きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1019 【お米料理72】隠元禅師と煎茶道と「衣笠丼」 | main | 1021 【団子饅頭42】旭日将軍の故郷で「ほうば巻」‥木曽 >>
1020 【スイーツ58】女城主の壮絶なロマンスと「カステーラ」‥岩村


日没間近の「岩村城(霧ヶ城)址」。カメラの絞り値を最小にし、加えて画像処理まで施したンで明るく見えますが、実際は結構な暗がりに成ってまして、他にゃ猫一匹居りませんでした‥。実に幻想的な風景でしたヨ

エラク長い距離を移動して、岐阜県東部「東濃地方」の恵那市岩村町へ辿り着きました。ココは数年前に恵那市の一部に成りましたが、ソレ以前は独立した自治体で、山間の小さく古い城下町。私ぁココには時々参って居ります。

以前もご案内致しましたが、戦国期の岩村は「尾張(愛知県)・美濃(岐阜県)の織田家」と「甲斐(山梨県)・信濃(長野県)の武田家」との間で激しい攻城戦が何度も繰り返されたトコ。今の岩村からすると想像はとても難しいです。

森羅万象全てが「時代が変われば常識は違う」のが当り前で、全国を移動するのに鉄道や高速道路等を基準に置く現在じゃ理解出来ませんが、当時は信州と中京地域を結ぶ大きな街道が岩村を通ってたらしく、その要衝だった。

JR中央西線に沿って進む「中山道」が整備される前で、内陸から上洛を目指す武田信玄公は橋頭堡として岩村城を奪い取りたい。一方ソレを防ごうとする織田信長公は防衛要塞として岩村城を守りたい。ドウしても合戦に成ります。


周囲の山々は霧の中に沈んで居りまして、成るほど確かにコリャ「霧ヶ城」だと感心したンですが、日本で一番高い所に在った山城で、一々登るのが大変だと言うンで、江戸時代はこの麓に藩庁を移したソウですナ

信長公は岩村城主・遠山景任と叔母の「おつやの方」とを戦略結婚させ、また息子の「坊丸」を跡継ぎ養子として遣わして万全の構え。処が景任が病死したモンだから、話がヤヤコシク成ります。坊丸じゃ幼な過ぎて城主は無理。

ソコで「おつやの方」が城主代行と成りますが、この女丈夫は城兵の人望も厚く、武田家の城攻めを耐え抜きます。ですが凄い猛攻で落城する破目に。その時に城兵の助命の替わりに出された条件は、「おつやの方」の嫁入り!

城攻めの大将・秋山信友は長らくヤモメ暮らし。ソコで「おつやの方」を嫁として貰い受けた‥らしい。そして「おつやの方」は‥ナント信友に惚れちまったらしい。こうして岩村城は武田方の手に落ち、二人は仲良く暮らしましたとさ。

目出度し目出度し‥となりゃ良かったンですが、激怒した信長公はやがて全軍を挙げて岩村城を総攻撃に!「おつやの方」は半年弱の篭城戦を耐えますが、結局は信友と共に「逆さはりつけ」に処されます。壮絶なロマンスです。


岩村は古い街並みがキレイに整備されてる素敵なトコ。お城へ向かう途中、カステラの松浦軒本店サンのお向いに清酒「女城主」の蔵元が。ココでは「おつやの方」のロマンスを、今でも大事にして呉れてる様です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県木曽町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「女城主の里いわむら」岩村町観光協会HP
http://www.fureai.enat.jp/kankou/
★「岩村城 日本三大山城の一つ」ザ・登城HP
http://www.geocities.jp/woodone3831/c-1-3-5-7-siro-iwamura.html
★「岩村城 結婚受け入れた女城主」朝日新聞HP
http://www.asahi.com/travel/kosenjo/TKY200908170117.html
★「女性列伝・おつやの方」戦国ごくう・マイナー武将列伝HP
http://www.gokuh.jp/ghp/busho/fem_005.htm
★「創業寛政八年 カステーラ本舗」松浦軒本店HP
http://matsuhon.enat.jp/

(関連する記事)
★「174 【スイーツ08】東濃の山ン中にポルトガルは残る」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=206
★「175 【団子饅頭06】山ン中でもカラスミは作れる」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=207

(岩村自体の標高が高いンで、日本一の山城と言われても驚きは弱いです
)

ホントは岩村名物「カンカラ餅」が食べたかったンですが、到着時間が遅すぎてもう閉店してました‥また行けば良いか。その代わりと云う訳じゃ無いですが、岩村と云えばやっぱり「カステーラ」ですナ。長崎カステラの様に「日本風」に直されたモノと違い、ポルトガルから伝来した儘の味のモノでして、ソレが如何して岐阜の山ン中で残ったのか‥実に面白い、そして実に美味しい。今まで気が付きませんでしたが、松浦軒本店サンの包み紙にゃ「岩村城(霧ヶ城)」の絵が書かれて居たンですネ




| 2012.07.17 Tuesday (08:24) | 岐阜はエエとこやで | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.04.28 Friday (08:24) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS