きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1165 【名物パン93】総社市の「總社」と「上あんぱん」 | main | 1167 【歴代宰相06】ちょい悪オヤジ「オレ達の太郎!」‥旧麻生町 >>
1166 【野菜果物42】桃太郎伝説と「ピーナッツ豆腐」‥総社


総社市の「日照山(備中)国分寺」は、天平年間(約千二百七十年前)に聖武天皇が全国に建てさせた、国分寺の生き残り。一旦は廃寺に成ってたソウですが、戦国時代に「清水宗治(豊臣秀吉公により、有名な『備中高松城の水攻め』をされた毛利家の猛将)」公が再興させたンだとか。へぇ〜

岡山・総社市へ来て居ります。「總社」なる神社が在り、それが市名の由来に成ってると説明しただけで昨日の記事は終わっちまいましたが、この街はソレ以外にも興味深いモンが沢山ございますヨ。何しろ古い歴史を抱えてます。

現在の岡山県全てと広島県東部、ソレに兵庫県のごく一部と香川県のごく一部は元々「一つの国」でして、ソレを「吉備国(きびのくに)」と称します。古墳時代、まだ日本の国が一つに成ってない頃、ココは強くて大きな国だった。

近畿・山陰・九州にそれぞれ強い国が在り、それぞれ好き勝手な事をやってたンですが、やがて合従連衡して大きな国を作る流れに。吉備国は近畿のヤマト朝廷と連合を組んで周囲を制圧してったンですが、内部対立が起きます。

「中央集権」を目指すヤマト朝廷と、「地域分権」を唱える吉備国じゃ上手く行かず、最終的には武力衝突!力の優るヤマトが勝利を収め、現在の天皇家に繋がる事と成る訳でござンすナ。総社市周辺は吉備国の夢の跡が沢山。


備中国分寺の境内にゃ、ご覧の立派な五重塔が建ってます。元々は七重塔(奈良時代のモノだったとか)が建ってたらしいンですが焼失し、江戸時代後期に建て直されたモノ。岡山県内唯一の五重塔で、他に高い建物も無いンで、遠くからも目立つコト目立つコト。国の重要文化財ですヨ

何しろ巨大な古墳が沢山在る。全国でも有数の規模の前方後円墳が幾つも在るらしい。ソレだけじゃ無い、桃太郎がサル・キジ・イヌを連れて攻め込んだ「鬼ヶ城」が惣社の街にゃ在ったりする。いや街中じゃ無く、山の上にですが。

古代の日本列島は古代の朝鮮半島と極めて仲が良く、ほぼ同じ民族だったと申しますヨ。ただ半島に居た高麗人や百済人は、シベリアから南下して来たツングース系民族に駆逐され、列島に逃げ込んだと云う説が有力ですナ。

吉備国を頼って逃げて来た百済王朝の皇子は、「温羅(うら)」と名乗って総社市近郊の山の上に城を築き、製鉄や製塩の技術を伝えて吉備国を繁栄させたとか。当然、ヤマト朝廷にゃドウにも都合が悪い「ほな、やっつけたれ!」。

で、桃太郎を送り込んだ‥。桃太郎とは個人の名前ゃ無く、征服軍の象徴と云う事ナンでしょうナ。そして(ヤマトから見た)逆賊の象徴「温羅」は、「悪い鬼」扱いされる事に成ったンでは無いか‥と云う説が、総社には有る様です。


備中国分寺から北の方を見れば、「鬼城山(きじょうさん)」なる山が在りますが、ココに「鬼ヶ城」が在ったンだとか。稜線の右肩の白く見えるトコがソレだそうで、遺構が復元されてる様ですが、今回は時間が無くて断念!国分寺よりも古い時代の山城らしいンですが、古文書に記載されてませんで‥ハテ?古代の事は判らン事が多過ぎて、正直ドウだったのか「講釈師見た来た様な」的なロマンスが駆り立てられますねぇ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「茨城県行方市麻生町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「時空を超えるロマン 古代吉備王国」総社市観光ガイド・総社市役所HP
http://www.city.soja.okayama.jp/kanko/kanko_info/kanko_info_top.jsp
★「備中国分寺」総社市観光ガイド・総社市役所HP
http://www.city.soja.okayama.jp/kanko/kankochi/kokubunji.jsp
★「鬼ノ城」総社市観光ガイド・総社市役所HP
http://www.city.soja.okayama.jp/kanko/kankochi/kinojo.jsp
★「新説・温羅伝説」国民宿舎サンロード吉備路HP
http://www.sunroad-kibiji.com/sinsetu_ura.html
★「ピーナッツ豆腐は地域限定商品だった」小野須磨子のごごいちラジオ・ブログ
http://blog.livedoor.jp/egao_sumako_828/archives/50874801.html

(歴史と云うのは常に勝った側のモノで、負けた側のは良く判らないンですヨ
)

総社市を含む旧「備中国」の中でも、倉敷・総社市ぐらいでしか売られて居ないと云う、超ローカル食「ピーナッツ豆腐」。主な材料は落花生と澱粉と葛粉で、胡麻豆腐よりも遥かにモッチモチ!落花生の仄かな香りと甘さが生かされ、生醤油あるいはダシ醤油をブッ掛けて食べると「実に美味い」。半世紀ほど前から存在するらしく、二玉単位で売られてます




| 2012.11.28 Wednesday (08:00) | もんげぇ〜岡山南部 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.23 Friday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS