きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1046 【団子饅頭43】再生図る蔵の街と「くわつみ饅頭」‥本庄 | main | 1048 【野菜果物36】パッションフルーツ2012 >>
1047 【麺類色々64】珍品「生ひやむぎ」と深谷シネマ


埼玉・深谷市の中心街に廃業した造り酒屋を転用した、「深谷シネマ」と云う施設が在ります。映画館だけじゃ無く、様々な店舗も併設されてます(中仙道に面した母屋を転用した豆腐屋サンは、この日お休みでした)

埼玉県北部に在る「中山道最大の宿場町」だった本庄市に続き、その東隣りの深谷市にも参りました。この街は今年の春先にも訪ねてますが、その時と違って暑い!何しろココの東隣りが「酷暑日本一」を誇る熊谷市ですからネ。

幸い訪ねた日は曇天でしたンで、陽射しが無い分だけ過ごし易いンですが‥ソレでも暑いモンは暑い!私メの住む東京・板橋区に較べ、恐らく4〜5℃は違うだろうと思われますが、地元の方々は平然として居て‥慣れって凄い。

晴れるとモット暑く成る訳で、ソレに比べりゃマシと考え直し、ココでも「中山道の宿場巡り」を敢行致しましょうか。深谷はお江戸日本橋から数えて九番目の宿場町。本庄ほどじゃ無いけれど、中山道じゃ最大規模の宿場だった。

ですが本庄に江戸時代が殆ど残って無い様に、深谷にもソレは殆どございませんナ。代りに煉瓦造りの商家やお屋敷が、街のアチコチに結構見受けられます。ソリャそうだヨ、何しろ深谷は日本最大の煉瓦の産地だったトコだもの。


深谷シネマの中庭は、造り酒屋だった頃の雰囲気その儘に古本屋だのカレー屋だのに転用され、まるで昭和のテーマパークに迷い込んだ様な感じがします。それを活かした、映画やTVドラマの撮影も多いンだとか

以前もご紹介しましたが、日本最大の洋館「JR東京駅」の外壁用煉瓦は深谷で焼かれたモノ。「明治の大実業家」「日本の資本主義の父」渋沢栄一翁が郷里・深谷の土質に注目し、街に巨大な工場を建設して煉瓦を焼いた‥。

明治初期に栄華を誇った煉瓦工場はほぼ遺跡化しましたが、当時の繁栄の残影が色濃く残ってます。ですが今は‥商店街(=宿場町)はシャッターだらけ、廃墟寸前の建物も多いです。造りが豪勢な分だけ、尚更酷く見えます。

尤も地元の方も精一杯の抵抗されてる様で、廃業した「七ツ梅酒造」の堂々たる店舗と酒蔵を転用した、「深谷シネマ」なる映画館が中山道沿いにございます。昔は街中に数軒の映画館が在ったのに、全て廃館されちまった。

コリャいかんと映画好きが立ち上がり、地道な運動を繰り広げ、数回移転して「日本唯一の酒蔵映画館」に辿り着いたンだとか。維持管理の大変な古く巨大な建物を壊さず、敢えてそのまま活用してる事に感心頻りの私メでした。


深谷は造り酒屋の多い街で、「七ツ梅」以外に現在も盛業中のトコが三軒も在ります!コチラは宿場西側に在る清酒「菊泉」の滝澤酒造サン。造り酒屋の数は、その街がドレほど栄えてたかを示すバロメーターです

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県磐田市から届いた嬉しい産物」の試食記です★

(参考リンク)
★「酒蔵の映画館」深谷シネマHP
http://fukayacinema.jp/
★「深谷七ツ梅瓦版」深谷てててて編集局HP
http://tetetete.info/
★「ようこそ深谷宿へ」中山道深谷宿HP
http://www.asahi-net.or.jp/~dk3s-tkmt/naka/
★「れんがの町 埼玉深谷の地酒 菊泉」滝澤酒造HP
http://homepage3.nifty.com/kikuizumi/
★生ひやむぎの秋山製粉サンのHPは無い様です

(深谷シネマはまだ発展途上の様で、酒蔵内部は未使用なトコだらけでした
)

埼玉県北部は、日本有数の小麦生産地帯。だから?ウドンを良く食べる地域ナンですが、深谷のスーパーで地元・秋山製粉サンの「生ひやむぎ」なるモンを発見!私ぁ冷麦は乾麺しか知りませんでしたが、調べてみますと夏の間、埼玉の一部地域じゃ生麺の冷麦を食べるンだとか。更に調べてみますと‥乾麺の冷麦は素麺と同じ分類ですが、生麺の冷麦はウドンと同じ分類にされるンだってサ‥ヘェ知らんかった。実にチュルチュルした極細ウドンでございまして、名前は一緒でも乾麺のとは全く別の食いモン。私ぁ生麺の方が遥かに好きですねぇ。コレを東京でも売って呉れんンでしょうか?暑い日はコレを毎日の様に啜りたいモンです




| 2012.08.12 Sunday (08:18) | なぜかココは埼玉北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (08:18) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS