きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1245 【やきそば109】珍品「焼きそばスパゲティ」と下諏訪温泉 | main | 1247 【名物パン110】「みそぱん」と酷寒の早朝散歩‥松本 >>
1246 【やきそば110】絶景な松本で「極太焼きそば」を


夜陰に浮かぶ国宝「松本城(深志城)天守閣」。メチャクチャ寒い分だけ空気が澄んでるのか?非常にクッキリ浮かび上がり過ぎて、私ぁ「何かの撮影セット?」と一瞬疑っちまった位。見物客は他に居ませんでした

信州しなのの長野県中部「中信地方」の旅は続きます。湖上を寒風がビュービュー吹き荒れる諏訪湖を離れ、向かいましたのは松本市。人口二十四万強の中信最大の都市で、私メが信州に隠れてた頃は遊びに出掛けてた街だ。

こう云うと怒られますが「人口のワリに立派な街」で、お役所にしろ買い物にしろ、あらゆる物が大体揃ってる。国立大学の本部まで在ったりする。また素晴らしい眺めまで持ってて(ソレは信州ならドコでもソウですが)、正直羨ましい。

でも全く羨ましくないのが冬の寒さで、標高の高い信州だけ在って、私メら暖地育ちの者にゃ耐えられない。でも松本は信州としては暖かな方で、雪も余り降らず、夏は過ごし易い街と弁護しときますが‥今回は真冬だから寒い!

しかもJR松本駅に降り立てば、夜の帳は盛大に降りて居りまして、あぁ耳たぶが冷え過ぎて痛い。私ぁ精一杯の温かい格好してるンで、姿はムクムクに膨れ上がってますが、これこれソコの女子高生。素足出してて寒くないの?


漆黒の闇の中に浮かび上がる「松本城・黒門」。昔のモノが現存する天守閣と違い、戦後復元されたモノ。因みに黒っぽいから黒門じゃ無く、この場合の「黒」とは「正式」と云う意味に成ります。本丸への正門です

こう寒い時は「内側から暖めるしか有るまい」と、多分のアルコール分を摂取して暖かな気分に楽しく成った私メでございますが、必要以上に楽しい気分に成ったモンですから、歩き廻りたくて仕方ない。全く迷惑な酔っ払いです。

内側から過剰に暖め過ぎた所為か?あ〜ら不思議ネ、外気温は氷点下なのに寒く感じない!さ〜てドコへ行こうか、広々としたトコに行きたいナ。そうだお城に行こう!松本にゃ国宝に指定されてる「江戸時代からのお城」が在る。

震災から暫くは、節電の為に方々でライトアップが中止されてましたが、何時の間にか構わないと云う事に成ったらしく、済し崩し的に再開されてますネ。松本城も夜間のライトアップがされてまして、ソレを見に行く事と致しましょう。

お城は中心街から歩いて直ぐのトコで、あっさり辿り着いてフト見上げれば、ピーンと凍える外気の中で鮮やかに照らし出された天守閣の姿が。余りにも凛々しい姿に吃驚して、私ぁ酔いから冷めちまいましたヨ。ホント美しいねぇ。


翌朝早く、ふと目覚めて見てみれば‥朝日を浴びて輝く、北アルプス穂高連峰の雄姿が。富士山や北岳に次ぐ国内三位の高さ(3190m)で、山頂から眺めたら凄いンでしょうネ。尤もムチャクチャに寒い筈ですが

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「長野県松本市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「新まつもと物語」松本市公式観光ポータルサイトHP
http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/
★「ようこそ信州まつもとへ」松本観光情報HP
http://www.japanresort.net/matsumoto/
★「国宝松本城」新まつもと物語・松本市公式観光ポータルサイトHP
http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/wordpress+index.p+192.htm
★「国宝松本城」北アルプス専科HP
http://north-alps.la.coocan.jp/image/matsumotocastle/castle.html
★「穂高連峰(穂高岳)」信州山岳ガイド・信濃毎日新聞HP
http://www8.shinmai.co.jp/yama/guide/00017.html
★「焼きそば『たけしや』」E−CURE信州HP
http://www.i-turn.jp/matsumoto-yakisoba-takeshiya.html

(関連する記事)
★「566 【お米料理35】松本じゃ蕎麦は巻き物の具!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=609
★「567 【揚げモン13】外国人観光客と山賊焼・・信州松本」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=610
★「1121 【やきそば93】太過ぎるけど、コレも『焼きそば』‥明石」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1179

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(泥酔してた訳じゃ無いンでご安心下さいませ。ただ心地好かっただけです)

フツーの人は酔っ払うとラーメンを食べたく成りますが、私ぁ焼きそばだねぇ。松本城のすぐ近くに焼きうどん同然の太麺で知られた「たけしや」サンの本店が在りまして、ソコで仕上げに頂戴して参りましたヨ。ドウ云う訳か?遥か離れた兵庫・明石市の江洋軒サンの極太な焼きそばと、麺の太さと云い味付けと云い‥ほぼ同じ様に感じられ、松本と明石の繋がりについて考えちまいました。江戸時代初期に小笠原忠真(ただざね、徳川家康公のひ孫で第四代松本藩主)公が松本八万石から明石十万石に栄転してますし、続く松平庸直(やすなお、第六代松本藩主)公も明石に移封された‥てな繋がりは有りますが、その時代に焼きそばの有ろう筈は無いし、単なる偶然か?でも使ってる肉は上方風に牛でした




| 2013.02.06 Wednesday (08:00) | 広いぞ信州は!中信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.10.18 Wednesday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS