ!多古町の「ボーまん」


千葉・多古町は成田空港のすぐ近くで、国際線の飛行機が低い高度で次々飛んでます。たまたま撮影したコレは‥フィンランド航空機で北欧ヘルシンキから約十時間かけて飛んで来たモノの様。日本へようこそ!

千葉県の北東部、成田空港に接する「多古(たこ)町」と云うトコへ行って参りました。今は長閑な田園ですが昔は大変な湿地帯で、「湖が多い」から「多湖⇒多古」と成った街。海から結構離れた内陸で、「蛸」と全く関係ないそうナ。

皆さま方が海外旅行から帰国する便で、その飛行機が成田空港に着陸する寸前に地上に見えてる街が、この多古町だソウでございますヨ。なるほど確かに、着陸に向けて減速中()の飛行機が次から次へと空を漂ってますナ。

てぇ事は‥私メも何度もこの街の上を飛ンでる筈ですが、大抵その時は「日本に帰って来た安心感」「無事に着陸出来るかねぇと云う不安感」一杯で、のんびり地上を眺めてる余裕ナンて有りませんから、記憶に無いンですけど。

人口は一万六千ほど。縄文時代から人が住んでたトコらしく、千葉・東総地方の中心として戦国時代は激しい奪い合いの合戦が度々起きた‥ソウです。何しろ馴染みの無い街で(失礼)、ココに来るのは二度目?前回は通りすがり。


千葉は日蓮宗のお寺サンがホント多い。多古町には「正東山日本(にちほん)寺」と云う大きなお寺が在り、名前に釣られ訪ねた私メ。ココは日蓮宗の本山の一つで、かつては「檀林」が置かれ大いに栄えたンだとか

ですが今回はハッキリとした目的を持って、わざわざ訪ねたンでございます。ま、講釈師風情のする事ですからどうせ大した目的じゃ無いンですが、多古の「道の駅」で「カレー焼き」を売ってると云う情報を聞きました。えっホント!

「カレー焼き」てぇのは広島・福山市発祥の「細長い今川焼き」の事で、三〜四十年前に西日本じゃポピュラーだった(らしい)食べ物。現在はほぼ絶滅状態で、色々有ってソレを熱心に追求してる私メです。良〜し、行ってみよう!

フットワークが無駄に軽い私メ(暇だしネ)で、早速「道の駅多古」へ参りましたヨ。ですが‥ありゃガセだったか?カレー焼きを売る様な屋台が無いねぇ‥確か「ボーまん」って名前らしいンだけれど。判らン事は店の人に聞いてみよう。

すると既に焼き上がった状態で納入されてるらしく、専用ラックを設けて売られてました「ボーまん」が。一般的なカレー焼きより一回り小さく、「カレー入り」のは有りませんでしたが、間違い無くカレー焼き。でも何故ココに有る?


今年は花桃の開花も遅い様でして、桜に負けない位に盛大に咲いてます。コレは桃でも実を付けず、その分キレイに咲く様に江戸時代から改良され続けてる木ですナ。純白のも良いですが、濃い桃色も美しいです

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「千葉県成田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「米・あじさい・祭・道の駅の町」多古町商工会HP
http://www.tako.or.jp/kankou/
★「おいしさ楽しさ新発見!」道の駅多古あじさい館HP
http://www.michinoeki-tako.com/
★「歴史探訪・日本寺」多古町役場HP
http://www.town.tako.chiba.jp/midokoro/nichi.html
★「道の駅多古あじさい館の『ボーまん』」すってんぱれ!時たま日記ブログ
http://soleil.suttempare.sunnyday.jp/?eid=1062377

(道の駅で貰った観光パンフ地図が実にイイ加減で、街歩きを断念しました
)

一般的なのより一回り小さいし、カレー入りのも無いですが、コレも確かにカレー焼き「多古のボーまん」。棒状の焼き饅頭と云うコトでこの名前と成ったのは想像に易いですが、具の種類の多い事。右のは「さつま芋あん(甘過ぎずで美味かった)」、左は「黒あん&クリーム」。他に白あんやらチーズやらソーセージやら色々在りましたが、何故カレー入りのが無いンじゃ!。一体いつ頃か有るモノなのか由緒云々は全く不明ですが、意外なトコで生き残ってるカレー焼き。コレで関東は二ヶ所目ですが、実は他にも‥と云う情報が有りますンで、近い内にご案内申し上げます。ソレにしても‥ホント物好きでございますナ、我ながら呆れちまいますゼ




| 2012.04.09 Monday (08:13) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode