きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 946 【麺類色々56】三重のうどんはチョット甘い‥津市 | main | 948 【やきそば61】日本一のスモモの里で「ミート焼きそば」 >>
947 【スイーツ49】雨降る紀伊長島で「黒かんてん」


三重県では有数の水揚げ量を誇る「紀伊長島港」は、美味しいブランド魚の獲れる漁港。夕方近くだったンで港は静かなモンでしたが、朝にゃ卸業者が大勢集まって盛大なセリが行われるとか。海が本当にキレイ

旅は三重県を南下します。一体ナンの為に南下するのか?と申しますと、「東紀州の紀伊長島町は素晴らしいトコだ」と、同町出身で三重を代表する劇作家のNセンセに力説されたからです。センセにゃ去年お世話に成りましたヨ。

日本最大の半島「紀伊半島」の東南部分。俗に「東紀州」と言われる辺りはリアス式海岸が、熊野灘に面して延々続くトコでして、何度かバイクのツーリングで通った事が有りますヨ。ただ街中にゃ入り込んでないンで、印象が無い。

海岸線ギリギリまで小高い尾根が延び、ソレがドレープ状に連なってるのがリアス式海岸。つまり小さく険しい入り江が連続してる訳で、入り江間の移動はイチイチ峠を越えるか長大トンネルで貫くしか無い。平らなトコは殆ど無い。

地域の大動脈「国道42号線」も「JR紀勢線」もトンネルと急坂だらけで、「こんなに不便なトコにナゼ住むの?」と疑問を持つコト夥しい。尤もそりゃ陸上交通を基本に考えるからで、熊野海賊の様に船で移動すりゃ不便じゃ無いか。


往年の繁栄を伝える「洒落た洋館」や「豪勢な和風建築」が、海と山の間に細長く延びる港町に結構残ってますが‥街全体がチョット煤けた感じでしたネ。植生は亜熱帯の北限だソウで、温帯性植物と混生してます

「平成の大合併」で周囲と統合した結果、ココはトンでも無い地名に成っちまったと地理好きの間では話題に成った。何しろ「三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区」と云う、漢字が十五文字も続く名前。コレに大字小字が繋がります。

同じ三重県の北端に「(伊勢)長島町」が在ったンで、こう云う分け方にするしか無かったンでしょうが‥もう少しナンとか成らなかったモノか?しかも紀北町と言いながら、実際は旧紀伊国の東端部だし‥。そして雨が矢鱈に多い。

何しろココの西隣りは、「日本で一番降水量の多い」尾鷲市だ!紀伊長島も温暖な反面、尾鷲に負けない位に雨が降るソウで‥成るほど確かに私メも雨に祟られました。津を出た時はシトシトだったのに、土砂降りに成っちまった。

ですが東京から折角来ましたし、土砂降りと小雨が交互に来てたンで合間を狙い、漁港の辺りだけを歩いて参りました。Nセンセ、コレじゃ紀伊長島の良さが判りませんヨ。どうか天気が良い日に改めて、訪ねる機会を下さいませ。


熊野灘は毎年台風に襲われ被害の出る辺りで、その為か?高潮から街を護る立派な護岸堤防が整備されてました。でもこの程度の堤防じゃ‥津波を防げなかった例を、東北で沢山見ました。南海地震は大丈夫?

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「山梨県南アルプス市」への訪問記です★

(関係リンク)
★「きほくのたび」紀北町観光協会公式HP
http://www.kihoku-kanko.com/
★「紀伊長島の自然・レジャーなどを紹介」きいながしまHP
http://ki.afz.jp/
★「歩きへんろ夫婦旅(Nセンセのコラム)」三重ふるさと新聞HP
http://furusato-shinbun.jp/category/cate_pilgrim
★「紀伊長島の黒かんてん」志摩Seaサイドれぽーとブログ
http://blog.goo.ne.jp/shima_seaside/e/dfeda72acddcfd2e98b68c085b9a0d54

(最終的にビショ濡れに成っちゃいましたが‥ココは熊野古道の通る街です
)

紀伊長島の名物は「まんぼう料理」だと聞きましたが、ソレは私メの故郷の静岡県でも食べられますンで‥「黒かんてん」なるココならではのスイーツを。「黒はんぺん」なら静岡人のソウルフードですが、コチラは目の前の海で採れた天草から作った寒天に、黒砂糖を控え目に加えて「水ようかん風」にして昔から食べて来たらしいンです。コレが実に大人しい食べ物でして、初めてなのに何処かで食べたコトが有る様な‥。面白いモンを、思わぬトコで見付けました。コレだから旅は止められない




| 2012.05.08 Tuesday (08:09) | 三重ってナニ地方? | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (08:09) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS