きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 988 【京都上ル下ル19】上賀茂神社と「黒蜜掛けのところてん」 | main | 990 【やきそば71】鶴見区は沖縄の風!「ケチャップ焼きそば」 >>
989 【麺類色々59】夜陰の彦根城と「豚そば」


夜陰に浮び上がる、彦根城の二の丸「佐和口多聞櫓」。このお城は本物の天守閣が現存してるだけ有って警備が厳重で、夜に成ると天守閣付近は立ち入り禁止。ま、そんな時間に訪ねて行く方が悪いンですが

今日は御家来のお話でございます。日本国憲法じゃ「全国民は平等」と成ってますが、残念乍ら完全に平等じゃ無いのは事実ですナ。生まれ育ちや頑張り次第で立場が変っちまうのは仕方の無いコトで、完全に平等な訳は無い。

ただ某国や某国の様に「立場が固定化」されて身分に成ってない分だけ、遣り方次第で逆転出来る可能性が極めて高い分だけ、我が国は他所より遥かに「平等だ!」と言えるのかも知れませんが‥。望みは持ちたいモンですナ。

ですが「上司・部下」や「先輩・後輩」「師匠・弟子」と云った擬似的な身分の格差は洋の東西を問わず、某国や某国にだって存在して居る筈ですが、ソレが世代を越えて固定化されちまいますと、エラク硬直的なモンに成っちまう。

絶対視される序列やら格式てぇのが何時の間にか作られ、ソレを乗り越えて上役に付くナンてぇのは滅多に有得ないコト。抜擢人事をやろうモンなら、騒ぎに成り兼ねない。よほど段違いの実力が無いと、廻りを納得させられない。


彦根藩三十五万石の初代藩主「井伊直政」公は、徳川四天王の一人で家臣筆頭と称されたお方。徳川軍の先手頭(突撃隊の隊長)を必ず務め、その為に傷だらけだったとか‥。講談以上に講談的な人生のお方

江戸幕府を開かれた徳川家康公の御家臣の中で、筆頭と称された井伊直政公と云う方は「中途採用」だった人。いや「外様」だった人と称した方が宜しうございましょうか。この井伊家は先祖代々徳川家の家来だった訳じゃ無い。

若き日の家康公がソウだった様に、井伊家も駿河国(静岡県中部)の大名・今川家の配下で、遠江国(静岡県西部)の「井伊谷(いいのや/浜松市北区)」を代々領してた。ですが直政公のお父君は、今川家によって誅されますヨ。

謀反の疑いだったソウですが、僅か二歳の直政公じゃドウにもならず、ソコで再従姉で「戦国時代のジャンヌダルク()」直虎姫が、暫定的な当主に成らざろう得ない状況に‥。女を捨て懸命に頑張ったが、井伊家は没落の道へ。

その苦境を救って呉れたのが元同僚の家康公で、コリャ井伊家は張り切りますヨ。直政公は恐ろしい程の忠勤を励み、並み居る古参の家来達を押し退けて、遂には家臣筆頭に‥。抜擢人事への反感を努力でねじ伏せた人です。

        
以前ネット遊びをしてた時に拾った画像ですが(お借りします)、彦根が誇るゆるキャラ「ひこにゃん」が、ドコかに連行されて行きます。恐らくは働き過ぎで(中の人が)脱水症状かナンかに成って、警備のオジサンに医務室へ連れてって貰うのを撮影したンでしょうけど‥。無理しない様に
 
にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「横浜市鶴見区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「びわ湖を望む井伊家の居城・彦根城」彦根市役所HP
http://www.city.hikone.shiga.jp/hikonejo/
★「彦根城のご案内」彦根観光協会HP
http://www.hikoneshi.com/jp/castle/
★「徳川の斬り込み隊長・井伊直政の赤備え」今日は何の日?徒然日記ブログ
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2008/02/post_dac8.html
★「戦国リボンの騎士〜女武者・井伊直虎」今日は何の日?徒然日記ブログ
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2010/08/post-a664.html
★「豚そば@彦根・ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店」タムラブログ
http://tam6000.blog.fc2.com/blog-entry-352.html

(関連する記事)
★「125 【麺類色々06】琵琶湖の畔にもチャンポンは有る
http://rifuh.jugem.jp/?eid=143

(直虎姫も実に講談的な人で‥いつか講談化して高座に掛けたいンですが
)

夜の帳の降りたJR彦根駅前じゃ、営業してるのは呑み屋ばっかり‥。いやいや彦根名物の「近江ちゃんぽん」を出す、ちゃんぽん亭の総本店が開いてますナ。でも途中からお酢を入れて食べる近江ちゃんぽんは、お酢入れの蓋が外れてエライ事に成ったトラウマが私メにゃございますンで、今回は違うモンを頼みましょうか。で、「豚そば」なるモンを食しましたヨ。如何にも関西的な甘さが鼻につきますが、わざわざ「豚」を銘打つだけあって‥お肉は豚コマなのね。私メら東夷にとってお肉と云えばフツー豚なんで、西日本的に牛肉が入るよりもコッチの方が嬉しいです




| 2012.06.17 Sunday (08:29) | 琵琶湖は滋賀の1/6 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.23 Saturday (08:29) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS