きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1158 【お米料理76】うだつの町で「そば米雑炊」を‥脇町 | main | 1160 【スイーツ66】倉敷美観地区で名物「むらすずめ」 >>
1159 【麺類色々77】「ぶっかけうどん」の発祥地は倉敷


生憎の本降りに成っちまいましたが、全面屋根付きのアーケードなら大丈夫!東京や関東にゃ全面屋根付きは殆ど無いンで、実に羨ましい。でもJR倉敷駅前から長々続くこの商店街は、悲しい位に寂れてました

四国・香川県から本州・岡山県へ、瀬戸大橋を渡って戻って来た私メでございます。本四間に架かる長大橋は、東から「明石海峡大橋」「瀬戸大橋」「しまなみ海道」の三ルート有りますが、最初に全通したのは真ン中の瀬戸大橋。

ソレは昭和六十三年(1988)の事で、そうか!未だ昭和だったンですナ。私メらは一言で「瀬戸大橋」と呼んでますが、実際は十本の橋が繋がってる。ソレらの橋の海上通過部分は九km少しで、車ならアッと云う間に渡っちまう。

千葉県の房総半島に過日出掛けた時、同行した大阪の先輩講釈師・旭堂南海兄ぃが「東京湾アクアライン」を「思うとったのと違うて、案外短いナ」と評してましたが、私メら東夷からすると「瀬戸大橋って意外と短いじゃん」ですゼ。

その本州側は岡山県倉敷市。四十数年前の大合併で面積が広大に成った市で、今までに「旧玉島市」「旧児島市」だった地域はご紹介してますが、肝心の「旧倉敷市」だった地域に行って無い。ならば行ってみると致しましょう。


アーケードの屋根が無くなると、いよいよ古い街並みが。本町・東町と云った界隈で、明日ご紹介する美観地区と同様に観光客の多い辺りナンですが、生憎のお天気で閑散として歩き易い!お店も暇そうでしたネ

山陽本線の快速電車で岡山駅の次が倉敷駅。駅北に数年前まで「チボリ公園」なるテーマパークが在りましたが大赤字で閉園し、その跡地はイトーヨーカ堂と巨大なアウトレットパークに建て替えられ、お客が結構向かってます。

西日本でイトーヨーカ堂(東京資本)を見ると妙に嬉しくなる私メですが、今回は表たる駅南へ。以前来た時は駅前に三越が在り、東夷としては尚更嬉しかったンですが撤退したらしく、地元資本の天満屋に成って居て‥寂れたねぇ。

郊外の大規模SCにお客を取られ、倉敷駅前が寂れたとは聞いてましたがホント洒落に成ってませんナ。チボリの清算と駅前地域の起死回生を狙って、アウトレットを勧誘したンでしょうが‥ソコから商店街にお客は流れないでしょ。

何もしないより遥かにマシですが、美観地区等に向かう観光客も折角の雨なのに、寂れた駅前商店街を怖がって避けてる様な‥。ま、観光客の殆どは団体バスで来てて、商店街に元々関係無いから構わンのかも知れませんが。


脇目を振らずにドンドン歩いてったら、何時しかとても静かな雰囲気に。東町界隈に足を伸ばす観光客は珍しいのか?女子供を騙す様な「見た目だけ」の物産・飲食店は少なく、ココで暫しの休憩を楽しんだ私メです

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「岡山県倉敷市倉敷地区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「倉敷観光WEB」倉敷市観光情報発信協議会HP
http://www.kurashiki-tabi.jp/
★「本町・東町」倉敷観光案内くらしき観光.com HP
http://kurashiki-kankou.com/spot/honmati.html
★「チボリ公園は平成20年に閉園しました」チボリ公園情報局HP
http://www.tivoli.co.jp/
★「倉敷駅から近い商店街」倉敷えびす通商店街HP
http://ebisudori.com/
★「倉敷名物ぶっかけうどん」ぶっかけ亭本舗ふるいちHP
http://www.marubu.com/

(関連する記事)
★「465 【名物パン39】倉敷玉島は築山パン」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=494
★「466 良寛さんの『思えば遠くへ来たもんだ』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=495
★「864 【やきそば53】国産み神話と『児島たこしお焼きそば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=953
★「865 【お魚料理46】瀬戸大橋と『火星人の干物』・・下津井」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=954

(倉敷駅前の異常な寂れ方は、正直言って『全て倉敷市役所の所為』でしょ
)

全国的には「香川式のぶっかけうどん」の方が有名かも知れませんが、「ぶっかけ」の元祖は倉敷のふるいちうどんサン。「天領の倉敷に江戸から赴任して来た御代官様をもてなす為に、江戸前の蕎麦の様にうどんに汁をぶっかけた」と云う発祥神話が有りますが、こりゃドウやら眉唾の様。実際は倉敷中心部の郷土料理だったらしく、ソレを初めて商品化したのがふるいちサンとの事。香川のと違って具と薬味が多く、掛ける汁も味が濃くて‥しかも甘い!因みに暖かいのと冷たいのが有りますヨ




| 2012.11.22 Thursday (08:00) | もんげぇ〜岡山南部 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.10 Tuesday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS