きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 157 【野菜果物05】魔法植物コールラビ | main | 159 【保存食品04】松尾芭蕉の「旅はココから!!」 >>
158 【講談の舞台03】決闘!!鍵屋の辻‥伊賀市


ココが決闘の地、「伊賀上野の鍵屋ノ辻」。今は史蹟公園に成ってます

講談の数あるジャンルの一つに「仇討ちモノ」がございます。どうも日本人のメンタリティの奥底に「復讐心」と云うモノが有るらしく(今もかな?)、どうにも悦んで聴いて戴ける様でございますネ。実行出来ないから悦ぶのかしらん。

「三大仇討ち」と俗に云われて居りますのが「赤穂義士伝(お芝居で云う忠臣蔵)」「曽我兄弟の仇討ち」、そして「荒木又右衛門の助太刀」。この内私メは「赤穂」と「荒木」は高座で時折読みます。「曽我」だけは高座で読みません。

実は「曽我」は私メの先祖筋の遺産争いのゴタゴタでして、ナンだか一族の恥を晒してる様な気がしまして、ドウにも読もうと云う気に成れないンですヨ。でも残り二つは血縁関係が無いンで、随分勝手ですが遠慮無く読んでます。

「赤穂」はいずれ根多が無くなったらこのブログに出て来ると思いますが、今回はもう一つの「荒木」の決闘の舞台・三重県の伊賀市へ行って参りました。釈界では「荒木」を正しくは、「伊賀の水月(すいげつ)」と呼び習わしてます。


「鍵屋ノ辻」に掲げて在った紹介文。コレで何となく理解して下さいませ

以前は上野(うえの)市でしたが、知らない内に伊賀市と名前が変わって居りました。江戸時代の当初は筒井家二十万石の城下町。筒井家改易の後は同じ三重県の津藩・藤堂家の支配地とされ、また俳聖芭蕉翁の生まれた街。

淀川の支流・木津川の上流で、往時は水運で随分と栄えたンだそうですヨ。今じゃとてもソウとは思えませんけれど、昔は水量が沢山有って、大阪から直接フネが上がって来てたらしい。その船着場が「鍵屋ノ辻」でございます。

詳しい物語は写真を見て貰うとして、渡辺数馬が弟の仇・河合又五郎を迎え撃ったのが伊賀上野の鍵屋ノ辻。処が又五郎には助っ人大勢が付いて居りまして、ならばと数馬の助太刀を買って出たのが、義兄の荒木又右衛門。

天下の豪傑・又右衛門の三十六人斬りの大活躍で敵は壊滅し、見事仇討ち成りました、と云うのが「水月」でございます。上野城下の外れに鍵屋ノ辻は実際に有りまして、記念館は有ったり公園に成ってたりで大事にされてます。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「三重県伊賀市上野」への訪問記です★

(参考リンク)
★「鍵屋の辻史跡公園」伊賀市・名張市広域行政事務組合HP
http://www.e-net.or.jp/user/iga-7/
kankou/kagiya/index.html

★「ちょっと歴史 決闘・鍵屋の辻」伊賀上野ケーブルテレビHP
http://www.ict.ne.jp/rekishi/mataemon.html

(市の名前だけじゃ無く、私鉄の名前まで知らない内に変わってましたヨ・・)

鍵屋ノ辻は「伊勢街道」と「奈良街道」の分岐点。道標べが残ってます




| 2010.04.13 Tuesday (08:07) | 三重ってナニ地方? | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.05.26 Tuesday (08:07) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS