きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1076 【やきそば86】銚子の調子はドウかしら? | main | 1078 【団子饅頭45】源氏旗揚げの地と「福太郎餅」‥三島 >>
1077 【やきそば87】清流のまち三島と「ゴム焼きそば」


三島市内はアチコチに清らかな水が流れてます。コレは三島広小路駅近くを流れる「源兵衛川」で、江戸時代に寺尾源兵衛と云う人が作った疎水ですが、富士山の伏流水が満々と流れ、気軽に水と触れ合えます

静岡県東部の三島市へ来て居ります。先月ご紹介した沼津市の隣り町で、人口は約十一万。ですが東海道新幹線の駅が昔から在り、伊豆半島の入り口として大勢の観光客を集めてます(JR三島駅の乗降客は県内二位だとか)

私メも育ち故郷の静岡市や、実家が只今在る磐田市への往復に良く通りますし、伊豆半島の温泉地での仕事の時にココで良く乗り換えるンですが、フト考えてみれば‥あまり街中を歩いたコトが無い。もう十数年、歩いて無いねぇ。

たまたま近くに行く用事が有り、しかも余裕時間が随分と有ったンで、ならば偶には歩いてみるべぇと意気込んで、私ぁ改札口から乗り出したンでございますが、日本中の殆どの地方都市と同様に三島の中心街も寂れましたなぁ。

ココも郊外の大型SC群に負けた様で、記憶と違って買い物客は少なく思えます。ですが観光客は大勢来ますンで(通過すると云う方が正しいかも知れませんが)、ソレを引き込もうと旧東海道沿いを中心にキレイに整備されてました。


富士山やら南アルプスやらと、三千m超級の山を十数峰も抱える静岡県内はドコ行ってもキレイな水だらけですが、三島は特にキレイだ!新幹線駅から十分も歩かないで水がこんなにキレイな都市、他に在る?

いやキレイに成ったのは街並みばかりじゃ無い。市街地のアチコチを流れる川や疎水群もキレイに整備されてます。家庭排水による汚濁を防ぐのは当然として、「人から水を遠ざける」のでは無く「人と水が親しめる」様に整えられた。

街を流れる清らかな水は、全てが富士山の伏流水に依るモノ。私メにゃ難しい事は理解出来ませんが、数年前に降った雨水が地底でゆっくり濾過され、静岡県の東部各地で噴き出してます。そしてソレは三島が特に多いンだとか。

険しい山ン中の集落なら珍しく無いけれど、人口十万を超す規模の都市でコレほど水と親しめる街は滅多に無い。しかも東京駅から新幹線でたったの四十五分!このまま「清流のまち三島」で売って行きましょう、きっと成功する筈。

東海道有数の規模と謳われた「三島宿」の面影は残念な事に殆ど残ってませんが、浮気な観光客を引き込むには‥美味くて手軽な食べ物の発掘だナと、市民のソウルフード「黄金饅頭」屋で焼きそば食べながら考えてた私メです。


水質汚濁により一度は絶滅した筈の「三島梅花藻(ばいかも)」が移植され、キレイな花を咲かせてました。日当たりが良く、そしてキレイな水の中以外じゃ育たぬ水草でして、静岡県の天然記念物に指定されてます

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「静岡県三島市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「歴史と水の国 三島」三島市観光協会HP
http://www.mishima-kankou.com/
★「源兵衛川親水公園」富士山周辺公園ガイドHP
http://www.kouenguide.com/search/water/genpei/
★「源兵衛川の衝撃」Chart Table ブログ
http://canalscape.exblog.jp/17664197/
★「清流に咲く花〜三島梅花藻〜」環境コラム・東邦化工建設HP
http://www.t-cec.co.jp/column1007.html
★「ゴム焼きそば。一福」沼津で行こう。ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/numazukitaguchi/35624007.html

(関連する記事)
★「577 【やきそば31】那須烏山のゴム焼きそば」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=615
★「1057 【名物パン81】まぼろしの足柄県と『桃屋のパン』‥沼津」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1106

(太宰治氏いわく、『三島の町は蜘蛛の巣のように小川がある』だソウですヨ
)

JR三島駅で「伊豆箱根鉄道(通称:いずっぱこ)」に乗り換え、最初の三島広小路駅で降りると(歩いたって十分位ですが)目の前に、市民愛好の黄金饅頭を売る「一福」と云う、昔からの甘味屋サンがございます。ココは通称「ゴム焼きそば」と呼ばれる硬い焼きそばでも有名でして、実に十数年ぶりに食べましたヨ。でも昔はムチャクチャ硬く思えたのに、全国を旅して栃木・那須烏山市で凄いゴムそばを食してしまった私メにゃ、歯応えが強いねぇ程度にしか感じられぬから面白い。ですがフツーの方にゃ、驚天動地なモンに違い無いンで覚悟を願います。なお黄金饅頭は世間一般じゃ「今川焼き」と云われる食べ物で、皮が少しカリッとしてますナ




| 2012.09.09 Sunday (07:56) | こらっしょ!静岡伊豆 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.22 Tuesday (07:56) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS