きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1128 【名物パン88】「頭脳パン」と林檎畠‥信州中野 | main | 1130 【野菜果物41】まもなく冬季閉鎖!志賀高原と「ポポー」 >>
1129 【名物パン89】渋温泉のソウルフード「うずまきパン」


千曲川の支流「横湯川」に沿って、湯田中渋温泉郷の「渋温泉」は拡がってます。ココは志賀高原の登り口で、温泉の一番奥は「お猿さんが入浴する」コトで有名な野猿公苑。あと少しで‥厳しい冬がやって来ます

長野県の北東部巡りは続いて居ります。上田市・須坂市・中野市と移動して参りましたが、今日ご案内致しますのは山ノ内町。志賀高原の長野県側の麓で、沢山の温泉郷が連なってる町ですネ。「湯田中温泉」とか知りませんか?

信州は良い温泉の多いトコですが、その北東部は特に優れたソレが集まってますナ。野沢菜漬けの「野沢温泉」が有名ですが、志賀高原の麓や山上にもステキな温泉が揃ってる。中でも麓の「湯田中」「渋」の両温泉が素晴らしい。

‥らしいンです。と云うのは全て、私メが敬愛する「温泉魔人」こと某師匠からの受け売りでございますヨ。このお師匠サンはプロの落語家ナンですが、寄席の高座に上がるより、湯船に浸かってる方がずっと長いと云う大変なお方。

温泉が異常に詳しく、色ンな薀蓄と拘りをお持ちナンですが、私ぁそんな拘りが有りませんで‥お仕事を下さるのなら循環湯だろうと、効能が無かろうと気にしません。つらつら思い返せば、随分多くの温泉地に営業に参りましたネ。


渋温泉のメイン通りは狭い石畳で、ソコを宿泊客が浴衣姿で歩いてて良い雰囲気。ココには泉質・効能の異なる九つの外湯が在り、宿泊客は手拭と鍵を渡され、「九労を流す」外湯巡りを楽しめる様に成ってますヨ

ま、今回は仕事じゃ無いンですが、端境期の温泉地は寂しいですナ。例えば渋温泉や志賀高原は‥夏は「避暑や保養」で混みますし、冬は「スキー客」で今も賑わうらしい。秋だって紅葉の色が濃くなれば、人手は多く成る筈だ。

処が今年は夏が暑過ぎた‥から?山がナカナカ赤く染まらないンで、人出が今イチとか仰ってましたネ。やがて秋が燃え出すンでしょうが、紅葉見物の予定を組むのは難しい。何れにしろ私メは今回、見事に紅葉にフラレた訳です。

でも標高の高いトコへ行けば色付いてるかも‥と、国内最強の山岳国道「志賀草津道路(国道二九二号線)」で志賀高原を少し上がれば、ホンの僅かだけど赤く成り出してますネ。チョット遅れてますが、確実に冬が近付いてます。

そのまま調子に乗って高いトコへ上がり過ぎて、エライ目に遭ったのは明日ご報告しますが‥。確かに端境期の温泉地は寂しいですが、その分静かに過ごせる訳で、騒ぎ浮かれるばかりが秋の長夜の過ごし方じゃ無い様です。


志賀高原へ登る途中、国道沿いに「一沼」と云う小さな池が見えて来ます。ココは志賀高原としては標高の低い方ですが、ソレでも約千四百mも在りますヨ。だからエラク涼しく、外気と湖水の温度差から生じるのかしらん?一沼には良く水蒸気が沸くンだそうナ。色付き始めた低木群と相まって、とても幻想的な風景でしたネ。ホント日本って美しい国です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「日本の国道で一番標高の高い場所」への訪問記です★

(参考リンク)
★「インフォメーション山ノ内」山ノ内町観光連盟HP
http://www.info-yamanouchi.net/
★「信州・渋温泉」渋温泉旅館組合HP
http://www.shibuonsen.net/
★「願いをこめて、九つの外湯めぐり」渋温泉旅館組合HP
http://www.shibuonsen.net/onsen/
★「志賀高原・一沼の紅葉」蔵出しの一枚ブログ
http://oois4649ex.exblog.jp/6676406/
★「渋温泉 小古井菓子店 うずまきパン」うまいモノだけブログ
http://kuuze.exblog.jp/13797092/

(『志賀草津道路』とタッチしたら、『滋賀草津道路』と表示されて驚きました)

渋温泉の名物と云えば、小古井菓子店さんの「うずまきパン」。半世紀以上も前から存在するらしい逸品で、朝食にコレが出て来る旅館は少なくないンだとか。見た目の渦巻きはカスタードクリームを焼き付けたモノですが、中はマーガリンがたっぷり入ってまして、暖めて食べると甘くて塩っぱくて‥実に美味いのヨ!コレの為だけに渋温泉に行った私メです




| 2012.10.26 Friday (08:00) | 広いぞ信州は!北信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.06 Wednesday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS