きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1185 【お魚料理69】鮫の肉「もろ」と巨大な狸‥益子 | main | 1187 【名物パン97】岡山城と「高菜サラダロール」 >>
1186 【やきそば103】金次郎サンと「特注焼きそば」‥二宮町


真宗高田派の総本山「専修寺」は、三重・津市の「本山」と栃木・真岡市二宮町の「本寺」の二つ在りますが、コチラは真岡「本寺・専修寺」。元々はココに在ったのが、室町時代に戦乱を避けて津に移転したとか

生憎の初雪に襲われた栃木県東部へのツーリングでございますが、今日で最後のご報告でございます。何しろ昨シーズンより一月半も早い初雪で、地元の方ですら驚いてたンですから、暢気な東京モンにゃ対処の仕様が無い。

ま、雪はサッサと止んで呉れましたが、もぅ寒くて寒くて‥。真冬用の格好だから良い様なモノの、路面の凍結が怖くて予定を大きく変更し、丘陵部の栃木・那須烏山市から南へUターンした私メでございますヨ。あぁ関東平野だ。

永年のバイク人生で、どんな寒い冬でもココまでだったら大丈夫と確信してる国道五十号線(関東平野の北端を茨城〜栃木〜群馬と結ぶ幹線)まであと少し。オッカナ吃驚の慎重運転もオサラバで、余裕を持って走れるのが嬉しい。

すると廻りの色ンな表示が目に入って来ますヨ。えぇと「二宮尊徳資料館」だって‥つまり二宮金次郎サンだナ。でも金次郎サンと栃木・真岡市にナンの御縁が有るンだろ。確か金次郎サンは神奈川・小田原市の人の筈ですが。

     
「二宮尊徳資料館」の前には、我々が見知ったのとは違う金次郎サン像が。コレは金次郎サンが「旗本・宇津家」の領内建て直しの為に、ココに住んで居られた壮年期のお姿で、二十六年間も真岡に居られましたヨ

一時と違い、最近見直されて来た金次郎サン。背に薪を背負い、本を読んでる幼少の姿しかフツーは知りませんが、このお方は実に立派な農政思想家。まず故郷・小田原で荒廃しきった実家を建て直したのが、僅か二十歳の時。

コレにより小田原藩の家老・服部家の財政建て直しを頼まれて見事成功し、続いて藩主・大久保加賀守さまの御分家で、栃木・真岡市に領地を持つ宇津家の財政建て直しも命じられますヨ。その為に、小田原からココに移住した。

そして真岡で二十六年の長きに渡って率先して範を示し、そしてコレもまた成功させ、遂には幕府から日光仕置きを任された偉人ですナ。こりゃ並大抵の苦労じゃ無かった筈で、領民から大いに慕われ、町名は「二宮」に成った。

そうか!ココは二宮町か。数年前に合併して真岡市に成ってたから判らなかったけど、ソレだったら覚えてる。金次郎さんの遺訓「経済なき道徳は戯言であり、道徳なき経済は犯罪である」をもう一度、国中が考えてみるべきです。


金次郎サンが宇津家の領地「野州桜町」に赴任したのは、三十六歳の時。そんな金次郎サン一家が住んだ「桜町陣屋」が、今も大事に保存されてました。そして横に「二宮神社」も在りまして、実に尊敬されてます

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「岡山県岡山市北区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「いちご日本一」真岡市観光協会HP
http://www.moka-kankou.org/
★「親鸞聖人が建立された唯一の寺院です」本寺高田山専修寺HP
http://www.honji-senjuji.jp/
★「二宮尊徳資料館へようこそ」真岡市役所HP
http://www.city.moka.tochigi.jp/sontoku/
★「二宮尊徳」ぶらり重兵衛の歴史探訪HP
http://www.geocities.jp/bane2161/ninomiyasontoku.htm
★「親鸞と二宮尊徳ゆかりの地、真岡へ!」びあはーるHP
http://www.viajar.jp/pc/index.php?layout=grand_plan_pickup&gid=mP6OntaTmtaSmhMP5deVntiV5dA&newwindow=true
★「【楽しい焼きそば屋さん】やきそばまぁちゃん」タンメンで溺れる男ブログ
http://ameblo.jp/dokennyaman/entry-11229310960.html

(関連する記事)
★「263 【名物パン17】キンジローは神様に成った」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=276
★「311 【カレー焼03】高田本山でカレー焼きを・・」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=345

(専修寺と尊徳資料館はすぐ近くでして、二人の偉人の足跡を楽しめますヨ
)

真岡市(旧二宮町)は焼きそば屋が結構多い街の様で、今回は住宅地の中に在る「焼きそばまぁちゃん」と云う、実に愉快なオッちゃんがやってるトコへ参りました。一見入り辛い感が有りますが、オッちゃんはサービス旺盛で良く喋るコト喋るコト(でも訛りがキツくて、半分位は判らンかったです‥申し訳無い)。毎朝自分で蒸してると仰るツルツル麺を大騒ぎで焼いて呉れましたが、手の方は少しも休まずに干し海老やら八角粉やら何やらを次々と投入し、出来上がったのはトッピング全部乗せの「特注焼きそば(特注てぇ名前が実に素晴らしい)」。自家製の特大チャーシューが載ってンのにゃ大喜びですが、メンマまで載ってンのは初めてだナ。今度は餃子も食べに参りたいモンですが、採算は合ってンだろうか?




| 2012.12.15 Saturday (08:00) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.10.20 Friday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS