きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ「一銭洋食」を | main | 1053 Let’s Ondo Again/ナイアガラ音頭 >>
1052 【スイーツ61】太閤殿下の神社と「衛生ボーロ」‥東山


豊臣秀吉公を祀る「豊国(とよくに)神社」の派手な唐門は、最初は秀吉公が晩年を過した伏見城に在ったモノで、国宝に指定されてます。伏見城⇒二条城⇒南禅寺⇒豊国神社と移築され続けて来た流浪の門です

京都・東山区へ来て居ります。昨日は繁華な祇園界隈の訪ねましたが、今日は南へグッと下がって、京都国立博物館付近をブラつきます。でも京都国博に今回は御用は有りませんで、そのお隣りの神社へ参ったンでございます。

ソレは「豊国神社」。日本の歴史上、一代で最大最高の立身出世を遂げた太閤殿下・豊臣秀吉公をお祭りする神社でござンすナ。このお方に匹敵する出世した人は‥弓削道鏡サン位ですかねぇ。尤も道鏡サンはお坊さんですが。

詳しく説明するまでも無いでしょうが、時は戦国時代。尾張中村郷(名古屋市中村区)の足軽の子から、織田信長公の家来として努力を重ね、時流を掴んで関白太政大臣にまで御出世なさった凄ぇ人ですゼ。大阪城を築いたお方。

処が折角築いた豊臣政権は所詮「砂の城」で、倅の秀頼公の代で呆気なく崩れ去り、徳川家康公の江戸幕府に取って代わられた、ある意味悲劇なお方でも有りますヨ。豊臣家ほど大規模なジェットコースターは滅多に無いねぇ。


必要以上に暑い京都は、ドウやって「涼しく過すか」が大事な街。と云う訳で‥今夏も鴨川沿いにゃ「納涼床」が盛大に張り出されてます。この鴨川が繁華な場所に成ったのは、秀吉公が京都を大改造してからです

秀吉公が亡くなられた翌年の慶長四年(1599)、「正一位の神階」「豊国大明神の神号」を朝廷から賜って、豊臣家の総力で建てられた豊国神社。ソレは勇壮華麗で、広大巨大なモンだったとか。処が豊臣家はやがて滅びます。

替って天下を取った江戸幕府・徳川将軍家は、前政権の残影を一掃しようと豊臣家の聖廟たる豊国神社を破却させますヨ。ソレから二百数十年間、跡地は原っぱの儘で、敢えて放置させてたンだとか。もちろん理由が在りますナ。

とかく聖地に何か建物が在ると「シンボル化して」反幕勢力の拠点に成り易いのは勿論ですが、「豊臣時代が復活する事は無い」と云うのをナニも無い原っぱで示そうとしたンでしょうネ。世界的に見て同様な例は幾らでも在ります。

処が江戸幕府が瓦解し、京都から天皇家が東京に奠都した途端、豊国神社は明治政府の手で大復活!「敵の敵は味方」と云う訳じゃ無いでしょうが、政治の都合で褒め称えられたり貶されたりで、ほんま太閤ハンも大変ですナ。


豊国神社を参拝し、東京へ戻る列車に乗る為にJR京都駅へ向かう途中、平安京の街中を流れる高瀬川を何気なく渡りましたが、コレが実に涼しげで‥。暫く佇んで涼をとってた為に、列車は一本乗り遅れました

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「なぞの金曜日 第685回/第686回放送」の記録です★

(参考リンク)
★「歩いて楽しむ東山」京都市東山区役所HP
http://higashiyama-kanko.jp/
★「豊国神社」玄松子の記憶HP
http://www.genbu.net/data/yamasiro/toyokuni_title.htm
★「豊国神社 東山の今昔を物語る太閤秀吉を祀る社」京都東山district HP
http://kyoto-higashiyama.jp/shrinestemples/toyokunijinja/
★「京の夏を彩る納涼床」京都鴨川納涼床協同組合HP
http://www.kyoto-yuka.com/
★「坊やが知ってるママの味」西村衛生ボーロ本舗HP
http://www.eiseiboro.com/

(豊国神社から真っ直ぐ東、阿弥陀ヶ峰の山頂に秀吉公のご墓所は在ります
)

久しぶりに見たンで、思わず買っちまった「西村の衛生ボーロ」。ボーロと名乗るお菓子は全国に色々有りますが、何れもポルトガルが発祥地だとか。中でも「卵ボーロ」と称される、子供が好むこのタイプのお菓子の元祖は、やはり京都だソウでございますヨ。発祥がポルトガルと云う事は、太閤殿下の頃に伝来したと云うコトですナ‥殿下も食ったかな?なお「衛生ボーロ」の衛生とは、明治中頃の流行語だソウでございます




| 2012.08.17 Friday (07:40) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.19 Thursday (07:40) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS