きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 951 シウマイ旅情/伊東に行くならハトヤ | main | 953 【麺類色々57】藤枝ブルックスと藤枝朝ラーメン >>
952 【今川焼き12】富士山が絶景の興津で「ずんどう焼」


やっぱり富士山は「駿河湾からの表富士」に限るねぇ。生憎の雲で隠れてますが、右肩に「宝永火口」がチョット出っ張ってないと淋しいと思うのが、お山を毎日見て育った静岡人のDNA。興津の浜辺で撮りました

一昨日まで山梨フラフラ訪問記を紹介して居りましたが、今日からは南隣りの静岡県。富士山の所有権を巡って愉しく対立し合う、ほぼ同じ方言の兄弟県でございますナ。尤も似てるのは言葉だけで、気質等は大きく違いますヨ。

何しろ「海あり山あり政令指定都市あり」で温暖な大県・静岡と、「海なし山あり盆地ばかり」で寒冷な小県・山梨は、侵し侵され奪い奪われを延々と、戦国時代から繰り返してきた間柄だ。徳川家康公と武田信玄公の頃からですナ。

静岡側からすれば「駿府百万石の今川家が、愛知の新興大名にナンかの間違いで討たれた途端に、『富士山の裏側から降りて来た山猿達』が跋扈して来てシャラ臭ぇ。でも静岡育ちの家康公が山猿達をやっつけて下さった」だ。

山梨側からすれば「静岡人はいつも俺達のコトを『富士山の裏側の山猿』と馬鹿にしやがって‥。タダでさえ海が無くて悔しいのに、ウチと違って年中暖っかいから頭ン中までノンビリしてやがって。良〜し、乗っ取ってやらぁ」かな?


東海道を江戸から数えて十七番目の宿場「興津宿(おきつしゅく)」。昔はココで山梨方面への「身延道」と接続してましたが、残念乍ら‥往年の雰囲気を伝える建物は殆ど残って居りませんネ。のんびりしたトコです

ソレは冗談として‥、互いに「ワシらの方から見た富士山が一番美しいゼ」と自慢しあう間柄で、経済・文化は濃密に繋がり合って居りますヨ。両県の間を結ぶのは只今なら国道五十二号線、昔風に言えば「身延道(みのぶみち)」。

甲府盆地全ての雨水を集め、駿河湾へ流れ込む急流・富士川沿いの、かつては家康公や信玄公が大軍勢を率いて行き来した街道です。その途中、一昨日ご紹介の日蓮宗の総本山・身延町を通るから、こんな名前が付いてる。

狭く長い川沿いを懸命に降ると、やがて山梨人憧れの海が見えて来る!そして東海道に合流するのが「興津(おきつ)」と云う宿場町。現在は清水港の一部として大分埋め立てられちゃいましたが、風光明媚なコトで知られた名勝。

何しろ富士山が美しい!やっば富士山は海を挟まないと‥ネ。そして右肩に宝永火口が出っ張ってないと‥ネ。ま、山梨の方にも言い分は多々有るでしょうが、私ぁこの方角から毎日眺めて育ちましたンで、ソレが絶対ナンです!


「大化の改新」の数年後に創建されたと伝えられる、臨済宗の古刹「巨鼇山清見興国禅寺(通称:清見寺/せいけんじ)」が、興津宿の高台に聳えてます。戦国中期、ココのご住職だった「太原雪斎(たいげんすうふ)」禅師は今川家の軍師として采配を揮い、また家康公の学問・兵法の師匠として「天下取りに絶大な影響を与えた」事で有名なお方。清見寺はその為、徳川将軍家からは聖地扱いされてました。因みに全国的に普及した「清見(きよみ)」と云う国産オレンジは、農水省の興津試験場で開発されたモノでして、ココから名前を戴いたンです。清見買っとくれ!

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県藤枝市」への訪問記です★

(関係リンク)
★「駿河歩人・興津宿」静岡二峠六宿街道観光協議会HP
http://suruga-aind.com/navi/okitsu/
★「巨鼇山清見興国禅寺」清見寺公式HP
http://seikenji.com/
★「大御所・家康公史跡めぐり/清見寺」家康公を学ぶ・静岡市役所HP
http://www.shizuoka-cvb.or.jp/oogosho400/study/07_56.htm
★「『清見』誕生秘話」果樹試験研究推進協議会HP
http://www.kasuikyo.jp/text/7-4.html
★「ずんどう焼きって何ですか?」あなたのかわりに…ブログ
http://anakawa.blog77.fc2.com/blog-entry-1218.html

(富士山問題は‥静岡と山梨が合併しちゃえば解決する事ナンですけどネ
)

山梨から南下してきた身延道が、東西に延びる東海道にぶつかる交差点に、「ずんどう焼本舗」なる今川焼き屋サンが在ります。清水区で開発された「ツナ」入りのは御当地だなぁと思いますが、キムチ入りはチョット待て!それゃ幾らナンでも無茶だろうと思ったンですが‥いざ食べてみると「美味いじゃん」。韓国風の激しいのじゃ無く、日本の朝鮮漬的に優しいのを細かく刻んで入れて有るから、また食べたい!意外と合う!いやぁ驚いたです、ハイ。因みに「寸胴型の今川焼き」と云う訳じゃ無く、「ズーン」と来た身延道が「ドーン」と東海道にぶつかる場所だから、「ずんどう焼」と呼ぶとの事。フツーの餡子やカスタードのも有ります




| 2012.05.13 Sunday (07:37) | いいずら!静岡駿河 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.19 Saturday (07:37) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS