きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1194 【江戸六地蔵02】こっちがホントの「巣鴨のお地蔵サン」 | main | 1196 【名物パン101】板橋最大の街で「ミックスロール」‥大山 >>
1195 【お肉料理31】とげぬき地蔵で「シャーピン」を‥巣鴨


世間一般で「巣鴨のお地蔵サン」と云えば、やっぱコッチの方なんでしょうネ。約四百年ほど前に江戸は湯島で創建され、明治二十四年に巣鴨に移って来た「萬頂山高岩寺」。何時でもお年寄り方で大賑わいです

昨日はJR巣鴨駅近くの真性寺サンの「江戸六地蔵」のお噂でしたが、今日は同じ東京・巣鴨。しかも同じ中山道沿いのすぐ近く、高岩寺サンの「とげぬき地蔵」をご紹介致します。いわゆる「巣鴨のお地蔵サン」はコッチの方です。

巣鴨と申しますと‥「おばあちゃんの原宿」と云う妙な仇名が付けられて久しいですが、ホントお年寄り方が街に溢れて居りますナ。全国から電車を乗り継いで来られたり、観光バスを仕立てて団体で来られたり、ご苦労なコトです。

旧中山道の「巣鴨地蔵通り商店街」は、お買物を楽しむお年寄り方が周囲の状況を気にせずにアッチコッチへと歩き回り、夕方と縁日以外は歩行者天国じゃ無いのに交通法規は半ば無視して、一種の無法地帯と化してますねぇ。

お元気なのは結構な事ですが、実ぁ私メは同じ旧中山道沿い。しかも巣鴨まで余裕で歩いて行ける範囲内に住んでまして、自転車とかでココを通ったりするからオッカなくて仕方無い。公道ナンだから、規則は一応守って頂戴!


「四の付く日」が縁日で、旧中山道を閉鎖させて屋台が沢山並びます。さて並びますモノは、お年より向けの健康グッズやら懐かし食品とかが多いンですが、年金生活者が相手だから高いモンは滅多に無いですナ

確かバブルの終り頃だったと思うンです、巣鴨がお年寄り向けに特化し始めたのは。一体誰がマスコミに売り込んだか?ソレまで当り前の商店街だったのが、次第に「年寄り向けの店」が増え、やがてその手の店ばかりに成った。

私メはこの商店街に「夕飯のおかず」を買いに行ったりしてたンで、ココがフツーの街だった時代を覚えてますが、雪崩を打って「観光地化」が進んだのは最近五〜六年の事かナ。他所からの資本と思しき店が、妙に増えましたヨ。

ソレは「デパートの全国物産展」ばりに試食販売し、遠くから運んで来た商品を売りさばく業者たち。悪いとは言わンけど‥出来れば地元巣鴨ならではのモンを売って欲しいのヨ‥。ドンドン観光地化が進み、もう止まりそうも無い。

でも肝心の「とげぬき地蔵」サンは相変わらず、参拝客が盛大に焚くお線香の煙に満ち溢れてます。全国に大門前町は在りますが、往年は何れも巣鴨みたいに栄えてたンでしょう。現在の繁栄が過去に成らぬ様に願う私メです。


縁日の日は狭い旧中山道が、ご覧の通りの大変な混雑に成りますヨ。だもんで私ぁ出来るだけ避ける様にしてますが(近所だしネ)、ココの縁日にゃ珍しい屋台が沢山並ぶンでソレは捨て難く‥。人混みで疲れ果てて後悔するのが判ってンのに、結局行っちまうのヨ。不思議な魅力です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへブログランキング・にほんブログ村へ
↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都板橋区大山」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ぶらりお参り ゆったりすがも」巣鴨地蔵通り商店街振興組合HP
http://sugamo.or.jp/
★「とげぬき地蔵 高岩寺」巣鴨地蔵通り商店街振興組合HP
http://sugamo.or.jp/prayer_detail01.html
★「巣鴨地蔵通商店街」東京写真紀行HP
http://www.kmine.sakura.ne.jp/tokyo/machi/togenuki/togenuki.htm
★「赤パンツの元祖 巣鴨のマルジ」丸治HP
http://www.sugamo-maruji.jp/
★「12月縁日の巣鴨2(シャーピン)」東京歩きブログ
http://blog.emachi.co.jp/mustang/diary_detail/00000113199/

(関連する記事)
★「1105 【江戸六地蔵02】こっちがホントの『巣鴨のお地蔵サン』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1129

(他所の資本に乗っ取られた観光地は、必ず衰退しちまうのが通例ナンです
)

縁日にしか出ませんが、毎回食べたく成るのが中国おやきの「餡餅(シャーピン)」。地蔵通り商店街のちょうど真ん中辺り(「豊島区立巣鴨地域文化創造館」付近)に屋台が出るのが通例で、名前は「餡」ですが中華文明だから中身は肉!大きな餃子を押し潰した様な塩梅で、焼き立てで熱々のに酢醤油か塩コショウを掛けて食べるンでございますヨ。そして巣鴨価格だから実に安く、一枚二百円位だったかナ?その他イロイロ買い食いしても、英世センセ一枚程度で十分に遊べるンで、巣鴨へどうぞ




| 2012.12.23 Sunday (08:00) | サンシャイン豊島区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.04.30 Sunday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS