きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1210 【やきそば105】焼きそばと白しょうゆの街‥碧南 | main | 1212 【お鍋料理16】コレもお鍋に‥「スガキヤ和風とんこつ鍋」 >>
1211 【野菜果物43】名門・吉良家の没落と「筆柿」‥西尾


鎌倉時代に建てられたと云う説も有る「西尾城(西条城)」は実に古いお城で、江戸時代は諸太夫筆頭の大給松平家(六万石)他が、入れ代って領主を務めてました。コレは平成八年に復元された「本丸丑寅櫓」です

昨日の愛知・碧南市に続き、今日は東隣りの西尾市へ参った私メですヨ。予めお断り致しますが、コレは昨年師走半ばの訪問でございます。毎日更新用の根多ストックが常に一月分以上は有りますンで、ご紹介が遅く成ってます。

だもんで、多少季節が違いますがご容赦を願いたいと存じます。さて西尾市ですが‥正直よく知らなかった街でございます。我々講釈師の米櫃とでも言うべき「赤穂義士伝」の敵役、吉良上野介公の御領地がココに在る位かネ?

但しソレは西尾市に近年編入された「旧吉良町」の事でして、元々の西尾の中心街は通過した事が何度か有るだけ。でも碧南に行った帰り道、折角通るンで寄ってみましょうか。てな具合で、西尾城へ参った私メでございますナ。

このお城は古いらしいです。鎌倉時代中頃に建てられたらしいと云う説が有るソウで、ソレは吉良家によってだったらしいのヨ。全て「らしい」ばかりなのは記録が散逸しちまった様で、偉い学者先生達でさえ実証を持って無いから。


西尾は「日本一の抹茶の街」と称してます。だから?西尾城内にゃ五摂家筆頭「近衛家」の邸宅の一部が京都から移されてまして、お抹茶のサービスも有るンだとか。でもドウ云う繋がりなのか?正直判りません

吉良家がまた出て参りましたが、義士伝の吉良様はこの吉良家の直系でござンすゼ。吉良家は足利将軍家の御分家で、言うならば御三家筆頭の地位に在った大名門!実は西尾市も昔の「三河国吉良荘」の一部だったンです。

処が室町時代に吉良家は分裂し、抗争一世紀!コレにより見事没落した吉良家は、代って三河一帯の領主に成った松平家(後の徳川将軍家)に付かざろう得なくなり、十七代目当主の上野介公が理不尽にも襲われた訳ですヨ。

その過程で西尾城も松平家に奪われた様で、戦国中頃からやっと信用出来る記録が出て来るとか。ま、何れにしろ昔の事で良く判らンからこそ、我々講釈師は張り扇をパンパン叩いて、虚構をソレらしく語る事が出来るンですが。

西尾城は募金不足で天守閣復元が頓挫したとかで、代りにナゼか城内に移されてる「旧近衛家邸宅」が異彩を放ってます。江戸時代の吉良家は対朝廷用外交官で、近衛家とは付き合いは有ったでしょうが‥考え過ぎですかナ。


西尾は折角「日本一の抹茶の街」ナンですから、ソレっぽいモンを買えば良かったンでしょうが、私ぁ愛知に来ると「海老せんべい」をつい探してしまいますナ。ナント愛知県が全国生産量の八割を占めるソウで、文句無しのソウルフードなんだと思いますネ。当然の様に西尾にもソレを売る店が何軒も何軒も在りまして、競争過多で良くやってけるナと心配しますが、ソレを大きく上回る愛知県民の「えびせん好き」‥。呆れるのを遥かに通り越して、むしろ感心する限りです。割れてる方が安くて美味いンで、海老やら蛸やらイロイロと大量に買って参った私メでした

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛知県の新作お鍋料理」の試食記です★

(参考リンク
)
★「歴史と文化の香る抹茶の里」西尾市観光協会HP
http://www.240kanko.com/
★「西尾市歴史公園(西尾城ほか)」西尾市役所HP
http://www.city.nishio.aichi.jp/index.cfm/9,2179,92,417,html
★「西尾散策〜歴史編」現身日和(うつせみびより)ブログ
http://okuromieai.blog24.fc2.com/blog-entry-2250.html
★「武家家伝 吉良家」戦国大名探究・家紋World HP
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/kira_k.html
★「手焼工房えびせん家族」スギ製菓HP
http://www.ebisen.com/
★「果実の知識・筆柿」丸果石川中央青果HP
http://www.maruka-ishikawa.co.jp/fruits/items002/fudekaki.htm

(関連する記事)
★「021 【お米料理01】どう考えたって浅野の方が悪い・・ような」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=28
★「022 吉良さまにだって言い分はある・・でしょ」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=32

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』」にお伺い致します
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(今回は駆け足で‥こんな興味深いトコと知らんかった。また訪ねたいです
)

少々季節遅れに成ってしまって恐れ入りますが、西尾市や隣接する幸田町が全国シェア95%以上を占める大特産「筆柿」を。私メは静岡育ちの人間だから、柿ってぇのは平べったいモンと云うのが常識で、筆柿みたいな格好したのは大変に珍しく思うンです。そして今回始めて知ったのは、筆柿の種って「あられの柿の種」の格好してるンですナ。長らく疑問に思ってたンですが、ようやく理解出来ましたヨ。幸田町の「道の駅」に寄ってジャムと一緒に購入しましたが、道の駅の名前はその名も「筆柿の里」でございました‥。なお一割位は渋柿に成っちゃうソウです




| 2013.01.06 Sunday (08:00) | 愛知三河においでん | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.24 Tuesday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS