きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 969 【やきそば65】大田原でイロイロな「やきそば」 | main | 971 2012年05月の目次 >>
970 【麺類色々58】太く短く生きた英雄と「太い鳥うどん」‥大田原


源平合戦「屋島の戦い」のヒーローと云えば、平家方が海上から掲げた「扇の的」を射抜いたとされる、那須与一宗隆サンでございますナ。講談でも大変な英雄として描かれますが、実際はドウだったンだろうか?

栃木県の北東部「那須地方」の中心都市・大田原市へ来て居ります。那須と云えば‥「那須高原」や「那須温泉」を思い浮かべる人は多いだろうと存じますが、私ぁ講釈師が稼業ですンで、「那須与一(なすのよいち)」サンですナ。

与一サンを知ってますか?教科書に出て来る様に著名な武将じゃございませんが、日本が誇る一大スペクタル「平家物語」「源平盛衰記」の中で、格好良いトコを見せる源氏方の若武者でございます。まだハイティーンだったらしい。

時は元暦二年(1185)、場所は讃州屋島の浜辺(香川・高松市)。都落ちした平家を追い、源氏の大軍は西国に攻め込みます。が、瀬戸内海の制海権を有する平家水軍を相手に苦戦を重ね、ならばと本拠の屋島を奇襲する事に。

この作戦は本軍の総司令官・源範頼公が正面から決戦を挑むのでは無く、ゲリラ戦が得意な遊撃隊の大将・源義経公に任されます。少人数なれども義経軍は平家方の不意を突き、背後から突撃を敢行!驚いた平家方は大混乱。


与一宗隆をはじめ歴代の那須家が厚く崇拝した「那須神社」は、一説では千七百年ほど前()に創建されたとか。与一は屋島で「扇の的」に挑む時、この那須神社の神様に祈りを奉げたと講談じゃ成って居りますナ

慌てて海に逃れた平家方も、やがて気付いた「アレレ‥源氏は大軍じゃ無いじゃん」。陸と海の間で激しい矢の射合いに成り、決着は付きそうも無い。ソコで平家方は一隻の船を浜辺近くに漕ぎ出だし、挑発行為に打って出ます。

船の舳先には竿が立てられ、その先には日の丸模様の扇が「的」として付けられてる。つまり「射抜けるモノならやってみな」と云う謎掛けですネ。昔の戦さは悠長なモンで、売られた喧嘩は買わなきゃ武士の名誉に拘わりますヨ。

義経軍を代表して射手を頼まれたのは、下野(栃木県)の住人・那須十郎為隆。処が十郎は大怪我の為、マトモに矢が射れそうも無い。ならばと彼は弟の与一を推挙し、与一は扇の的を射る事に成りますが‥詳しくは講釈場で。

那須家は長男から九男までが平家方。十男と十一男だけが源氏方で、やがて新当主と成ったのは、屋島で殊勲を挙げた末っ子の与一宗隆だったそうナ。今回訪ねた大田原市は、与一サンを郷土の英雄として褒め称えてます。


京都にも与一サンのお墓は有りますが、那須家としては栃木・大田原市郊外の須峯山玄性寺に在るお墓の方を、本墓として認めてるソウです。ご覧の那須家墓所のうち、左から三つ目の石塔が与一宗隆サンのお墓ナンですが、僅か二十数年間だけの波乱に満ちた人生を、「太く短く生きた」与一サンを象徴してる様な気がするのは私メだけでしょうか?

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府宇治市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「郷土の誉れ 那須与一」大田原市役所HP
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/11,853,46.html
★「那須神社」雑記@史華堂ブログ
http://shikado.cocolog-nifty.com/zakki/2009/04/post-9210.html
★「玄性寺 【与一公の墓】」大田原市観光協会HP
http://www.ohtawara.info/spot/gensyouji.html
★「きらく食堂 〜大田原市〜 」おぢさまのゆううつ・ブログ
http://88118811.at.webry.info/201205/article_1.html

(関連する記事)
★「056 那須与一は神田の生まれだってねぇ
http://rifuh.jugem.jp/?eid=37

(『扇の的』は師匠・松鯉が得意とする大ネタで、私メの手にゃ負えませんゼ
)

「太く短く生きた」与一サンに肖った訳じゃ無いでしょうが、昨日も御紹介した大田原市のうどん屋「きらく」の名物「鳥うどん」は、麺が太いコト太いコト‥。15mm位の幅の在る、洒落に成ンない位に極太でございまして、これ又笑っちゃう位に大量に入った鶏肉の上手さと相まって(地鶏かなぁ)、美味いコト美味いコト。麺を食べ切るだけで大変wですが、残り汁にご飯をブチ込んでオジヤにしたく成る位、ホント美味いンですヨ!




| 2012.05.31 Thursday (07:56) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.19 Thursday (07:56) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS