きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1119 【お米料理74】「下仁田カツ丼」と峠越え | main | 1121 【やきそば93】太過ぎるけど、コレも「焼きそば」‥明石 >>
1120 【やきそば92】日本初?のオムそば「オムまき」‥奥浅草

お陰様で昨日お昼頃、八万PVを突破した様です。これからも御贔屓の程をお願い申し上げます

今日は「奥浅草お散歩」と決め込んでますンで、「浅草の観音さま」金竜山浅草寺も裏から眺めてみましょうか。ピーカンの秋空の下、浅草寺五重塔とスカイツリーが高さを競い合ってる様で、実に面白い対比

東京最古の街「浅草」に来て居ります。ココには私メら寄席芸人の仕事場(=寄席や演芸場)が幾つも在りまして、二十数年前の前座修行の頃から頻繁に通って居る街でございますナ。正直、イロイロな愛憎が渦巻いて居りますヨ。

寄席は俗に言う「浅草六区」。つまり浅草寺の西側一帯に在りまして、戦前の大繁栄期にはココだけで、両手に余る数の「寄席・演芸場・芝居小屋」が在ったンだとか。そして映画館も軒を連ねてまして、「日本一の興行街」だった。

但しソレは「‥だった」と云う過去形で、当時を知る古老に言わせると「今と昔じゃ天地の差」だとか。何しろ六区に数軒在った映画館も遂に今夏全て閉館し、六区の街は今改造されようとして居りますヨ。一帯ドウ成るンだろうか?

尤も六区が興行街に成ったのは明治以降の事でして、ソレまで賑やかだったのは六区と浅草寺の間。つまり「五区」こと奥山界隈だったとか。五区だ六区だと云うのは、明治初めに浅草界隈を仕切り直した時に付けた区番ですナ。


浅草寺のすぐ裏側に「浅草の見番(けんばん)」こと、「浅草三業会館」がございますヨ。三業とは「料亭」「待合茶屋」「芸者置屋」の総称で、要するに芸者のお姐サン方の事務所です。幇間の七助サンは元気かな?

でも奥山よりもっと奥が在る!浅草寺の北側一帯をどうも「奥浅草」と呼ぶ様ですナ。「奥」ナドと付けられると深山幽谷に分け入る、トンでも無い僻地みたいな気がしますが、ココは決してソウじゃ無い。住宅や店舗が密集してます。

私ら的には奥浅草と呼ぶより、「観音うら(浅草寺のご本尊は観音さま)」と申し上げる方がシックリ来るンですが、観光協会が自ら「奥浅草」と名乗ってるンで、ソウ云う事にしといた方が良いかな?江戸の昔は主に夜の街だった。

ココら辺には昔から芸者のお姐サン方が居られましたし、少し行けば天下御免の遊び場所「新吉原」がドーンと聳えてた。また猿若町界隈にゃ芝居小屋が幕府によって移転させられ、五区や六区の辺りよりもずっと栄えてた筈。

但し夜の方が賑やかだったンで、だから「うら」で有り、只今じゃ「奥」と称してるンでしょうネ。けれど「表」が衰退した以上に「うら」は寂れ、現在はすっかり落ち着いた感じに‥。でも奥が深いと云うか?一筋縄じゃ行かない街です。


六区から奥浅草へ抜けるなら、全面アーケード付きの「ひさご通り」でどうぞ。仕事にあぶれた土方のオッチャン達が昼間からお酒に酔って道端で寝てたりしますが、大阪のあいりん地区ほど怖く無いから大丈夫です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「兵庫県明石市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「奥浅草を歩こう」奥浅草観光まちづくり協会HP
http://www.okuasakusa.or.jp/
★「"キネマの天地"浅草から映画館消える!」ZAKZAK産経ニュースHP
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120816/enn1208161537009-n1.htm
★「お座敷遊びは高くない」浅草花柳界HP
http://gnavi.joy.ne.jp/asakusa/
★「街でおさんぽ・浅草見番ほか」おさんぽHP
http://www.osanpo-tokyo.com/town/0705asakusa/asakusa05.html
★「デンキヤホールの元祖オム巻き」CARTON CAFE HP
http://kawasemi14.exblog.jp/15262343/

(関連する記事)
★「759 【お肉料理18】浅草『酉の市』と絶品『鶏の中手羽』」
http://rifuh.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=806
★「760 【やきそば43】『そばもんじゃ』と吉原遊郭」
http://rifuh.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=807
★「1014 【やきそば76】浅草の外国人観光客と『カレー焼きそば』」
http://rifuh.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=1116

(浅草も仲見世だけは賑やかナンですが‥奥まで皆さんお出で下さいませ
)

ひさご通りを抜け、千束通りの商店街に入りますと、創業が明治末期の老舗喫茶店「デンキヤホール」さんがございますヨ。元々が電気屋だったからこう云う名前のトコですが、古いだけ有ってトンでも無い名物が!なんとココが日本最初の「オムそば」を出した店だと、楽屋で先輩諸師から聞いて居ります(大阪説も在る様ですが、私ぁデンキヤ説を信じたい)。少し粘度の高い焼きそばを、薄い玉子焼きで包んだだけですが、前座の頃から時折食べて居りまして、いやぁ実に懐かしい!高座前に焼きそばは御法度ですンで、この日も楽屋を早く抜け出して、デンキヤさんでオム巻きに「やげん堀の七色とんがらし」を掛けて食べる私メでした




| 2012.10.17 Wednesday (08:00) | 東京したまち台東区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS