きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 987 【煎餅お餅16】変わりゆく豊岡で「ロミーナ」を! | main | 989 【麺類色々59】夜陰の彦根城と「豚そば」 >>
988 【京都上ル下ル19】上賀茂神社と「黒蜜掛けのところてん」


世界遺産「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ/上賀茂神社)」は、下鴨神社と二社で山城国一宮にして、約千年前に朝廷の定めた上七社の一つ。社伝では皇室初代の「神武天皇」陛下の頃の創建らしいです

昨日までご紹介の兵庫・豊岡市から、JR山陰線の列車に揺られて京都駅まで戻って参りました。私メが長年住まいする首都・東京が、唯一敵わないと思えるのが古都・京都ですナ。ドウ頑張ったって、京都に歴史じゃ勝てません。

スカイツリーをはじめした「超弩級の新しい凄いモン」は東京に山ほど在りますが、ナニせ日本の中心に成ってからまだ四百年の若い街。一方京都は「千二百年の都」を称するだけ有って、「超弩級の古い凄いモン」が山ほど在る。

スカイツリーも五百年後には入れて貰えるかも知れませんが、「世界遺産」やソレに準ずる歴史的価値の有る建築物は、東京にゃ全く在りません。数年前に迎賓館が国宝に指定され、東京都の国宝建築がやっと二つに成った位。

列車の乗り継ぎ時間が今回もタップリ有りますンで、ならば世界遺産でも見に参りますか。昨年秋に京都を訪ねた時は‥下鴨神社に参りましたンで、ならば今度は上賀茂神社に参りましょう。私メが京都で一番好きなトコですヨ。


上賀茂サンの「別雷」とは雷神サマの事。雷神サマは龍神サマと古くはイコール扱いだった様で、上賀茂サンにゃ龍神サマがお好きな清流が流れて居りますヨ。初夏の生意気な日差しの中、木陰の流れは涼しい

ただ上賀茂サンは京都駅から結構遠い!地下鉄に乗ってまず二十分、北山駅から賀茂川の東畔をブラブラ歩いてまた二十分。盆地状に成ってる平安京の最北端に、京都の守護神・上賀茂サンこと「賀茂別雷神社」が建ってます。

ココは凄い神社ですヨ。何しろ京都が首都に成る前から参拝繁多なトコだったらしく、平安京が建都されると京都全体の産土神として尊敬を集め、明治時代は日本中の神社の最上位として遇された程のトコ(伊勢神宮は別格です)

ですが下鴨サンがそうだった様に、上賀茂サンも気取ったトコが殆ど無い。コレが地方の有名寺社なら‥ケバケバしく格式を誇るンでしょうが、ソレをしないってのは‥やっぱり本物だからの余裕ですなぁ。無駄に飾る必要が無い。

自ずと滲み出る本物の凄さが有ればこそ、必要以上に気取らなくて済むンだなぁと毎回通りに感心し、コレが東京にゃ無いンだよなぁと悔しがりつつ、とかく高座で虚勢を張りたがる自分は全く情けないねぇ‥と反省してた私メです。


上賀茂サン境内の清流「明神川」は、ソコを抜けると暫くは上賀茂サンに奉職する宮司サンら、「社家(しゃけ)」の方々の立派なお屋敷の門前を流れて行きますヨ。こう云う雰囲気は‥東京じゃ有り得ないですねぇ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「滋賀県彦根市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「世界文化遺産・上賀茂神社」賀茂別雷神社HP
http://www.kamigamojinja.jp/
★「風雅な王朝行列・葵祭」京都市観光協会HP
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/aoi.html
★「上賀茂社家町界隈(北区)」京都鴨川風光HP
http://everkyoto.web.fc2.com/report3.html
★「ところてんは酢醤油で食べる?それとも黒蜜?」心太茶屋 清水屋HP
http://www.yasoba.com/nazo/mame-5.html

(関連する記事)
★「793 【京都上ル下ル14】世界遺産と『ざるそば』『ざるうどん』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=859

(晩秋の黄昏に上賀茂サンを散歩すると、魑魅魍魎の存在を信じたく成る‥
)

明神川の清らかな流れに戯れてる内に、ナゼか「ところてん」が食べたく成った私メ。ですが京都を中心とした関西地方じゃ「ところてんはスイーツ扱い」で、黒蜜をかけて食べるンでございますヨ。処が私メら東夷にゃ「ところてんはサッパリとした酢の物」の扱いで、黒酢や三倍酢をブッ掛けて、暑い日に縁台に座って食べたく成る‥。本来は酢の物の方が正しいソウで、黒蜜をかけて食べるのは「くずきり」だったそうナ。それが何時の間にか、食感の似てるところてんに京都人がかけ出したらしく、京都じゃソレがフツーに。私ぁ黒蜜のを初めて食べた時は卒倒しかかる位に驚き呆れましたが、「馴れりゃ美味しいクサヤの干物」の伝。最近は怒り狂わずに済む様に成りましたが、まだ違和感が強いです




| 2012.06.16 Saturday (08:09) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.08.19 Saturday (08:09) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS