きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1039 熱帯夜/シャンペンと地動説 | main | 1041 【やきそば82】静岡限定「マルちゃん焼そば」 >>
1040 【麺類色々62】昔の残る二川宿と「にかけうどん」‥豊橋


江戸から数えて三十三番目の宿場町「東海道・二川宿」は、愛知県最東端の街。江戸後期の本陣が改修復元され、「二川宿本陣資料館」として公開されてます。ただこの日は運悪く閉館日で‥あぁナンてこった

静岡と愛知との県境の宿場町「二川(ふたがわ)」に、故有って参った私メでございます。東海道の三十三番宿で、地名で云えば愛知県豊橋市二川町。東京から新幹線で豊橋駅まで行き、東海道線で一駅戻ったトコに在る街です。

両県の境界近くにゃ「浜名湖」と云う大きな湖が在りまして、その西側は(行政区分は兎も角として)
愛知・豊橋市の経済圏。大体が静岡県西部(旧遠江国)と愛知県東部(旧三河国)は殆ど同じ「じゃん・だら」方言で、繋がり深い。

いっそ「じゃん・だらエリア」で一つの県だった方が都合良かった‥と思う事が時折有りますが、ソウだったら県境は二川宿のすぐ近くじゃ無かった筈。県境と云っても険しい峠が在る訳じゃ無し、穏やかな丘を越すと標識が立ってる。

その程度の県境だから大した感慨の有ろう筈も無く、豊橋には時折参ってる私メも、二川宿の中にイザ入るのは初めてだ。但し運悪く沖合いを低気圧が通過してまして、二川宿は土砂降りで宿場巡りの観光客なんて誰も居らん。


本陣以外にも街道筋には古く立派な建物が多数残って居り、ソレが綺麗に修復され、現役として使われてるのが素晴らしいですナ。険しい山中と云う訳でも無いのに残ったと云うのは、やっぱ県境だからでしょうか

大型トラックが次から次へと喧しく走り抜ける国道一号線から、新幹線の高架ガードを潜り抜けると旧東海道。大型車のすれ違いなぞ出来そうもない細い街道沿いには、映画セットから抜け出して来た様な古い街並みが続きます。

いや驚いた、ナンでこんなトコにこんな凄いのが残ってンだ!昔の東海道に代る日本の大動脈「JR東海道線と国道一号線」に見放され、ソレらが街から遠いトコに在ると云うなら兎も角、二川はその両方がすぐ傍を通ってンのに。

県中部の静岡市で育った私メは、如何に隣県と云っても文化の違う愛知の事情を知らず、二川宿がドウしてこうなのか知りませんが、ホント驚いた。鉄道で一番行き易い「江戸時代」でございますナ。なのに雨は‥激しくなる一方。

コレだけ便利なトコなら何時でも来れる。天気の良い時に来ようと承知した私メですが、とかく辺境域は県庁役人の目が行き届かず、何ゴトも放ったらかしにされがちで、だからこそ‥幸か不幸かコレだけの街が残ったンでしょうネ。


豊橋は名物がイロイロ有る街で、一番は「菜飯田楽」二番は「ちくわ」三番が「にかけうどん」でございましょう。花鰹と蒲鉾・若布に青菜、そして刻んだだけの油揚げを載せたおうどんを、豊橋界隈じゃ「にかけ」と称しますゼ。「かけ」じゃ無くて「にかけ」だから間違えない様に願いますヨ。シンプルと云えばシンプルですが、この素朴さが逆におうどんの美味さを際立てます。豊橋市内七十店以上で出されてるソウで、豊橋は奇怪な「カレーうどん」を作り出して目先を誤魔化すより、自分達の元々の名物を振り返り、是非とも「にかけ」で勝負して戴きたいと思う私メですナ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東洋水産さんの販売地域限定モノ」の試食記です★

(関係リンク)
★「愛知県観光ガイド・二川宿」愛知県観光協会HP
http://www.aichi-kanko.jp/tokotoko/futagawazyuku.html
★「二川宿本陣資料館」豊橋市教育委員会HP
http://www.toyohaku.gr.jp/honjin/
★「豊橋にかけうどんの真実」豊橋のんほいブルース・ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/harry_cane1964/30616847.html
★「東三河にかけうどん」とみざわのマーケティングノート・ブログ
http://m-note.seesaa.net/article/252828999.html
★「赤味噌味じゃなくて赤だし味だね確かに」TOPPYのくびったけブログ
http://blog.toppy.net/?eid=1061239
★「ポテトチップス手羽先唐揚げ味」自転車遊びとうまいモノ・ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/xqmfm818/29660566.html

(遠江と三河の『じゃんだら県』の場合は‥県庁は浜松市だったンでしょうナ
)

豊橋のスーパーで見付けた、愛知県限定のカルビーポテトチップスでございます。左が「尾張の味・赤だし味」、右が「名古屋の味・手羽先唐揚げ味」でして、両方とも「地域限定」かつ「期間限定」かつ「思い出した様に時折復活する」と云う、何ともヤヤコシイ売り方をされてますヨ。味の方は‥こりゃ愛知県だけで売るのが正解でございましょう。ちょっと味が強くて、隣の静岡県出身者の私メにゃ少しキツカッタですゼ。でもこう云う地域限定モンが無性に好きだってンだから、ちょっと矛盾してます




| 2012.08.05 Sunday (07:30) | 愛知三河においでん | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.06 Wednesday (07:30) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS