きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1077 【やきそば87】清流のまち三島と「ゴム焼きそば」 | main | 1079 【名物パン82】舘山寺温泉で「アイスコルネット」を >>
1078 【団子饅頭45】源氏旗揚げの地と「福太郎餅」‥三島


太平洋に大きく突き出した伊豆国の一宮は、三島市の中心にドッカと鎮座する「三嶋大社」さま。創建は不明ですが‥エラク昔から在ったのは間違いなく、三島市民の魂の拠り所として絶大なる尊敬を集めてますヨ

昨日に引き続き、静岡県東部の三島市への訪問記でございます。昨日はこの街のアチコチを流れてる川や疎水がエラク綺麗に成って居て、ソレに驚いてただけで終わっちまいましたが、今日はもう少し真面目に散策しましょうかネ。

北海道と沖縄県を除くと「全国の都道府県は現在四十五」ございますが、江戸時代の終わりまでは「全国は六十六ヶ国と二つの島」に分かれて居たのをご存知でしょうか。因みに二つの島とは九州沖の「対馬」「壱岐」を指します。

東海道の真ん中で横に無駄に長く拡がる静岡県は、昔は三つの国に別れて居りましたヨ。西から「遠江(とおとうみ)」「駿河(するが)」「伊豆(いず)」の三国で、今の静岡県「西部」「中部から東部」「東南部の半島」地方に当たります。

それぞれ「国府」と云う「県庁みたいなお役所」が設置されてたンですが、伊豆の国府が置かれたのが伊豆半島の付け根部分に在る、今回訪ねて居る三島市でございますヨ。昔も今も伊豆半島じゃ最大の街でして、人口は約十一万。


三嶋大社は源氏の反攻が始まった場所。平家により伊豆へ流された源頼朝公は、大社の祭礼の騒ぎの中で平家方の代官を討ち、そして鎌倉幕府成立まで突き進みます。私メのご先祖様は三島以来の家来でした

隣り合う沼津市と張り合ってるのが、他所から見てると面白い。駿河の東端の商業都市・沼津と、伊豆の国府だった三島市じゃ「水と油」の様で、半分の規模しか無い三島が「国府のプライド」だけで意地を張ってる‥様に見える。

私ぁ中部の静岡市の育ちでして、三島も沼津も「似た様なモン扱い」ナンですが、どうも「似た様なモン扱い」されたく無い様で、以前は半島部分まで含めて全て「沼津ナンバー」だったのに、数年前「伊豆ナンバー」を作っちまった。

よほど沼津の下風に付きたく無かったンですナ。静岡県の宿痾たる「旧国同士の意地の張り合い」が露骨に出てて‥実に情けない。さて国府として栄えた街だけ在って、凄ぇモンがドーンと鎮座してます。ソレは「三島大社」さま。

箱根峠を東に控え、東海道でも有数の大宿場だった三島ですが、ソレは大社の門前町(=宿場町)の旅籠に置かれた「飯盛女(=三島女郎)」に依るモノが大だったとか。この清濁さに勝てますのは、県内じゃ静岡市だけみたいです。


三島の中心街(=旧三島宿)の風景でございます。東海道沿いは綺麗に整備されましたが、大社以外に昔を感じられそうなモンは殆ど有りませんナ。なお右の建物の先を入りますと、昨日ご紹介した源兵衛川です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県浜松市西区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「悠久の歴史にふれる」三嶋大社HP
http://www.mishimataisha.or.jp/
★「源頼朝旗揚げの碑」amihsimの歳時記ブログ
http://d.hatena.ne.jp/amihsim/20120812
★「三島宿のにぎわい」東海道ルネッサンス 歴史とロマンをさぐるHP
http://tokaido.canariya.net/1-rene-tokdo/6book/2bu/8_fr.html
★「三島女郎衆(みしまじょろしゅ)」農兵節と三島女郎衆HP
http://nouheibushi.kan-be.com/page007.html
★「福太郎」三嶋大社HP
http://www.mishimataisha.or.jp/fukutaro/

(ソレにしても三島や伊豆半島の方は‥頼朝公の事が好きでございますなぁ)

三嶋大社の境内の片隅に、福太郎茶屋なる休憩所を発見!ココの名物は開運の縁起モノ「福太郎餅」。西日本の方にコレを判りやすく説明しますと、「よもぎ餅の赤福」みたいなモンです。大変に上品なお餅で、お茶とセットで頂戴しましたが、さんざ歩き廻って草臥れてた体にゃ、こう云う甘いモンが有難い。処で赤福とコレ‥どっちが古くから在るンだろうか?




| 2012.09.10 Monday (08:05) | こらっしょ!静岡伊豆 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (08:05) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS