きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1087 【やきそば89】塩山の「炒めそば」と「タンメン」 | main | 1089 【スイーツ64】池上本門寺の「精進アイス」と力道山 >>
1088 【野菜果物38】勝沼はホント葡萄だらけ!


ホント勝沼って、葡萄畑だらけでございますナ。特に日当たりの関係なのか?山に続く傾斜地は葡萄畑が一層多く、コレを全てワインにしたら何万リットル出来るのかしらん。尤も全てが醸造用じゃ無い筈ですがネ

山梨県北中部の「甲州市」をブラつく旅は続いて居ります。この市が誕生したのは、約八年前の2005年晩秋のコト。昨日までご案内してた塩山市とワインで有名な勝沼町、そして戦国大名・武田家が滅亡した大和村が合併した。

処が人口の大多数を占める「塩山」と、全国的知名度を誇る「勝沼」が一歩も引かず、全く新しい市名を公募すると云う「地理・民俗学的には最悪の選択」をした結果、葡萄の品種みたいな「甲州」と云う名前が選ばれちまった訳だ。

ソレの何が悪い?とお思いの方も多いでしょうが、山梨県には「甲斐」と云う旧国名に因んだ「甲府市」「甲斐市」が既に在ったからヤヤコシイ。ドウにか出来ンかったのか‥ま、所詮山梨県だから仕方無いと言われたらソレ迄ですが。

ソレに地元住民が納得してンだから、余所者は黙ってろ!大体がお前の育った静岡県にも「伊豆の国市」とか云う、知性の欠片も無い様な名前の市が合併で出来ただろうと言われたら、私ぁグーの音も出ないンでございますがネ。


葡萄は一房ずつ大切に扱われ、悪い虫が付かない様に「箱入り娘」ならぬ「袋入り娘」的に育てられます。でも袋入りじゃ葡萄は何色か?甘いか酸っぱいのか全く判りません(農家の人が判ってりゃイイ問題ですが)

確かに「勝沼」と云うブランド力は素晴らしい。特に関東じゃ「勝沼産」と云うだけで、葡萄は値段がチョット高い様な気もする。それに私ぁココでYHを経営してる友人が居りまして、ちっとも遊びに行かない癖に気に成って仕方が無い。

ただ葡萄の季節以外の勝沼は‥ただ単に坂道の烈し過ぎるナニも無い農村で、アチラコチラに点在するワイナリーで酔っ払う位しかやる事が思い浮かばない。いや酔っ払えるだけ大したモンですが、酔っ払うと尚更坂道がキツイ。

その結果、近くへ行った帰路にチョット寄り、他所じゃ滅多に見掛けぬ「一升瓶ワイン」を購入する程度だったンですが、一体何年ぶりかな?葡萄の季節の勝沼に立ち寄ると云う僥倖に恵まれましたヨ(今回もYHにゃ寄れンかった)

いやぁ‥何処に行っても葡萄だらけ。塩山でも葡萄は多かったですが、ちと桁が違いますナ。醸造用と生食用の区別が付きませんが、アレ全てをワインにしたら一体何本くらいの一升瓶が必要に成るか?フト考えちまった私メです。


品種によっては、「雨除けカッパ」を被せるだけで良いのも在る様です。でもコレらは栽培用果樹園ですンで「品種の表示」は当然無く、一体ナンと云う名前の葡萄なのか全く判りません。コレは甘いの酸っぱいの?

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都大田区池上」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ようこそ勝沼へ」勝沼ねっとHP
http://katsunuma.net/
★「ぶどう狩りに行こう!」勝沼ぶどう郷ユースホステルHP
http://homepage2.nifty.com/t-konishi/
★「勝沼ぶどう園通り」勝沼ぶどう園通りプロジェクトHP
http://www.katsunuma-budou-toori.com/
★「ワインは山梨県勝沼で生まれています。」勝沼ワイナリー巡りの旅HP
http://www.88rose.net/
★「ワインになるぶどうたち」勝沼ワイン情報HP
http://katsunumawine.info/grapes.htm

(関連する記事)
★「575 【呑みモン18】近藤勇サンは勝沼ワインを呑めなかった」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=602

(新市名を公募した際、『ぶどう市』『ワイン市』と云うのも有ったソウですヨ‥
)

今回はワインじゃ無く、生食用の葡萄を買って帰った私メ。右は嫁サン好みの「ナイアガラ」、左は私メが大好きな「巨峰」でございますが、産地で買うとホント安いねぇ。持って帰れるモンならば、鉄道コンテナの単位で買いたかったですヨ。でも少ししか買わなかったのに持ち帰りに失敗した様で、ナイアガラは無事なれど巨峰はみんな枝から取れちまった‥ナンタルチヤ!ま、口の中に入れちまえば味は一緒ナンでございますが




| 2012.09.19 Wednesday (07:58) | 山梨には海も無い! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.18 Sunday (07:58) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS