きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1065 【団子饅頭44】テクノスーパーライナーと「藤戸饅頭」 | main | 1067 2012年08月の目次 >>
1066 【麺類色々69】神功皇后伝説と「鴨方うどん」‥備中寄島


神功皇后サマが三韓征伐の帰り道、お寄りに成られた島が沖に有るから「寄島町」と称して居ったソウです。左手に見えてる小さな山がソレでして、只今は浅瀬を干拓して陸続きに成ってます。ノンビリとした街です

岡山県西南部、「寄島(よりしま)町」と云うトコへ来て居ります。数年前に近隣二町と合併して「浅口市」と成りましたが、表面は大して変わりなく、単に数合わせしただけと云う感が拭えません。旧寄島町だけだと人口七千弱。

嫁サンの実家が広島・福山市と云う「岡山県に接する街」なモンで、福山に帰ると私ぁ岡山県の手近なエリアにも足を延ばす訳でございますヨ。私メの様な東夷からすりゃ広島も岡山も似た様なモンで、区別がナカナカ付きませんナ。

福山から瀬戸内沿いに東へ東へ、適当にドライブしてたとお思い下さいませ。内陸部の大幹線・国道二号線を行くより、海辺の細い県道の方が空いてるし眺めが良いンで、特に急いでる訳でも無い私メはソッチの方を選ぶ訳ですゼ。

「基本的にヒマ」ですし、「道はドッカに通じてらぁ、駄目なら尻尾巻いて帰りゃイイ」てな信条で生きてますンで、カーナビなぞ気にせずに適当にダラダラ走ってる内に、辿り着いちまった寄島町。ナニか目的が有って来た訳じゃ無い。


寄島の海岸にゃ不思議な小屋が並んでます。コリャ「四つ手網」と云うモノで、先端に沈めた網の上に魚が通ると引き上げて、ママカリやらイカを獲る伝統漁法らしい。実に呑気です(上とは別の季節に撮影したモン)

瀬戸内沿いにゃコンモリとした小山が結構在りまして、ダダっ広い砂浜が続く静岡県で育った私メからすると不思議で仕方無い。ドウやら元々は小さな島だったのが自然に繋がったり、人工的に干拓され地続きに成ったモノらしい。

寄島町も本州()と、元は島だったらしいトコとの間が干拓されてまして、本州側の古い街並みとの落差が著しい。ドウ云う訳か?折角の干拓地が余り有効活用されて無い様で‥、造成時の目論見通りに進まなかったのかナ?

地元経済的にはドウなのか判りませンが、一介の通りすがりの余所者からすればその落差が面白く、また「讃岐屋」なるタユタユした雰囲気のスーパーを見付けて一発で気に入り、ナンだカンだと口実を作ってフラフラしに行くのヨ。

でも「神功皇后神話に遡る歴史を持つ」てぇンだから大変だ!ココは「日本史上最強の烈女」皇后サマ由来の地名が多く、古代から瀬戸内海運の要衝として栄えてた様です。でも神功皇后って、幾らナンでも古過ぎる様な気が。


コレが噂の「スーパー讃岐屋」。この画像だけ見るとエラク洒落たお店の様に思われますが、いざ店内に入ると極めてタユタユしてまして、その落差が嬉しくて涙が出そうに成ります。ココの握り寿司が安くて上手いのヨ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「新潟県十日町市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「瀬戸大橋が見える海と魚のまち」観光情報よりしまHP
http://www.okasci.or.jp/asakuchi/yorishima/
★「新・瀬戸内紀行 海の路/岡山県寄島町」広島ホームテレビHP
http://www.home-tv.co.jp/umi/32/
★「458 青佐鼻=浅口市寄島町」でんでんむしの岬めぐりブログ
http://dendenmushimushi.blog.so-net.ne.jp/2009-08-20
★「手延べうどんの日本一の生産実績」かも川手延素麺HP
http://www.kamote.co.jp/

(讃岐屋さんは数年前キレイに改装されましたが、タユタユ感は相変わらず
)

寄島は「穴ジャコ」の大産地ですが、流石に東京まで持って帰れませンので、同じ浅口市の内陸部の名物「備中うどん(鴨方うどん)」。素麺と同じ「手延べ」製法で作られるうどんで、乾麺としては全国トップシェア!対岸・香川県の讃岐うどんと好対照な麺類で、「讃岐の男うどん(シコシコして太い)、備中の女うどん(ムチムチして細い)」てな言葉が有るンだとか。お店で食べるンじゃ無く、乾麺を自宅で茹でて食べるモンだそうナ




| 2012.08.31 Friday (07:43) | もんげぇ〜岡山南部 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.03.28 Saturday (07:43) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS