きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 971 2012年05月の目次 | main | 973 【スイーツ54】紫式部センセも「宇治抹茶ソフト」を食べたがるか? >>
972 【お米料理67】宇治川の合戦と「鰻いいむし」


京都を死守しようとする「木曽源氏」と、入洛を目指す「鎌倉源氏」が激突した宇治川の合戦は、今から八百数十年前の寿永三年(1184)に起きました。有名な「宇治川の先陣争い」が行われたのも、此処ナンです

昨日ご紹介の栃木・大田原市に続き、今日も「源平合戦」に因んだお噂でございます。但し場所は西へ遥かに飛びまして、京都府の宇治市です。無駄にフットワークが軽いのだけが、私メの取り得!ナニせ暇を持て余してまして。

処で皆サマ、今年の大河ドラマ「平清盛」をご覧成ってらっしゃいますか?ココ数年、大河の視聴率はドンドン低落してますが、今年のは記録的な低視聴率だソウですナ。脚本や演出に納得が出来ンので、私メも見るのを止めました。

題材は素晴らしい。何せ清盛公と云えば「日本の歴史上、五指に入る大革命家」で、描き方次第でもっと良い作品に成った筈なのに‥。ただ余りに偉大過ぎて、高名を畏れた後世の者達によって不当に貶められたキライが強い人。

調べれば調べるほど怪物じみてます。合戦も強かったけど、ソレ以上に権謀術数に長けた大政治家で、華やかじゃ無いのは確か。そして公の死後、一旦滅ぼした筈の源氏によって子孫は逆に滅ぼされ、悪名ばかりが喧伝された。


宇治川の合戦の現場を、その名も宇治橋から眺めてみました。左手が木曽軍が護る京都側、そして右手から鎌倉軍がこの川を渡って一気に攻め込んだンですナ。なお右手中央の森の中に、平等院が建ってます

大体が歴史てぇのは「勝った側に都合良いモン」で、負けた側が強ければ強い程「悪辣非道に描かれる」モノです。でも‥一世の大英雄・平清盛公があと数年長生きしてたら、歴史は変わり、大河は低視聴率に成らなかった筈。

清盛公が亡くなって直ぐに京都に乱入したのは、源義仲公の木曽源氏。義仲公は天才的武将ですが、残念な事に清盛公と違って政治家を兼ねてなかった。魑魅魍魎の蠢く平安末期の京都は、単なる武将じゃ御し切れませんヨ。

そんな義仲公が京都を制して居られたのは、たったの半年!平家一門が追放されて当初は歓んでた公家達は、やがて義仲公を裏切って‥関東の鎌倉に居た第三勢力の源頼朝公に上洛する様に命じます。二人は従兄の間柄。

そんな両源氏が正面衝突したのが、宇治市内を流れる宇治川。優れた政治家(武将とは言えンねぇ)頼朝公によって天下は統一されますが、平清盛と云う大革命家が健在だったら、ココの合戦は無かったンだろうと思う私メでした。


源氏同士が争った「宇治川の合戦」ですが、清盛公の没する前年にも全く同じ場所で合戦が行われてますヨ。ソレは平家vs河内源氏によるモノで、源氏方の大将・源頼政が立て籠もったのが「朝日山平等院」。所謂世界遺産の「宇治の平等院」でございますナ。ちなみに誰でも知ってるご覧の鳳凰堂は、「阿弥陀堂」と云うのが正式名称だソウですゼ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「京都府宇治市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「宇治市最新観光情報はここから」宇治市観光協会HP
http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/
★「京都・宇治 世界遺産平等院」朝日山平等院HP
http://www.byodoin.or.jp/
★「宇治川の先陣争い」京都散策 平家物語HP
http://www3.ocn.ne.jp/~mh23/heike210.htm
★「頼政と平等院」氷心玉壺HP
http://www.rinku.zaq.ne.jp/bkcwx505/Nohpage/Nohfurusato/Furu03Yoromasa/NohFuru03.html
★「鰻いいむし」料理旅館 鮎宗HP
http://www.wao.or.jp/aiso/menu/lsize/iimusi.html

(私メのご先祖サマは鎌倉軍に居ましたンで、この合戦に臨ンでたのかな?
)

平等院を参拝後、宇治川沿いの「あじろぎの道」を歩いてましたら、美味そうなモンを見付けました。鮎宗(あいそ)サンと云う料理旅館の「鰻いいむし」と云う、餅米の上にウナギの蒲焼きを載せ、ソレを包んで蒸したモンでして、山椒が効いてて実に美味いのヨ!実に雅な一品でして、一つ二つの単位じゃ無く、四つ五つと買うべきでしたネ。あぁ美味かった‥




| 2012.06.01 Friday (07:50) | 京都市以外も京都府 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (07:50) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS