きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1161 追悼!女のみち by ぴんからトリオ | main | 1163 【お魚料理66】歴史溢れる鞆の浦で「柿天」を >>
1162 【名物パン91】高潮溢れる鞆の浦で「アブラパン」を


鞆の浦のシンボル「常夜灯(画像中心に見えてる石燈篭のコトです)」を、港越しに眺めて見ました。訪ねた日は「大潮」で水位が異常に高く、この一時間後には高潮に成って溢れ出し、港近くは浸ってしまいましたヨ

中国・四国地方をフラつく私メでございます。寄席芸人としての格が「二つ目」だった頃は余りご縁が無かったンですが、「真打ち」に昇進してからは随分参る様に成りました。コリャ広島・福山市出身の嫁さんを貰った所為でしょうナ。

JFE(旧日本鋼管)の城下町で転勤組の東日本人が多いからか?間違い無く西日本なのに私メら東夷にも居心地が凄ぶる良く、私ぁすっかり馴染んでしまいましたヨ。流石に講釈師と云う商売上、福山に住むのは無理でしょうケド。

出来れば頻繁に帰りたい(こう云う表現をしたく成ります)ンですが、東京からは約八百kmの彼方。交通費が高過ぎますンで「福山の誰方か、お仕事で呼んで下さいません?」。普段以上に心を込めて一席読まさして貰いますンで。

さて福山に今回帰ったのは、身内に喜び事が有ったから。いやぁ実に目出度い、お幸せに。でも折角帰ったからにゃ、何処かへフラフラ出かけましょうか。で‥参りましたのは、市内南端の港町「鞆の浦」。遣隋使以前からの港だ。


鞆の沖合いに浮かぶ「仙酔島」を眺めるなら、高台に建つ「海岸山福禅寺」の客殿「対潮楼(たいちょうろう)」が一番キレイ!朝鮮通信使向けの迎賓館で、連中は余りの絶景に「日東第一形勝」と大絶賛したンだとか

鞆の浦は何度もご紹介してますが、瀬戸内海のちょうど真ん中に在る「潮待ちの港」。魏志倭人伝に出て来る「投馬(とうま)国」がココだったと推定され、その頃から江戸時代まで「瀬戸内海最大の要衝」として栄えてたらしいトコ。

中世までは日本の歴史に大きく関ってたトコでして、詳しいコトは明日ご案内致しますが、とにかく昔は凄い港町だった。ですが今は静かな観光地で、判り易く言えば‥ジブリアニメの「崖の上のポニョ」の舞台に成ったトコですヨ。

思い起こせば「ポニョ」は勢いだけで伏線が殆ど無く、考えれば考えるほど意味が判らンと云う怪作でしたが、鞆と思しき街が津波に飲み込まれて行くトコが余りに印象的で、震災後はその為に暫くTV放映とかされませんでしたナ。

最近に成って規制が外れたか?放映される様に成りましたが‥。でも鞆の浦は瀬戸内海のちょうど真ん中で、「日本で一番津波に襲われる可能性の低いトコ」だとか。処が高潮被害は多いらしく、確かにこの日も海が溢れてました。


この時点では堤防の「防潮扉」が役に立ってたンですが、やがて排水溝から逆流して溢れ出し、港沿いの道はすっかり水浸し。コレが結構起きるってンですから‥。以前に比べて水位は確実に上昇してるソウですヨ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「広島県福山市鞆の浦」への訪問記です★

(参考リンク)
★「日本でもっとも癒される港町」鞆物語HP
http://tomomonogatari.com/
★「国史跡 対潮楼」海岸山福禅寺HP
http://ww7.enjoy.ne.jp/~taichorou/
★「鞆の浦 高潮浸水被害」鞆の浦写真倶楽部ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koji0420207/29672875.html
★「崖の上のポニョ」スタジオジブリ公式HP
http://www.ghibli.jp/ponyo/
★「愛されて65年 鞆・村上製パン所」鞆の浦写真倶楽部HP
http://blogs.yahoo.co.jp/koji0420207/30563201.html

(関連する記事)
★「551 【お魚料理29】鞆問題から外野は手を引け!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=511
★「1101 【お魚料理61】瀬戸内の小魚『いしかべり』と朝鮮通信使」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1186

(震災以来ドッカに消えちゃいましたが、地球温暖化の影響ナンでしょうか?
)

鞆は古くて懐かしいモンが沢山有る街でして、車同士のスレ違いが大変な騒ぎの「細過ぎるメイン道路」を抜けて行くと、街の西外れに「村上製パン所」と云う古くからのパン屋サンが在りますヨ。ココも懐かしく感じる味が沢山有りまして、取り敢えず今回はご覧の二品を。下の「アブラパン」は漉餡入りの揚げドーナツですが、少しも油っぽく無いから不思議。そしてバタークリームの挟まったコッペパンは全体的にほんのり甘く、「昔のパンってこうだったねぇ」とタイムトリップさせて呉れますヨ。ソレにパッケージデザインが昔そのままで素晴らしく、ホント昭和!因みに鞆の街が分裂寸前まで行った「バイパス問題」は、後背の山ン中をトンネルでブチ抜く事に決まりまして、少しはスレ違いが楽に成るかナ?




| 2012.11.24 Saturday (08:00) | 嫁のふるさと福山市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS