きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1227 【調味料類14】「かんずり」は寒いからこそ美味くなる!‥妙高 | main | 1229 【スイーツ69】「色付き寒天」とモノトーンの城下町‥高田 >>
1228 【団子饅頭49】雪の雁木の街と名物「中香」‥高田


上越市高田は日本で一番「雁木(がんぎ)」の長い街。雁木とは歩道の雪除けの屋根のコトですが、ココの総延長はナント十六km!雪道に全く不慣れな私メも、雁木のお陰で(その下だけは)安心して歩き廻れます

新潟県西部の旅は続きます。東西にビローンと拡がり過ぎてる新潟県は、西から「上越」「中越」「下越」の三地方に分けられてますヨ(加えて海上の佐渡地方も)。こりゃ京都に近いか遠いかで、標高の高い低いじゃございません。

今回訪ねてる西部地域は「上越地方」でして、短絡的な人は「上越新幹線で行くトコね」と勘違いされますが、ソレは大間違い。新幹線は東京から「上州(群馬県)と越後(新潟県)」方面へ向かうから、略して「上越」とされてるだけ。

処が全くヤヤコシイのは数年後に延伸される北陸新幹線に、「上越」と云う駅が出来るかも‥と云うコト!上越地方の殆どを占めるのがその名も「上越市」で、その中心は新潟県最大の城下町として知られる「高田」でございますヨ。

高田を訪ねるのは約一年半ぶり。前回は大変に気候の宜しい季節でございましたが、今回は真冬だから大変だ!ココは名にし負う豪雪の街。終戦の昭和二十年に、高田測候所が日本一の積雪「三百七十七cm」を記録してる。


高田市街地西側は江戸初期からの寺町で、南北二km間に六十六の寺院が密集してます。中でも一番大きいのが、浄土真宗の開祖・親鸞上人が開山された「浄興寺」。御本堂(国の重文)が雪ン中に埋もれてます

実際は山中深くならばもっと積もったトコが何処かに在る筈ですが、気象台や測候所と云うのは市街地に設けられるのがフツーで、その公式記録としては高田が未だに日本一と云う事に成ってンだってサ。私メ二人分以上ですゼ。

尤も最近はソコまで滅茶苦茶な事は無いらしい。でも昨年(2012)は積雪二mを久し振りに超えたンで大騒ぎと成り、また昨年の上越市の外れの山ン中は五mを裕に超えてたらしい‥暖地育ちの私メにゃ想像が出来ないですナ。

果たして今年は?昨冬ほどのニュースを聞かないンで、多分大丈夫だろうとJR高田駅に降り立てば、道は埋まってない!昔から高田は豪雪対策として「雁木」が大々的に在りますし、大きな道路にゃ消雪パイプが整備されてる。

お陰で予想以上に動き易く、予定以上にアチコチ歩き廻ってしまった私メですが、余りの豪雪で街がすっかり埋まって「この下に高田あり」と云う看板が建てられた江戸の頃。私メみたいにフラフラしてたお馬鹿は居たンでしょうか?


戦前の高田は、帝国陸軍第十三師団が置かれていた軍都でも在りました。その第三代師団長「日本のスキーの父」長岡中将の官舎が、移築保存されてますヨ。コレは明治四十三年(1910)築の洋風木造建築で、平成初めまで陸自が幹部宿舎として使ってたとか。因みに長岡中将の後任の師団長が、司馬遼太郎センセの小説「坂の上の雲」の主人公の一人・秋山好古中将(後に大将)だったりします。へぇ知らんかったねぇ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「新潟県上越市高田」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「上杉謙信公ゆかりの地・上越市」上越観光コンベンション協会HP
http://www.joetsu-kanko.net/
★「雁木でつながる『人にやさしい街』」越後高田雁木ねっとわーくHP
http://ganginet.com/top.php
★「真宗浄興寺派本山」歓喜踊躍山浄興寺HP
http://www.johkohji.com/
★「この下に村あり(1927年)」能天気Expressブログ
http://d.hatena.ne.jp/notenki/20090210/1234232120
★「上越市 高田旧師団長官舎」写真とパピオン大好き3ブログ
http://shige0328.exblog.jp/16094059/
★「上越のソウルフード・中香」虚無僧尺八 松籟・海鳴HP
http://homepage3.nifty.com/umiosa/food/joetsu/chuuka.htm

(関連する記事)
★「232 【団子饅頭09】信州須坂の『中華』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=236
★「583 【名物パン44】豪雪対策とサンドパン・・高田」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=634

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(今年は去年ほど雪は多くない様ですが、ソレでも大変な降雪だと思えます)

古くて大きな城下町だけあって、高田は不思議な食べモンが多いンですが、コレも昔からのソウルフードの一つだそうナ「中香(ちゅうか、中皮とも)」。要するに一枚皮の銅鑼焼きで、多くの和菓子屋さんで作られてますナ。ほぼ同じ格好のモンが長野・須坂市にも在りまして、向うでは「中華(ちゅうか)」って呼ぶンですヨ。須坂のは「千代香」と云う、須坂藩に仕えた奥女中の名前が由来とされてますが、高田は?余りにフツーの和菓子過ぎて、正直良く判らないソウです。ドッチが先ナンだろう?




| 2013.01.21 Monday (08:00) | 長いぞ新潟は!上越 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS