きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1189 【麺類色々80】尾道の「天ぷら中華」「カレー中華」 | main | 1191 【お肉料理30】「ブロイラー」と千光寺山からの絶景‥尾道 >>
1190 【名物パン99】向島の「ねじりパン」と「ミルクセーキ」‥尾道


尾道の「千光寺山」から眺めた、尾道水道(尾道海峡とも云う)を挟んだ向島の風景。この画像の中央辺りに見える「兼吉」集落へ、私ぁ渡し船に乗って行って参りましたが、コウして見ると人家が随分多いンですなぁ

広島・尾道市へ来てますヨ。嫁さんの実家が東隣りの福山市に在るモンですから、私ぁ尾道にもついでに良く参るンでございますが、その度に「あのチャチな渡し船に乗って、尾道水道の向うに在る島へ行ってみたい」と思ってた。

まるで川みたいに狭い海峡「尾道水道」を挟んで、「向島(むかいしま)」と云う小さな島が名前通りに本州と向い合って居り、その間を小さな渡し船が極めて頻繁に行き来してるンですヨ。学生や買い物客はソレに乗って通うらしい。


尾道渡船サンの主力船「第一しまなみ」が、約四分の大航海を終えて向島の兼吉桟橋に着岸中。平日日中は五分おき・週末日中は十分おきで運行されるらしいンですが、ダイヤは半ば有って無い様なモンの様

私ぁ太平洋に臨む静岡市の育ちで、「海と云うモノは荒れてるのがフツー」と思ってたンですが、瀬戸内の波の穏やかなコト。「瀬戸内のシケ」が「太平洋じゃさざなみ」程度の代物で、ドウやら根本的に常識が違うらしい。島もそう。

島と云えば「鳥も通わぬ八丈島」を始め「絶海の孤島」が当然と思い、実際に辛い船旅の末に八丈島や小笠原・父島を訪ねた事が度々有るンですが、瀬戸内の島はまぁ暢気なモンで、手に取る様な近くに幾つも幾つも浮かんでる。


次なる大航海に備える「第一しまなみ」ですが、本州側の土堂桟橋が明瞭に見えてます。毎日何百回も往復してて、船員サン達は厭きないンでしょうか?ソレでも黙って碇を上げるのが、海の男の矜持ナンでしょうが

昨日ご紹介の「みやち」サンで名物の天ぷら中華を食べ、商店街から海沿いに抜けて「からさわ」サンでアイスクリームも食べ、フト見ると対岸の向島への渡し船乗り場が直ぐ傍に。ならば念願の渡し舟に乗って、島へ行きましょか。

ですが実にチャチい造りの船。一瞬「大丈夫?」と不安に成りましたが、太平洋と瀬戸内じゃ常識が違う。必要十分だからこの造りな訳で、車と同じ甲板に乗り込み「さぁ船出だ!野郎ども錨を上げやがれ」。運賃はたったの百円。


向島の兼吉地区は実にレトロな街で、対岸の尾道市街と違って観光地化されて無い、実に素朴な普段通りの街。ですが向島にゃ高速道路「しまなみ海道」も通って居り、本州と殆ど同然の暮らしが出来る様ですナ

船酔いする間も無く、大航海は約四分で終って向島に到着!感慨に浸る暇も有りませんでしたが、晴れて島に上陸!でもナニか特別な目的が有る訳じゃ無し、適当に歩くとしましょうか。尾道と違い、観光客が殆ど居なくて静かだ。

ソレに人が親切。私メらの様な闖入者を心配してか?「アッチの店が美味い」「コッチの眺めがキレイ」と教えて下さる‥あぁ有難い。お陰で存分に楽しみ、再び渡し船の客と成りましたが、偶には船旅も良いナと思った私メでしたヨ。


下の画像のパン屋の気のイイ若旦那に勧められ、行ってみました向島「後藤鉱泉所」。要するにラムネ屋サンで、私メも幼少時にラムネ屋の倅が同級生だったンで良く呑みましたが、やっぱりサイダーよりラムネの方が(気分的に)美味しく感じられますネ。そしておぉ珍しい「ミルクセーキ」。もはやガラス玉入りの壜やジュースの壜は貴重品で、広島県内のドッカの廃業したラムネ屋のモンの様ですが、有難く懐かしく飲ませて貰いました。ソレにしても‥ミルクセーキを飲むなんて、何十年ぶり?

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は再び「広島県尾道市(本州側)」への訪問記です★

(参考リンク)
★「渡船で向島へ渡る」尾道観光情報研究所HP
http://www.megiya.com/html/kaneyoshi.html
★「トラベル向け情報 航路と料金のご案内」尾道市港湾振興課HP
http://www.onoport.jp/sightseeing/route-f.html#guide3
★「殆ど道路と同じ、尾道渡船」チューチューマウス回覧板ブログ
http://ikehouse.cocolog-nifty.com/freetalk/2012/04/post-017d.html
★「向島 後藤ラムネ屋」シクロツーリズムしまなみHP
http://www.cyclo-shimanami.com/point/eat/post-69.php
★「住田製パン所」グルメと自転車の日々ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kazepota23/11998750.html

(十年前には六航路も有りましたが、現在は三航路だけに減っちゃいました
)

兼吉桟橋から暫しブラブラ歩けば、大正五年創業と云う老舗パン屋「住田製パン所」がございます。「ねじりパン」が主力らしいンですが、私ぁソレより「おもちパン」なる珍妙なモンに気が向いて成らぬ。ココの若旦那曰く「一部の人の強い人気を得てます」だソウで、「そいつぁ珍妙だ」と合わせて買って参りました。で、食べてみましたら‥なるほど中に大福が入ってたのネ。焼いてる途中で、餅分は半ば溶けてしまった様ですケド。島の方々のお店にも配達してる様で、忙しい時間にお邪魔してしまいましたが、色々と島の見所を教えて戴きまして有難うございました




| 2012.12.19 Wednesday (08:00) | えぇじゃろ広島備後 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.16 Wednesday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS