きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1094 【野菜果物39】今年もいちじくを煮てみた!2012‥白河 | main | 1096 【揚げモン42】横須賀港の軍艦と「海軍カレーコロッケ」 >>
1095 【名物パン86】三浦按針とジョージワシントン


横須賀市逸見(へみ)の高台に在る、「神奈川県立塚山公園」の一番高いトコに、三浦按針サンは妻の「ゆき」サンと共に葬られてます。右が按針サンの、左が奥さんの宝筐印塔ですが、遠い異郷で何を思うのか?

大都会・東京に長らく住ンでて常々感じますのは、定住してる外国人の多さでございますナ。世界中の有りと有ゆる民族が東京にゃ居るンじゃないか‥と思えます。流石に世界に冠たる経済大国の首都だけ有る‥と感心しちまう。

コレは東京に限らず、その数の多寡の違いは有っても、全国ドコ行っても似た様な状況ですネ。ここ二十年ばかしで、急にグローバル化が進んだ様な気が致しますヨ。私メが子供の時分は、外国人なんて殆ど居なかったンですけど。

いや華僑や在日朝鮮人の類なら、合法・非合法ゴチャゴチャで入り込んでましたから、決して外国人が国内に居なかった訳じゃ無い。ただ連中は見分けし辛くて‥しかも在日の輩は通名を使うから‥民族のプライドは無いのか?

その点、城北地区に最近増加中のインド系の人達は一目で判るンで‥あぁ外国人が居る!てな感じがします。もちろんアフリカ系やヨーロッパ系や東南アジア系も見た目が判り易くて、コッチも心構えが予め出来るンで楽ですナ。


塚山公園の展望台から港の方を見て見れば、軍艦がウジャウジャ居るのが良く判る。コレは横須賀を母港とする「米国海軍第七艦隊」の様ですが、右手にナニやら巨大な船が一隻見えてまして‥まさかアレは!

戦国時代の初め頃、種子島に漂着したポルトガル船から「火縄銃」と「キリスト教」が日本に初めて伝えらます。と同時に、ヨーロッパ系民族との本格的な接触が始まった訳でございます。宣教師や商人・船乗りが大勢やって来た。

そんな渡来組の一人に、「ウィリアム・アダムス」と云う英国人の船乗りが居りますヨ。一緒の船で辿り着いた「ヤン・ヨーステン」と云うオランダ人の船乗りと共に、江戸幕府を築いた徳川家康公に大いに気に入られたらしいです。

他の渡来組と違って二人は金銭的な横暴が無く、宗教的な野心も無く、正に「船乗り」と云うサッパリとした性格だった様で、家康公の望みに応じて「幕府の外交諸事相談役」みたいな役目に就き、日本の為に働いて呉れたらしい。

中でもウィリアムは日本人の妻を娶り、神奈川・横須賀市逸見に二百五十石の領地を与えられ、旗本「三浦按針(あんじん)」と名を改め、異郷の日本で果ててますヨ。どうか日本に居る外国人の大勢が、日本を愛して呉れます様に。


慌ててズームアップして見れば、アレは原子力空母「ジョージ・ワシントン」では無いかいナ!日本を守る為だけに居る訳じゃ無いのは判ってますが、近隣の三馬鹿国家に対してどうか睨みを効かして呉れます様に

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「神奈川県横須賀市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「神奈川県立塚山公園」神奈川県公園協会HP
http://www.kanagawa-park.or.jp/tsukayama/
★「安針塚(塚山公園)」グレゴリウス写真館ブログ
http://www.gregorius.jp/photogallery/page_61.html
★「ウィリアム・アダムスのその後」今日は何の日?徒然日記ブログ
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2011/05/post-3849.html
★「空母ジョージ・ワシントン」とんぺいの機械博物館HP
http://homepage3.nifty.com/tompei1/GeorgeWashington091205.htm
★「ハマダパン 創業明治27年」Deep City 横須賀ブログ
http://blog.goo.ne.jp/tivgdtd/e/8d8cf307e80492057d4f1487eaa2ac8d

(関連する記事)
★「499 【名物パン42】浦賀のフランスパンは柔かい」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=542
★「706 【名物パン49】横須賀のフランスパン、再び!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=730
★「350 【名物パン27】元祖にしかわフラワー」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=336

(按針サンはなんと!「バーバリー商会」で働く船乗りだったンでござンすヨ
)

異郷で暮らすに当って一番辛いのは「食べ物の問題」ですナ。英国出身の按針サンは横須賀に領地を貰って、一体何を食べてたンでしょうか?時代が下って幕末に成ると、横須賀にゃ幕府の造船所に雇われた仏国人達が大勢移り住み、彼らの為に作られた「丸くて柔らかいフランスパン(ソフトフランスとか、軟フランスとか呼ぶ)」が、横須賀じゃソウルフードに成ってますヨ。そんな「ソフトフランス」を作ってる会社・お店は幾つか在りますが、恐らく最大手と思われるのが市内各地のスーパーや、学校給食にも卸してる明治二十七年創業の「ハマダパン」さん。横須賀市内にゃ「浜田」「ハマダ」と名乗る老舗のパン屋が多いンですが、ソレゾレ独立してて直接の関係が無かったりするから面白い。処が「ハマダパン」さんの製品に、兵庫・加古川市の西川パンさん発案の「フラワー」と同じ名前で、良く似たパンが有って驚いた私メ(右下のがソレね)。西川フラワーほど凝ってませんでしたが、味はエラク濃厚で‥面白い。ソウ云えば‥米国海軍の兵隊さん達は、一体どんなパンを食べてるんだろう




| 2012.09.25 Tuesday (07:59) | いいじぇん三浦半島 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (07:59) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS