きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1132 【やきそば94】千年続く流鏑馬と「モロショク焼きそば」‥毛呂山 | main | 1134 【お肉料理27】師走から新店舗に!「カッピン・トゥラード」‥坂戸 >>
1133 【スイーツ65】東秩父村に古い伝統を見た

埼玉県唯一の「村」たる東秩父村は、千三百年前からの和紙の産地。「和紙の里」では若い職人さん達が次々と紙を漉いてましたが、日本三大和紙のひとつ「細川紙」は繊細かつ頑丈を両立した厚手の和紙です

アレは何年前のコトだったか?明確に覚えて無いンですが、確かお正月でございましたナ。ドッカの楽屋で師匠(三代目神田松鯉)と、私メら講釈師の商売道具「張り扇」を作るのに使う「和紙」について、話に成ったンでございます。

講談は「張り扇」と云う白い棒状のモノで「釈台(座布団の前に置く小机)」をパンパン叩き、それで七五調のリズムを作りながら一席申し上げると云う、いわば昔風のラップみたいな芸でして、張り扇が無いとドウにも成らないのヨ。

張り扇と釈台のワンセットで楽器みたいなモンでして、尺台は兎も角、張り扇は演者自身が毎年暮に翌年用のを作ると云うコトに成ってます。長さは三十僂曚鼻中身は竹を各自工夫したモノで、ソレに和紙を巻き付けて作ります。

その巻き方次第で「叩く音」が良く成ったり悪く成ったりするから面白いンですが、昔から「茨城・日立大宮市の『西ノ内和紙』」と云う頑丈な和紙を使うと決まってる。かの水戸黄門こと、「徳川光圀公」以来の決まりナンだソウです。



紙漉き台()の中には、楮(こうぞ)や三椏(みつまた)の繊維質が水に溶かされて白く濁ってますヨ。コレを漉くと和紙に成るンですが、一体ドコの誰がこの方法を発見したのか?和紙漉きの体験も出来るソウです

私メら下賎な講釈師風情と、高貴な黄門サマとの間に一体ナニが有ったのか全く判りませんが、兎に角ソウ云う決まりに成ってまして、私ぁ愚直に「西ノ内和紙」を使って張り扇を作って参ったンですが、師匠はどうも冒険したらしい。

曰く「今年の張り扇は『細川』で作ってみた」。日頃「伝統は守った方がイイ」と弟子に口酸っぱく言ってた本人の思わぬ裏切りに、私ぁ腰が砕けかけたンですが、聞いて見ると「細川」なる紙は「西ノ内」に良く似た質のモンらしい。

それでも私ぁ、相変わらず「西ノ内」一本やり。何しろ向う十年分位のストックが拙宅には在りまして、紙屋じゃ無いンだからコレ以上の在庫は要らン(別に腐る様なモンじゃ無いンですが‥和紙だしネ)。ソレでも気には成ってました。

調べると‥埼玉県北西部の東秩父村が「細川」の産地の様。元々は紀州(和歌山県)細川村の特産品だった様ですが、江戸中期に技術が移転され、紀州じゃ途絶えた現在でもココでは漉いてるらしい。近い内に使ってみましょうか。


名前は確かに東秩父ですが、秩父地方とは山を隔てて関東平野に連なる村でして、人口は僅かに三千二百人ほど(年々減少中だとか)。実に長閑なトコでして、水がキレイだから和紙産業が守られて来たンでしょうネ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「埼玉県坂戸市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「観光案内」東秩父村商工会HP
http://www.syokoukai.or.jp/higashichichibu/region/
★「1300年の歴史を有する手漉き和紙」東秩父村和紙の里HP
http://www.washinosato.co.jp/
★「重要無形文化財『細川紙』」文化庁・文化遺産オンラインHP
http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=215379
★「東秩父に219年伝わる菓子を見た」お菓子何でも情報館ブログ
http://www.zenkaren.net/archives/3815

(関連する記事)
★「028 講釈師は「張り扇」という棒でパンパン叩く」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=36
★「478 【スイーツ20】木曽義仲公は埼玉県のご出身!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=483

(現在の師匠の張り扇が、「西ノ内」なのか「細川」なのかは正直判りません)

和紙だけじゃ無く、他にも古いモンが残ってる村でして、小松屋さんと云う村一番のお菓子屋サン(近隣市町にも支店が在るとか)で江戸時代からそのままの形で作られてる、「つる」と云う素朴な小麦粉饅頭を。周りは落雁粉(砂糖じゃ有りません)で白く見えるトコから、鶴の卵と云う発想に成ったンじゃ無いかと、「見てきた様な事を言う」講釈師として適当に申し上げて置きます。実際、昔のコト過ぎてお店の人も判らないンだとか



| 2012.10.29 Monday (08:00) | なぜかココは埼玉西 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.19 Thursday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS